箕輪初心●千葉【関宿城】=疑似天守の博物館

関宿城は、千葉県野田市関宿三軒家にある城である。室町時代に
簗田満助&子:簗田成助?によって築かれたとされている。中世
の関宿城は博物館の下200mにあった。野原に中世の遺構が少
し残っていた。江戸時代には関宿藩の藩庁が置かれた。現在は河
川改修および圃場整備のため遺構の保存状態はよくない。建造物
に関しては、埋門と大手門と伝わる門が市内に、関宿城の城門と
伝わる薬医門が逆井城に移築されている。現在、近代的博物館
が隣に建てられた。

画像



*****************************************************
箕輪初心★千葉旅行17回一覧
http://53922401.at.webry.info/201404/article_8.html

*****************************************************


■訪問日・・・平成20年(2008)6月29日
群馬県・・・板倉町・・・ 渡瀬遊水池
栃木県・・・旧谷中村・・・公害の村と田中正造
茨城県・・・古河市・・・ 古河歴史博物館(古河城出城)  
古河公方館跡
      日光街道(茨城県古河~埼玉県栗橋・幸手)
埼玉県・・・栗橋町・幸手市・・・権現堂堤 
千葉県・・・野田市・・・関宿城博物館(利根川の川運)
・関宿城跡・関宿関所
茨城県・・・板東市・・・逆井城
      常総市・・・石下の豊田城 



■訪問記・・・平成20年(2008)6月29日
●日光街道の栗橋宿から関宿に来た。
 
●千葉県立関宿城博物館
画像


 関宿城博物館に御三階櫓を模した模擬櫓がある。
 ★近代的な疑似天守のある博物館である。
 ・平成7年(1995)模擬櫓が建てられた。
画像

  城跡とは無関係な場所に建てられているのだ。
  藩政時代に御三階櫓が築かれた場所は河川改修により
  旧状をとどめていないからである。

 ★関宿城の歴史・関宿宿の繁栄と利根川水運についての
  説明が詳しかった。
画像

(★きれいなパンフレット)
画像



●本当の関宿城跡が、博物館の窓越しに見えた。
画像



●売店
 「まんが関宿町と関宿城の歴史」を購入した。



●関宿城・・・石碑があった。
画像

画像


●田んぼに掘跡があった。
  

●関所跡
画像


●鈴木貫太郎記念館


●逆井城の移築門
 逆井城に行くと、移築された「関宿城の門」があった。
画像





◆◆ 関宿城の歴史 ◆◆

・治承4年(1180)  源頼朝の挙兵に河辺一族が参加した
          下河辺一族が築城した。

・嘉吉元年(1441) 結城の合戦
  下河辺一族は結城に荷担し、上杉謙実に敗戦した。
関宿城を去った。
古河公方足利成氏~持氏の家臣:簗田満助
  の居城した。
(★漫画:関宿城)

・長禄元年(1457)簗田満助&子:簗田成助が
  水海城(茨城県総和町)より移り、築城。
  (★ウキペディアの説) 
  ~~~簗田氏6代~~~~~~~~~~~~
江戸川をさえぎるような縄張りを持っていた。
  利根川水系等の要地であり、関東の水運を押さえる
  拠点であった。

・戦国時代  
   関東の中心部における最重要拠点であった。
  北条氏康は関東の制圧を目論んだ。
  「この地を抑えるという事は、一国を獲得する事と同じ
  である」
  と評した。

・天文11年(1543) 梁田高助は北条氏康と同盟を結んだ。

・天文21年(1552)
 足利晴氏は北条氏康の介入を排除できなくなった。
 次の古河公方になるはずだった足利藤氏を廃嫡し、
  自らも古河城を退いた。
 北条氏康の甥:足利義氏が第5代古河公方となった。
 足利義氏は後北条氏の庇護のもとで足利公方権力を
  行使していった。
 後北条氏が関東諸豪族に介入してきた。
 
・天文22年(1553) 足利義氏は後北条氏重臣:遠山氏支配下の
 下総国葛西城に居住した。

・永禄5年(1565)北条氏康は同盟を破り、関宿城を総攻撃を
仕掛けた。

・天正2年(1574) 北条氏政の侵攻
  関宿合戦
  北条 VS 上杉
  北条氏康・氏政・氏照父子が上杉謙信・佐竹義重の援助を
  受けた簗田晴助の関宿城を3度に渡り攻撃した。
  ★後北条氏に従わない足利公方重臣:簗田氏を味方に
   付ける考えだったかもしれない。

 古河公方義氏の命令に簗田晴助は関宿城を明け渡した。
  →簗田晴助は佐竹義重の元に敗走した。
  ・・・以来16年間、北条の城になった。  
最終的には北条氏が北関東進出の拠点とした。

・永禄元年(1558) 北条氏康の甥:足利義氏は鎌倉から
  関宿城に移った。

・天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原城攻撃。
   北条氏滅亡。
   →徳川家康の関東入封。
    異父弟・松平康元が2万石で入城。  

・元和2年(1616) 関宿城が全焼した。
   
  城主は、松平重勝→小笠原政信→北条氏重
  →牧野信成→牧野親成
  →板倉重宗→板倉重郷→板倉重常
  →久世廣之


・寛文11年(1671)久世廣之が「御三階櫓」と呼ばれる
  天守の代用櫓が再建した。
※江戸城の富士見櫓を模して再建されたという。
久世重之
→牧野2代
  →久世重之・・老中
久世6代~~~~~~
老中久世広周が井伊直弼に失脚させられた。
久世広周が謹慎した本丸新御殿
の一部を移築したらしい。

・明治4年(1871) 久世広業は関宿藩知事となった。

・明治5年(1872)  廃城が決定。
・明治8年(1875)  破却。                        

・平成7年(1995) 模擬櫓が建てられた。

★参考図書
・まんが関宿町と関宿城の歴史
画像







★明日は千葉城かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック