箕輪初心▲千葉寺:坂東33観音第29番札所=千葉氏の祈願所

千葉寺は、千葉市中央区にある真言宗豊山派の寺院である。
本尊は十一面観音である。坂東33観音霊場第29番札所である。
千葉寺は和銅2年(709) 行基が11面観音を安置したことに始
まったと伝えられている。聖武天皇の命により千葉寺(せんよ
うじ)と呼ぶようになった。室町時代には千葉氏の祈願所とな
った。
>「やったぜ。坂東33観音の御朱印がもらえた。
よかった。~~~~残りは5ヶ所かな。」

画像


*****************************************************
箕輪初心★千葉旅行17回一覧
http://53922401.at.webry.info/201404/article_8.html

箕輪初心●千葉【関宿城】=疑似天守の博物館
http://53922401.at.webry.info/201404/article_9.html

箕輪初心●千葉:猪鼻城→千葉城
http://53922401.at.webry.info/201404/article_10.html
*****************************************************
箕輪初心●群馬「高崎の旧榛名町の全城=29城」
&板東15番:長谷寺

箕輪初心★箕輪城117【長野家侍大将:安藤九郎左衞門】
&板東15番:長谷寺付近で戦死
http://53922401.at.webry.info/201402/article_12.html

箕輪初心◆2012年箕輪城№75&初詣バイクツアー◆
&板東16番:水沢寺
http://53922401.at.webry.info/201201/article_1.html

箕輪初心◆栃木:鑁阿寺&板東17番:満願寺
http://53922401.at.webry.info/201311/article_6.html

箕輪初心▲栃木「奥日光の湿原」=ラムサール条約批准地
& 板東18番:中禅寺
http://53922401.at.webry.info/201109/article_29.html

箕輪初心●栃木【宇都宮城】&【多気山城】初詣
& 板東19番:大谷寺

箕輪初心●栃木『板東20番:西明寺』&【西明寺城】
=益子氏の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201401/article_10.html

箕輪初心▲茨城:板東21番「日輪寺」&▲八溝山1022m
http://53922401.at.webry.info/201403/article_12.html

箕輪初心◆茨城:▲板東22番『佐竹寺』&袋田の滝
http://53922401.at.webry.info/201403/article_13.html

箕輪初心◆茨城:坂東23番「観世音寺」&笠間市2回目の散策
http://53922401.at.webry.info/201403/article_14.html

箕輪初心▲茨城:板東24番【楽法寺=雨引観音】&真壁城
http://53922401.at.webry.info/201403/article_15.html

箕輪初心▲茨城:板東第25番:大御堂&▲筑波山
http://53922401.at.webry.info/201403/article_16.html


**************************************************




■訪問日・・・平成21年(2009)12月23日
●青葉区の弟宅から車で千葉寺に行った。
普段は弟の散歩コースで10分程の場所にある。
千葉城からも近い。

●山門=仁王門・・・文政11年(1828)の建築。
画像


●看板
画像



●大銀杏・・・県指定天然記念物
 樹高が30m、幹廻が8m・・・
 樹齢1,000年であるといわれている。
千葉寺は和銅2年(709年)行基が観音像を安置したのが
 始まりとされている由緒ある寺だ。
 教育委員会の案内板ではイチョウはこの時以来とされている
 ので、その通りなら樹齢は1300年ということになる。
★神奈川県鎌倉の「鶴岡八幡宮のイチョウ」よりも大きい。
「乳柱を煎じて飲むと母乳がよく出るようになる(伝)。
  (★千葉市教育委員会)

画像
 

●小林一茶の句・・文政6年に、
「千葉寺や 隅に子どもも むり笑ひ」
と詠った。
画像




●「千葉笑」・・・奇習伝承。
画像

「また千葉笑とて、としごとのしはすのつごもりの夜、里人
この寺によりつどひ、各おもておほひして、地頭・村長など
の邪曲事(よこしまごと)よりはじめ、人のよからぬふるまひ
どもをあげつらひのゝしり合ふことありといへり。こは人々の
おこたりをいさむるわざなれば、筑波嶺のかゞむなどには、
いといとまされる風俗(ならはし)といふべし。
   『相馬日記』

●観音堂
画像



●本堂・・・鉄筋

●御朱印
御詠歌は
「千葉寺へ 詣る吾が身も たのもしや 
    岸うつ波に 船ぞうかぶる」


●瀧蔵神社・・千葉城の南の守護神




◆◆ 千葉寺の歴史 ◆◆
・古墳時代
千葉国造が氏寺として建立していた寺院と考えられている。
 
・和銅2年(709) 行基が十一面観音を安置した。
  千葉郡池田郷を訪れた行基が池の中に幾重にも花弁が
  咲く大青蓮二輪に霊意を感じ、傍らで休んでいた。
  そしたら、夢に観音菩薩2体が現れた。
  行基は観音像2対を彫ってこの地に安置した。


・奈良時代
  土師器、須恵器、多数の布目瓦が発掘された。
  宇瓦(のきがわら)からは「鳴」「乙」といった文字が彫
  られたものが出土した。

 ※広大な寺院の中に、金堂を中心として講堂、南大門、
  東大門、西大門などの大伽藍が形成されていた。

・平安時代
  聖武天皇に奏聞すると
 「海照山歡喜院青蓮千葉寺」
  と勅号を下された(伝)。
 伽藍・僧坊の建立が始まった

・永暦元年(1160) 落雷で伽藍が焼失。

・治承4年(1180) 8月24日 相模国の石橋山の戦い
   源頼朝が平家方との戦いに敗れた。
源頼朝は山中に逃れ、一時箱根権現に潜んでいた。
 ★おそらくは土肥実平の居城:○○城&新井城・・  
  土肥実平の案内で土肥郷へと移った。
  
 8月28日 真鶴半島の北の付け根:【岩】から・・
    海路、房総半島へ落ち延びた。
 従っていたのは、
   安達盛長、岡崎義実、新開忠氏、土屋宗遠、土肥実平、
   田代信綱ら・・・・。
 ★湯河原町城願寺・・・源頼朝主従七騎の伝説が残されている。
  (★源頼朝上陸地)

   源頼朝は安西景益・上総権介広常・千葉介常胤に使いを
   出して伺候するよう求めた。

  千葉常胤は
  「仏の御加護がなければ、利はないであろう。」
  と千葉寺に参詣し、武運を祈った。

  源頼朝は千葉千葉介常胤・千葉上総権介広常ら房総の軍勢を
  率いて武蔵国へ入った。
  武蔵の諸豪族も味方につけて鎌倉に本拠を定めた。

~~群馬:新田・里見・山名の動向~~~~~

  源頼朝は同族の:木曾義仲&源義経・新宮行家
  →平家一門を滅ぼして全国を統一した。

  
・建久3年(1192) 鎌倉幕府の成立。
 千葉寺を再建した。
 源頼朝は原常胤に命じて千葉寺再建の工事を開始した。
 源頼朝は落成の時、仏師:運慶の愛染明王像を寄進した。

源頼朝は庶民の心の拠り所「坂東の札所」を定めた。
 
・室町時代・・千葉宗家の祈願所として栄えた。

・天文19年(1550) 鋳銅梅竹文透釣灯籠を寄進した。
  「千葉寺愛染堂 天文十九年」(1550年)の銘がある。
(★国重文)

・永禄11年(1568)
千葉千葉介胤富が海上郡海上を寄進した。
 →山号を「海上山」に改めた(伝)。

・天正年間
  千葉氏内紛で海上郷は寂れた。

・天正6年(1578) 火災でさらに衰退した。

・天正18年(1591) 豊臣秀吉の小田原攻撃
小田原の北条氏が滅亡。

・天正19年(1591) 千葉氏が滅亡。千葉寺も危機を迎えた。
  徳川家康は
  「源氏に由緒の千葉寺が衰亡させてはならぬ。」
  と、伽藍を再建した。
  寺領百石を永代寄進した。

・江戸時代
  徳川家康&2代:徳川秀忠も千葉寺を参詣した。

・元和9年(1623) 観音堂が建立された。

・元禄2年(1689) 火災・・焼失した
  徳川綱吉や桂昌院(綱吉母)が資金が寄進した。
  ※将軍家ゆかりの寺院として、復活した。

・文政6年・・・小林一茶
小林一茶が
「千葉寺や 隅に子どもも むり笑ひ」
と詠った。

・明治2年(1869)明治政府の「神仏分離令」
寺領境内地の召し上げが行われた。
 荒れ果て、住職もいない廃寺となった。
 
・明治43年(1910) 千葉寺南東の竹薮から「瓦」が発掘
 された。→東京国立博物館に寄贈された。





★明日は生実城かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック