箕輪初心★箕輪城№122【金龍寺】=長野業政の鉄砲方:町田兵庫賞賛碑

大田山良悟院金龍寺は、群馬県高崎市箕郷町にある寺である。
長野業政の家老:下田邸(=現箕郷支所)の隣にある。
寺伝では、金山城主:由良国繁の創建であると言われている。
箕輪城の城主:長野氏の有力家臣:町田兵庫の賞賛碑もある。

しかし、由良国繁の菩提寺とあるが、私には未だに謎である。
太田の大田山金龍寺とどんな関係があるのであろうか?
画像



*****************************************************
箕輪初心▲群馬太田「大田山義貞院金龍寺」:新田義貞供養塔
http://53922401.at.webry.info/201403/article_25.html


箕輪初心●箕輪城シリーズ44「砦群」②箕郷地区
http://53922401.at.webry.info/201011/article_11.html

******************************************************

●四ッ谷バス停・・・★バスだとここで降りる。
  前が金竜寺である。
画像

四ッ谷・・・井伊直政が付けた徳川流の
  地区名である。


●入り口
画像


●地蔵様
画像


●山門
画像

画像

★あれ、写真を失敗。

●町田兵庫の供養碑
画像

画像

蔵奉行武具方は町田兵庫&神尾図書であった。
   (★箕郷町誌)
  町田兵庫は
  吉信・・・上州蓑輪軍記
  義信・・・箕輪記
好信・・・上州治乱記とある。
・永禄9年(1566)武田信玄の攻撃
  箕輪城落城・・・
しかし、町田兵庫は存命だった。
御子孫の方に聞いた。
 箕郷の紺屋町に住んでいたとか?
 詳しいことは忘れてしまった。
  



●本堂
画像


●庫裡

●青面金剛塔・・角田無幻作
画像


●守り観音・・・大乗月舟禅師
画像



●堀部安兵衛築造の池(伝)
★隣の下田邸にも残存している。

●五輪宝塔大
画像

画像

 本堂裏・・・赤城型の高さ約2mの宝塔である。
 祖師西来意の5字が塔の各部に刻まれている。
 新田氏関係の塔であると考えられている。
 基礎に「為道西禅門春慶尼 維時慶長七寅二月」
 慶長7年(1602)の作なのであろう。
為道西禅門・・・・不明である。
  春慶尼・・・不明である。

●五輪宝塔小
本堂裏・・・赤城型の高さ約1.5mの宝塔である。
画像

画像



●渡辺魯院の碑・・・群馬県書道会の会長だった。
画像


●駐車場
画像






▲▲ 箕郷の金竜寺の歴史 ▲▲
*上野国志:毛呂権蔵著
・武田の時代・・・
 「牛久金竜寺の末寺なり・・・(略)・・・
 内藤修理が建てる寺なり。」

*寺伝
・天正4年(1576) 由良国繁公が先考を供養するために
 創建した(伝)。
  大田金竜寺8世大拙の創建。
慶長6年(1561)に死亡。

*大田山義重院金竜寺
・天正16年(1588) 由良国繁が桐生城に移ると
          金龍寺も移された。
・天正18年(1590) 由良国繁が牛久城主になると
        金龍寺も牛久へ移された。

 (★箕郷町誌P1222・P・・・)



★箕郷町の金竜寺寺伝は信憑性に欠ける。
①武田信玄の支配は永禄9年(1566)~天正10年(1582)
②北条氏邦の支配は」天正10年(1582)~天正18年(1590)
北条家臣になった由良氏がこの年に創建したという
 信憑性は非常に乏しい。・・その後の創建ならば、
 話は分かるが・・・


●箕輪初心・・ちょっとグルメ
最近、高崎市に台湾の方がつぶれた店を買い取って
超激安の台湾料理の店を開いている。
この店は、高崎市浜川の「北爪の屋敷跡にある。






★明日は箕輪城の秋本太郎先生かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック