箕輪初心●【岩櫃城跡探検隊第8弾:岩櫃城家老屋敷コース】

平成25年(2013)11月10日(日)、戦国真田の岩櫃城跡探検
隊第8弾に参加させていただいた。午後の部は3コースある。
①手古丸城コース ②矢沢頼綱コース ③岩櫃城出浦曲輪コース
である。どのコースも魅力があったが、③を選んだ。本郭の西を
守る「志摩郭=禰津志摩守元直屋敷」、本郭=真田昌幸屋敷、南
を守る「殿屋敷=海野長門守幸光屋敷」、南東を守る「出浦屋敷
=真田忍軍総帥:出浦上総守盛清」の屋敷を巡った。案内はあざ
みの会の元会長:根津光儀(みつぎ)氏&小田島さんであった。
お世話になりました。

画像



★▲★ 箕輪初心の岩櫃城 ★▲★
1)第1回

2)第2回http://53922401.at.webry.info/201011/article_5.html

3)第3回http://53922401.at.webry.info/201011/article_7.html

4)第4回
http://53922401.at.webry.info/201111/article_5.html
http://53922401.at.webry.info/201111/article_4.html

5)第5回http://53922401.at.webry.info/201206/article_9.html

6)第6回
箕輪初心●群馬岩櫃城⑥【岩櫃城跡探検隊第6弾前編】
http://53922401.at.webry.info/201211/article_8.html
箕輪初心●群馬岩櫃城⑥【岩櫃城跡探検隊第6弾後編】
http://53922401.at.webry.info/201211/article_9.html

富澤豊前守の武勇伝
http://denno2488.com/wordpress/?cat=3

7)第7回
箕輪初心●第7弾岩櫃城跡探検隊1伝説『吾妻助亮』『吾妻助光』
http://53922401.at.webry.info/201306/article_3.html 
箕輪初心●第7弾岩櫃城跡探検隊2『下河辺伝説&斉藤憲行伝説』
http://53922401.at.webry.info/201306/article_4.html
箕輪初心●第7弾岩櫃城跡探検隊3『まろうど伝説』&稲荷城・植栗城
http://53922401.at.webry.info/201306/article_5.html
◆◆東吾妻町:あざみの会 ◆◆
http://www.agatuma-azami.net/diary/pg174.html
http://www.agatuma-azami.net/sengoku/godan_bosyuuyoukou.html

◆◆ 箕輪初心●本間泉氏の陶芸 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201206/article_9.html

◆◆ 富澤豊前守様のHp ◆◆
http://www.denno2488.com/index.php?%E5%AF%8C%E6%BE%A4%E8%B1%8A%E5%89%8D%E5%AE%88%E3%81%AE%E7%B3%BB%E8%AD%9C#ybdc13ce


◆平成24年(2012)11月10日
画像


○昼食・・・★旨かった。
画像

★斉藤美由紀さん・吉田さん&富澤豊前守様と
 食事をした。
・昨日、栃木研修で一緒だった小此木さんがいた。

●開会行事・・・司会*根津光儀
1)山﨑公一会長
2)東吾妻町町長挨拶
3)吾妻の??県出先の所長
4)コニファいわびつ支配人
5)午後コース説明・・・富澤朗氏
6)グループ分け・・・


◆◆ いざ、出陣 ◆◆
○まず、出陣前のお茶を点てていただいた。
画像


○出陣式
画像

茶色が今回のコース
地図は、富澤氏が、齋藤慎一元江戸博物館館長より、許可を得て、
作成した縄張り図である。至る所、富澤氏の業績が残っている。


○吊り橋
○北浦新道

①平沢上の竪堀1・・・
画像

「竪堀です。」
でかい。幅6m~ 深さ5m。

○北浦新道を少し戻って登る。
「林野庁が造った北浦新道で、竪堀は寸断されました。」

②平沢上の変形の二重竪堀
画像

「林野庁に町長経夕で、直していただきました。・・・
 ここが、重要な二重堀とは知らなかったからです。
 少しは直してくれました。」
★上から見ると、2度目でも凄いと思う。


③平沢内郭の上
画像

「最近まで、牧場でした。」


○小さな水の手
★「箕輪城は馬場の場所が解っていません。ここは、冗談抜きに、
  本当に馬屋&馬場の可能性がありませんか?」
★私は戦略上、一番弱い部分に工事をするのが定石だと思ったから
 である。



④志摩郭手前の二重竪堀
画像

 「今日は少人数・・・。」・・・二重堀を下った。
 
○150~200m・・・下った。

⑤志摩小屋虎口・・・★高さ4m~
画像


志摩郭・・・根津志摩守の屋敷。
解説の根津さんの先祖にあたると思われる。
 でも、長篠の戦いで戦死とか。・・・

画像
 
「真田3000の兵を考えると、騎馬は200~300は
 かたいであろう。」が、前回来た時の見解であった。
今回は・・・
箕輪初心「真田3000の兵は第二次上田戦争・・・
 500は全くの農民・・2500は兵隊兼農民・・・・
 2500ー200鉄砲~300弓=約2000
 2000÷4=約500騎・・・ 
 真田本隊・・・第一家老:矢沢・第2家老:根津
 ・第家老:鎌原・・・真田忍軍総帥:出浦・・・
 根津は50騎~=200人~+αといったところか?


○戻る・・登る。

○大きな湧き水の左岸の志摩郭の川に行く細い道
画像


 「馬の足跡が発見された。」

⑦水の手・・対岸は水の手郭
画像


富澤説「禰津曲輪→みずぐるわと伝承がある。
     もしかしたら、木橋があったかもしれない。」


⑧西郭・・西の詰め丸・・・★下への攻撃用の郭
画像

 二重堀・・・★大きい。
 ★丸馬出の山バージョンだった。流石、武田流の縄張りだ。
 凄い。★ここから、弓や鉄砲を撃つのだ。


⑨横へ移動できる。本郭への道だろう。

⑩2つの竪堀
岩を囲んで竪堀がある。

○大手の脇口下・・・★ここも丸馬出構造だ。

○第1虎口の表示
画像

「山崎一先生が記載。・・でも、ここは違うと思われます。」

⑪仮想の大手前の通路・・・「橋がかかっていたのでは・・」
と、想定した道を行く。形状をみると、なるほどと思った。

⑫枡形・・
画像

  石が残っている。
 富澤説・・・烽火台か大木の倒木あとかもしれない。」
 とあったが、私は
 「番屋跡で、小さな枡形構造かもしれないですね。」
 と話した。・・・★烽火台では絶対にない。
  
⑬枡形上の横堀・・西の詰め郭に通じている。
そして、上の見晴らし台に行ける。

本郭・・「伊達」と地名が残っている。
第一郭である。居舘があった場所である。
画像

 70m×30m程であろうか。北には、2m程の
 土塁が残っていることことから、断定できる。

・南の枡形・・・★私には枡形地形にはみえないのであるが・・
もう少し、西から回り込んだのではないだろうか?
 
本郭櫓台
画像

・北の城遠望・・・山田城などが見える。
   高野平城を教えていただいた。 
画像


・南の遠望
画像

かつて、富澤氏「二の丸&本丸を繋ぐ木橋がかかっていた
  のでは、ないだろうか?」といっていたが・・・

⑮虎口?
「登山道として造った場所らしい。」

⑯二の郭
  「竪堀の藪を刈らせてもらえない。」
画像


○竪堀を下る。

⑰三の丸下&中城
富澤氏「中郭は個人の土地で入れない。」

○竪堀&横堀の分岐
「下に行けば、殿屋敷・・・

殿屋敷
画像

「海野屋敷です。家老の海野長門守の屋敷です。・・・。
  天正9年(1581)、7月には、海野能登守は真田昌幸の善導寺
  への案内役をまかされました。・・・
  しかし、11月には、ねたみを買い、殺されました。
  天正10年(1582)、弟の海野輝幸も沼田城代を追われ、
  川場村で殺されてしまいました。」とおっしゃった。
  ★「海野輝幸の墓は川場酒造の手前にあります。」
画像

大きさは30m×60m程であろうか?
ビニールハウスの畑になっている。

▼少し戻って、竪堀を下って、北東に向かった。
 ★かつて、出浦屋敷を探した場所であった。


出浦屋敷・・・
 「地名として「出浦」が残っています。
 「中城の真下に当たる場所で、真田道に隣接している。」
 とおっしゃった。
画像

石垣が残っている。・・もう1ヶ所、石垣があった。
 屋敷は大きかった。50m×30m程か?
 ・根津さんが、「万歳三唱をお願いします。」といった。
 目標達成であった。
 
 「出浦屋敷の東半分は藪で入れません。下刈りしようと
  しましたが、途中で断念しました。
画像


⑳真田道に出た。

21西の木戸・・出浦屋敷の真下にある。
画像

 ★おそらく、出浦が管理したのであろう。
  不動堂へも近いのであろう。



22橋台跡・・・真田道の木橋で、大手口へ通ずる。
画像

天狗丸が見えた。
 「天狗丸は蔵屋敷の可能性もありました。」
 とおっしゃった。
画像

 ★もちろん、この道はなかった。

○藪漕ぎをした。

23 中城下の東虎口
画像

 ★鉄砲用の複雑な二重堀構造で、・・
複雑な地形をしている。守備用の構造であった。



24 中城
画像

 「扇形になっています。傾斜があるので、何の利用価値か不明
 です。」とおっしゃった。
 私は「馬場かもしれないし、・・・鉄砲訓練場かもしれませんね。」
 と言った。
 ★出土品はないかな?


25 空堀=竪堀
 「 上に三の丸に通じる大手口があります。」


○終点・・駐車場&小屋
画像


・富澤さんの作った縄張り図がなくなっていた。
 ★貢献してますね。

・上田ボランティアガイド:小駒さんに紹介されて方だ。
・天狗丸遠望

○平川戸=上宿
富澤氏「鉄塔で埋め立てられた。
 遺構は出なかったそうです。」

岩櫃城「出浦」が行けたので、全部回った。完結した。
出浦は真田忍軍総帥の屋敷ではないかと言われている
場所だ。


◆コニファ岩櫃に戻り、城散策は終了した。
 根津さん、小田島さんに挨拶した。
同行の赤川さん・村上義清の家臣の子孫:芳池氏にも挨拶し、
 名刺をいただいた。・・・NPO法人の女性にも挨拶した。
 
・小此木さんがいた。
★風呂に入った。
画像


●今年の春には、長野原の林の「浦野家本流の子孫様」
  浦野安孫氏にお会いできたのを思い出した。


◆◆ 箕輪初心●三島根小屋城&浦野一族 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201202/article_17.html

◆◆ 箕輪初心●箕輪城&浦野安孫氏の文書 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201109/article_21.html
★箕輪城の長野業盛の子:亀寿丸の資料もある。

●城ガール隊のアイス様
◆◆ 石垣・刃文の変態(東吾妻町) ◆◆
https://twitter.com/icecream0704

◆◆ 城ガール隊のアイス様のお仲間 ◆◆
http://blog.livedoor.jp/yositugu_o-siroga/





★明日は栃木かな?


★山﨑さんに挨拶し、家路についた。



★明日は、栃木方面かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • モンブラン シャープペンシル

    Excerpt: 箕輪初心●【岩櫃城跡探検隊第8弾:岩櫃城家老屋敷コース】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/ウェブリブログ Weblog: モンブラン シャープペンシル racked: 2013-11-24 23:57