箕輪初心★高崎藩2代酒井家次→3代松平戸田康長→4代松平信吉

慶長5年(1600)、関ヶ原の戦い→井伊直政が高崎藩の井伊直政が近
江:佐和山城に移封された。城番には、諏訪頼水が入城した。翌年
信濃:高島藩=先祖の地に戻った。
3年間、城主が不在であった。
慶長9年(1604)、高崎藩には、酒井忠次の長男:酒井家次が下総国
臼井に3万7,000石から上野国高崎5万石に移封された。元和2年
(1616)に越後高田藩10万石に移封されるまで、12年間、高崎に
在城した。
3代松平戸田康長が笠間城から入封した。9ヶ月の在城
の後、松本城に移封となった。
それから、元和3年(1617)7月、4
代松平信吉がに土浦城から入封され、2年間在城したが、丹波:篠
山城に移封となった。

画像



箕輪初心★箕輪城103川野辺寛「高崎誌」&井伊直政
http://53922401.at.webry.info/201310/article_8.html

【0】高崎藩の城番:諏訪頼水・・・1年
・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い→井伊直政が高崎藩の井伊直政が近
江:佐和山城に移封された。
8月  諏訪頼水が城番として入城した。
・慶長6年(1601)信濃:高島藩=先祖の地に戻った。

【0】高崎城主の不在時代・・・3年




【2】高崎藩2代目:酒井家次・・・12年間
・慶長9年(1604) 高崎藩の井伊直政が近江:佐和山城に移封された。
   下総国臼井に3万7,000石から上野国高崎5万石に移封された。
画像

・元和2年(1616) 越後高田藩10万石に移封された。
画像


箕輪初心★新潟『高田城』=三重櫓がよかったよ。
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

●▲■ 酒井家次の生涯 ■▲●
・父:酒井忠次は長篠の戦いの前哨戦い「鳶ヶ巣山の戦い」で、
 武田勝頼軍の上野国部隊をほとんど壊滅させた。戦死者の中に
 は和田業繁・和田信業(跡部資勝の子)の家臣として江原源左
 衛門重久の父もいたであろう。
 
・永禄7年(1570) 酒井忠次の長男として生まれる。
 母は徳川清康の娘:碓井姫である。
 つまり、酒井家次は徳川家康の従兄弟にあたる。

 幼少より徳川家康の家臣として仕えた。

・天正16年(1588)父:酒井忠次の隠居に伴って家督を継いだ。
三河(愛知県)吉田城主。

・天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原攻撃
  徳川家康の家臣として関東に移封された。
  徳川家康からは下総国臼井に3万7,000石を与えられた。
下総臼井城(千葉県)城主。

・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い
  徳川秀忠に従って、中山道を行軍した。
高崎で3日間、大水で足止めを食らった。
第2次上田戦争・・・真田昌幸に惜敗。
  関ヶ原の戦いの本戦には間に合わず、参加していない。
※高崎市史では、4人の高崎地侍が味方についたとある。
①反町甚右衞門・・・★おそらく、長篠の戦いに戦死した反町大膳正
  の身内であろう。高崎駅東口の500m先が館であった。

②梶山庄兵衛・・・・★不明。梶山姓が長野郷地区にある。
③須藤四郎・・・・・★おそらくは、安中の生涯教育センターの所に
  城が須藤氏の城で、末裔の一部は酒井忠次の配下になった?
安中忠成の家臣・・・

④北爪九蔵・・・・・★長野時代の北爪城(高崎市浜川町のローソ
  ン敷地内+大野家+郵便局南

おそらくは、長篠の戦いの前哨戦
  :鳶ヶ巣山の戦いで、生き残った4人を殺さずに、味方として、
酒井忠次が味方として、武田勝頼の待遇と同じように扱ったのであ
ろう。徳川家康自体は武田家家臣は徳川家康の直家臣・水戸徳川家
家臣・井伊直政の家臣と送り込んだ。


★★箕輪初心★井伊直政の家臣団 ★★


・慶長9年(1604) 上野国高崎5万石に移封された。

・慶長19年(1614) 大坂冬の陣
  大坂城の東側の黒門口を持ち場として戦ったが、真田幸村の
  大坂城の守りに阻まれた。
  ・・・武功を挙げることは出来なかった。

・慶長20年・元和元年(1615)  大坂夏の陣
  天王寺・岡山の戦いにおいて、天王寺口第三陣の大将を任された。
  しかし、豊臣軍の猛攻により、天王寺口の味方は崩された。
  酒井家次は敗走した。
徳川家康の作戦は成功した。
  結果・・・大坂の陣の功によって加増されることになった。
☆12年間、高崎にいたのだ。
・元和2年(1616) 越後高田藩10万石に移封された。
 
・元和4年(1618) 3月15日死去。
  55歳。家督は長男:酒井忠勝が継いだ。


12年間、高崎に在城した。井伊直政の高崎藩の基礎の上に町割の
整備をしたが、具体的に高崎に何を貢献したかは、私には分からない。
高崎市史によれば、
1)城下町の整備、①九蔵町の新設(家次の家臣になった高崎の地侍
 :北爪九蔵の大坂夏の陣での功績により、名主として土地を与えた。)
 ②新田町の新設、③赤坂町の新設

2)中仙道の整備&拡張・・・城下の真ん中を通りようにした。





【3】3代松平戸田康長・・・9ヶ月
・元和2年(1616) 3代松平戸田康長が笠間城から入封した。
  9ヶ月の在城した。業績は不明。
画像

・元和3年(1617)7月松本城に移封となった。
3代松平戸田康長の業績・・不明。
画像

箕輪初心●長野:松本城祭り&訪問記http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201011/article_3.html





【4】4代松平信吉・・・2年2ヶ月
・元和3年(1617)7月に土浦城から入封された。
   2年間在城した。業績は不明。
画像

・元和5年(1617)10月丹波:篠山城に移封となった。
4代松平信吉の業績・・不明。
画像


箕輪初心●兵庫:百名城「篠山城」=石垣が凄い百名城
http://53922401.at.webry.info/201304/article_16.html




★参考文献
 高崎市史:通史・・・




★明日は、高崎藩主:安藤家かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック