箕輪初心●箕輪城107【郭馬出】=城門復元2018年度完成予定

平成25年(2013)6月7日、高崎市教育委員会は防御上の重要拠点
「郭馬出西虎口門」(奥行き3,6m・幅5,7m・高さ6,3m)の2階建ての
櫓門&本丸西虎口門(奥行き1,7m・幅3,1m・高さ3,9m)の高麗門、
土塁や散策用の西虎口門~蔵屋敷に通ずる橋(17,5m)などを整備して
新たな観光資源としてPRする。2018年度完成を目指す。ビッグニュ
ースである。6月8日の上毛新聞のトップを飾った。

箕輪初心の私見であるが、「土木工事の中心人物は、元武田信玄の
家臣で、馬場美濃守の右腕だった早川幸豊ではないかと考えている。
武田氏滅亡後、井伊家の家臣になり、武田の築城法+徳川の築城法
・北条流の築城法をマスターして、箕輪城の工事に携わったのでは
ないかと推測している。その後、高崎城の梅堀・彦根城を造った。」

画像

画像

 (★上毛新聞には計画はカラーで出ていた。)


◆◆箕輪初心●箕輪城106『ボランティア』&御風呂ヶ池・浜川館◆◆
http://53922401.at.webry.info/201306/article_8.html


①二の丸からの土橋

②大堀切から北を見る。・・・右が郭馬出し
日本最大の畝堀・・・さらに深さ4mある。
  高さ2mの石垣が埋まっている。
  秋本先生などに、遺構の再現を依頼したが。
  「ここは通路にある予定なので、4m掘り下げると、
  落ちたら、上がって来られない。土にしておくと、
  ヘビの巣になってしまうので、できません。」
  と、返答して下さった。非常に残念である。
  関東最大の出撃門より、日本一の畝堀の
  方が価値があるような気がしてならないのだ。

  しかし、郭馬出の西虎口門の復元は6つ目で
  最大の規模にあるそうである。

画像


③大堀切から南を見る。・・・左が郭馬出し

画像

④郭馬出の看板
画像


⑤杭
画像


⑥門の看板
画像

画像

画像



⑦石垣・・・・★ほとんどの方が知らない石垣である。
画像

画像




⑦本来は、道がなかった。
画像


⑧郭馬出&木俣の間の空堀・・・
画像

画像


⑨木俣から郭馬出の眺め
画像


○木俣の「どどめ」=桑の実。★まずかった。
画像


⑩木俣から・・・北の空堀を見る。
画像


⑪郭からの郭馬出しの眺め
画像





箕輪城の公園整備実施が始まっての3年目になった。
平成23年(2011)からは・・・
平成24年(2012)は①本丸堀・②御前曲輪北堀・③大堀切であった。
主に杉・雑木や孟宗竹の伐採である。非常と明るくなった。
平成25年(2013)は①本丸&稲荷曲輪の間の元水堀~本丸下郭、
であった。11月から本丸郭馬出・木俣南の2つの堀
の杉や竹が伐採された。それに加え、12月より二の丸
のバイオトイレの設置&四阿の改修工事が始まった。
12月3日~2月28日まで工事車両以外入城禁止と
なった。3月末には使用可能になった。また、戦時中の、
零戦の燃料格納庫としての5つの洞窟の埋め戻しと補強
土手工事も終了した。
 


【1】郭馬出(奥行き3,6m・幅5,7m・高さ6,3m)の2階建て櫓門
◆◆ 箕輪初心■箕輪城33「見所20」⑥郭馬出 ◆◆
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201010/article_53.html

9)郭馬出・・・60m×30m。周りは土塁。
三の丸     ・ 二の丸
(3段の武者走り) (防空壕=燃料格納庫埋め戻し作業終了)
======日本一の大堀切(土橋)大堀切====
         ■■    ←郭馬出
       ○■■■■■    ←木俣土佐守
          ■  ←出っ張り部

★2003年3月9日発掘調査現地説明会に参加した。
  (秋本太郎先生・田口一郎先生・井田先生?)
画像

 (★秋本先生が説明して下さった。
   以前に、写真の掲載を許可していただいた。
  ありがとうございます。)
  
  大きな1mの石も発見された。
画像

 ①西虎口の門は関東最大。幅5,4m?(5,7mらしい)
  ・奥行き3,6m。礎石が8つ。
 ②石組みの排水溝。  (埋め戻し)
  →礎石配置・排水溝から、2階建ての屋根付きの城門。
※秋本先生「八王子城の城門や太田金山城の城門を凌ぐ。」
 説明会では、1,5m掘り下げた所に遺構が見られた。
   回りは土塁である。
秋本先生「2015年頃、屋根付きの二層の門&排水溝を復元予定?」
 ★この度は、おめでとうございます。秋本先生・田口先生・
   井田先生・若狭先生など、高崎市の教育委員会の
   方々のご努力だと思います。



箕輪初心私見「彦根城の造りに共通か?・・・
  しかし、ここなぜ、こんなに大きいの?」
    内藤・・250騎=1000人弱       
    井伊・・(1200騎)=5000人


★郭馬出の石垣・・・・★以外と見落とすのだ。
画像




○ある日の箕輪城語り部の会の説明会
  斉藤さん=吉田さん&板垣さんは紐で説明している。
画像

画像



画像



【2】本丸西虎口門(奥行き1,7m・幅3,1m・高さ3,9m)の高麗門
高麗門はつっかい棒が内側だけに有る門のことである。
画像

画像


・2025~2028年の計画
画像




【3】本丸西虎口~蔵屋敷に通ずる橋(17,5m)
①傾斜は1,5mの差がある。
画像

 (★堀より)
 
 ②本丸側に橋台があるが、石垣が崩れそうなので、土嚢で
隠れている。
画像


 ③本丸堀の中に土が流れないように石垣がある。
  ★北条流の築城法である。鉢形城の作りと同じである。
  小田原城3の丸とも同じ構造である。しかし、北条氏か井伊氏か
  不明である。と秋本先生はおっしゃっていた。

画像


 ④蔵屋敷から本丸西虎口を望む。
画像


●彦根城の木橋・・・★傾斜が同じである。
画像

画像



◆◆箕輪初心○箕輪城&彦根城の類似性 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201101/article_10.html




★明日は?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック