箕輪初心★松尾芭蕉28『奧の細道⑰』【酒田・鶴岡】&▼ダイビング

★8月14日、村の盆踊りがあった。21時までやった。
★8月15日、今日は終戦記念日である。仕事でもすっか。
松尾芭蕉は秋田:象潟を後にし、日本海側を南下
した。酒田には6月18日~24日の7日間逗留した。
6月25日に大山泊、6月26日に温海泊、6月27日
には鼠の関を越え、越後に入った。

『 あつみ山や 吹浦かけて 夕すずみ 』
画像

(★山居倉庫)


◆◆ 箕輪初心★松尾芭蕉27『奧の細道⑯』【象潟】 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201208/article_11.html


◆◆ 番外編:奥の寄り道【酒田残照】 ◆◆
 ①1981年・・・職員旅行「仙台&最上川下り」
 ②2008年7月21日・・山居倉庫・本間家
 ③2009年8月7日・・・鳥海山のおまけ
1)本間家2回目
画像

 江戸時代の酒田は日本最大の大地主:本間家の根拠地
  だった。最高で3000町歩の田地を所有していた。
「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」
  と言われていた。

  旧本間家本邸は表は二千石旗本格式の武家屋敷、
  奥は商家造りと建築様式の建物。
  子孫は本間ゴルフを経営している。
画像

 
 
 2)山居倉庫・・・「おしん」の撮影現場
画像

画像

   NHK朝のテレビ小説「おしん」ロケ舞台。
      もちろん、芭蕉の頃にはなかった。
画像
  
「アジアでも 人気のおしん ロケ倉庫 
 貧しき昔 思いし夏旅 」
箕輪初心
     ↓
「アジアでも 人気のおしん ロケ倉庫 
 我が家の貧しき 昔を思ひし」
箕輪初心
 
5)土門拳写真館
画像

画像

画像

 ★奈良の仏像写真集の本物があった。

 
 6)酒田港のレンストラン「とびしま」
海鮮料理が安い・・・最高。
画像

画像

 

 7)酒田の海洋センター(博物館)
画像

画像



6月18日=太陽暦8月3日
○象潟発→三崎峠→吹浦→遊佐→旧青山邸→
○酒田泊
○酒田で句会
○酒田泊


6月19日=太陽暦8月4日
○酒田で句会  
○酒田泊


6月20日=太陽暦8月5日
○酒田泊


6月21日=太陽暦8月6日
○酒田泊(本陣?)
画像


6月22日=太陽暦8月7日
○酒田泊


6月23日=太陽暦8月8日
・近江屋三郎兵衛宅の句会

『 あつみ山や 吹浦かけて 夕すずみ  』
★意味・・温海山から吹浦にかけて見える景色を
堪能しながら、夕涼みをしている。超気持ちいい。
北島康介みたい。今年のロンドン・オリンピックでは
名言はでなかった。400m混リレーで銀メダルで
よかったね。

『 暑き日を 海にいれたり 最上川 』
★意味・・暑い太陽を西の海に入れて、夕方になった。
 最上川が太陽を流してくれて、とっても涼しい夕方
 だな。超気持ちいい。
○酒田泊


6月24日=太陽暦8月9日
○酒田泊


6月25日=太陽暦8月10日
○酒田発

○最上川の舟

○庄内砂丘・・・★洋梨:ラフランス

○湯野浜温泉
湯野浜・・・・①大学4年の時、演奏会
         ②2009年8月6日

○大山宿(泊)・・酒屋が有る。

●大山城(鶴岡市大山)・・・2008年7月20日
  ★直江兼続が攻撃。
画像

画像

画像

画像



○菱津川


6月26日=太陽暦8月10日
○大山発・・・

○加茂・・・漁師町
画像


◆◆ 番外編:奧の寄り道【加茂ダイビング】 ◆◆
2008年7月20日・・・2本
「暑き日に 海に入れたり 
    鶴岡の 魚も喜ぶ 海開きかな」
 箕輪初心
 ウミウシ
画像

画像

  ギンポ
画像

画像

  ヒラメ
画像

  コウイカ
画像

  ミズダコ
画像


●加茂水族館・・・2008年7月20日
画像
 
  世界一のクラゲ水族館
画像

画像

  カモメが飛んだ~~。
画像

 ★クラゲ定食を堪能。珍しいだけかも・・。  

○由良海岸・・・
画像


○三瀬・・・
画像


○温海泊(紹介された家に宿泊)


温海
 ①2005年8月1日・・・
  ★魚介類の定食・・・旨かった。
 ②2008年7月22日 
 ③2009年8月6日


▲▲ 番外編:奧の寄り道「飯豊山 (№35)2236m ▲▲
平成7年:1995年 
7/29 
  11:30  高碕・福島会津坂下・山形の米沢
  15:15 川入テント準備  17:00焼き肉パーティ  
7/30   5:00 朝食  ラーメン    
  6:30 川入出発・・・御沢小屋・・・
  7:15 御鍬所・おっぱい地蔵・・・7:55塚・・・・
  8:15  飯豊神社・・・
  8:40  地蔵山山頂・・三国小屋・・・
  11:00 雪渓・・足滑らせてねんざ。「いってえ。」
 「飯豊山 憩いを誘う ヒメサユリ 
       雪渓ですべって 転んでねんざ」
 箕輪初心
画像

  12:00 切合小屋のテント場  
        昼食・・・昼寝1時間・・
      *ねんざしても、テントで療養。雪を見た
  16:45 ビールタイム・酒・・・夕食・・・・
  19:00 テント泊
7/31
  4:30 起床 朝食「ラーメン」  テント片づけ
  6:30 出発・・・・7:00ぞうり塚・・・御秘所・・・・
  8:15 本山小屋 15分休憩・・・・・
  8:40 飯豊山山頂2128m 
画像

       20分休憩・・・・・
  9:00 下山・・・・逆コース・・・・・・
 12:00川入駐車場 昼食「ソーメン・サラダ」
 13:30 駐車場発  
 13:45 相川温泉 2時間休憩
 15:30 発・・・・新潟経夕・・・・・
 21:00 高崎   家21:30  


6月27日=太陽暦8月11日
○温海発・・・馬で・曾良と別行動別コース

○温海温泉→

○念珠の関=鼠ヶ関:山形県鶴岡市(旧温海町)
    白河の関、忽来の関と並ぶ東北3大古関。
  江戸時代には鼠ヶ関番所で庄内五関所の一つ。
  源義経が弁慶に救われた「勧進帳」舞台

○碁石海岸

○勝木川沿いに山道に入った。(出羽街道)




★松尾芭蕉は越後に入った。

この記事へのコメント

富岡武蔵
2012年08月15日 22:07
松尾芭蕉を追っての旅ですか、相変わらず優雅な旅をされていますね。
 私は信州、上州の山城を捜し続けています。今回は万場町の千軒山城をやっと見つけることができました。四度目の挑戦での快挙です。山崎氏の縄張り図からすると、それなりの山城と思っていましたが十分期待に応える遺構が残っていました。
富岡武蔵さんへ
2012年08月17日 07:35
富岡さんのブログも時々見させていただいておりなす。
私の知らない普通見られないような城ばかりなので、驚いています。これからもご活躍に期待しています。千軒山城の名前は知っていますが、行っていません。

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心★松尾芭蕉29『奧の細道⑱』【村上~出雲崎】

    Excerpt: ★松尾芭蕉は日本海側を南下した。出羽と越後の国境で 「ここを越えれば、越後だ。思えば、遠いところへ来たも んだ。」と思っただろう。松尾芭蕉は村上・新潟・出雲崎・ 今町(直江津)・糸魚川・市振まで.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-08-16 07:17