箕輪初心▲群馬百名山④№75~100:日光白根山・平ヶ岳など

上毛新聞社の「まるごとガイド ぐんま百名山」は、
優れたガイドブックである。群馬県内最高峰の日光白根山
2578m~藤岡市庚申山189mまでが、細かく掲載されている。

最終回の群馬百名山の一部には、鳴神山・日光白根山・榛名山など
があった。

△76 戸神山(沼田)765m ××
 ※沼田薄根の円錐形の富士山型の山。
関越自動車道月夜野IC前の右の山である。


▲77 鳴神山980m
①20120508・・・
カッコソウ(サクラソウの大型の固有種)鑑賞
薮塚温泉   (太田組)
画像

画像

画像

◆◆ 箕輪初心▲鳴神山&薮塚温泉 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201205/article_15.html


△78 日暮山(下仁田)1207m ×
※上信越道の軽井沢IC近く・・


▲79 日光白根山(№4)2578m群馬県境1位
①19740729
  丸沼登山口→群馬最高峰→五色沼→五色山・金精山
②19880625
  丸沼登山口→群馬最高峰2578m→「シラネ・・・」の名前の由来地。
    牧野富三郎の研究成果?
③19900810
  丸沼登山口→群馬最高峰2578m
 (群馬の山を愉しむ会10人で山行。周遊コース。)
④20020512
  丸沼ロープウェイ乗り場→群馬最高峰2578m
    金子紀雄・敬子夫妻の雪中行軍。
  下山は雪の谷コース。→白根温泉「加羅倉館」
  『夫婦で登った百名山』を寄贈された。
「ご夫婦で 登った山は 百有余 残雪の山路 日光白根」
「残雪の 登山道に 落とし穴 さけても落ちる 新緑の白根」
画像

③20031103
  丸沼ロープウェー→山頂・・五色沼。「鹿・・2m」
「白根山 紅葉求めて 五色沼 大きな鹿と 目と目でぎくっ」
⑥20071002 丸沼ロープウェーから左コース・・山頂
  ・・・白根温泉 (町○氏・マーちゃん)
画像

画像

画像

画像

◆◆ 箕輪初心▲日光白根山&白根温泉 ◆◆



▲80 根本山1199m
①19940529
桐生不死熊橋・・神社・・根本山・・駐車場
(4時間15分)(山の会16人)
画像



▲81 八間山1935m
①20040623
  野反湖休憩所・・八間山・・白砂山分岐→野反湖終点
  ・・・六合温泉(太田組)
画像

 (久保田さんの画像)


▲82 鼻曲山1655m
①19900520 
軽井沢熊野神社・・一の字山・・留夫山・・鼻曲山
   ・・霧積温泉「金湯館・・・仲間の1人が親戚(山19名)
②20040917
霧積温泉・・・鼻曲山・・・霧積温泉


▲83 榛名山1499m
画像

1)かもんヶ岳1447m?・・・1回
  19870503  
 榛名湖吾妻荘・・かもんが岳・・杏ヶ岳・・・榛名湖温泉
2)榛名富士・・・2回
3)相馬山・・・3回 
  19750521  (山の会)
  19890331  (前原・中里・小林・小田切)
   19960728
4)雄岳・雌岳・・・2回 
   199971031 (山の会)
5)天狗山1179m・・・3回
   19740503 師匠と   
   19969413 村ハイキング下見   
   19960428 村ハイキング
6)水沢山・・・1回
7)烏帽子岳・・・4歳の時
8)関東ふれあいの道・・ 
9)するす岩下の右京の泣き堀
画像

○木部姫の入水伝説
画像

○竹久夢二の碑&アトリエ
画像

○ ワカサギ釣り・・・ワカサギ定食
画像

○イルミネーション・・・12月
○高峰美恵子の「湖畔の宿」
画像

○クラッシックカー祭り・・・今年は、2012年7月1日
画像

○榛名湖ダイビング
画像

  

▲84 桧沢岳1133m
①19960511 
南牧村根草橋・・・桧沢岳・・・根草橋(山の会14名)


▲85 平ヶ岳2141m
①20051002
  前日、奥只見銀山平:湖山荘泊。
  宿泊者は天皇道路を山行。・・・銀山平温泉(Cツアー)
  ツアー費29000円。宿泊費・送迎込みなら12000円程度。
「風邪をおし 天皇も行った 近道を 我も挑戦 秋の平が岳」 
画像

②20100801
  前日、奥只見銀山平:ログハウス白光泊。
  宿泊者は天皇道路を山行。12000円。
   ・・・銀山平温泉(太田組) 
画像



▲86 武能岳1760m
①?   湯桧曽駅300m駐車場・・湯桧曽川・・蓬峠
・・武能岳


▲87 武尊山(№10)2158m
①19900613 )宝台樹→赤倉の頭「寒い」→山頂→宝川温泉
             (群馬の山を愉しむ会13人)
  「梅雨の中 滑る山道 武尊山 日本武尊を 拝む手痛く」
②19941021 武尊牧場・セビオス岳・中岳・山頂 
  (群馬の山を愉しむ会20人。)
③19960601 武尊牧場・・・セビオス岳(雪が多い)→木賊温泉 (師匠と)
画像



▲88 巻機山 (№17)1967m
①199510? (群馬の山を愉しむ会の山行15人)
 「紅葉が はえる巻機 筋肉痛 
馬油(マーユ)が効いて やっとの下山」
画像

画像

画像



△89 万太郎山1954m ××


△90 御荷鉾山1286m ××


▲91 三国山1636m
①?   平標山→大源太山→三国山(ニッコウキスゲ群落)
    →三国峠(山の会13人)


▲92 三峰山1123m
①20050924※印象のあまりない山。


△93 御堂山878m ××


▲94 妙義山1104m
*19900429谷急山1162m(妙義最高峰)・・{沢が深い。}
*19900805国民宿舎・・・丁須の頭1030m・・・「怖かった。」
*19920412妙義神社・・・関東ふれあいの道(御中道)・・
・中の岳神社
*?妙義神社・・・大の字・・・白雲山1081m・・・妙義温泉
①?中の岳神社・・・金洞山1104m・・・石門巡り
②20081130中の岳神社・・・金洞山1104m・・・石門巡り
画像



▲95 物語山1019m
①18870423  
国道254深山温泉手前・・物語山(ヒカゲツツジ)山の会下見
②18870605 
国道254深山温泉手前・・物語山(ヒカゲツツジ)山の会
③19900606 
国道254深山温泉手前・・物語山(ヒカゲツツジ)職場
※5月のツツジはすごいぞ。ヒカゲツツジも咲いている。
下仁田町「物語山メンバ岩伝説」
 天正年間(1573~1590)、西牧の横間の「幽崖城」に
多目周防守長定は在城。
 天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めの時、
  北国勢の前田利家・上杉景勝は碓氷峠を越えて上野に入った。
 ①松井田城コース・・箕輪城コース(上杉景勝の真田昌幸軍) 
 ②国峰城コース ③西牧城コースに分かれた  
 「幽崖城」を攻めたのは、松平康国で、多目周防守長定
は奮戦したものの城から逃亡した。
  ・長定がふと見ると岸壁があり、そこ下には藤のつるが
  伸びていた。つるを伝わって岩の下まで登った。
  そして、登りきると、つるを切った。
  翌日、おりられず、小田原城の方を向いて、腹を切った。
  ・里人は、この悲惨な話から、「物語山」を呼ぶようになった。   
 (下仁田町史「町に残る伝説」)
箕輪初心調べ・・・
天正16年(1588)? 箕輪城主多米出羽守平長定
   (多目周防守元忠の子)+大谷帯刀左衛門 (下仁田町史)
天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原征伐→
①多米元忠が西牧砦(群馬県)で討死。(上毛古戦記:小幡記)
   →山口総衛門が青木城へ伝令。
  →元忠の子左近(18歳)は家臣栗田氏一族と自決?
(佐奈山文庫HP)
②箕輪城主多米出羽守平長定が山中城(静岡県三島市)で討死。
 私見・・・多米出羽守平長定は、小田原の最重要防御の地:山中城

(静岡県三島市)に応援に行った?
(静岡県三島市の山中城三の丸の宗閑寺の看板の写真)
画像



▲96 物見山 1375m
①??   神津牧場・・・物見山・・・下仁田の温泉
※神津牧場のジャージー種のソフトクリーム&荒船風穴もいい。


△97 温泉ヶ岳 2333m ××
 群馬県片品村&栃木日光市の県境。
 金精峠→分岐・・断念。
 温泉ヶ岳山頂までは往復で15分?


▲98 湯ノ丸山 2101m
①19960707
 地蔵峠・・湯ノ丸南峰・・烏帽子岳(山の会18人)
②2000?   
 地蔵峠・・湯ノ丸南峰・・北峰(単独)
画像

③20040403 
 地蔵峠・・湯ノ丸南峰・・北峰 山スキー(単独)
画像
 
※レンゲツツジは群馬で1~3位。烏帽子までの登山がお勧め。


▲99 横手山 2305m
①18840819 渋峠・・・横手山・・
*スキーでは、30回以上来ている。
  ・・・草津温泉・万座温泉
※山頂のパン屋のパンが旨いのだ。
画像
画像



▲100 四ッ又山 900m
①19941127 南牧の大久保・・・四ッ又山・・・(山の会のパーティ)
※西上州でも屈指の山。高崎から見えるよ。
②?

▲外 二子山 1166m
①??? 旧中里村・・・股峠・・東岳・・股峠
     西岳・・・魚野峠・・・坂本奥
画像

 (久保田氏か大島氏の撮影)


◆◆ ぐんま百名山一覧  ◆◆
http://www.netplaza.ne.jp/~hitos01/hyakmeizan.htm
 ※この方のHpも素晴らしい。



★明日は箕輪城№80・・・角館で会ったKさんのコースだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック