箕輪初心▼海外№52モルジブ1回目=サザンクロス号前編

《海外22度目のダイビング》は、モルジブだった。              
前原の年賀状に「モルジブっていい。とあった。都丸氏が
4月8日にマリンダイビングフェアで、太田祥平氏を紹介
してくれた。 とうとう、モルジブの太田祥平氏のサザン
クロス号乗れた。そして、目標の3冠達成・・・・
①ジンベエザメ、②ハンマーヘッド。③マンタ

画像

 マンタ(中林氏撮影)
画像

  ジンベエザメ(池田氏撮影)
 
◆ワールドエクスプローラ・・・・
 「モルジブ:サザンクロス号8日間」
 払込み 258,000円 全費用  300,000円

◆日程 
23日 1、成田→スリランカ:コロンボ→
  24日 2、北マーレ南部「サンライズテイラ」
南マーレ「グライドウコーナー」2本
  25月 3、甚平シュノーケリング+甚兵衛ダイブ2本+ナイト
  26火 4、アリ環礁東部を北上3本+?             
無人島デイナー
  27水 5、アリ環礁東部を北上2本+ラスドウ環礁+ナイト
  28木 6、早朝ハンマーダイビング1本+マンタ北マーレ    
  29金 7、下船・・・・・市内観光?                 
夜マーレ発
  30土 8、・・・・成田(朝)

◆旅行・・平成15年(2003)8月23日(土)~8月30日(土)
▼平成15年8月23日(土):第1日目
07:00 家(箕郷)・・車(父)   
07:50 藤岡・・・バス(4300円コ-ス) 
  A氏「アメリカ本土最高峰ホイットニー山4418mに登る。
   1日200人位の限定で、予約。台湾の山もいいですよ。」
   *私もキリマンジェロに登りました。5895m・・・・。
11:05 成田第2  
*受付・ダイバー30kgまで、OK・・・俺は26,4kg         
・保険はアメックス・PADI総合保険・DANジャパン 

13:50 成田発 エアランカ航空  「満席   」 
  ・ { ビ-ル・ワイン・シ-フ-ド・・・・}
    (7時間半)  
    ・ひたすら、睡眠。  

●平成15年8月24日(日):第2日目
03:50  朝食・・・
05:45着 スリランカ
    ・コロンボ 
★4年前のお菊さんのスリランカツアーは
    知り合いの14人の貸し切りツアーで面白かった。
   ・水出氏は15年4月にコロンボ出張が終了
    水出氏がいる間にモルジブに来たかったなあ。

07:50 モルジブのマーレ         
モルジブ新50(のべ64)ヵ国+6地域(12地域目 )
累計50ヵ国 75地域
  
・現地係員
 ・港・・・テンダーボートで30分

サザンクロス号乗船・・・大きな船と感じた。
画像

    ・オリエンテ-ション・・・水、酒等。
    ・10号室    堀川氏と一緒

◎ ・睡眠・・・2時間 
 16時間昨日は寝たので、寝られない。 
 ・朝3時に起きて、漫画{GTO}を読む。  

07:30  出発  俺の所属はCグループ        
     22人は、予想        実際      
      A・・・熟練者       500本~     
      B・・・がんがんチーム 300本~   
      C・・・30代~40代   200本~      
      D・・・若者組       200本未満
     船で移動 
画像
 

08:07 №236 モルジブ①「北マーレ」のランカン・テイラ      
*ねらい「 慣れること・マンタねらい 」
   ・潜行直後に下にマンタ2匹 ・40分も見られた。計4匹?
画像

   ・ゴシキエビ初
画像

・ローニンアジ2匹
   ・モルジブアネモネフィッシュ初
画像


08:59 朝食

10:30 漫画{GTO}を読む。                                    

12:51  №237:モルジブ②「南マーレ」の
「グライドウコーナー」
 *ねらい「サメ系」・・・・
   ・ギンガメアジの群れ
   ・オグロメジロザメ1
画像
  
・ナポレオン2  
13:42 ドー二(テンダーボート)で戻る。

   漁村の村    
画像
   
  「伝統的なオリジナルなインスタラメンツはないか」
と聞きまくる。太鼓7軒くらい聞いた。     
画像
        

15:34  №238:モルジブ③「南マーレ」の「メドウ・ファル」  
    *ねらい「大物ねらい」
    ムスジコショウダイ 
   ・ ローニンアジの群れ100匹?が見事。
画像
 
    イシガキカエルウオのモルジブV
    ハナヒゲウツボの子ども(黒)   
    オトヒメエビ
    ・かすみあじ  

16:27 ログ書き
     ビールタイム
   ・太田氏が来て、乾杯 
   ・とも子氏が「イカさし」を持ってきて下さった。
   ・俺は日本酒紙パック3合  
   ・梅酒をプレゼント・・・
    中林氏は泡盛をコロンボで没収。
    
19:30  夕食 {   料理} 亀田氏夫妻・池田氏    
    
20:10  休憩  動物べ。
21:30  漫画{GTO}を読みきる。
    
23:00  10号室   ・寝ZUZUzuzu・・暑い。   
*アリ環礁へ移動
 

●平成15年8月25日(月)第3日目
   ・暑くて寝られない。ソファに移動 
05:30  起床 まだ暗い。
   漫画{しばいたろか}を読む。

   アリ環礁南部アウトリーフ
07:15  №239:モルジブ④「アリ環礁」南部の「クダラ・テイラ」   
*ねらい「ジンベエねらい」
      ムスジコショウダイ
     イソマグロの群れ30匹
画像
 
クダゴンベ大
画像
 
    コロダイの子ども(黒)
    ウメイロモドキの大群 
    クマザサハナムロの大群  
08:30 ・DECOが出そうだった。

09:00  ・朝食  
  B「飛び込んで、といったら、どんどん
飛び込んでいってくださいね。」               
画像
  
  ●ジンベエザメのシュノーケリング       
「ジンベエ・・ジンベエ・・。」の3階デッキからの
声にみんな殺気立つ。
  みんなはそれぞれに、急いで準備。
「一回りしてから飛び降ります。ジンベエにくれぐれも
触らないで下さいね。」
  と、太田ともこ氏が再度注意。先にいた船の人たちがいなく
なって、「自分達だけだから、・・・。人をけってしまったら、
     謝ってね。」
  私は左にいたので最後の方になってしまった。
中林氏が真っ先に飛び込んだ。田口氏が滑って、真下に落ちた。
・・・俺も飛び込んだ。気持ちよかった。
デッキからのとも子氏
 「速く泳いで・・。」という叫び声が聞こえる。
我々は一生懸命泳いだ。5~6回蹴られ、私は後退した。
 なんとか全員がジンベエに追いついた。
しかし私は真横に並んだだけだった。
一生懸命、写真を撮ろうとしたがシャッターが切れない。
★なんと、ハウジングが曇っているいるではないか?
??ガーン。こんな大事なときに・・・・
  仕方なく泳ぎに専念した。おいらも潜った。
  でも、呼吸が整わず、1mくらいしかもぐれず、すぐ浮上。
  ・・・前の方に中林氏が正面の写真を撮っている。
  すっげえ。・・・疲れた。
  
  ボートに拾ってもらった。すでに、4~5人いる。
  ボートはジンベエの先回りをした。矢野さんが
  「あれ、もう一度入っていいの?」と聞いた。
  続いて俺。たぶん、松岡氏を蹴って・・・。
  なんとおいしい場所だった。真っ正面だ。ラッキー。
  口を半開きにしたジンベエがこちらに向かってくる。
  目玉はどこだ?なかなか確認できない。イザリウオ並だなと
  おもいながら・・・5分くらい一緒に泳げた。
  カメラは作動しない。ちきしょー・・・。横に並んだ。
  反対のピンクの水着にハーフパンツのさくらちゃんが
  クロールでがんがん泳いでいるのが見える。
  
  いっぱい見たからと思って外側に行ったのがちょっと
  失敗だった。いいポジションではなかった。
  ジンベエの縦の筋がオサガメの皮の甲羅に見えた。
  4~5m位だな。と思いながら、だんだん泳ぐ力を緩めた。
  「甚君、さようなら」と挨拶した。
  ボートを待った。

   第一陣は帰還した。
  本船で待っていたとも子氏が
  「ジンベエ、初めてのひと?」
  とにこにこしながら聞いた。
  多くの人が「ハーイ。」と手を挙げながら答えた。
  俺もだけど。みんな、満喫したようだった。
  「先週は4回潜って、下の方にいただけだった。」
  といっていた太田氏を思い出した。
  ゲストに喜んでもらえる。これで太田夫妻・大輔氏も満足
  しているんだろうなと思った。
  
  第2陣は結局、20分位第1陣より泳いでいた。
  俺は、カメラのハウジングを上の後部デッキに干した。
  しばらく、興奮状態が続いた。その興奮がさめやらない
  ちに、再び、「ジンベエが2匹いる。」・・・と祥平氏。
  
   とも子氏が「2回目泳ぎたい人?」と聞いた。ほとんどが
  「はい。」と返事をした。大きい方をねらうことになった。
  結局全員参加だった。俺はカメラのハウジングをどこに
  置いたか忘れていた。
   今度は左だ。俺は舳先に陣取った。とも子氏の号令で
  真っ先に飛び込んだ。カメラがないのは寂しいが、
  その分、快適に泳げた。3番にジンベエに着いた。
  1番中林氏。2番池田氏。そして、ジンベエを追い越した。
  中林氏がジンベエに対峙しながら、デジカメで撮っている。
  みんなが追いついてきた。
  ジンベエは浅い方に進んでいった。
  俺が先頭になった。結構、ジンベエを堪能できた。
  
   赤いパンツの大輔氏が5mくらい潜っているので、俺も刺激
  され、2回4m位潜って、下から見た。白いお腹だ。
  さっきのジンベエよりやせて見えた。違う個体だと思った。
  この辺で、後退と思い、ボートに拾ってもらった。
  ・・・みんなが一生懸命泳いでいる姿がけなげだった。
  ボートが又先回りしてくれた。
  ドボーンを背中からかっこわるく飛び降りた。
  「ああ・・甚君が下へ・・・深すぎる。」
  みんなも諦めていた。
  俺は5~6m潜ったが、はるか下にジンベエ
  は行ってしまった。無駄な抵抗だった。
  しばらく、お迎えのボートを待った。
  いつも後方でみんなを
 見ているスタッフが俺に下にいる魚の群れを指さした。
  俺は潜っていった。7~8mまで・・アジ系の群れだった。

  
  本船で休憩した。
  中林氏がビデオ上映会をしてくれた。感動ものだった。


12:14  №240:モルジブ⑤「アリ環礁」の「ホリデイサンアイランド」  
  *ねらい「ジンベエねらい」
   ひたすらキックだった。
    ハタタテハゼ 
    子亀  
     
13:30 昼食  { 魚料理}
   ・中林氏に「ガラパゴスのスクーバイグアナに
   行ったんですか?」と聞いた。
   中林氏はゴードンロックで50匹以上のハンマー
   見たが、俺15匹・・・。
     
13:50 漫画本 

14:49 今年の正月、池田氏と亀田夫妻はプーケットの
   クルージングで一緒 「カタダイビンクS」で・・・
                                       
15:21  №241:モルジブ⑥「アリ環礁」の
    「マミギリ・アウトサイド」 
*ねらい「ジンベエねらい」
     ホリデイサンアイランドから反対方 向に進んだ。
     ハタタテハゼ
     ・中亀  
     ハダカハオコゼ(モルジブ希)を発見ているすきに
     池田氏・松岡氏はヒメイトマキエイを追いかけていた。
画像

  (中林氏撮影)
16:12                     

16:40  ビールタイム   
     ログ書き    
    ・村田氏や小田氏が・・・シパダンの話を林氏としていた。
     ビールタイム
     ・太田氏が来て、乾杯  
     大学スキー部に在籍
    ・とも子氏が今日は「かきのたね」を持ってきて下さった。
    ・俺は日本酒紙パック・・・3合  
    ・太田氏に去年来た都丸さんの紹介で4月下旬に
      頼んだことを話した。  
    ・学生は名古屋市立大学の医学部4年生
      スクーバダイビング部
 
17:40  夕食   
20:30  休憩・・話の中心が俺の方に向いている。
      ★まずい。
22:30  10号室 ・寝ZUZUzuzu・・


●平成15年8月26(火):第4日目                      
05:30 ・起床  
私が漫画{しばいたろか}を読む。
    
   アリ環礁南部アウトリーフ                                  
06:49 №242:モルジブ⑦「アリ環礁」の
「ヴィラメンドウ・H/R」

  *ねらい「魚群とマダラドビエイ・ギンガメ・ドラキュラゴビー」
   ドラキュラゴビー(ネジリンボウ)
画像
 
   オーロラゴビー・・・★深いなあ。  
ミヤケテグリのモルジブVAR
  ギンガメアジの群れ
  マダラドビエイ・・・★速いなあ。
画像


07:43 朝食  (パン 、ジュ-ス)
   ・ログつけ   
・中林氏・・・ラパスやガラパゴスの話
09:42
10:00  №240:モルジブ⑧「アリ環礁」の
「クルブルドウ・テイラ」 

   *ねらい「イソマグロ・クマザサハナムロの大群ねらい」
   コガネシマアジの群れ 
   イソマグロ大  
   ウミウシ3種
   マダラドビエイ 
   オグロメジロザメが穴に着底(希)
 カンパチ(?)100匹
画像
   

12:55  №244:モルジブ⑨「アリ環礁」の「オモドー・テイラ」    
*ねらい「ギンガメアジ・ハゼ」
   オレンジ色のオオモンイザリウオ
画像

     ムレハタタテダイの群れ  
ヨスジフエダイ
   タテジマキンチャクダイ幼魚 
フタイロカエルウオ
   イソマグロ通過   
22,9m   100点 

13:49 昼食  {魚料理}   休憩  
15:42  
16:19№245:モルジブ⑩「アリ環礁」の「フィシュ・ヘッド」  
*ねらい「餌付けのナポレオン・魚影の濃さ」
    ローニンアジ大
    カスミアジ
画像
 
餌付けのナポレオン・・太輔氏に依頼。やったね。
画像
    
    逆立ちしているタイマイ(カメ)
    ツバメウオ    
17:16

17:40 ★ビールタイム  
     ・今日は松岡氏と朝長氏に勝った。
      ログ書き
     ・町田氏は元高校・大学の先生・・・スキーの方が多い。
     ・太田氏と中林氏と林氏の写真家談議・・・すごい。
聞いたことのある名前がいっぱい出てくる。
     ★太田氏は、逆に考えると有名人ってことか?
     ・とも子氏のエルニドの写真撮影5万円の話 
画像

19:00  
19:30  ★無人島デイナー夕飯【      】 ビ-ル1本 
画像

画像
       
21:00  10号室   ・酒・・・・・・         
23:00    ・寝ZUZUzuzu・・寝ちゃった。


★明日に続く。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心▼海外№66モルジブ2回目=ディナーシャ号前編

    Excerpt: ★クラブ・アズールに「メキシコ:カンクンのダイブ・淡水 ダイブ・チェチェンイチャ遺跡への特別企画を依頼した。 →しかしmメキシコの飛行機が取れない。偶然、モルジブ 発売日に出くわした。■緊急募.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-06-19 07:25