箕輪初心●沖縄の世界遺産⑦【座喜味城】=「運命の人」のロケ地

平成24年(2012)3月18日『運命の人』(山崎豊子著)の最
終回の「知花&弓成(本木雅弘)が座喜味城で励ますシーン」
があった。知花のガラス工房のロケは、読谷やちむんの里の
現代の名工:稲嶺ガラス工房であった。

平成12年(2000)12月「琉球王国のグスク及び関連遺産群」
の一つとして世界遺産に登録された。座喜味城跡は読谷山
按司:護佐丸が座喜味の北東約4kmにある山田グスクに居
住していたが、応永23年(1416)(1422年説有)、中山尚巴志の
今帰仁城攻略に参戦した。その直後、座喜味城を築城した(伝)。
座喜味城跡は日本復帰の昭和47年(1972)には国指定史跡と
なり、文化庁や沖縄県の補助を受けて城跡の発掘調査や城壁
修理が進められて、今日の状態になったという。

(★座喜味城パンフレット他より)
画像


■訪問日・・平成21年(2009)3月31日
沖縄の世界遺産の散策を計画し、貸し切り個人タクシー
を予約した。12000円でOKになった。
①勝連城→②座喜見城→③残波岬→④読谷やちむん(焼き物)
の里をコースに選んだ。

読谷村

○ 正門に行く松並木・・・美しい。
○東屋
画像

○日本軍の砲台跡
画像


①石碑
画像

画像

○世界遺産看板
画像

○座喜味城の航空写真
 座喜味城跡は標高120m余の丘陵にある。
画像

 一の郭と二の郭からなる。
 城壁は曲線で防御重視の傾向がわかる。

②二の郭のアーチ門
画像

○東側の石垣
画像

アーチの中央にくさび石がある。ほかのグスクにはない。
③二の郭
○北西の隅
画像


④一の郭のアーチ門
画像

城門のアーチの楔石は古い形態とされる。
  ★アーチ中央のくさび石を一の郭から見ると
画像


⑥一の郭内部
画像

○建物跡
画像

  
画像

 
⑦城壁・・3m~12m程
画像

 城壁の石材は石炭岩である。
画像

画像

○海が見える

■読谷村立歴史民俗資料館&美術館
 座喜味城跡の入口にある。
画像

 壺屋焼の骨壺もある。
画像



◆★ 「運命の人」最終回・・・平成24年(2012)3月18日
画像

 座喜味城のロケ
画像

知花のガラス工房のロケは、読谷やちむんの里の
現代の名工:稲嶺ガラスの工房であった。
画像

 嘉手納基地は見つからなかった。

★明日は、今帰仁城にしょうと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心▲富士山4回:平成25年世界遺産登録決定

    Excerpt: 平成25年(2013)6月22日 17:34 富士山の世界遺産登録が決定した。 カンボジアの首都プノンペンで開催中のユネスコ世界遺産委員会は 22日、富士山(山梨、静岡県)を世界文化遺産に登録する.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-06-25 18:37