箕輪初心▲百名山№45雲取山2017m

雲取山・鳥海山・月山などの写真データを失った。
バックアップしなかったのだ。悔しい。

《平成16年(2004)11月27日&28日》
秩父三峰神社・霧藻ヶ岳・・雲取山荘(泊)7500円 (Gツアー)   
雲取山山頂で御来迎6:29・富士山を見ながら下山・・小菅の湯
 
画像

 
▲登山記・・・平成16年(2004)11月27日
 Gツアー企画の山行に参加した。35000円だった。
画像

  (★地図は写真借用・・・許可)

05:00 高崎出発・・・・前橋・・・・高崎・・・秩父。
      三峯神社・・・バスの中で朝食にした。
 
09:15 三峯山ビジターセンター1100m  
   登山開始・・・なだらかな稜線歩きが始まった。
        ・・・長いこと・長いこと・・・
11:00 地蔵峠   

11:15 霧藻ヶ岳1532m・・・独りのじいさんが生きている。
       俺の老後か?・・・・・
   「昨日、雪が降った。」とじいさんが話してくれた。 
    尾根を辿りながら2つのピークを越えた。
      
昼食・・・おにぎり2個だった。
      
前白岩の肩・・・前白岩山から下って行くと、
   白岩山との鞍部に白岩小屋が見えた。
         

13:45 白岩小屋・・・古びた建物である。・・・
    床が斜めになっている。シートや布団もあった。
    リーダーが「昭和34年の伊勢湾台風で相当被害を
     受けたそうです。」と話している。
    でも、ダケカンバなどの林は傷跡が感じられない。
白岩山
   芋ノ木ドッケ
   大ダワ

15:30 雲取山荘(泊)1850m・・・
     1泊2日弁当付き7500円
   「立派な山荘で今年に建て替えられた。」と
リーダーが行く前に話していたが、
    新しい宿で最高だった。
      茶色の木肌のログハウス風の建物である。
主人は新井さんという方で、秩父の地主だそうである。
      
ビールタイム・のんびりタイム・・・・

18:00 夕食・・・酒を飲んだ。ご飯も旨かった。
20:00 明日のご来迎の準備をしてから、就寝。ZZZZ・・・・・。     


◆平成16年:2004.11..28   
05:00 山荘脇の階段を上って雲取山へご来迎を見るために軽装で向かっ
      た。もちろんライトを照らしながら・・・。
      山荘と山頂へ200mほど登った。・・・まだ薄暗い。
      やがて、雪をかぶっている山頂に着いた。
05:20 雲取山2017m。
       しばらく、寒さに震えながらご来迎を待った。
      辺りがだんだん明るくなった。
      頂上からの眺めは素晴らしかった。富士山。
      その手前には雁腹摺山、大菩薩の山々も連なっている。
      ご来迎・・・富士山に赤い日差しが差し込む。・・・・
      すっげえ。*最高の朝焼けの富士山だった。
      雲取山と書かれた標識の前で、冠雪の富士山をバックに写真撮影。
「初雪の 便りが聞こえし 雲取山 歩けばはるかに 冠雪の富士」
画像

  (★ウキペディアの写真・・・撮影者が許可) 

05:40 山荘に戻った。おにぎりをもらった。
05:50 雲取山荘 リュックを背負って出発。
06:15 雲取山2017m・・・本当にきれいだったので、ここでまた、
      1時間の休憩となった。
07:30 下山・・避難小屋を過ぎて振り返ってみる。
      小雲取山から雲取奥多摩小屋へと向かう。
      足下には、雪がなくなり、霜柱の道になった。
      木々の間から光が斜めに差し込んでいる。
08:15 奧多野山荘
ブナ坂分岐
09:15 七ツ石・・・
七ツ石山からは振り返って見た。
     雲取山に向かっての尾根筋の広い山道が見えた。
   赤指尾根分岐・・・・
   尾根道・・
   堂所・・・・
12:00 鴨沢   バスの迎えが来ていた。
12:30 小菅温泉(山梨県側)

14:00奧多野発・・・
20:30高崎・・・・
21:00 家
 
※パソコンの故障で、写真がないのが残念でならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック