箕輪初心●群馬:東吾妻町【三島根小屋城】&『浦野一族』

『浦野一族』は、信濃国の滋野系の祢津氏の傍系である。
高崎在住の私は草津・嬬恋方面に行く時の抜け道として数
百回通っているのは吾妻川右岸の道である。倉渕から大戸の
手古丸城=大戸城を右に見ながら、5分も過ぎると、岩櫃城
が見える。岩櫃山&岩櫃城が見えると、吾妻川の手前で左折
し、東吾妻町の三島地区に入る。根小屋城は、根小屋の名前
がついているので、武田&真田系の築いた城の可能性がある。
今回は、東吾妻町の三島地区を中心に遺跡&遺構を訪ねる。

【1】野ざらしの古墳
画像

画像

  (★岩櫃山の景観)
【2】浄清寺
画像

【3】鳥頭神社
画像


【4】丸橋農園:ブルベリー園・・・

【5】三島根小屋城・・
 浦野氏は滋野氏系で真田氏と同族である。

①根小屋の看板・・ 
画像

②水の手・・
画像

③平時の館・・
画像

画像

④大手門=根小屋の諏訪神社
1m20cmのアオダイショウがいきなり
  挨拶で、元気がなくなった。
  でも、蛇が先に逃げてくれた。

画像

画像

画像

⑤諏訪神社裏→鉄塚。
画像
  
⑥郭・・・★行かなかった。
 
⑦主郭=「斥候山(せっこうさん)」・・・★行かなかった。
  「斥候」=「物見」=「要害」
画像

 (★山崎一氏の縄張り図)


◆◆ 浦野一族&三島根小屋城の歴史 ◆◆
・鎌倉時代・・・
 ●信濃小県郡の滋野一族・・・
  →海野・望月・祢津の一族に別れた。

 ①長男:海野小太郎幸明系・・
  ○主流・・東御市海野(海野宿東海野城)
→真田幸隆→真田昌幸→真田信之・幸村
  ○支流・・下平→鎌原・西窪・海野・羽根尾
       三原荘を開拓。
  →依田氏=芦田氏?(上田丸子・佐久市芦田)
 
 ②2男:祢津小次郎直系・・・祢津、浦野の祖の系統
○主流・・東御市祢津(東部湯の丸IC北西祢津下の城)
  ○支流・・長野原・坂上(大柏木)・岩島へ。
 
 ③3男:望月三郎重俊系・・
  ○主流・・佐久市望月(望月城)
○支流・・草津・六合村へ移住。
      →望月・横谷氏(雁ヶ谷)として岩島地区に移住。

戦国時代・・・ 
・永禄7年(1564)'斎藤憲弘の重臣:大戸真楽斎は真田幸隆の
 吾妻侵攻に先立って調略に乗り、斎藤憲弘から寝返った。
 ★斉藤憲弘の妻は大戸真楽斎の娘だった。

・永禄10年(1567)「吾妻三島以下6箇所の領地を越国
  本意の上戦功の上支給する。」
  (★「浦野文書」浦野宮内左衛門尉の武田信玄宛行状
①長男:浦野右衛門進行貞・・・三島根小屋城主。

 ②2男:浦野村信は大乗院住職。
  ※林城西の浦野家の御塚・・・
画像
   
画像

  「大戸城主:浦野(=大戸)右衛門尉重俊は三島根小屋城に
   在城・・・(中略)・・・大戸重俊の2男:村信が京で、大勝院
   の称号もらい、大乗院の住職となった。子がなかったので
   海野長門守(★幸光)の2男:幸照を養子にした。

  ※浦野家文書:浦野安孫氏・・・
   大戸城主:浦野(=大戸)右衛門尉重俊の2男:村信が本山:
   聖護院から跡目を許され、吾妻郡長野原町林の諏訪神社の
 別当大乗院の住職になったことより始まった。
 以来、280余年、明治5年まで続く。
  ①浦野恒彦(のぶひこ)氏・・・・・・・・115点の文書
 ②浦野安孫(やすひこ)氏=恒彦氏従兄弟・・約4000点
 (★『中世~近世初期の浦野安孫(やすひこ)家文書
      について』秋山正典著)
画像

   (★長野原町林の王城山神社)
 
 ③3男:浦野下野守信英は三島根小屋城主。
  ★三島地頭:浦野下野守は、最初、斉藤憲弘の娘
 を妻にした。
 
  (★「加沢記」・「大戸村誌」など)

・天正2年(1574)大戸城主大戸真楽斎重俊
         遠州高天神城において戦死。

・天正7年(1579)浦野宮内左衛門尉=大戸真楽斎
         大戸城主であった。
       (★武田勝頼定書写)

    
東御市の講演会資料・・たぶん、東部町誌?
祢津系の浦野氏は、鎌倉時代に移住とある。
A、長野原町の林・・・大乗院&林城
B、東吾妻町の岩下・・どこかの寺か神社?   
C、東吾妻町の大戸・・大戸・手古丸城


富岡武蔵氏(元陶芸同門)のブログ
http://tomioka.at.webry.info/201106/article_22.html

富澤豊前守様(岩櫃城探検隊でお世話になった)Hp 
http://www.denno2488.com/index.php?%E4%B8%89%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E5%9F%8E%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC

●りんご園から三島根小屋城を望む
画像


【6】天狗の湯
上郷岡原遺跡・・・群馬県埋蔵文化財飯森康広先生達が発掘。
「天明の大飢饉で、浅間噴火の泥流が吾妻川を流れ、
4m積もった場所・・・吾妻川最大の堆積場所だった。」
2~3年前に天狗の湯&平成23年にバイパスが完成した。
画像

画像


★明日は、沼田の城に行こうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

富岡武蔵
2012年02月17日 19:49
2/29にプロフィ-ルサ-ビスが終了します。とが正式な告知であるようです。ブログにログインしますと。左手にプロフィ-ルのコマンドが赤い字でNEWとなっています。ここに入って、ブログ紹介がそのまま入れてあるのを確認し設定ボタンを押せばおそらく更新されます。
箕輪初心から富岡武蔵氏へ
2012年02月17日 20:04
今まで書いたブログが全く消滅するのは、私の心も
結構、折れると危惧しておりました。
しかし、富岡氏が方法を教えて下さったので、結構
安心しています。でも、プロフィール部分かもしれ
ません。・・・近く、情報を送って下さい。

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心●群馬岩櫃城⑥【岩櫃城跡探検隊第6弾後編】

    Excerpt: 前半は北遺構→志摩曲輪→本丸にやってきた。 後半は、本丸→二の丸→三の丸→竪堀→中郭→ 東の小郭→駐車場→天狗丸→天狗丸の竪堀→ 上宿→東虎口・・・コニファーいわびつに戻った。 浦野一族の直系.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-11-13 07:25
  • 箕輪初心●箕輪城№87飯森康広説「長野方業=長野業政?」

    Excerpt: ★平成24年(2012)12月1日、群馬県埋蔵文化財:飯森 康広氏の講演会があった。「長野氏と箕輪城を取り巻く風景」 と題した講演会である。飯森康広氏は高崎市箕郷町の出身で 群馬県埋蔵文化財で活.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-12-02 11:13