箕輪初心●群馬:中之条【城峯城】&唐沢一族&【四万・沢渡温泉】

城峯城は、西中之条城=新城などとも呼ばれている。
唐沢杢之介の子孫:唐沢先輩は宴会芸が凄すぎる。
「聖者がやってくる」の英語歌詞で「お椀だぜー
・茶碗だぜー・お椀だ船長・・・。」と歌いながら、お椀&
茶碗を2枚ずつ持って音を鳴らしながら踊るのである。
この唐沢先輩、「俺は藤原秀郷の子孫だ。」と言っていた。
でも「先輩は、真田忍軍の所属の唐沢杢之介の子孫ではない
だろうか。」と私は思った。私は、唐沢先輩に西中之条の
城峯城の位置を教わった。すぐ近くに住んでいるからである。
城のある城峯自体は唐沢先輩の親戚の山らしい。

画像

 (★城峯城の全貌)

◆訪問記・・平成24年(2012)2月5日
中之条町西中之条城峰=柴宮の峯

①山門
画像

画像

○駐車場
画像

 ここからの眺めもいい。・・・城域なのだろうか?
②柴宮神社
画像

③柴宮神社の境内
画像

④水の手
画像

画像


⑤主郭下の武者走り?
画像

画像


⑥柴宮の峯=主郭
  石の祠があった。
画像

画像


⑦公園
★解説の案内板が探せなかったのが、残念である。
画像

  (★山崎一氏の縄張り図)

◆◆ 唐沢杢之介&唐沢玄蕃 ◆◆
大永年間(1521~)?斉藤憲次(憲弘の父)の家臣で、岩下城の
「富沢但馬守基幸」に老後になってから男児がうまれた。
斉藤憲次は赤ん坊に名前を与えることにした。斉藤家が長く
続くという証だ。富沢の沢の水もこの子で留まるであろう。
沢に水が無ければ、(枯れ沢)がから、姓を唐沢にしよう。」
ということで、子供の名前は「唐沢杢之助」となったとか?
唐沢杢之助は初代「唐沢玄蓄」として沢渡を知行した。
しかし、永禄8年(1565) 唐沢杢之助は嵩山城攻めで死んだ。
2代目:唐沢玄蕃は真田忍軍総帥:出浦対馬守の配下として
割田下総守とともに、真田の拙攻として活躍したらしい。
唐沢先輩は富澤一族の子孫だったのだ。たぶん?

画像


◆◆ 城峯城解説・・・真田8城のひとつ。 ◆◆
  天正10(1582)年6月本能寺の変後、湯本三郎右衛門
  (草津領主)から堪忍分として賜った。後、蟻川氏が所領。
(★中之条町観光協会公式Hpより)
 
 ★真田8城って、どこ?・・・たぶん?
 岩下城・岩櫃城・柳沢城・稲荷城・山田城・吉城・桑田城
 内山城・城峯城・嵩山城・和利宮城・横尾八幡城・・・
 あれ~、増えちゃった。・・・わかんないや。
 ★参考Hp・・・城館探訪記・・・勝手に載せてすみません。
 http://kdshiro.blog.fc2.com/blog-entry-1640.html

◆◆ 沢田農協販売部 ◆◆
画像

 漬け物が最高。
画像


◆◆ 中之条歴史民俗資料館 ◆◆
館長:唐沢定市先生の執筆した「真田の歴史」も興味深い。
唐沢先生は中之条町史・原町村史などにも関わっている。
画像

 (★写真の掲載は、唐沢先生より許可済み)
唐沢定市先生は、山崎一先生・近藤義雄先生・佐藤隆夫氏と
ともに、昭和63年に、箕輪城の発掘に携わり、箕輪城を国
指定史蹟にして下さった方である。


◆◆ 四万温泉&沢渡温泉 ◆◆
①四万温泉「日向見公衆浴場」・・・日帰り3回
画像


②四万温泉「ゆずりは荘」・・・・宿泊1回・日帰り1回
画像


③四万温泉「四万グランドホテル」・・ 宿泊2回
画像


④四万温泉「たむら」・・・日帰り3回
画像


⑤四万温泉「積善館」・・・なし
画像


⑥四万温泉「やまぐち館」・・・日帰り2回


⑦沢渡温泉「丸本旅館」・・・・宿泊2回
画像


⑧沢渡温泉の公衆浴場・・・・1回
画像

画像


この記事へのコメント

http://www.fetang.com/
2013年08月07日 03:35
お世話になります。とても良い記事ですね。

この記事へのトラックバック