箕輪初心●群馬:中之条&吾妻の城=67城

中之条&吾妻の城=山崎61城+飯森6城+高橋1城=67城。
でも、私が行った城砦は、半数程度である。
群馬県の吾妻には長野の海野一族の末裔の城や長尾系の城が
沢山あった。しかし、新田一族分家や宇都宮一族分家や飽間
斉藤一族などが入ってきた。また、戦国時代の16Cには、
武田家臣:真田幸隆や上杉謙信や北条氏邦が三つ巴の戦い
が始まり、城が堅固になった。・・多いのは武田系である。
凄い城は、なんと言っても『岩櫃城』である。今回は城一覧
であるが、後日、いくつかの城の詳細記録を出そうと思う。

画像

 (★岩櫃城本丸)

◆◆ 中之条の城 ◆◆
▲内山城(仙蔵の要害)・・・中之条町折田内山
 ■訪問記・・・20100228
  稲荷城→吉城→山田城→桑田城→内山城と
  真田幸隆に落とされた城を廻った。
  四万川の大きな橋を渡り、中之条町折田に出た。
  沢渡のメイン道路に移動した。
  折田の北の端の橋を渡って、300m。
  四万温泉手前、ここに、登山口がある。
画像

  ★詳細は富岡武蔵氏のブログ参照

○千貫屋敷・・・中之条町折田千貫

●嵩山城789m・・・中之条町五反田嵩山
画像
 

○城峰城=西中之条城・・中之条町西中之条 城峰=柴宮の峯

●横尾八幡城・・中之条町栃瀬
画像


○伊参城・・・中之条町伊勢町河原町 

○和利宮城・・中之条町伊勢町和利宮 

○壁谷の寄居・中之条町壁谷 寄居

○入道城・・・中之条町上沢渡 入道城 城の腰

○小城・・・・中之条町河原町

●吾妻城・・・中之条町中之条 内出・・・古城公園
画像



◆◆東吾妻町の城 ◆◆
●稲荷城・・・東吾妻町
画像


●吉城・・・


●山田城・・・
  ・永禄3年(1560) 長尾景虎の第一次関東出兵で
   関東幕注文に、岩下衆の1人として名前が登城。
画像


●桑田城・・・
画像

  (★桑田城の本丸)

▲三池根小屋城・・東吾妻町の川南地区
 
 
●植栗城・・・東吾妻町植栗殿前
画像


○中峰城・・・東吾妻町植栗中峰

●大柏木城=羽田城・・東吾妻町大柏木
  ★詳細は後日。

●手子丸城=大戸城・・東吾妻町大戸
 ■大戸城の支城で、烽火台・砦の役割を持っていた。
※山﨑一氏の説明では、大戸城と手古丸城が表裏一体と考えている。
※CURURU富岡武蔵氏(焼き物同僚)は、手古丸が本城ないかを
 思っているらしい。あまりにも凄いので。   
画像

大戸の関所から岩櫃方面に向かって、右に見える山 
 「住職は高校の先輩だ。」
 ★詳細は、後日

●大戸城・・・手古丸城と隣接(山﨑一先生の説明では)
画像


●仙人窟陣城跡・・東吾妻町大戸
*北条氏が岩櫃城の真田氏を攻めるときの見張りの城 仙人窟陣城
 ・大戸信号から岩櫃方面1kmの左
画像


●大戸西城・・・東吾妻町大戸
画像


●川戸内出城=内出城・・・東吾妻町川戸内出

   ★詳細は後日


●山の固屋城・・東吾妻町川戸深沢
   ★詳細が後日

●岩櫃城・・・・4回
★私が一番気に入らないのは、『岩櫃城が県指定レベルでなく、
国指定レベルあることである。』・・今は、唐沢先生・根津氏・
富澤豊前守様・本間氏などが国史を目指して、国史を目指して
頑張っているそうだ。

●柳沢城・・1回
 岩櫃城の東の観音山の城・・・要は、一番の近所の砦。
画像

  (★見晴らしより川戸城を望む)

○小田沢の砦・・吾妻町岩井の安楽寺跡


●岩下城・・東吾妻町岩下大久保
   渋川から国道145号線を草津方面に向かう。
  吾妻線矢倉駅を越えて、1,2kmのコンビニ:セブンイレブン
   を少し越えた先の2つめの橋手前から入る。
  ※岩下中学校の入り口の信号を右折して、林道を200m程行く。
   登山道に出る。
  ★詳細は後日

●潜竜院・・・東吾妻町郷原古谷 
  潜竜院は未完成。
  真田昌幸が武田 勝頼を迎えようとした寺兼城。
画像

 (★あざみの会の皆さん)

○丸山城=須賀尾上城・・東吾妻町須賀尾清水・・
  ・近くには行っているが、確認できず。

○鷹繁城・・・東吾妻町須賀尾城山

△萩生城=境野城・・東吾妻町萩生境野 

○ 原町陣屋・・・東吾妻町原町 

○高野平城=四阿山城・・東吾妻町原町城の平

▲雁ヶ沢城・・・東吾妻町松谷
*1963年 真田幸隆の岩櫃城攻めの西方面の居城にもなった。
      横谷氏居城。

▲三島根小屋城・・・東吾妻町三島根小屋


◆◆ 旧東村の城 ◆◆

●白狐城=金原城・・・旧東村五町田金原

△荒巻屋敷 旧東村荒巻=新巻(平安時代の天皇の牧)
  ■訪問記・・・ 

△岡崎の陣屋・・・旧東村岡崎新田 屋敷 

△奥田の砦・・・旧東村奥田 内手

△稲城・・・旧東村奥田 道下堀の内

●柏原城=根小屋城・・旧東村箱島柏原の根小屋温泉


○箱島城・・・旧東村箱島寄居


◆◆ 長野原町の城 ◆◆

○樋口屋敷・・・長野原町応桑 小宿 

△篭り城=王城・・・長野原町王城山

●王城館=林城・・・長野原町林
 発掘調査中 2007.11・・・2011年バイパス下
 王城山に本城があり、ここは館跡である。
 土塁と石垣が残っている。

△長野原城=箱岩城・・・長野原町古城
  ■長野原役場の雲林寺裏の山
画像


※贋長野原城=駅前のコーヒー店・・長野原の駅前
画像


●羽根尾(羽尾)城・・・長野原町羽根尾
  2回・・・★詳細は後日掲示予定。
画像

  (★羽根尾城の本丸)

△丸岩城=丸屋の要害・・・長野原町横壁丸屋
画像


△柳沢城=横壁城・・長野原町横壁柳沢
 *何度となく、見ている山ではあるが、行ったことはない。
画像


◆◆ 旧六合村の城 ◆◆
○大高山城・・・六合村入山 細の平


◆◆ 旧高山村の城 ◆◆

△尻高城・・・旧高山村尻高小屋
       尻高氏の詰城は山の上である。

●並木城・・・高山村尻高  尻高氏の普段の生活の拠点
画像
   

△戸室城・・高山村尻高元宿

△役原城・・高山村尻高役原

▲中山古城・・高山村中山久保入  

●中山城・・・高山村中山  長尾系中山氏の居城。
画像

   ★詳細は後日

△中山峰城・・・旧高山村中山城山

△丸屋敷・・・・旧高山村中山丸 


◆◆嬬恋村の城 ◆◆

●鎌原城・・・・鎌原観音堂の北西500m
画像

  ★詳細は後日

○金比羅山の砦・・・嬬恋村鎌原金比羅山

○鷹川城・・・嬬恋村下袋倉城の平
画像


●西窪(さいくぼ)城・・・嬬恋村西窪 城の腰
画像


  

●☆●飯森康広先生の「吾妻渓谷の砦」追加●※●
★山崎一先生にない城のある調査報告である。
群馬文化294「中世の吾妻渓谷をめぐる街道と城砦群」より
①雁ヶ沢城+横谷屋敷
  (上記) 標高540m。郷原川古温泉入り口を越えた橋
   から吾妻線上の神社。横谷氏の支配。
   40m×20m程。腰郭2段。竪堀あり。

②道陸神峠要害 ・・・川原湯温泉と大柏木(羽田城)の境砦・・・
   川原湯温泉上。
  横谷氏の支配。20m×10m+40m先の見張り台

③姥子平要害・・・横谷氏の支配。20m×10m+40m先の見張り台

④三平屋敷 ・・・川原畑集落の最高所三平地区。
   掘っ立柱建造物のみ。
   砦の要素。H16年発掘調査。

⑤川原湯城 ・・・川原湯温泉害の東端。城主不明。
  20m×10mの主郭。3つの郭。3段の腰郭。

⑥川原湯砦要害 ・・・川原湯温泉と大柏木(羽田城)の境砦。
  峠から羽田側の100m下った場所。
  横谷氏の支配。20m×10m+40m先の見張り台

⑦立馬砦 だつめ・・・長野原第一小の入り口信号と八ッ場ダム
  管理事務所の間の山
  南北40m・東西20mの砦・・・橋桁工事で削減。
  ※八ッ場ダム問題の橋脚映像がよく出るが、写真の右の山の台
   がかかっているところが砦である。現在、バイパス沿い。
画像


⑧林城=王城館
(上記) 7つの郭で構成・・・
  2007年~発掘中・・・2011年~バイパスの下
画像
 

⑨林の烽火台=王城山頂・・・林城の詰城
 東西70m 一辺7mの最上部から3段の郭。
 土塁と武者隠し

◆◆ 東吾妻町教育委員会の高橋?先生 ◆◆
○郷原城・・・岩櫃城&潜竜院の間の城=岩櫃山の南側
 新発見・・・2010年



◆◆ 大沢正明群馬県知事の2012年の意向 ◆◆
★群馬県知事:大沢氏が誰の入れ知恵がわからないが、
2012年は『群馬の古墳』を売り込もうとしているとか。
確かに天神山古墳は東日本最大であるが、・・・また、
博物館を造るのであろうか?黒字の博物館は、群馬で
はあまりないと聞いた。 博物館など、金食い虫なのに、
金=入場料をとっても、客が増えるような史蹟になり
得ると考えているのであろうか?
古墳研究では、右島先生・若狭先生など、超大物が
群馬にはいる。
岩櫃城の城整備なども進めて欲しいところだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心●箕輪城№87飯森康広説「長野方業=長野業政?」

    Excerpt: ★平成24年(2012)12月1日、群馬県埋蔵文化財:飯森 康広氏の講演会があった。「長野氏と箕輪城を取り巻く風景」 と題した講演会である。飯森康広氏は高崎市箕郷町の出身で 群馬県埋蔵文化財で活.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-12-02 11:13
  • 箕輪初心★若山牧水の上州旅④『川原湯温泉→草津温泉』 

    Excerpt: 【5】若山牧水5回目の旅『川原湯温泉→草津温泉』 ★若山牧水の句は最初は恋愛っぽい作品が結構多かった  が、次第に自然の情景を詠んだ歌が多くなっていった。 『 幾山河  越え去り行けば    .. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-01-25 07:01