箕輪初心●群馬【松井田城】=安中忠政→大導寺政繁の城

安中忠政は越後から出て来て、上野:松枝(松井田)に城を
築いた。安中郭を呼ばれる部分である。安中氏は、箕輪城主
:長野業政とも親戚関係になった。武田信玄に激しく抵抗し
た人物の1人であるが、武田の家臣になった。織田信長の死
亡後は、川越城主との兼任で、大導寺政繁が入城した。北条
流の築城術を駆使して、大改造した。天正18年(1590)の豊臣
秀吉の小田原攻撃で、北国軍に開城後は廃城になった。おか
げで、北条氏時代の遺構がそのまま残った。

画像



訪問記①・・・平成17年(2006)10月中旬
 富岡武蔵氏(陶芸の同門)よりアドバイスを受けた。
 武田信玄がなかなか攻略できなかった松井田城
北条氏の家臣:大導寺政繁が拡張した松井田城
画像

   
○安中・松井田バイパスをくぐって、県道122号に降りて、
 左(北)に行く。坂を下っていくとカーブを曲がった辺りで、
 高梨方面に約1km程の下りのところに看板がある。
 「松井田城入口 ←」入口で大きな松井田城案内図も
 影にあるので、結構分かりにくい。

 細い坂道を入っていくと、急に開ける。ここをまっすぐ進む
 と駐車場である。2~3分の所に駐車場がある。
画像

①歩き始めて10分程で、大手門
画像

②馬出し
画像

③二の丸に着く。
画像

 ★中世の城にしては展望の悪さを感じながら、
④本城 ・・・。「構造上、山が大きく深く攻めにくい。
画像

 どこかに見張り台が・・・・」と思いながら、名城を散策。

安中ふるさと学習館の松井田城のジオラマ
画像



訪問記②・・・平成23年(2011)11月26日
○国道18号を松井田IC方面に車を走らせる。
 妙義山の全貌が見える駐車場がある。その先に、
 「松井田城入口」の看板がでてくるが、
 いつもスピードを出して通り過ぎてしまっている。
 ★武蔵の五遁さん&M氏はここから登るのかな?
○松井田図書館・・待ち合わせ20分前。
 まず、トイレかな? 9:20・・・10分前には
 武蔵の五遁さん(S氏)・M氏と合流
○「武蔵の五遁氏」の車で、補陀寺横を登った。・・
 しかし、道間違いをした。・・・
○高梨子地区・・・実はここが城下町であった。
★武蔵の五遁さん&M氏&おいらは、大手筋を目指した。
 私たちの地形的な感と地元の方の説明で、やっと登り口
 をやっと探すことができた。

○駐車場・・
武蔵の五遁さんは、鳥瞰図・縄張り図を書くのが趣味だという
「宿~大手~本郭~安中郭コースに行きたい。」と言う。
★王道コースに決定。
画像

○下のおばさん・・「駐車場がこの方の畑だった。」
○武蔵の五遁さんと大手筋右を下った。
 ・・2堀・・
①高梨子の宿・・・民家の裏山登山を許可してもらった。
 ~~~~
画像

②第1堀切
画像

③第2堀切
画像

○門?
画像

○駐車場・・・
④第3堀切・・・横に広がる箱堀?
   ここは、鉄砲を撃つためなのか、幅10m程ある。
画像

⑤第4堀切
画像

⑥第5堀切・・・枡形状になっている。
画像

○分岐・・左は水の手。右は門址。

 武蔵の五遁氏は右へ・・
★左上の郭が表現されてない縄張り図は
不思議だった。ここは、郭馬出しかもしれない。
 ~~~~
○分岐
○分岐上・・・★北条流の横矢掛かりであろう。
○竪堀・・・看板だ。
画像

○小郭・・・連続堀切のある大手筋右の尾根へ
画像

⑦大手門跡
画像

⑧堀切
画像

右へ
⑨馬出
画像

⑩二の丸・・
画像

 戸塁・・・
画像

⑪楼台跡
画像

※ここから引き返したので連続堀切りは見られなかった。
・戻った。
※松井田城は来るまでが結構大変だが、看板が多いので、
 遺構もわかりやすい。
⑫本丸・・・60m×65m
画像

 虚空蔵神社・・・
画像

○・・・本丸の下の崖が70~80mだった。 
⑬楼台・・
画像

★大きな城であると解った。山全体を有効に利用したもので、
 流石は北条家重臣大道寺政繁の城である。
 群馬県最大級の山城で、私の感ではB8に入るだろう。
※下った。
○枡形
画像

⑭安中郭の主郭・・・・安中忠政の時の主郭
画像

画像

⑮堀切
画像

⑯安中郭の二の郭
画像

⑰堀切
⑱郭・・・2つ
⑲S字堀
画像

画像

⑳枡形
○戻って、本丸・・・
21 水の手
画像

○駐車場
武蔵の五遁さん(S氏)・M氏に感謝。


松井田城の歴史 
「長享元年丁未四月、上野国碓氷郡松井田小屋城ヲ建テ
 越後国新発田ヨリ引移ル」 (★『安中記』)
「越後国新発田より長享元未四月、上野国碓氷郡松井田西城
小屋へ引移り住居す」 (★『上野志』)
・○○○○年 安中忠親が松井田城を築城。
 →弟忠政が庭窪図書を退け安中へ築城。
  庭窪氏は安中氏の家臣団の中核である秋間七騎の
  雄となっている。
  秋間七騎のうちの奥原新左衛門は安中氏の祖奥原五郎入道の
  後裔と推定?(★安中市誌)
・長享元年(1487) 安中忠親が越後から?松井田へ移住。
・長亨元年(1487) 安中忠親によって築城?松井田から安中方面
          の支配を広げる。
・永正3年(1506)  安中忠親はに九十三歳で死去。
・弘治3年(1557) 武田氏の上州攻略。
・永禄6年(1563)  安中を忠成に安中城
          ・自分は松井田城に移り、警護。
・永禄8年(1565)  武田氏の箕輪城攻略に35000人
・永禄9年(1566)  箕輪城の落城で、安中城はすぐ降参。
          松井田城350人
            VS
          武田軍3000人
           降参し、切腹。武田氏の支配下。
          
・天正3年(1575)長篠の戦い・・・安中忠政・忠成が戦死。
 安中氏一族が一家家来全滅→廃城。            
・天正10年(1582) 織田氏滅亡後、
            神流川の戦い 
               滝川VS 北条氏邦
            滝川一益の敗戦・・・
      北条氏康の重臣:大導寺政繁は松井田城に入城。     
・天正18年(1590)豊臣氏北条攻め
   大導寺政繁の兵力1500(★毛利家文書)
   北国軍の前田氏・上杉氏に35000人に迫られ落城。


■補陀寺本堂左奧・・・大導寺政繁の墓
画像

画像

 (★補陀寺前の看板・・・松井田城はここまであった。)
富岡武蔵氏のブログ・・・「大導寺政繁」
http://tomioka.at.webry.info/201108/article_24.html

松井田のグルメ
  おぎの屋の釜飯・・・900円&焼きまんじゅう¥・・・?

近くの城
③№635坂本城・・
③№636愛宕山城

松井田の温泉
※峠の湯500円・・・

■富岡武蔵氏のブログ

この記事へのコメント

M@埼玉
2011年12月03日 22:50
箕輪初心さん、今晩は。
先日はありがとうございました。
(御礼遅くなり申し訳ありません。)

天候に恵まれ、楽しい城廻でした。
松井田城は想像以上に良い城で、感激でした。
まだ、見てないところもあるので、またチャレンジ
したいですね。

また、よろしくお願いします。
M@埼玉さんへ
2011年12月04日 11:52
Mさん、こんにちは。
松井田城などの探索では大変お世話になりました。
一緒に散策できて、楽しかったです。また、ご一緒
したいですね。群馬の城散策の折には誘って下さい。

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心●群馬:旧松井田町(現安中市)の城9城一覧

    Excerpt: 【1】松井田城 ■訪問記①・・・平成17年(2006)10月 「HP:富岡武蔵さん(自性寺焼青木昇門下=陶芸の元同門) より、アドバイスを受けた。  北条氏の家臣大導寺政繁に興味を持ち、武田.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-10-03 07:33
  • 元禄の涅槃図修復 安中補陀寺で特別公開

    Excerpt: 補陀寺に伝わり、300年以上前の江戸・元禄年間に制作された涅槃ねはん図が修復された。お釈迦しゃか様が亡くなったとされる今月15日には本堂に飾られ、お披露目となる開眼供養が実施された。寺は記念として28.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2013-02-23 16:36