箕輪初心★★群馬の偉人:高山彦九郎③現代版「旅日記」

 ★高山彦九郎は、江戸時代末期に、蝦夷(北海道)と沖縄以外
旅行をした。多くの学者と会って、話をした。そして、日記をつけた。
13歳の時、「太平記」を読んで、先祖は新田義貞の家臣:岩松氏の
家老として鎌倉に攻め入った。後醍醐天皇を敬った新田義貞・岩松氏・
&先祖:高山一族に心酔し、尊皇論者になった。
長州:吉田松陰や新田官軍:岩松満次郎へも影響を与えた人物である。

安永4年(1775)
3) 「乙末春旅」・・・人情・風俗を記録。
        隠士・隠徳の士を訪問 2月10日~4月9日 
  ●京都出発→近江→
    (三井寺)
画像

    (日枝神社)
画像

●(若狭道)・中江藤樹の生地
   (近江国高島郡小川村=滋賀県高島市安曇川町上小川69)
  ●若狭:金ヶ崎城
画像

  ・・・(北陸道)・・
  ●越前:福井「新田義貞戦没地」
    ★高山彦九郎は、この地で新田義貞を弔ったであろう。
画像
  
  ●福井丸岡:称念寺「新田義貞墓」
    ★弔。
画像

  ●越前:福井・・・(北陸道)・・●石川・・・●越中・・・
  ●越後:春日山城
画像

  ・・・(北国街道)・・・
  ●信濃:善光寺
画像

  ・・・海野宿・・・中山道碓氷峠・・・
  ●上野:横川の関所・・・
  ●富岡:一ノ宮を参詣
画像

  4月9日 太田:細谷

4) 「忍山湯旅」・・・湯治  7月29日~8月13日
  7月29日 叔父:萬郷君・七郎と3人で、
       桐生梅田の忍山温泉へ湯治。
       4日後、従兄弟蓮沼政徳と合流。
  ★この間、大間々の要害山城(=高津戸城)に参拝したのでは
    だろうか?新田義宗・宗義父子が戦国時代に在城したので、・・・

画像

  8月10日  ▲鳴神山(日記では、雷神岳と表記)登山



安永5年(1776)
5) 「古河のわたり」 
3月 熊沢蕃山の墓参り・・下総古河鮭延寺(猿島郡総和町)
 「熊沢蕃山」(儒学者・讃岐高松藩士・昌平黌員長・一ツ橋家儒員)墓詣。
   (古河の別の寺)
画像

 
6) 「江戸旅行日記」 3月15日~4月11日  
     10代将軍:家治の日光社参を記録。
  古河熊沢蕃山の墓に詣で→日光街道(奥州街道)
  ・日光・・・日光御成街道・・・・江戸へ
  3月21日 江戸で、芝新橋の脇坂淡路守邸の股野才助玉川
    (ぎょくせん:儒学者)を訪問し、「留められて学談」。
  4月5日「菅野氏(綸斎)に至る、
       加納遠江守殿内小泉十兵衛と云ふ人に逢ふ」。
  4月  「播州□□國枝順太夫、石原眞吾、股野嘉膳方へ
       翰を認め明日渡す」。
  4月11日 江戸・・(中山道)・・台村・・細矢

 7) 「斎中記」  7月5日~7月11日
  郷里の川(みたらひ川)で沐浴斎戒
  →大山阿夫利神社参詣
  ※父:高山正教は明和6年(1769)大山参拝の途中謀殺? 
   父の日記。
画像
 

8) 「小田原行」 9月16日~9月22日
   江戸→小田原の「柳井左京」の墓詣で
   ★書いてないけれど、新田義貞の首がある。→江戸
  (小田原城)
画像
                              
  (鎌倉の名月院)
画像


安永6年(1777)
9) 「丁酉春旅」 3月27日~5月4日 
 ※祖叔父:石井政重(=相馬)・祖父弟蓮沼貞政弟)を追い
  甲州身延山へ行く旅。
  細谷―江戸―(甲州街道)・・・身延山―駿河:駿府―江戸―細谷
 3月27日   細谷・・・江戸・・・
 4月初旬    身延山久遠寺
画像

  (身延山の山門)
画像
                         
(久遠寺本殿)
  4月8日  鎌倉
  4月17/18 鎌倉:長谷寺などの散策
画像

  4月19日  江戸・・・ 吉原
  4月20日  駿府
画像
                             
  (駿河城)
  4月24日   金沢(=神奈川県金沢文庫)? 
  ※名無し様のご指摘により下記:補遺2に変更。 

 5月4日    細谷

10) 「丁酉春旅補遺1」 
  鎌倉    江尻→興津→蒲原
  4月8日  4月17日・18日・・・鎌倉:長谷寺
画像
                           
(板東一番:杉本寺)
  
  ?月?日 江尻→興津→蒲原

11) 「丁酉春旅補遺2」 4月10日~24日 
※東海道:吉原宿~三島宿までの日記
  4月19日  吉原宿~三島
  4月23日    鎌倉  勝長寺など
  4月24日    三島
   名無し様のご指摘により、変更。
4月24日   金沢称名寺(=神奈川県金沢文庫)
画像

   (三島神社) 


12) 「武江旅行記」 9月27日~10月24日 
  (※9/29・10/2・4・5・6・8~15・19・22・23日を欠如)
  細谷・・武州台村(埼玉県妻沼町)の祠堂:
   彦九郎の祖父:高山伝左衛門貞正の神霊に参詣→江戸へ
  9月27日 ①細井平洲(昌平坂学問所塾頭)と会談。
         「忠烈つな女」について会談。
         ②会輔堂:菅野綸斎・柴野栗山と会談。

13) 「赤城従行残□」 10月26日~29日  
    細谷の自宅で  
    ※赤城山の登山準備と自宅での生活の日記

14) 「赤城従行」    10月30日~11月3日  
   ※赤城登山記録
  11月1日 叔父:剣持長蔵正業と赤城神社へ参詣・赤城登山へ
画像

   (赤城:黒檜山の途中からの眺望)
画像
           
   (赤城:黒檜山・・・百名城)

安永7年(1778 ) ■高山彦九郎の長女:「せい」が生まれる。
15) 「戊申季賽記事」  3月18日~6月14日
   江戸→細谷→下野:大岩山・行道山・蓬莱山
→武州台村沖野:剣持氏の墓・・・
   ●太田:金山
画像

    ★高山彦九郎の先祖は岩松時兼の家老だった。   
●尾島・・長手浅間神社・・
  ●太田:八幡神社など細谷周辺を訪問・・・細谷。

安永8年(1779) 4月、江戸に滞在。
16) 「小股行」 7月7日の一日だけの日記  
叔父:板橋政八と同行。
   ※細谷・・下野国足利郡小股(小俣)鶏足寺に参詣。
    →石尊山:石尊神社登山。→細谷。

安永9年(1780)  ■高山彦九郎の次女:「さと」が生まれる。
17) 「富士山紀行」 6月10日~7月22日  
  ※細谷→八王子→富士吉田→富士登山→平塚→江ノ島→江戸→細谷
 6月10日 細谷を出発・・・(甲州街道)・・八王子・・(富士道)
 ・・・甲州。富士山に一人で富士登山(父の命令)。
  (富士山の空撮)
画像
                          
  (登山証明書)
画像

★箕輪初心は4回登っているのだ。 
 6月22日 富士山登山の帰途、神奈川宿で梁又七(=次正)に
     出会う。彦九郎の腹痛を看病、以後、盟友。
      →簗次正は前野良沢を紹介。
     江戸・・・細井平洲に再会。

18) 「江戸旅中日記」 11月12日~25日 
   ※祖叔父:石井相馬の100日法会のため。 
    ※細谷→江戸→細谷
    菅野宅宿泊・・・細井平洲の「鹿鳴館」に出入り。
    長久保赤水と交遊。

天明元年(1781)
 19) 「江戸旅中日記」 4月27日~閏5月14日
   細谷・・江戸。多くの儒学者と交友。(細井・菅野など多数)

天明2年(1782)
20) 「天明江戸日記」 2月30日~3月27日(3/4・3/6~11欠) 
※細谷→江戸→細谷
  ※祖父を神祭する祠堂の模型を探し求め散策

21) 「沢入□□記」    4月6日~9日
    ※細谷→勢多郡:沢入→寝釈迦などの石仏を見物・・細谷
    (例幣使街道)
画像
                           
    (袈裟丸山)

22) 「子安神社道」   6月15日~16日
   ※細谷―勢多郡荒砥村:産泰神社(現前橋市)
      ―三夜沢赤城神社―伊勢崎―細谷 
画像
  
  (赤城三夜沢神社)
画像
                       
  (伊勢崎陣屋)
  ●長男:義助が生まれる。 

23) 「武州旗羅廻」  7月22日
    ※細谷―台村(父菩提寺)―熊谷西別府:原井鐘堂
     ―深谷:虎薬師堂―細谷

24) 「上京旅中日記」 10月16日~11月16日
   ※細谷・・一人で(中山道)・・武州:台村(父菩提寺)・・京上。
   途中、博徒「弥惣次」と出会い、看護。
   木曽谷の景勝・史跡を訪問。
画像

   (妻籠宿)
画像
                              
   (馬籠宿)

この記事へのコメント

名無し
2015年11月30日 17:08
高山彦九郎の『丁酉春旅]で武州金沢に関して記述があるのは補遺の2ですよね.原本をご覧になられたんですか?
名無し様へ
2015年12月01日 09:33
原本は読んでおりません。正田先生の本などを読むことは
ありましたが・・
高山彦九郎の『丁酉春旅]は武州金沢だったのですか?
ご指摘ありがとうございます。
名無し
2015年12月03日 17:30
>高山彦九郎の『丁酉春旅』は武州金沢だったのですか?
ちょっと質問の意味がよくわかりませんが,高山彦九郎記念館のHPに掲載されている高山彦九郎日記一覧表からは「丁酉春旅補遺2」において金沢称名寺(つまり武州金沢)に立ち寄ったことが認められるような記載がされています.
私自身『補遺の2』は確認できておりません(たぶん読めません)が,『高山彦九郎全集』記載の『丁酉春旅』は目を通しています.その中で,金沢に関する記述はなかったと思い,「高山彦九郎が金沢を訪れたことが明示的にわかるのは『補遺の2』だけだ」と思っておりました.しかし当ブログでは『丁酉春旅』から金沢を訪れたことが伺えるような記載があったので,どういうことなのだろうと思いコメントさせていただきました.
長文失礼いたしました.
名無し様へ
2015年12月04日 10:08
名無し様のご指摘通り、丁酉春旅補遺2の記載の間違いでした。安永6(1777)年4月19日吉原~三島・4月24日:金沢称名寺 でした。ありがとうございました。訂正します。
名無し様へ
2015年12月04日 10:22
ありがとうございました。訂正させていただきました。
正田喜久先生の「高山彦九郎」でも、確認できました。
また、お出でください。

この記事へのトラックバック