箕輪初心★海外№72の④「ドンソールのジンベエザメスイム」

箕輪初心★海外№72の④「ドンソールのジンベエザメスイム」
4 日目=4月1日  ジンベエザメスイム    
今日は、ドンソールの「ジンベエザメスイム」の2回目の挑戦である。
ドンソール湾の海域は、野生のジンベエザメが毎年1~5月ごろに掛けて集団で
現われる。ジンベエザメの数は毎年、80~約数百がいると言われている。
出産のために集まるのではないかという説もある。近年、世界各国から人々が
訪れるようになったので、WWFの管理下でジンベエスイムが確立された。



05:00 ①蚊30匹 ②ナトリウム灯  ③隣人の声 に悩まされ、寝不足。
パソコン。準備。
07:00 朝食・・・ソーセージ・卵焼き・ごはん。
水着&ラッシュガード装着し、カメラ2台を持った。
08:00 ダイブショップ・・今日も美葉留さん・マーク(カナダ人)の3人
08:30  ボートで出発・・「いざジンベイスイムへ出陣!」
画像

  竹でバランスを取ったボートに乗り込んだ。ジンベエのいる海域までは、
  約10分後位であった。昨日の場所にボートが20隻、見えた。 
20人~40人位と格闘状態である。★熾烈だなと思った。~~~~。

 ① 「フィン・マスクをつけろ。」とガイドが言った。
  フィンをはいていつでも飛びこめるように準備し、座って待機した。
  右手にデジカメ、左手にデジタルカメラを持って、・・・・・。  
  「ジャンプ!」ガイドのという合図で、半回転しながら、海へ落下!
  スタートして10秒後、頭の真上に行けた。
  頭近くの2番手につけた。泳いでいる内に5回もフィンでけられた。
  デジカメの電源を入れ、2回シャッターを切った。
  次はデジタルビデオカメラだ。また、3連続で蹴られた。
  ★邪魔だ。このデブ女。もっと早く泳げ。泳げなければ、避けろ。
  このファットな白人女性の激しいフィンとむっちりした尻を観察した。
  そして、この白豚の最後のキックを払いのけた。
  瞬間、ジンベエザメが遠ざかった。★畜生、やられた。
  ★浮力がないので、潜れると思って狙うことにした。
画像
 
 
 ② 1分30秒位、頭の上にいたが、前に一列3人いる。飛沫が上がる。
  キックの洗礼を10回程浴びた。結構、自分で避けていたり、ガイドが
  払ってくれたりしているが、両手が塞がっているので、マスクが飛びそ
  うだった。3回は、隣にいるガイドが手で払ってくれた。
  ★俺は、またまた「邪魔なんだよ。どいてくれよ。」と叫んだ。
でも、俺のキック力の無さが悪いのだ。潜ればいいのにね。
  マスクの中に海水が入ってきた。それでも、海水で痛いのを我慢した。
そして、鼻から息を出しながら、必死で目を開けて泳ぎ続けた。
ガイドが後押しをしてくれているから、リタイアはできない。
さらに、見えない敵と1分程戦った。目が痛い&疲れたよ^ん。
画像

 
 ●ドンソールの北西部の海域をジンベエが出るまでボートはジグザグに走った。
 寒いが日陰で待機した。ボート上でガイドがジンベイザメを探す。
 南西部の海域に40分ほどかけて移動した。 
12隻のボートがいる。3か所でスイミングしている集団がいる。すなわち、
 近くに3匹はいるのだろう。ポジション争いが明らかに減った。

 ③ 今回もいいポジションが取れた。体の真下をジンベイザメを見ながら、
   懸命のスイミング。やがて、ジンベエザメが通過!!
あっ、隣にきれいなお姉さんのボディ。・・力を抜いてさよならした。
 
 ④ 5分位一緒に、泳いだ。ずうっと、背びれの上だった。
   →事前に、電源を入れておいたので、それなりにじっくり観察できた。 

 1回のボートは約3時間のトリップである。
 ガイドが「これ以上は、1500ペソ、払え。」と言った。
 他の2人は当然やる気満々。時間を調べると、2時間しかたっていない。
 ガイドがジンベエザメを見つけるたびに、何度でも海に飛び込んでジンベエ
 スイムを楽しむことができるという訳なのになんか変だ。
 ★この人たちは「ぼる」つもりだと気付いた。
 理由①・・・3人しか乗っていないので、労賃がすくない。
理由②・・・2時間を偽って、稼ぐしかない。
 理由③・・・そのため、わざと時間稼ぎのため、南西部に向かった。

イントラが「デジカメで撮影してくれる。」と言った。
 ⑤ 先回りしたつもりが失敗。
美葉留さんの黄緑のラッシュガードが先に見えている。
最後まで、追いかけず、失敗だった。足がつりそうだったからだ。
 
 ⑥ 濁った水の中からジンベエがのそっと?いや、キューンと現われる
   頭近くのに行けた。しかし毎回、全速力のキック。
貸切状態になった。★最高だね。長く泳いだ。気持ちいい。
 
 ⑦ ガイドの「飛び込め!!」という合図とともに海へ!
   正面から大きな影が近づいてくる。
   また、8m位はある。結構、深かった。
 
 ⑧ ガイドの「飛び込め!!」という合図とともに海へ!
   頭が見えた途端、おいらは3m程潜った。
   ★やったあ。口の2m手前に位置だ。
   横に回り込んで10秒ほど平行しながら、少しずつ浮上した。
   そして、静かに通り過ぎるのを待った。
★潜水はこの調子だと10mまではできるぞ。次はジンベエザメを
したから、撮影するぞ。と気合いが入ってきた。自分のシュノーケル
最高記録は約15mであるから、5mで1分は行けるぞと思った。

 ●ドンソールで500ペソ=1000円の追加で、もう終わりだと?
  結構、むっと来た。まだ、2~3回行くと思って、体力を温存したのに・・。
  やっと、人が減り、4~5mまで潜り、下からシャッターを切ってやる
  と密かに思った矢先のことだった。ウエットスーツではないので、・・・
  キックしていないと、マスク付近まで沈む状況なので、潜るにはもって
  こいの状態なのだ。しかし、どこか冷めたところがある自分は、やっと
  やる気がもりもり湧いてきた時に終わりを告げられ、ショボンとなった。
  消化不良であった。・・・でも、しょうがないか?と思い直すことにした。
 ★1回のボートは約3時間のトリップである。騙された気分ははあるものの
  ジンベエザメと戦った気分の方がより充実感があり、さわやかであった。
 結局、今日も3~5匹のジンベエザメを見たのだ。
 ★ジンベエザメと飽きるほど一緒に泳いだ込山美葉留さんは「一生分のジン
  ベエザメとのランデブー」の記念撮影ができたので、一生の思い出になっ
  たらしい。彼女は上手に自分の充足感を満たすすべを知っているのだ。
  
12:30 帰航・・・ホテルによった。
清算に行った。・・・
お土産・・・Tシャツ220ペソ=450円
画像

13:30 昼食・・・Elysia のスペシャル「ツナ・唐辛子のすり身+ビール2」
400ペソ=800円
画像


14:15 散策・・・隣の村へ     
闘鶏の賭け事がヒートアップしていた。優勝者は20000ペソだった。
画像

画像


16:00 ホテルの部屋で、パッキング&パソコンいじり
18:00 夕食・・・ホテル 美葉留さんと待ち合わせ
   ①美葉留さんのビデオ再生・・・感動もののシーンがたっぷりだった。   
魚のトマト煮・野菜炒め・チャーハン・ビール小瓶3本
      で約700ペソ=1400円
★最高に、おいしかった。
⑨おいらの話・・・・東山道・群馬の古墳
   小栗上野介と薩長史観・高山彦九郎・仲居屋重兵衛の話
⑩美葉留さんの話・・
 ・702年~710年ころの蝦夷の話・・阿弖流為の話
 ★現地の地名と言葉から、歴史を探る方法の面白さ
    ・神社と寺の伝播・・・群馬白倉神社の烏天狗信仰についての話
・出雲大社
・ギリシャ神話と古事記・日本書記の類似性について
→ディオノス伝説&イザナミノミコト伝説
夫婦げんかがそっくりで、子をなして神を作る話のそっくりです。
★なんて、すごいいんだろう。歴史も海外の楽しみ方も・・・。面白かった。
画像

  20:15 部屋へ・・・就寝準備       
                         【ドンソール 泊】
5日目=4月2日  
04:30 起床
  05:00 スタッフがお出迎え レガスピ空港へ送迎
06:10 レガシピ空港 荷物預け
     駐車場・・・マヨン山(火山2412m?)・最近爆発したとか
画像

朝食・・・・ツナサンド
込山さん・・21日間でシャルムエルシェイクダイブ&シナイ山
      ??日間でガラパゴスとエクアドル奥地のジャングル探検
  07:00 空港内 
08:00 レガスピ発
09:00 マニラ着 ビール・日記書き・
  昼食・・・インスタントヌードル
14:30のはずが、15:20 マニラ発    
  19:55のはずが、20:10  成田着
    荷物待ちが40分ほどあり、20:55の高速バス最終に逃げられた。
    スカイライナーも欠航。茨城で大地震があったそうである。
    京浜特急が4時間ぶりに運行
  20:16成田第2・・親切な女性に新幹線が運行しているか調べていただいた。
  22:30新幹線・・23:25 高崎・・車・・24:00家       

★【アイランズコレクション】=ジンベエスイム+アニラオダイビング
125000円+12000円+??????円=175000円
  
★【クラブアズール】=ジンベエスイム+現地ティカオ:ダイビング
 123000円 +12000円+16500円=151500円
但し、ダイビングが一人だと追加で      160500円?
1. 野生のジンベイとのスノーケルツアー3回付き。
  2、ジンベイスノーケルツアー1回分をダイビング2DVに変更可。
    変更料9,000円(器材込み)。(事前申込要)
  3.ドンソールの宿は、ロッジ。

★【ユーツアー】の場合=ジンベエスイム+現地ティカオ:ダイビング
125000円+12000円+??????円=179000円


★★You Tube に予約したが、掲載の仕方がわからない。
 6つもいいビデオがあるのに、できないのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心▼フィリピン【ダイビング9回の一覧】

    Excerpt: ★私は、海外ダイビングの30回中、9回がフィリピンである。 目的はDM・AI資格の取得やジンベエザメの観察などである。 ダイビングから考えると、非常に美しい魅力的な国である。 フィリピンのダイビ.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-04-02 06:34
  • 箕輪初心▼海外№76フィリピン【ボホール5】①ダイビング&世界最小メガネザル

    Excerpt: ★『沖縄:座間味のダイビング&鯨』or『フィリピン:ボホール ダイビング&猿』か迷った。どちらも4泊5日で、基本値段は 12万円~13万円である。最終的には、猿=世界最小のメガ ネザルのいるボホ.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-04-03 19:30
  • 箕輪初心▼海外№76フィリピン【バリカサグ】=ギンガメアジの大群

    Excerpt: ★【ボホールのダイビングの特徴】は、初心者からベテラン まで幅広く楽しめるポイントがあることである。ハゼやウミウ シなどのマクロのからバラクーダ・ギンガメアジの大物まで 幅広いダイビングができる.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-04-04 06:32
  • 箕輪初心▼海外№84フィリピン10回目の2『ジンベイザメ:魚魚目フォト』

    Excerpt: ★大学時代の親友:橋村のいる四万十市が最高温度を記録。 朝、第2次WWで死んだ身内のPNGの父従兄弟やマニラ北 ポンドック北200kmで死んだ私の叔父に線香を立てた。 今日は終戦。村の盆踊りの櫓.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-08-15 20:50
  • 箕輪初心▼静岡:雲見ダイビング&静岡の城

    Excerpt: ★雲見は伊豆半島の南西部に位置する。ダイビングポイントは牛着岩を 中心にいろいろな形のアーチ・ケーブ&回遊魚からマクロ生物まで楽 しめる。地形派・魚写真派ともに最高である。私は、ダイビング師匠 .. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-08-16 07:59
  • 箕輪初心▼西伊豆:浮島ダイビング=100万年前の海底トンネル

    Excerpt: ★世界的に稀な海底火山?の痕跡が残る浮島。100万年前にできた 「火山活動の名残り=水蒸気爆発により、ぽっかりあいた迷路の ようなトンネル」が見られる。浮島ビーチは富戸・伊豆海洋公園 とともに伊.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-08-17 07:15
  • 箕輪初心▼西伊豆:田子ダイビング

    Excerpt: ★10年程前、元潜水堂の村上氏の独立記念ツアーで訪れた。 深度ー40mで、「ニシキフウライウオ」のカップルを見た。 「ミジンベニハゼ」もいた。魚影が濃いのも特徴である。死 滅回遊魚?も南から黒潮.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-08-19 05:43
  • 箕輪初心▼西伊豆:安良里(あらり)ダイビング

    Excerpt: ★安良里は西伊豆中央部:土肥の10km程南にある。初夏のトビエ イが有名である。秋には魚影が濃くの魚の群れが見事である。 黄金崎ビーチはエントリーも楽にできる。マクロ生物の豊富で カエルアンコウ.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-08-20 05:32
  • 箕輪初心▼井田ダイビング&前橋育英&イチロー

    Excerpt: ★平成25年(2013)8月22日、野球が熱かった。①なんと前橋育英 高校が夏の甲子園で優勝したのだ。途中まで心臓に悪かった。②イチロ ーが4000本安打。凄すぎる。 ★数年前10月の5連休・・.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2013-08-24 06:26