箕輪初心●里見一族⑧「高津戸城」=桐生仁田山で114年

箕輪初心●里見一族「仁田山の里見一族→榛名の里見一族へ」
三代将軍足利義満の頃、里見本家から分家した里見一族は桐生の仁田山(高津戸城)に
住んだ。やがて、戦国時代には里見一族初代:里見義俊の居住地:高崎の榛名に移住した。
箕輪城:長野業政の親戚になり、武田信玄に抵抗した。

画像

  (高津戸城の本丸)

画像

画像


●仁田山の里見一族
画像

8)里見氏連(里見義連3男)・・・現桐生市仁田山城
   桐生氏との婚姻説・・・桐生国綱の娘が妻。
画像
  

9)里見成義・・・仁田山八郷の支配。仁田山紬の生産。
画像

10)里見時連・・8代将軍足利義政が二階堂行旨を城主に
   嫡子:二階堂政行を暗殺?・・・
  ①里見時連の返り咲き説
  ②安房の里見勝広が赤萩城主として仁田山をおさめた説。  
    里見勝弘は同族の里見氏を頼って安房から桐生へ(伝)。
    里見勝弘は16代安房里見義弘の甲州後胤説
  ★里見勝廣は安房里見実堯(関八州古戦録は変?)
  
  「桐生搦手の赤萩に在城せしめ」(関東庭軍記)
   「赤萩の塁を構えて差置けリ」(桐生家本末記)
  桐生助綱が里見勝広に赤萩を守らせた。

11)里見国義・・・高津戸城を強固に~~?

12)里見宗連(家連)・・・
 ・永禄3年(1560) 長尾景虎の第一次関東出兵。
   ①長尾景虎の仁田山城攻撃。→自刃説。
     (関八州古戦録)(上杉文書)
   ②長尾景虎への寝返り→桐生氏への攻撃。
     桐生氏の反撃説→自刃。
   →長尾景虎(=上杉謙信)は桐生氏と和睦。
 ・永禄9年(1566) 由良の援助で、古河公方配下。 
画像

画像

画像

画像



榛名里見の里見一族
13)里見宗義(河内)・・・114年の仁田山を捨て、榛名へ
 ・天文24年(1555) 現高崎榛名に手勢30騎で逃亡。
  長野業政の娘?を妻とする。
    ※長野一族の有力家臣の娘説(里見義弘氏説)
 ・永禄5年(1562)雉郷山城を修築。
・永禄9年(1566) 武田信玄の箕輪城攻撃
   ・高浜城攻撃。
   ・雉郷城攻撃・・・高橋隼人正勝則が城代が守り。
   ・長谷砦・・
   ・箕輪城総攻撃→落城。
     ・・・里見宗義は自刃・討ち死に?

14)里見義宗(宗義の弟)・・・榛名里見の祖
  ※安中氏の庇護・・帰農
  ●里見家代々??・・・帰農
  ※武田16年支配→滝川一益2ヶ月支配
    →北条8年支配
  ※井伊直政支配

15~??代・・・帰農
 ■元和年間・・・大部分は酒井忠清の支配地
 現在・・・●榛名里見に7軒・中里見に5軒。

この記事へのコメント

富岡武蔵
2011年09月24日 22:13
今日はお疲れ様でした。高津戸城に関連して桐生市川内町に仁田山城があるのはご存知でしょうが、この城主は里見家連だそうです。家連は系図ではどこにあたるのでしょうか?
富岡武蔵さんへ
2011年09月26日 05:52
里見郷の7代義連→3男:氏連(仁田山里見)・・●・・●・・●・・宗連=家連・・宗義・・義宗と続くようです。宗連は里見系図・桐生家本末記で表記。家連は関八州古戦録で表記。仁田山城=要害山城→高津戸城説をとりました。

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心●群馬:桐生【仁田山城&谷山城&皿窪砦】

    Excerpt: 【太田:犬&スキー&ハイキングの会】の2012年のスキーは 終わり、ハイキングになった。第1弾は【鳴神山】である。 私は、桐生川内町駒形09:00集合というので、その前に、 仁田山城=石尊山を計.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-05-16 05:55
  • 箕輪初心●「桐生市38城」&「みどりの市16」=54城?一覧

    Excerpt: ★桐生市&みどりの市の関係を分かる他郡市群馬県人は 少ないかもしれない。なぜなら、「2地区桐生市を挟んで 間にサンドイッチ状に「みどりの市」があるからである。 ★山崎一氏の城数は、桐生38城で、.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-05-17 06:56
  • 箕輪初心●箕輪城№81「大塚實氏&里見繁美氏の講演会」

    Excerpt: ★「日本vsイラク」・・サッカーの試合は魅力的なだった。 しかし、私にとってのイラクは平成2年(1990)8月2日湾岸 戦争だ。弟の会社はイラクでサダム・フセインの依頼でコ ンビナートを造ってい.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-09-12 07:06