箕輪初心●里見一族シリーズ①「新田から里見へ」

箕輪初心●里見一族の歴史    
①平安時代・・・清和源氏→新田一族→里見一族~~。」
②鎌倉時代・・・御家人。
  嫡流は新田→八幡庄(高崎)・越後波多岐庄&妻有庄&美濃平野庄
②南北朝時代・・新田義貞の家臣=Best8の発言力を持つ里見。
③室町時代・・・・里見郷→陸奥:山本郷・・・仁田山
④戦国時代・・・・分家:上野里見:長野業政と姻戚。
   本家:安房里見→千葉2/3を制覇。※「南総里見八犬伝」のモデルになった安房里見        
⑤江戸時代・・・・安房里見12万石→伯耆倉吉4000石


■里見歴代当主の概略
清和源氏→源義国→※源義国長男:新田義重(新田の祖)               
※源義国次男:足利義康(足利の祖)
新田義重(★4日前のブログ参照)・・・・
  新田之庄(太田市)・・・★ここが領地であったであろう。
   ★新田は足利俊綱に占領されていたので、寺尾での蜂起は疑問?
画像

  寺尾(高崎市)・・・・・・・源の頼朝の蜂起に合流せず。
画像

  ●長男:①里見伊賀守義俊・・・現高崎市旧榛名町在住
     (光明寺の里見供養塔)
画像

  ●次男:山名義範・・・・・・・・・・・現高崎市山名の光台寺在在
画像

  ●3男:岩松次郎義兼・(岩松の祖)・岩松の子孫・・足利??の娘:→→→
     (岩松館)
画像

  ●4男:額田三郎経義・・・・
  ●5男:世良田義季「得川」・・・・子孫:徳川家康(捏造?)・・
     (満徳寺の北200m)
画像

  ●?男:新田冠者:新田義光・・・・・新田一族の本流。
  ●?男:新田小四郎:新田義佐  


■里見一族の概略
①里見義俊・・・新田義重の長男。嫡男ではないため、分家し「里見」を名乗る。
  ●長男:里見義成(高崎市旧榛名町里見在住)
  ●次男:里見千代丸→碓氷貞次の養子→碓氷三郎里見義雅
        →塚越氏の祖(箕輪初心の母方先祖?)
  ●3男:田中義清(太田市新田町田中)
  ●4男:中里見政氏(高崎市旧榛名町猪毛・現在10軒)・中ちゃん先祖
②里見義成・・・京都大番役。平家追討の挙兵に京都からいち早く参加。
        源頼朝の側近として活躍。「伊賀守」
  ●長男:③里見義基
  ●次男:大島義継→●大島時継(上野新田在住系)・→○→○→○→○→
             └●大井田氏継(越後十日町在住系)→○→○→○→
  ●3男:鳥山時成→●鳥山経成(上野新田在住系)→・・・・・
              ●鳥山頼成(越後十日町在住系)→○→○→○→○→
  ●4男:美濃義直→○→○→○・・・・安房里見初代か?(峰岸純夫説)
  ●5男・豊岡義行→豊岡行成・・・×?
③里見義基・・・親の七光りで鎌倉幕府御家人。
○長男:里見氏義・里見郷に居住→宮田不動尊(渋川市:旧赤城村)を建立。
  ○次男:里見義秀・・新田庄高林郷に居住? 別名:竹林二郎・・・刑部少輔。
  ○3男:牛澤重基・・新田庄高林郷隣の牛沢郷住
              →子孫は越後中沢郷(長岡市中沢・新潟市中沢)
  ○6男:太田義宗・・
  ●里見義秀の娘・・・新田朝氏の妻(新田義貞の母)?
④里見義秀・・・新田義貞の祖父?
○長男:里見義忠・・新田の庄:高林郷・里見郷を継ぐ?
  ○次男:竹林基秀・・★新田次郎の小説「新田義貞」では、
              新田義貞の傳役(=教育係)である。
  ○3男:竹林時秀・・・・
  ○4男:竹林義綱・・・・
⑤里見義忠・・・★新田義貞の父か?
  ○長男:里見義胤
  ○次男:里見時義
  ◆3男:里見義貞→新田朝氏の養子:新田義貞(新田正伝・里見???)    
⑥里見義胤・・・新田義貞の兄か?・新田義貞は里見から新田朝定に養子か?
  ○長男:里見義連
  ○次男:里見義宣 
⑦里見義連・・・陸奥守。現福島県山本に在住。
  ○長男:里見基義
  ○次男:山本胤幸
  ■3男:里見氏連       
⑧里見基義・・・里見郷に戻って、地固め。
  ○長男:里見家兼
  ○次男:里見満俊       
⑨里見家兼・・・常陸國小原に在住。
  ○長男:里見家基・・・新田庄:高林郷・里見郷
  ○次男:里見満行・・・
  ○3男:里見家成・・・・
  ○4男:里見氏兼・・・・
⑩里見家基・・・結城の乱で戦死。
         
 ※滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のモデルで知られるが、
   史実と伝説が入り混じる謎の一族である。
  安房の里見一族=安房・上総・下総の一部にかけて勢力を奮った戦国大名。
⑪里見義実・・・白浜城(安房郡白浜町)を居城。
   安房には東条・丸・神余・安西の「安房四氏」が割拠。
   神余氏家中の下剋上平定を機に里見義実が瞬く間に安房統一(伝)。
   ○里見家基の長男:里見義実説(通説)
    ◆美濃里見からの養子説(峰岸純夫説)
⑫里見成義・・・稲村城を本拠。上総一部まで領土拡大。
⑬里見義通・・・平穏無事。早死に。長男:義豊は5歳。
⑬里見義通→⑮里見義豊
     └⑭里見実尭→⑯里見義堯
⑭里見実尭・・・里見義通の弟
⑮里見義豊・・・小弓公方・足利義明を支持。
  古河公方:足利高基を支持する相模北条氏や下総千葉氏と交戦。
  天文2年(1533) 義豊は叔父の実堯を誅殺したことから内乱が発生・・・
    実尭の子:義堯が勝って里見氏嫡流は滅亡。(天文の内乱)。
⑯里見義堯・・・・第一次国府台合戦での小弓公方滅亡後は、
  北条氏と40年にわたる抗争。

⑰里見義弘・・・北条氏と和睦。
⑱里見義頼・・・義弘の死後、嫡男梅王丸と義弘弟:義頼の間で抗争が勃発。
        →義頼が勝って里見氏を相続。
⑲里見義康・・・・「小田原の役」で豊臣軍に味方。
  鎌倉などを攻撃したが、「関東惣無事令違反」に問われ、安房一国以外を没収。

⑳里見忠義・・・徳川配下の小田原城主・大久保忠隣の娘を妻に迎えていたが、
  大久保忠隣改易のあおりを受けて伯耆倉吉に配流。お家断絶。
  大名としての里見氏は滅亡。

■桐生仁田山の里見一族
  三代将軍足利義満の頃・・・
8)里見氏連(里見義連3男)・・・現桐生市仁田山城
   桐生氏との婚姻説・・・桐生国綱の娘が妻。
  
9)里見成義・・・仁田山八郷の支配。仁田山紬の生産。

10)里見時連・・8代将軍足利義政が二階堂行旨を城主に
   嫡子:二階堂政行を暗殺?・・・
  ①里見時連の返り咲き説
  ②安房の里見勝広が赤萩城主として仁田山をおさめた説。
  
  里見勝弘は同族の里見氏を頼って安房から桐生へ(伝)。
  里見勝弘は16代安房里見義弘の甲州後胤説
  里見勝廣は安房里見実堯(関八州古戦録は変?)
  
  「桐生搦手の赤萩に在城せしめ」(関東庭軍記)
   「赤萩の塁を構えて差置けリ」(桐生家本末記)
  桐生助綱が里見勝広に赤萩を守らせた。

11)里見国義・・・高津戸城を強固に~~?

12)里見宗連(家連)・・・
 ・永禄3年(1560) 長尾景虎の第一次関東出兵。
   ①長尾景虎の仁田山城攻撃。→自刃説。
     (関八州古戦録)(上杉文書)
   ②長尾景虎への寝返り→桐生氏への攻撃。
     桐生氏の反撃説→自刃。
   →長尾景虎(=上杉謙信)は桐生氏と和睦。
 ・永禄9年(1566) 由良の援助で、古河公方配下。 

■榛名里見の里見一族
13)里見宗義(河内)・・・114年の仁田山を捨て、
 ・天文24年(1555) 現高崎榛名に手勢30騎で逃亡。
  長野業政の娘?を妻とする。
    ※長野一族の有力家臣の娘説(里見義弘氏説)
 ・永禄5年(1562)雉郷山城を修築。

 ・永禄9年(1566) 武田信玄の箕輪城攻撃
   ①高浜城攻撃。
   ②雉郷城攻撃・・・高橋隼人正勝則が城代が守り。
   ③長谷砦・・
   ④箕輪城総攻撃→落城。
     ・・・里見宗義は自刃・討ち死に?

14)里見義宗(宗義の弟)・・・榛名里見の祖
  ※安中氏の庇護・・帰農
  ●里見家代々??・・・帰農
  ※武田16年支配→滝川一益2ヶ月支配
    →北条8年支配
  ※井伊直政支配
15~??代・・・帰農
  ・元和年間・・・大部分は酒井忠清の支配地
現在・・・●榛名里見に7軒・中里見に5軒。


★参考文献資料
 ①「里見氏」(里見義成著)あさを社1300円がベース・・・
    ※群馬の地方会社なので、群馬のみ販売。
 ②新田町史+群馬県県史ベース
 ③上州風VOI29・・・2008年「里見氏のルーツをたどる」
                    「南総里見八犬伝と群馬」
 ④館山城博物館の資料・出版物

★箕輪初心「里見シリーズ」を連載予定。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 箕輪初心●群馬:桐生【仁田山城&谷山城&皿窪砦】

    Excerpt: 【太田:犬&スキー&ハイキングの会】の2012年のスキーは 終わり、ハイキングになった。第1弾は【鳴神山】である。 私は、桐生川内町駒形09:00集合というので、その前に、 仁田山城=石尊山を計.. Weblog: 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 racked: 2012-05-16 05:55