箕輪初心●箕輪城シリーズ52「城砦」前橋編

箕輪初心●箕輪城シリーズ52「城砦」前橋編
1)前橋(厩橋まやばし)城・・・
■訪問多数だが、詳しくは不明。
画像

・15世紀末・・・     箕輪長野氏一族の長野左衛門尉方業(固山宗賢)?
・永禄3年(1560)年以降  長尾景虎の第一次関東出兵
         →13回の上杉謙信の関東出陣の際の駐留拠点
  10月14日 厩橋彦太郎・大胡右馬允が生害。500余人死。
             (栗原1996+峰岸純夫氏)    
  12月    長尾景虎の伊勢崎:那波顕宗への攻撃
         厩橋長野氏(彦太郎とその叔父)の馬が列を崩し、
         長尾景虎に謀反と思われ、誅殺(栗原1996)
     ※彦太郎は長野方斎(方業・賢忠=長野業政叔父)嫡子宮内太夫
     ※叔父:大胡は長野一族→(+高崎市史の見解)
・永禄6年(1563)  厩橋城の城代として越後北条城主・北条(きたじょう)高広。
・天正7年(1579)   北条高広は、武田勝頼に攻められ、降伏開城。
・天正10年(1582)  武田氏が滅亡後、滝川一益に開城。
      ・本能寺の変・・・一益は神流川合戦で北条氏邦に完敗。
           厩橋城の高広は小田原北条氏につき、上杉を離反。
      ・上杉謙信に許された後
      ・御館の乱で、謙信養子北条6男の景虎側につく。 
・天正18年(1590)  小田原の役で、浅野長政らの軍勢に攻められ落城。
           北条氏が滅亡後、平岩親吉が入城。
・江戸期・・・・・・・酒井氏九代→松平氏。
・17世紀後半・・・・自然災害で城は著しく荒廃
・明和6年(1769)  三重櫓の天守閣、大手門などが取り壊され、廃城。
・文久3年(1863)~3年3ヶ月~慶応3年(1867)3月完成。
・明治維新     本丸御殿(後の群馬県庁舎)を残し破壊。
  
 ※見所・・・県庁脇の土塁・利根川脇の崖                           
(発掘調査時の写真・・・群馬県・前橋市教育委員会)
画像

  
2)小泉城(前橋市小泉)・・・・・・・・・・・上泉伊勢守秀綱の居城

3)大胡城(前橋市)・・・・大胡氏は藤原系説
                     ・長野氏親族(高崎市史説あり)
■見所・・・・当時は本丸、二ノ丸、近戸曲輪、三、四ノ曲輪、西曲輪等あったが、
今は土塁、石垣が少し残るのみ。

4)河原浜の砦 大胡町河原浜 弥真上道上
5)稲垣屋敷(樋越屋敷) 大胡町樋越六反畑 
6)今城 大胡町堀越 西今城
7)大胡氏館 大胡町堀越 養林寺 
8)勝山遠堀 大胡町堀越、前橋市荻窪町境 
9)横沢城 大胡町横沢 内出

旧勢多郡富士見村・宮城村
10)岡城 旧富士見村石井字岡
11)漆窪城 旧富士見村漆窪上城
12)金山城 旧富士見村岡之郷岡
13)茶釜屋敷 旧富士見村小暮
14)丸山城 旧富士見村米野丸山
15)新井館 旧富士見村田島新井
16)田島城 旧富士見村田島鉄炮林 (漆窪城の支城)
17)引田城=森山城 旧富士見村引田森山
    *1560年、長尾景虎の第一次関東出兵の幕注文で、
      厩橋城の長野の家臣として参列
      (通説:「上泉伊勢守の門人として有名」)(峰岸純夫説:上泉伊勢守)
18)九十九砦 旧富士見村原之郷   
    ■訪問記・・・20100627船津伝次平調査

20)皆沢城 旧富士見村皆沢城の堀
21)横室寄居 旧富士見村横室寄居


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック