アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行:中部地方」のブログ記事

みんなの「旅行:中部地方」ブログ

タイトル 日 時
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政84『庵原朝昌』:妻は井伊直虎の従姉妹
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政84『庵原朝昌』:妻は井伊直虎の従姉妹 庵原助右衛門朝昌はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、永禄 10年(1567)、新野左馬助親矩の3女と結婚したことになっている。 庵原朝昌は今川義元→今川氏真→武田信玄→武田勝頼→戸田勝隆→ 井伊直政→水野勝成→井伊直政→井伊直孝と主君に仕えた。最終的 には井伊家次席家老として井伊家を支えた。波乱万丈の人生だったの であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 10:31
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政83【第24話】&『新野家の娘5説』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政83【第24話】&『新野家の娘5説』 インターナルアプリケーションエラー」と出て対処法が分からない。 ・永禄9年(1569)、9月29日、武田信玄は上野国の箕輪城を攻 略した。そして、武田信玄が駿河攻めを企画した。★箕輪城代は 「春日弾正(★私だけの説で歴史学者は誰も言っていない。根拠 は永禄10年3月8日の武田信玄→一徳斎(真田幸綱)・甘利昌 忠・金丸虎義に宛てた書状の解釈で)。8月17日、私の母方先 祖:塚越新助重定も「義信事件」後の生島足島神社の起請文を 箕輪城代:浅利信種を通じて提出した。武田信玄の駿河攻めが ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 06:44
箕輪初心:生方▲直虎・直政78【第23話「盗賊は二度仏を盗む」&近藤康用】
箕輪初心:生方▲直虎・直政78【第23話「盗賊は二度仏を盗む」&近藤康用】 ●「井伊に材木泥棒がいる」との噂を聞きつけた近隣の領主:近藤康用 がやってきた。近藤康用の妻は鈴木重時の娘、近藤康用の娘は中野直之 の息子:三信の妻になる。中野直之と近藤秀用は義兄弟である。箕輪城 には、息子の近藤秀用と中野直之・三信・一定(松下家養子)も来た。 ★平成29年(2017) 6月14日、井伊谷の「井の国会(石原正美会長)」 の箕輪・安中・高崎旅行に30名の方が来られました。井伊谷ボランテ ィアガイドで、近藤康用→近藤秀用の宗家子孫:近藤さんが箕輪城にお 見えになられた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 15:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政78【第22話「虎と龍」】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政78【第22話「虎と龍」】 平成29年(2017)6月2日、前防衛相の中谷元(高知1区)は、党県 第1選挙区支部大会の冒頭挨拶で『両学園の問題について「安倍晋三 首相に『あいうえお』の5文字を贈りたい。あせらず、いばらず、 うかれず、えこひいきをせず、おごらず」と忠告した。』→私は「相変 わらず、威張っていて、嘘をつく。依怙贔屓して、奢る安倍政権は久 しからず。」と曲解して受け取った。首相が「印象操作」連呼し、野党 「どこで覚えたの?」も面白い。井伊直虎の「武士は泥棒かもしれぬ。」 サン=シモン「空想的社会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 12:37
箕輪初心:生方▲富山33-2【黒部渓谷下の廊下】後編=天国&地獄のダム建設
箕輪初心:生方▲富山33-2【黒部渓谷下の廊下】後編=天国&地獄のダム建設 平成19年(2007)10月20日〜21日、※群馬ハイキングツアー 40000円のハイキングで来た。●宇奈月〜登山鉄道〜●水平歩道〜  ●阿曽原温泉小屋(泊)〜●下の廊下〜●黒部第Cダム〜大町温泉 天国=紅葉真っ盛り、地獄=吸い込まれそうな恐怖の断崖絶壁だ。 天国=庶民生活の豊かさ、地獄=470名近くの犠牲者。合掌。 ★ 「黒部の太陽」で、黒4ダムばかり強調されてしまった感があ るが、黒3ダムも重要拠点であった。実は、ここには、政府の威 信をかけた大林組の努力があった。黒3ダムなど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 06:05
箕輪初心:生方▲富山32-1【黒部渓谷下の廊下】前編=天国&地獄の景観
箕輪初心:生方▲富山32-1【黒部渓谷下の廊下】前編=天国&地獄の景観 平成19年(2007)10月20日〜21日、※群馬ハイキングツアーで、 40000円のハイキングに来た。●宇奈月〜登山鉄道〜●水平歩道〜  ●阿曽原温泉小屋(泊)〜●下の廊下〜●黒部第Cダム〜大町温泉 天国=紅葉真っ盛り、地獄=吸い込まれそうな恐怖の断崖絶壁だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/13 05:57
箕輪初心:生方▲富山32【100名山64:立山縦走】「雄山→大汝山(泊)→富士ノ折立」
箕輪初心:生方▲富山32【100名山64:立山縦走】「雄山→大汝山(泊)→富士ノ折立」 立山は雄山[おやま]3003m、大汝山[おおなんじやま]3015m、富士ノ折立 [ふじのおりたて]2999mの3峰を指すことが一般的である。今回は一番 楽ちんオーソドックスな登山コースである。室堂から一ノ越を経て雄山 に登る。大汝山山荘に宿泊し、下山は最高峰の大汝山から別山を経由し て雷鳥平に下る。5時間ほどのコースも結構楽しかった。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 11:53
箕輪初心:生方▲富山31『世界遺産:五箇山』&【▲剱岳100名山登山】
箕輪初心:生方▲富山31『世界遺産:五箇山』&【▲剱岳100名山登山】 平成17年(2005) 8月26日〜28日、『世界遺産:白川郷・五箇山』 に行った。ついでに【剱岳】に登った。剱岳は富山県の上市町と立山 町にまたがる飛騨山脈=北アルプス北部の立山連峰にある。剱岳は 平成16年(2004)標高2998,07mから標高2998.6 mとなり2,999 m と公式に定められた。標高差は2200mあり、キツい山であった。 私の45番目の百名山である。もう、かなり昔の話であるので、写 真もない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 16:57
箕輪初心:生方▲富山30【井波城=瑞泉寺城】:一向宗→佐々成政家臣
箕輪初心:生方▲富山30【井波城=瑞泉寺城】:一向宗→佐々成政家臣 越中一向一揆の総本山瑞泉寺が築いた「僧兵の城」である。井波城は、 瑞泉寺の隣の井波八幡宮・古城公園(護国神社)一帯が築かれている。  城の遺構は、高い大土塁が古城公園と八幡宮の三方を取り囲むように 今も残っている。瑞泉寺スタッフによると、城の井戸であったという 「臼浪水」が一番の遺構だという。井波城は、富山県南砺市井波にあ る平山城で、一向宗:瑞泉寺に隣接している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/10 05:24
箕輪初心:生方▲富山29【今石動城】:前田利家の築城
箕輪初心:生方▲富山29【今石動城】:前田利家の築城 今石動城は越中攻略の拠点として前田利家によって築かれた城である。 「石動市街地背後の白馬山(標高186m)に築かれた城で、山頂に ある本丸(主郭)は平坦に削られ、東西49m、南北26mと広く、 富山県内でも規模の大きい山城である。」と説明にあった。前田利家 の築城から、わずか10年で廃城状態となった。・・・でも、この先は 草ボウボウであった。山城には初夏〜夏に行くもんじゃないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 04:57
箕輪初心:生方▲富山28【高岡浅井城&赤丸城の遠望】
箕輪初心:生方▲富山28【高岡浅井城&赤丸城の遠望】 富山県の三大山城の高岡市の「守山城」を地図の城跡と頼りに探し 回っていた。スマホも持っていなかったし。・・・守山城だと思っ て、訪ねた城は高岡市赤丸(旧福岡町)の城だった。中世の道: 『山根道』の赤丸は、西に行けば、今石動城(現小矢部市)、 東に行けば、守山城(高岡市)へと通ずる『山根道』の中間地 であった。結局、浅井城(丸山城)と赤丸城も登城はしなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/08 05:54
箕輪初心:生方▲富山27【高岡城100名城】と『前田利長の半生』
箕輪初心:生方▲富山27【高岡城100名城】と『前田利長の半生』 ・天正13年(1585)から13年間、二上山にあった守山城の城主であ った。慶長3年(1598)に前田利家公の後を継ぎ当主となった。慶長 10年(1605)隠居して富山城に移った。慶長14年(1609)3月の大 火で富山城を焼失した。前田利長は住み慣れた守山城から眼下 に見下ろせる「関野」に新しく城を築城することにした。 高岡城は、 キリシタン大名:高山右近が縄張した(伝)。・慶長19年(1614) 前 田利長は死去した。前田利長の隠居城:高岡城には実質6年間 在城した。・慶長20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 06:34
箕輪初心:生方▲越中26『守山城』:斯波→神保→上杉→神保→佐々→前田弟
箕輪初心:生方▲越中26『守山城』:斯波→神保→上杉→神保→佐々→前田弟 守山城は富山県高岡市東海老坂にある。守山城は高岡を一望に見下 ろせる。高岡は庄川、小矢部川の河川輸送、伏木、放生津の海上輸 送を掌握する要所でもあった。斯波義将の越中守護職時代の守護所 が二上山の山頂250mにあったことから、戦国時代の歴史に度々登場 する。神保氏5代→上杉政虎(謙信)→神保長職→佐々成政→前田 利長と城主が交代した。前田利家末弟:前田利長は、13年間、守山城 を居城としていた。越中三大山城(守山城、松倉城、増山城) の一つに数えられるが、3回目の越中の城回りで、や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/06 09:13
箕輪初心:生方▲富山25『森寺城』氷見最大の山城★写真がな〜い。
箕輪初心:生方▲富山25『森寺城』氷見最大の山城★写真がな〜い。 森寺城は富山県氷見市森寺字城山にあった城である。氷見地区最大の 山城で、阿尾城の詰め城的な要素の城だと思われる。越中三大山城 (松倉城・増山城・守山城)に次ぐ規模の山城であろう。室町時代 、能登守護:畠山義統が築いた城と伝えられている。当初は能登と 越中の国境を守る拠点として利用されていた。畠山氏が没落した後 上杉政虎(謙信)に攻め落とされた。上杉謙信の死去により、能登 から撤退すると、織田軍が神保氏張・長連龍と結び攻略した。天正 11年(1583) 越中を制圧した佐々成政の領有と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 14:04
箕輪初心:生方▲富山24の2【前田慶次郎】阿尾城代4説→長谷堂城の戦い3説
箕輪初心:生方▲富山24の2【前田慶次郎】阿尾城代4説→長谷堂城の戦い3説 『前田慶次郎』・『水戸光圀』は傾き者で有名である。『前田慶次 郎』は漫画「花の慶次」(さいとうたかを)の影響でさらに、有 名人となった。説@…・天正10年 (1582) 前田利家は小丸山城 を築城し、七尾城から移った。阿尾城主:前田慶次郎とした説。 説B…天正11年 (1583)前田利家が七尾城に移った時、前田利久 ろ慶次郎を呼び寄せ、阿尾城主:前田慶次郎とした説。天正12年 (1584)▲末森城の戦いの参加・不参加に説が分かれる。 説B…天正13年(1583)4月、前田利家は阿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 15:26
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政77【21話「ぬしの名は?」】と靴
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政77【21話「ぬしの名は?」】と靴 NHK大河「おんな城主直虎」は相変わらず、疑問を提供をくれる。 「君の名は?」のパクリのタイトルかな。「武士は泥棒?」にすれば。 @起…駿河での鉄砲販売を断られたので、気賀の綿布販売にした。 ★綿布?永禄9年に、井伊谷で? A承…気賀の中村屋がしきっていたが、直虎が賊に捕まった。 ★直虎の靴は革靴だった。★賊の靴は中央アジアの靴のようだった。 B転…賊は身代金を要求した。賊は「武士なんて大泥棒じゃねえか」 ★あれまあ、フランス革命?・マルクス的な階級闘争の発想みたい。 C結…直虎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 15:31
箕輪初心:生方▲富山23の1【越中阿尾城】2回目
箕輪初心:生方▲富山23の1【越中阿尾城】2回目 阿尾城は、富山湾に突き出した独立丘に築かれている。西は陸地 と繋がっている。北は標高0m〜10m程の陸地である。東・南の2方は 海に面した断崖となっている。伝本丸展望台からは運がよければ、富 山湾の先に立山連峰を一望することができる私は阿尾城には2回行っ ている。堅固な城であった。水の手がないのが、玉に傷かも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 08:29
箕輪初心:生方▲富山22神保城(富崎城)&▲富山23増山城:続100名城
箕輪初心:生方▲富山22神保城(富崎城)&▲富山23増山城:続100名城 八尾の見学後、増山城に向かった。途中に偶然、本覚寺:神保 城=富崎城があった。富崎城は富山市婦中町富崎にある山城であ る。富崎城は越中国守護代:神保氏の有力な支城の1つである。 城主は神保氏・寺嶋牛之助などである。山田川が自然の堀として 流れ、右岸山頂:標高92.5mに築かれている。神保城:富崎城 ・滝山城・福山城とも呼ばれている。主郭には行かなかった。 増山城(富山市)は和田川右岸の山上に築かれた山城であり、増 山城(富山市)松倉城(魚津市)、守山城(高岡市)は越中三大 山城と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 07:27
箕輪初心:生方▲富山21『八尾城齋藤氏&八尾の歴史』と見られなかった「風の盆」
箕輪初心:生方▲富山21『八尾城齋藤氏&八尾の歴史』と見られなかった「風の盆」 幻想的で優美な踊り「おわら風の盆」で知られる八尾の「風の 盆」の前夜祭の練習風景でも見ようかと回った。諏訪町は格 子戸のある旅籠や土蔵造りの民家などの街並みが残っていた。 古い町並や「風の盆」・「曳山祭り」の背景には、江戸時代、 養蚕や和紙などで財をなした商人の歴史が今でも息づいている ことが分かった。でも、何故、重要伝統的建造物群保存地区に 選定されないのであろうか?などと疑問に思いながら、急ぎ足 の旅をした。そして、戦国時代の「八尾城」・「城生城」の齋藤氏 との関わり、江戸時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 06:54
箕輪初心:生方▲富山20【安田城】:続100名城135番
箕輪初心:生方▲富山20【安田城】:続100名城135番 平成20年(2008) 8月28日(木)富山城→白鳥城→大がけ城の 見学後、富山県富山市婦中町安田の安田城に行った。パンフレッ トによると、「昭和52年と53年の発掘調査の結果、本丸、二 の丸、右郭の3つの曲輪からなり、周囲に堀がめぐらされ、堀は 井田川から水を引き入れた水濠であったことが確認されている。 本丸の土塁の高さは2.4mで、曲輪全体を巡らしている。二の丸・ 右郭は直接攻撃にさらされる恐れのある外側のみに土塁を巡らして いる。各曲輪は土橋でつながっている。・・・昭和5... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 06:16
箕輪初心:生方▲富山18【白鳥城】&19【大峪(おおがけ)城】富山城の支城
箕輪初心:生方▲富山18【白鳥城】&19【大峪(おおがけ)城】富山城の支城 白鳥城は富山城を見下ろす呉羽丘陵の最高峰城山:標高145.3m の山頂を中心に築かれた城である。白鳥城へは、呉羽丘陵を縦 断するドライブウィイを走れば簡単に行くことができる。駐車場に 「白鳥城の石碑」が建っていて、ここから石段を登ると白鳥城 の城域になる。 白鳥城から下っていくと、大峪(おおがけ)城 がある。大峪(おおがけ)城の主郭跡は富山市立五福小学校に なっている。小学校の敷地が周囲より一段高くなっていて、所 々に土塁の痕跡が見受けられる。 2つとも詳しい観察はしてい ない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 07:51
箕輪初心:生方▲富山17【富山城】:続日本100名城134番
箕輪初心:生方▲富山17【富山城】:続日本100名城134番 ・昭和48年(1975)8月、富山での吹奏楽演奏会で初めて立ちよった。 ・平成20年(2008) 8月28日(木)富山旅行10【富山の城巡り &八尾おわら風の盆】で、富山城に立ちよった。鉄筋の富山城博 物館は史実に基づいていない犬山城見たいな「模擬天守」である。 もう、63年も経ち、私同様、骨董品に近づいた。平成29年(2017) 続日本100名城134番に選定された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 05:43
箕輪初心:生方▲富山16『魚津城』と【魚津城の戦い】 
箕輪初心:生方▲富山16『魚津城』と【魚津城の戦い】  平成21年(2009)5月2日、NHK大河ドラマ『天地人「魚津城の 戦い」』の前日、松尾芭蕉「奥の細道」&中山道&富山・石川・ 福井・滋賀・岐阜の城を訪ねる旅の一貫として『魚津城』に 立ち寄った。魚津城は現在の大町小学校である。「魚津城の戦い」 の痕跡はNHK大河ドラマの『天地人』の波に乗った「旗」が なびいているだけだった。歴史に「もし」「たら」「れば」はないが、 天正10年(1582)6月2日の織田信長の死より、後3日間、上杉 軍の籠城が伸びていれば、13名は生きていただろうに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 07:08
箕輪初心:生方▲富山15『天神山城』天正10年:上杉景勝着陣
箕輪初心:生方▲富山15『天神山城』天正10年:上杉景勝着陣  平成21年(2009)5月2日 NHK大河ドラマ天地人「魚津城の戦い」 の前日、松尾芭蕉「奥の細道」&中山道&富山・石川・福井・滋賀 ・岐阜の城を訪ねる旅の一環として訪問した。天神山城跡は公園化 されて結構。破壊されていた。天正10年(1582)、柴田勝家など率 いる織田軍による魚津城攻めの際、上杉景勝が着陣した。NHK大 河ドラマ『天地人』で3週に渡って演じられた「魚津城の戦い」 で有名になった。直江兼続が魚津城に忍び込み「一端は春日山に 戻る。」と伝えるストーリーだった。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 07:58
箕輪初心:生方▲富山14【北山城=金山城(松倉城支城)】
箕輪初心:生方▲富山14【北山城=金山城(松倉城支城)】 松倉城の北方1700mの独立丘陵(標高310m)の上に位置す る北山城はL字状の形をなし、長さ約250m、幅約70mの範囲 に築かれた松倉城の支城である。山頂部は細長く平坦に削平されて おり、西端には一段高い削平地があり、南端には堀切が設けられて いる。また、山頂の平坦部の一段下には細長い帯郭がめぐらされて いる。北山城主は判然とせず、松倉城主椎名氏の持城という以外詳 細は不明である。また、一名金山谷城と称されるのは城の西側に金 山谷集落があることによると考えられ、文献史料にしばし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 06:16
箕輪初心:生方▲富山13『小菅沼城(松倉城家老:武隈屋敷)』
箕輪初心:生方▲富山13『小菅沼城(松倉城家老:武隈屋敷)』 「武隈屋敷は小菅沼城とも呼ばれる城館跡で、周囲が高い石垣で囲ま  れ、出入り口は舛形の門跡が残る。室町時代の松倉城主椎名氏の家  老と伝えられる武隈氏は椎名氏滅亡後もこの地に居住していたが、  大正期に他県へ転居している。 屋敷跡は金山谷から松倉城への途中にあり、一辺が60〜70mの  方形で石垣が巡らされている。小菅沼地区にはこの他にも土塁で  囲まれた館跡が存在しており、松倉城の時代に支城や城館跡が小菅  沼地区に多数存在していたと考えられている。    富山県教育委員会・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/25 06:06
箕輪初心:生方▲富山bT『越中の戦国時代』+ちょっと越後
箕輪初心:生方▲富山bT『越中の戦国時代』+ちょっと越後 戦国時代、越中は守護代の神保氏・椎名氏が争った。次第に加賀の一 向一揆衆と手を組んだ神保氏の勢力が強まり、畠山氏の要請で長尾氏 が介入した。天文年間、富山城の神保長職と松倉城の椎名康胤が越中 の覇権をめぐって争うようになった。永禄年間、椎名康胤は越後の長尾 景虎(上杉謙信)VS神保長職は甲斐の武田信玄・一向一揆衆の様相 となった。武田・上杉の代理戦争という形で、信濃→上野→越中へと 移っていった。武田信玄の死後、上杉謙信の越中を平定した。天正6 年(1578)、上杉謙信が死に、御館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 21:00
箕輪初心:生方▲富山12『松倉城』:難攻不落の越中最大の山城
箕輪初心:生方▲富山12『松倉城』:難攻不落の越中最大の山城 「越中松倉城」は魚津市南部の松倉山山頂にある。5つの郭が南北 に並び、東西1kmにも及ぶ巨大な山城である。南北朝時代、普門 (井上)俊清→桃井直常などが在城し、築城・増築したという。室町 時代から江戸時代にかけて松倉金山で金の採掘が盛んに行われた。 長尾為景も一時在城したという。・永禄年間(1558〜1570)椎名康胤 と神保長職との抗争。椎名康胤は長尾景虎(上杉謙信)に援軍を要請。 →神保長職は降伏。・永禄11年(1568) 椎名康胤は上杉氏から離反。 武田信玄+一向一揆に締結。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 06:00
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政76『高瀬姫』と【20話「第三の女」】と松源寺
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政76『高瀬姫』と【20話「第三の女」】と松源寺 井伊直親は龍潭寺開山以来、縁を結ぶ松岡家の庇護を受け、長野県 下伊那郡高森町の松源寺(今の松源寺ではない。)での12年にも及 ぶ隠棲先で島田村の代官塩沢氏の娘との間に井伊直政の兄や姉に当 たる一男一女を儲けている。★ちなみに、井伊直政の姉:高瀬姫 (春光院)は、川(河)手主水良則の正室であった。川出良則は 山県昌景の家臣であったが、天正10年(1582) 9月〜10月頃、 井伊直政の家臣となった。箕輪城にも来た。関ヶ原の戦いでは、 家老:川出良則は井伊直政の居城高崎城留守居役であっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 08:19
箕輪初心:生方▲富山11『越中の戦国時代』と長尾(上杉)・武田の代理戦争
箕輪初心:生方▲富山11『越中の戦国時代』と長尾(上杉)・武田の代理戦争 戦国時代、越中は守護代の神保氏・椎名氏が争った。次第に加賀の一 向一揆衆と手を組んだ神保氏の勢力が強まり、畠山氏の要請で長尾氏 が介入した。天文年間、富山城の神保長職と松倉城の椎名康胤が越中 の覇権をめぐって争うようになった。永禄年間、椎名康胤は越後の長尾 景虎(上杉謙信)VS神保長職は甲斐の武田信玄・一向一揆衆の様相 となった。武田・上杉の代理戦争という形で、信濃→上野→越中へと 移っていった。武田信玄の死後、上杉謙信の越中を平定した。天正6 年(1578)、上杉謙信が死に、御館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 08:18
箕輪初心:生方▲富山10【二上山の大伴家持像】&『越中国分寺跡』
箕輪初心:生方▲富山10【二上山の大伴家持像】&『越中国分寺跡』 平成25年(2013)4月27日、富山県の守山城から二上山を降りて きたら、途中の万葉植物園入口に大伴家持像があった。山を下り終 わると、越中国分寺に行った。伏木湊町を車で通り、桜谷古墳に寄 った。雨晴海岸付近は風情があった。氷見の城巡りと泊まる所が七 尾と決まっていたからである。大伴家持が越中国守として5年間赴 任した。大伴家持は日本最古の歌集「万葉集」の代表的歌人である。 Hpに「約4500首に及ぶ『万葉集』の中に、大伴家持の歌は473首ある。 なんと越中在住中に詠まれた和歌は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 23:27
箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政70第18話「あるいは裏切りという名の鶴」
箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政70第18話「あるいは裏切りという名の鶴」 一昨日から、39.0℃〜39.6℃が続いている。ふらふらしてる。 【1】武田信玄の動向・【2】18話あらすじ、【3】井伊直政家臣5名 連名の「○○村辰之年貢俵定之事」の第1級文書の(サインのみ) @起…瀬戸方久の「機転」で直虎・井伊谷は生き残った。  A承…直虎は領主としての資質がないと落ち込む。  B転…直虎が孫子の兵法から、「小野政次」は井伊のためと気づく。 C結…政次は武田の侵攻が迫ってくる気配が次の心配のタネだっ   た。政次は「戦わずして勝つ方法を考えます。」と伝えた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 07:50
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第17話:消された鉄砲』&【鉄砲の歴史】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第17話:消された鉄砲』&【鉄砲の歴史】 やっと、退院できたが、体がふらふらしている。頭もぽーっとしている。 今回の疑問点は@永禄8年〜9年頃、鉄砲は本当に井伊に入ったの?、 A干鰯は本当に三河から伝わったの?。歴史の話題性が多いこと。 @起……井伊谷に鉄砲が伝えられた。直之は井伊にとっての鉄砲の必 要性を訴える。A承……直虎は井平で鉄砲を造らせることにする。 B転……虎松の意気地のないことで悩むが、なんとか解決する。 C結……政次は鉄砲は謀反であるので、助けて欲しければ、後見を 降りろ。」と追求する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 06:36
箕輪初心:生方▲富山bX『奥の細道:魚津→滑川』と【魚津水族館】
箕輪初心:生方▲富山bX『奥の細道:魚津→滑川』と【魚津水族館】 多くの方は、魚津と言えば、@蜃気楼、A埋没林、Bホタルイカが 思い浮かぶかもしれない。しかし、私の場合は、@魚津城と魚津の 戦い、A天神山城、B松倉城、C魚津水族館の方が浮かんでしまう。 私は松尾芭蕉ファンでもあり、お城巡りファンでもある。そして、 PADIのなんちゃってダイビングインストラクターなのだ。日本海側 で初めて建てられた水族館である。富山湾のホタルイカなど「光る 魚」の展示が充実していた。次は、滑川でダイビングしたいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/29 08:41
箕輪初心:生方▼富山bX『奥の細道:魚津→滑川』&【魚津水族館】
箕輪初心:生方▼富山bX『奥の細道:魚津→滑川』&【魚津水族館】 多くの方は、魚津と言えば、@蜃気楼、A埋没林、Bホタルイカが 思い浮かぶかもしれない。しかし、私の場合は、@魚津城と魚津の 戦い、A天神山城、B松倉城、C魚津水族館の方が浮かんでしまう。 私は松尾芭蕉ファンでもあり、お城巡りファンでもある。そして、 PADIのなんちゃってダイビングインストラクターなのだ。日本海側 で初めて建てられた水族館である。富山湾のホタルイカなど「光る 魚」の展示が充実していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/29 06:21
箕輪初心:生方▲富山bW『奥の細道:市振→幻のヒスイ海岸』&「翡翠の歴史」
箕輪初心:生方▲富山bW『奥の細道:市振→幻のヒスイ海岸』&「翡翠の歴史」 @「奥の細道」越中編では、「市振の関→宮崎城→ヒスイ海岸→ 入善→魚津」のはずが、天神山城→松倉城→北山城→武隈屋敷  →魚津城→魚津グルメ」になってしまった。A今回の「越中 瀬戸焼&富山の名所」では、最後の見学地は『ヒスイ海岸』で 翡翠探しになっていた。しかし、私が21名の団体なのに、@ 越中境SA、AあらいSAで休憩することを提案したため、宮 崎・境海岸(ヒスイ海岸)は中止になった。幹事の田村さんが、 「ヒスイ海岸で翡翠を見つけ出す!」張り切っていたのに、が っかりさせてしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 08:04
箕輪初心:生方▲富山bV【富山の酒と飲み物】ちょっと雑感
箕輪初心:生方▲富山bV【富山の酒と飲み物】ちょっと雑感 富山の食べ物といえば、@鱒寿司、A氷見寒ブリ・氷見うどん、 Bホタルイカ、C白エビ、・・・富山の酒と言えば、@米の芯、 @幻の瀧、B立山、C銀盤が浮かんだ。富山県の酒のイメージは 「立山連峰の冷たい水と富山米で旨い」である。富山は新鮮な魚 料理と美味しい酒でしょうね。でも、今回は酒禁止令で、飲めな かった。買ってきた酒を6月過ぎたら、味わおうと思っている。 でも、本当の富山の酒の特徴は全く分からない。普段は群馬の永井 酒造の「谷川岳」を年間、一升瓶約100本分を飲んでいる。スキ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 09:17
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政68【木綿の歴史】&『第16話:綿毛の案』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政68【木綿の歴史】&『第16話:綿毛の案』 テーマは『赤毛のアン』L・M・モンゴメリ著のパクリか?かつ ての同僚がグリーンランドを訪ねて3000里。今回の疑問点は、 A,「井伊直虎は本当に綿栽培と綿布生産をさせたの?」 B,「井伊直虎は本当に永禄8年(1565)に種子島銃を見たの?」 @起……瀬戸方久は井伊直虎に綿の生産→木綿販売を提案する。 直虎は綿の栽培は人手不足で困難だと知る。 A承……百姓を借りたいと鈴木重時などに頼むが、断られる。 B転……直虎は龍雲丸に「人が足りぬなら、買ってくればいい。」 と言われ、戦場で人を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 22:53
箕輪初心:生方▲2017スキー16【神楽】&『湯沢温泉:駒子の湯』&《カラムシ蕎麦》
箕輪初心:生方▲2017スキー16【神楽】&『湯沢温泉:駒子の湯』&《カラムシ蕎麦》 平成29年(2017)4月22日、古沢さん・笠間さんと神楽スキー 場のゲレンデで落ち合うことにした。駐車場は70%の入りで ある。5月28日まで滑れるとあって、客は多い。今日はザラ メ雪を想像して、セミファットスキー板で行った。でも、朝の内は 山頂は雪質はカリンカリンの硬いバーンであった。寒くて、23 00m付近はガスっている。まず、標高の低く、緩斜面の田代スキー 場で滑った。10時過ぎには、雪は柔らかくなったので神楽に戻っ た。午前券なので、」帰りは、湯沢温泉「駒子の湯」にした。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 06:59
箕輪初心:生方▲富山bU『井波彫刻の里:八日町通りと瑞泉寺』
箕輪初心:生方▲富山bU『井波彫刻の里:八日町通りと瑞泉寺』 平成29年(2017)4月16日(日)安中自性焼青木昇門下陶朋会の 旅行で、富山県南砺市の井波に行った。@八日町通り→A瑞泉寺→ B井波城→(八日町通りを戻って)→バス移動で、C道の駅「井波」 でランチ→D井波彫刻総合会館に行った。加賀前田家2代当主の前 利長が高岡城に入城した。城下町を整備した際に箪笥や膳など生活 用品を作らせたのが高岡漆器、城端蒔絵、鋳造師を呼んでの高岡の 銅の鋳物、井波彫刻、越中瀬戸焼等の産業の振興の基礎を作った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 21:35
箕輪初心:生方▲富山bT『高岡山瑞龍寺:住職様の解説は最高』
箕輪初心:生方▲富山bT『高岡山瑞龍寺:住職様の解説は最高』 加賀藩2代藩主:前田利長公が菩提寺として、建立した。加賀藩120 万石の財力を如実に示す江戸初期の曹洞宗の建物群が現存している。 国宝は仏殿、法堂、山門、重要文化財は総門、禅堂、高廊下、回廊、 大茶堂である。屋根瓦の代用は鉛の瓦。仏殿に使われている柱は 長さ13mかつらの木。法堂の内部は職人達の技が結集され絢爛豪 華な装飾等。今回は最高に凄かったのは和尚様?御住職様?の 名人芸の解説であった。加賀藩の歴史や瑞龍寺にまつわる話を 声色を使い分け、非常に解りやすく、面白おかしく説明して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 21:16
箕輪初心:生方●富山bS『氷見の食』と【氷見温泉:磯波風(イソップ)泊】
箕輪初心:生方●富山bS『氷見の食』と【氷見温泉:磯波風(イソップ)泊】 富山県氷見市を知ったのは、大学の1年の時である。吹奏楽部の 先輩に氷見高校出身のA.Sax「山河さん」がいたからである。氷見 は3回目である。氷見フィシャーマンズ・ワーフ海鮮館は3回、立 ち寄った。今回は氷見温泉郷ながうら温泉元湯『磯波風荘』に泊ま った。とにかく、氷見は魚・氷見うどんなどが美味しい。1回目の 「氷見フィシャーマンズ・ワーフ」の写真が見つからないし、2回 目は消滅したので、無料画像を借用した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 09:45
箕輪初心:生方▲富山bR【越中瀬戸焼:陶農館】&加藤先生・北村先生・釈長先生
箕輪初心:生方▲富山bR【越中瀬戸焼:陶農館】&加藤先生・北村先生・釈長先生 平成29年(2017)4月15日、自性寺焼里秋窯旅行で【越中瀬戸焼】 を見に行った。研修旅行なので、「焼き物の里」がメインである。 文禄3年(1594)4月、加賀藩主の前田利長が尾張国瀬戸より陶工: 彦右衛門を招いて越中焼かせたのが始まりといわれている。7月、 前田利家が一向宗(浄土真宗)の活動を許可した。最盛期には120 人の陶工がいたので、瀬戸村となった。 8月、伏見城が完成し、 豊臣秀吉が入城。翌年、井伊直政の息子:井伊直孝は安中北野寺で 萩原図書について、お勉強開始。・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 11:12
箕輪初心:生方◆富山編bP『富山旅行14回:山6回と城19登城等』
箕輪初心:生方◆富山編bP『富山旅行14回:山6回と城19登城等』 富山の人間と言えば、@友達の白山君、B先輩の山河さん、B同僚の 中嶋妙ちゃんを思い出す。富山の食べ物といえば、@鱒寿司、A氷見 寒ブリ、Bホタルイカ、C白エビ、名勝名物と言えば、@トロッコ電車、 A蜃気楼、B春の立山、城と言えば、@魚津城、A松倉城、B富山 城、C高岡城、・・・反魂丹(ハンゴンタン)の越中富山の薬売りが で有名だった。富山の酒と言えば、@米の芯、A幻の瀧、B立山、 などが浮かんだ。知り得た範囲で、富山シリーズを書いてみようと 思う。但し、平成21年(2009)〜平成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 05:57
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第16話:おんな城主VSおんな大名』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第16話:おんな城主VSおんな大名』 中野直之は井伊家の中で、一番腕がたち、荒っぽく気張る役である。 中野直之は箕輪滝沢寺中興開基、母:恵徳院は日向峯清水寺を開山→ 松山寺前身に居住(★おそらく北条の鬼門の寺・滝沢寺4世開基)→ 高崎恵徳寺を開山。直親の妻:本名ひなの妹で中野直之の妻も箕輪に 来ている。中野直之の子は中野三信、奥山朝忠室、松下清景養子: 松下一定、小野政次の甥:小野源蔵室、山県昌景の旧家臣:広瀬将 房室、松井宗信系松居清貞室、渡辺昌常室がいる。★格好いい。 @起……寿桂尼は徳政令を発布しない直虎を駿府に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 13:24
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政66番外編【前田利家の正室:まつ】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政66番外編【前田利家の正室:まつ】 前田利家の正室:まつ(芳春院)は肝の座った超美人としても有名で あるが、直江兼続の家臣になった説もある傾き者:『花の慶次』:前田 慶次郎が「おまつ様」と慕っている。実像は不明。貧乏のドン底の浪 人中の新婚生活。赤ちゃんのおっぱいを飲ませながら、内職の縫い物 をしていたんだろうな。「前田まつ」は一般論のいう『良妻賢母』でいつも、 夫と子供たちと前田家のために生きた女性なのであろう。特に、自ら 徳川家康の人質になったのが凄い女性であった。平成14年(2002)NH K大河ドラマ第41作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 23:18
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】 1)NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の4月2日の放送では、 「井伊直虎が家臣の奥山六左衛門と借金の証文を見てびっくり。 「銭20貫文、銭15貫文、銭30貫文……」※その夜、直虎・ 直之・六左衛門は井伊家の借金を調べた。「銭6000貫文の借金か」 と、井伊直虎がびっくりしていた。「井伊家の借金は、30年経っ ても払い終えぬではないか?」と返済ができないと明らかになった。 銭を銭主=地域の高利貸し(実際には瀬戸方久)から、戦の度に、 借りて、武器や馬・兵糧・兵の徴用などの準備対応を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 05:31
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政64▲徳政令の歴史&第14話「徳政令の行方」
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政64▲徳政令の歴史&第14話「徳政令の行方」 @起……井伊直虎が徳政令の約束を破った。瀬戸村の甚兵衛ら百姓 たちは、蜂前神社の禰宜(ねぎ)を通して、今川氏真に徳政令の発 布を直訴した。A承……井伊直虎の政策に家臣たちが異を唱える中、 小野政次は徳政令の発布を命じる今川の書状を読み上げる。B転… …直虎は驚くべき策「龍たん寺に寄進」で徳政令をはねのけ、無効 にした。C結……甚兵衛たちはついに最終手段「逃散」作戦に出た。 ≪真田丸≫では、あんなに創作が多かったのにもめもせず、≪直虎≫ では、なんでこんなにももめてるのだろうか?ホー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 16:04
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政63番外編『おんな曳馬城主:椿姫=お田鶴の方』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政63番外編『おんな曳馬城主:椿姫=お田鶴の方』 おんな城主は「井伊直虎」以外以外のも曳馬城主:飯尾連龍の 妻:椿姫=お田鶴の方が載っている。父は鵜殿長持で、母は今 川氏親の娘である。亀姫→椿姫=お田鶴の方とも呼ばれている。 永禄8年(1565)、松平家康に味方した飯尾連龍は今川氏真に殺 された?切腹させれた。という。お田鶴の方は曳馬城(浜松城 の前身)城主:飯尾連龍の死後、第5代曳馬城城主になったと いう。今川氏真が父:今川義元の従姉妹「お田鶴の方」を曳馬 城城主と認めたことになる。永禄11年(1568)井伊直虎・関口 氏経連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 08:52
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政62『引馬城→浜松城の歴史:復刻版』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政62『引馬城→浜松城の歴史:復刻版』 戦国時代、曳馬の町を見下ろす丘の上に引間城が築かれた。 城主は、尾張の斯波方の大河内氏・巨海氏、→駿河の今川方の飯尾氏 となった。永禄7年(1564) 中野直由と新野親矩と三浦正俊(息子の 妻は新野の娘?)は今川氏真の命で出陣した。▲曳間城攻めで井伊家 臣の中野直由と今川家臣:新野左馬助・三浦正俊が飯尾連龍らに天 間橋で返り討ちにした。永禄8年(1565) 井伊直虎が女城主になった。 3年間、井伊谷の領主として君臨した。永禄11年(1568)井伊谷の 徳政令で井伊直虎は失脚した。井... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 11:37
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政61【瀬戸方久と井伊家】
NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の2話に登場のあばら家 の「オナラ男」は実在の豪商:瀬戸方久(ほうきゅう)である。 瀬戸方久は遠江国引佐郡瀬戸村を与えられた郷士で、商人 兼武将であった説が有力であろう。井伊谷の領主:井伊直盛 ・井伊直虎の庇護を受けて豪商に成長したと見られている。 後、新田氏も称したという。群馬県立歴史博物館の梁瀬大輔 先生は「商人兼武将は、上野国では金井(倉賀野)淡路守景 秀が有名である。武田信玄家臣・滝川一益家臣・北条家臣と して、宿屋業・飛脚業・運送業とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 08:23
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政60【史実編と第13話「城主はつらいよ」】
井伊直虎は永禄8年(1565)〜永禄11年(1568)の3年間、井伊谷城・ 三岳城の女城主として、君臨した。今回の第13話に出てきた中野 直之(妻:六左衛門の妹?・息子:中野三信の妻:鈴木重時の娘)、 奥山六左衛門(中野直之叔父)、近藤康用(妻は鈴木重時娘)、菅沼 忠久(正室は鈴木重時長女)、鈴木重時(妻は奥山六左衛門の叔母 ・妹は井伊直政の祖母)の5人と小野政次の甥子(玄蕃と奥山六左 衛門の妹の子)も、天正18年(1590)井伊直政と箕輪城に入城した。 NHK大河「直虎」第13話... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 11:29
箕輪初心:生方▲2017スキー15『長野:湯ノ丸』&「菱野温泉:常磐館」
★平成29年(2017)4月5日、菅平スキー場&角田温泉&真田 の城を目的に長野に向かった。途中で、湯ノ丸スキー場&菱野 温泉の計画に変更した。湯ノ丸スキー場は全面滑走が可能だっ た。2000円で20本滑った。帰りは菱野温泉「常磐館」 1000円で独占で1時間の休憩であった。安中で「焼き物」 をしてから帰った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 08:05
箕輪初心:生方▲2017スキー13【神楽】&『猿ヶ京温泉:湖城閣=宮野城』
平成29年(2017)4月2日、長島さん・笠間さんと神楽スキー 場のゲレンデで落ち合うことにした。新雪を期待して、セミフ ァットスキー板で行った。でも、新雪はなかった。雪質は最悪の カリンカリンのバーンで、ゴロゴロお団子雪の塊であった。寒く て寒くて、しかも1600m付近はガスっている。コブの深さは 2コブ先を確認できない。標高の低くしかも緩斜面の田代スキー 場で大部分滑った。帰りは、寄っていないホテル・旅館がよかっ たが、猿ヶ京温泉「湖城閣」にした。だって、「湖城閣」は宮野 城... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/04 10:23
箕輪初心:生方2017スキー11『苗場』&『名胡桃城』・「水上温泉:去来荘(泊)』
3月27日に那須町のスキー場付近で発生した雪崩で、登山講習会に 参加していた高校生7人と教師1人が死亡し、40人がケガをした。 3月28日 福島県中の安達太良山1700mを登山中の男性2人が 雪崩に巻き込まれた遭難事故が遭ったが、2人は福島県警などの救 助隊の救出された。安達太良山は2月に途中まで登った山だった。 大変なニュースだった。 3月27日に水上温泉「去来荘」の宿泊優待券3400円で予約を入れ てしまった。ついでに、スキーでもするかなった。で、3月29日は苗場スキー ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 08:02
箕輪初心:生方▲新潟【三根山藩邸跡】と「長岡藩に送った米百俵」
平成29年(2017)3月26日、「角田山」の13000円の読売旅行の ツアーに参加した。★往路 桜尾根入り口コース、復路は灯台尾根 コースである。帰りのお風呂は「福寿温泉:じょんのびの湯」であ る。以前には「奥の細道」松尾芭蕉巡り・多宝山麓の天神山城・・ ・宗長親王・新田義宗・脇屋義助の子どもも関わりがあり、直江兼続 の弟:小国の養子先の城で通ったが、その時は知らなかったので、 通り過ぎた。佐久間象山の門下生・・・小林虎三郎は、三根山藩か ら見舞いの米百俵で「今こそ教育だ。」と考... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 06:55
箕輪初心:生方▲2017新潟『ミスミソウの咲く角田山481.7m&福寿温泉』
新潟県旧巻町観光のシンボル:角田山は標高481.7mある。春は雪 溶け後、ミスミソウやカタクリの花が一面に咲乱れるそうだ。角田 山は30年前から、憧れがあったが、スキーシーズンなので、登っ たことはなかった。3年前、山仲間は角田山に登ったが、私は火事 騒ぎでで、行けなかった。平成29年(2017)3月26日、13000円 の高額ではあるが、読売旅行のツアーに参加した。自分の車で行く パワーがないのいだ★往路 桜尾根入り口コース、復路は灯台尾根 コースである。帰りのお風呂は「福寿温泉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 06:19
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政59【井伊家当主の死諸説と第12話「おんな城主:直虎誕生」】
【第 12話「おんな城主直虎」】は@起……永禄5年(1562)12月14日、 井伊直親の殺害と次郎法師の思い、A承……残された井伊谷の人々、 B転……執拗な今川の仕打ち=虎松の殺害計画と井伊の出陣命令、 永禄6年(1563)井伊直平が天野左衛門尉:八城(社)山攻めの途中 で急死。・永禄8年(1565) ?新野親矩と中野直由が曳間城攻めで討ち 死に。C結……永禄8年(1565)次郎法師が還俗し女城主:井伊直虎 として誕生。 NHK大河ドラマは、「井伊家伝記」をベースに物語を 展開して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 07:00
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政54【史実編と第11話「さらば愛しき人よ」】
私は井伊直政の甲冑で箕輪城まつり・寄居北條祭りに参加する程の 井伊直政ファンである。昨年の『NHK大河ドラマ:真田丸』では 『井伊直政』は無視だった。関ヶ原の戦い後、真田の2人を命乞い しなければ、「真田丸」なんてあり得なかったのに、・・・今年の 『NHK大河ドラマ:おんな城主直虎』も、『井伊直政』の箕輪城→ 高崎城→佐和山城時代が出てこないようである。寂しい限りである。 第11話「さらば愛しき人よ」では、@起……松平元康は、今川から 独立し、今川に反旗を翻した。今川氏真は瀬名に自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 12:24
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政51番外編『女城主:織田信長の叔母:おつやの方』
戦国時代など逆境の時こそ、男も女も人の真価が出る。私は【おん な城主・女戦国武将】として、美濃(岐阜県)岩村城主:『織田信 長の叔母:おつやの方』を以前にブログに掲載した。岩村城には2 回行っている。平成19年(2007)11月19日、平成24年(2012) 10月21日である。10年前には、女性でも凄い人がいることを 知った。今回はリニューアル版である。永禄11年(1568)〜永禄 12年(1569)、井伊谷での約10日間の滞在中に『おつやの方の夫: 秋山虎繁(信友)も、龍たん寺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 06:26
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政50【女戦国大名:今川義元実母:寿桂尼】
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に浅丘ルリ子演ずる「寿桂尼」 が出てくる。寿桂尼は、公家:中御門家(なかのみかどけ)出身で、 今川氏親の正室となり、今川義元を産んだ。今川家の勢力拡大に尽 力し、夫:氏親の死後は幼かった嫡男:氏輝に代わって政治的手腕 を発揮したと言われている。その後の家督争いで暗躍した。「女戦 国大名」と呼ばれた。結局、寿桂尼は今川氏親→今川氏輝→今川義 元→今川氏真の4代に渡って今川氏の政務を補佐した。「尼御台」 とも呼ばれた。いつも、文章が長いので、「寿桂尼」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/17 08:16
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
・平成29年(2017)3月10日から、群馬県相馬が原自衛隊で、 日米共同訓練に米軍の垂直離着陸輸送機MV22『オスプレイ』 6機も参加予定とされていた。3月15日、『オスプレイ』3機 が新潟の関山から帰ってきたようである。自衛隊から3kmしか 離れていないので、低空飛行であった。でも写真は撮れなかった。 今日も体温が38、2度と高熱での「梅の剪定中」のことであった。 一般的に関口刑部少輔氏広の妻は『今川義元の妹』とされてき たが、『井伊年譜』・『系図纂要』・『井家粗覧』の系図によ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 07:09
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政48『今川家臣:瀬名氏・関口氏・鵜殿氏』
※今川家は将軍足利一門の分家という名家中の名家であった。 将軍家を支え、またバックアップとして足利家の世継ぎが絶えた ときに将軍継承順位に名を連ねるほどの家柄であった。室町時代 〜戦国時代には今川一門(親戚・分家)御由緒衆には、瀬名・関 口・鵜殿・小鹿・新野・入野・名児耶・葛山氏などがいる。今回 は、「瀬名氏・関口氏・鵜殿氏」を取り上げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 10:16
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政47『今川義元と井伊直平の娘前編』
★昨日最高体温38,9℃→医者、本日、最高体温…電池きれ。 井伊直平の子どもは嫡男:直宗、直満、直義、直元、娘がいた。 南渓瑞聞は井伊家系図では、井伊直平の次男?3男であるが、 平成26年(2016)年に発見された位牌や龍潭寺が所蔵「南渓 過去帳」から養子説もある。一般的に関口刑部少輔氏広の妻は 『今川義元の妹』とされてきたが、引佐町町史編纂や井伊氏史 料の研究が進んで、『井伊年譜』・『系図纂要』・『井家粗覧』の 系図によると、『井伊直平の娘が今川義元の側室→今川義元の 養妹... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 21:33
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政46『奥山朝利殺害2説』&【10話走れ竜宮小僧】&
A、奥山朝利殺害説『永禄3年(1600)12月22日(1561年1月7日)』 小野が奥山朝利殺害→「井伊家の謀反」密告→井伊家乗っ取り作戦。 B,奥山朝利殺害説『永禄5年(1602)12月24日(1563年1月9日)』 小野の「井伊直親の謀反」密告→新野弁護→小野が奥山朝利殺害 C、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』では、永禄3年(1600)説を 採りながら、奥山朝利をやむなく返り討ちにしたことに設定して ある。@起・・小野政次は奥山朝利を殺害した。A承・・井伊直 親・奥山孫一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 10:25
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政45【第9話「桶狭間」&史実編】&&井伊直盛の墓
@起・・「桶狭間の戦い」で、井伊家当主:井伊直盛をはじめ とする16名が死んだ。A承・・井伊直盛の遺言で中野直由が 跡を継ぐことになった。生き残った奥山朝利は小野政次の井伊 家乗っ取りを懸念する。千賀が討ち死にの家族に文を書く。 A転・・井伊直親&奥山しのから「赤子ができたこと」を伝え られる。C結・・小野正次奥山朝利を論破する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 11:25
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
今川義元のイメージは「猫眉毛・お歯黒に、公家の出で立ち=格好を したひ弱な大名」「織田信長にあっけなく敗れた弱者」という印象が 以前のTV画像・映画画像から先入観として、多くの人のイメージ にとなっているようである。しか〜し、今川義元は全国トップレベ ルの大大名である。お城好きの笑点司会者:春風亭昇太さんがNHK 大河「おんな城主直虎」では笑点司会者:春風亭昇太さんが今川義 元役で登場している。まさに「日曜日に君臨するお茶の間の帝王」と なったが、9回のTVで死んじゃうけど・・・。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 08:41
箕輪初心:初心▲井伊直虎・直政43『井伊谷7人衆:遠江松井一族』
「井伊谷7人衆」の1人:家老:松井家は松井宗能→松井貞宗→ 長男:松井信薫→次男宗信─松井宗恒と二俣城主として続いた。 今川氏真時代の古文書には、松井相模守・松井又七郎・松井八 郎三郎(宗信の弟)・松井内膳などの名が見える。井伊直虎の 時代の「井伊谷7人衆の1人:松井家」であると考えられる。 ※二俣では、北から南へ笹岡城(二俣古城)、蜷原城、二俣城、 鳥羽山城が一直線上に並んでいる。全て「二俣城」として登場 するが、不明な点が多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 08:15
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政42【第8話「赤ちゃんはまだか」】
@起・・・井伊直親と奥山しのは夫婦になって4年・・・、しのは 未だ懐妊の兆しがないことに苦悩していた。次郎法師は瀬名からの 手紙で近隣諸国の情勢を知っていた。 A承・・・廻りの者も「赤ちゃんはまだか」と心配する。★戦国〜 江戸時代、子宝、特に男の子の跡継ぎがなかなかできない女性は里 に帰されてもしたかなかったし、側室に生ませた男子に跡を継がせ ることがよくあった。「しの」は苛立ち、逆恨み・八つ当たりをする。 B転・・・次郎法師は昊天に子作り妙薬の話を聞き、小野政次に子 を授かるた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 11:56
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政41【第7話「検地」&駿河:富士浅間神社
@起・・・小野政次は今川義元の許に出向き、井伊直親の帰参と  家督相続を認めてもらおうとする。今川義元は、井伊谷での大  規模な検地を交換条件した。A承・・井伊直平の川名には、隠し 里があった。井伊直親は隠し里を隠し通すことに決める。B転・・ 井伊直親は小野政次に隠し里を隠すように依頼した。検地を行う日、 岩松は隠し里を発見した。次郎法師も瀬名からの情報を手にし、 川名に駆けつけた。井伊直親は「ここは井伊の土地ではないそうだ な。」と小野政次にふり、小野政次は「(宗長親王)御子様の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 11:25
箕輪初心:生方▲2017スキーbW【志賀高原】
★平成28年(2014)2月18日・19日の毎年恒例の太田無線 &犬&スキー&ハイキングの13年目:第2回スキー合宿が あった。今年の長野遠征は【スキーbW@長野:野沢温泉スキー 場&志賀熊ノ湯「樅の家」】A長野:志賀高原スキー場である。 朝方、キツネも出没した。志賀の横手山・熊ノ湯・丸山・奥志賀 以外の高天原・一ノ瀬・寺子屋・東館山・ジャイアント・西館山・ 高天原→一ノ瀬ファミリー・焼額山を滑った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 06:50
箕輪初心:生方▲2017スキー7【野沢】&熊ノ湯温泉
★平成28年(2014)2月18日・19日の毎年恒例の太田無線 &スキー&ハイキングの13年目参加:第2回スキー合宿が あった。今年の2回目の長野遠征は【スキーbV@長野:野 沢温泉スキー場&志賀熊ノ湯「樅の家」泊】A【スキーbW 長野:志賀スキー場】である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 08:21
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政40▲『奥山朝利の娘:ひよ→井伊直政の母』
奥山朝利の娘:ひよは井伊直親の妻になった。やがて、井伊直政を生む。 母として井伊直虎よりも長く井伊直政を見守った実母である。永護院と なった。大河ドラマ「おんな城主直虎」では、奥山朝利の娘「しの」 いう名前で登場している。「しの」妹:「なつ」は小野玄蕃の妻と なった。奥山しのの実家は井伊谷の井伊家から分かれた分家であ った。奥山家は井伊家の親族でも特に勢力の強い家であった上、 婚姻関係でさらに力をもった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 05:02
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政39【新野左馬助親矩と娘婿】
TV「おんな城主 直虎」で、「井伊谷七人衆」以外の重要人物は、 @井伊直親を救った今村(勝間田)藤七郎正実、A井伊直政を 救った新野左馬助親矩と、B井伊直虎の曾祖父の弟:南渓和尚で あろう。新野左馬助親矩は、今川氏一族であるが井伊直虎の叔父 (母:祐椿尼の兄)である。小野但馬守政次の讒言(井伊家から すると)により井伊直親が今川氏真に殺された後に虎松(井伊直 政)を保護した。新野氏の本貫地は「新野」(静岡県御前崎市新 野)である。大学生2年の時(42年前)横浜菊名の同下宿にい た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 12:16
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政37【奥山朝利の娘と井伊家家臣団】
6話「初恋の別れ道」では、 @起・・・亀之丞は、次郎法師を還俗させて妻に迎えたいと願 っていた。亀之丞は元服して井伊肥後守直親と名を改めた。 A承・・井伊家は安泰と思われたが、直親の今川への帰参、次 郎法師の還俗2つを今川に認めさせることは困難であった。そ こで井伊直親は、「おとわを死んだことにして、名を変えて一 緒になろう」と次郎法師に提案した。 B転・・・次郎法師は、自殺したことにする計画を断った C結・・・井伊直親は奥山朝利の娘:しの(本名:ひさ)を妻  にすることになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 11:46
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【菅沼忠久→菅沼忠道】&【菅沼定盈&菅沼定利】
菅沼氏の出自については明らかではないが、三河国設楽郡賀茂郷 菅沼(現愛知県新城市作手菅沼)に拠った菅沼氏を土岐氏が美濃 国から進入し菅沼氏と称したのが始まりだという。「奥三河」に は「山家三方衆」:亀山城の奥平氏(出自は上野国吉井)・田峯城 の田峯菅沼氏宗家・長篠城の長篠菅沼氏(→都田城主の都田菅沼 氏)や野田城主の野田菅沼氏など菅沼庶子家は奥三河にいた。 「井伊谷三人衆」の1人はキ田城主の菅沼忠久である。菅沼忠久 は井伊直虎・直政の井伊谷7人衆の1人として、井伊家を助けた。 天... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 09:05
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【近藤康用→近藤秀用→5近藤】
近藤康用は井伊直虎・直政の井伊谷7人衆の1人として、井伊家を 助けた。近藤秀用は、井伊直政に従って、天正18年(1590)箕輪城 に入城した。しかし、井伊直政の短気な性格について行けず、出奔 した。失踪しつつも10年後に17000石の井伊谷藩主として返り咲く。 近藤秀用とは徳川秀忠も優れた武将と認めていたのであろう。波乱 万丈な人生であったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 07:27
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政35【鈴木重勝→鈴木重時→鈴木重好】
鈴木重時は一般的には「井伊谷3人衆」の1人である。しかし 井伊直虎・直政時代の小和田哲男先生の説では『井伊谷7人 衆』の1人である。前半は井伊谷3人衆:元長篠城博物館長: 丸山先生の本をベースに書いてみた。後半は新編高崎市史 などを参考に書いてみた。鈴木重勝(井伊直政の曾祖父) ・孫の鈴木重好・曾孫:鈴木重辰とともに箕輪城・高崎城に 10年間以上、屋敷があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 09:43
井伊直虎・直政33【第5話『亀之丞帰る』】&「高森町松源寺」
@起・・・天文23年(1554)、おとわは次郎法師としての修行を  積んでいた。ある日、小野政直は、嫡男:政次に奥山朝利の  娘を妻にし、できた子を井伊家の後継にしようとした。 A承・・・小野政直が亡くなった。甲相駿三国同盟が結ばれ、  武田は伊那に侵攻する。井伊家は「武田の戦火を逃れるため、  信濃から戻ってきた。」ということにして、亀之丞を呼び戻す  ことにする。 B転・・・・次郎法師は、亀之丞の帰還に「煩悩の徒」になって  しまった。山ごもり・瀧業をして煩悩を払拭しようとす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 07:54
箕輪初心:生方▲井伊31『殆どの歴史学者が知らない松下清景の墓→松下一定子孫』後編
・天正18年(1590)、松下清景は箕輪城(群馬)に入った。 慶長2年(1597) 箕輪で亡くなった。松下一定が跡を継いだ。 松下清景の子孫は箕輪城→高崎城(群馬)→佐和山城(滋賀) →彦根城→安中城(群馬)→西尾城(愛知)→掛川城(静岡) →与板陣屋(新潟)と移り住んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 07:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政30【松下清景】前編
松下源太郎清景の父:連昌は頭陀城主:松下長則の姉を妻とした。 そして、松下源太郎清景の姉は松下長則の子:之綱の妻となった。 永禄12年(1568)龍潭寺に匿われた井伊直政の生母=実母:奥山 朝利の娘は松下源太郎清景(浜松頭陀寺城)と再婚した。松下清景 の養子:松下虎松が井伊万千代となったので、中野直之次男:一定 を養子に迎えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 06:20
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政29【頭陀寺城】と松下之綱と徳川家康と豊臣秀吉
頭陀寺城(ずだじじょう)=市場城は、現静岡県浜松市南区頭陀寺 町にある高野山真言宗の古刹:頭陀寺の門前にあった戦国時代の 城である。永禄6年(1563) 遠州忩劇で今川氏真軍に頭陀寺城が攻 め落とされ炎上した。頭陀寺城跡は通称「松下屋敷」であるが、平成 13年(2001)10月に発掘調査が行われて、炎上跡が確認された。 平成27年(2015)9月7日、発掘調査に直接携わった浜松市教育委 員会文化財保護課課長:太田さんや文化財保護課の和田さんに説 明をお聞きした。さらに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 09:50
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政28『井伊一族:中野家』
大河ドラマに、井伊家の重臣として、中野直由が登場した。 中野氏は、井伊直盛の曾祖父にあたる井伊直氏の弟:井伊直房が、 井伊谷の中野郷に住んで、「中野」と名乗ったのが始まりである。 @中野直房→A中野直村→B中野直由─C中野直之─D中野三孝 ・・・と続く。3代:中野直由は井伊宗家とは近い関係の分家で、 井伊家の中でも血筋に誇りを持ち、井伊一族の一員としての自覚 が高かった。今川氏真の目付:小野家と対立した。井伊直盛亡き あと井伊家を支えていくが、中野直由にも悲劇が待っていた。 中野... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 07:04
箕輪初心:生方▲2017スキーbT【妙高杉の原】&「道の駅:あらい」
平成28年(2016)1月28日、白馬八方尾根のスキー場で滑った。 午前は霧がかかっていて寒かった。午後は快晴で快適なスキーだ った。妙高池の平温泉KKKRに泊まった。1月29日妙高杉の原 スキー場で正確には三田原7kmの草レースで1位:6分45 秒(★平均時速70km/h)・・・最初は時速90km/hだもんね。 とっても危険だよね。スキーの後は、道の駅「あらい」の「きと きと寿司」&「かに飯屋」で昼食だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 10:05
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政:27第4話『女にこそあれ次郎法師』&「龍潭寺」
NHK大河も史実が少ないため大胆な脚色でもOKなホームドラマ なっていることは確かである。@起・・井伊家は、今川からの本 領安堵の条件として、おとわを出家させることとなった。おとわは 頭を丸めて出家する。南渓和尚は「次郎法師」という名を与えた。 @承・・南渓和尚は、「とわは、今川の下知をひっくり返した。 ただならぬ子だ。形こそ女子だが、次郎。蝶よ花よと育てるべき ではないと思った。」と考え、おとわを寺で修行させるのだった。 B転・・・直盛は、今川の命令で直満の所領を小野政直へと渡さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 10:02
箕輪初心:生方▲2017スキーbS【白馬】&「お焼き・酒粕」&「妙高KKKR」
平成28年(2016)1月28日、高崎→安中バイパス→松井田・ 松井田ICから上信越道・・・佐久・小諸・東御・上田・千曲・中 野まで真田ゆかりの城を遠くに見ながら、白馬に行った。八方尾 根スキー場で滑った。午前は霧がかかっていて寒かった。午後は 快晴で快適なスキーだった。5時間滑ってからは、土産の「ふわ ふわおやき」を求めながら。。妙高温泉に向かった。酒2本・酒粕 買って、KKKR白樺荘に17:50に着いた。18:00夜は宴会だった。 夕食後、部屋で太田桐生スキーサークルの1年の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/31 08:19
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政26『小野政次・小野朝之』
27)『小野但馬守政次』 ◆天文23年(1554)井伊家筆頭家老:小野和泉守政直が没した。    龍泰寺(現龍潭寺)に埋葬した。 龍谷山正泉寺が開創された。開山は慧湛和尚である。  跡は子の小野但馬守政次(道好)が継いだ。 ※TV鶴丸:小野但馬守政次も井伊家筆頭家老になっている。 ※江戸時代の資料「寛政重修諸家譜」では小野道好となっている。  当時の資料では但馬守とだけ書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 11:26
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政25『小野妹子→小野和泉守政直(道高)』
今回はNHK大河ドラマで井伊家筆頭家老『悪役:小野和泉守 政直(道高)の先祖の初代:小野妹子〜(中略)〜小野和泉守 政直は(道高)を取り上げる。ナレーターの中村梅雀に「悪役: 小野和泉守政直(道高)として解説している。史実がそうなの か。「個人的にはやや違和感のあるナレーターである。戦国 時代は自分は自分の正当性を主張し時代なのに、井伊直虎 びいきの解説は「真田丸」より一方的なとらえ方になっている ホームドラマの感じがする。「井伊家に仇成す小野家は悪」と いうのはトランプさんの「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 20:57
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政24『井伊直虎の家臣:井伊谷七人衆』
平成28年(2016)9月、私の仲間:西原巌氏は「おんな城主 直虎」 の時代考証:小和田哲男先生に「大河ドラマで是非、箕輪城・高崎城 も紹介してください。」と依頼した。「井伊谷七人衆」は小野・中野 ・松井・松下・鈴木・近藤・菅沼である。小和田哲男氏は井伊氏家 臣団の構造を@領主:井伊氏―A筆頭家老=年寄:小野氏─B井伊 谷親類衆・井伊谷被官衆としている。井伊直虎の家臣として井伊谷 では、「七人衆」と呼ばれる有力なメンバーが揃っていた。 今川家に仕えていた井伊家は有力な国人衆(黒田基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 04:26
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政23【井伊谷・歴史本・小説・ゲームの中の井伊直虎】
「井伊直虎役の柴咲コウさんがわかいい。」とネットで話題にな っている。しかし、実際には井伊直虎の肖像画や容姿を伝える 史料は残っていない。分かっているのは出家したこと、徳政令 の署名したことだけである。井伊直虎は肖像画が残っていな いので、かえって自由に発想できる。NHK大河ドラマ制作者が 描く「おんな城主・直虎」のキャラクター、小説家の描く「井伊直 虎」のキャラクター、ゲームの中の「井伊直虎」のキャラクターな ど、変化に富んで面白い。写真等は無料画像を多くコピーさせ ていただい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 08:08
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政22【井伊直虎って誰?&「井伊家傳記」の信憑性諸説】
通説では、井伊家菩提寺の龍潭寺に「次郎法師」の名前が書かれた寄 進状があることや、「井伊家傳記」・「井伊氏系図」などから、「次郎法 師」という女城主が「井伊直虎」で、箕輪城主→高崎城主→佐和山城 主となった井伊直政の養母とされてきた。京都井伊美術物館館長:井伊 達夫氏先生は「関口氏経の息子が井伊次郎=井伊直虎であろう。」と 言う。彦根城博物館:野田浩子先生は「井伊家傳記は生年月日がお かしい?」と言う。龍潭寺の武藤全裕禅師・執事:武藤佑吉氏、あるい は京都井伊美術館館長:井伊達夫先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 07:49
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政21【歴史秘話ヒストリア「おんな城主:井伊直虎」】
★平成22年(2010)10月〜箕輪城の歴代城主・城代のブログを 開始したので、「井伊直政」に関わって井伊直虎も知っていた。 ・平成28年(2016)12月24日(土) NHKアンコール放送「それで も、私は前を向く〜おんな城主・井伊直虎〜」・・・日本史上でもま れな女性武将、井伊直虎(いいなおとら)。多くの悲運に見舞われ ながらも、戦国の世を懸命に生き抜いた。秘蔵の古文書と最新 研究から、 直虎の素顔に迫る。 ・平成29年(2017)1月6日(金)は、おんな城主 直虎のイロハ: ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 08:56
箕輪初心:生方▲井伊直虎:直政20【第3話『おとわ危機一髪』】&「臨済寺」
第3話は、おとわが出家を認めて貰うために今川家に出向く話である。 1)起・・・とわは鶴丸と夫婦になることを拒み、出家をしようとして 髪を切り散切り頭になってしまう。とわの出家騒動は、小野政直によ って今川義元(昇太さん)の耳にも入り、今川義元は「とわを人質と して差し出せ。」と命じた。 1)承・・・南渓和尚はおとわに泣きつかれ、太原雪斎に出家を認め  させることを思いついた。しかし、雪斎は「人質が妥当」と答える。 3)転・・・南渓和尚は、実の妹:佐名の「寿桂尼に取り次いで欲し い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 08:45
箕輪初心◆2017スキーbR【新潟:神立スキー場】被圧雪コース&カモシカ6頭
平成29年(2017)1月22日(日)、新潟:神立スキー場に中ちゃん と行くことになった。先週は大雪のため、07:00〜07:30には 赤城 ・沼田渋滞に填まった。07:50 湯沢のセブンイレブンで4500円の 食事付きチケットを買った。神立スキー場はめちゃ込みであった。 天候は快晴、気温−6℃。しかし、右手の手袋をなくした。09:00 のは滑り出した。10:00頃に、神立の最上部にある滑り出し最 大斜度45度、平均斜度32〜33度のコ−ス被圧雪コースがオ ープンした。いざ、出陣。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 20:12
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政19『広報はままつ2016年4月号特集「井伊直虎」
私の中の「浜松イメージ」では、「@人物なら、大学時代の同期:浜 松市鴨江のK祐太郎ちゃん、本田宗一郎、徳川家康が思い浮かぶ。 徳川家康は岡崎城→駿府城→浜松城→江戸城→駿府城・・ A浜松の食べ物と言えば、食べ物と言えば、浜松駅前で食った刺 身の鰻・宇都宮を抜いた餃子・甘い三ヶ日原人?の蜜柑、B車・モ ーターバイク系なら、ホンダ(旧天竜市)・スズキ・ヤマハが有名で ある。C楽器なら何故か、世界のヤマハ(YAMAHA)、ピアノ販売 世界2位河合楽器(KAWAI)、電子楽器のローランド(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 07:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政17『次郎法師&直政の関連書籍:所持数36』
平成22年(2010)10月から、箕輪城主の「井伊直政」を調べている ので、当然、井伊直親や井伊直虎についても、『遠江井伊氏物語』 :武藤全裕著)等で調べてきている。平成24年(2012)10月23日に 井伊谷に行っているし、大河ドラマ決定以前に高殿円の小説や火坂 氏の小説等10冊以上は既に持っていた。大河ドラマの始まる前に ブログを書こうとしたが、「真田丸」や真田4代に関する城に150城 以上行っているので、後手に回った。相変わらず、ボケ防止で客の 来ないブログを書いている。でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 08:23
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政15【井伊直親の逃走〜2人の子ども〜井伊谷帰国】資料編
・天文13年(1544) 12月23日 井伊直平の子:井伊直宗の弟 の井伊直満(井伊直政祖父)・井伊直義直が小野和泉守の讒言によ り、今川義元に殺害された。亀之丞(井伊直親:井伊直政父)にも 追ってがかかり、井伊直満の家老:今村藤七郎正実は渋川郷の 東光院に逃れた。span style=color:#090>天文14年(1545)1月3日 亀之丞は東光院住 持:能仲の案内で信濃伊那郡市田村(現高森町)の松源寺へ逃れ た。信濃伊那の松源寺は井伊直親の叔父:南渓禅師の師:文叔禅師... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 09:06
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政14【第2話:崖っぷちの姫】&「井殿の塚」
★史実では、天文13年(1544) 12月 井伊直宗の弟直満・直義が 小野和泉守政直の讒言により、今川義元のために井伊直平の子:直 満(井伊直政祖父)・直義が今川氏に殺害された。亀之丞(井伊直親 :井伊直政父)にも追ってがかかり、井伊直満の家老:今村藤七郎 正実が渋川の東光院に逃した。天文14年(1545) 亀之丞は東光院 住持:能仲の案内で信濃伊那郡市田村(現高森町)の松源寺へ逃れた。 信濃伊那の松源寺は井伊直親の叔父:南渓禅師の師:文叔禅師のいる 寺であった。文叔禅師は先々代:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 08:21
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政13【許嫁:井伊直親&松源寺:文叔&松岡城:松岡貞利】
・天文13年(1544) 12月 井伊直宗の弟直満・直義が小野和泉守  の讒言により、今川義元のために井伊直平の子:直満(井伊直政  祖父)・直義が今川氏に殺害された。亀之丞(井伊直親:井伊直政父)  にも追ってがかかり、井伊直満の家老:今村藤七郎正実は渋川の  東光院に逃れた。・天文14年(1545) 亀之丞は東光院住持:能  仲の案内で信濃伊那郡市田村(現高森町)の松源寺へ逃れた。  信濃伊那の松源寺は井伊直親の叔父:南渓禅師の師:文叔禅師  のいた寺であった。文叔禅師は前の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 07:00
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政12【浜松の宿下吉庵で「梅酒:直虎」を飲んだ】
平成25年(2015)9月7日、浜松駅前の宿下吉庵で懇親会であった。 @松下嘉兵衛屋敷(頭陀寺城)、A頭陀寺、B浜松城登城&引間城 遠望、○三方ヶ原車中見物、D井伊谷城〜E井伊直満&直義の墓〜 A井伊氏館&近藤彦九郎陣屋、○井伊谷図書館特別展示室:ワニの 化石〜G井伊共保の井戸〜H龍潭寺〜I井伊谷宮〜浜松楽器博物館 5階の宿下吉庵で懇親会〜ビジネスホテル泊であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/14 06:36
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政11【龍潭寺の『直虎の墓・直政公の墓・位牌』】
平成24年(2012)10月23日 と平成26(2015)9月7日に井伊谷 の龍潭寺を散策した。2回目は高崎市委嘱箕郷歴史文化調査研 究会という立場での訪問なので、武藤全裕禅師がお茶を点てて くださったりと大歓迎してくださった。お世話になりました。執事の 武藤全裕禅師の弟:武藤佑吉氏「NHKで、井伊直虎するので、 大忙しです。」とおっしゃっていた。また、武藤氏のお嬢様・土幸 さん・林さん・井の国会会長:石原正美先生・松下加兵衛研究の 第一人者:冨永公文先生も一緒であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 12:52
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政10【井伊氏館跡】と『井伊直満(直政祖父)の墓』
井伊氏館は、浜松市北区引佐町の井伊谷城(城山公園)の南東麓に 位置し、現在の普光寺境内東側から国道257号線辺りまで、 南は国道257号線井伊谷上の交差点辺りまでの長方形をした 範囲が城域であった。現在は、居館の遺構などは殆ど残ってい ないが、井伊直満(井伊直政の祖父)・直義兄弟の供養塚である 「井殿ノ塚」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 11:01
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bX【井伊谷城2回目】
平成24年(2012)10月23日 と平成26年(2015)9月7日 に井伊谷城を散策した。2回とも井伊直政のゆかりの地散策 の一貫である。なにせ私は井伊直政ファンである。私のおも ちゃの甲冑は井伊直政バージョンである。井伊谷城には当然 井伊直虎もいたはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/11 06:54
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bW【井伊谷の散策2回】と『NHKのTV「井伊谷」』
私は井伊直政ファンである。おもちゃの甲冑は井伊直政なのだ。 平成24年(2012)10月23日 と平成26(2015)9月7日 に井伊谷を散策した。2回とも井伊直政のゆかりの地:散策の一貫 である。2回目の訪問の詳細は後日にする。NHKのTV番組「井 伊谷」を扱っていたので、それも取り上げる。 ○井伊直虎の絵 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 09:40
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bV【第1話『井伊谷の少女』&「井伊谷」
『おんな城主直虎』の記念すべき第1話・・・・@井伊谷の姫: 「おとわ」(井伊直虎)が「亀之丞=井伊直親」「鶴丸=小野政次」 と遊んでいる場面から始まった。井伊家の当主:井伊直盛(直虎 の父)が井伊館で会議を開いている。井伊家の跡取りを誰にする かを決めている。井伊直満(亀之丞の父)と小野政直(鶴丸の父) が言い争っている。父:直盛はおとわに「お前が男だったら面倒な 事は起きなかったの・・・」とがっかりする。A南渓和尚が、 おとわ、亀之丞、鶴丸に井伊家の初代当主:井伊共保の話を 教... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 08:54
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bU『戦国時代の井伊氏』修正版
南北朝時代、井伊谷にいた宗良親王は信濃に逃亡した。井伊谷は今川 了俊の支配下になった。以後、敵対していた今川氏支配下に置かれ、 井伊氏は受難の時代が続く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 08:24
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bT【南北朝時代の井伊氏と宗長親王】
平安時代には井伊氏の館があった。鎌倉時代末期には、詰め城 として井伊谷城と6つの砦が築かれた。南北朝時代初期には、 強力な詰め城として三岳(三嶽)城が造られた。 ・南北朝時代、建武4年(1337)、三方ヶ原の戦いで井伊一族は南朝 方:宗長親王にに加勢し、今川範国と戦ったが、敗戦を喫した。 ・暦応2年・延元4年(1339)〜暦応3年・興国元年(1340)南朝: 宗良親王を迎えた井伊氏の井伊谷に北朝:足利方の高師泰・仁 木義長ら の軍勢が現浜松・井伊谷に押し寄せてきた。三岳城に 籠も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 08:49
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bS【井伊氏系図8】&『鎌倉時代の井伊氏 』
・寛治7年(1093) 井伊共保が没した。享年84。墓は自浄院説 もあるが、八幡山地蔵寺(現:龍潭寺)に葬られた。 武藤さんは「かつての地蔵寺はこの井戸の隣にありました。龍譚寺 はかつて八幡山地蔵寺と呼ばれました。」そして、平安時代末期から 『保元物語』や『吾妻鏡』などに井伊氏が登場する。基本的には 2回お会いし井伊家家譜も見せていただいて写真も撮らせていた だいた武藤全裕和尚様の書かれた『遠江井伊氏物語』:武藤全裕 著をベースに書かせていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 06:08
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bR【井伊家初代:井伊共保】
・平成26年(2015)9月7日、井伊谷に2回目の訪問をした。 浜松歴女探検隊の武藤さん(龍潭寺執事武藤佑吉氏のお嬢様) ・土幸さん・林さんの案内で、田んぼの中の井伊家初代:井伊共 保の井戸に行った。水田にはオモダカも咲いていた。 井の国会会長:石原正美さんや松下加兵衛研究の冨永公文先生も 一緒だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/06 08:59
箕輪初心:生方▲【武田信玄の信濃侵攻】&『真田幸綱信濃侵攻のブログ一覧』
【1】武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻@信濃編ブログ一覧 箕輪初心:生方▲武田氏・真田氏の信濃侵攻ブログ一覧 武田晴信は・天文10年(1541)海野平の戦い後、父を追放し 信濃侵攻を開始した。信濃は穀倉地帯であった。おおむね @諏訪→A佐久→B府中→C南信濃:上伊那・下伊那→ D上田付近→E埴科・川中島→F白馬・上水内→北信濃 と・・・信濃に侵攻した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 22:21
箕輪初心:生方▲真田丸119【第39話「歳月」】九度山の生活
慶長5年(1600)12月13日 真田昌幸・真田幸繁は16人の家臣とと もに細川に住んだ。妻子や小者も含めれば数十人いたと想像できる。 高野山は女人禁制のため、蓮華正院から九度山に移り住んだ。ここ では、真田幸繁30代〜40代になったが、性欲が盛んなようで、 竹林院(ドラマでは春)・高梨内記の娘(ドラマではきり)・ 伊勢の国の妾が5人の子を生んだ。16人の家臣もいたので、金は なく、借金地獄が続いていた。最初に飯島市之丞が去り、慶長16年 (1611)11年目、真田幸綱が死ぬと、池... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 10:30
箕輪初心:生方▲遠江:『三方ヶ原の戦い』徳川家康VS武田信玄
元亀元年(1570)徳川家康は武田信玄の侵攻に備えるため、三河: 岡崎城を嫡男:徳川信康に譲り、本拠地を遠江:曳馬城(浜松市) に移した。曳馬という名称が「馬を引く」=敗北につながり縁起 が悪いことから、平安時代に浜松荘に因んで「浜松城」と改めた。 ・元亀3年(1573) 武田信玄が浜松城を攻める素振りを見せなが ら、無視するような行軍をして、徳川家康を挑発し、誘い出した。 挑発された徳川家康は浜松城から打って出た。▲「三方ヶ原の戦 い」が始まった。武田軍の巧妙な反撃に遭って、簡単... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 04:44
箕輪初心:生方▲遠江『浜松城』:徳川家康が17年住んだ居城&歴史
元亀元年(1570)今川氏真を掛川に攻めて遠江を得た徳川家康が 曳馬城入城し、「浜松城」と改名した。浜松城を増改築し、駿府城 に移るまでの17年間を過ごした。徳川家康の関東移封後、豊臣 家臣:堀尾氏は入った。関ヶ原後、江戸時代265年間に浜松藩 は22人藩主が変わっている。歴代城主の多くが江戸幕府の重 役に出世したことから「出世城」といわれた。五万石ながら代々 譜代大名の居城として高い格式を保ち続けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 08:04
箕輪初心:生方▲遠江『曳馬城=引馬城(浜松城の前身)』&歴史
戦国時代、曳馬の町を見下ろす丘の上に引間城が築かれた。 歴代の城主には、今川氏→尾張の斯波方の大河内氏・巨海氏、 →駿河の今川方の飯尾氏→徳川家康と繋がる。浜松には、今 川方で、頭陀寺城城主:松下加兵衛がいた。豊臣秀吉が少年 時代:木下藤吉郎時代に3年間、松下加兵衛に仕えた。、豊臣 秀吉は松下加兵衛に連れられて引間城を訪れていた。引間城 が重要な拠点だったことがわかる。 元亀3年(1572)、武田信玄との三方ケ原の戦いに、徳川家康は 敗れ、曳馬城に撤退した。 ・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/04 08:03
箕輪初心:生方▲真田丸118【第38話「昌幸」】&史実編諸説
九度山で昌幸たちが幽閉生活を送っている間も、真田信之& 稲(小松姫)は九度山の昌幸たちに金銭や物資・酒を送り届 けていたと言われている。真田昌幸が金の無心をしていたと いう書状も残っている。幽閉生活は10年以上にも及ぶ。 この間、@加藤清正、A本多忠勝、B真田昌幸が死んだ。 石田三成の加藤清正への遺言は「ワシが志し半ばで死んだら、 秀頼様をお守りしろ。」という内容であった。・・・・。 「真田丸」では九度山での流人生活をどう扱うのか?九度山 に誰がついていくか?真田昌幸・真田幸繁・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 09:47
箕輪初心:生方▲遠江【高天神城】後編「本丸→三の丸」&『歴史:今川→徳川→武田→徳川の城』
 ・永正年間(1504〜1520)今川氏親の重臣:福島正成が城将とし て高天神城に入城した。今川氏没落後、高天神城主:小笠原長忠 は徳川家康に属していた。元亀2年(1571)武田信玄は2万越える 大軍で高天神城を包囲したが、撤退した。天正2年(1574)武田信 玄の跡を相続した武田勝頼は2万余の軍勢を率いて再び高天神城 を包囲し、小笠原長忠を降伏開城させた。武田勝頼は岡部真幸(元 信)、横田甚五郎尹松らを城将として守らせた。天正3年(1575) 武田勝頼は長篠・設楽原合戦で織田・徳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 07:23
箕輪初心:生方▲遠江『掛川城』:復元木造天守閣が凄すぎる城
日本100名城42番なので、お城巡りファンとして行かざるを えない。掛川城は、山内一豊の築城当時の天守を正保城絵図に 基づいて、木造で復元されている。大手門も復元されている。 江戸時代の遺構として、二の丸御殿と太鼓櫓が残る。二の丸御 殿は、城主の住居と藩庁として使用されてたもので、全国に4 しかない現存御殿だそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 06:34
箕輪初心:生方▲遠江【高天神城】前編:縄張りが複雑怪奇な凄い山城
・永正年間(1504〜1520)今川氏親の重臣:福島正成が城将とし て高天神城に入城した。今川氏没落後、高天神城主:小笠原長忠 は徳川家康に属していた。元亀2年(1571)武田信玄は2万越える 大軍で高天神城を包囲したが、撤退した。天正2年(1574)武田信 玄の跡を相続した武田勝頼は2万余の軍勢を率いて再び高天神城 を包囲し、小笠原長忠を降伏開城させた。武田勝頼は岡部真幸(元 信)、横田甚五郎尹松らを城将として守らせた。天正3年(1575) 武田勝頼は長篠・設楽原合戦で織田・徳川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 07:46
箕輪初心:生方▲遠江【金谷城?→諏訪原城→牧野城】武田・徳川の遺構が残る城
・永禄12年(1569) 武田信玄が金谷台地に諏訪原など五砦を構えた のが最初とされる。諏訪原城は武田信玄が徳川領遠江攻略の城とし て築城した城である。武田の守護神:諏訪大明神を城内の一角に祀 ったことから、諏訪原城と呼ばれたそうである。武田信玄と徳川家 康の激しい攻防が繰り広げられた。天正3年(1575) 諏訪原城は落 城して、徳川家康の城となった。徳川氏時代には牧野康成がいた ためか「牧野城」と呼ばれた。天正10年(1582) 武田氏が滅亡す ると牧野城の存在意義が薄れた。現在... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/01 10:25
箕輪初心:生方▲駿河【丸子城】:北条早雲の最初の城→武田信玄の城
 伊勢新九郎(北条早雲)は今川義元の跡目相続問題に遭遇した。 龍王丸の生母の北川殿は伊勢新九郎の妹と言われている。龍王 丸は新九郎の甥にあたる。伊勢新九郎は駿河に下向して今川氏 の食客になった。扇谷上杉政憲が派遣した太田道灌とも面談し、 外部勢力の干渉を巧みにかわし、内訌を仲裁して危機を救った。 駿河国主の座を小野範満に任せ、龍王丸は成人するまでと決めた。 伊勢新九郎&太田道灌は富士浅間神社で神水を酌み交わした。 ★早雲と道灌が一緒に酒を飲む場面を想像するとぐっとくるなあ。 北条... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/30 11:11
箕輪初心●静岡【駿府城】@徳川家康3回在城〜徳川家康の死
徳川家康は駿府で3回過ごした。大変重要な場所である。 史実として分かっている。人質時代12年→築城時代1年 →大御所時代11年・・・24年間もいたらしい。 ★NHK大河ドラマ『江〜』で徳川家康は大往生を遂げた。 ★NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で徳川家康に九州で対抗。 ★NHK大河ドラマ『真田丸』で駿河城に真田昌伊がいた。 個人的に撮影ポイントは@市役所??階から?・・20?階 A大手門前がいい。東門の「大御所時代の家康」の説明も 楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/28 19:37
箕輪初心:生方▲伊豆の魅力「見る・潜る・食べる・入る・泊まる」&My伊豆ブログ一覧
伊豆の歴史も面白い。伊豆半島のでき方→源頼朝&北条氏→戦国武将 :後北条氏&伊豆の土豪・明治以降の水産業の発展〜過疎化〜リゾート 化・・など、伊豆半島は豊かな自然に恵まれ、伊豆半島を取り囲むように ポイントが点在している。独特の地形や風土から、伊豆特有の食材や食 文化も生まれた。また、温泉も多く、安い民宿も多くある。伊豆に50回程 度じゃ、伊豆の魅力はちょっとしか語れないが、今回で伊豆が一区切りとする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/27 06:52
箕輪初心:生方▲『南伊豆町:伊浜・子浦・妻良・中木・石廊崎』
松崎・石地・石部・雲見を通り越すと、南伊豆町になる。西海岸は 伊浜・子浦・妻良・中木・石廊崎となる。そして、雲見泊の次の 泊まりは南伊豆町小稲3回・弓ヶ浜3回となってしまう。結局、全 て神子元のハンマーヘッド見物ダイビングになってしまうのだ。 次回は西伊豆で潜っていない宇久須・堂ヶ島・妻良に生きたいな ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/26 08:23
箕輪初心:生方●西伊豆28:【雲見:ダイビング・温泉・富士山の景観】
岩地、石部、雲見と連なる海岸沿いの漁村は「三浦=さんぽ」と 呼ばれていた。三浦の岩地、石部、雲見は土地の伝承によれば、 平安時代から岩地、石部など藤原氏の末裔が住み着いたとされ る。平治の乱で敗れた源義朝の3男:頼朝が配流された蛭ヶ島 (現韮山町)を避け、この地に逃れ「雲を見て天測した」こと が「雲見」地名の由来とされている。松崎の円通寺に文覚上人 が源頼朝の挙兵を促したとも言われているので、信憑性がある かもしれない。南北朝時代には高橋一族の下、多くの家臣がい たらしい。その後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/25 05:59
箕輪初心:生方▼伊豆西27『松崎町のナマコ壁の景観&歴史「文覚・依田・西郷頼母」』
松崎町のキャッチフレーズは『花とロマンの里』である。町の中 心部は那賀川・岩科川により、約500haの耕地をもつ西伊豆最大 の平野となっている。 松崎町には史跡も多く、なまこ壁造りの 建物が印象的である。人物としては源頼朝の挙兵を促した文覚 上人・天正10年?武田氏滅亡寺に伊豆にやって来た依田氏・ 幕末の会津藩家老:西郷頼母など松崎町にいたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/24 07:09
箕輪初心:生方▲西伊豆26『堂ヶ島』&伊豆ブログ一覧
西伊豆町「宇久須」→「黄金崎&ダイビング」→「安良里の城& 水産業&グルメ:よこ田」→「田子の城&水産業&ダイビング」 →「浮島のダイビング」とみてきた。今日は「堂ヶ島」→「仁科」 である。「堂ヶ島」は「伊豆の松島」と呼ばれる景勝地である。 青い海と白い凝灰岩の断崖と緑の松と青い空・・・このコント ラストが見所である。特に「西伊豆歩道堂ヶ島コース」は、堂 ヶ島公園を巡る徒歩20分程の絶景コースで、海底火山の噴 火にともなう水底土石流と、その上に降り積もった軽石・火山 灰層の上の松... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/23 07:26
箕輪初心:生方▲西伊豆25【「安良里」・「田子」&「浮島」の城&水産業の歴史
戦国時代、「安良里城」・「田子小松城」&「田子城」は北条水軍 の城であった。西伊豆の各湊はイルカの追い込み漁・サバ漁 ・アジ漁・カツオの一本釣り漁・サンマ漁(東北・択捉へ) マグロ遠洋漁業が盛んになった。特に「安良里」は湾の特徴か らイルカ漁が盛んであった。田子は、カツオ一本釣り漁やマグ ロ遠洋漁業の基地として繁栄した。ダイビングには安良里に5 回、「田子」&「浮島」は1回ずつしか訪れていない。2泊3 日〜3泊4日ダイビング個人旅行でも残念ながら通り過ぎて しまう。今回はTVの「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 08:08
箕輪初心:生方▲西伊豆24▲『安良里城』&「イルカ猟の盛んだった安良里」&「グルメ:よこ田」
『夕日のロマンチック伊豆西街道』の土肥を越えると、西伊豆町に なる。宇久須→安良里→田子→浮島→堂ヶ島→仁科と続く。 今日は、安良里の歴史・・・▲『安良里城』&「イルカ猟の盛ん だった安良里」に触れて見る。ちなみに「イルカ猟の盛んだっ た地域は「・昭和9年(1934) @湯川村(現伊東市)、  A松原村(現伊東市)、B稲取村(現東伊豆町)、 C妻良(現東伊豆町)、D子浦(現東伊豆町)、 E安良里(現西伊豆町)、F御前(遠江) (★『静岡県史』)であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 04:29
箕輪初心:生方▼西伊豆23▼ダイブ162宇須久『黄金崎5回目』
8月6日、長崎の原爆悲劇。黙祷もせず、3時間の草刈り。 8月7日、「趣味は金がかかる。」を書いて、ダイビングへ。 ★安良里は西伊豆中央部:土肥の10km程南にある。中でも、 黄金崎ビーチはエントリーも楽にできる。マクロ生物の豊富な ポイントである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 04:50
箕輪初心:生方▲西伊豆22【土肥DIVE】&早食い競争「カエルアンコウVSミノカサゴ」
『夕日のロマンチック伊豆西街道』の土肥で「ダイビング」・ 「丸山城」・「恋人岬」を越えると、西伊豆町になる。宇久須→ 黄金崎→安良里となる。今回は「カエルアンコウVS熱帯ミノ カサゴ」★「ダーウィンが来た」を参考に調べて見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 07:34
箕輪初心●西伊豆21:土肥「丸山城」=天正17年富永助盛=猪俣邦憲は?
富永氏関係の遺構は、北に「高谷城」、山麓に富永氏館&清雲寺、 少し南に土肥金山がある。さらに南に「丸山城」があるのだ。 「丸山城」は@出丸、A本城、B詰め城からなる。築城年代は 定かではないが、 富永氏の高谷城の支城として築かれ、天正 17年(1589)には八木沢港が築かれ、水軍基地として利用された。    土肥の101、ダイビングのためには10回以上来ている。ダイビ ングのインストラクターもここで受けた。この101の西の裏山が 本城である。また少し先は出丸である。★富永氏もい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/18 05:52
箕輪初心●西伊豆S【土肥高谷城】後北条bRの富永一族の本拠地
北条水軍の大将:富永氏の城は土肥にある。大きく3ヶ所である。 @高谷城=富永氏の本拠、A富永氏館跡、B八木沢丸山城である。 高谷城は、はじめは小さな海賊城に過ぎなかったが、城主の富永 氏が北条水軍の大将になると最大の水軍基地となった。土肥金山 の資金力をバックに、高谷城を整備拡張したのかもしれない。海 岸の頬杖の刻を出丸とし、連なる稜線上に、西から物見郭・三の郭 ・二の郭・本の郭などを置いた。多数の塁段・空堀・土塁・竪掘 を擁する大規模な山城となった。大藪・小土肥・中浜・平野の丘 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/17 08:01
箕輪初心:生方▲西伊豆R【土肥の富永一族の歴史】と『菩提寺:青雲寺』
北条水軍の大将:富永氏の城は土肥にある。大きく3ヶ所である。 @高谷城=富永氏の本拠、A富永氏館跡、B八木沢丸山城である。 高谷城は、大藪・小土肥・中浜・平野の丘陵一帯で面積約20ha が城跡である。その山麓に富永氏館があった。「土肥の富永一族」 では、中浜の光源寺の南側一帯で、土肥小学校の西に当たる。 「御殿」・「馬出」・「小門」・「堀小路」の地名が残っているそうで ある。青雲寺の可能性もある。ちなみに「馬場」は牧水土肥館の 所にあったそうである。富永氏は後北条氏のbRの所領を持... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/16 07:09
箕輪初心:生方★西伊豆Q『土肥の若山牧水』
伊豆市土肥松原公園に若山牧水の胸像と歌碑「花のころに来慣れてよしと 思へりし土肥に来て見つその梅の実を」がある。旅と酒の歌人:若山牧水 がトータル70日も宿泊した旅館「牧水荘:土肥館」には、入り口の右に 歌碑がある。また、「若山牧水ギャラリー」ではたくさんの作品・調度品 が見せていただいた。若山牧水は土肥温泉と酒・海鮮料理&土肥の自然を こよなく愛したのであろう。第1の故郷は宮崎、第2の故郷は東京、第3 の故郷は沼津。さらに、第4の故郷とも言えるのが群馬であろう。昭和 3年(192... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/15 06:01
箕輪初心:生方▲西伊豆P【伊豆市土肥の散策&グルメ】
伊豆西街道県道17号線を南下し、戸田を越えると土肥になる。 個人的には大好きな町である。PADIのスクーバインストラク ターの資格を取得した思い出の場所である。『土肥温泉』は西 伊豆最古:江戸時代初期の温泉である。湧出量は1日600万 Lだそうである。 民宿にも温泉が引かれている。民宿料理や グルメ料理の海鮮料理は非常に美味しい。今回は総論編として 私の「土肥の観光」を紹介していこうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/14 07:35
箕輪初心:生方▲西伊豆O【戸田&プチャーチン】
伊豆西街道【夕日のロマンチック街道】をダイビングのメッカ: 大瀬崎で伊豆半島の西の肩の部分を回り込むと井田になる。更に 南下すると「戸田」になる。戸田は日本で初めて洋式帆船が造船 されたことでも有名である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 18:33
箕輪初心:生方▲西伊豆N沼津市井田「井田の歴史とダイビング」
大瀬崎から車で約10分程で井田に着く。集落も小さく、こじんまり している。長閑で、非常に景観がよい。井田には民宿は10軒?ある。 残念ながら、通り過ぎてしまうので、泊まったことはない。そして、 ダイビングショップは3つある。ダイビングは1度だけやったこと がある。「煌めきの丘」からの景観・ジオパーク解説は10回程、 松江古墳群は1回しか見ていない。主に井田のHpなどで編集 した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/12 07:32
箕輪初心:生方▼西伊豆M【2016夏:大瀬崎ダイビング15回目】
平成28年(2016) 7月21日、伊豆を代表するスキューバダイビン グのメッカ:大瀬崎に、群馬の潜水堂ツアーで行った。コースディ レクター1人・インストラクター2人・ダイブマスター1人+C カード講習2人のダイビング旅行である。今回はマニアックな 「ドチザメ」がいるとの情報を得て潜ったが、既にいなかった。 残念、はずした。今回はレア物は一つも見られなかった。 つまんなかった。グルメ旅行になってしまったが、まあ、いいかっ てとこだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/11 08:11
箕輪初心:生方▲伊豆西L【大瀬崎散策】と『鈴木繁伴館』
大瀬崎ダイビングには15回来ている。大瀬崎(琵琶島)駿河湾 に約1km突き出した半島で、国の天然記念物のビャクシン樹林が ある。 ビャクシン日本最北端の自然群生地である。 大瀬崎神社 や神池や鈴木繁伴館がある。海越しに日本一の富士山をのぞむ景 観は古くから名勝の地と知られている。大瀬崎の宿泊は7〜8回 になろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 06:13
箕輪初心:生方▲西伊豆K『江梨鈴木氏館=海蔵禅寺&航浦禅寺』
大瀬崎ダイビングの途中で寄った。沼津城→獅子浜館→三津城→ 長浜城から西に湾岸沿いを走る。西浦ミカンや漁業の集落を越えて、 車で走ること20分。駿河湾に突出する大瀬崎の手前に江梨の集落 がある。鈴木繁伴は初めは大瀬崎の神池の隣に住んでいたが、子孫 は江梨の海蔵寺&航浦禅寺の場所に住んだ。沼津市西浦江梨には、 江梨鈴木氏歴代の居館跡=鈴木氏館がある。水運のよい地に居館 があったことになる。江梨には、明治になるまで陸路がなかったそう である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 08:24
箕輪初心:生方▲西伊豆J【沼津市西浦平沢のグルメ】&『My伊豆ブログ集』
沼津市内浦の三津浜→「長浜城」国史跡→重須を越えると、沼津市 西浦木負地区に入る。大瀬崎ダイビングの行き帰りに通る道にある。 晴れていれば、目前に広がる駿河湾の向こうに雄々しくそびえる富 士山を眺めながら・・・ダイビングツアー・個人で城巡りツアーでも 行きは必ず、通り過ぎてしまう。帰りは「貝殻亭」・「やま弥」などに 美味しい海鮮料理を食べに寄ることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 08:44
箕輪初心:生方●西伊豆I『長浜城&重須の戦い:武田VS北条』詳細編
天正7年(1579)11月、北条氏政は、伊豆西岸部の防備を厳重にする ため、長浜に船掛庭=重須の湊を築かせた。重須の湊を守るため、 長浜城の大改修を行った。『北条五代記』によれば、重須湊・長 浜城には後北条水軍の将梶原備前守をはじめ、清水越前守・富永 左衛門尉・山本信濃守らが置かれた。天正8年(1580)3月15日、 後北条水軍と今川水軍を接収した武田水軍が重須沖で衝突した。  駿河湾の海戦は大激戦であったが、結局、勝負はつかず、日 没になって双方が船を引いたことによって戦は終結... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 06:39
箕輪初心:生方●西伊豆H『復元後の長浜城3回目』=北条水軍の城
 西伊豆の長浜城は沼津市内浦長浜にある。沼津の漁港前から〜 獅子浜城前〜三津浜〜大瀬崎ダイビングでは往復40回以上も 通っている。しかし、長浜城に登城できたのはわずかに3回で ある。長浜城の水軍の城らしい雰囲気に感動する。本曲輪は大 きくないが、海に向って段曲輪が伸びている。また風浪の影響 を受けないように、湾の内海に船溜りがあり、縄張りが抜群の 構造である。長浜城は実に素晴らしい復元&分かりやすいガイ ダンス施設となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 08:34
箕輪初心:生方▲善友会後編【ポケモンGOG山梨清泉寮→長野野辺山】
村の善友会恒例の旅行である。「(笹一酒造→漬け物屋→笛吹川フル ーツ公園→清泉寮」・・「酒を飲んで、ポケモンGOをしているしかないか。 武田ゆかりの地・城巡り・美味しい物は我慢するか?・・・ そうだ。ソフトクリーム対決じゃ。山梨県34回目の旅行になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/30 11:12
箕輪初心:生方▲善友会前編【ポケモンGOF「山梨」笹一酒造→笛吹川フルーツ公園】
村の善友会恒例の旅行である。内容を聞いて、ぞっとした。「笹一 酒造→漬け物屋→笛吹川フルーツ公園→清泉寮」・・名所旧跡・神 社仏閣が1つもないのである。まるで、酒飲みツアー・・・笛吹川 フルーツ公園からフリーで行く城・寺もない。時間的に無理だった。 これじゃ、「酒を飲んでポケモンGOをしているしかないか。武田ゆ かりの地・城巡り・美味しい物は我慢するか?・・・・・・・・・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/30 09:34
箕輪初心:生方▲【一条信長流裄V諸左衛門&内藤昌明&倉賀野秀景】→裄V家子孫探訪
★平成28年(2016)7月1日〜2日、長野に裄V家の歴史探訪をし た。昨日と同じ旅行であるが、裄V家視点で見ると内容が変わる。 @一条信長流裄V家、A源頼朝に殺され、青木家から一条流柳沢家、 A武田信玄の子ども一条信龍流裄V吉保家がある。「裄V弥右衛門 家」は箕輪城主:内藤昌月(保科正直弟)の目付として、旧群馬 町に在住した。一条家・内藤家・青木家・裄V家・米倉家・・・ そして家臣:江原家(滝川用水:高崎市史説・・私は滝の慈眼寺 を創建したので、和田家家臣と考えている。)しかし、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 05:05
箕輪初心:生方▲【一条信長流裄V家】&内藤昌明&倉賀野秀景
平成28年(2016)7月1日〜2日、長野に裄V家の歴史探訪をし た。昨日と同じ旅行であるが、裄V家視点で見ると内容が変わる。 @一条信長流裄V家、A源頼朝に殺され、青木家から一条流柳沢家、 A武田信玄の子ども一条信龍流裄V吉保家がある。「裄V弥右衛門 家」は箕輪城主:内藤昌月(保科正直弟)の目付として、旧群馬 町に在住した。一条家・内藤家・青木家・裄V家・米倉家・・・ そして家臣:江原家(滝川用水:高崎市史説・・私は滝の慈眼寺 を創建したので、和田家家臣と考えている。しかし、市川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/13 19:37
箕輪初心:生方▲2016年7月の【長野旅行1泊2日:佐久・上田・千曲・長野探訪】
2016年、趣味の園芸&親の介護生活に入った私は宿泊は・・・ @1月妙高スキー1泊2日A2月志賀スキー1泊2日、B3月高崎市 委嘱箕郷歴史文化調査研究会「彦根2泊3日」、C4月広島・山口・ 島根2泊3日、D7月長野旅行1泊2日、E7月沖縄旅行5泊6日だ けである。今回は陶芸師匠:青木先生に迷惑をかけてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/12 09:37
箕輪初心:生方▲『松岡城&松源寺』松岡貞利・井伊直親:井伊直虎・井伊直政
松川ICで降りて南へ行くと高森町。高森町歴史民俗資料館:時 の駅の方や学芸員の方が「井伊直親・井伊直虎・井伊直政」に ついて、冊子を作り始めているとのことであった。ここで、松岡 城のパンフレットをいただいた。松岡城の場所を教わった。「前 の道を上り、大きな十字路を左折する。200m程行くと、農園 手前に看板がある。松源寺を目印にするとよい。」とのことだっ た。★井伊直虎&井伊直親についての詳細は1〜2ヶ月後かな? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/15 09:12
箕輪初心:生方▲伊那【大島城】片桐氏系大島氏→秋山虎繁→武田信廉
大島城(台城)は長野県下伊那郡松川町元大島にあった城である。 大島城は、天竜川へ突き出し河岸段丘の先端部に築かれている。 西側を除く三方は断崖となっている。大島城の見どころは、 @二重の三日月堀に囲まれた丸馬出、A三の郭虎口、B二の郭 と三の郭の間の空堀、C本郭と二の郭の間の空堀などである。 武田流特有の縄張りを実感できる。現在、台城公園として保存 整備され、遺構の残りが非常に良い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/14 09:07
箕輪初心:生方▲真田丸99【23話:攻略】豊臣秀吉の小田原攻撃&史実との相違
・天正18年(1590) 豊臣秀吉が惣無事令違反を名目:大義名分で もって後北条氏を降した戦役である。「小田原征伐」、「小田原征討」 「北条征伐」である。天皇は後北条氏討伐の勅書を発していなかっ たが、関白:豊臣秀吉は天皇の施策遂行者としての立場で行動した。 「征伐」は、犯罪者や反逆者などを攻め討つことと辞典にあった。 反社会的な犯罪集団や反乱を起こした勢力を武力で鎮圧したり処 断したりすることをいう。歴史用語としては上位者・正当な国家 権力(朝廷や幕府)が反逆した下位者・罪人を攻... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 21:49
箕輪初心:生方▲大草城&大河原城*宗良親王&香坂高宗
香坂氏は滋野氏の庶流で佐久郡香坂郷発祥としている。南北朝時代に 大河原(大鹿村)に入った後醍醐天皇の第8子?:宗良(むねよし) 親王を30年余にわたって庇護し続けたのが大河原城主である香坂 高宗であった。大草城は南北朝時代、香坂氏の庶流によって築か れた(伝)。大草氏を称して大草城主となったとみられている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:47
箕輪初心:生方▲伊那『西音寺&飯島城遠望』:片切氏分流飯島氏の城
飯島城は長野県上伊那郡飯島町にあった城である。南に子生沢川、 北に相の沢川に挟まれた舌状台地に造られた城である。しかし、西 音寺だけで、飯島城は遠望だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/11 06:01
箕輪初心:生方▲伊那『赤須城』:片桐一族の赤須氏の城
赤須城は、長野県駒ヶ根市下平512−1にあった城である。天竜川 右岸の河岸段丘の上にある。南は宮沢川の浸食による自然堀、北は田 沢川の深い谷で遮断された地形の先端部を利用して築かれた城である。 西に向かって主郭・2の郭・出郭・添郭等の曲輪が連郭式に配置され た縄張りで、曲輪と曲輪の間には空堀が設けられ、土塁も残っている。 丘段突端には外郭?私は笹郭か物見郭がある。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 08:57
箕輪初心:生方▲伊那『殿島城』:伊那武氏の弟:殿島氏の城
伊那市東春近中殿島の殿島城址公園を目指した。住宅街の奥にあって 方形の土塁・三重の堀の遺構を残していることは凄いことである。 北は宮狭間の洞(現県道沢渡・高遠線)、南は火沢の洞に挟まれた 範囲で、住宅地も外郭に相当する大きな平山城であった。高遠城・ 福与城・大島城と共に、春日城と殿島城も武田信玄の手が入って いると看るのが妥当かもしれない。とにかく伊那最大級の城郭 である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/06/09 13:11
箕輪初心:生方▲伊那『春日城』:伊那武(部)氏の城
春日城は長野県伊那市にあった城である。春日城跡は、現在は春日 公園として整備されている。伊那市街を見下ろす天竜川西岸の河岸 段丘にある。西が台地に続いている。残る3方は谷という地形で ある。南はうぐいす洞、東は河岸段丘、北は切岸、堀切である。 3の郭の西に存在していたという堀は失われているが、全体的に 遺構は良く残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 13:20
箕輪初心:生方▲真田丸97?『笠原政晴と更級六兵衛』真田丸に登場するのかなあ?』
梁瀬大輔先生は講演会『真田丸時代の高崎』の中で、「『ステキな 金縛り』と『清洲会議』の「更級六兵衛」の西田敏行役が大好き です。監督は三谷幸喜さんでした。」では、更級六兵衛は『真田丸』 に登場するのかなあ?「更級六兵衛」のモデルは笠原政晴(政尭) で、後北条氏の家臣だと言われている。でも、『真田丸』NHK出版 には笠原・更級の名が出てこない。★井伊直政は真田信之に頼ま れて「真田昌幸と真田幸繁を助ける」よう命乞いをした。(★井伊 家文書『彦根城博物館:野田浩子先生(講義ありがとうご... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/03 13:27
箕輪初心:生方▲伊那【上の平城】知久氏→藤沢頼親家臣の城
長野県上伊那郡箕輪町にあった城である。箕輪町郷土資料館 で上の平城を教わった。松島城→箕輪城→上の平城に行った。 感で遠くから眺めただけで、あそこかなと分かった。看板に 「東西約450m、東西約200m」とあった。鎌倉時代は知久氏 の城であったが、発掘調査の結果、福与城の支城であることが 判明したようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 04:42
箕輪初心:生方▲【箕輪城】藤沢頼親家臣の木下氏→箕輪氏の城
長野県上伊那郡箕輪町にあった城である。箕輪町郷土資料館 で箕輪城を教わった。しかし、行ってみて分かるが、箕輪城 で戦った事実を想像すると、こんなちゃっちい城(小さな城) に藤沢頼親がいたとは思えない位のちっこい城であった。戦 えない城&籠城の不可能の城あった。つまり、藤沢氏本城は 福与城であったと云わざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/27 08:33
箕輪初心:生方▲伊那箕輪【松島本城】藤沢頼親家臣:松島氏
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪字松島にあった城である。箕輪町 役場の場所にあった。隣の箕輪町郷土資料館から箕輪町役場を 散歩した。職員の方から「松島城は、現在箕輪町役場の敷地と なっていているが、遺構らしき物は図書館裏の堀である。」と 教わった。しかし、役場庁舎東は自然地形を巧みに利用して築 かれた城であったと容易に想像できた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/26 05:48
箕輪初心:生方▲福与城(伊那箕輪町):藤沢頼親&武田信玄&保科正直
福与城(箕輪城)は長野県箕輪町にあった城である。戦国時代、藤沢 頼親の居城であった。天文14年(1545)武田信玄により攻略され落城 した。天正10年(1582) 織田信長の甲州攻撃で武田氏が滅亡すると、 藤沢頼親は福与城を奪還した。8月下旬、高遠城を奪還した?保科 正直に11月に田中城を攻められ落城した。藤沢氏は滅亡した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 06:26
箕輪初心:生方▲伊那:手良【内城&堀之内城付近】
長野県箕輪町の福与城から伊那市美篶笠原の蟻塚城を目指して 道を進んだ。藤沢氏の家臣に手良の名前があったことを思い出 した。車を駐めると、伊那市手良堀之内の地名があった。ここ は館跡だったのか?天正14年(1545)4月武田晴信は高遠城に 侵攻して高遠頼継を降伏させた。6月福与城主:藤沢頼親を追 放した。この間、藤沢家臣:手良氏・野口氏などは武田晴信の 家臣団に編入された可能性が高い。長屋門の家が多かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/24 06:28
箕輪初心:生方▲【伊那蟻塚城】天文21年(1552)高遠城の西を守る城?
蟻塚城は、長野県伊那市美篶(みすず)笠原にあった城である。背後 の守屋山城・天神山城との関連から中ノ城とも呼ばれている。天神 山城が物見城で、守屋山城が詰め城の関係になる。天文21年(1552)、 個人的には歴史的過程から保科氏は西を守る城として蟻塚城を整備 したと考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/05/23 06:11
箕輪初心:生方▲伊那市高遠町6回の思い出
・高遠城は高遠頼継NHK大河ドラマ『風林火山』では、「治める のはわしじゃ。」と高遠頼継のお馬鹿ぶり&小者っぷりは独特の 名演技で印象に残っている。→高遠城は武田晴信が改修。保科 正俊→仁科盛信→毛利長秀→保科正直→保科正光→保科正之→ 京極氏→鳥居氏→内藤氏8代・・・明治維新を迎えた。 現在、桜の名所になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 05:23
箕輪初心:生方▲保科正俊→保科正直→保科正光→保科正之【高遠の建福寺の墓】
戦国時代、高遠は諏訪氏の一族:高遠頼継が治めていた。筆頭家老 に保科正俊がいた。高遠が武田晴信の支配下に入ると、保科正俊が 城代になった。保科正直&保科正光の墓は高遠の建福寺にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/21 07:26
箕輪初心:生方▲【高遠城】:天文14年(1545)武田晴信の高遠城侵攻と高遠頼継
・天文14年(1545)4月17日、高遠城は落城し、高遠頼継は武田 晴信に降伏し、甲府へ出仕した。(★『高白斎記』)高遠城は武田 晴信氏により改修され、南信濃支配における拠点となった。NHK 大河ドラマ『風林火山』では、「治めるのはわしじゃ。」と高遠 頼継のお馬鹿ぶり&小者っぷりは独特の名演技で印象に残って いる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/20 06:45
箕輪初心:生方▲高遠城&五郎山に眠る仁科盛信の墓:真田丸bR「策謀」追加
仁科盛信は武田信玄の5男である。母は油川信守の娘で側室: 油川夫人である。 信濃国安曇郡の国人領主:仁科氏を継承し、 武田親族衆に列した。天正10年(1582)織田信長の甲州攻め に際して、武田一族・重臣の逃亡や寝返りが続く中、高遠城 において最後まで抵抗し、討死した。★仁科五郎はカリスマ 性を持っていたのかもしれない。武田勝頼並みに・・・・ 五郎山に行ってみた。しかし、仁科盛信の関係する高遠町の 「桂泉院」には行けなかった。仁科盛信の位牌殿、織田軍侵 攻の際に開善寺から没収した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 20:39
箕輪初心:生方▲武田信玄家臣:柳沢弥右衛門→所左衛門→弥左衛門&『伊那原新田用水』
武田信玄の家臣:柳沢家は一条流武川衆で3系統ある。当然 柳沢弥右衛門家・柳沢所(諸)左衛門家は山梨県北杜市武川町 柳沢の武川衆の出身である。武田信光→4男:一条信長系子 孫と考えられる。柳沢内蔵之助は武田信玄の重臣であった。 内藤昌豊は上野国箕輪城代になると、目付として、箕輪城に 来た。高崎旧群馬町金古に住んだ。長篠の戦いで内藤昌豊が 戦死すると、保科正直の弟:内藤昌明が箕輪城城代になった。 柳沢内蔵之助は内藤昌明に仕えた。天正10年(1582)柳沢内 蔵之助は保科正俊・正直につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/16 20:23
箕輪初心生方▲佐久『五郎兵衛用水』:市川五郎兵衛真親と柳沢所左衛門
天正10年(1582)武田氏の滅亡後、市川氏は帰農して庄屋となった。 市川五郎兵衛真親・柳沢弥右衛門家・浅科名主:柳沢所左衛門家は いきなり『五郎兵衛新田』の開削をしたとは考えられない。「五郎 兵衛記念館」の根澤館長は秋元長朝と関係が深いとおっしゃって おられた。また、円形分水があることから、おそらく、 @秋元長朝&新井喜左衛門が造った「長野堰の新井堰&円筒分水」、 A秋元長朝&新井喜左衛門が造った「天狗岩用水」 B江原源左衛門が造った「滝川用水」 C織田信雄が造らせた「雄川堰」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 13:36
箕輪初心:生方▲真田丸92【第18話「上洛」】&「丸島説&平山説&加沢記」
『加沢記』では「松」は桑名の渡し守が女房として大切に2年 間隠した。『加沢記』では、記憶をなくしていない。、『真田丸』 では記憶をなくした出雲の阿国の踊り子である。第18話: 『上洛』は「真田昌幸の上洛の決意〜上洛〜徳川家康の与 力大名になる過程」で、「松」の記憶が戻るというホームドラ マである。今回はTVを1回しか見なかったので、You Tubeや ほかのHpを頼りにあらすじを追ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/10 07:56
箕輪初心:生方▲「鬼無里」の自然&歴史:木曾義仲伝説&武田家臣:大日方氏
「鬼無里」ってなんて読むの?「きなさ」である。奥裾花渓谷 や奥裾花自然園が有名である。鬼女紅葉伝説や木曾義仲伝説が 残っている。戦国時代、上水内郡の一部として村上義清方の 大日方氏が武田晴信の支配下に入った。明治時代、長野県上 水内郡鬼無里村であった。現在は長野市鬼無里になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/08 07:11
箕輪初心:生方▲長野市旧中条村の城@古屋敷城山城、A大姥山城、B柏鉢城復刻版
長野市中条は群馬県〜長野市から白馬スキー・白馬登山等に 行く時には必ず通る場所である。・弘治年間(1555〜1558)  武田晴信が柏鉢城を境目の城=北方防衛の城として、また 戸隠領から上杉謙信支配下の信越国境へ進出するための 軍事拠点として築城した。そして、旧中条村・鬼無里村にも 支城を構えさせた。富岡武蔵さんの案内で旧中条村の城 巡りをした。 その節はお世話になりました。写真が150枚 以上消滅したので、下記の復刻版となった。詳しくは富岡 武蔵さんのブログ・らんまるさんのブロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 05:41
箕輪初心:生方▲『壁田(へきだ)城』:謎の山田氏の城
壁田(へきだ)城は中野市壁田字城山にあった城である。壁 田城は長尾景虎(上杉謙信)家臣:山田氏の築城の城である が築城年代は不明である。永禄6年(1563) 壁田城主:山田 飛騨守が武田信玄に降った。永禄7年(1567)武田信玄は飯山 城に対抗する城として大改修した。壁田城が武田信玄の飯山 城の拠点となった。第5次川中島の合戦後も、壁田城は武田 信玄の出撃の城であった。山田氏は@木曾義仲系の山田氏か、 A井上氏系仁科氏流山田氏か、B井上系高梨流山田氏、C村 上氏系山田氏なのか全く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 07:21
箕輪初心:生方▲第5次川中島の合戦後&信濃【替佐城】:武田信玄築城
替佐城長野県中野市豊津にあった城である。上信越道の信州中野IC &豊田飯山IC の中間の直線コースの左上の山にある。替佐城は、千 曲川を見下ろす独立丘陵の尾根に築かれた城である。永禄7年 (1564)頃に武田信玄によって大改修され、築かれた(伝)。飯山城 ・野尻城への攻撃の拠点となった。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/05 05:34
箕輪初心:生方▲【飯山城】:永禄7年(1567)上杉輝虎の大改修
飯山城は長野県飯山市にあった城である。野沢スキーで20回 以上も通っているが、飯山城に寄ったのは5回。野沢スキー& オヤマボクチの繋ぎ富倉蕎麦のグルメ旅のおまけである。 飯山城〜富倉蕎麦〜富倉峠〜箕冠城〜春日山城まで20数km の道のりである。飯山城は上杉謙信にとって、越後防衛上、重 要な城であった。飯山城は千曲川西岸の丘陵に築かれた平山城 で、千曲川が外堀の役目をしている堅固な城で、度重なる武田 軍の攻撃にも落ちることはなかった。高梨氏の支城で、泉氏末 裔:尾崎重歳が在城した。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/03 06:30
箕輪初心:生方▲真田●90『第4次川中島D武田信繁』&信繁の墓:布引観音&典厩寺
武田左馬助(典厩)信繁は甲斐武田氏18代:武田信虎の子で 武田信玄の同母弟である。武田24将においては武田の副大 将として位置づけられている。しかし、永禄4年(1561)9月10日 (★新暦10月27日):第4次川中島の戦いがあった。『甲陽軍鑑』 には「典厩御討死、諸角豊後守討死、旗本足軽大将では、山本 勘助入道道鬼、初鹿野源五郎の両人討死、信玄公は胸にかす り傷2ヶ所、長男義信も薄手2ヶ所。」(★長野県史通史第三巻 P253)とある。武田信繁は第4次川中島の戦いで戦死した。 3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/02 08:08
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦C『山本勘助討ち死に』&高崎藩の子孫
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦C『山本勘助討ち死に』&高崎藩の子孫 永禄4年(1561)9月10日(★新暦10月27日〜戦国時代の最大の激戦 :第4次川中島の戦いがあった。『甲陽軍鑑』には「典厩御討死、諸角 豊後守討死、旗本足軽大将では、山本勘助入道道鬼、初鹿野源五郎の 両人討死、信玄公は胸にかすり傷2ヶ所、長男義信も薄手2ヶ所。」 (★長野県史通史第三巻P253)とある。山本勘助入道道鬼=信玄の軍 師:「啄木鳥(きつつき)戦法」を立案した山本勘が討ち死にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/01 09:04
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦B『竜虎激突:武田信玄VS上杉政虎』
・永禄4年(1561)9月10日午前1時、真田昌幸は嫡男・真田信綱 とともに妻女山の上杉本陣への夜襲に加わった。(★『甲陽軍鑑』) しかし、このことも本当かどうか不明である。第4次川中島の合戦 が八幡原であった。武田信繁・山本勘助・両角(諸角)虎定・初鹿 野源五郎・三枝守直ら多くが討ち死にしたという事実くらいしか分 かっていないようである。長野県史では『甲陽軍鑑』は一級史料 ではないが、ある程度信用できるとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 07:21
箕輪初心:生方▲第4次川中島合戦A『武田信玄の出陣→着陣:茶臼山説&雨宮説』
永禄4年(1561)8月14日、あるは8月29日上杉政虎は1万8千 の兵を率いて春日山城を出発し信濃川中島に出陣した。 武田信玄は 8月18日、甲斐を発ち、24日に茶臼山あるいは雨宮の南〜西に 着陣した。雨宮の南西説が圧倒的に多く、茶臼山は少数説(通説) である。上杉政虎が妻女山に登っていないと考える説が江戸時代 の書物が圧倒的に多いようだ。明治以降の郷土氏研究や政治的圧 力によって武田信玄の茶臼山説・上杉謙信(★上杉政虎なのに) の妻女山になった可能性があると考えられる。結果・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 09:26
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦@『上杉政虎の出陣→本陣:妻女山』
・永禄3年(1560)8月〜永禄4年(1561)の10ヶ月にも渡る第1 次関東出兵を終えた上杉政虎は武田信玄のため、@北条氏康の小 田原城を攻略できなかったことA海津城の築城→割ヶ岳城・飯山 城の侵攻(春日山まで20数km)、A上野国吾妻侵攻の危惧、 @富山での一向一揆の扇動と神保長職の復活など怒りまくってい たのであろう。上杉政虎は休む間もなく、8月には川中島に出陣 した。海津城を攻撃することなく、妻女山に陣取ったという。し かし、史料不足で、分かっているのは、9月10日の八幡原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 11:39
箕輪初心:生方▲『第4次川中島の合戦に至るまでの武田晴信・真田幸綱の動向』
・弘治3年(1557)8月下旬 第3次川中島の合戦:上野原において 武田晴信VS長尾景虎が合戦を行った。長尾景虎は旭山城を再興 した位で大きな戦果もなく、9月に越後へ引き揚げた。武田晴信 も10月には甲斐へ引き上げた。武田信玄は『鬼の居ぬ間に領 土拡大期間中』であった。武田信玄は北信侵攻や飛騨侵攻 ・駿河侵攻・上野侵攻を続けていた。長尾景虎は上洛で北条 氏康・武田信玄の討伐の名目:大義名分を得た。北信濃国 人衆が多くが武田に臣従したが、長尾景虎にも太刀を納めた。 第一次関東出兵・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/27 06:59
箕輪初心:生方▲2016スキー15【志賀BBQ】&「熊ノ湯ホテルの黄緑の硫黄泉」
★平成28年(2015)4月24日の毎年恒例の太田スキー&ハイ キングの【志賀横手BBQ】のスキーツアーがあった。今年は 10名の参加者があった。@真田幸繁・昌幸の領有化した城を 見ながら、草津に向かった。Aファット気味の板でを選択し、 快適に滑った。BBBQは旨かった。C熊ノ湯温泉「熊ノ湯ホテ ル」の黄緑色の温泉で、疲れを癒した。太田・桐生の皆様、 今シーズンもお世話になりました。今年のGWは介護・ &病院送迎&親戚の見舞い・畑仕事でどこにも行けない かもしれない。遊べなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/26 15:31
箕輪初心:生方▲志賀BBQ&【高梨氏館&高梨氏の歴史】&真田丸89『高梨氏&真田昌幸&真田信綱】
中野小館=高梨氏館は長野県中野市にあった高梨氏の居館で ある。戦国時代、高梨氏は高梨政高→高梨政盛→高梨政頼と 続いた。高梨政頼は上杉謙信の義兄弟に当たる。天文22年 (1553)頃、高梨政頼の妹か娘(有力説)が真田信綱の妻:於北 の方となった。高梨内記は高梨政頼一族であるが、この時、 人質代わりに真田昌幸の家臣になった。そして、高梨内記は 真田昌幸・幸繁に従って高野山まで行って、大坂の陣で死ん だ。『真田丸』では、高梨内記の娘「きり」が真田幸繁の最愛 のお妾さんということになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 05:42
箕輪初心:生方▲真田丸88【須田満親&真田昌幸】&『福島正則陣屋』上高井郡高山村散策3回
井上氏庶流須田氏は上高井郡高山村:日滝小学校近くに最初の 居館を構えた。現在の蓮生寺が須田氏居館と伝えられている。 戦国時代、大岩郷に詰め城:大岩城を築いた。支城:月生城も 造られた。江戸時代、福島正則が高山に厳封され、住んだ。 『真田丸』に折角登場したのに、もう晩年の福島正則の話だ。 高山村の訪問は3度・・・@桜見物、A志賀笠ヶ岳と奥山田温泉 B七味温泉&五色温泉等、しかし、写真はほとんどない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/23 07:11
箕輪初心:生方▲須坂『信濃須田城』&須坂散策
北信濃の花見見物の一環で須田城にきた。須田城は独立丘の臥龍 山の南西尾根部に築かれている。山頂部に主郭を置き、周囲を取 り巻くように郭を配した輪郭式縄張りであった。上杉方の大岩郷 :須田満信系 VS 武田方の須田郷:須田信正系と分かれてし まった。江戸時代末期、須坂藩主:堀直虎霊廟が須田古城に造ら れた。現在、臥竜(がりゅう)公園は日本さくら名所100選にな っている。それに、黒おでんが最高なのだ?・・・遠藤酒造の 朝しぼり、渓流も旨い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/22 07:40
箕輪初心:生方▲保科氏館跡&霞台城&保科温泉→高遠城
保科家は川田郷保科(長野市若穂保科)に保科氏館・霞台城を 居城とする豪族であった。保科氏館跡は現広徳寺にあったと言 われている。高遠城主:保科弾正忠正俊は武田信玄の信濃先方衆 で騎馬120騎持ちの侍大将を務めた。長男は保科正直で、次男は 保渡田城主(箕輪城代):内藤昌明である。保科正直の嫡男は保 科正光である。保科正光の正妻は真田昌幸の娘であり、養子は 徳川秀忠の子:保科正之(会津藩主)である。残念ながら、保 科氏館跡(広徳寺)&霞台城、保科温泉:永保荘(現若穂の湯) の写真もな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/21 09:58
箕輪初心:生方▲信濃大室城=海津城の北西の守りの城
大室城:霞城は長野県長野市松代町大室にあった城である。 上信 越道の更埴JCを長野方面に向かい、松代SA&尼飾城跡を右に見 ながら進んで、最初のトンネルの上が大室城=霞城である。つまり、 海津城・尼飾城の2〜3km北西の隣が大室城である。奇妙山 (きみょうさん)から伸びた尾根が大室城で崖となってかつて の千曲川に落ち込でいた。北〜竜(辰)の口〜南の3方向の断崖 になっている要害堅固な城であった。霞城とも言われ、敵が攻め 込んでてくると、霞がかかったように見えなくなることに由来する。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/20 06:49
箕輪初心:生方▲【海津城】:・永禄3年(1560)山本勘助が築城?
・永禄3年(1560)山本勘助が築城したといわれる。川中島の戦略的に 重要な城であった。三方を山に囲まれ、西は南北に流れる千曲川の地 形を巧みに利用した堅固な平城であった。海津城(松代城)には7〜 8回、行っているが、5年間分の写真が消滅したため、最初の2回分し か写真はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/19 06:35
箕輪初心:生方▲信濃:井上氏館&井上城遠望&竹ノ内城
井上城は、@居館:井上氏館&A大洞山の北嶺に築かれた詰め城 :大城・小城&B竹ノ城からなっている。大城・小城へは登城し なかった。井上城詰め城は須坂長野東ICの南東にある半島状の 山城である。・弘治3年(1557) ▲第3次川中島の戦いでは井上 一族は上杉謙信に臣従し、出撃した。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 11:53
箕輪初心:生方▲【信濃牧之島城】:香坂氏→馬場信春の武田流の丸馬出&三日月堀
★今日も熊本で大地震があった。3,11を経験したが・・・・・・。 牧之島城は長野県上水内郡信州新町牧之島にあった城である。 牧之島城は「この城は永禄9年(1566)武田信玄が馬場信房(美濃守) に築かせ、越後に対する警備と更級・水内山部の鎮撫にあてた城であ る。元香坂氏の居城牧城の一部で犀川の大湾曲部を利用して新たに縄 張りしたもので、虎口の丸馬出、本丸脇の隠し馬出し(千人枡)をは じめ随所に築城の妙をこらしている。  天正3年(1573)5月31日信房が長篠に戦死後。子信春が在... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/16 05:30
箕輪初心:生方▲【信濃:大峰城】:武田VS長尾争奪戦の城
大峰城は長野市の大峰山頂:標高828.2mに築かれた城である。 天文10年(1540)佐久の滋野系落合氏が葛山城(砦程度)を 築城した際、落合備中守の家臣:大峰蔵人が大峰城を築城し たと思われる。天文24年・弘治元年(1555) 第2次川中島の 戦い:犀川の戦いの時、武田晴信方の善光寺戸隠別当:栗田 鶴寿の籠った旭山城に対する城として長尾景虎方が葛山城・大 峰城を本格的に築いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/15 05:24
箕輪初心:生方▲吉窪城:武田晴信に滅ぼされた小田切氏の城
吉窪城は犀川左岸に聳える標高619.2m の独立峰である。南は犀川に臨む急峻な斜面で、堅固な城である。 弘治3年(1557)第3次川中島の戦いの前哨戦:武田晴信家臣:馬場 信春の葛山城攻撃で、吉窪城主:小田切駿河守幸長は葛山城で戦死 した。吉窪城を守っていた息子:小田切民部少輔は葛山城落城の報 せを聞き、城を捨て逃げ、吉窪城は自落した。吉窪城には富岡武蔵 さんと行った。お世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/14 06:00
箕輪初心:生方▲【葛山城】&第3次川中島合戦
葛山城は長野の善光寺の裏山:葛山にあった城である。落合備中 守治吉を宗家とする葛山衆は芋井地区に住んでいた。天文24年 (1555) 武田晴信に帰順した栗田鶴寿が旭山城に籠城したため、 長尾景虎が裾花川対岸に葛山城を修築して落合備中守治吉、 援軍の将:吉窪城主:小田切駿河守幸を籠城させた。弘治3年 (1557) 真田幸隆は静松寺の僧を通じて落合一族の落合遠江守、 落合三郎左衛門尉が寝返えらせた。牧之島城:馬場信春が水の 手を切り、葛山城は落城させた。落合治吉、小田切幸長は戦死 し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 05:49
箕輪初心:生方▲【尼飾城】真田幸綱(幸隆)の攻略→城番へ
武田晴信は真田幸綱(幸隆)に、上杉謙信の軍事拠点であった東条 氏の東条城(雨飾城)の攻略を命じた。尼飾城(東条城)は松代付 近では、「一に春山(若穂綿内:綿内氏)、二に鞍骨(松代町清野: 清野氏)、三に尼飾(東条氏)」と言われ、堅固な山城にBEST3に 数えられていた。3方は断崖絶壁で、北西だけが尾根続きになって いる。南の敵に備えて築城されている。弘治2年(1556) 真田幸綱 は武田晴信に催促されながら、やっとのことで尼飾城を攻略した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 06:08
箕輪初心:生方▲真田丸86【昌幸の秀吉への臣従過程2説】&第 14話『上洛』
真田信繁は第一次上田合戦で最愛の妻:梅を亡くし、人質として上杉 景勝のいる春日山城に戻った。景勝は信繁を優しく迎え労をねぎらい、 直江兼続は兵力に劣りながら徳川勢相手に勝利した信繁たちの手柄を 称賛した。しかし、真田信繁の梅の死という心の傷が癒えてはいなか った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/11 06:55
箕輪初心:生方▲真田丸85【2016上田城の桜】&真田昌幸の豊臣秀吉への臣従過程
※平成28年(2016)4月5日、『2016上田城桜千本まつり』を見に 行った。箕輪城・沼田城・岩櫃城・上田城・真田の郷を語れる上田 bPガイド:吉田美由紀氏の都合がつかなかったのは残念であった が、目的を@上田城の桜、A真田丸展、B上田合戦のシュミレーシ ョン、Cウナギか蕎麦のグルメ、D室賀城とした。しかし、TV 『真田丸』の経済効果はもの凄く、平日なのに旅行客で大混雑。 *NHK大河ドラマ『天地人』では、真田昌幸は上杉景勝を介して 豊臣秀吉に接近した大名化を遂げたことになってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 05:54
箕輪初心:生方▲【信濃:旭山城】&第2次川中島の合戦:犀川の戦い
旭山城は戦国時代初期には村上氏家臣:朝日右近が居住した(伝)。 天文24年(1555) 第2次川中島の戦いで、善光寺別当:栗田鶴寿 (栗田寛久)は武田晴信(信玄)と通じ、鉄砲300と弓800、兵 3000の支援を受けて善光寺の西に旭山城に籠もった。この 時、武田晴信は初めて鉄砲を使用した。一方、長尾景虎(上杉 謙信)は、善光寺東にある横山城に陣を構えていたが、裾花川 対岸に葛山城を築いた。約200日間の対陣はに及んだが、今川 義元の仲介で和議が成立した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/09 07:25
箕輪初心:生方▲真田丸84【室賀城=原畑城+笹洞(ささぼら)城】&室賀氏・屋代氏の歴史&真田昌幸
室賀氏は屋代氏と共に村上義清の家臣であったが、天文22年(1553) 以後は33年間、武田晴信・勝頼に仕えた。天正10年(1582)武田氏滅 亡後は室賀氏・屋代氏は徳川家康に仕え、江戸時代も旗本として 存続した。室賀氏の居館「原畑城」+詰の城「笹洞城」=「室賀城」と 呼んでいる。室賀温泉ささらの湯の西が室賀城である。室賀城〜 室賀峠〜葛尾城へ抜ける交通の要所であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/08 07:46
箕輪初心:生方▲【鈴岡城】:武田晴信の第一次川中島合戦後の伊那侵攻
小笠原氏は府中、鈴岡、松尾、深志と3家に分裂する。同じ小笠 原一族でありながら、抗争を繰り返していた。松尾城と鈴岡城と は毛賀沢川を挟んで谷1つ隔てただけの距離にあるのに対立して いた。天文23年(1554)( 第一次川中島合戦後の)武田信玄の 伊那侵攻で、南信濃の最終章「鈴岡城&松尾城の戦い」で、武 田信玄の信濃先方衆の松尾小笠原松尾小笠原信貴(信貞)・小 笠原信嶺父子が鈴岡小笠原信定&府中小笠原長時兄弟に打ち勝 って、松尾城・鈴岡城に入った。先祖:加賀美遠光&小笠原長 清が泣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/07 06:12
箕輪初心:生方▲【伊那:松尾城】小笠原氏の分裂&武田晴信〜織田信長の伊那侵攻
伊那松尾城は、長野県飯田市にあった松尾小笠原氏の居城である。 小笠原政康の死後、府中(深志)小笠原氏・松尾小笠原氏・鈴岡 小笠原氏に別れて対立した。天文3年(1534) 松尾家は府中家に 敗れて甲斐国に逃れ、武田信玄に臣従した。天文23年(1554) (第一次川中島の合戦後)武田晴信の伊那侵攻で松尾小笠原信貴 ・小笠原信嶺父子が信濃先方衆として活躍し、松尾城を回復した。 天正10年(1582)松尾小笠原信嶺は織田信忠の甲州侵攻の時には 織田氏に臣従した。本能寺の変の後、徳川家康の家... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/06 07:06
箕輪初心:生方▲真田丸82『飯田長姫城の歴史』と真田丸第1話「船出」
小笠原貞宗の3男:坂西(ばんざい)宗満により築かれたといわれる。 戦国時代には武田晴信の信濃出兵により武田領国となり、伊那郡代と なった秋山信友により強固な城へ改修された。飯田城は天竜川の支流 の松川と野底川にはさまれた河岸段丘の先端部分を利用して築かれた 平山城である。現在の飯田城の遺構のほとんどは失われ、建造物は 城門と移築城門を残すのみである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 18:09
箕輪初心:生方▲真田丸80【第1次上田合戦】加沢記・平山説&第13話「決戦」
・天正13年(1585)、徳川家康の配下:真田昌幸は、上州沼田 領を北条氏直に譲るよう命じられた。しかし、真田昌幸は命令 を拒絶し、上杉景勝に臣従した。徳川家康は自分の造った 上田城を攻撃することになった。第一次上田合戦は、徳川勢 7000余VS真田勢は2000人弱だった。@負けたふりして、城内 に誘い狭い場所で大群を鉄砲で狙い撃ち、A城の外に設けた柵 で側面攻撃、B増水した神川に追い込んで溺死、・・・自分の都 合のよい戦いに持ち込んだ。(★黒田基樹)「空城の計」がどん ぴしゃで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/04 09:20
箕輪初心:生方▲千曲市の名所35選:稲荷山城&森将軍塚古墳等
千曲市の名所?に3回に渡って訪問した。35〜40ヶ所を巡っ た。城巡りファンなので、村上氏館・葛尾城・荒砥城・屋代城を 紹介してきたが、今回は森将軍塚古墳・智識寺・武水神社・稲荷 山城・稲荷山宿・長楽寺の写真を掲載しようと思う。稲荷山城は 天正10年(1582)上杉景勝が真っ先に武田晴信を裏切った荒砥城 主:屋代秀正を信用せず、稲荷山城を築城した。町割が北国西街 道の稲荷山宿の原型となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 06:38
箕輪初心:生方▲信濃:屋代城:村上一族:屋代政国→真田信繁在城
信濃「科野の里歴史公園」で古墳時代の住居跡を見ながら、森将軍 塚古墳に登った。妻女山・雨宮の渡しを確認してから、車で移動し て、村上氏の一族:屋代氏の屋代城に搦め手から入城した。屋代政 国の妻は村上義清の娘であったが、倅の屋代秀正は真っ先に武田に に寝返った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 07:55
箕輪初心:生方▲真田●79信濃:荒砥城:村上→武田→上杉→真田
荒砥城は、信濃国更級郡(現長野県千曲市)にあった城である。 平成19年(2007)のNHK大河ドラマ「風林火山 」のロケ地で、武 田晴信が攻略したと言われている「海ノ口城」で出ていたのが、印 象に残っている。また、平成22年(2010)NHK大河ドラマ「江〜 姫たちの戦国〜」の小谷城としても出てきた。平成28年(2016)、 『真田丸』真田昌幸&真田信繁にも関係するので、出るだろうか? 天正13年(1585)、7月15日、上杉景勝の家臣になり、坂木庄は 真田昌幸の支配地となった。真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 05:26
箕輪初心:生方▲真田丸78【村上義清&上杉謙信VS武田晴信&真田幸綱・昌幸】
村上義清は北信濃:塩田平&埴科(更級)の戦国大名である。 正室は信濃守護:小笠原長棟の娘(小笠原長時の姉)である。 側室は高梨澄頼の娘:於フ子であった。葛尾城主で、武田晴 信(信玄)の2度の侵攻:上田平の戦い&砥石城の戦いで撃 退するなどの武勇で知られる。村上義清は長槍による槍戦術 を得意とし、先陣を切って敵に突撃するという逸話もある。 村上義清を中心とした不思議な関係を書いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/31 06:51
箕輪初心:生方▲信濃:【葛尾城】:村上義清の詰め城
戦国時代、北信濃で最大勢力を誇った村上氏の詰め城であった。武田信玄 と激戦を繰り広げた村上義清の居城跡である。葛尾城は五里ヶ峰から南 に伸びた葛尾山頂が本郭で、南の尾根続きには出城の姫城がある。高速 から地形を生かして本郭、二の郭などを深い空堀で区切り、筋状に伸び た竪堀が何本も見える。村上義清は真田幸綱(幸隆)とはライバルであ った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 06:45
箕輪初心:生方▲村上氏館跡:満泉寺&村上義清の墓&坂木ふるさと歴史館
南北朝時代、村上氏は鎌倉幕府の倒幕の軍功として塩田を与えられ た。次第に勢力を広げ、現千曲市に住んだ。はじめは千曲川の西岸 の村上に居館を置いた。やがて、館は千曲川の東岸に移された。 戦国時代、村上義清の村上氏館跡は武田信玄あるいは長尾景虎の 葛尾城奪還の際に焼きはらわれた。天正10年(1582) 、村上国清 (山浦景国は村上氏館跡に菩提寺だった満泉寺に建てた。天正 13年(1585)7月15日 真田昌幸が上杉景勝に坂木庄も所領として 貰った。近くには村上義清の墓、坂木宿ふるさと館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/29 06:36
箕輪初心:生方▲真田丸77:第12話「真田幸繁の上杉への人質」&平山・丸島諸説
『真田丸』では、このままだと、慶長3年(1600)関ヶ原の戦い後、 真田信之の頼みで、真田昌幸と真田信繁(幸村)の助命に尽力し た井伊直政の話は出てこないだろう。もし、井伊直政がいなけれ ば、後の大坂城真田丸なんて、なかったのに。井伊直政ファンの 私には今一歩のくだらねえドラマだ。井伊直政がキーマンなのだ。 @天正10年(1582)の徳川&北条の和睦交渉の立役者は井伊直 政の話。A天正12年(1584)小牧長久手の戦いで徳川家康が 豊臣秀吉軍を破り、その名を全国に轟かせたとナレータ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 08:17
箕輪初心:生方▲真田●75『塩田城と第一次川中島の戦い』→真田幸綱の本領回復
長野県上田市の別所温泉の近くにあった最大級の中世古城である。 弘法山全体を砦とした山城である。天文20年(1551)5月26日、 真田幸綱(幸隆)は砥石城の足軽大将:矢沢薩摩守頼綱(幸綱の 弟)等の内通により砥石城は攻略された。天文22年(1553)4月、 村上義清の属将:屋代氏、塩崎氏、寺尾氏らが武田晴信に降伏 し、村上義清の葛尾城に迫った。4月9日、村上義清は一時、 葛尾城を棄て、春日山城の長尾景虎(上杉謙信)を頼った。 4月22日、村上義清は葛尾城を奪還した。8月、村上方の ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/26 07:22
箕輪初心:生方▲真田●75【真田横尾城=尾引城】:横尾氏→真田信綱の居城?
横尾さんが「横尾城が私の先祖の城です。」と話してくれた。 某大学院で「横尾一族ついてもまとめている。」を言っていたので、 さらに興味を持った。・応永7年(1400) 大塔合戦に祢津配下に 「実田・「横尾」の名前が出てくる。天文10年(1541)海野平の 戦いで、海野一族の真田幸綱(幸隆)が真田から上野:羽根尾 へ逃げた。真田幸綱(幸隆)は天文15年(1546)説:平山・丸 島説、天文18年(1549):黒田説までには武田晴信の家臣とな っている。真田幸綱(幸隆)は「信州先方衆」の旗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/25 05:35
箕輪初心:生方▲真田●75『砥石崩れ→真田幸綱の砥石城乗取の諸説』
・天文17年(1548)2月14日、上田原の戦いで武田晴信は村上義 清に大敗した。そして、天文19年(1550)9月、武田晴信は砥石城 攻撃をした。武田軍の兵力は約7000人、砥石城兵は500人程であ った。村上義清の救援があって、武田軍は1000人もの戦死者が でてしまった。またまた大敗した。しかし、天文21年(1552) 5月26日、村上義清方の砥石城は真田幸綱の調略によって武田 晴信の手に落ちた。真田幸綱は小県の所領を7年ぶりに奪回した。 以後、武田晴信の小県郡支配の拠点と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 07:24
箕輪初心:生方▲武田信玄痛恨の「砥石崩れ」
・天文17年(1548)、上田原の戦いで武田信玄は村上義清に大敗 した。天文19年(1550年)9月、武田晴信は村上氏の支城の砥 石城を包囲し、リベンジする。武田晴信にとって、砥石城を落と せば、村上義清の東信濃における防衛線が大きく後退させる重要 な戦いでもあった。・・・結果、村上義清の反撃を受けて再び大 敗を喫した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 09:35
箕輪初心:生方▲茅野の城7分の4【上原城&千沢城&粟沢城&鬼場城】
上原城には、NHK大河ドラマ『風林火山』の影響で訪問した。 千沢城&粟沢城&鬼場城には茅野市の諏訪中央病院に友達の 怪我見舞いついでに訪問した。病院から5分もかからないの で、寄ってみた。千沢城&粟沢城&鬼場城は諏訪頼重の家臣 団の城であった。茅野のルーツは千野村あるいは千野氏、ま たはイネ科の茅がルーツなのであろう。信濃は甲斐より米の 収穫量が多かった。武田信虎も武田晴信も食料:米の確保の ためには信濃が欲しかった。とはいえ、戦えば、味方も敵にも 多くの死傷者が出る。できれば。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 08:07
箕輪初心:生方▲真田丸74【「加沢記」の室賀】&TV 11話「祝言」のあらすじ
★室賀氏は武田晴信・真田幸隆時代に、「岩櫃城攻め」などを含め、上野国 (群馬)に何度も侵攻した。武田氏滅亡後、室賀正武が真田昌幸を嫌うのか 分からない。「加沢記」では、室賀正武は甲斐に逃げた。しかし、「真田丸」 では、室賀正武は上田城完成後の信繁&梅の祝言後の酒宴で殺害され た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 12:22
箕輪初心:生方▲【諏訪:桑原城】:諏訪頼重*滅亡の舞台】
桑原城には、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」の一環と して訪問した。桑原城は諏訪氏の拠点として桑原氏が築いた。 天文11年(1542)、武田晴信に攻められた諏訪頼重は 上原城を焼き、桑原城に籠城した。籠城兵の戦意が次第に 乏しくなり、逃亡者が続出した、武田晴信の軍門に降り、 7月22日、諏訪頼重は東光寺で自刃した。 桑原城は遺溝は良好であるが、戦国期の城にしては、縄張 りが未熟である。武田系の人々は本当住んだのであろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 09:25
箕輪初心:生方▲『諏訪大熊城』:千野氏の城
・文明3年(1471) 惣領諏訪家と大祝諏訪氏が激しく対立した。 大祝諏訪頼満が惣領諏訪信満に対抗するために大熊城を築いたと 考えられている。文明3年(1471) 上社大祝諏訪氏と下社大祝 金刺氏との攻防の場となった。文明15年(1483)千野氏の名が 見られる。 天文17年(1548) 武田晴信が諏訪に侵攻した際に 大熊城は落城した。大熊城は6ヶ所の郭を配置した連郭式の城 郭で、主郭南に約20mの土塁がある。土塁上には千野氏の 名を刻んだ石祠が建っている。 (★現地案内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 05:24
箕輪初心:生方▲真田丸72【高島城】日根野高吉→諏訪頼水&真田昌幸&松平忠輝&吉良義周
天正18年(1590) 諏訪頼忠の武蔵奈良梨の移封後、日根野高吉は 高島城を7年かけて築城した。諏訪湖に突き出した水城で「諏訪の 浮城(うきしろ)」と呼ばれていた。日本3大湖城(松江城、膳所 城、高島城)の一つに数えられている。★日根野高吉はおそらく、 @膳所城=湖城の築城経験、A百済城→安土城の石垣移動技術、 A大坂城の縄張り、C大和郡山城の墓石を使うアイデアを生かした のであろう。が、江戸時代、諏訪頼水が諏訪湖の干拓を進め、水城 の面影は失われた。南の丸(諏訪市役所駐車場の片隅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 07:40
箕輪初心:生方▲諏訪:有賀城:鎌倉街道を守る城
諏訪:有賀城は長野県諏訪市豊田にあった城である。有賀城は諏訪湖 の南西岸の江音寺の裏の尾根先端を使った城である。鎌倉時代から 鎌倉街道の有賀峠の要衝を押さえる城で、諏訪湖沿岸から高遠を経 て伊那谷へと抜ける有賀峠の入り口に当たる交通の要衝である。諏 訪一族の有賀氏が築城した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/17 15:05
箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
戦国時代、諏訪大社上社前宮には大祝諏訪頼重が居館として住んで いた。前宮&本宮1,5kmの間には神長官神:守矢頼真、本宮の前の 神宮寺には諏訪一族分流:矢島満清が住んでいた。天文11年 (1542)武田晴信が諏訪攻略に成功してから諏訪大社を手厚く保護 した。真田丸第4話で、天正10年(1582)3月法華寺で、瞬間湯 沸かし器で虐待偏執狂?の織田信長は明智光秀をいじめていた。 真田信繁は法華寺でのいじめシーンを見ていた。その時はどこ の法華寺か分からなかったが、昨日、諏訪大社上社本宮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/16 06:50
箕輪初心:初心▲岡谷【花岡城】&武田晴信の諏訪西方衆の反乱
・天文11年(1542)武田晴信は諏訪頼重を捕らえ、東光寺で自刃さ せた。武田晴信は板垣信方と諏訪郡代となった。武田晴信の支配 下として、諏訪の真志野城(真志野氏)・有賀城(有賀氏)・諏訪神 社上社の社家:「権祝(ごんのほうり)」矢島城(矢島氏)と岡 谷の小坂城(小坂氏)・花岡城(花岡氏)・高尾山城(三沢氏) を拠点とした「諏訪西方衆」が結成させた。天文17年(1548)2月の 上田平の戦いで武田晴信が敗北すると、武田晴信が怪我療養で 一端、甲斐に戻った。間隙を縫って、村上義清は佐... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/15 08:32
箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』&曳間城(浜松城の前身)
★「真田丸」が気に入らないのは、和睦交渉は井伊直政であったのに 全く登場しないことである。 8月 天正壬午の乱  北条氏直は若神子城(北杜市須玉町若神子) に本陣を置き、徳川家康は新府城・能美城を本陣に置いた。 北条氏直と、徳川軍との対陣は80日間に及んだ。滝川一益敗退後、 北条に帰参していた真田昌幸や木曾義昌が離反し、依田信蕃・真田 昌幸が北条軍の碓氷峠(入山峠?)〜小諸で補給路を遮断した。 黒駒合戦で、別働隊の北条氏忠・北条氏勝が黒駒(笛吹市御坂町) で徳川方の鳥居元忠らに敗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/14 09:07
箕輪初心生方▲真田●69【林城】:小笠原長時の生涯詳細版
★5年前の3,11に1分間、黙祷をした。 ・天文14年(1545) 武田晴信は伊那郡へ出兵。4月17日に武田勢は 高遠頼継の高遠城を陥落させる。さらに、小笠原長時の娘婿:福与 城の福与頼親を攻撃。小笠原長時は龍ヶ崎城(辰野町)で武田晴信 に対抗した。武田勢は甲斐や今川・北条の援軍を得て、6月1日、 武田晴信の家臣:板垣信方が龍ヶ崎城を陥落させた。小笠原長時は 敗退した。武田晴信は上伊那を制圧すると佐久侵攻を進め、小県郡 の有力国衆である村上義清と対立した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 08:52
箕輪初心:生方▲真田●68【上田原の戦い】&4つ小説
北信濃の村上義清は葛尾城(現千曲市)を本拠に埴科郡、高井郡、 小県郡、水内郡を勢力下におさめていた。村上義清は武田晴信が 信濃全土を支配するためにはどうしても倒さねばならない敵であ った。武田晴信は諏訪地方、伊那地方、佐久地方をほぼ制圧し、 北信濃に侵攻した。村上義清と武田晴信の戦いは避けられない情 勢となった。村上義清は海野一族が逃亡した後、小県を支配して いたので、真田幸綱(幸隆)にとって憎っくき鬼のような存在で あった。天文17年(1548) 2月14日、武田晴信と村上義清に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/12 08:19
箕輪初心:生方▲真田丸67【禰津下の城】:禰津一族&真田一族
★「東日本大震災3、11」から5年。今日は黙祷した。 禰津下の城は東部湯の丸SAからみると、円錐系の富士山のような 山城である。禰津下の城は信濃国小県郡禰津(現長野県東御市祢津) を本貫地とした滋野系禰津一族の城である。標高826m、比高130 mある。城には登っているが写真は消滅している。禰津・祢津・根 津は、おおむね、信濃では「ねつ」・群馬では「ねづ」という読み方 を使っているようだ。禰津氏は滋野氏の庶流で海野氏、望月氏と並ん で滋野三家と呼ばれている有力な一族であった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/11 09:46
箕輪初心:生方▲真田●66【布引観音&布引城】:望月源三郎と真田幸綱
高速の小諸付近から見ると、千曲川が布引の岩盤で蛇行していて、 ちょっと突きだした場所である。そこが、布引古城群である。釈尊寺や &布引観音も平時の城構造をしている。松井田城や坂本城でご一緒 させていただいた武蔵の五遁さんは釈尊寺&布引観音の裏山で新し い城を発見=探し当てたそうである。そうすると、望月源三郎が籠も って、武田晴信に最後まで抗戦したという説は信憑性を増してくる。 従来の、布引山:標高756m楽巌寺=布引城説は違っていることに なる。釈尊寺&裏山の新=真布引城を中心に枡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/10 05:55
箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
小諸城は長野県小諸市にあった城である。穴城と呼ばれ、武田信玄の 軍師:山本勘助の縄張りだと言い伝えられている。小諸城の一番の思 い出は「滑り台でのゲロ事件」&「猿のうんこ投げ事件」である。 群馬の松井田の小学生が修学旅行で懐古園に来ていた。その学校 のある小学生が滑り台の上で、寝そべって直経10〜11cmの巨大 おにぎりを食べていた。ところが、滑り台に頭から滑ってしまった。 下に降りたとたん、大きな握り飯がふっ飛んでしまった。そして、口か ら、さっき食べたご飯を吹き出した。私は「大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/09 09:58
箕輪初心:生方▲真田●64「真田幸綱(幸隆)の武田晴信への臣従諸説」
天文10年(1541)海野平の戦いで、海野棟綱・真田幸綱(幸隆) が・・・武田晴信(信玄)が父:信虎を国外追放して家督を継 ぎ、本格的な佐久・小県郡侵攻を再開する。真田幸隆は武田晴 に臣従して旧領を回復している。しかし、臣従時期は諸説ある。 天文12年(1543)〜天文17年(1548)説と幅が広い。平山優氏は 臣従時期・理由として、@上杉憲政が信濃侵攻は退潮期に なった時、A武田晴信が上杉憲政よりBigになった時、B 武田VS村上・・本領奪回できるかもと思った時が臣従時期の 決... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/08 06:42
箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ&平山優説の違い
天正12年(1582)6月2日の本能寺の変から2ヶ月が経とうとし ていた。信濃の覇権争いは、どうなるのか? 真田昌幸の狙い通 り、上杉景勝と北条氏直は和議を結んだ。北条軍は南下し、甲府 に入った。甲府に入ってきたた徳川軍を瞬く間に包囲し、優位に たった。北条と徳川の激突となっていく。昌幸は誰も想像しない 決着を狙っていた。時代考証&平山優説は微妙に違いがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/07 08:04
箕輪初心:生方▲真田●62【小田井城】:約20haの巨大な城
小田井城は長野県御代田町にあった城である。 ・天文年間に小田井城は築城された説が有力説である。 ・天文13年(1544)小田井又六郎は武田晴信に討ち取られた。 志賀城攻めの時、上杉憲政軍と武田軍が戦った小田井原の 合戦も城近くで行われた。その後、小田井城は武田晴信の 巨大な縄張りに拡張されたのであろう。約20haある。曽根館 も近いし、8000の兵の駐屯地になる得る。・・・天正18年 (1582)徳川家臣:依田信蕃に落とされ廃城となった。 ★御代田町では小田井城を宣伝していない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/06 06:41
箕輪初心:生方▲真田●60【佐久平根白岩城:平尾氏館】&真田の本
白岩城は長野県佐久市上平尾=平根にあった城である。平尾氏館、 里古城とも言われている。湯川の侵食谷の河岸段丘の上の比高 30〜40mの断崖上に築かれた城である。現在の平根小学校 ・校庭〜平根児童館〜裏の北西の畑(主郭部)までの範囲である。 土塁は『の形で湯川に添って100m続き、20m程の畑の真ん 中に飛び出している。「平根村誌」・「平根小学校の歩み」、それに、 佐久市史、御代田町誌などを参考にまとめてみた。平尾小学校の 教頭:大工原先生、資料ありがとうございました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 10:35
箕輪初心:生方▲真田●59【志賀城】:笠原清繁&高田憲頼/大虐殺&人身売買
志賀城で有名なのは、「武田晴信が小田井原の合戦で討ち取った首 3000を城下に掛け並べ、城兵たちに見せ、士気を削いだという 残酷エピソードである。」志賀城=笠原城攻めには真田幸綱(幸隆) ・芦田信守・相木昌朝・大井貞清なども加わっている。志賀城から 逃げた笠原配下は、村上義清の砥石城で、武田信玄に再び刃向 かい、「砥石崩れ」で無念を晴らした。でも、現在も志賀の人々は 武田信玄を嫌っているだろうな?人身売買もあったし、・・・ 富岡武蔵さんが「志賀城はなかなかの堅城だよ。」とおっしゃ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/03 07:45
箕輪初心:生方▲真田●58【大井城】&「大井一族の歴史」
今日は私の誕生日である。1年間よく働き、遊んだが、年をとっ た。私も両親の面倒をみる年代になった。多くの人に感謝したい。 佐久の岩村田大井城は、長野県佐久市岩村田にあった城である。 石並城、王城、黒岩城からなるが、30年以上も前に行ったの で、詳しい縄張りは説明できない。写真も2枚しかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/02 10:31
箕輪初心:生方▲2016スキー9【志賀】→熊ノ湯温泉→10【志賀】
★平成28年(2016)2月20・21日の毎年恒例の太田無線& 犬&スキー&ハイキングの第2回目のスキーツアーがあった。 今年の長野遠征は【スキーbX長野:志賀スキー場→宿泊は 長野:志賀熊ノ湯温泉「樅の家」である。【スキー10志 賀スキー場】である。今年は11名の参加者があった。天気 であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/01 09:27
箕輪初心:生方▲源頼朝44【平賀義信】&『佐久平賀城』
平治の乱に破れた源義朝は鎌田政清平賀義信ら7人とともに 落ち延びた。治承4年(1180)源頼朝の挙兵・・・源頼朝に平賀 一族は重用された。政権争いで没落後は、新田家に吸収された。 平賀城は平賀氏が代々要害とした佐久にある山城である。築城 年代は明らかではない。富岡武蔵氏が「城跡は本城、城平、搦 手曲輪等から成立っているけれど、ほかの郭を発見した。武田 信玄が改修工事をしたのだろう。凄い城だよ。」と言っていた のを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/01 08:42
箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
上野国を支配していた滝川一益を神流川の戦いで破り、信濃まで攻め込 もうとする北条氏直。信濃国:海津城に入城し、信濃での領土拡大を 目指す上杉景勝。北条の勢いに驚異を覚えながら、甲斐進出を考え始め る徳川家康。「天正壬午の乱」の3つ巴の戦いが始まろうとしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/29 19:56
箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
★伴野家宗家:Hしゃん、違っていたら訂正をお願いします。 佐久野沢城:伴野信是の支城:伴野部城:大工原兵部の城であった が、村上義清方の田口長能が攻略し、田口城として大きな改修工事 をした。その後、武田晴信に味方した大工原兵部の親戚:相木昌朝 が田口長能を下し、入城した。永禄8年(1568)には、新海三社神社 で戦勝祈願をした。その後、田口城は依田信蕃の城になった、しか し、依田信蕃が岩尾城攻めで戦死すると、居館に依田康国が蕃松院 を建てた。文久3年(1863) 三河奥殿藩の藩主:... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/28 10:38
箕輪初心:生方▲真田●54【佐久稲荷山城:勝間城】
稲荷山城は、長野県佐久市臼田大字勝間の稲荷山にあった城である。 千曲川の左岸にあり、北・東・南が急斜面・断崖になっている。 複数の曲輪を配した平山城だったようであるが、神社・公園・学園 となって城の地形は失われた。築城時期は不明であるが、滋野一族 の禰津氏の庶流桜井対馬守の居城だったと言われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/27 22:10
箕輪初心:生方▲真田●53『前山城』&伴野氏の歴史後編
伴野氏宗家:THしゃんはもし、間違った記述がありましたら、 ご指摘ください。 鎌倉時代、加賀美遠光&小笠原長清が信濃守護になった。6男 (4男?):伴野時長と続く。伴野館=野沢城を居館としていた。 伴野氏が、同族大井氏との争いの中で、文明年間(1469〜1487) に伴野光利が前山城を築いた(伝)。 天文9年(1540)武田信虎 臼田・入沢の両城をはじめ数十城を攻め破り、「前山に城を築い て在陣す。」と記されている。武田信虎の助力によって前山城の 拡張工事が行われた。天文17年(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/25 05:39
箕輪初心:生方▲真田●52『伴野氏館=野沢城』&伴野氏の歴史前編
伴野氏宗家:THしゃん宅は拙宅から50mの所にある。Hしゃんは 先祖:伴野氏や戦国史に詳しい方である。Hしゃん、もし、間違った 記述・疑問点がありましたら、ご指摘ください。よろしくお願いします。 『東西73m、南北110mの南北に長い長方形で、周囲に土塁と堀を 廻らせた城の主郭部分にあたる。土塁は北側と西側、東側の北半分 が残存し、堀は全周が残存する。南側の中央に入口を設け、南西の 高台に物見櫓を設けていたと伝えられている。県史跡指定を受けた 部分は、鎌倉時代〜室町時代に活躍した伴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/24 11:11
箕輪初心:生方▲真田丸49【望月城】望月氏&真田氏
望月城は北佐久郡望月町のあった城である。平安時代には滋野氏が 「望月の牧」の統括者なり、滋野系望月氏が望月を支配した。いく つかある東山道の諏訪→望月→小県へ&佐久への分岐=交通の要衝 であった。天文12年(1543)武田信玄の猛攻によって陥落するが、 望月氏が武田氏の支配下となることで望月氏は存続した。天文10年 (1582)武田氏滅亡後、北条氏臣下→徳川軍の依田信蕃に望月城も 1ヶ月半の籠城戦の後に落城した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 05:39
箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
・北佐久郡望月町春日にあった城である。芦田信守は芦田城より堅 固な春日城を本拠地とした。芦田信守&依田信蕃の2代の居住地で ある。依田信蕃の次男:松平康真(康勝)が上野国の石倉城(前橋 市)でだまし討ち?にあった兄:康国を弔うため、生まれた平時の 居館跡に、康国寺を創建した。 康国寺の南西の山が詰め城:春日城 である。やっぱり、写真は消滅していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/20 05:17
箕輪初心:生方▲真田丸47【芦田城】芦田氏と真田氏
長野県北佐久郡立科町茂田井にあった城である。佐久から白樺湖 に行く途中に大きな看板が見える。登城は2回しかない。依田氏 が芦田滋野氏の芦田城を攻略し、芦田を名乗った。天文12年 (1543) 武田晴信は長窪城を攻撃する際、5代目芦田(依田)信 &芦田系の相木昌朝を味方につけ、長窪城を攻略した。後、芦田 信守と相木昌朝と真田幸綱(幸隆)は武田晴信の信濃 先方衆として、大井貞清の内山城→笠原清繁の志賀城→上田平の 戦い→砥石城攻めに従軍した。・・・武田氏滅亡後、6代:依田 信蕃は、真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/19 06:50
箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
長窪城は長野県小県郡長和町にあった大井氏の要害城である。 天文12年(1543)武田晴信は佐久郡へ侵攻し、大井貞隆の長窪城 を攻略した。その後、武田晴信は村上義清を倒すため、長窪城か らおそらく3回出撃した。「疾きこと風の如く、徐かなること林 の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」か? 直接的には真田幸隆はあまり関係ないが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/18 08:46
箕輪初心:生方▲真田○45:【諏訪の上原城】&板垣信方と真田幸綱
・天文10年(1541) 5月、海野平の戦いで武田信虎と諏訪頼重・村上 義清氏とともに信濃佐久郡・小県郡へ侵攻した。6月14日、甲斐 で信虎は嫡男武田晴信により今川氏の駿河へ追放され、晴信が家 督を継承した。関東管領:上杉憲政が信濃佐久郡・小県郡へ侵攻 し、諏訪頼重は独断で山内上杉氏と和睦を結び、芦田郷を割譲し た。天文11年(1542)諏訪頼重を盟約違反とした武田晴信は高遠 頼継と結び諏訪郡へ侵攻し、諏訪氏を滅ぼした。次いで決裂した 高遠頼継を打ち破り、上原城に家臣:板垣信方を城... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/17 11:45
箕輪初心:生方▲真田●44【佐久内山城】真田幸隆&大井貞清
佐久内山は源頼朝の御家人:平賀氏の所領であった。文安3 年(1446) 平賀氏は守護:小笠原清宗、守護代大井氏と争って 本流は滅亡した。(★諏訪大社上社文書)永正年間(1504〜 1521)に大井美作入道玄岑が内山城を築城したと言われてい る。天文15年(1546) 大井貞清が内山城を開城した。真田幸 綱(幸隆)が大井貞清の助命を武田晴信に頼んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/16 09:05
箕輪初心:生方▲真田丸43:第6話【迷走】のあらすじ&「森長可の撤退」
★天正10年(1582)6月4日、本能寺の変で、織田信長が明智光秀 に討たれてから2日が経過した。安土城下は明智勢に占拠された。 真田信繁は安土城にいれば明智光秀に討たれると考え脱出した。 しかし、織田領から抜け出せたわけではなかった。真田丸の平山 優氏・黒田基樹氏の説などの時代考証で三谷幸喜氏が話が進めて いるが、従来の「中之条町誌」や「真田氏&上州」などに関わっ た中之条の唐沢定一先生や真田研究の第一人者:芝辻俊六氏の真 田通説や群馬県史にもないドラマが展開されている。真実は不... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/15 08:17
箕輪初心:生方▲真田丸42真田の里【真田氏館&真田本城&支城群一覧】
真田氏館は平時用の政務の館であり、真田本城は戦時用の山城である。 真田盆地の南西に戸石城を望み、真田盆地を取り囲む山城群の中心的 なと考えられている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/14 13:38
箕輪初心:生方▲真田丸41【米山城・戸石城・本城・枡形城】真田幸隆乗取&真田兄弟対決
戸石城には2回行っている。2回目は砥石城祭りだった。室町時代 村上義清が東信方面の戦略上の拠点として戸石城・米山城は築いた といわれている。その砥石・米山城で最も有名なのが「砥石崩れ」 である。天文19年(1550)武田信玄が村上義清を攻めたが、「砥石 崩れ」という大敗を喫した。しかし、その翌年、天文20年(1551)、 真田幸綱(真田信繁の祖父:幸隆)が武田信玄が落とせなかった戸 石城を調略により戸石城を乗っ取った。天正2年(1574)真田幸綱は 戸石城で死んだ。戸石城には真田昌... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/13 07:34
箕輪初心:生方▲真田丸40【真田根小屋城】:真田氏の支城
根小屋城は戸石城と同じ太郎山山系にある神川右岸の城である。 戸石城からは約2km北西の神川上流沿いにある。真田の里の 中心部より地蔵峠に向う松代街道と左のの神川の先に小さな円 錐系の岩山が見える。これが根小屋城である。真田本城からも 南によく見える。根小屋城1400年の大塔合戦で出てくる 曲尾 氏の居城であった?、真田幸隆の時代には松代街道を見はる城 の役割を果たした。第一次上田合戦では、上杉景勝の海津城将 :須田満親が救援のため、入城した。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/12 08:48
箕輪初心:生方▲伊達政宗の兜→ダース・ベイダー&『フォースの覚醒』
エスビック手作り甲冑クラブ会長:柳澤佳雄先生から、「ダース・ベ イダーのモデルとなった武将は伊達政宗である。」と教えていただい た。冊子に、根拠は、@仙台市博物館の前館長:濱田直嗣さんの話 「20年以上も前のことですが、この映画の制作関係者だという人か ら仙台市博物館に国際電話がありました。『伊達政宗の黒漆五枚胴具 足の写真がほしい。』と言ってきたので米国に送ったことがありま す。」A1997年発行の"STAR WARS−THE MAGIC OF MYTH−"... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 06:44
箕輪初心:生方▲真田丸39【真田:洗馬(せば)城】:横尾氏の詰め城→真田氏の城
尾引城=横尾城は海野一族:横尾氏のの詰め城であると言 われている。真田幸隆や真田信綱時代には松代街道の見 張りの城であった。現在は傍陽小学校の西に聳える比高 60m〜70m程の尾根、誉田足玉神社の北ある城である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 04:47
箕輪初心:生方▲真田丸38【矢沢城】&真田昌幸の叔父:矢沢頼綱の生涯
矢沢城は真田幸隆の弟:矢沢頼綱(綱頼)の居城で、神川を挟ん で対岸の伊勢城の対になっている城である。また、真田屋敷を守 る城でもある。矢沢頼綱は真田幸隆の弟である。つまり、真田昌幸 の叔父である。矢沢綱頼は沼田城を攻略したり、沼田城代では北条 氏の攻撃をかわしたりした。長篠の戦いで真田家を嗣ぐことになっ た3男の真田昌幸にとっては、頼れる叔父であった。「真田丸」で は、真田昌幸の従兄弟:矢沢三十郎頼康が第一次上田合戦で 矢沢城に800で籠城し、依田勢1500を撃破した。その後、真田... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 08:04
箕輪初心:生方▲真田丸37【真田天白城】真田昌幸長男:真田信綱の築城?
上州街道の鳥井峠から松尾古城→真田本城→天白城→真田氏館→矢 沢城と配置されている。天白城は真田本城のある峰のすぐ南の峰の 先端部が城址で、真田本城からは500〜600mの所にある。天白城 は真田本城と馬蹄状に配置されているので、天白城は真田本城と一 対になって守っていた一城別郭の要素がある。天白城の歴史は不明 であるが、伝承では真田幸隆の長男:真田信綱(武田信玄24将) によって築かれたという。真田信綱は北赤井神社付近に居館を築い て、天白城を詰め城としたことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/09 09:28
箕輪初心:生方▲真田丸35【松尾古城】角間館の詰め城
松尾古城は真田本城〔真田新城〕の背後に位置している。鳥居峠、 和熊峠、角間峠の上野へ通じる峠道を押さえるために造られた 城である。比高は200mある。とっても疲れる城である。詰め 城にふさわしすぎる。おかげで、松尾古城の更に比高160m上 の遠見番所と呼ばれる砦跡には行けなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 13:48
箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
・天正13年(1585)、徳川家康の配下だった昌幸は、上州沼田 領を北条氏直に譲るよう命じられた。しかし、沼田領は昌幸は 命令を拒絶した。徳川家康は自分の造った上田城を攻撃するこ とになった。第一次上田合戦は、徳川勢7000余VS真田勢は 2000人弱だった。@負けたふりして、城内に誘い狭い場所で 大群を鉄砲で習い撃ち、A城の外に設けた柵で側面攻撃、B増 水した神川に追い込んで溺死、・・・自分の都合のよい戦いに 持ち込む。(★黒田基樹)「空城の計」がどんぴしゃであった。 真田の名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/04 08:01
箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して造った上田城】
・天正10年(1582)武田家が滅亡すると、真田家昌幸は自力で 領土を守らなければならなかった。上杉景勝VS徳川家康の対 立状況から徳川家康を利用し、上田城を造ることを思いついた。 (★平山優) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 12:03
箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
★私見は、天正10年(1582) 3月15日、真田昌幸は織田信長の家 臣となったが、仕置きで真田の郷・岩櫃城と沼田城を召し上げられ た、3月23日、滝川一益はその見返りとして、真田昌幸を箕輪城 代にした。そして、真田昌幸は榛名神社に制札を出したと考えてい る。滝川一益が箕輪城を人質の城にするために、厩橋城に移ったが 箕輪城には真田昌幸に見晴らせたと考えている。西上州の中心人物 は保渡田城:内藤昌月(まさあき:保科正俊の息子→内藤昌豊の養 子)であった。しかし、一方で内藤昌月を大将と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 07:20
箕輪初心:生方▲真田丸29【TV第4話「真田昌幸VS徳川初対決〜本能寺】
★第4話は天正10年(1582)3月15日〜6月2日まで話である。 3月15日、真田昌幸はついに織田信長に会えることになった。 真田昌幸は真田信繁を連れて、織田信長に会うために諏訪の 法華寺にやって来た。法華寺は下諏訪神社の一角にある。 真田VS徳川の狐と狸のような騙しあいが始まった。国会答弁 のような初対決である。・・・。そして、6月2日、本能寺の変が 始まろうとしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/01 07:40
箕輪初心:生方▲真田丸25【坂本城2回目&虚空蔵山烽火台】:武田信玄の築城?
・天文13年(1544)頃?真田幸綱(幸隆)は武田晴信の家臣になった。 真田幸綱(幸隆)・山本勘助らの佐久での調略などで快進撃・・ ・天文16年(1547)武田晴信が小田井原の戦い(現佐久市)の勝利後、 志賀城&笠原清繁は討ち死に。勢いで入山峠から東山道を下り、 上野国松枝(松井田)に進入した。そして、坂本宿を見渡せる場所 に坂本城を、隣に虚空蔵山烽火台・愛宕山城を築城したと思われる。 坂本城は、現在は碓氷湖の南にある。上野国ではじめて造った城で、 真田幸隆も同行した。★富岡武蔵氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/28 12:49
箕輪初心:生方▲2016スキーbR【妙高杉の原】&bS【妙高赤倉リゾート】
平成28年(2016)1月23日、高崎→安中バイパス→松井田・ 松井田ICから上信越道・・・佐久・小諸・東御・上田・千曲・中 野まで真田ゆかりの城を見ながら、妙高に行った。妙高杉の原 スキー場で滑った。仲間の10人の三田原4kmレースで、 7分11秒で優勝した。夜は宴会だった。部屋で太田桐生ス キーサークルの1年のスキー&ハイキング&海外旅行など のビデオを見て楽しんだ。1月24日は道の駅「あらい」で鮮 魚を購入した。それから、妙高赤倉リゾートスキー場で2時 間滑った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/27 11:09
箕輪初心:生方▲真田丸24【高崎→18号→上信越道の真田ゆかりの城】
真田氏の関係する城は群馬の沼田〜吾妻〜長野:真田の郷&上田 &松代だけではない。東山道〜北国街道にも真田ゆかりの城が多い。 今日は、【高崎→18号→安中バイパス→松井田】&【松井田IC→上 信越道の佐久・小諸・東御・千曲・長野・中野】付近の「真田丸」と真田 氏ゆかりの代表的な城:43城を紹介してゆこうと思う。真田はあまり 好きではないけど、妙高スキーのついでに、まとめてみた。関わった 城は約300城〜400城はあるばろうな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/27 08:30
箕輪初心:生方▲真田丸22『第3話:「策謀」のあらすじ』&登場人物の解説
・天正10年(1582)3月11日武田勝頼が死亡し、武田氏は滅んだ。 真田昌幸は真田家を守るためには織田氏に仕えるしかないと考えて いた。真田が織田に仕えるための奇策とは?・・真田一族の命運は どうなるのか? 『真田丸』登場人物:室賀・出浦・高梨・高梨娘をちょ っと説明を加えようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/25 09:14
箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
天正10年(1582)真田幸繁の父:真田昌幸が武田勝頼に「岩櫃城 まで逃げるように・・」と進言した基本的には甲陽軍鑑の創作かも しれないと思っているが、迎えるばずの潜龍院には4回行った。 私は真田一族の生き残り作戦:知将の真田一族と思っている。 悪く言えば、日和見とか、裏切りの真田一族とも見られるが。 ★武田勝頼の最後に関して、いくつかの疑問のある。武田滅 亡前に北条に帰属をする意思がある書状がある。石原家 (兄:昌貞三枝家への養子?)文書では、『真田昌幸が8歳の 娘の「帯解きの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/19 10:06
箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』
第2話は、真田信幸と真田信繁は、母・薫と、祖母・とりらと 父:真田昌幸の待つ上野:岩櫃城へ逃れる話から始まる。 途中、百姓の落ち武者狩りにあう。小山田信茂に裏切られた 武田勝頼一行は、田野で滝川一益勢と戦うが40名ほどしか おらず、武田勝頼は自刃した。甲斐善光寺で織田信忠に臣従 を誓った小山田信茂は「主君を裏切った不忠者」として・・。 真田昌幸は、上杉景勝を頼るか、北条氏直につくか、思案する が、・・・。武田氏滅亡後、真田昌幸は下した決断とは? 今朝はカーポート・車庫の雪下ろし・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/18 09:50
箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
真田ゆかりの温泉や隠し湯は長野県では、角間温泉・別所温泉・ 加賀井温泉&松代温泉、渋温泉・熊ノ湯温泉、群馬県では、鹿沢 温泉・万座温泉・草津温泉・沢渡温泉・四万温泉・湯宿温泉・ 老神温泉・伊香保温泉などがある。話題のNHK大河ドラマの 「真田丸」も1月10日から放送される。ドラマのついでに温泉 が最高である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 07:43
箕輪初心:生方▲真田丸6【生島足島神社】武田信玄の起請文・真田信之の起請文
平成27年(2015)11月11日、11月12日は生島足島神社に 行った。生島神、足島神の2神が祀られている。御神体は大地 である。武田信玄の戦勝祈願状と社領安堵状や武田信玄が長男: 義信の謀反(義信事件)の解決策として、配下の有力武将たちに 忠誠を誓わせた『起請文』83通、真田昌幸などの願文&朱印 状11通=計94通の古文書が残っている。12日の旅行では、 起請文の中に、浅利(現黒崎)・友松・塚越・富所の4人先祖の 方々の名前があった。高崎市井出町の友松氏は起請文の写しを 持っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/08 05:56
箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹・真田昌幸の墓
平成27年(2015)11月11日、バスで安中の長源寺近くを通った ので、私が長源寺の話をした。真田本城から長谷寺に行った。4回 目の訪問となった。吉田美由紀さんの解説では『昔、長谷寺は種月 庵と呼ばれていましたが、天文16年(1547)真田幸綱(幸隆)が 安中の長源寺から晃運和尚を開山として迎えて開基しました。それ 以降、真田家の菩提寺となりました。元和8年(1622)真田信之が松 代へ移封となり松代に長谷寺を建立したので、真田長谷寺は松代 長谷寺の末寺となりました。奥に、真田幸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/07 05:59
箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
平成27年(2015)11月11日、真田氏館5回目&真田氏歴史館 4回目の訪問をした。11月12日には真田氏歴史館5回目の訪 問をした。真田氏館は永禄年間初期(1558〜70)頃、真田幸綱が 真田信綱のために築城したのではないかと考えられている。 天正3年(1575)、長篠の戦いで真田信綱、昌輝兄弟が戦死する と、真田幸綱〔幸隆〕の3男:昌幸が真田家を相続した。天正11 年(1583)、真田昌幸が上田城の築城する前に住んでいたと云わ れている。上田築城後に館のあった位置に皇太神社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/06 07:16
箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
平成27年(2015)11月11日、真田本城に行った。3回目の 訪問となった。堺&長沢の腰掛け椅子が新名所になりそうであ る。顔を入れられる看板を作るともっと楽しくなるだろう。 北には松尾古城&奥に四阿山、北西に信綱寺・打越城・洗馬城、 南に曲馬城〜枡形城・戸石城〜お蚕山・虚空蔵山砦・・南東に 矢沢城・天白城・・・近くに真田氏館が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/05 08:13

トップへ | みんなの「旅行:中部地方」ブログ

城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 旅行:中部地方のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる