アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「戦国武将&偉人」のブログ記事

みんなの「戦国武将&偉人」ブログ

タイトル 日 時
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政92【第32話「復活の火」】&「井伊谷3人衆」
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政92【第32話「復活の火」】&「井伊谷3人衆」 @起…井伊直虎は徳川に臣従する手紙を出した。 A承…武田信玄の駿河侵攻→焦る今川氏真   井伊谷城主:小野政次は残った関口氏経の配下をにした。 ★後、木俣守勝配下の年寄に関口何右衛門(かえもん)がいるが、  関口氏経の一族として井伊谷に残っていた可能性もある。 B転…徳川家康の遠江侵攻→井伊谷3人衆の徳川へ→ C結…近藤康用の徳川への反乱?井伊谷城の閉門  今川館炎上→掛川城に急ぐ今川氏真。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 09:45
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政91【第31話「虎松の命」と『井伊谷の徳政令』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政91【第31話「虎松の命」と『井伊谷の徳政令』 @起…小野政次が井伊直虎を関口氏経の前に連れ出して、徳政令の 連署を出させた。井伊谷は今川の直轄地になった。 A承…井伊直虎と家臣は川名の隠し里の隠れ家に逃げた。 B転…今川→関口→小野政次の流れで虎松の首をとることとなった。 C結…小野政次は虎松の身代わりを殺害し、直虎に首実検させた。 今回は井伊谷の「徳政令」関係もリニューアルしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 17:12
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政90【30話「潰されざる者」】と『武田騎馬軍諸説』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政90【30話「潰されざる者」】と『武田騎馬軍諸説』 @起…政次は直虎が寿桂尼に呼ばれた理由と方久は今川呼ばれたことに    疑問を持った。 A承…方久は「徳政を出さなくても井伊を潰されます。」と言った。 B転…関口氏経は今川氏真の「徳政令の下知」を伝えた。 C結…百姓が関口氏経の寝所に徳政令の取り消しを願い出た。 政次が今川の命の書状を読んだ。「槍90本、持ち槍20本、馬60騎、 唐傘のかぶり物をする徒30人、・・・以上300人。」 ★馬60頭が井伊にいたのだろうか?騎馬の役割って何だろう? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 10:04
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政89【第29話「女たちの挽歌」】と松下清景・松下之綱
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政89【第29話「女たちの挽歌」】と松下清景・松下之綱 @起…徳川の答えは直虎の思惑と異なっていた。 A承…松下常慶の兄に嫁いではどうかと提案があった。 B転…しのと虎松の葛藤が始まった。 C結…しのが松下源太郎清景に嫁いでいった。直虎が養母になった。 大河ドラマでは、 「井伊虎松の母:しの徳川家康のへの人質として松下常慶の実家  の松下清景に嫁ぐに行くことになった。」 ドラマでは、今のところ、松下清景を家臣として登場してこない。  井伊直虎が井伊虎松の無事を徳川家康に伝えたことになっている。 ★不可解なのが A、松下清景は元... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 10:58
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政88【第28話「死の帳面」】と北条幻庵の生涯
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政88【第28話「死の帳面」】と北条幻庵の生涯 @起…寿桂尼は北条を通じて鈴を取り戻し、上杉との同盟を模索した。 A承…直虎は方久に堀川城を任せた。 B転…直虎は寿桂尼に協力を依頼されたが、死の帳面には×が記載。 C結…直虎・政次は井伊を守るため、寝返りを決意した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 07:17
箕輪初心:生方◆奄美大島20【自然総括編@イモト/Aタモリ/B生方】
箕輪初心:生方◆奄美大島20【自然総括編@イモト/Aタモリ/B生方】 @平成28年(2016)8月12日、「行ってQ:イモトに夏休み」の特 集で「奄美大島・与論島」放映された。A平成29年(2017)4月1 日、「ぶらタモリ:奄美大島へ!」が放映された。B平成29年(2017) 7月11日〜18日、私は「奄美のダイビング&自然散策6泊7日」 の旅行をした。第一の目的のダイビングは11本で、北部の海のダ イナミックさと南部の海の穏やかさと「ミステリーサークル」を味 わえた。また、奄美群島国立公園・世界遺産候補「奄美大島、徳之 島、沖縄島北部および西表島... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 07:29
箕輪初心:生方▲奄美大島F【日本のゴーギャン・奄美のルソー:田中一村】
箕輪初心:生方▲奄美大島F【日本のゴーギャン・奄美のルソー:田中一村】 ・本名「田中孝」→父の付けた号「田中米邨」→自分で名乗った号: 「田中一村」という画家をご存知だろうか?奄美大島に行くまでは、 おいらだって全く知らなかった。平成29年(2017)7月14日、奄美 パーク内の「田中一村美術館」に行った。翌日は一村の奄美での 家に行って見た。田中一村は10代の若さで才能を認められたに もかかわらず、苦難の連続に見舞われ、中央画壇とは一線を画し たまま、「田中一村」は絵筆一本の西日本へ放浪の旅に出た。 山下清も放浪の旅だったが、田中一村は中央画壇と決別... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/26 07:03
箕輪初心:生方▲奄美大島D【西郷隆盛:西郷松と西郷翁上陸之地・西郷南洲謫居跡】
箕輪初心:生方▲奄美大島D【西郷隆盛:西郷松と西郷翁上陸之地・西郷南洲謫居跡】 安政6年(1859) 西郷隆盛は薩摩藩の命令で蟄居を命ぜられ奄美大島の北部 の現龍郷町で約2年8か月間、暮らしていた。西郷は島の暮らしに徐々に 溶け込み、奄美大島の龍郷村の裕福な農家:龍一族の娘「愛加那」と結婚 し、菊次郎と菊草という2人の子供を儲けた。文久2年(1862)11月に 西郷に帰国命令が下り、奄美大島を出ることになった。西郷は鹿児 島に戻った後、島津久光の怒りに触れて今度は徳之島に再び流さ れた。愛加那は、2人の子供をつれて徳之島に渡り、再会をした。 しかし、すぐに西郷... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 08:42
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政87【第27話『気賀を我が手に』】&【海城一覧】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政87【第27話『気賀を我が手に』】&【海城一覧】 @起…方久・気賀の商人たちは気賀を治めるように勧める。 A承…方久は今川氏真に会うが、武田義信が自害したことで失敗。 B転…龍雲丸が気賀の城づくりを模索する。 C結…方久は大沢・関口の口添えで今川氏真に気賀支配を許可した。 ★『堀川城』は海城=水城であった。が、龍雲丸がどこを参考にしたか  愚問である。ドラマなのだ。有名な水城を調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 08:09
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政86【第26話:誰がために城はある】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政86【第26話:誰がために城はある】 @起…井伊家の危機が龍雲丸が木材の駿河運搬で回避できた。 A承…今川氏真が大沢に気賀に城を築くことを命じていた。気賀では    築城協力派と反対派でもめていた。龍雲丸は実力阻止派であった。 B転…直虎は仲裁の策を提案する。龍雲丸は「城はいらねえ。」という。   C結…方久が直虎に「気賀の城主になれないか」と提案する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 12:22
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政85【第25話材木を抱いて飛べ】&『戦国武将と囲碁』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政85【第25話材木を抱いて飛べ】&『戦国武将と囲碁』 @起…井伊家の新野さくらと今川家の庵原の婚儀が行われた。  松平元康の息子:竹千代(信康〜と織田信長の娘:徳姫の婚  儀も行われていた。龍雲丸が木材の取引先を探してきた。 A承…今川氏真が井伊が売った材木が成川屋から三河に流れて  いたことを知り、「謀反の疑いあり」で小野政次が今川の重臣:  関口氏経を連れてやってきた。 B直虎は駿府に出向くことになった。今川氏真に嫌みを言われる。 C龍雲丸は木材を駿府に運ばせ、直虎が助かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/05 13:06
箕輪初心:生方▲箕輪城250「ぐんまの城と戦国ロマン」不参加とエスビック創新館
箕輪初心:生方▲箕輪城250「ぐんまの城と戦国ロマン」不参加とエスビック創新館 平成29年(2017)4月10日「ぐんまの城と戦国ロマン〜城ファンの 集い〜」と称して、上毛新聞社主催の講演会の募集があった。しかし、 知らずに、過ごしていた。このイベントに本の販売をすることになっ ている榛名町戸田書店の中嶋講二氏から「もう、いっぱいになちゃっ たよ。」と知らされた。残念〜〜〜。あれまあ。裄V佳雄先生所蔵の 「井伊直政公の甲冑も参加することを知った。梁瀬先生の講演会2回、 飯森先生の講演会2回、久保田先生の講演会10回以上と参加した講 演会には、大部分掲載している... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 08:20
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政84『庵原朝昌』:妻は井伊直虎の従姉妹
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政84『庵原朝昌』:妻は井伊直虎の従姉妹 庵原助右衛門朝昌はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、永禄 10年(1567)、新野左馬助親矩の3女と結婚したことになっている。 庵原朝昌は今川義元→今川氏真→武田信玄→武田勝頼→戸田勝隆→ 井伊直政→水野勝成→井伊直政→井伊直孝と主君に仕えた。最終的 には井伊家次席家老として井伊家を支えた。波乱万丈の人生だったの であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 10:31
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政83【第24話】&『新野家の娘5説』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政83【第24話】&『新野家の娘5説』 インターナルアプリケーションエラー」と出て対処法が分からない。 ・永禄9年(1569)、9月29日、武田信玄は上野国の箕輪城を攻 略した。そして、武田信玄が駿河攻めを企画した。★箕輪城代は 「春日弾正(★私だけの説で歴史学者は誰も言っていない。根拠 は永禄10年3月8日の武田信玄→一徳斎(真田幸綱)・甘利昌 忠・金丸虎義に宛てた書状の解釈で)。8月17日、私の母方先 祖:塚越新助重定も「義信事件」後の生島足島神社の起請文を 箕輪城代:浅利信種を通じて提出した。武田信玄の駿河攻めが ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 06:44
箕輪初心:生方▲箕輪城247・井伊直虎・直政82【井の国会】C安中編
箕輪初心:生方▲箕輪城247・井伊直虎・直政82【井の国会】C安中編 ・平成29年(2017) 6月14日、15日の井伊谷の「井の国会 (石原正美会長)」の箕輪・安中・高崎に30名の方が来られた。 ・天正18年(1590)井伊直政が豊臣秀吉の命令で、箕輪城主12 万石で入封した。安中・松井田も含まれている。慶長3年(1598) 箕輪城を破城し、和田城を改築して高崎城と城下町に遠構えを築 き巨大な居城とした。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦い後、真田昌 幸と次男:信繁(幸村)の助命にも尽力した(★『彦根城博物 館学芸員:野田浩子著』)。慶長6年(160... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 09:26
箕輪初心:生方▲箕輪城247・井伊直虎・直政81【井の国会】Bエスビック裄V『創新館』
箕輪初心:生方▲箕輪城247・井伊直虎・直政81【井の国会】Bエスビック裄V『創新館』 ・平成29年(2017) 6月14日、15日の井伊谷の「井の国会 (石原正美会長)」が30名の方が箕輪・安中・高崎に来られた。 箕輪城→箕輪龍門寺→『エスビック:裄V『創新館』・『エスビック 展示資料室』・『エスビック歴史館』を見学された。 ◆また、近藤康用→近藤秀用の子孫:近藤さんにもお会いした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/20 07:26
箕輪初心:生方▲箕輪城245・井伊直虎・直政80【井の国会】A箕輪龍門寺
箕輪初心:生方▲箕輪城245・井伊直虎・直政80【井の国会】A箕輪龍門寺 ・平成29年(2017) 6月14日、15日の井伊谷の「井の国会 (石原正美会長)」の箕輪・安中・高崎に30名の方が来られた。 箕輪城→箕輪龍門寺→エスビック:裄V『創新館』を見学された。 ★今回は、1日目の懇親会にも参加することになった。私は「井 の国会」の旅行の先々で岡田会長・西原さんとご一緒させていた だいた。 ◆竜門寺は井伊直政は菩提寺として箕輪に開基した寺である。 井伊直政の実母「ひな」NHK大河では「??」の再婚相手:松下 清景と中野直之2男で松下家養子の松下一定(安... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/19 08:36
箕輪初心:生方▲箕輪城244/井伊直虎・直政79『井の国会』@箕輪城
箕輪初心:生方▲箕輪城244/井伊直虎・直政79『井の国会』@箕輪城 井の国会:石原正美先生は「井伊谷・浜松では超有名である。 「古墳の歴史・井伊氏の歴史」に精通しておられるからである。 前方後方墳が尾張・井伊谷から群馬に伝来したのだ。 @平成27年(2017) 9月7日・8日? 石原正美先生には、高崎  市委嘱「高崎市箕郷歴史文化調査研究会」の井伊谷訪問でお  世話になった。 A平成28年(2017) 4月12日「井の国会団長」として箕輪城  に来られたので、私は箕輪城のガイドをさせていただいた。 B平成29年(2017) 6月14日、15日の井... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/18 13:50
箕輪初心:生方▲直虎・直政78【第23話「盗賊は二度仏を盗む」&近藤康用】
箕輪初心:生方▲直虎・直政78【第23話「盗賊は二度仏を盗む」&近藤康用】 ●「井伊に材木泥棒がいる」との噂を聞きつけた近隣の領主:近藤康用 がやってきた。近藤康用の妻は鈴木重時の娘、近藤康用の娘は中野直之 の息子:三信の妻になる。中野直之と近藤秀用は義兄弟である。箕輪城 には、息子の近藤秀用と中野直之・三信・一定(松下家養子)も来た。 ★平成29年(2017) 6月14日、井伊谷の「井の国会(石原正美会長)」 の箕輪・安中・高崎旅行に30名の方が来られました。井伊谷ボランテ ィアガイドで、近藤康用→近藤秀用の宗家子孫:近藤さんが箕輪城にお 見えになられた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 15:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政78【第22話「虎と龍」】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政78【第22話「虎と龍」】 平成29年(2017)6月2日、前防衛相の中谷元(高知1区)は、党県 第1選挙区支部大会の冒頭挨拶で『両学園の問題について「安倍晋三 首相に『あいうえお』の5文字を贈りたい。あせらず、いばらず、 うかれず、えこひいきをせず、おごらず」と忠告した。』→私は「相変 わらず、威張っていて、嘘をつく。依怙贔屓して、奢る安倍政権は久 しからず。」と曲解して受け取った。首相が「印象操作」連呼し、野党 「どこで覚えたの?」も面白い。井伊直虎の「武士は泥棒かもしれぬ。」 サン=シモン「空想的社会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 12:37
箕輪初心:生方▲富山30【井波城=瑞泉寺城】:一向宗→佐々成政家臣
箕輪初心:生方▲富山30【井波城=瑞泉寺城】:一向宗→佐々成政家臣 越中一向一揆の総本山瑞泉寺が築いた「僧兵の城」である。井波城は、 瑞泉寺の隣の井波八幡宮・古城公園(護国神社)一帯が築かれている。  城の遺構は、高い大土塁が古城公園と八幡宮の三方を取り囲むように 今も残っている。瑞泉寺スタッフによると、城の井戸であったという 「臼浪水」が一番の遺構だという。井波城は、富山県南砺市井波にあ る平山城で、一向宗:瑞泉寺に隣接している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/10 05:24
箕輪初心:生方▲富山29【今石動城】:前田利家の築城
箕輪初心:生方▲富山29【今石動城】:前田利家の築城 今石動城は越中攻略の拠点として前田利家によって築かれた城である。 「石動市街地背後の白馬山(標高186m)に築かれた城で、山頂に ある本丸(主郭)は平坦に削られ、東西49m、南北26mと広く、 富山県内でも規模の大きい山城である。」と説明にあった。前田利家 の築城から、わずか10年で廃城状態となった。・・・でも、この先は 草ボウボウであった。山城には初夏〜夏に行くもんじゃないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 04:57
箕輪初心:生方▲富山28【高岡浅井城&赤丸城の遠望】
箕輪初心:生方▲富山28【高岡浅井城&赤丸城の遠望】 富山県の三大山城の高岡市の「守山城」を地図の城跡と頼りに探し 回っていた。スマホも持っていなかったし。・・・守山城だと思っ て、訪ねた城は高岡市赤丸(旧福岡町)の城だった。中世の道: 『山根道』の赤丸は、西に行けば、今石動城(現小矢部市)、 東に行けば、守山城(高岡市)へと通ずる『山根道』の中間地 であった。結局、浅井城(丸山城)と赤丸城も登城はしなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/08 05:54
箕輪初心:生方▲富山27【高岡城100名城】と『前田利長の半生』
箕輪初心:生方▲富山27【高岡城100名城】と『前田利長の半生』 ・天正13年(1585)から13年間、二上山にあった守山城の城主であ った。慶長3年(1598)に前田利家公の後を継ぎ当主となった。慶長 10年(1605)隠居して富山城に移った。慶長14年(1609)3月の大 火で富山城を焼失した。前田利長は住み慣れた守山城から眼下 に見下ろせる「関野」に新しく城を築城することにした。 高岡城は、 キリシタン大名:高山右近が縄張した(伝)。・慶長19年(1614) 前 田利長は死去した。前田利長の隠居城:高岡城には実質6年間 在城した。・慶長20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 06:34
箕輪初心:生方▲越中26『守山城』:斯波→神保→上杉→神保→佐々→前田弟
箕輪初心:生方▲越中26『守山城』:斯波→神保→上杉→神保→佐々→前田弟 守山城は富山県高岡市東海老坂にある。守山城は高岡を一望に見下 ろせる。高岡は庄川、小矢部川の河川輸送、伏木、放生津の海上輸 送を掌握する要所でもあった。斯波義将の越中守護職時代の守護所 が二上山の山頂250mにあったことから、戦国時代の歴史に度々登場 する。神保氏5代→上杉政虎(謙信)→神保長職→佐々成政→前田 利長と城主が交代した。前田利家末弟:前田利長は、13年間、守山城 を居城としていた。越中三大山城(守山城、松倉城、増山城) の一つに数えられるが、3回目の越中の城回りで、や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/06 09:13
箕輪初心:生方▲富山25『森寺城』氷見最大の山城★写真がな〜い。
箕輪初心:生方▲富山25『森寺城』氷見最大の山城★写真がな〜い。 森寺城は富山県氷見市森寺字城山にあった城である。氷見地区最大の 山城で、阿尾城の詰め城的な要素の城だと思われる。越中三大山城 (松倉城・増山城・守山城)に次ぐ規模の山城であろう。室町時代 、能登守護:畠山義統が築いた城と伝えられている。当初は能登と 越中の国境を守る拠点として利用されていた。畠山氏が没落した後 上杉政虎(謙信)に攻め落とされた。上杉謙信の死去により、能登 から撤退すると、織田軍が神保氏張・長連龍と結び攻略した。天正 11年(1583) 越中を制圧した佐々成政の領有と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 14:04
箕輪初心:生方▲富山24の2【前田慶次郎】阿尾城代4説→長谷堂城の戦い3説
箕輪初心:生方▲富山24の2【前田慶次郎】阿尾城代4説→長谷堂城の戦い3説 『前田慶次郎』・『水戸光圀』は傾き者で有名である。『前田慶次 郎』は漫画「花の慶次」(さいとうたかを)の影響でさらに、有 名人となった。説@…・天正10年 (1582) 前田利家は小丸山城 を築城し、七尾城から移った。阿尾城主:前田慶次郎とした説。 説B…天正11年 (1583)前田利家が七尾城に移った時、前田利久 ろ慶次郎を呼び寄せ、阿尾城主:前田慶次郎とした説。天正12年 (1584)▲末森城の戦いの参加・不参加に説が分かれる。 説B…天正13年(1583)4月、前田利家は阿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 15:26
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政77【21話「ぬしの名は?」】と靴
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政77【21話「ぬしの名は?」】と靴 NHK大河「おんな城主直虎」は相変わらず、疑問を提供をくれる。 「君の名は?」のパクリのタイトルかな。「武士は泥棒?」にすれば。 @起…駿河での鉄砲販売を断られたので、気賀の綿布販売にした。 ★綿布?永禄9年に、井伊谷で? A承…気賀の中村屋がしきっていたが、直虎が賊に捕まった。 ★直虎の靴は革靴だった。★賊の靴は中央アジアの靴のようだった。 B転…賊は身代金を要求した。賊は「武士なんて大泥棒じゃねえか」 ★あれまあ、フランス革命?・マルクス的な階級闘争の発想みたい。 C結…直虎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 15:31
箕輪初心:生方▲富山23の1【越中阿尾城】2回目
箕輪初心:生方▲富山23の1【越中阿尾城】2回目 阿尾城は、富山湾に突き出した独立丘に築かれている。西は陸地 と繋がっている。北は標高0m〜10m程の陸地である。東・南の2方は 海に面した断崖となっている。伝本丸展望台からは運がよければ、富 山湾の先に立山連峰を一望することができる私は阿尾城には2回行っ ている。堅固な城であった。水の手がないのが、玉に傷かも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/03 08:29
箕輪初心:生方▲富山22神保城(富崎城)&▲富山23増山城:続100名城
箕輪初心:生方▲富山22神保城(富崎城)&▲富山23増山城:続100名城 八尾の見学後、増山城に向かった。途中に偶然、本覚寺:神保 城=富崎城があった。富崎城は富山市婦中町富崎にある山城であ る。富崎城は越中国守護代:神保氏の有力な支城の1つである。 城主は神保氏・寺嶋牛之助などである。山田川が自然の堀として 流れ、右岸山頂:標高92.5mに築かれている。神保城:富崎城 ・滝山城・福山城とも呼ばれている。主郭には行かなかった。 増山城(富山市)は和田川右岸の山上に築かれた山城であり、増 山城(富山市)松倉城(魚津市)、守山城(高岡市)は越中三大 山城と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 07:27
箕輪初心:生方▲富山21『八尾城齋藤氏&八尾の歴史』と見られなかった「風の盆」
箕輪初心:生方▲富山21『八尾城齋藤氏&八尾の歴史』と見られなかった「風の盆」 幻想的で優美な踊り「おわら風の盆」で知られる八尾の「風の 盆」の前夜祭の練習風景でも見ようかと回った。諏訪町は格 子戸のある旅籠や土蔵造りの民家などの街並みが残っていた。 古い町並や「風の盆」・「曳山祭り」の背景には、江戸時代、 養蚕や和紙などで財をなした商人の歴史が今でも息づいている ことが分かった。でも、何故、重要伝統的建造物群保存地区に 選定されないのであろうか?などと疑問に思いながら、急ぎ足 の旅をした。そして、戦国時代の「八尾城」・「城生城」の齋藤氏 との関わり、江戸時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 06:54
箕輪初心:生方▲『全国の国分寺一覧』19/70?
箕輪初心:生方▲『全国の国分寺一覧』19/70? 奈良時代:天平13年(741)、聖武天皇は全国68の国々に国分僧寺= 金光明寺と国分尼寺=法華寺を造ることを命じた。私は国分寺には、 おそらく19位しか行っていない。結構、行っていないのは分かっ た。結構、近くまで行っている国分寺も多かった。でも、3年分の写 真が消滅したので、添付できないのが残念だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 22:00
箕輪初心:生方▲富山20【安田城】:続100名城135番
箕輪初心:生方▲富山20【安田城】:続100名城135番 平成20年(2008) 8月28日(木)富山城→白鳥城→大がけ城の 見学後、富山県富山市婦中町安田の安田城に行った。パンフレッ トによると、「昭和52年と53年の発掘調査の結果、本丸、二 の丸、右郭の3つの曲輪からなり、周囲に堀がめぐらされ、堀は 井田川から水を引き入れた水濠であったことが確認されている。 本丸の土塁の高さは2.4mで、曲輪全体を巡らしている。二の丸・ 右郭は直接攻撃にさらされる恐れのある外側のみに土塁を巡らして いる。各曲輪は土橋でつながっている。・・・昭和5... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 06:16
箕輪初心:生方▲富山18【白鳥城】&19【大峪(おおがけ)城】富山城の支城
箕輪初心:生方▲富山18【白鳥城】&19【大峪(おおがけ)城】富山城の支城 白鳥城は富山城を見下ろす呉羽丘陵の最高峰城山:標高145.3m の山頂を中心に築かれた城である。白鳥城へは、呉羽丘陵を縦 断するドライブウィイを走れば簡単に行くことができる。駐車場に 「白鳥城の石碑」が建っていて、ここから石段を登ると白鳥城 の城域になる。 白鳥城から下っていくと、大峪(おおがけ)城 がある。大峪(おおがけ)城の主郭跡は富山市立五福小学校に なっている。小学校の敷地が周囲より一段高くなっていて、所 々に土塁の痕跡が見受けられる。 2つとも詳しい観察はしてい ない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 07:51
箕輪初心:生方▲『続100名城(101~200)』 2017年4月現在54/100
箕輪初心:生方▲『続100名城(101~200)』 2017年4月現在54/100 ・平成29年(2017)4月6日、財団法人日本城郭協会が『続100 名城(101~200)』に定めた。私は54城に登城していることが分 かった。そして、+5城は遠望だけであった。・・・平成18年 (2006) の『日本100名城』に続くものとして、『日本300名山』 のように選定を求める声が多かった。平成28年(2016)日本の名 城と呼ばれる城郭を公募した。Hpによると、「選定は約500城の 候補から6人の専門家が行い、前回100選で史実に即して復元 されていないとして落選した城... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 08:24
箕輪初心:生方▲富山17【富山城】:続日本100名城134番
箕輪初心:生方▲富山17【富山城】:続日本100名城134番 ・昭和48年(1975)8月、富山での吹奏楽演奏会で初めて立ちよった。 ・平成20年(2008) 8月28日(木)富山旅行10【富山の城巡り &八尾おわら風の盆】で、富山城に立ちよった。鉄筋の富山城博 物館は史実に基づいていない犬山城見たいな「模擬天守」である。 もう、63年も経ち、私同様、骨董品に近づいた。平成29年(2017) 続日本100名城134番に選定された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 05:43
箕輪初心:生方▲富山16『魚津城』と【魚津城の戦い】 
箕輪初心:生方▲富山16『魚津城』と【魚津城の戦い】  平成21年(2009)5月2日、NHK大河ドラマ『天地人「魚津城の 戦い」』の前日、松尾芭蕉「奥の細道」&中山道&富山・石川・ 福井・滋賀・岐阜の城を訪ねる旅の一貫として『魚津城』に 立ち寄った。魚津城は現在の大町小学校である。「魚津城の戦い」 の痕跡はNHK大河ドラマの『天地人』の波に乗った「旗」が なびいているだけだった。歴史に「もし」「たら」「れば」はないが、 天正10年(1582)6月2日の織田信長の死より、後3日間、上杉 軍の籠城が伸びていれば、13名は生きていただろうに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 07:08
箕輪初心:生方▲富山15『天神山城』天正10年:上杉景勝着陣
箕輪初心:生方▲富山15『天神山城』天正10年:上杉景勝着陣  平成21年(2009)5月2日 NHK大河ドラマ天地人「魚津城の戦い」 の前日、松尾芭蕉「奥の細道」&中山道&富山・石川・福井・滋賀 ・岐阜の城を訪ねる旅の一環として訪問した。天神山城跡は公園化 されて結構。破壊されていた。天正10年(1582)、柴田勝家など率 いる織田軍による魚津城攻めの際、上杉景勝が着陣した。NHK大 河ドラマ『天地人』で3週に渡って演じられた「魚津城の戦い」 で有名になった。直江兼続が魚津城に忍び込み「一端は春日山に 戻る。」と伝えるストーリーだった。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 07:58
箕輪初心:生方▲富山14【北山城=金山城(松倉城支城)】
箕輪初心:生方▲富山14【北山城=金山城(松倉城支城)】 松倉城の北方1700mの独立丘陵(標高310m)の上に位置す る北山城はL字状の形をなし、長さ約250m、幅約70mの範囲 に築かれた松倉城の支城である。山頂部は細長く平坦に削平されて おり、西端には一段高い削平地があり、南端には堀切が設けられて いる。また、山頂の平坦部の一段下には細長い帯郭がめぐらされて いる。北山城主は判然とせず、松倉城主椎名氏の持城という以外詳 細は不明である。また、一名金山谷城と称されるのは城の西側に金 山谷集落があることによると考えられ、文献史料にしばし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 06:16
箕輪初心:生方▲富山13『小菅沼城(松倉城家老:武隈屋敷)』
箕輪初心:生方▲富山13『小菅沼城(松倉城家老:武隈屋敷)』 「武隈屋敷は小菅沼城とも呼ばれる城館跡で、周囲が高い石垣で囲ま  れ、出入り口は舛形の門跡が残る。室町時代の松倉城主椎名氏の家  老と伝えられる武隈氏は椎名氏滅亡後もこの地に居住していたが、  大正期に他県へ転居している。 屋敷跡は金山谷から松倉城への途中にあり、一辺が60〜70mの  方形で石垣が巡らされている。小菅沼地区にはこの他にも土塁で  囲まれた館跡が存在しており、松倉城の時代に支城や城館跡が小菅  沼地区に多数存在していたと考えられている。    富山県教育委員会・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/25 06:06
箕輪初心:生方▲富山bT『越中の戦国時代』+ちょっと越後
箕輪初心:生方▲富山bT『越中の戦国時代』+ちょっと越後 戦国時代、越中は守護代の神保氏・椎名氏が争った。次第に加賀の一 向一揆衆と手を組んだ神保氏の勢力が強まり、畠山氏の要請で長尾氏 が介入した。天文年間、富山城の神保長職と松倉城の椎名康胤が越中 の覇権をめぐって争うようになった。永禄年間、椎名康胤は越後の長尾 景虎(上杉謙信)VS神保長職は甲斐の武田信玄・一向一揆衆の様相 となった。武田・上杉の代理戦争という形で、信濃→上野→越中へと 移っていった。武田信玄の死後、上杉謙信の越中を平定した。天正6 年(1578)、上杉謙信が死に、御館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 21:00
箕輪初心:生方▲富山12『松倉城』:難攻不落の越中最大の山城
箕輪初心:生方▲富山12『松倉城』:難攻不落の越中最大の山城 「越中松倉城」は魚津市南部の松倉山山頂にある。5つの郭が南北 に並び、東西1kmにも及ぶ巨大な山城である。南北朝時代、普門 (井上)俊清→桃井直常などが在城し、築城・増築したという。室町 時代から江戸時代にかけて松倉金山で金の採掘が盛んに行われた。 長尾為景も一時在城したという。・永禄年間(1558〜1570)椎名康胤 と神保長職との抗争。椎名康胤は長尾景虎(上杉謙信)に援軍を要請。 →神保長職は降伏。・永禄11年(1568) 椎名康胤は上杉氏から離反。 武田信玄+一向一揆に締結。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 06:00
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政76『高瀬姫』と【20話「第三の女」】と松源寺
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政76『高瀬姫』と【20話「第三の女」】と松源寺 井伊直親は龍潭寺開山以来、縁を結ぶ松岡家の庇護を受け、長野県 下伊那郡高森町の松源寺(今の松源寺ではない。)での12年にも及 ぶ隠棲先で島田村の代官塩沢氏の娘との間に井伊直政の兄や姉に当 たる一男一女を儲けている。★ちなみに、井伊直政の姉:高瀬姫 (春光院)は、川(河)手主水良則の正室であった。川出良則は 山県昌景の家臣であったが、天正10年(1582) 9月〜10月頃、 井伊直政の家臣となった。箕輪城にも来た。関ヶ原の戦いでは、 家老:川出良則は井伊直政の居城高崎城留守居役であっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 08:19
箕輪初心:生方▲富山11『越中の戦国時代』と長尾(上杉)・武田の代理戦争
箕輪初心:生方▲富山11『越中の戦国時代』と長尾(上杉)・武田の代理戦争 戦国時代、越中は守護代の神保氏・椎名氏が争った。次第に加賀の一 向一揆衆と手を組んだ神保氏の勢力が強まり、畠山氏の要請で長尾氏 が介入した。天文年間、富山城の神保長職と松倉城の椎名康胤が越中 の覇権をめぐって争うようになった。永禄年間、椎名康胤は越後の長尾 景虎(上杉謙信)VS神保長職は甲斐の武田信玄・一向一揆衆の様相 となった。武田・上杉の代理戦争という形で、信濃→上野→越中へと 移っていった。武田信玄の死後、上杉謙信の越中を平定した。天正6 年(1578)、上杉謙信が死に、御館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 08:18
箕輪初心:生方▲2017≪名胡桃城のMyビデオ解説に初トライ≫
箕輪初心:生方▲2017≪名胡桃城のMyビデオ解説に初トライ≫ 平成29年(2017)3月28日・29日、苗場スキー&水上泊&宝台樹 スキーのおまけで、「名胡桃城」に2回寄ってみた。もう15回位に なるであろうか?「名胡桃城の復元」が公開されて1年3か月経つ。 既に、発掘に当たったみなかみ教育委員会:三宅敦気先生の講 演会や名胡桃城のガイド:赤井さんの現地解説を拝聴している。 私はふと、「名胡桃城のビデオ解説」を思いついた。箕輪城語り部の会 ・長野堰を語りつぐ会の会員のボランティアガイドである。今回は箕 輪城のビデオ解説作成の練習つもりで解説し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/19 07:10
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政75【高崎民俗資料館企画展:長野堰ジオラマ3点セット】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政75【高崎民俗資料館企画展:長野堰ジオラマ3点セット】 ★井伊直虎の養子:井伊直政は高崎のの発展の基礎を造った。 ●平成29年(2017)5月12日(金)から28日(日)まで、高崎市 歴史民俗資料館で「長野堰用水」の特別企画展が開催されている。 昨年11月8日「世界かんがい施設遺産」に登録されたのを機に高 崎市の長野堰(ながのせき)用水の顕彰活動・教育活動・普及活動 のさらなる発展を祈念して、「長野堰を語りつぐ会」中嶋会長・西 山氏・清塚氏・井田氏4人が「明治期のジオラマ」を作成した。こ れで、ジオラマが3点となった。第1弾は『現代の高... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 09:20
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政74【井伊谷の杉林の疑問】と『森と日本人の1500年』「林業の歴史」
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政74【井伊谷の杉林の疑問】と『森と日本人の1500年』「林業の歴史」 平成29年(2017)5月14日の『おんな城主直虎第19話「罪と罰』 では、「杉の木を賊が盗んだ。」ことが話題になっていた。疑問点・ 嘘っぱち・気になったことは、@井伊氏・近藤氏が植林をしていた こと、A檜(ひのき)ではなく、杉であったこと、B20年の物の 杉が細すぎること、C鋸ではなく、斧で切ったこと、C数日間で切 って、山から下ろしたこと、D海まで約10〜20kmを運搬した のか?、D船の材料として適切でなのか?などである。『森と日本 人の1500年』田中淳夫著を参考に、林業の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 09:19
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政73『第19話「罪と罰」』&【甲州の武田氏館など】
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政73『第19話「罪と罰」』&【甲州の武田氏館など】 第19話の「近藤康用」の子ども「秀用」・娘「高瀬姫→後、川(河)手 主水良則の妻」も箕輪城にやって来た。「近藤秀用」は箕輪城から2年 でトンズラ(逃走)した。「高瀬姫」は箕輪→高崎→佐和山→彦根と移 り住んだが、彦根で亡くなり、彦根長純寺に葬られた。近藤康用の妻は 鈴木重時の娘、近藤康用の娘は中野直之の息子:三信の妻である。 @起…直虎は井伊家と近藤家の境界線の近くで、近藤家の木が井伊家 に盗まれたと訴えがあった。 A承…井伊家と近藤家はお互いに自分たちではないという。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/05/16 07:16
箕輪初心:生方▲2017『第56回寄居北條まつり:ちょっと動画』4回目の参加
箕輪初心:生方▲2017『第56回寄居北條まつり:ちょっと動画』4回目の参加 平成29年(2017)5月14日(日)、『第56回寄居北條まつり』が あった。箕輪城祭り実行委員会からは37名が参加した。今回も 祭りの当日は、大勢の武者隊たちが市街地をパレードした。しか し、パレードコースは寄居町役場から寄居駅を越え、市街地に待 機する。市街地中心部で「口上」を述べる。パレードをすると、 信号のコーナーで、主賓・来賓が見守るコースに変更があった。 「玉淀河原」の河川敷で武者隊が次々に紹介される。紹介行事が 終わるとメインイベントである。北条軍・豊臣軍に分かれて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 08:04
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政72『長野堰DVD上映会&明治時代の長野堰のジオラマのお披露目会』
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政72『長野堰DVD上映会&明治時代の長野堰のジオラマのお披露目会』 平成29年(2017)5月9日、『長野堰DVD制作記念上映会』と 『明治時代の長野堰と高崎の町のジオラマのお披露目会』イベ ントが高崎シティギャラリーで催された。DVDとジオラマは、 昨年11月8日「世界かんがい施設遺産」に登録されたのを機 に高崎市の長野堰(ながのせき)用水の顕彰活動・教育活動・ 普及活動のさらなる発展を祈念して、「長野堰を語りつぐ会」 中嶋宏会長・西山氏・清塚氏・井田氏や用水を管理する「長野 堰土地改良区」の方が中心になって企画した。第1弾の『江戸 時代の長野... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 07:51
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政71『トミカ御前コレクション』&群馬「井伊直政情報」 
平成29年(2017)5月4日、エスビックの柳澤先生は見舞いに 来てくださった。工夫のある面白い快気祝いであった。その中の 一つが「トミカ御前コレクション」である。安中ふるさと学習館の 展示がいいらしい。講演会もあるが、入場が厳しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 10:03
箕輪初心:生方▲富山10【二上山の大伴家持像】&『越中国分寺跡』
平成25年(2013)4月27日、富山県の守山城から二上山を降りて きたら、途中の万葉植物園入口に大伴家持像があった。山を下り終 わると、越中国分寺に行った。伏木湊町を車で通り、桜谷古墳に寄 った。雨晴海岸付近は風情があった。氷見の城巡りと泊まる所が七 尾と決まっていたからである。大伴家持が越中国守として5年間赴 任した。大伴家持は日本最古の歌集「万葉集」の代表的歌人である。 Hpに「約4500首に及ぶ『万葉集』の中に、大伴家持の歌は473首ある。 なんと越中在住中に詠まれた和歌は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/11 23:27
箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政70第18話「あるいは裏切りという名の鶴」
一昨日から、39.0℃〜39.6℃が続いている。ふらふらしてる。 【1】武田信玄の動向・【2】18話あらすじ、【3】井伊直政家臣5名 連名の「○○村辰之年貢俵定之事」の第1級文書の(サインのみ) @起…瀬戸方久の「機転」で直虎・井伊谷は生き残った。  A承…直虎は領主としての資質がないと落ち込む。  B転…直虎が孫子の兵法から、「小野政次」は井伊のためと気づく。 C結…政次は武田の侵攻が迫ってくる気配が次の心配のタネだっ   た。政次は「戦わずして勝つ方法を考えます。」と伝えた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 07:50
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第17話:消された鉄砲』&【鉄砲の歴史】
やっと、退院できたが、体がふらふらしている。頭もぽーっとしている。 今回の疑問点は@永禄8年〜9年頃、鉄砲は本当に井伊に入ったの?、 A干鰯は本当に三河から伝わったの?。歴史の話題性が多いこと。 @起……井伊谷に鉄砲が伝えられた。直之は井伊にとっての鉄砲の必 要性を訴える。A承……直虎は井平で鉄砲を造らせることにする。 B転……虎松の意気地のないことで悩むが、なんとか解決する。 C結……政次は鉄砲は謀反であるので、助けて欲しければ、後見を 降りろ。」と追求する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 06:36
箕輪初心:生方▲富山bX『奥の細道:魚津→滑川』と【魚津水族館】
多くの方は、魚津と言えば、@蜃気楼、A埋没林、Bホタルイカが 思い浮かぶかもしれない。しかし、私の場合は、@魚津城と魚津の 戦い、A天神山城、B松倉城、C魚津水族館の方が浮かんでしまう。 私は松尾芭蕉ファンでもあり、お城巡りファンでもある。そして、 PADIのなんちゃってダイビングインストラクターなのだ。日本海側 で初めて建てられた水族館である。富山湾のホタルイカなど「光る 魚」の展示が充実していた。次は、滑川でダイビングしたいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/29 08:41
箕輪初心:生方▼富山bX『奥の細道:魚津→滑川』&【魚津水族館】
多くの方は、魚津と言えば、@蜃気楼、A埋没林、Bホタルイカが 思い浮かぶかもしれない。しかし、私の場合は、@魚津城と魚津の 戦い、A天神山城、B松倉城、C魚津水族館の方が浮かんでしまう。 私は松尾芭蕉ファンでもあり、お城巡りファンでもある。そして、 PADIのなんちゃってダイビングインストラクターなのだ。日本海側 で初めて建てられた水族館である。富山湾のホタルイカなど「光る 魚」の展示が充実していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/29 06:21
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政68【木綿の歴史】&『第16話:綿毛の案』
テーマは『赤毛のアン』L・M・モンゴメリ著のパクリか?かつ ての同僚がグリーンランドを訪ねて3000里。今回の疑問点は、 A,「井伊直虎は本当に綿栽培と綿布生産をさせたの?」 B,「井伊直虎は本当に永禄8年(1565)に種子島銃を見たの?」 @起……瀬戸方久は井伊直虎に綿の生産→木綿販売を提案する。 直虎は綿の栽培は人手不足で困難だと知る。 A承……百姓を借りたいと鈴木重時などに頼むが、断られる。 B転……直虎は龍雲丸に「人が足りぬなら、買ってくればいい。」 と言われ、戦場で人を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 22:53
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第16話:おんな城主VSおんな大名』
中野直之は井伊家の中で、一番腕がたち、荒っぽく気張る役である。 中野直之は箕輪滝沢寺中興開基、母:恵徳院は日向峯清水寺を開山→ 松山寺前身に居住(★おそらく北条の鬼門の寺・滝沢寺4世開基)→ 高崎恵徳寺を開山。直親の妻:本名ひなの妹で中野直之の妻も箕輪に 来ている。中野直之の子は中野三信、奥山朝忠室、松下清景養子: 松下一定、小野政次の甥:小野源蔵室、山県昌景の旧家臣:広瀬将 房室、松井宗信系松居清貞室、渡辺昌常室がいる。★格好いい。 @起……寿桂尼は徳政令を発布しない直虎を駿府に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 13:24
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政66番外編【前田利家の正室:まつ】
前田利家の正室:まつ(芳春院)は肝の座った超美人としても有名で あるが、直江兼続の家臣になった説もある傾き者:『花の慶次』:前田 慶次郎が「おまつ様」と慕っている。実像は不明。貧乏のドン底の浪 人中の新婚生活。赤ちゃんのおっぱいを飲ませながら、内職の縫い物 をしていたんだろうな。「前田まつ」は一般論のいう『良妻賢母』でいつも、 夫と子供たちと前田家のために生きた女性なのであろう。特に、自ら 徳川家康の人質になったのが凄い女性であった。平成14年(2002)NH K大河ドラマ第41作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 23:18
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】
1)NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の4月2日の放送では、 「井伊直虎が家臣の奥山六左衛門と借金の証文を見てびっくり。 「銭20貫文、銭15貫文、銭30貫文……」※その夜、直虎・ 直之・六左衛門は井伊家の借金を調べた。「銭6000貫文の借金か」 と、井伊直虎がびっくりしていた。「井伊家の借金は、30年経っ ても払い終えぬではないか?」と返済ができないと明らかになった。 銭を銭主=地域の高利貸し(実際には瀬戸方久)から、戦の度に、 借りて、武器や馬・兵糧・兵の徴用などの準備対応を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 05:31
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政64▲徳政令の歴史&第14話「徳政令の行方」
@起……井伊直虎が徳政令の約束を破った。瀬戸村の甚兵衛ら百姓 たちは、蜂前神社の禰宜(ねぎ)を通して、今川氏真に徳政令の発 布を直訴した。A承……井伊直虎の政策に家臣たちが異を唱える中、 小野政次は徳政令の発布を命じる今川の書状を読み上げる。B転… …直虎は驚くべき策「龍たん寺に寄進」で徳政令をはねのけ、無効 にした。C結……甚兵衛たちはついに最終手段「逃散」作戦に出た。 ≪真田丸≫では、あんなに創作が多かったのにもめもせず、≪直虎≫ では、なんでこんなにももめてるのだろうか?ホー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 16:04
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政63番外編『おんな曳馬城主:椿姫=お田鶴の方』
おんな城主は「井伊直虎」以外以外のも曳馬城主:飯尾連龍の 妻:椿姫=お田鶴の方が載っている。父は鵜殿長持で、母は今 川氏親の娘である。亀姫→椿姫=お田鶴の方とも呼ばれている。 永禄8年(1565)、松平家康に味方した飯尾連龍は今川氏真に殺 された?切腹させれた。という。お田鶴の方は曳馬城(浜松城 の前身)城主:飯尾連龍の死後、第5代曳馬城城主になったと いう。今川氏真が父:今川義元の従姉妹「お田鶴の方」を曳馬 城城主と認めたことになる。永禄11年(1568)井伊直虎・関口 氏経連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 08:52
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政62『引馬城→浜松城の歴史:復刻版』
戦国時代、曳馬の町を見下ろす丘の上に引間城が築かれた。 城主は、尾張の斯波方の大河内氏・巨海氏、→駿河の今川方の飯尾氏 となった。永禄7年(1564) 中野直由と新野親矩と三浦正俊(息子の 妻は新野の娘?)は今川氏真の命で出陣した。▲曳間城攻めで井伊家 臣の中野直由と今川家臣:新野左馬助・三浦正俊が飯尾連龍らに天 間橋で返り討ちにした。永禄8年(1565) 井伊直虎が女城主になった。 3年間、井伊谷の領主として君臨した。永禄11年(1568)井伊谷の 徳政令で井伊直虎は失脚した。井... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 11:37
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政61【瀬戸方久と井伊家】
NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の2話に登場のあばら家 の「オナラ男」は実在の豪商:瀬戸方久(ほうきゅう)である。 瀬戸方久は遠江国引佐郡瀬戸村を与えられた郷士で、商人 兼武将であった説が有力であろう。井伊谷の領主:井伊直盛 ・井伊直虎の庇護を受けて豪商に成長したと見られている。 後、新田氏も称したという。群馬県立歴史博物館の梁瀬大輔 先生は「商人兼武将は、上野国では金井(倉賀野)淡路守景 秀が有名である。武田信玄家臣・滝川一益家臣・北条家臣と して、宿屋業・飛脚業・運送業とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 08:23
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政60【史実編と第13話「城主はつらいよ」】
井伊直虎は永禄8年(1565)〜永禄11年(1568)の3年間、井伊谷城・ 三岳城の女城主として、君臨した。今回の第13話に出てきた中野 直之(妻:六左衛門の妹?・息子:中野三信の妻:鈴木重時の娘)、 奥山六左衛門(中野直之叔父)、近藤康用(妻は鈴木重時娘)、菅沼 忠久(正室は鈴木重時長女)、鈴木重時(妻は奥山六左衛門の叔母 ・妹は井伊直政の祖母)の5人と小野政次の甥子(玄蕃と奥山六左 衛門の妹の子)も、天正18年(1590)井伊直政と箕輪城に入城した。 NHK大河「直虎」第13話... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 11:29
箕輪初心:生方▲『真田街道13城』&2017スキー14【パルコール嬬恋】・「バラキ温泉」
平成29年(2017)4月2(日)、パルコール嬬恋スキー場はシーズン 最終日となる。ネットで無料か調べた。最終日のゴンドラ・リフト 料金は、春スキー料金よりさらに割引とさせていただきます! 一般2000円、 シニア1500円 キッズ無料 とあった。行きは「吾 妻の真田街道の城の遠望を楽しみながら、パルコール妻恋 スキー場に行った。晴れていたが、気温が上がらず、固めの 雪質であった。緩斜面であったが、楽しめた。ランチの時、 スキー仲間の堀越さんにあった。一緒に4〜5本滑った。 帰り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 07:35
箕輪初心:生方▲新潟【三根山藩邸跡】と「長岡藩に送った米百俵」
平成29年(2017)3月26日、「角田山」の13000円の読売旅行の ツアーに参加した。★往路 桜尾根入り口コース、復路は灯台尾根 コースである。帰りのお風呂は「福寿温泉:じょんのびの湯」であ る。以前には「奥の細道」松尾芭蕉巡り・多宝山麓の天神山城・・ ・宗長親王・新田義宗・脇屋義助の子どもも関わりがあり、直江兼続 の弟:小国の養子先の城で通ったが、その時は知らなかったので、 通り過ぎた。佐久間象山の門下生・・・小林虎三郎は、三根山藩か ら見舞いの米百俵で「今こそ教育だ。」と考... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 06:55
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政59【井伊家当主の死諸説と第12話「おんな城主:直虎誕生」】
【第 12話「おんな城主直虎」】は@起……永禄5年(1562)12月14日、 井伊直親の殺害と次郎法師の思い、A承……残された井伊谷の人々、 B転……執拗な今川の仕打ち=虎松の殺害計画と井伊の出陣命令、 永禄6年(1563)井伊直平が天野左衛門尉:八城(社)山攻めの途中 で急死。・永禄8年(1565) ?新野親矩と中野直由が曳間城攻めで討ち 死に。C結……永禄8年(1565)次郎法師が還俗し女城主:井伊直虎 として誕生。 NHK大河ドラマは、「井伊家伝記」をベースに物語を 展開して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 07:00
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政58番外編『鶴崎城を死守した女武闘派女城主:妙林尼』
@天正14年(1586)12月12日〜、妙林尼は島津の大軍の攻撃を受けた 大友宗麟配下の鶴崎城を死守した。妙林尼は島津3将と和議を結び、 鶴崎城を明け渡しをしたが、豊臣秀吉の援軍の到着までの時間稼ぎ であった。一旦、鶴崎城を明け渡し、時を見計らって、鶴崎城を奪 い返そうという壮大な作戦であった。妙林尼は戦う勇ましい女城主 から、怪しい色香で薩摩隼人を騙す女狐に変身した。A天正15年 (1586)3月8日、女城主:吉岡妙林尼は薩摩本隊と合流しようと する島津3将を討った。しかし、本当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 05:55
箕輪初心▲井伊直虎・直政57番外編【伊達政宗の叔母:二階堂大乗院】 
伊達晴宗の長女で輝宗の姉である。伊達政宗の叔母にあたる。須賀川 城の二階堂盛義の正室となり、阿南方(おなみの方)と呼ばれていた。 夫:二階堂盛義が亡くなってから大乗院と称した。大乗院には2男1 女の3人の子供があった。長男:二階堂平四郎は蘆名の養子:蘆名盛 隆、23歳で暗殺された。次男:二階堂行親は13歳で死去した。長 女は岩城常隆(大乗院の実際の甥)の正室となったが、後、伊達成実 の妻になった。大乗院は甥の伊達政宗は大嫌いだったようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 10:15
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政56番外編【由良妙印尼の外孫:成田甲斐姫」】
箕輪城:長野氏系図の多くは「長野業政の娘が成田氏に嫁に行って いるという系図」である。長野氏系図が全て江戸時代の創作と考え られる。従って、成田氏系図に長野業政が出てこない。しかし、長 尾系図では、長野業正の姉の嫁ぎ先:白井長尾景英(黒田基樹説で は息子:景誠)に嫁いで、できた娘は長尾忠景の3男:顕泰に嫁い だ。成田正等の養子:成田顕泰→成田親泰→成田長泰→成田氏長 と続く。成田氏長は正室に由良成繁と妙印尼の間にできた娘を迎 えた。結婚してできた子が甲斐姫であった。※甲斐姫は東国一... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/03/26 05:07
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政55番外編【由良家を存続させた戦国スーパー御婆様:妙印尼】
戦国時代なら、女性でも女城主・女戦国武将はいるが、由良成繁の妻: 輝子→妙印尼は、凄すぎる。なんと71歳という御年齢で北条氏の攻撃 に対して籠城して戦ったのであった。さらに凄いことに77歳の超御高 齢にも関わらず、息子2人が北条氏の命で小田原城に籠城する中、10 歳の嫡孫の後見として出陣し、前田利家、上杉景勝の北国軍に加わり、 由良一族を存続させた。まさに「戦国のスーパー女御婆様」である。 このスーパー婆の娘は黒田孝高(黒田官兵衛=黒田 如水)の弟:黒田 直之の正室:洗礼名マリア様... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 13:09
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政54【史実編と第11話「さらば愛しき人よ」】
私は井伊直政の甲冑で箕輪城まつり・寄居北條祭りに参加する程の 井伊直政ファンである。昨年の『NHK大河ドラマ:真田丸』では 『井伊直政』は無視だった。関ヶ原の戦い後、真田の2人を命乞い しなければ、「真田丸」なんてあり得なかったのに、・・・今年の 『NHK大河ドラマ:おんな城主直虎』も、『井伊直政』の箕輪城→ 高崎城→佐和山城時代が出てこないようである。寂しい限りである。 第11話「さらば愛しき人よ」では、@起……松平元康は、今川から 独立し、今川に反旗を翻した。今川氏真は瀬名に自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 12:24
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政53番外編『スーパー女城主:立花ァ千代』
平成23年(2011)10月11日、博多城西のビジネスホテルから レンタカーで福岡の「大野城」と「岩屋城」に行った。『立花ァ 千代(ぎんちよ)の立花山城』の登山口経由で行ったのに寄らな かった。3泊4日の旅行期間中に寄れると思ったに行けなかった。 立花ァ千代は武芸に秀でた姫で甲冑を着て出陣することもあった。 また、夫:立花宗茂とはライバル関係で夫婦仲が悪いことでも有 名である。立花ァ千代は「婿殿」と呼ぶ必殺仕事人の藤田まことの 母」のような意識が強かったのではあるまいか?「ァ千代」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 08:37
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政52番外編【母:最上の義姫と子:伊達政宗】
最上義姫は出羽国の戦国大名最上義守の娘で、最上義光の2歳下の妹 である。伊達輝宗の正室でとなり、伊達政宗を産んだ。昭和62年 (1987)NHK大河ドラマ:『独眼竜政宗』に岩下志麻が役を演じていた 「陰険で凶暴な母の『鬼姫』イメージ」が払拭できない。母:義姫の梵天丸 (伊達政宗)に対する陰険さ・激しさや器量・度量を伊達政宗が鏡の如く性 格を受け継いだ気がしてならない。@父:最上義守と兄:最上義光が家督 相続で争った時には、義姫が刀で脅して相続を決めた(伝)。A兄:最 上義光と子:伊... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/21 05:19
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政51番外編『女城主:織田信長の叔母:おつやの方』
戦国時代など逆境の時こそ、男も女も人の真価が出る。私は【おん な城主・女戦国武将】として、美濃(岐阜県)岩村城主:『織田信 長の叔母:おつやの方』を以前にブログに掲載した。岩村城には2 回行っている。平成19年(2007)11月19日、平成24年(2012) 10月21日である。10年前には、女性でも凄い人がいることを 知った。今回はリニューアル版である。永禄11年(1568)〜永禄 12年(1569)、井伊谷での約10日間の滞在中に『おつやの方の夫: 秋山虎繁(信友)も、龍たん寺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 06:26
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政50【女戦国大名:今川義元実母:寿桂尼】
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に浅丘ルリ子演ずる「寿桂尼」 が出てくる。寿桂尼は、公家:中御門家(なかのみかどけ)出身で、 今川氏親の正室となり、今川義元を産んだ。今川家の勢力拡大に尽 力し、夫:氏親の死後は幼かった嫡男:氏輝に代わって政治的手腕 を発揮したと言われている。その後の家督争いで暗躍した。「女戦 国大名」と呼ばれた。結局、寿桂尼は今川氏親→今川氏輝→今川義 元→今川氏真の4代に渡って今川氏の政務を補佐した。「尼御台」 とも呼ばれた。いつも、文章が長いので、「寿桂尼」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/17 08:16
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
・平成29年(2017)3月10日から、群馬県相馬が原自衛隊で、 日米共同訓練に米軍の垂直離着陸輸送機MV22『オスプレイ』 6機も参加予定とされていた。3月15日、『オスプレイ』3機 が新潟の関山から帰ってきたようである。自衛隊から3kmしか 離れていないので、低空飛行であった。でも写真は撮れなかった。 今日も体温が38、2度と高熱での「梅の剪定中」のことであった。 一般的に関口刑部少輔氏広の妻は『今川義元の妹』とされてき たが、『井伊年譜』・『系図纂要』・『井家粗覧』の系図によ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 07:09
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政48『今川家臣:瀬名氏・関口氏・鵜殿氏』
※今川家は将軍足利一門の分家という名家中の名家であった。 将軍家を支え、またバックアップとして足利家の世継ぎが絶えた ときに将軍継承順位に名を連ねるほどの家柄であった。室町時代 〜戦国時代には今川一門(親戚・分家)御由緒衆には、瀬名・関 口・鵜殿・小鹿・新野・入野・名児耶・葛山氏などがいる。今回 は、「瀬名氏・関口氏・鵜殿氏」を取り上げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 10:16
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政47『今川義元と井伊直平の娘前編』
★昨日最高体温38,9℃→医者、本日、最高体温…電池きれ。 井伊直平の子どもは嫡男:直宗、直満、直義、直元、娘がいた。 南渓瑞聞は井伊家系図では、井伊直平の次男?3男であるが、 平成26年(2016)年に発見された位牌や龍潭寺が所蔵「南渓 過去帳」から養子説もある。一般的に関口刑部少輔氏広の妻は 『今川義元の妹』とされてきたが、引佐町町史編纂や井伊氏史 料の研究が進んで、『井伊年譜』・『系図纂要』・『井家粗覧』の 系図によると、『井伊直平の娘が今川義元の側室→今川義元の 養妹... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 21:33
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政46『奥山朝利殺害2説』&【10話走れ竜宮小僧】&
A、奥山朝利殺害説『永禄3年(1600)12月22日(1561年1月7日)』 小野が奥山朝利殺害→「井伊家の謀反」密告→井伊家乗っ取り作戦。 B,奥山朝利殺害説『永禄5年(1602)12月24日(1563年1月9日)』 小野の「井伊直親の謀反」密告→新野弁護→小野が奥山朝利殺害 C、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』では、永禄3年(1600)説を 採りながら、奥山朝利をやむなく返り討ちにしたことに設定して ある。@起・・小野政次は奥山朝利を殺害した。A承・・井伊直 親・奥山孫一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 10:25
箕輪初心:生方▲2017スキー10【川場】&『桜川温泉』&[沼田城
・平成23年(2011)3月11日・14:46、『東日本大震災』発生。恐かった。   僕んちは墓直し30万円の損害ですんだ。未だ、不自由な生活を   強いられている方々がたくさんいる。同時刻、黙祷をした。 ・平成29年(2017)3月11日(日)群馬:川場スキー場に行った。  川場スキー場で、古澤リーダー・貴子さん・笠間さんと合流した。  新雪20cm斜面が嬉しかった。帰りは「桜川温泉:富士見荘」  の日帰り温泉600円・・・さらに、沼田城散策をした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 06:28
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政45【第9話「桶狭間」&史実編】&&井伊直盛の墓
@起・・「桶狭間の戦い」で、井伊家当主:井伊直盛をはじめ とする16名が死んだ。A承・・井伊直盛の遺言で中野直由が 跡を継ぐことになった。生き残った奥山朝利は小野政次の井伊 家乗っ取りを懸念する。千賀が討ち死にの家族に文を書く。 A転・・井伊直親&奥山しのから「赤子ができたこと」を伝え られる。C結・・小野正次奥山朝利を論破する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 11:25
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
今川義元のイメージは「猫眉毛・お歯黒に、公家の出で立ち=格好を したひ弱な大名」「織田信長にあっけなく敗れた弱者」という印象が 以前のTV画像・映画画像から先入観として、多くの人のイメージ にとなっているようである。しか〜し、今川義元は全国トップレベ ルの大大名である。お城好きの笑点司会者:春風亭昇太さんがNHK 大河「おんな城主直虎」では笑点司会者:春風亭昇太さんが今川義 元役で登場している。まさに「日曜日に君臨するお茶の間の帝王」と なったが、9回のTVで死んじゃうけど・・・。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 08:41
箕輪初心:生方▲箕輪城240【BS朝日「上泉伊勢守信綱」で10秒出演
3月3日19:00はBS朝日「上泉伊勢守秀綱:村上弘明主演」の スペシャルドラマがあった。 私はエキストラで、ちょびっと出て くるだろう。撮影にトータル12時間位で、私の映像時間は如何 程ばろうか?剣聖上泉伊勢守信綱物語番組制作実行委員会事務局の副会長 :裄V先生も大いに期待していた。久保田順一先生の「上泉 伊勢守信綱と長野業政」の講演会後、久保田順一先生や上泉 伊勢守顕彰会の宮川勉副会長さん達と一緒に食事をした。 福島さんが「試写会でみて、生方さん結構、映っていたよ。」との 連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 09:29
箕輪初心:初心▲井伊直虎・直政43『井伊谷7人衆:遠江松井一族』
「井伊谷7人衆」の1人:家老:松井家は松井宗能→松井貞宗→ 長男:松井信薫→次男宗信─松井宗恒と二俣城主として続いた。 今川氏真時代の古文書には、松井相模守・松井又七郎・松井八 郎三郎(宗信の弟)・松井内膳などの名が見える。井伊直虎の 時代の「井伊谷7人衆の1人:松井家」であると考えられる。 ※二俣では、北から南へ笹岡城(二俣古城)、蜷原城、二俣城、 鳥羽山城が一直線上に並んでいる。全て「二俣城」として登場 するが、不明な点が多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 08:15
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政42【第8話「赤ちゃんはまだか」】
@起・・・井伊直親と奥山しのは夫婦になって4年・・・、しのは 未だ懐妊の兆しがないことに苦悩していた。次郎法師は瀬名からの 手紙で近隣諸国の情勢を知っていた。 A承・・・廻りの者も「赤ちゃんはまだか」と心配する。★戦国〜 江戸時代、子宝、特に男の子の跡継ぎがなかなかできない女性は里 に帰されてもしたかなかったし、側室に生ませた男子に跡を継がせ ることがよくあった。「しの」は苛立ち、逆恨み・八つ当たりをする。 B転・・・次郎法師は昊天に子作り妙薬の話を聞き、小野政次に子 を授かるた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 11:56
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政41【第7話「検地」&駿河:富士浅間神社
@起・・・小野政次は今川義元の許に出向き、井伊直親の帰参と  家督相続を認めてもらおうとする。今川義元は、井伊谷での大  規模な検地を交換条件した。A承・・井伊直平の川名には、隠し 里があった。井伊直親は隠し里を隠し通すことに決める。B転・・ 井伊直親は小野政次に隠し里を隠すように依頼した。検地を行う日、 岩松は隠し里を発見した。次郎法師も瀬名からの情報を手にし、 川名に駆けつけた。井伊直親は「ここは井伊の土地ではないそうだ な。」と小野政次にふり、小野政次は「(宗長親王)御子様の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 11:25
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政40▲『奥山朝利の娘:ひよ→井伊直政の母』
奥山朝利の娘:ひよは井伊直親の妻になった。やがて、井伊直政を生む。 母として井伊直虎よりも長く井伊直政を見守った実母である。永護院と なった。大河ドラマ「おんな城主直虎」では、奥山朝利の娘「しの」 いう名前で登場している。「しの」妹:「なつ」は小野玄蕃の妻と なった。奥山しのの実家は井伊谷の井伊家から分かれた分家であ った。奥山家は井伊家の親族でも特に勢力の強い家であった上、 婚姻関係でさらに力をもった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 05:02
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政39【新野左馬助親矩と娘婿】
TV「おんな城主 直虎」で、「井伊谷七人衆」以外の重要人物は、 @井伊直親を救った今村(勝間田)藤七郎正実、A井伊直政を 救った新野左馬助親矩と、B井伊直虎の曾祖父の弟:南渓和尚で あろう。新野左馬助親矩は、今川氏一族であるが井伊直虎の叔父 (母:祐椿尼の兄)である。小野但馬守政次の讒言(井伊家から すると)により井伊直親が今川氏真に殺された後に虎松(井伊直 政)を保護した。新野氏の本貫地は「新野」(静岡県御前崎市新 野)である。大学生2年の時(42年前)横浜菊名の同下宿にい た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 12:16
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政38【6話「初恋の別れ道」】詳細編
@起・・・亀之丞は、次郎法師を還俗させて妻に迎えたいと願 っていた。亀之丞は元服して井伊肥後守直親と名を改めた。 A承・・井伊家は安泰と思われたが、直親の今川への帰参、次 郎法師の還俗2つを今川に認めさせることは困難であった。そ こで井伊直親は、「おとわを死んだことにして、名を変えて一 緒になろう」と次郎法師に提案した。 B転・・・次郎法師は、自殺したことにする計画を断った C結・・・井伊直親は奥山朝利の娘:しの(本名:ひさ)を妻  にすることになった。井伊直親は小野政次に、「身... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 11:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政37【奥山朝利の娘と井伊家家臣団】
6話「初恋の別れ道」では、 @起・・・亀之丞は、次郎法師を還俗させて妻に迎えたいと願 っていた。亀之丞は元服して井伊肥後守直親と名を改めた。 A承・・井伊家は安泰と思われたが、直親の今川への帰参、次 郎法師の還俗2つを今川に認めさせることは困難であった。そ こで井伊直親は、「おとわを死んだことにして、名を変えて一 緒になろう」と次郎法師に提案した。 B転・・・次郎法師は、自殺したことにする計画を断った C結・・・井伊直親は奥山朝利の娘:しの(本名:ひさ)を妻  にすることになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 11:46
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【菅沼忠久→菅沼忠道】&【菅沼定盈&菅沼定利】
菅沼氏の出自については明らかではないが、三河国設楽郡賀茂郷 菅沼(現愛知県新城市作手菅沼)に拠った菅沼氏を土岐氏が美濃 国から進入し菅沼氏と称したのが始まりだという。「奥三河」に は「山家三方衆」:亀山城の奥平氏(出自は上野国吉井)・田峯城 の田峯菅沼氏宗家・長篠城の長篠菅沼氏(→都田城主の都田菅沼 氏)や野田城主の野田菅沼氏など菅沼庶子家は奥三河にいた。 「井伊谷三人衆」の1人はキ田城主の菅沼忠久である。菅沼忠久 は井伊直虎・直政の井伊谷7人衆の1人として、井伊家を助けた。 天... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 09:05
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【近藤康用→近藤秀用→5近藤】
近藤康用は井伊直虎・直政の井伊谷7人衆の1人として、井伊家を 助けた。近藤秀用は、井伊直政に従って、天正18年(1590)箕輪城 に入城した。しかし、井伊直政の短気な性格について行けず、出奔 した。失踪しつつも10年後に17000石の井伊谷藩主として返り咲く。 近藤秀用とは徳川秀忠も優れた武将と認めていたのであろう。波乱 万丈な人生であったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 07:27
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政35【鈴木重勝→鈴木重時→鈴木重好】
鈴木重時は一般的には「井伊谷3人衆」の1人である。しかし 井伊直虎・直政時代の小和田哲男先生の説では『井伊谷7人 衆』の1人である。前半は井伊谷3人衆:元長篠城博物館長: 丸山先生の本をベースに書いてみた。後半は新編高崎市史 などを参考に書いてみた。鈴木重勝(井伊直政の曾祖父) ・孫の鈴木重好・曾孫:鈴木重辰とともに箕輪城・高崎城に 10年間以上、屋敷があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/11 09:43
箕輪初心:生方▲2017映画『本能寺ホテル』&「タイムスリップの似合う京都」
@平成28年(2016)1月27日、『信長協奏曲』を見た。タイム スリップしたサブロー信長&帰蝶の2人の愛の物語を織り交ぜなが ら、羽柴秀吉が本物の信長(明智光秀)を操る展開。石山本願寺攻 撃→助けるサブロー信長。天正10年(1582)6月2日の本能寺の変 では明智光秀になっていた織田信長がサブロー信長の身代わりにな って死ぬ。「うつけ」&「平和の世の中を」&「ありがとな。」とい う言葉が印象に残った。A平成29年(2016)2月7日、映画『本能 寺ホテル』を見てきた。倉本繭子は天... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 07:46
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政34【村の写真展:My井伊家シリーズ】
プロ写真家が2人いたが、今は写真好きなメンバーで展示している。 私の住む集落は標高300〜350mにある。縄文中期の高さ1m、 直径80cmの大型土器の出土している。古墳時代には「治尾の牧」 があり、車持の君の一族の住んだ土地である。920年代、子孫の 「善知」は坂上田村麻呂のお供で都に行ったという伝説がある。 平安時代には長野氏の支配下に置かれた系図もある。鎌倉時代には 安達義盛の支配地から執権:北条氏の支配地であった。室町時代に は関東管領:上杉顕房の支配地であった。戦国時代:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/08 06:30
井伊直虎・直政33【第5話『亀之丞帰る』】&「高森町松源寺」
@起・・・天文23年(1554)、おとわは次郎法師としての修行を  積んでいた。ある日、小野政直は、嫡男:政次に奥山朝利の  娘を妻にし、できた子を井伊家の後継にしようとした。 A承・・・小野政直が亡くなった。甲相駿三国同盟が結ばれ、  武田は伊那に侵攻する。井伊家は「武田の戦火を逃れるため、  信濃から戻ってきた。」ということにして、亀之丞を呼び戻す  ことにする。 B転・・・・次郎法師は、亀之丞の帰還に「煩悩の徒」になって  しまった。山ごもり・瀧業をして煩悩を払拭しようとす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 07:54
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政32『高崎文化協会:箕輪城・井伊直虎ブース』
平成29年(2017)2月6日・7日・8日、高崎シティギャラリー2階 で高崎文化協会箕郷支部:箕輪城語り部の会が箕輪城関係 ブース&西原巌氏が井伊直虎・井伊直政関係ブースを3分1 程いただいて、公開している。裄V先生が用意した陣羽織を 着て、甲冑も前で記念撮影ができる。今日は凄い方が来場し た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/06 09:44
箕輪初心:生方▲井伊31『殆どの歴史学者が知らない松下清景の墓→松下一定子孫』後編
・天正18年(1590)、松下清景は箕輪城(群馬)に入った。 慶長2年(1597) 箕輪で亡くなった。松下一定が跡を継いだ。 松下清景の子孫は箕輪城→高崎城(群馬)→佐和山城(滋賀) →彦根城→安中城(群馬)→西尾城(愛知)→掛川城(静岡) →与板陣屋(新潟)と移り住んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 07:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政30【松下清景】前編
松下源太郎清景の父:連昌は頭陀城主:松下長則の姉を妻とした。 そして、松下源太郎清景の姉は松下長則の子:之綱の妻となった。 永禄12年(1568)龍潭寺に匿われた井伊直政の生母=実母:奥山 朝利の娘は松下源太郎清景(浜松頭陀寺城)と再婚した。松下清景 の養子:松下虎松が井伊万千代となったので、中野直之次男:一定 を養子に迎えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 06:20
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政29【頭陀寺城】と松下之綱と徳川家康と豊臣秀吉
頭陀寺城(ずだじじょう)=市場城は、現静岡県浜松市南区頭陀寺 町にある高野山真言宗の古刹:頭陀寺の門前にあった戦国時代の 城である。永禄6年(1563) 遠州忩劇で今川氏真軍に頭陀寺城が攻 め落とされ炎上した。頭陀寺城跡は通称「松下屋敷」であるが、平成 13年(2001)10月に発掘調査が行われて、炎上跡が確認された。 平成27年(2015)9月7日、発掘調査に直接携わった浜松市教育委 員会文化財保護課課長:太田さんや文化財保護課の和田さんに説 明をお聞きした。さらに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 09:50
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政28『井伊一族:中野家』
大河ドラマに、井伊家の重臣として、中野直由が登場した。 中野氏は、井伊直盛の曾祖父にあたる井伊直氏の弟:井伊直房が、 井伊谷の中野郷に住んで、「中野」と名乗ったのが始まりである。 @中野直房→A中野直村→B中野直由─C中野直之─D中野三孝 ・・・と続く。3代:中野直由は井伊宗家とは近い関係の分家で、 井伊家の中でも血筋に誇りを持ち、井伊一族の一員としての自覚 が高かった。今川氏真の目付:小野家と対立した。井伊直盛亡き あと井伊家を支えていくが、中野直由にも悲劇が待っていた。 中野... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 07:04
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政:27第4話『女にこそあれ次郎法師』&「龍潭寺」
NHK大河も史実が少ないため大胆な脚色でもOKなホームドラマ なっていることは確かである。@起・・井伊家は、今川からの本 領安堵の条件として、おとわを出家させることとなった。おとわは 頭を丸めて出家する。南渓和尚は「次郎法師」という名を与えた。 @承・・南渓和尚は、「とわは、今川の下知をひっくり返した。 ただならぬ子だ。形こそ女子だが、次郎。蝶よ花よと育てるべき ではないと思った。」と考え、おとわを寺で修行させるのだった。 B転・・・直盛は、今川の命令で直満の所領を小野政直へと渡さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 10:02
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政26『小野政次・小野朝之』
27)『小野但馬守政次』 ◆天文23年(1554)井伊家筆頭家老:小野和泉守政直が没した。    龍泰寺(現龍潭寺)に埋葬した。 龍谷山正泉寺が開創された。開山は慧湛和尚である。  跡は子の小野但馬守政次(道好)が継いだ。 ※TV鶴丸:小野但馬守政次も井伊家筆頭家老になっている。 ※江戸時代の資料「寛政重修諸家譜」では小野道好となっている。  当時の資料では但馬守とだけ書かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/30 11:26
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政25『小野妹子→小野和泉守政直(道高)』
今回はNHK大河ドラマで井伊家筆頭家老『悪役:小野和泉守 政直(道高)の先祖の初代:小野妹子〜(中略)〜小野和泉守 政直は(道高)を取り上げる。ナレーターの中村梅雀に「悪役: 小野和泉守政直(道高)として解説している。史実がそうなの か。「個人的にはやや違和感のあるナレーターである。戦国 時代は自分は自分の正当性を主張し時代なのに、井伊直虎 びいきの解説は「真田丸」より一方的なとらえ方になっている ホームドラマの感じがする。「井伊家に仇成す小野家は悪」と いうのはトランプさんの「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 20:57
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政24『井伊直虎の家臣:井伊谷七人衆』
平成28年(2016)9月、私の仲間:西原巌氏は「おんな城主 直虎」 の時代考証:小和田哲男先生に「大河ドラマで是非、箕輪城・高崎城 も紹介してください。」と依頼した。「井伊谷七人衆」は小野・中野 ・松井・松下・鈴木・近藤・菅沼である。小和田哲男氏は井伊氏家 臣団の構造を@領主:井伊氏―A筆頭家老=年寄:小野氏─B井伊 谷親類衆・井伊谷被官衆としている。井伊直虎の家臣として井伊谷 では、「七人衆」と呼ばれる有力なメンバーが揃っていた。 今川家に仕えていた井伊家は有力な国人衆(黒田基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 04:26
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政23【井伊谷・歴史本・小説・ゲームの中の井伊直虎】
「井伊直虎役の柴咲コウさんがわかいい。」とネットで話題にな っている。しかし、実際には井伊直虎の肖像画や容姿を伝える 史料は残っていない。分かっているのは出家したこと、徳政令 の署名したことだけである。井伊直虎は肖像画が残っていな いので、かえって自由に発想できる。NHK大河ドラマ制作者が 描く「おんな城主・直虎」のキャラクター、小説家の描く「井伊直 虎」のキャラクター、ゲームの中の「井伊直虎」のキャラクターな ど、変化に富んで面白い。写真等は無料画像を多くコピーさせ ていただい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 08:08
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政22【井伊直虎って誰?&「井伊家傳記」の信憑性諸説】
通説では、井伊家菩提寺の龍潭寺に「次郎法師」の名前が書かれた寄 進状があることや、「井伊家傳記」・「井伊氏系図」などから、「次郎法 師」という女城主が「井伊直虎」で、箕輪城主→高崎城主→佐和山城 主となった井伊直政の養母とされてきた。京都井伊美術物館館長:井伊 達夫氏先生は「関口氏経の息子が井伊次郎=井伊直虎であろう。」と 言う。彦根城博物館:野田浩子先生は「井伊家傳記は生年月日がお かしい?」と言う。龍潭寺の武藤全裕禅師・執事:武藤佑吉氏、あるい は京都井伊美術館館長:井伊達夫先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 07:49
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政21【歴史秘話ヒストリア「おんな城主:井伊直虎」】
★平成22年(2010)10月〜箕輪城の歴代城主・城代のブログを 開始したので、「井伊直政」に関わって井伊直虎も知っていた。 ・平成28年(2016)12月24日(土) NHKアンコール放送「それで も、私は前を向く〜おんな城主・井伊直虎〜」・・・日本史上でもま れな女性武将、井伊直虎(いいなおとら)。多くの悲運に見舞われ ながらも、戦国の世を懸命に生き抜いた。秘蔵の古文書と最新 研究から、 直虎の素顔に迫る。 ・平成29年(2017)1月6日(金)は、おんな城主 直虎のイロハ: ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 08:56
箕輪初心:生方▲井伊直虎:直政20【第3話『おとわ危機一髪』】&「臨済寺」
第3話は、おとわが出家を認めて貰うために今川家に出向く話である。 1)起・・・とわは鶴丸と夫婦になることを拒み、出家をしようとして 髪を切り散切り頭になってしまう。とわの出家騒動は、小野政直によ って今川義元(昇太さん)の耳にも入り、今川義元は「とわを人質と して差し出せ。」と命じた。 1)承・・・南渓和尚はおとわに泣きつかれ、太原雪斎に出家を認め  させることを思いついた。しかし、雪斎は「人質が妥当」と答える。 3)転・・・南渓和尚は、実の妹:佐名の「寿桂尼に取り次いで欲し い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 08:45
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政19『広報はままつ2016年4月号特集「井伊直虎」
私の中の「浜松イメージ」では、「@人物なら、大学時代の同期:浜 松市鴨江のK祐太郎ちゃん、本田宗一郎、徳川家康が思い浮かぶ。 徳川家康は岡崎城→駿府城→浜松城→江戸城→駿府城・・ A浜松の食べ物と言えば、食べ物と言えば、浜松駅前で食った刺 身の鰻・宇都宮を抜いた餃子・甘い三ヶ日原人?の蜜柑、B車・モ ーターバイク系なら、ホンダ(旧天竜市)・スズキ・ヤマハが有名で ある。C楽器なら何故か、世界のヤマハ(YAMAHA)、ピアノ販売 世界2位河合楽器(KAWAI)、電子楽器のローランド(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 07:44
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政18「柴咲コウ・菅田将暉」と「群馬の新聞」
※天正10年(1582) 8月26日(9月12日)養母:井伊直虎が死んだ。 (★『遠江井伊氏物語』:龍潭寺前住職:武藤全裕著) ・天正10年(1582)10月29日 徳川家康と北条氏政が和議を結んだ。  ★徳川家康の交渉役は井伊直政と木俣守勝であった。 ・天正18年(1590)8月3日〜7日の間に箕輪城に入封した。    (★井伊軍志:井伊達夫著) ・慶長2年(1597) 4月か5月頃、高崎城の築城を開始した。 ・慶長5年(1600) ★関ヶ原の戦い後、井伊直政は真田信之に頼まれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 06:05
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政17『次郎法師&直政の関連書籍:所持数36』
平成22年(2010)10月から、箕輪城主の「井伊直政」を調べている ので、当然、井伊直親や井伊直虎についても、『遠江井伊氏物語』 :武藤全裕著)等で調べてきている。平成24年(2012)10月23日に 井伊谷に行っているし、大河ドラマ決定以前に高殿円の小説や火坂 氏の小説等10冊以上は既に持っていた。大河ドラマの始まる前に ブログを書こうとしたが、「真田丸」や真田4代に関する城に150城 以上行っているので、後手に回った。相変わらず、ボケ防止で客の 来ないブログを書いている。でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 08:23
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政15【井伊直親の逃走〜2人の子ども〜井伊谷帰国】資料編
・天文13年(1544) 12月23日 井伊直平の子:井伊直宗の弟 の井伊直満(井伊直政祖父)・井伊直義直が小野和泉守の讒言によ り、今川義元に殺害された。亀之丞(井伊直親:井伊直政父)にも 追ってがかかり、井伊直満の家老:今村藤七郎正実は渋川郷の 東光院に逃れた。span style=color:#090>天文14年(1545)1月3日 亀之丞は東光院住 持:能仲の案内で信濃伊那郡市田村(現高森町)の松源寺へ逃れ た。信濃伊那の松源寺は井伊直親の叔父:南渓禅師の師:文叔禅師... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 09:06
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政14【第2話:崖っぷちの姫】&「井殿の塚」
★史実では、天文13年(1544) 12月 井伊直宗の弟直満・直義が 小野和泉守政直の讒言により、今川義元のために井伊直平の子:直 満(井伊直政祖父)・直義が今川氏に殺害された。亀之丞(井伊直親 :井伊直政父)にも追ってがかかり、井伊直満の家老:今村藤七郎 正実が渋川の東光院に逃した。天文14年(1545) 亀之丞は東光院 住持:能仲の案内で信濃伊那郡市田村(現高森町)の松源寺へ逃れた。 信濃伊那の松源寺は井伊直親の叔父:南渓禅師の師:文叔禅師のいる 寺であった。文叔禅師は先々代:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 08:21
箕輪初心:生方▲法神流B「法神流の歴史」角田源造・持田誠二等
角田正衛ちゃん、詳しい資料をたくさんにありがとうございました。 旧赤城村の溝呂木の本陣家:角田正衛ちゃんの高祖父:角田源 造・祖父:角田永市も勢多法神流の高弟であった。利根の 南郷の中澤貞祇・幕末の女剣士:中澤琴は利根法神流であった。 箕輪城主:長野業正の上泉伊勢守信綱に師事した高家客分: 「岸将監」あるいは「持田監物」の子孫:昭和の大剣豪「持田 誠二」は前橋法神流の流れである。※法神流は勢多法神流、 利根法神流、前橋法神流、江戸法神流の流れになるようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/17 10:25
箕輪初心:生方▲法神流A【幕末の女剣士:中澤琴の兄:中澤貞祗の生涯】
【3】中澤良之助貞祗(さだまさ)の生涯 ・天保8年(1838)  法神流の達人中沢孫右衛門貞清の長男として  利根郡穴原村に生まれた。  父について法神流剣法を修業した。 ・嘉永6年(1853) 15歳頃には父の門弟の中で一番強くなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/16 11:04
箕輪初心:生方▲法神流@『幕末の女剣士:中沢琴』「浪士組6番隊→新徴組2番隊:上野国片品穴原出身
「女剣士:中澤琴」が平成29年(2017)1月14日 MHKのBSプレミアム に登場する。南郷に3年務めた中ちゃんが「中澤琴は利根郡南郷の穴原 (あなばら)の出身らしい。」と教えてくれた。法神流(ほうしんりゅう) は、上野国の奥利根薗原村で起こった日本剣法の流派と言われているよう でである。南郷の中澤貞祇・中澤琴も法神流の父から剣を学んだ。箕輪城 主:長野業正の上泉伊勢守信綱に師事した高家客分:岸将監に子孫:昭和 の大剣豪「持田誠二」も法神流である。旧赤城村の南雲の本陣家の角田正 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/16 10:57
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政13【許嫁:井伊直親&松源寺:文叔&松岡城:松岡貞利】
・天文13年(1544) 12月 井伊直宗の弟直満・直義が小野和泉守  の讒言により、今川義元のために井伊直平の子:直満(井伊直政  祖父)・直義が今川氏に殺害された。亀之丞(井伊直親:井伊直政父)  にも追ってがかかり、井伊直満の家老:今村藤七郎正実は渋川の  東光院に逃れた。・天文14年(1545) 亀之丞は東光院住持:能  仲の案内で信濃伊那郡市田村(現高森町)の松源寺へ逃れた。  信濃伊那の松源寺は井伊直親の叔父:南渓禅師の師:文叔禅師  のいた寺であった。文叔禅師は前の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 07:00
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政12【浜松の宿下吉庵で「梅酒:直虎」を飲んだ】
平成25年(2015)9月7日、浜松駅前の宿下吉庵で懇親会であった。 @松下嘉兵衛屋敷(頭陀寺城)、A頭陀寺、B浜松城登城&引間城 遠望、○三方ヶ原車中見物、D井伊谷城〜E井伊直満&直義の墓〜 A井伊氏館&近藤彦九郎陣屋、○井伊谷図書館特別展示室:ワニの 化石〜G井伊共保の井戸〜H龍潭寺〜I井伊谷宮〜浜松楽器博物館 5階の宿下吉庵で懇親会〜ビジネスホテル泊であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/14 06:36
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政11【龍潭寺の『直虎の墓・直政公の墓・位牌』】
平成24年(2012)10月23日 と平成26(2015)9月7日に井伊谷 の龍潭寺を散策した。2回目は高崎市委嘱箕郷歴史文化調査研 究会という立場での訪問なので、武藤全裕禅師がお茶を点てて くださったりと大歓迎してくださった。お世話になりました。執事の 武藤全裕禅師の弟:武藤佑吉氏「NHKで、井伊直虎するので、 大忙しです。」とおっしゃっていた。また、武藤氏のお嬢様・土幸 さん・林さん・井の国会会長:石原正美先生・松下加兵衛研究の 第一人者:冨永公文先生も一緒であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 12:52
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政10【井伊氏館跡】と『井伊直満(直政祖父)の墓』
井伊氏館は、浜松市北区引佐町の井伊谷城(城山公園)の南東麓に 位置し、現在の普光寺境内東側から国道257号線辺りまで、 南は国道257号線井伊谷上の交差点辺りまでの長方形をした 範囲が城域であった。現在は、居館の遺構などは殆ど残ってい ないが、井伊直満(井伊直政の祖父)・直義兄弟の供養塚である 「井殿ノ塚」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 11:01
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bX【井伊谷城2回目】
平成24年(2012)10月23日 と平成26年(2015)9月7日 に井伊谷城を散策した。2回とも井伊直政のゆかりの地散策 の一貫である。なにせ私は井伊直政ファンである。私のおも ちゃの甲冑は井伊直政バージョンである。井伊谷城には当然 井伊直虎もいたはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/11 06:54
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bW【井伊谷の散策2回】と『NHKのTV「井伊谷」』
私は井伊直政ファンである。おもちゃの甲冑は井伊直政なのだ。 平成24年(2012)10月23日 と平成26(2015)9月7日 に井伊谷を散策した。2回とも井伊直政のゆかりの地:散策の一貫 である。2回目の訪問の詳細は後日にする。NHKのTV番組「井 伊谷」を扱っていたので、それも取り上げる。 ○井伊直虎の絵 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 09:40
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bV【第1話『井伊谷の少女』&「井伊谷」
『おんな城主直虎』の記念すべき第1話・・・・@井伊谷の姫: 「おとわ」(井伊直虎)が「亀之丞=井伊直親」「鶴丸=小野政次」 と遊んでいる場面から始まった。井伊家の当主:井伊直盛(直虎 の父)が井伊館で会議を開いている。井伊家の跡取りを誰にする かを決めている。井伊直満(亀之丞の父)と小野政直(鶴丸の父) が言い争っている。父:直盛はおとわに「お前が男だったら面倒な 事は起きなかったの・・・」とがっかりする。A南渓和尚が、 おとわ、亀之丞、鶴丸に井伊家の初代当主:井伊共保の話を 教... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 08:54
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bU『戦国時代の井伊氏』修正版
南北朝時代、井伊谷にいた宗良親王は信濃に逃亡した。井伊谷は今川 了俊の支配下になった。以後、敵対していた今川氏支配下に置かれ、 井伊氏は受難の時代が続く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 08:24
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bT【南北朝時代の井伊氏と宗長親王】
平安時代には井伊氏の館があった。鎌倉時代末期には、詰め城 として井伊谷城と6つの砦が築かれた。南北朝時代初期には、 強力な詰め城として三岳(三嶽)城が造られた。 ・南北朝時代、建武4年(1337)、三方ヶ原の戦いで井伊一族は南朝 方:宗長親王にに加勢し、今川範国と戦ったが、敗戦を喫した。 ・暦応2年・延元4年(1339)〜暦応3年・興国元年(1340)南朝: 宗良親王を迎えた井伊氏の井伊谷に北朝:足利方の高師泰・仁 木義長ら の軍勢が現浜松・井伊谷に押し寄せてきた。三岳城に 籠も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 08:49
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bS【井伊氏系図8】&『鎌倉時代の井伊氏 』
・寛治7年(1093) 井伊共保が没した。享年84。墓は自浄院説 もあるが、八幡山地蔵寺(現:龍潭寺)に葬られた。 武藤さんは「かつての地蔵寺はこの井戸の隣にありました。龍譚寺 はかつて八幡山地蔵寺と呼ばれました。」そして、平安時代末期から 『保元物語』や『吾妻鏡』などに井伊氏が登場する。基本的には 2回お会いし井伊家家譜も見せていただいて写真も撮らせていた だいた武藤全裕和尚様の書かれた『遠江井伊氏物語』:武藤全裕 著をベースに書かせていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/07 06:08
箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bR【井伊家初代:井伊共保】
・平成26年(2015)9月7日、井伊谷に2回目の訪問をした。 浜松歴女探検隊の武藤さん(龍潭寺執事武藤佑吉氏のお嬢様) ・土幸さん・林さんの案内で、田んぼの中の井伊家初代:井伊共 保の井戸に行った。水田にはオモダカも咲いていた。 井の国会会長:石原正美さんや松下加兵衛研究の冨永公文先生も 一緒だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/06 08:59
箕輪初心:生方▲箕輪城239『長野業政・井伊直政』&3碑&世界かんがい施設遺産『長野堰』
平成28年(2016)11月8日 長野堰が世界かんがい施設遺産に認定 された。『長野堰を語りつぐ会』会長:中嶋宏氏・副会長:西山氏・ 井田氏・清塚氏など『長野堰を語りつぐ会』・『土地改良区』の皆さん などの努力があった。高崎市のHpには「長野堰用水の開削が始まっ たのは約1000年前と言われています。」とあるが、完全に間違ってい る。古墳時代から長野堰に相当する大用水があった。若狭徹博士に確 認した。長野業政は@祭戸用水、A十二堰、B早瀬川、C長野堰の大 改修工事、D本郷堰(黒沢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 14:38
箕輪初心:生方▲箕輪城238『長純寺・石上寺・東向八幡・字輪寺・信玄家臣:塚越伴七調査』
平成27年(2017) 1月1日、村の新年会終了後、箕輪城主長野氏に 関係する調査・研究に出かけた。@長野氏菩提寺:長純寺に新年の 挨拶、A長野氏祈願所:石上神社(石上寺)の石幢調査、B長野氏 祈願所:現東向八幡宮の石幢と由来調査、C長野氏の一族がいたと 思われる榛東村広馬場「宿」の『字輪寺』の宝篋印塔と由来調査、 @かみつけの里にぽけもんGOで休憩。E「長野氏家臣・武田信玄 家臣:塚越伴七の子孫:塚越義夫宅」での聞き取り調査を実行した。 1月14日の高崎学ソシアス講演会『箕輪城の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 09:41
箕輪初心・生方▲2016井伊直虎・井伊直政bP『高崎学ソシアス講演会原稿』
・平成29年(2017)1月14日、13:35〜30分の『箕輪城歴代・城主・城代・ 城番と井伊直政』と題して、講演会をすることになった。今回は、その 原稿の一部である。井伊直政が私の私見では箕輪城21代目と考えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 08:07
箕輪初心:生方▲【2016NHK大河ドラマ「真田丸」関連ブログ137】
〜〜〜2016年【真田丸シリーズ】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 22:29
箕輪初心:生方▲【真田幸綱・真田信綱・真田昌幸の上野侵攻ブログ一覧】
【2】真田幸綱&真田昌幸 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 22:24
箕輪初心:生方▲【武田信玄の信濃侵攻】&『真田幸綱信濃侵攻のブログ一覧』
【1】武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻@信濃編ブログ一覧 箕輪初心:生方▲武田氏・真田氏の信濃侵攻ブログ一覧 武田晴信は・天文10年(1541)海野平の戦い後、父を追放し 信濃侵攻を開始した。信濃は穀倉地帯であった。おおむね @諏訪→A佐久→B府中→C南信濃:上伊那・下伊那→ D上田付近→E埴科・川中島→F白馬・上水内→北信濃 と・・・信濃に侵攻した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 22:21
箕輪初心:生方▲真田丸137【松代城6回目・7回目】
・元和8年(1622) 真田信之は江戸城に呼ばれ、将軍:徳川秀忠から 「松代転封」を言い渡された。上田6万石から松代10万石へ加増で あった。せっかく、離散した農民を集め、上田城で城普請をせず、3 年間も年貢を免除して、上田の復興を図ったのに、転封だって、・・・ 最も、祖父:真田幸綱(幸隆)が真田の郷を追われて、初めて尼飾城に 入ったので、まあ、いいかって言えば、いいのだが、・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 22:14
箕輪初心:生方▲真田丸137:『第50話最終回「疾風」』&「豊臣有力家臣の結末」未完成
★平成28年(2016)12月18日、NHK・大河ドラマ『真田丸』は第 50回の放送が最終回であった。『山梨県史』中世編や『武田氏家 臣団人名辞典』を執筆した丸島和洋氏・平山優氏や後北条氏の上野支 配の様子を執筆した第一人者:黒田基樹氏 を時代考証にした。3名 のスーパー50代の時代考証を元に三谷幸喜氏が想像を駆使して、ホ ームドラマを描いた。そこで、私「箕輪初心:生方」:3氏の説と脚 本家:三谷幸喜氏の比較を中心にブログを書いてきた。とても楽しま せて貰った。「豊臣有力家臣の結末... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 15:35
箕輪初心:生方▲真田丸136第49話「前夜」&塙直之、後藤又兵衛、木村重成の最後!
▲4月29日樫井で塙直之、▲5月6日の夜道明寺で後藤基次、 薄田兼相、若江・八尾の戦いで木村重成など多数の勇将を失った。 @真田信之は、幸村が死を覚悟していると考え、大坂で幸村に会 った。しかし、幸村の決意は固かった。A後藤又兵衛、木村重成 らは討ち死にした。台所頭の大角与左衛門が豊臣の策を徳川方に 漏らしていたのだった。B幸村は、春や梅たちを伊達政宗に預けた。 C幸村は家康の首をとるべく、敵陣へと攻め入ることをきりに告げ た。幸村はきりに、豊臣秀頼の正室・千姫を徳川方へと渡すこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 09:59
箕輪初心:生方▲湯灌・納棺の「六文銭?」&真田丸135真田の「六文銭」
★今年は平成28年(2016)11月26日、12月11日の2回、湯灌 (ゆかん)→納棺に立ち会った。その際、2回とも頭陀袋に「六文銭」 を入れた。葬儀屋は「六道銭」ではなく、「六文銭」と言った。真田氏 は家紋は4種類の家紋があった。「結び雁金」・「州浜」・「割州浜」・六 文銭(六連銭・六紋連銭)であった。真田の「六文銭」の家紋として の名前で、元々は仏教界で使う「六道銭」のことである。「六道銭」は 「三途の川の渡し賃」、つまり通行料とされている。「三途の川」は仏 教において、死者が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/13 09:00
箕輪初心:生方▲真田丸134「戦国真田の岩櫃城跡探検隊第14弾」:古谷地区
平成28年(2016)11月27日(日)に「戦国真田の岩櫃城跡探検隊 第14弾」があった。潜龍院跡での鷹匠の実演&解説の後、昼食。 午後、二本松泰子先生講演会「真田信之と鷹狩り」があり、 14:00 古谷地区の散策に出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 13:00
箕輪初心:生方▲真田丸133【潜龍院跡で放鷹実験】&二本松先生【真田信之と鷹狩り】
潜龍院は織田信長と徳川家康の甲州討伐により追い込まれた主君の 武田勝頼を迎え入れようと、真田昌幸が潜龍院を建てた。見学会は、 潜龍院をPRしようと初めて開催された。二本松泰子先生【真田信 之と鷹狩り】や【根津松鷂軒常安】などについて話してくださった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 07:19
箕輪初心:生方▲真田丸132【 第48話「引鉄」】&明石全澄の「岡山城&備前焼」
@豊臣と徳川が和睦し、大坂城は堀も埋め立てられてしまった。 幸村は、後藤、毛利らに夜討ちをかけさせる。夜襲を受けた家康 家康は、京へと戻ることを考える。A幸村は、織田有楽斎に偽情 報を流した。幸村は佐助に家康暗殺を命じる。しかし、影武者で あった。幸村は、茶臼山と岡山との間に堀を作り、徳川を迎え撃 つ準備を始める。B大野治長の弟:治房は、大阪城の金銀を家臣 に渡してしまう。秀頼は牢人たち全員に金銀を分け与えねばなら なくなった。牢人たちは武具を調達してしまう。さらに治房が外 堀を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 08:58
箕輪初心:生方▲箕輪城236長野方業と『戦国のコミュニケーション』:山田邦明著
上野長野氏一族:長野方業(ながの まさなり・かたなり)は、戦国 時代前期いた武将らしい。長野氏の系譜は錯綜しているので、長野 方業の系譜上の位置づけが混乱している。『戦国のコミュニケーショ ン』:山田邦明著で更に「長野方業説は混沌としてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 09:51
箕輪初心:生方▲箕輪城234群馬県立近代美術館「山口薫と箕輪城・箕輪武士のコラボは無理か?」
群馬県立近代美術館の山口薫先生のコーナーも楽しめた。凄い絵ば かりであった。山口薫の生家は旧箕郷町金敷平にある。小中高と 学校に行くときは、絵に描いた榛名白川側の箕輪城の崖と丸斗張 (北条時代の馬出)角を通ったのだ。山口薫宅と箕輪城は1km 程しか離れていない。箕輪城・箕輪武士・弓矢・槍に戦国時代へ の悠久の思いを馳せて表現する山口薫先生の絵・・・7〜8点は あったがろうか? ★「山口薫先生の箕輪城・箕輪武士の絵はが きは1枚しかなかった。箕輪城と山口薫のコラボはまだまだだね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/08 06:31
箕輪初心:生方▲箕輪城235裄Vツアー【長年寺→鷹留城→長純寺→箕輪城】
平成28年(2016)12月3日、裄V佳雄先生と一緒に群馬県立近代 美術館に行った。@ 榛名町:温石→裄V先生にご馳走になった。 ありがとうございました。A戸田書店→B長年寺→C鷹留城→ D長純寺→A箕輪城を回ってみた。案内旅もいいもんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/07 05:53
箕輪初心:生方▲箕輪城233「2016群馬県展:桑原秀栄先生の作品」&「群馬」の馬と名前の由来
「平成28年(2016)12月3日、裄V佳雄先生に彫刻家:桑原 秀栄先生(前橋市文京町)を紹介していただいた。2008年5月 10日、前橋市上泉町の自治会館内に建立した「剣聖・上泉伊 勢守秀綱(銅像部は2,15m.台座まで全高3,75m)の作者である。 2016年日展新友会の会員になっておられた。従って、群馬県展 の彫刻部門の審査員であり、展示する担当であった。 加藤啓治先生(高校同級生)&山名将夫先生(お嬢様の知人) の絵もあった。★高崎駅前か市役所に「長野業政」と「井伊直政」 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/12/05 20:25
箕輪初心:生方▲箕輪城233かみつけの里【榛名神社文書】の解説&久保田順一先生説
平成28年(2016)12月3日はかみつけの里博物館の企画展「榛名山 に祈る」を石関先生の案内で「10の榛名神社関係文書」を拝見させ ていただきました。お世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 15:32
箕輪初心:生方▲榛名神社本殿&史民俗資料館
平成28年(2016)8月16日、高崎市委嘱箕郷歴史文化調査研究会と いうことで、榛名歴史民俗資料館で「10の榛名神社関係文書」を見 せていただきました。写真も全体ならよいてすと許可をいただきまし た。感謝申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 15:23
箕輪初心:生方▲『長尾景虎(上杉謙信)&近衛前嗣&彦部信勝』
彦部晴直は上杉謙信を将軍::足利義輝に謁見する取次をした。彦部信勝 は近衛前嗣の護衛として長尾景虎(上杉謙信)が山内上杉氏の後継者 になるのを見届けた。彦部信勝は上杉憲寛の子:榎下上杉憲当の名跡 を継いだという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/02 10:10
箕輪初心:生方▲箕輪城232【山内上杉憲房・上杉憲寛・長野業政&扇ヶ谷上杉朝良】
扇ヶ谷上杉朝良の室:白井長尾顕忠(山内上杉家家宰)の娘である→ 上杉憲房の正室は扇ヶ谷上杉朝良の妹である。→長野業政の正室は扇 ヶ谷上杉朝良の娘である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/02 09:35
箕輪初心:生方▲群馬『彦部家の歴史:飛鳥時代〜戦国時代』
彦部氏は天武天皇の第一皇子高市親王の後裔高階氏を本姓とする。 高階氏の嫡流は高氏を名乗り、南北朝時代、足利尊氏の執事とし て活躍した高師泰・師直兄弟を輩出した。彦部氏は高氏の庶流で あるが、高氏とともに足利氏の重臣として仕えた。現当主は40代 彦部篤夫氏である。当主大学院同窓生:裄V佳雄先生にいただ いた「彦部家系図」を使用させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/12/01 11:52
真田丸131【第47話「反撃」】&「常高院の和議交渉&真田丸取り壊しの過程
@大阪城の天守閣に打ち込まれた砲弾により、侍女たちは数名 命を失った。茶々は幸村の反対を押し切り、家康との和睦に傾く。 A和睦交渉には幸村は本多正信や織田有楽斎の籠絡を受けぬよう、 初を交渉役として立てることを提案する。B家康の側室:阿茶局は 寛大な態度であるが、真田丸砦の取り壊し、外堀を埋めることを 提案する。きりは大きな不安を感じる。大蔵卿局は、阿茶局の提 案を飲んでしまう。大坂城の外堀を埋め、真田丸を破却すること が決定してしま。C結局、、幸村は大阪城は本丸を丸裸にされて ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/29 13:23
箕輪初心:生方▲箕輪城231久保田順一先生の新刊『長野業政と箕輪城』前編
★平成26年(2016)11月26日、榛名文化センターで、久保 田順一先生の講演会「(新田義貞の子ども)義顕・義興・義宗と 南朝」があった。12月8日が公式の発売日であるが、戎光祥 出版と榛名町の本屋「戸田書店」がコラボして先行発売された。 *シリーズ【実像に迫る】「長野業政と箕輪城」久保田順一著 戎光祥出版から1500円+税で、発売された。久保田先生は 箕輪城の城主と結論づけてはいないが、「長野業尚(尚業)→ 憲業→箕輪長野信業はなく、もしかしたら、厩橋長野信業→ 長野方業・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/11/28 08:37
箕輪初心:生方▲真田丸130【カルバリン砲は三浦按針が?】
私はカルバイン砲を@インドのマドラス&Aマレーシアのマラッ カ、Bスリランカの首都:コロンボかゴール近くで見ている。 イギリス人:三浦按針(ウィリアム・アダムス)が平戸でオラン ダ商館→イギリス商館と在籍し、徳川家康の大砲購入に関わった。 でないと、オランダ製・イギリス製の大砲は入らない。しかし、 平戸では確かな文書は見ていない。・・・・。慶長19年(1514) までにはカルバリン砲が三浦按針の中継で徳川家康にもたらされ たと考えられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/27 08:01
箕輪初心:生方▲真田丸129【46話「砲弾」】&「賤ヶ岳7本槍の動向」
@真田丸に手こずる徳川家康は、カルバイン砲が届くまで夜に3方 から大声を張り上げ、豊臣方に圧力をかける。家康は真田信伊に幸 村を寝返らせようとするが、失敗する。A徳川方の密偵:織田有楽斎 に和睦を進めるよう指示する。秀頼は、和睦すべきと考え始める。 B 幸村は、茶々に秀頼を説得するよう依頼する。茶々は秀頼に命じ、 和睦しないことになる。 徳川軍に、イギリスの大筒が到着した。 家康は、茶々の居場所を大砲で狙らった。砲撃は天守閣に向けられ、 偶然、落下した屋根で茶々の女中が亡くなった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/26 11:10
箕輪初心:生方▲名胡桃城発掘の三宅敦気先生講演会「名胡桃城」
名胡桃事件時は中山城は北条の城だったので、「加沢記」は嘘だ。 ・平成28年(2016)11月20日、三宅敦気先生講演会「名胡桃城」が あった。特徴は@名胡桃城の看板書いてあった「加沢記」の記述を 抜いたことにある。つまり、みなかみ教育委員会として江戸時代に 書かれた第二次史料「加沢記」を除去したことになる。A明徳寺城 を真田の城としていること、B史料から名胡桃事件は6説あるが、 みなかみ教育委員会としては明言できないがとしながらも、三宅 先生個人としては「豊臣秀吉陰謀説」取っている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/25 09:42
箕輪初心:生方▲箕輪城230▲【20161123郭馬出の完成式典】
平成28年(2016)11月23日、国史跡「箕輪城跡」で「郭馬出西虎口 門」の完成式典が開かれた。裄V本次先生・裄V佳雄先生・ 箕輪城保存整備委員長:峰岸純夫先生・富岡高崎市長・副市長・ 飯野教育長・後閑市議会議長・岸県議・石川市議・青柳市議・岡田 先生・関口先生・県文化賞の西原さん、飯嶋校長、南雲校長なども 招待されていた。幅5、73m、奥行3、48m、高さ6、48mの櫓門 は戦国時代の関東地方の城郭で最大規模の櫓門である。 そして、午後は裄V先生と裄V先生の大学院同級生の桐生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/24 12:51
箕輪初心:生方▲真田丸128【第45話「完封」】&スパイ密告者は誰?
いよいよ、大坂冬の陣が始まる。幸村の本領発揮なるか! @真田幸村は、手薄な砦が襲われていることから、内通者が いると感じた。幸村は、織田有楽斎が密偵である?と考え、 食事で情報を流して確認する。 A徳川家康は、上杉景勝に 「真田丸を落とせ」と命じる。B幸村は真田丸で迎え撃つ準備 を急いだ。息子:大助は旗を振って前田勢を挑発した。前田勢 次々に鉄砲兵に撃たせる。城内に入ってきた徳川軍を幸村や 後藤たちが討ち取る。真田軍は勝鬨を上げる。C景勝は 「日の本一の兵、真田左衛門佐!」と叫ぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 09:11
箕輪初心:生方▲箕輪城229【黒田基樹説を加えた「北条氏邦の鉢形領支配→箕輪城主への過程」
北条氏邦が鉢形領支配→箕輪城主になるまでの過程を今まで 「群馬県史:浅倉直美文責」や「北条五代:相川司」著など をベースに書いた年表に『鉢形城と戦国武将』:黒田基樹著を 加味して、新しく年表を書き足した。●印は黒田基樹先生の 部分である。石塚三夫館長先生、いい本を紹介してくださって ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 05:52
箕輪初心:生方▲真田丸127【第43話「軍議」】&『毛利勝永・長宗我部盛親』
真田幸村は、軍議で「京へ打って出て、家康の首をとるべき」と 提案する。しかし、@茶々や大蔵卿局、秀頼の側近・大野治長ら は「籠城すべき」と考えていた。A毛利勝永は、幸村の提案を支 持。B明石全登は籠城説から積極出撃説に意見を変えた。C後 藤又兵衛は、「死に場所を求めにやってきた。大阪城以外に、・・」 と反対するが、幸村が「我らは決して負けない。・・・死にたい のなら、徳川方につくべきだ。」と言う意見で、後藤も積極策を 支持した。D豊臣秀頼も積極策に出ることを決定したが、茶々の 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 18:43
箕輪初心:生方▲真田丸126【42話「味方」】&『後藤又兵衛基次』
真田幸村が九度山を脱出して老人に変装し大阪城入りした。 大阪城に集った牢人(浪人)たちの様子が描かれている。 大阪五人衆と呼ばれる兵たちがそろった。真田幸村に対 抗意識の強かった後藤又兵衛基次について調べてみた。 昔、「めんこ」に後藤又兵衛の絵があったのを思い出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 06:17
箕輪初心:生方▲箕輪城224『剣聖:上泉伊勢守信綱の生涯』大修正版3
★私の「剣聖」イメージ」は上泉信綱 ・塚原卜伝・柳生宗厳・伊藤 一刀斎 ・丸目蔵人・宮本武蔵 ・男谷信友・ 昭和の剣聖「持田誠 二」かな?ということは、箕輪城関係者には【上泉伊勢守信綱】 &新陰流の弟子:神後伊豆宗治&疋田文五郎&岸監物(昭和 の剣聖「持田誠二」の先祖)がいた。塚原卜伝も箕輪城に尋ねて きている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/17 13:20
箕輪初心:生方▲箕輪城223『上泉伊勢守秀綱』主演:村上弘明さんのロケ参加
平成28年(2016)11月12日、13日に『上泉伊勢守信綱(主演: 村上弘明)』の箕輪城でのロケがあった。10月30日の箕輪城ま つりで「エキストラとして参加してください。」と声がかかった。 私は武田の武将のエキストラとして、参加した。手作りの赤い甲冑 での戦闘シーン「武田VS上泉の戦い」は1日目は12:00〜17:30 までかかった。2日目は14:00〜17:00までかかった。ますます、 箕輪城がクローズアップされるので、楽しみである。実行副委員長 は箕輪城まつり奉賛会長:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/15 11:18
箕輪初心:生方▲箕輪城220『戦国武将と味噌』&『高崎の糀屋:飯嶋一族の歴史&味噌造り』
高崎「糀屋主人:飯島藤平氏」から先祖の話をお聞きする機会を得た。 私は『高崎の糀屋の味噌・醤油は武田信玄の信州味噌をベー スにしながら、井伊直政の三河系井伊谷味噌を踏襲した。その後、 米の糀を開発したのはないか?』と勝手に思った。 @裄V佳雄氏の「糀屋:飯島家が長野業正の箕輪城で味噌・ 醤油を扱っていて、江戸時代に群馬で最初にできた企業です。」 という話がきっかけであった。A井伊直政の家臣:戸塚の支流? :マーちゃんが「糀屋は漬け物を法事にひいたよ。」の一言も 気になっていた。糀... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 08:12
箕輪初心:生方▲箕輪城219【2016山本隆志先生『堯恵&浜川木部氏』・『宗長&浜川長野氏』
平成28年(2016)11月5日、中嶋講二氏が山本隆志先生を紹介 してくださった。山本隆志先生は榛東生まれで、高校の先輩だ。 筑波大学名誉教授:山本隆志先生の特徴は @国府を総社と考えていること。 A板鼻→浜川→総社が交通の要所であったこと。 B堯恵の『北国紀行』から浜川にも「木部館」があったこと。 C宗長の『東路の津登』から浜川に「松田加賀守館」があったこと。 (松田氏系譜は不詳)。そして、「長野氏の館」があったこと。 つまり、浜川に木部氏・松田氏・長野氏がいたとしている。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 12:08
箕輪初心:生方▲箕輪城218:箕輪城代・内藤昌月の目付:bQ裄V家【創新館】
【箕輪城まつり奉賛会】の会長:裄V本次先生→裄V佳雄先 生である。箕輪城まつりには「戦国時代の長野家・武田家・ 滝川家・北条家・井伊家の家臣団の子孫が来ていた。その内、 裄V氏は武田勝頼の命で内藤昌月の目付(bQ)として、箕 輪城に入った。その子孫が裄V本次先生・裄V佳雄先生で ある。裄V佳雄会長は【創新館】を建てた。そこには、複製の 鎧や「甲陽軍鑑」など蔵書が置かれている。裄V先生の興味 の一端を紹介しよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 13:58
箕輪初心:生方▲箕輪城217【厩橋長野氏】&前橋【橋林寺】&カレー【BABA前橋岩神町店】
長野氏は、@鷹留城高崎市室田町)を本拠とした鷹留長野氏(室田 長野氏)、A箕輪城(高崎市箕郷町)を本拠にした箕輪長野氏・ 厩橋城(前橋市の現群馬県庁)を本拠とした厩橋長野氏、大胡 城(前橋市大胡町)を本拠とした大胡長野氏がいる。今日は厩橋 長野氏と「橋林寺」について考える。★私は箕輪城築城1474年 以前説を採っている。箕郷の東向八幡神社・長野氏菩提寺:石 上寺の石撞が1474年で・・・住居より寺を先に立てる人間は まずいないからである。文書がなくとも寺・石撞が語っている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/04 19:38
箕輪初心:生方▲箕輪城216【2016年第14回箕輪城まつり後編:先祖は箕輪武士&戦国絵巻】
平成28年(2018) 10月30日『第14回箕輪城まつり』が開催さ れた。箕輪城まつり奉賛会会長:裄V佳雄氏が挨拶された。来賓 は小渕優子衆議院議員、岸県会議員、富岡高崎市長、後閑市議 会議長、石川市会議員議、青柳市会議員、安藤観光課長、中村 支所長、寄居町の方々等、多くの来賓の方がお見えになられた。 萩原氏が祝詞をあげた。戦国絵巻が始まった。私は10年連続、 箕輪城祭りに参加している。★戦いながらビデオを撮っていたり、 子ども達の面倒を見ていたりしていたので、写真はあまりない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 13:07
箕輪初心:生方▲箕輪城215【2016年第14回箕輪城まつり前編:出陣式〜武者行列】
平成28年(2018) 10月30日、「第14回箕輪城まつり」があった。 平成28年(2018) NHK 大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸の在城 場面&ゆかりの地紹介で箕輪城が出た。平成29年(2019) NHK 大 河ドラマ『おんな城主 直虎』放送される。井伊直虎は井伊直政が 箕輪城に入城する前に死んじゃったけど、・・・そして、平成29年 (2019)来春1月14日?のBS放送で2時間ドラマとして「剣聖: 上泉伊勢守信綱」が放映される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 08:44
箕輪初心:生方★『生方氏先祖考』&【作曲好きな父:生方良作】
『生方家先祖』は新田義重庶流「小保方」であろう。戦国時代、 わが先祖は白井城長尾景英&箕輪城長野業正の姉の結婚 に際し、人質として、長野業正の家臣に偏入されたと思われる。 【生方良作】:我が父である。ちょっと父のことを書いてみよう と思う。父は昭和4年(1929)5月1日生まれ。校歌・園歌・童謡 ・演歌など138曲を作曲した。古いパソコンの中に楽譜がある が取り出せない。平成28年(2018)10月24日AM1:48、 脳幹出血のため、87歳で死亡した。 父は校歌・園歌で名が残... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/01 18:24
箕輪初心:生方▲真田丸127『豊臣秀頼の譜代の大物武将20』
豊臣秀頼には豊臣家譜代の家臣がいた。豊臣軍の譜代の中心人物 は「大野治長、大野治房、大野治胤、木村重成、木村宗明、渡辺 糺、竹田永翁、郡宗保、山口弘定、細川頼範、山名堯政、赤座直規、 槇島重利、真木島(槇島)昭光、生駒正純、毛利重能、内藤長秋、 織田昌澄、、赤星親武、薄田兼相などであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2016/10/21 09:37
箕輪初心:生方▲真田丸125『豊臣秀頼の家臣@親衛隊:7手組の武将』
豊臣秀頼には豊臣家譜代の家臣がいた。豊臣秀頼の七手組= 親衛隊には速水守久、青木一重、伊東長実、堀田盛高、中島氏種、 真野頼包、野々村吉安 、+杉善右衛門がいた。しかし、この中 でも、微妙な動きがあったようだ。「大坂の陣」ではリーダーの 速水守久が渉外に当たった。中島氏種、真野頼包、野々村吉安は リーダーに従ったようであるが、堀田盛高は仕方なく参加した。 そして、内通者らしき武将が、青木一重、伊東長実と2人いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/20 19:41
箕輪初心:生方▲真田丸123「九度山脱出」史実&【第41回「入城」のあらすじ】 
真田幸村は再び世に出る決心をした。徳川の監視の目も厳しくなっ ていた。徳川家康の命は、九度山にも行き渡っている。真田幸村は 徳川監視の目をかいくぐるため、九度山の村人を呼んで酒宴を開いた。 真田信村はじめ家族たちも九度山からの脱出に成功した。真田信村 一家と家臣は、14年ぶりに山を降りたのであった。真田幸村は いよいよ大坂城に入った。全国から集まった浪人たちが集まって いた。後藤又兵衛・毛利勝永・長宗我部など、浪人衆は癖のある 人物ばかりであった。豊臣秀頼も真田幸村を待っていて再会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/19 08:26
箕輪初心:生方▲2016「第11回かみつけの里古墳祭り」9場面の動画
平成28年(2016)10月16日(日)「第7回かみつけの里古墳祭り」 が開催された。旧群馬町の保渡田・井出地区一帯は、5Cの重要 な遺跡「保渡田古墳群」&「王の館:三ツ寺T遺跡」&「百済の 技術者の墓:谷ッ古墳」等がある。出土した埴輪などをもとに 『若狭徹先生』が製作したオリジナル脚本による再現劇「王の 儀式」を上演では、古代装束をまとった王や巫女・武官などに よる「水取りの儀」・「すまい(相撲)の儀」・「農耕の儀」・「ヤマト 朝廷からの鏡下賜の儀」・「朝鮮王朝(百済)からの献呈... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 05:48
箕輪初心:生方♯音楽:【2016高橋貞春Cla.演奏会】&武田家臣子孫「中曽根・宮脇」
★平成26年(2016)10月15日(土) 高崎の倉渕のまゆう山荘で、 私の高校時代の音楽師匠の無料演奏会『森の中の音楽会 高橋貞 名曲コンサート』があった。7年連続である。高橋貞春先生の 演奏は相変わらず、 編曲に面白い。演奏会の後は「はまゆう山 荘」に泊まった。歴史の話で盛り上がった。 はまゆう山荘(電話:027-378-2333) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 09:50
箕輪初心:生方▲真田丸125【豊臣秀頼の父親6説】&『豊臣秀頼』後編
@豊臣秀頼は豊臣秀吉の3男である。豊臣秀吉の側室であった 茶々(淀殿)の第2子である。ところが、本やHpで調べてみ ると、本当の父親は誰かをめぐって6説があることがわかった。 服部英雄教授「豊臣秀頼は豊臣秀吉の非実子:陰陽師説」と 福田千鶴教授「豊臣秀頼は豊臣秀吉の実子説」の九州大学の 対決があることが分かった。A平成28年(2016)2月24日 のTV番組で福田千鶴氏「慶長16年(1611)豊臣秀頼は徳川 家康と二条城での会見後、鷹を送られ、その礼状から、豊臣秀 頼が徳川家康と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 08:15
箕輪初心:生方▲真田丸123『豊臣秀頼の生涯』前編&福田千鶴氏説
豊臣秀頼は豊臣秀吉の3男である。豊臣秀吉の側室であった茶々 (淀殿)の第2子である。平成28年(2016)2月26日のTV番組 で九州大学教授の福田千鶴氏が「凡庸な豊臣秀頼と淫乱な母。茶々 (淀殿)という見方は、徳川史観が作り出した虚構である。」言っ ていた。「小栗上野介忠順が薩長史観に歴史から抹殺されたように」 と思った。慶長16年(1611)豊臣秀頼は、徳川家康と二条城 で会見した。徳川家康は豊臣秀頼に「鷹」を送った。豊臣秀頼は 「礼状」を送った。徳川家康が豊臣秀頼に「鷹」を送... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/14 07:33
箕輪初心:生方▲真田丸122【第40話「幸村」のあらすじ】&39話ちょっと史実編
「真田丸」の時代考証:平山優氏・丸島和洋氏が「真田信繁が真田 幸村を名乗った可能性があるのは慶長19年(1614)の「大坂冬の 陣の入城時」と言っていた。第40話「幸村」で気になるのがタ イトル「幸村」。「真田丸」では真田信繁の名を採用した。 現在残っている資料ではほとんど真田信繁として登場している が、信繁の兄・信之の松代藩の資料では真田幸村となっている。 江戸中期の「難波物語」で「左衛門佐幸村」と記された。 松代藩が大坂の陣から200年近く経った後世に語った話によれば、 「幸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 08:49
箕輪初心:生方▲箕輪城213『しろはく古地図と城の博物館富原文庫』 の箕輪城の縄張り図
・平成28年(2016)10月7日、高崎市嘱託「箕郷歴史文化調査研究会」 の副会長:西原氏・事務局:佐藤氏・委員:生方で安中の富原道晴先生 宅の『しろはく古地図と城の博物館富原文庫』を訪問した。箕輪城の縄 張り図を拝見したり、富原先生の講義をお聞きしたりするためである。 大変な貴重な史料見せていただいたり、有意義な講義を見せていただい たりいただいた。井伊直政の貴重な資料も見せていただいた。そのた、 全国の古城の城郭図、中世の城下町図、村の古図、古戦場の陣立など お宝物がたくさんあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/12 07:40
箕輪初心:生方▲箕輪城212『箕輪城まつり奉賛会がよしおかふるさと祭り出展』
平成28年(2016)10月9日(日)『箕輪城奉賛会』群馬県吉岡町 で開かれた「よしおかふるさと祭り」に出展しているとのことで あった。箕輪城奉賛会会長:裄V氏宅を訪問後、会場の吉岡町役 場を訪問した。ステージでの吉岡町内地域の踊り・伝統芸能の 発表等の各種催し・各種販売コーナーなどで賑わっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/11 05:45
箕輪初心:生方▲【箕輪城まつり奉賛会と裄V家】
平成28年(2016)10月30日(日)、「第14回箕輪城まつり」が 開催される。大きなバックボーン・スポンサーに日本一のブロック 生産を誇る「エスビック」の裄V本次先生・裄V佳雄先生がいる。 裄V佳雄先生は蜻家のことを触れられるのは、好まないので、ち ょっとだけにする。一条信長流裄V弥右衛門は武田信玄家臣で、箕 輪城代:内藤昌月(保科弾正忠正俊の次男)の目付(相談役bQ) として箕輪城にやって来た。裄V弥右衛門の子孫が裄V本次先生 ・裄V佳雄先生である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 07:53
箕輪初心:生方▲真田丸121▲映画『真田十勇士』「嘘も突き通せば真実になる」
昨年、番組制作の「株式会社 PASSION」の「岡田」さんと岩櫃城 探検隊で出会った。岡田さんは岩櫃城探検隊あざみの会の富澤朗氏 に「真田忍者」のことを聞いていた。映画「真田十勇士」にも関わ りがあるとのことだった。岡田さんを乗せて、原町の本屋に行った。 @戦国時代、武田信玄の素波頭領→真田忍群総帥:出浦盛清(昌相) &雁が沢城主:横谷率いる副総帥格に、中之条の割田下総守・唐沢 玄蕃がいた。同族:望月は甲賀望月千代(千代乃)の修験道・巫女 家臣もいた。A江戸時代5代将軍:綱吉の元禄... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/09 09:20
箕輪初心:生方▲真田丸120『真実の真田忍群』と『虚構の「真田十勇士」の歴史』
真田昌幸は情報活動をさせる軍団を持っていた。NHK大河ド ラマ「真田丸」の出浦昌相(盛清)が真田の忍びの総帥である。 永禄年間、5代将軍:徳川綱吉に『真田三代記』が発刊され、 「真田幸村」の名前が一般化された。明治44年の立川文庫 以来、少しずつメンバーは確立し、大正3年(1914)「真田三 勇士三部作」で真田十勇士が出そろった。真田十勇士は真田 幸村(史実は真田信繁)に仕えたとされる10人の家臣か らなるキャラクターである。基本的な構成は、猿飛佐助、 霧隠才蔵、三好清海入道、三... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/08 06:37
箕輪初心:生方▲真田丸119【第39話「歳月」】九度山の生活
慶長5年(1600)12月13日 真田昌幸・真田幸繁は16人の家臣とと もに細川に住んだ。妻子や小者も含めれば数十人いたと想像できる。 高野山は女人禁制のため、蓮華正院から九度山に移り住んだ。ここ では、真田幸繁30代〜40代になったが、性欲が盛んなようで、 竹林院(ドラマでは春)・高梨内記の娘(ドラマではきり)・ 伊勢の国の妾が5人の子を生んだ。16人の家臣もいたので、金は なく、借金地獄が続いていた。最初に飯島市之丞が去り、慶長16年 (1611)11年目、真田幸綱が死ぬと、池... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 10:30
箕輪初心:生方▲遠江:『三方ヶ原の戦い』徳川家康VS武田信玄
元亀元年(1570)徳川家康は武田信玄の侵攻に備えるため、三河: 岡崎城を嫡男:徳川信康に譲り、本拠地を遠江:曳馬城(浜松市) に移した。曳馬という名称が「馬を引く」=敗北につながり縁起 が悪いことから、平安時代に浜松荘に因んで「浜松城」と改めた。 ・元亀3年(1573) 武田信玄が浜松城を攻める素振りを見せなが ら、無視するような行軍をして、徳川家康を挑発し、誘い出した。 挑発された徳川家康は浜松城から打って出た。▲「三方ヶ原の戦 い」が始まった。武田軍の巧妙な反撃に遭って、簡単... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 04:44
箕輪初心:生方▲遠江『浜松城』:徳川家康が17年住んだ居城&歴史
元亀元年(1570)今川氏真を掛川に攻めて遠江を得た徳川家康が 曳馬城入城し、「浜松城」と改名した。浜松城を増改築し、駿府城 に移るまでの17年間を過ごした。徳川家康の関東移封後、豊臣 家臣:堀尾氏は入った。関ヶ原後、江戸時代265年間に浜松藩 は22人藩主が変わっている。歴代城主の多くが江戸幕府の重 役に出世したことから「出世城」といわれた。五万石ながら代々 譜代大名の居城として高い格式を保ち続けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 08:04
箕輪初心:生方▲遠江『曳馬城=引馬城(浜松城の前身)』&歴史
戦国時代、曳馬の町を見下ろす丘の上に引間城が築かれた。 歴代の城主には、今川氏→尾張の斯波方の大河内氏・巨海氏、 →駿河の今川方の飯尾氏→徳川家康と繋がる。浜松には、今 川方で、頭陀寺城城主:松下加兵衛がいた。豊臣秀吉が少年 時代:木下藤吉郎時代に3年間、松下加兵衛に仕えた。、豊臣 秀吉は松下加兵衛に連れられて引間城を訪れていた。引間城 が重要な拠点だったことがわかる。 元亀3年(1572)、武田信玄との三方ケ原の戦いに、徳川家康は 敗れ、曳馬城に撤退した。 ・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/04 08:03
箕輪初心:生方▲真田丸118【第38話「昌幸」】&史実編諸説
九度山で昌幸たちが幽閉生活を送っている間も、真田信之& 稲(小松姫)は九度山の昌幸たちに金銭や物資・酒を送り届 けていたと言われている。真田昌幸が金の無心をしていたと いう書状も残っている。幽閉生活は10年以上にも及ぶ。 この間、@加藤清正、A本多忠勝、B真田昌幸が死んだ。 石田三成の加藤清正への遺言は「ワシが志し半ばで死んだら、 秀頼様をお守りしろ。」という内容であった。・・・・。 「真田丸」では九度山での流人生活をどう扱うのか?九度山 に誰がついていくか?真田昌幸・真田幸繁・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 09:47
箕輪初心:生方▲遠江【高天神城】後編「本丸→三の丸」&『歴史:今川→徳川→武田→徳川の城』
 ・永正年間(1504〜1520)今川氏親の重臣:福島正成が城将とし て高天神城に入城した。今川氏没落後、高天神城主:小笠原長忠 は徳川家康に属していた。元亀2年(1571)武田信玄は2万越える 大軍で高天神城を包囲したが、撤退した。天正2年(1574)武田信 玄の跡を相続した武田勝頼は2万余の軍勢を率いて再び高天神城 を包囲し、小笠原長忠を降伏開城させた。武田勝頼は岡部真幸(元 信)、横田甚五郎尹松らを城将として守らせた。天正3年(1575) 武田勝頼は長篠・設楽原合戦で織田・徳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 07:23
箕輪初心:生方▲遠江『掛川城』:復元木造天守閣が凄すぎる城
日本100名城42番なので、お城巡りファンとして行かざるを えない。掛川城は、山内一豊の築城当時の天守を正保城絵図に 基づいて、木造で復元されている。大手門も復元されている。 江戸時代の遺構として、二の丸御殿と太鼓櫓が残る。二の丸御 殿は、城主の住居と藩庁として使用されてたもので、全国に4 しかない現存御殿だそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 06:34
箕輪初心:生方▲遠江【高天神城】前編:縄張りが複雑怪奇な凄い山城
・永正年間(1504〜1520)今川氏親の重臣:福島正成が城将とし て高天神城に入城した。今川氏没落後、高天神城主:小笠原長忠 は徳川家康に属していた。元亀2年(1571)武田信玄は2万越える 大軍で高天神城を包囲したが、撤退した。天正2年(1574)武田信 玄の跡を相続した武田勝頼は2万余の軍勢を率いて再び高天神城 を包囲し、小笠原長忠を降伏開城させた。武田勝頼は岡部真幸(元 信)、横田甚五郎尹松らを城将として守らせた。天正3年(1575) 武田勝頼は長篠・設楽原合戦で織田・徳川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/02 07:46
箕輪初心:生方▲遠江【金谷城?→諏訪原城→牧野城】武田・徳川の遺構が残る城
・永禄12年(1569) 武田信玄が金谷台地に諏訪原など五砦を構えた のが最初とされる。諏訪原城は武田信玄が徳川領遠江攻略の城とし て築城した城である。武田の守護神:諏訪大明神を城内の一角に祀 ったことから、諏訪原城と呼ばれたそうである。武田信玄と徳川家 康の激しい攻防が繰り広げられた。天正3年(1575) 諏訪原城は落 城して、徳川家康の城となった。徳川氏時代には牧野康成がいた ためか「牧野城」と呼ばれた。天正10年(1582) 武田氏が滅亡す ると牧野城の存在意義が薄れた。現在... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/01 10:25
箕輪初心:生方▲駿河【丸子城】:北条早雲の最初の城→武田信玄の城
 伊勢新九郎(北条早雲)は今川義元の跡目相続問題に遭遇した。 龍王丸の生母の北川殿は伊勢新九郎の妹と言われている。龍王 丸は新九郎の甥にあたる。伊勢新九郎は駿河に下向して今川氏 の食客になった。扇谷上杉政憲が派遣した太田道灌とも面談し、 外部勢力の干渉を巧みにかわし、内訌を仲裁して危機を救った。 駿河国主の座を小野範満に任せ、龍王丸は成人するまでと決めた。 伊勢新九郎&太田道灌は富士浅間神社で神水を酌み交わした。 ★早雲と道灌が一緒に酒を飲む場面を想像するとぐっとくるなあ。 北条... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/30 11:11
箕輪初心:生方▲「真田丸」117【禰津一族&徳川家康・真田昌幸・真田信幸】
・天正11年(1583) 祢津松鴎軒政直は徳川家康に臣従した。 「禰津」から「根津」に姓を変えた。甲州黒沢と駿州厚原に 350石を与えられた。徳川家康の鷹匠となった。祢津松鴎軒 政直一旦出家していたが、根津元直3男の根津信直の嫡男? :2男禰津信政の後見人となった。9月28日付 、徳川家康 から知行宛行状により、根津信政の系統が上野国豊岡藩主にな った。禰津一族は真田昌幸・真田信幸の家老として活動した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/29 09:03
箕輪初心●静岡【駿府城】@徳川家康3回在城〜徳川家康の死
徳川家康は駿府で3回過ごした。大変重要な場所である。 史実として分かっている。人質時代12年→築城時代1年 →大御所時代11年・・・24年間もいたらしい。 ★NHK大河ドラマ『江〜』で徳川家康は大往生を遂げた。 ★NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で徳川家康に九州で対抗。 ★NHK大河ドラマ『真田丸』で駿河城に真田昌伊がいた。 個人的に撮影ポイントは@市役所??階から?・・20?階 A大手門前がいい。東門の「大御所時代の家康」の説明も 楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/28 19:37
箕輪初心:生方▲『南伊豆町:伊浜・子浦・妻良・中木・石廊崎』
松崎・石地・石部・雲見を通り越すと、南伊豆町になる。西海岸は 伊浜・子浦・妻良・中木・石廊崎となる。そして、雲見泊の次の 泊まりは南伊豆町小稲3回・弓ヶ浜3回となってしまう。結局、全 て神子元のハンマーヘッド見物ダイビングになってしまうのだ。 次回は西伊豆で潜っていない宇久須・堂ヶ島・妻良に生きたいな ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/26 08:23
箕輪初心:生方▲西伊豆29【雲見:上の山城&高橋一族の歴史】
松崎町雲見で、ダイビングや温泉、富士山の景観を堪能しているが、 北条家家臣:高橋丹後守の@居館・A雲見上山城〜B雲見烏帽子 山砦には、行っていない。 雲見:上の山城の遠望のみである。。 三浦(さんぽ)の岩地、石部、雲見は土地の伝承によれば、 平安時代から岩地、石部など藤原氏の末裔が住み着いたとされ る。平治の乱で敗れた源義朝の3男:頼朝が配流された蛭ヶ島 (現韮山町)を避け、この地に逃れ「雲を見て天測した」こと が「雲見」地名の由来とされている。松崎の円通寺に文覚上人 が源頼朝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/25 06:09
箕輪初心:生方▼伊豆西27『松崎町のナマコ壁の景観&歴史「文覚・依田・西郷頼母」』
松崎町のキャッチフレーズは『花とロマンの里』である。町の中 心部は那賀川・岩科川により、約500haの耕地をもつ西伊豆最大 の平野となっている。 松崎町には史跡も多く、なまこ壁造りの 建物が印象的である。人物としては源頼朝の挙兵を促した文覚 上人・天正10年?武田氏滅亡寺に伊豆にやって来た依田氏・ 幕末の会津藩家老:西郷頼母など松崎町にいたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/24 07:09
箕輪初心:生方▲『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』B「動画」&「群馬TV取材」&「お気に入り作品」
『第35回自性寺焼青木昇門下陶芸展』が平成27年(2015)9月 22日(水)〜月25日(火)までの4日間、安中の秋間で催 される。安中での展覧会は特別企画は「暗闇でのランプシェー ド展」の企画もある。9月22日(水)、初日は「群馬TV」の 取材も来た。青木師匠は「現代の名工」・「黄綬褒章」の受 賞者、群馬伝統工芸師会の会長でもある。お気に入りは たくさんあるが、20000字だけしか掲載できない。 【2】TV報道・・・★何回あったのかな? 「群馬TV」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/23 08:19
箕輪初心:生方▲真田丸116【第2次上田合戦&明け渡し:諏訪・依田・大井・伴野】
・慶長5年(1600) 真田昌幸・信繁の上田城明け渡しには、徳川方の 諏訪頼水・依田信守・大井政成・伴野貞吉らがいた。12月13日、 真田昌幸・信繁は高野山に向かった。・・・・・ 8月、徳川家康率いる東軍は、下野国小山において 石田三成ら西軍の挙兵を知って、軍を西に返した。この時、徳 川家康の本隊や豊臣恩顧大名などの先発隊は東海道を進んだが、 徳川秀忠率いる3万8000人の軍勢は宇都宮から中山道を進んで 西に向かった。進路に、真田父子の上田城があった。この際、 真田昌幸が守る上田... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 09:28
箕輪初心:生方▲西伊豆25【「安良里」・「田子」&「浮島」の城&水産業の歴史
戦国時代、「安良里城」・「田子小松城」&「田子城」は北条水軍 の城であった。西伊豆の各湊はイルカの追い込み漁・サバ漁 ・アジ漁・カツオの一本釣り漁・サンマ漁(東北・択捉へ) マグロ遠洋漁業が盛んになった。特に「安良里」は湾の特徴か らイルカ漁が盛んであった。田子は、カツオ一本釣り漁やマグ ロ遠洋漁業の基地として繁栄した。ダイビングには安良里に5 回、「田子」&「浮島」は1回ずつしか訪れていない。2泊3 日〜3泊4日ダイビング個人旅行でも残念ながら通り過ぎて しまう。今回はTVの「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 08:08
箕輪初心:生方▲真田丸116【第37話「信之」&大谷吉継&石田三成の最期】
慶長5年(1600)9月15日(10月21日)関ヶ原の戦い、・・・ ★井伊直政の「抜け駆け」で始まったと言われている。西軍の 本戦時の死亡した武将は大谷吉継が平塚為広・戸田勝成と共に 小早川秀秋ら裏切り組と激戦の末に戦死。「島津の退き口」と 言われる島津義弘の退却戦において島津軍の多くが戦死した。 ★井伊直政は鉄砲で負傷した。9月18日佐和山城の石田一族・ 宇多頼忠が落城前・時に自刃した。10月1日、京の京都六条 河原にて斬首された西軍の武将は西軍首謀者の石田三成、総 大将毛利氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 11:21
箕輪初心:生方▲2016年【超高速!参勤交代・リターンズ】のあらすじ詳細
平成26年(2014)の【超高速参勤交代】の続編【超高速参勤交代 リターンズ】が平成28年(2016)年9月10日に公開された。 湯長谷藩の参勤交代は、まだ終わっていなかった。今度は故郷を 目指し、江戸を出発した一行だったが、その道中、湯長谷で一揆 が起きたとの知らせが入った。2日以内に一揆を収めなければ、 藩の取り潰しは免れない。7人は命からがら湯長谷にたどり着く。 が、既に城は乗っ取られた後だった。城を奪い返し、民を守るこ とができるのか? 前半はドタバタ喜劇・・・30人を1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/18 10:09
箕輪初心●西伊豆21:土肥「丸山城」=天正17年富永助盛=猪俣邦憲は?
富永氏関係の遺構は、北に「高谷城」、山麓に富永氏館&清雲寺、 少し南に土肥金山がある。さらに南に「丸山城」があるのだ。 「丸山城」は@出丸、A本城、B詰め城からなる。築城年代は 定かではないが、 富永氏の高谷城の支城として築かれ、天正 17年(1589)には八木沢港が築かれ、水軍基地として利用された。    土肥の101、ダイビングのためには10回以上来ている。ダイビ ングのインストラクターもここで受けた。この101の西の裏山が 本城である。また少し先は出丸である。★富永氏もい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/18 05:52
箕輪初心●西伊豆S【土肥高谷城】後北条bRの富永一族の本拠地
北条水軍の大将:富永氏の城は土肥にある。大きく3ヶ所である。 @高谷城=富永氏の本拠、A富永氏館跡、B八木沢丸山城である。 高谷城は、はじめは小さな海賊城に過ぎなかったが、城主の富永 氏が北条水軍の大将になると最大の水軍基地となった。土肥金山 の資金力をバックに、高谷城を整備拡張したのかもしれない。海 岸の頬杖の刻を出丸とし、連なる稜線上に、西から物見郭・三の郭 ・二の郭・本の郭などを置いた。多数の塁段・空堀・土塁・竪掘 を擁する大規模な山城となった。大藪・小土肥・中浜・平野の丘 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/17 08:01
箕輪初心:生方▲西伊豆R【土肥の富永一族の歴史】と『菩提寺:青雲寺』
北条水軍の大将:富永氏の城は土肥にある。大きく3ヶ所である。 @高谷城=富永氏の本拠、A富永氏館跡、B八木沢丸山城である。 高谷城は、大藪・小土肥・中浜・平野の丘陵一帯で面積約20ha が城跡である。その山麓に富永氏館があった。「土肥の富永一族」 では、中浜の光源寺の南側一帯で、土肥小学校の西に当たる。 「御殿」・「馬出」・「小門」・「堀小路」の地名が残っているそうで ある。青雲寺の可能性もある。ちなみに「馬場」は牧水土肥館の 所にあったそうである。富永氏は後北条氏のbRの所領を持... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/16 07:09
箕輪初心:生方★西伊豆Q『土肥の若山牧水』
伊豆市土肥松原公園に若山牧水の胸像と歌碑「花のころに来慣れてよしと 思へりし土肥に来て見つその梅の実を」がある。旅と酒の歌人:若山牧水 がトータル70日も宿泊した旅館「牧水荘:土肥館」には、入り口の右に 歌碑がある。また、「若山牧水ギャラリー」ではたくさんの作品・調度品 が見せていただいた。若山牧水は土肥温泉と酒・海鮮料理&土肥の自然を こよなく愛したのであろう。第1の故郷は宮崎、第2の故郷は東京、第3 の故郷は沼津。さらに、第4の故郷とも言えるのが群馬であろう。昭和 3年(192... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/15 06:01
箕輪初心:生方▲西伊豆O【戸田&プチャーチン】
伊豆西街道【夕日のロマンチック街道】をダイビングのメッカ: 大瀬崎で伊豆半島の西の肩の部分を回り込むと井田になる。更に 南下すると「戸田」になる。戸田は日本で初めて洋式帆船が造船 されたことでも有名である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 18:33
箕輪初心:生方▲真田丸115【第36話「勝負」:沼田城の稲→第2次上田合戦】&史実編
犬伏の別れ→沼田城の小松姫→第2次上田合戦→関ヶ原の報告。 @真田昌幸と信繁は、真田信幸と別れ、徳川勢を迎え撃つために上 田城へ向かった。A徳川秀忠の先鋒:真田信幸命じられた。兄弟の 直接対決を余儀なくされた。B途中、真田昌幸と信繁は沼田城に立 ち寄るが、稲に入城を断られた。C初陣の徳川秀忠は本多正信とと もに兵を進める。D真田信繁は真田信幸とは戦うふりをする作戦に 出た。E第2次上田合戦に真田昌幸&幸繁は勝った。F関ヶ原の戦 いの知らせは「西軍の敗戦」であった。徳川秀忠軍を足止め... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 07:37
箕輪初心:生方▲西伊豆K『江梨鈴木氏館=海蔵禅寺&航浦禅寺』
大瀬崎ダイビングの途中で寄った。沼津城→獅子浜館→三津城→ 長浜城から西に湾岸沿いを走る。西浦ミカンや漁業の集落を越えて、 車で走ること20分。駿河湾に突出する大瀬崎の手前に江梨の集落 がある。鈴木繁伴は初めは大瀬崎の神池の隣に住んでいたが、子孫 は江梨の海蔵寺&航浦禅寺の場所に住んだ。沼津市西浦江梨には、 江梨鈴木氏歴代の居館跡=鈴木氏館がある。水運のよい地に居館 があったことになる。江梨には、明治になるまで陸路がなかったそう である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 08:24
箕輪初心:生方▲真田丸114【第35話「犬伏」】&史実&ちょっと唐沢山城
先週、HNKの宣伝で「クライマックス」という言葉がPRされ ていた。確かに「犬伏の別れ」→「第2次上田合戦(父子・兄 弟対決)」→「昌幸・幸繁の九度山配流」という流れは真田家 の最大の山場である。徳川家康は直江状をたたきつけられて、 上杉景勝を豊臣秀頼の命令で討伐するため、会津に向かった。 下野:犬伏(佐野市)で石田三成から決起の書状を受け取った。 真田家親子3人は、激論を戦わせたと言われている。「真田丸」 での会話は真実ぽかった。まるで史実のように思えてしまった。 スタッフの力... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/05 07:46
箕輪初心:生方▲みどり市【岩宿博物館】:『相沢忠洋の発見』&『源頼朝と笠懸』&『岡上景能の謎の功績』
「岩宿博物館」・「岩宿ドーム」に行ってきた。昭和21年(1946)、相沢 忠洋氏によって岩宿遺跡が発見された。日本に旧石器時代があったこと を証明する大発見となった。岩宿博物館1Fは「笠懸の歴史=通史編」、 2Fは岩宿遺跡の発掘調査の様子の紹介・出土した石器や当時生息し ていたオオツノシカの頭骨・ナウマン象骨格標本などを展示している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 07:54
箕輪初心:生方▲真田丸113【第34回「挙兵」のあらすじ】&「ちょっと福島正則]
石田三成の伏見徳川屋敷襲撃&家康暗殺の失敗→@前田利家の調停 →A石田三成の大坂蟄居→B前田利家の死→C秀吉直臣7人の大坂 石田屋敷の襲撃失敗(「真田丸」では雰囲気は伏見にある屋敷)→ D石田の伏見城治部少丸在城→E石田の7人押さえ作戦=徳川家康 に援助仲裁依頼→F佐和山城に蟄居、G徳川家康は伏見城代→徳川 家康は真田幸繁を味方に引き入れようとしたが、断られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 19:58
箕輪初心:生方▲箕輪城209【新編高崎市史ベース+2016久保田順一先生→生方「長野業正の生涯」】
平成28年(2016)8月27日、久保田順一先生の「長野業正の実像に 迫る」というテーマで群馬県立博物館での講演会があった。今回の久 保田先生の大目玉商品は、徳川光圀から以降に作られた「系図纂要」 の中の「長野氏系図」である。平成28年(2016)の11月には「長野 業正」が発売される。新編高崎市史ベースに久保田順一先生の 20160827講演会得た情報から「長野業正の生涯」をまとめてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/02 08:35
箕輪初心:生方▲箕輪城208【久保田順一先生20160827「長野業正:新系図発見」】
平成28年(2016)8月27日、久保田順一先生の「長野業正の実像に 迫る」というテーマで群馬県立博物館での講演会があった。今回の久 保田先生の大目玉商品は、徳川光圀から以降に作られた「系図纂要」 の中の「長野氏系図」である。私が知り得た長野氏系図の18番目と なる。久保田先生が「今まで、歴史学者が誰も気づかなかった系図も あるんですね。」と声をかけてくださった。久保田先生は、「中世前 期上野の地域社会」・「新田義重」・「新田一族の盛衰」「新田一族の戦 国史」・「室町・戦国期上野の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/01 11:38
箕輪初心:生方▲群馬県立歴史博物館で「永録9年の城主の間違い?疑問点を指摘」
群馬県立歴史博物館は、群馬県立公園「群馬の森」の中にある。 平成28年7月23日(土)、群馬県立歴史博物館はリニュー アル・オープンになった。7月下旬、博物館友の会の会員にな った。8月27日(土)、歴史博物館で久保田順一先生の「長 野業政」の講演会があるので、ついでに、群馬県通史展示室 「原始、古代、中世、近世、近現代)」を覗いてみることにした。 ・永禄9年(1566)の関東の城主の3つの間違い・疑問らしき 展示があったので、指摘して、調べ直して修正・訂正を依頼した。 実物・復... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/29 09:01
箕輪初心:生方▲「火の女神ジョンイ全46話」3−B30話〜46話&「豊臣秀吉関連」
平成28年(2016)6月22日〜8月30日、「火の女神ジョンイ 全46話」が東京TVで放映された。主人公「ユ・ジュン は朝鮮初の女性沙器匠(サギジャン=宮廷陶工)となった。 ションは実父という真実を知らない実父に最後までに数嫌 がらせ・敵対されながらも、日本に渡る決意をするまでを 描いている。同時に、倭国:豊臣秀吉は、@朝鮮との交易 で陶磁器を得ていた。@「井戸茶碗」気に入り、「陶工を探 して買ってこい。」→A「陶工ジョンを日本に連れてこい。高 い地位で優遇してやる。」→B「肥... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 05:43
箕輪初心:生方▲「火の女神ジョンイ全46話」3−Aあらすじ16話〜32話
平成28年(2016)6月22日〜8月26日、08:15~09:15の46回 (韓国32話)シリーズで東京TVで放映された。主人公:ユ・ ジョンが、実父という事実を知らないイ・ガンチョンに数々の 嫌がらせ・敵対心を受けながらも、出生の秘密への苦難を乗り 越えて、女性として朝鮮初の沙器匠(サギジャン)となり、日 本に渡る決意をするまでの波瀾万丈な半生を描いた作品である。 「ユ・ジュン」というのは、「火の神ジョンイ」の創作上の人 物であるが、本物に見えちゃうので、私にとっては面白かった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/27 12:00
箕輪初心:生方▲「全46話火の女神ジョンイ」のあらすじ1〜15&「ちょっと自分の陶芸作品」
平成28年(2016)6月22日〜8月26日、08:15~09:15の46回 (韓国32話)シリーズで東京TVで放映された。主人公:ユ・ ジョンが、実父という事実を知らないイ・ガンチョンに数々の 嫌がらせ・敵対心を受けながらも、出生の秘密への苦難を乗り 越えて、女性として朝鮮初の沙器匠(サギジャン)となり、日 本に渡る決意をするまでの波瀾万丈な半生を描いた作品である。 王子:光海君との身分を超えたロマンスや文禄・慶長の役を交え た歴史が描かれている。「ユ・ジュン」というのは、「火の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 15:38
箕輪初心:生方▲真田丸110【第33話『動乱』】&史実&ちょっと伏見
豊臣秀吉の掟を破り、勝手に徳川家と加藤・福島の婚姻を結ぶなど、 次第に野心を露わにし始めた大人衆(五大老)の筆頭格:徳川家康 に対して、豊臣政権五奉行:石田三成は豊臣家存続のために伏見の 徳川屋敷の襲撃し、徳川家康を殺すことを決意した。しかし、徳川 家康の名参謀:本多正信に気づかれてしまった。本多正信は石田三 成の襲撃を諸大名に通達し、徳川屋敷の警護を依頼した。石田三成 は一転危機的状況に陥った。真田信繁は三成を救うため、父:真田 安房守昌幸にあるお願いをするのであった・・結果とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/24 07:10
箕輪初心:生方▲清水豊先生・新編高崎市史を加味した『和田城年表改訂版2016』A和田信業
天正3年(1573)長篠の戦いで和田業繁が戦死すると、和田業繁の 養子になっていた跡部勝資の長男:和田信業が跡を継いだ。天正 18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻撃は始まると、和田信業は小田 原城に籠城した。北条氏が滅亡すると、北条氏直に従って、高野 山に行った。和田業勝は会津の保科氏に仕えたという。和田内匠 は井伊直政の家老となったという(★彦根城城郭絵図より)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/22 08:50
箕輪初心:生方▲清水豊先生・新編高崎市史を加味した『和田城年表改訂版2016』@和田業繁まで
上州和田氏は桓武平氏三浦氏系和田氏とされている。平安時代、 和田城があった地は「赤坂庄」と呼ばれていた。鎌倉時代、『和 田記』では、1230年頃、和田義国が和田(現高崎市箕郷町和田 山)から赤坂村(現高崎市赤坂町)に移住すると、この地を和 田と改めたと書かれている。 和田氏は義国→正信→正高→信高 →高重→重信→義信と続く。和田義信が正長年間(1428〜1429) に和田城を築城したという。和田義信→信忠→信清→信種→信輝 →業繁(妻が長野業正の6女?)、和田業繁は永禄4年(156... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 13:01
箕輪初心:生方▲箕輪城205【箕輪城ブログ一覧】2016年8月18日現在
@長野時代の城主(尚業?→憲業→方業→=業正説→氏業:業盛)、 A武田時代の城代(春日弾正→甘利昌忠・真田幸綱・金丸虎義→浅利   信種→内藤昌秀→不在→内藤昌月&   城番:伴野・大井・祢津松よう軒・裄V弥右衛門など) B織田時代の城代:滝川一益、 C北条時代の城主・城代(北条氏邦・猪俣邦憲・多米元忠・多米貞長  ・垪和康忠・垪和信濃守・内藤昌月または保科正直) D井伊直政が豊臣秀吉の命令で箕輪城主だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/19 13:48
箕輪初心:生方▲真田丸108【第32話「応酬」】&史実
後継者:豊臣秀頼補佐のための五大老・五奉行の制度が施行 されることになったが、・・・@石田三成と徳川家康の対立が 表面化した。A歯止め役の前田利家の死も近づいていた。 B徳川家康は遺言を破って、婚姻を進めた。C豊臣秀吉の葬 儀を朝鮮からの兵の帰国後と決めたが、両陣営の諸大名の取 り込みの作戦が加速していった。D徳川家康は「遺言の効果」 を秀吉の死後・・・年をとると忘れっぽくって・・などと、 ボケをかまし、五大老・五奉行の制度を逆手に、三成を政治 独占となじる。・・・豊臣秀吉の右腕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 09:18
箕輪初心:生方▲群馬【大胡城3回目】&大胡城の歴史
大胡城は当時は本丸、二の曲輪、近戸曲輪、三の曲輪、 四の曲輪、西曲輪等あったが、今は土塁、石垣が残るの みである。でも、迫力のある大きな城には間違いない。 ★山崎一氏の調べでは、旧大胡町の城は6城らしいが、 戦国時代の大胡城の支城には、旧前橋市の中に上泉 城・荻窪城・西荻窪城・元屋敷・亀里城などがあるようだ。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 11:42
箕輪初心:生方▲真田丸107第31回「終焉=豊臣秀吉の死」史実編&真田丸
慶長3年(1598)5月5日に病に倒れ、8月18日に死んだことが記述 されている。醍醐の花見で梯子から落ちた話は創作なのだろうが、 5月5日以降、痩せ衰えて病状は悪化し、漢方薬も効果がなく、 失禁(おもらし)もあった。豊臣秀吉は史実でも認知症=ボケ 老人だった。豊臣秀吉に死期が近づいてくる。@秀吉の死期 が近づく。A遺言状をめぐり石田三成と徳川家康が対立する。 B茶々は、秀頼を秀吉に会わせようとしない。信繁は必死の思 いで茶々を説得し親子の対面を実現させた。C三成は昌幸に家 康の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 09:47
箕輪初心:生方▲前橋【片貝城】上杉謙信のbR北条高広の城 (現龍澤寺)
築城年代は不明であるが、厩橋城の支城として構えられた可能 性が高い。上杉家臣:越後柏崎出身の北条高広が拠った城である。 天正10年(1580)、織田信長配下の滝川一益が関東仕置として 上野に下向し北条高弘の居城である厩橋城の借用を申し出て厩 橋城に入城した。北条高広は滝川一益に臣従し、息子を証人と して差し出し、片貝城に退去した。片貝町の出身の裄V氏が片貝 城のことを教えてくださった。★大江一族で南条:毛利元就・那 波無理之介と同世代で同じ大江広元の子孫である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/07 12:42
箕輪初心:生方▲真田丸106【2016年8月3日「沼田まつり」後編】
平成28年(2016)8月3日、NHK大河ドラマ「真田丸」で稲(小 松姫)吉田羊が「沼田まつり」に来た。「沼田まつり」は毎年20 万人以上の人出でにぎわっている。時の人:吉田羊の沼田での人気 は凄かった。吉田羊を見た後も、見物した。天狗神輿も見たかった が、・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/04 09:01
箕輪初心:生方▲真田丸105【2016年8月3日「沼田まつり」前編】稲役:吉田羊登場
平成28年(2016)8月3日、マーちゃんが「吉田羊が沼田に来る って、群馬FMで言っていたぜ。行ってみる?」・「俺、草刈り機 の試運転があるから、・・・」と断った。私は吉田羊は40過ぎ の姉さん位にしか思っていない。稲(小松姫)はしっかり者の イメージであったが、「真田丸」では吉田羊が「性格のきつい役 柄」&「嫉妬深い女役」を演じている。でも、仕事を休んだマー ちゃんのため、ブログを書くために、「沼田まつり」の吉田羊を 見に行くことにした。沼田まつりで見た「吉田羊」は「まさに ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/04 08:37
箕輪初心:生方▲真田丸104【第30回「黄昏」】秀吉のボケ&韓国D「火の女神ジョンイ」
@文禄5年(1596) 閏7月13日 慶長伏見地震大地震に見舞われ、 落成を前に伏見城は倒壊した。A昌幸は秀吉から普請を命じられ ていたが、生きがいを失いふさぎこむ。B秀吉は「再び大陸へ攻 め込む。」と言い出した。慶長の役である。Cバテレンへの弾圧を 強めた。きりが親しくなった玉:細川ガラシャらキリシタンたち に危機が迫る。D秀吉の老いがますます進み、家康・景勝ら大名 たちに混乱する。信繁・三成・吉継らは必死に隠そうとするが… E醍醐の花見で、木から花咲じいさんが落ちた。病状さらに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/02 15:07
箕輪初心:生方▲真田丸103【第29回「異変」】&大谷吉継の敦賀
豊臣秀吉の命により、真田幸繁は大谷吉継の娘:春を正室として 迎え入れることになった。豊臣秀吉は嫡男:秀頼の将来を案ずる が、自分自身の老いには勝てずにいた。第29話「異変」では、 秀吉は迫りくる「老い→ボケ」との戦いが始まる。そして同時 に「死」という人間にとって不可避な現実とも向き合う。慶長 3年(1598)8月、豊臣秀吉が数えで62歳・満年齢で61歳死ぬ が、史実では豊臣秀吉は死の数年前から急激に老いが顕著とな り、時には失禁する事もあったと言われている。「真田丸」で は、天... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 08:10
箕輪初心:生方▲沖縄10−I【伊波城】:単郭の大城
伊波城は石川市街地を北東に見下ろす標高87mの丘陵に位置し、 東西45m×南北52mの範囲に一重の石垣をめぐらせた単郭式 の城である。面積は3712uの比較的小型のグスクである。 城壁は自然の地形を巧みに取り込みながら石垣をS字状にくねら せ、自然石をほとんど加工せずに積上げていく野面積みという技 法で造られている。(★現地案内板) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 06:40
箕輪初心:生方▲沖縄10ーH【安慶名城】:輪郭式の迫力ある城
14Cに大川按司[あじ]が築城した(伝)。城郭の北を流れる天 願川を大川とも呼ぶことから「大川城」とも呼ばれているそうで ある。内側と外側に石垣をめぐらした輪郭式の城跡は沖縄県 に2つしかないのもので国史跡に指定されている。琉球サンゴ 石灰岩でできた岩山の自然の傾斜と断崖を巧みに利用した縄 張である。城壁の高さは最高で10mに及ぶところもある。特に 闘牛場からの眺め、主郭かたの眺めが迫力がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/23 06:16
箕輪初心:生方▲沖縄10ーG『知花城』:鬼大城伝説が残る城
知花(ちばな)城の看板には「標高87mのカルスト残丘地形に形成 されたグスクで、地元ではチバナグシクと呼ばれています。グスク からは、中国製の陶磁器などが出土します。15世紀に武勇を誇っ た鬼大城(ウニウフグスク)(大城賢雄{おおしろけんゆう})の最後 の地との伝承が残る場所でもあり、グスクの南側斜面には「鬼大城 の墓」(市指定文化財)があり、北側には地元の拝所である「上之 殿毛(イーヌトゥヌモー)」(市指定文化財)、「カンサヂヤー」が 所在します。また、沖縄本島北部と中南部を区分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/22 20:57
箕輪初心:生方▲沖縄10-E【中城城跡2回目】戦略的芸術的曲線美を持つ城
★世界遺産「中城城跡」は中城村と北中城村にある。北東から 南西に伸びた標高150m〜170mの石灰岩丘陵にある山城であ る。南東側は15m以上の切り立った崖、北西側は勾配のきつ い傾斜面となっている。中城城内に入るには正門や裏門に面し ている南北の丘陵尾根沿いしかない。守りやすく攻めにくい構 造である。中城城の縄張りは6つの郭からできている。城壁は 琉球石灰岩で積まれ、自然の地形を生かした凄い城だった。 (★看板・パンフレットより編集)ガイドさん、ありがとうござい ました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/20 05:34
箕輪初心:生方▲沖縄10−D【伊祖城】&『中山王朝・琉球王朝の歴史』
浦添城のガイドさんから「伊祖城は13Cに築城された中山王朝の 最初の城です。」と聞いた。浦添市に伊祖公園が伊祖グスクの跡で ある。中山王朝は伊祖城約70年間?→浦添城220年間→そして、 琉球王朝:首里城410年間と繋がる。正式な王朝名は下記となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 09:46
箕輪初心:生方真田丸102【28話「「受難」のあらすじ】&▲『亀田城&真田幸繁5女:お田の方』
真田丸ではルソンに向けて旅立った「たか」は豊臣秀吉の甥で関白: 豊臣秀次の娘と伝えられている。真田信繁(幸村)&豊臣秀次の娘の 間にできた娘:5女は「お田の方」である。真田信繁(幸村)の正室 は大谷吉継の娘?養女なので、豊臣秀次の娘は側室の子どもである。 お田の方は亀田藩の多賀谷宣家(岩城宣隆)の跡継ぎ:重隆を生ん だ。お田の方の実弟、真田信繁の3男:三好(真田)幸信も岩城宣隆に 引き取られ、亀田藩に仕えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 13:45
箕輪初心:生方▲箕輪城201井伊直政19▲【箕輪城時代〜高崎城時代の家臣団】修正版
★井伊達夫氏は【井伊軍志】の中で、天正18年(1590)の 箕輪城入城時〜慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いまでの期間は、 士(侍)大将&準(准)将クラスを17名、 足軽大将&準衆クラスを18名+3名〜4名としている。 天正18年(1590)年の秋=旧暦の8月3日〜7日の間に 箕輪城に入封して井伊直政の家臣が増えた。 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い=高崎城時代には、 井伊直政の精鋭部隊800人を先峰とした3600人 が出陣した。秋山太郎先生は、「総数1250騎5000 人の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/17 09:54
箕輪初心:生方▲【一条信長流裄V諸左衛門&内藤昌明&倉賀野秀景】→裄V家子孫探訪
★平成28年(2016)7月1日〜2日、長野に裄V家の歴史探訪をし た。昨日と同じ旅行であるが、裄V家視点で見ると内容が変わる。 @一条信長流裄V家、A源頼朝に殺され、青木家から一条流柳沢家、 A武田信玄の子ども一条信龍流裄V吉保家がある。「裄V弥右衛門 家」は箕輪城主:内藤昌月(保科正直弟)の目付として、旧群馬 町に在住した。一条家・内藤家・青木家・裄V家・米倉家・・・ そして家臣:江原家(滝川用水:高崎市史説・・私は滝の慈眼寺 を創建したので、和田家家臣と考えている。)しかし、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 05:05
箕輪初心:生方▲【一条信長流裄V家】&内藤昌明&倉賀野秀景
平成28年(2016)7月1日〜2日、長野に裄V家の歴史探訪をし た。昨日と同じ旅行であるが、裄V家視点で見ると内容が変わる。 @一条信長流裄V家、A源頼朝に殺され、青木家から一条流柳沢家、 A武田信玄の子ども一条信龍流裄V吉保家がある。「裄V弥右衛門 家」は箕輪城主:内藤昌月(保科正直弟)の目付として、旧群馬 町に在住した。一条家・内藤家・青木家・裄V家・米倉家・・・ そして家臣:江原家(滝川用水:高崎市史説・・私は滝の慈眼寺 を創建したので、和田家家臣と考えている。しかし、市川... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/13 19:37
箕輪初心:生方▲2016年7月の【長野旅行1泊2日:佐久・上田・千曲・長野探訪】
2016年、趣味の園芸&親の介護生活に入った私は宿泊は・・・ @1月妙高スキー1泊2日A2月志賀スキー1泊2日、B3月高崎市 委嘱箕郷歴史文化調査研究会「彦根2泊3日」、C4月広島・山口・ 島根2泊3日、D7月長野旅行1泊2日、E7月沖縄旅行5泊6日だ けである。今回は陶芸師匠:青木先生に迷惑をかけてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/12 09:37
箕輪初心:生方▲真田丸101▲【27話「不信」】秀吉と秀次の不仲
天正19年(1591)2月11日、豊臣秀次が正二位。7月22日 大政所が死んだ。 8月の大政所「仲」の葬儀は喪主は豊臣秀吉であったが、葬儀を取り仕切っ たのは豊臣秀次であった。11月28日、権大納言。12月4日、内大臣。12月 28日、関白宣下。内覧宣下。★太閤秀吉と関白秀次の二元政治が行われ ていた。文禄元年(1592)1月29日、左大臣。関白・内覧・豊臣氏長者如元。 5月17日、従一位。8月3日、大坂城二の丸で淀殿が拾(ひろい:秀頼を産ん だ。8月15日には名護屋城を発ち、25... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 18:34
箕輪初心:生方▲【武田氏の箕輪城領国支配C不在時代、D内藤昌月〜E北条家臣:内藤昌明】
・天正3年(1575)5月21日 長篠の戦い・・三河国長篠城(現愛知県 新城市長篠)で織田信長徳川家康連合軍3万8000 VS 武田勝頼軍1万5000 戦うことになった。内藤昌秀は戦況不利を悟って、武田勝頼に撤退を進言。 受け入れられず出撃した。内藤昌豊が戦死。壮烈な戦死。享年54歳。 保科千次郎(昌月)が内藤昌秀の養子として、内藤家の家督を継承した。 しかし、2年間は箕輪城は城代はいなかった。城番衆と番手衆はいた。 ・天正5年(1577)2月14日、内藤昌月は箕輪城に到着した。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/05 09:46
箕輪初心:生方▲真田丸100【26話「仮装大会:瓜売」】&名護屋城
天正19年(1591)8月、豊臣秀吉は「唐入りを翌年春に決行する。」 と伝え、九州の大名に肥前(佐賀)の名護屋に城築造を命じた。ま た、甥:豊臣秀次に関白を譲って太閤となった。10月上旬、諸大 名約130が名護屋へ到着し、城普請に取りかかった。縄張りは黒 田孝高・黒田長政、加藤清正、寺沢広高らが普請奉行となり、突貫 工事で文禄元年(1592)3月に完成した。名護屋城は当時は大坂城に 次ぐ広壮なものであった。3月より朝鮮出兵が始まり、4月25日 秀吉が着陣した。『松浦古事記』によれば... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/04 07:56
箕輪初心:生方▲真田丸【第25話「別離」】@秀長の病死・A利休の切腹・B鶴松の早世
天正18年(1590) 豊臣秀吉は小田原攻めによって伊達政宗が臣従を誓 った。7月5日、小田原城開城。7月11日さらに北条家を滅ぼした。 豊臣秀吉は宿願天下統一を果たした。が、@天正19年(1591)1月22 日、豊臣政権における調整役の大納言:豊臣秀長は大和郡山城内で病死 した。享年52。・・・A2月13日に千利休は謹慎処分を受け、2月 28日千利休は豊臣秀吉からの命令により切腹した。そして「たたり じゃ」・・・B閏1月3日 豊臣秀吉55歳の側室:茶々が生んだ豊臣 秀吉の長男:鶴... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 11:32
箕輪初心:生方▲2016【高崎の用水路開発&長野堰の歴史】大修正版
高崎台地の水田開発・・・弥生時代には高崎市並榎町の水田跡、 古墳時代には、将軍塚古墳(前方後方墳)〜保渡田古墳群〜 綿貫古墳群〜倉賀野古墳群があることから当然用水路が引かれ 水田耕作をしていた。古墳時代には、高崎台地に水田があった こと分かる。矢中には長野堰に相当する巨大用水路があった。 天文年間(1531〜)から箕輪城主:長野業正は祭戸用水・十二堰 &早瀬川を開発し?天文20年(1551)頃〜 長野堰、弘治年間 (1555〜)?本郷堰&弘治3年(1557)長純寺堰を開発した。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/01 07:01
箕輪初心:生方▲箕輪城198●『武田氏の箕輪領支配』B内藤昌豊関係の古文書史料
・永禄12年(1569) 10月6日 三増峠の戦いで、浅利信種が 北条綱成の鉄砲隊に討たれて戦死した。内藤昌豊は小荷駄隊を 率いて相模津久井城で、補給部隊として後方支援していた。    →内籐修理助昌豊は永禄12年(1569) 10月?〜天正3年 (1575)5月長篠の戦いで討ち死にするまで箕輪城代であった。 『地域文化233「みのわの歴史」』栗原修著・『戦国期上杉 ・武田氏の上野支配』栗原修著・『武田氏家臣団人名辞典「内藤 昌秀」』:丸島和洋文責をベースにまとめてみた。    ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 09:58
箕輪初心:生方▲箕輪城197●『武田氏の箕輪領支配』A浅利信種
浅利信種は永禄11年(1568)1月〜永禄12年(1569)10月の三増 峠の戦いで討ち死にするまでの約1年10ヶ月箕輪城代であった。 箕輪城の在番衆は祢津逍遙?軒や岩尾大井高政であった。 『地域文化233「みのわの歴史」』栗原修著・『戦国期上杉 ・武田氏の上野支配』栗原修著2010年5月初版400部:を ベースにまとめた。史跡箕輪城発掘調査報告第8集も参考 にした。 天正10年(1582)8月26日、井伊直虎死去 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/29 07:34
箕輪初心:生方▲箕輪城196●『武田氏の箕輪領支配』@春日弾正忠+(真田幸綱+甘利昌忠+金丸虎義)
『地域文化233「みのわの歴史」』栗原修著・『戦国期上杉 ・武田氏の上野支配』栗原修著2010年5月初版400部: 岩田書院18000円には、武田氏の領国支配についての詳細が 掲載されている。特に、箕輪城の武田時代16年の発給文書 が詳しい。@春日弾正忠+(真田幸綱+甘利昌忠+金丸虎義) の時代の歴史史料をまとめてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/28 09:49
箕輪初心:生方▲真田幸綱(幸隆)・信綱・昌幸の吾妻支配A「永禄10年〜天正10年」
・永禄10年 (1567)55歳     昌幸に次男:信繁(幸村)生まれた。 3月  真田幸隆と信綱は計略により上野白井城:長尾憲重を攻略     した。長尾憲重を箱田城代(後白井城代)にした。 3月6日 武田信玄の感状 3月8日 真田幸隆が箕輪城代になった。 箕輪城は前線基地にした。というより、上野国の半分を手に   入れたので、駿河を侵攻先にした。 武田信玄に真田幸綱(幸隆)はずいぶんと信用された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 23:21
箕輪初心:生方▲【武田信玄の上野侵攻】A永禄4年〜永禄9年:箕輪城攻略
※永禄4年(1561)9月 第4次川中島合戦を契機に武田信玄の 信濃侵攻は一段落し、11月からは西上州(上野国)の出兵を 本格化した。武田信玄と上杉輝虎の戦いは川中島から関東に 舞台を変えていったのである。この段階での、武田信玄に臣従 していた上野国武将は長尾景虎の「関東幕注文」に名前のな い武将・・・@鎌原幸重、A小幡重貞(→信貞・信実)B市川一族、 C木部範虎、 &D新田景純(丹生城)?であろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/26 08:10
箕輪初心:生方▲箕輪城193【武田信玄の上野侵攻】詳細編@天文15年〜永禄4年
武田信玄の上野侵攻は@天文15年(1546)南牧から始まる。A天文 16年(1547)には松枝(松井田)→B天文18年(1549)の三寺尾( 高崎)侵攻、(★不明)、C弘治3年(1557)〜瓶尻(かめじり) の戦い→箕輪城侵攻、D永禄2年(1559)板鼻(安中)・若田原 (高崎)の戦い、▲永禄4年(1561)▲第4次川中島の合戦・・・ 国盗り合戦は上野国が舞台になっていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/25 07:16
箕輪初心:生方▲201610624~0628世界かんがい遺産候補:長野堰展準備完了
※平成28年(2015)6月24日〜28日まで高崎シティギャラリ ーで、中嶋宏氏の主唱する【長野堰を語り継ぐ会】の長野堰 の絵図展が開催される。平安時代、すでに高崎台地に水田が あった。長野堰に相当する用水路があったはずである。天文 20年(1551)頃〜 箕輪城主:長野業正は祭戸用水・十二堰= 早瀬川・長野堰、本郷堰&長純寺堰を開発した。慶長3年 (1598)井伊直政が本城を箕輪城から高崎城に移す際、長野 堰から住吉町の新井堰の工事をし、高崎 城のお堀=城防御 用水・火事対策... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/06/24 07:55
箕輪初心:生方▲箕輪城190【箕輪城の築城】と【縄張り図の変遷&秋本太郎先生の発掘調査報告】の確認
★長野堰展:平成28年6月24日〜28日開催。私もガイドだ。 @箕輪城築城は通説は1500年頃となっている。しかし、●文明6 年(1474)、石上寺&八幡神社が造られた。六地蔵石幢(せきどう) ・八幡神社(現東向観音)の石幢(せいどう)が現存するので、 文明6年(1474)以前の築城が考えられる。私説の根拠でもある。 A長野氏時代は鷹留城を同じような連郭式が考えられる。発掘調査 で、秋本太郎先生は「本郭は井伊時代の東西が約半分である。」 報告書・講演会・パンフレットで説明している。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/23 20:17
箕輪初心:生方▲世界灌漑遺産候補【長野堰展2016】6月24日〜28日at高崎シティギャラリー
※平成28年(2015)6月24日〜28日まで高崎シティギャラリ ーで、中嶋宏氏の主唱する【長野堰を語り継ぐ会】の長野堰 の絵図展が開催される。天文20年(1551)頃〜 箕輪城主: 長野業正は祭戸用水・十二堰=早瀬川・長野堰を開発した。 慶長3年(1598)に徳川四天王の「井伊直政」が本城を箕輪城 →高崎城に移した。長野堰は高崎 城のお堀=城防御用水・生 活用水・農業用水の役割を担った。また、紺屋町も移し、工業 用水(染め物業)を発展させるきっかけとなった。井伊直政は 関ヶ原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/22 11:57
箕輪初心:生方▲箕輪城189『古文書史料に基づく長野氏・箕輪城の関連年表』
鎌倉時代〜永禄4年(1561)長野氏関係・箕輪城関係の古文書史料を 史跡箕輪城跡調査報告第8集:一般販売100部(秋本太郎先生文 責)・新編高崎市史・群馬県史をベースに史実にまとめてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/22 10:24
箕輪初心:生方▲箕輪城188【鷹留城】築城3説と落城3説
高崎市旧榛名町の鷹留城は箕輪城の最大の支城である。 【1】鷹留城築城説は@明応年間(1492〜1500)に長野業尚 によって築城された(長年寺文書・通説)、A長野業正の兄: 長野業氏が鷹留長野氏の祖で鷹留城主とする説(ウィキペデ ィア説)、B文明(1469〜1487 )・長享(1487〜1489)・ 延徳 (1489〜1492)説(私見)、【2】鷹留城落城説は@永禄6年 (1563)2月21日、石井讃岐守信房討死説(★着到帳)。 A永禄9年(1566)5月、鷹留城落城説長野三河入道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 09:46
箕輪初心:生方▲真田丸【24回「滅亡」】豊臣秀吉の天下統一
@【真田丸】では、真田信繁が徳川家康・大谷吉継の命を受け、本 多正信の案内で小田原城へ侵入し、板部岡江雪斎の手引きで北条氏 政に降伏を促した。>A【軍師官兵衛】では、黒田官兵衛が説得に当 たっている。B史実は北条家は3か月の籠城の末、豊臣秀吉に「北 条氏直の上洛、武蔵・相模・伊豆を安堵」という和睦に近い条件 でで開城・降伏した。.しかし、北条氏政は甘かった。豊臣秀吉は 小田原開城後、秀吉は隠居:北条氏政に切腹を申し付けた。しかも、 父:北条氏政・叔父:北条氏照の介錯は当主:北... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/20 09:30
箕輪初心:生方▲箕輪城187【雉郷城】&武田信玄の長野業正の親戚衆への攻撃・調略
『里見一族』里見義成著では永禄年間(1558〜)初期に里見城主:里見 河内守によって築かれたともいわれているが、無理がある。根拠は、 @長野憲業の娘は里見義尭に嫁ぎ、生まれた里見義樹は長野業正の 養子になっている。(黒田基樹氏・里見繁美氏説)、従って、永享 〜天文初期には箕輪近辺に戻ってきている。★桐生仁田山城・大間 々要害から里見築城説には無理がある。A箕輪城着到超帳では「高 橋氏」となっている。B『関東古戦録』:久保田順一訳では安中景 繁が秋間の礼応寺城・辻城を落とし、雉郷城に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/19 10:20
箕輪初心:生方▲真田幸綱(幸隆)・信綱・昌幸・信幸・幸繁(幸村)の上野関係の約150城Aブログ一覧
★戦国時代、上野国は関東管領上杉氏&麾下の長野氏が 勢力を持っていた。しかし、永禄年間(1558)〜武田氏・上 杉氏・後北条氏・織田氏の侵攻で、目まぐるしい動きをし ている。真田幸綱(幸隆)&長男:真田信綱・次男:真田 昌輝。3男:武藤喜兵衛尉(真田昌幸)&真田幸綱(幸隆) 弟:矢沢綱頼などが武田軍団として歴史を刻んだ。しかし、 真田に関係する城は真田街道(上田〜真田〜鎌原城(嬬恋) 〜{草津}〜長野原城(長野原町)〜岩櫃城・大戸城(東 吾妻町)〜中山城(中之条町)〜名胡桃(みな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/18 07:24
箕輪初心:生方▲武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻:上野編(永禄年間)
上野国(群馬県)西吾妻は滋野系海野一族支流が開拓し、 住み着いた?地である。下尾・羽尾・鎌原・西窪・湯本・ 横谷・浦野・海野・・・永禄年間(1558)〜武田氏・上杉氏 ・後北条氏・織田氏の侵攻で、目まぐるしい動きをし ている。真田幸綱(幸隆)&長男:真田信綱・次男:真田 昌輝。3男:武藤喜兵衛尉(真田昌幸)&真田幸綱(幸隆) 弟:矢沢綱頼などが武田軍団として上野国の戦国の歴史 を刻んだ。相変わらず、難しいことを難しく書いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/17 08:01
箕輪初心:生方▲『松岡城&松源寺』松岡貞利・井伊直親:井伊直虎・井伊直政
松川ICで降りて南へ行くと高森町。高森町歴史民俗資料館:時 の駅の方や学芸員の方が「井伊直親・井伊直虎・井伊直政」に ついて、冊子を作り始めているとのことであった。ここで、松岡 城のパンフレットをいただいた。松岡城の場所を教わった。「前 の道を上り、大きな十字路を左折する。200m程行くと、農園 手前に看板がある。松源寺を目印にするとよい。」とのことだっ た。★井伊直虎&井伊直親についての詳細は1〜2ヶ月後かな? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/15 09:12
箕輪初心:生方▲伊那【大島城】片桐氏系大島氏→秋山虎繁→武田信廉
大島城(台城)は長野県下伊那郡松川町元大島にあった城である。 大島城は、天竜川へ突き出し河岸段丘の先端部に築かれている。 西側を除く三方は断崖となっている。大島城の見どころは、 @二重の三日月堀に囲まれた丸馬出、A三の郭虎口、B二の郭 と三の郭の間の空堀、C本郭と二の郭の間の空堀などである。 武田流特有の縄張りを実感できる。現在、台城公園として保存 整備され、遺構の残りが非常に良い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/14 09:07
箕輪初心:生方▲真田丸99【23話:攻略】豊臣秀吉の小田原攻撃&史実との相違
・天正18年(1590) 豊臣秀吉が惣無事令違反を名目:大義名分で もって後北条氏を降した戦役である。「小田原征伐」、「小田原征討」 「北条征伐」である。天皇は後北条氏討伐の勅書を発していなかっ たが、関白:豊臣秀吉は天皇の施策遂行者としての立場で行動した。 「征伐」は、犯罪者や反逆者などを攻め討つことと辞典にあった。 反社会的な犯罪集団や反乱を起こした勢力を武力で鎮圧したり処 断したりすることをいう。歴史用語としては上位者・正当な国家 権力(朝廷や幕府)が反逆した下位者・罪人を攻... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 21:49
箕輪初心:生方▲大草城&大河原城*宗良親王&香坂高宗
香坂氏は滋野氏の庶流で佐久郡香坂郷発祥としている。南北朝時代に 大河原(大鹿村)に入った後醍醐天皇の第8子?:宗良(むねよし) 親王を30年余にわたって庇護し続けたのが大河原城主である香坂 高宗であった。大草城は南北朝時代、香坂氏の庶流によって築か れた(伝)。大草氏を称して大草城主となったとみられている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:47
箕輪初心:生方▲伊那『西音寺&飯島城遠望』:片切氏分流飯島氏の城
飯島城は長野県上伊那郡飯島町にあった城である。南に子生沢川、 北に相の沢川に挟まれた舌状台地に造られた城である。しかし、西 音寺だけで、飯島城は遠望だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/11 06:01
箕輪初心:生方▲伊那『赤須城』:片桐一族の赤須氏の城
赤須城は、長野県駒ヶ根市下平512−1にあった城である。天竜川 右岸の河岸段丘の上にある。南は宮沢川の浸食による自然堀、北は田 沢川の深い谷で遮断された地形の先端部を利用して築かれた城である。 西に向かって主郭・2の郭・出郭・添郭等の曲輪が連郭式に配置され た縄張りで、曲輪と曲輪の間には空堀が設けられ、土塁も残っている。 丘段突端には外郭?私は笹郭か物見郭がある。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 08:57
箕輪初心:生方▲伊那『殿島城』:伊那武氏の弟:殿島氏の城
伊那市東春近中殿島の殿島城址公園を目指した。住宅街の奥にあって 方形の土塁・三重の堀の遺構を残していることは凄いことである。 北は宮狭間の洞(現県道沢渡・高遠線)、南は火沢の洞に挟まれた 範囲で、住宅地も外郭に相当する大きな平山城であった。高遠城・ 福与城・大島城と共に、春日城と殿島城も武田信玄の手が入って いると看るのが妥当かもしれない。とにかく伊那最大級の城郭 である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/06/09 13:11
箕輪初心:生方▲伊那『春日城』:伊那武(部)氏の城
春日城は長野県伊那市にあった城である。春日城跡は、現在は春日 公園として整備されている。伊那市街を見下ろす天竜川西岸の河岸 段丘にある。西が台地に続いている。残る3方は谷という地形で ある。南はうぐいす洞、東は河岸段丘、北は切岸、堀切である。 3の郭の西に存在していたという堀は失われているが、全体的に 遺構は良く残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 13:20
箕輪初心:生方▲真田丸98『名胡桃城の復元』
天正17年(1589)11月3日、猪俣邦憲は南西の榛名峠城(権現 山城:みなかみ町&高山村)から名胡桃城を奪取した。富永一族 :富永助盛→猪俣邦憲は北条氏邦の右腕で、沼田城主:猪俣邦憲 は、名胡桃城主:鈴木主水の配下、中山城主:中山九兵衛を調略 し、偽の真田昌幸からの手紙で、鈴木主水を城外に誘った。南西 の榛名峠城(=権現山城)から名胡桃城を奪取した。鈴木主水は 沼田の正覚寺で自刃した。(名胡桃事件)※小田原征伐勃発の口火 を切った城である。{★名胡桃城の歴史・月夜野町(現みなかみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/07 20:04
箕輪初心:生方▲真田丸97【第22話『裁定』】&加沢記「名胡桃事件」
春、豊臣秀吉は沼田問題の解決に取りかかった。徳川家康に命じて、 北条家臣を呼ぶように指示した。北条家臣:板部岡江雪斎が 「真田は徳川家康の家臣である。・・・・」徳川家康は「沼田 は真田が自力で取った。・・・」豊臣秀吉は 1)3分の2は北条、2)3分の1は真田3)替地が北条領から (★群馬県史P712)天正17年(1589)「家忠日記」が根拠で 10月下旬か11月★名胡桃事件の沼田城代:富永一族:猪俣 邦憲(北条氏邦の右腕)は権現山城(榛名峠城)から、攻撃し、 八木節の鈴木主水の名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 19:56
箕輪初心:生方▲梁瀬大輔「真田丸時代の高崎」&『箕輪城・和田城の加筆』
簗瀬大輔先生の著書『上野の戦国地侍』『戦国史 上州の150年戦争』 や伊勢崎市史・玉村町史中世編などで、たくさんお世話になっている。 ブログの出典に、梁瀬先生の名前を記載したことはないが、那波一族 ・宇津木一族・伊勢崎・玉村の城等では、活用させていただいた。 今回の講演会は高崎学検定講座の一環であった。個人的には、真田が 高崎にどう関わったかという内容だろうと思ったが、違っていた。 でも、難しいことを分かりやすく説明できる凄い先生であった。 箕輪城について、加筆してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 14:35
箕輪初心:生方▲真田丸97?『笠原政晴と更級六兵衛』真田丸に登場するのかなあ?』
梁瀬大輔先生は講演会『真田丸時代の高崎』の中で、「『ステキな 金縛り』と『清洲会議』の「更級六兵衛」の西田敏行役が大好き です。監督は三谷幸喜さんでした。」では、更級六兵衛は『真田丸』 に登場するのかなあ?「更級六兵衛」のモデルは笠原政晴(政尭) で、後北条氏の家臣だと言われている。でも、『真田丸』NHK出版 には笠原・更級の名が出てこない。★井伊直政は真田信之に頼ま れて「真田昌幸と真田幸繁を助ける」よう命乞いをした。(★井伊 家文書『彦根城博物館:野田浩子先生(講義ありがとうご... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/03 13:27
箕輪初心:生方★小栗上野介17『小栗祭り20160522』
安政5年(1858)6月19日(17月29日)小栗上野介忠順は江戸幕府 の日米修好通用条約批准書交換=調印の使節団の一員として渡米した。 帰国後にワシントン海軍工廠など日本近代化の礎を築いた。毎年5月 の命日に近い日曜日に高崎市倉渕町権田の菩提寺:東善寺(村上泰賢 住職)で小栗上野介忠順(ただまさ)をしのぶ「小栗まつり」を開催 している。今年は5月22日にで開かれた 東善寺(027ー378ー2230)の村上泰賢先生から、手紙が来た。 小栗上野介忠順公の卒塔婆を建てると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/02 05:07
箕輪初心:生方▲小栗上野16:岩下哲典先生の講演会『幕末情報社会と小栗上野介』
安政5年(1858)6月19日(17月29日)小栗上野介忠順は江戸幕府 の日米修好通用条約批准書交換=調印の使節団の一員として渡米した。 帰国後にワシントン海軍工廠など日本近代化の礎を築いた。毎年5月 の命日に近い日曜日に高崎市倉渕町権田の菩提寺:東善寺(村上泰賢 住職)で小栗上野介忠順(ただまさ)をしのぶ「小栗まつり」を開催 している。今年は5月22日にで開かれた。「江戸の幕末情報ネットワ ーク」岩下哲典著1700円に岩下先生のサイン付を購入したが、ブロ グ掲載の許可を得るのは忘... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 14:09
箕輪初心:生方▲真田丸95【21話「戦端」】&沼田城
戦国時代、臨済宗などの僧が軍師活躍した。武田信玄&紹喜快川、 今川義元&太原雪斎、織田信長&沢彦(たくげん)宗恩、毛利輝 元&安国寺恵瓊、北条氏政&板部岡江雪斎(いたべおかこうせ つさい)などがいる。今回は板部岡江雪斎が登場する。秀吉は自 ら茶をたて、板部岡江雪斎に飲ませたという。 ・沼田城の真田信之&稲(小松姫) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/31 08:36
箕輪初心:生方▲主に群馬・長野の【戦国〜江戸の用水新田開発】
戦国武将の城では、@縄張りA歴史を中心にまとめているが、時 には経済的基盤である用水開発や水田開発にも目を向ける。戦国 時代には、長野業正、そして、江戸時代初期、井伊直政・新井喜左 衛門・秋元長朝・市川五郎兵衛・柳沢所左衛門&弥左衛門・大久保 長安・伊奈忠次・岡上景親・岡上景能が上野国の用水に関与してい ることが分かってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/30 08:56
箕輪初心:生方▲真田丸bX4【20話「前兆」】聚楽第の落首事件
・天正16年(1558) 秀吉は茶々を側室にした。茶々が身ごもった。 ・大正17年(1589) 聚楽第南外門の白壁に落書きが発見された。 【真田丸】では、妊娠に大喜びの秀吉だったが、豊臣政権を皮肉 る落書きに激怒した秀吉は、信繁や三成に犯人を探し出すように命 じるがなかなか見つからない。秀吉の怒りが<<<<と増大するば かり。秀吉は、犯人が見つからなければ、・・・警備不行き届きとし て門番を処刑すると言い出した。実際は2月25日の夜に、警備を 担当していた17人の番衆の鼻を削ぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/29 13:21
箕輪初心:生方★『笠懸野御用水&岡登用水』B史実編「高崎経済大学准教授:西沢淳男先生の指摘
多くの方が「岡登用水は代官:岡登(上)景能が造った。現在 でも岡登用水として稲作に利用されている。岡登(上)景能が 余りの名声に妬む者の讒言により自刃した。等」★私は館林藩 にいた5代将軍:徳川綱吉&柳沢吉保の陰謀かなとも思った。 高崎経済大学の西沢淳男准教授によると「岡上景能が英雄視さ れた美談・間違った歴史認識=俗説が史実と混合され、教育委 員会・教育現場まで広まっている。地域史を正確に見抜く力を 養成したい。」という。西沢淳男先生、多少、説明の順を入れ替 えたり、加筆させて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 05:36
箕輪初心:生方▲伊那【上の平城】知久氏→藤沢頼親家臣の城
長野県上伊那郡箕輪町にあった城である。箕輪町郷土資料館 で上の平城を教わった。松島城→箕輪城→上の平城に行った。 感で遠くから眺めただけで、あそこかなと分かった。看板に 「東西約450m、東西約200m」とあった。鎌倉時代は知久氏 の城であったが、発掘調査の結果、福与城の支城であることが 判明したようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 04:42
箕輪初心:生方▲【箕輪城】藤沢頼親家臣の木下氏→箕輪氏の城
長野県上伊那郡箕輪町にあった城である。箕輪町郷土資料館 で箕輪城を教わった。しかし、行ってみて分かるが、箕輪城 で戦った事実を想像すると、こんなちゃっちい城(小さな城) に藤沢頼親がいたとは思えない位のちっこい城であった。戦 えない城&籠城の不可能の城あった。つまり、藤沢氏本城は 福与城であったと云わざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/27 08:33
箕輪初心:生方▲『笠懸野御水&岡登用水』A岩宿&薮塚の発見&「岡上」の本8冊
★私は館林藩にいた5代将軍:綱吉&柳 沢吉保の陰謀で岡上景能は切腹したかなとも思った。高崎経済大学の西沢先生による と「英雄視された美談・間違った歴史認識=俗説が史実と混合 され、教育委員会・教育現場で広まっている。」という。 とにかく、薮塚に行こう。岡登霊神社に行く のは3回目であるが、世界不思議発見や相沢忠洋先生みたいな 岩宿の発見:新発見があるかもしれないと期待して出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/26 10:03
箕輪初心:生方▲伊那箕輪【松島本城】藤沢頼親家臣:松島氏
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪字松島にあった城である。箕輪町 役場の場所にあった。隣の箕輪町郷土資料館から箕輪町役場を 散歩した。職員の方から「松島城は、現在箕輪町役場の敷地と なっていているが、遺構らしき物は図書館裏の堀である。」と 教わった。しかし、役場庁舎東は自然地形を巧みに利用して築 かれた城であったと容易に想像できた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/26 05:48
箕輪初心:生方▲『笠懸野御水&岡登用水』@前編『俗説』
地元の多くの方が「代官:岡登(上)景能が造った上野笠懸野の 用水路は現在でも岡登用水として稲作に利用されている。岡登 (上)景能が善政により住民から慕われていたが、余りの名声 に妬む者の讒言により自刃した。等、思っている。英雄視され た美談=俗説が史実と混合され、教育委員会・教育現場で広ま っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 20:09
箕輪初心:生方▲福与城(伊那箕輪町):藤沢頼親&武田信玄&保科正直
福与城(箕輪城)は長野県箕輪町にあった城である。戦国時代、藤沢 頼親の居城であった。天文14年(1545)武田信玄により攻略され落城 した。天正10年(1582) 織田信長の甲州攻撃で武田氏が滅亡すると、 藤沢頼親は福与城を奪還した。8月下旬、高遠城を奪還した?保科 正直に11月に田中城を攻められ落城した。藤沢氏は滅亡した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 06:26
箕輪初心:生方▲伊那:手良【内城&堀之内城付近】
長野県箕輪町の福与城から伊那市美篶笠原の蟻塚城を目指して 道を進んだ。藤沢氏の家臣に手良の名前があったことを思い出 した。車を駐めると、伊那市手良堀之内の地名があった。ここ は館跡だったのか?天正14年(1545)4月武田晴信は高遠城に 侵攻して高遠頼継を降伏させた。6月福与城主:藤沢頼親を追 放した。この間、藤沢家臣:手良氏・野口氏などは武田晴信の 家臣団に編入された可能性が高い。長屋門の家が多かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/24 06:28
箕輪初心:生方▲【伊那蟻塚城】天文21年(1552)高遠城の西を守る城?
蟻塚城は、長野県伊那市美篶(みすず)笠原にあった城である。背後 の守屋山城・天神山城との関連から中ノ城とも呼ばれている。天神 山城が物見城で、守屋山城が詰め城の関係になる。天文21年(1552)、 個人的には歴史的過程から保科氏は西を守る城として蟻塚城を整備 したと考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/05/23 06:11
箕輪初心:生方▲伊那市高遠町6回の思い出
・高遠城は高遠頼継NHK大河ドラマ『風林火山』では、「治める のはわしじゃ。」と高遠頼継のお馬鹿ぶり&小者っぷりは独特の 名演技で印象に残っている。→高遠城は武田晴信が改修。保科 正俊→仁科盛信→毛利長秀→保科正直→保科正光→保科正之→ 京極氏→鳥居氏→内藤氏8代・・・明治維新を迎えた。 現在、桜の名所になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 05:23
箕輪初心:生方▲保科正俊→保科正直→保科正光→保科正之【高遠の建福寺の墓】
戦国時代、高遠は諏訪氏の一族:高遠頼継が治めていた。筆頭家老 に保科正俊がいた。高遠が武田晴信の支配下に入ると、保科正俊が 城代になった。保科正直&保科正光の墓は高遠の建福寺にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/21 07:26
箕輪初心:生方▲【高遠城】:天文14年(1545)武田晴信の高遠城侵攻と高遠頼継
・天文14年(1545)4月17日、高遠城は落城し、高遠頼継は武田 晴信に降伏し、甲府へ出仕した。(★『高白斎記』)高遠城は武田 晴信氏により改修され、南信濃支配における拠点となった。NHK 大河ドラマ『風林火山』では、「治めるのはわしじゃ。」と高遠 頼継のお馬鹿ぶり&小者っぷりは独特の名演技で印象に残って いる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/20 06:45
箕輪初心:生方▲真田丸93【第19話:恋路】@信繁&茶々*A信幸&稲α九州平定
・天正13年(1585)大阪城が完成した。信繁は茶々にせがまれて、 大坂城の中を2人きりで案内した。信繁は茶々が過酷な運命を生 き抜いていたことを知ると茶々に対し好意を抱いてしまった。 信繁&茶々の関係は史実とは多分ちがうであろう。しかし、 信幸&稲の関係は史実・あるいは史実に近いだろう。 真田昌幸は長男:信綱が長篠で亡くなったために養子先:武藤 家から戻って真田家を継いだ。兄の娘:こうを長男:信幸の嫁 にして、真田家の直系の血をつなげた(伝)。従って、信幸は 「こう」も大事にし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 09:37
箕輪初心:生方▲高崎経済大学:西沢教授「鈴木重成は偉人なの?」俗説と史実
鈴木重成公は天草では「過酷な重税にあえぐ民衆の窮状を打破す るために一命を賭けて幕府に直訴し、石高半減の建白書を残して、 農民のために切腹した。石高半減の減税を実現せしめた天草四郎 と並ぶ救世主である。」とされている。高崎経済大学:西沢教授が 天草で取材した内容を紹介してくれた。高崎経済大学:西沢教授 の考えは、@自刃を信じ込まされている。あるいは、史実「病死」 を利用して、自刃したが届けは病死という考えに切り替えられた。 @42000石→21000石と石高半減は鈴木重辰の時の総検... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 19:49
箕輪初心:生方▲高遠城&五郎山に眠る仁科盛信の墓:真田丸bR「策謀」追加
仁科盛信は武田信玄の5男である。母は油川信守の娘で側室: 油川夫人である。 信濃国安曇郡の国人領主:仁科氏を継承し、 武田親族衆に列した。天正10年(1582)織田信長の甲州攻め に際して、武田一族・重臣の逃亡や寝返りが続く中、高遠城 において最後まで抵抗し、討死した。★仁科五郎はカリスマ 性を持っていたのかもしれない。武田勝頼並みに・・・・ 五郎山に行ってみた。しかし、仁科盛信の関係する高遠町の 「桂泉院」には行けなかった。仁科盛信の位牌殿、織田軍侵 攻の際に開善寺から没収した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 20:39
箕輪初心:生方▲武田信玄家臣:柳沢弥右衛門→所左衛門→弥左衛門&『伊那原新田用水』
武田信玄の家臣:柳沢家は一条流武川衆で3系統ある。当然 柳沢弥右衛門家・柳沢所(諸)左衛門家は山梨県北杜市武川町 柳沢の武川衆の出身である。武田信光→4男:一条信長系子 孫と考えられる。柳沢内蔵之助は武田信玄の重臣であった。 内藤昌豊は上野国箕輪城代になると、目付として、箕輪城に 来た。高崎旧群馬町金古に住んだ。長篠の戦いで内藤昌豊が 戦死すると、保科正直の弟:内藤昌明が箕輪城城代になった。 柳沢内蔵之助は内藤昌明に仕えた。天正10年(1582)柳沢内 蔵之助は保科正俊・正直につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/16 20:23
箕輪初心生方▲佐久『五郎兵衛用水』:市川五郎兵衛真親と柳沢所左衛門
天正10年(1582)武田氏の滅亡後、市川氏は帰農して庄屋となった。 市川五郎兵衛真親・柳沢弥右衛門家・浅科名主:柳沢所左衛門家は いきなり『五郎兵衛新田』の開削をしたとは考えられない。「五郎 兵衛記念館」の根澤館長は秋元長朝と関係が深いとおっしゃって おられた。また、円形分水があることから、おそらく、 @秋元長朝&新井喜左衛門が造った「長野堰の新井堰&円筒分水」、 A秋元長朝&新井喜左衛門が造った「天狗岩用水」 B江原源左衛門が造った「滝川用水」 C織田信雄が造らせた「雄川堰」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 13:36
箕輪初心:生方▲武田晴信の天文15年(1546)の隠れた上州侵攻&武田家臣:市川氏
i南北朝時代、上野国南牧に市川一族が住んだ。天文15年(1546)、 武田晴信が佐久内山城を攻略すると、同心であった南牧の市川氏 に上州侵攻の拠点として南牧に砦を築せた。永禄3年(1560)頃、 市川一族は小幡憲重・信実(信貞)の配下になった。永禄4年 (1560)第4次川中島の戦いにも従軍した。天正10年(1582)武 田氏の滅亡後、市川氏は帰農して庄屋となった。江戸時代も砥 山の経営や信州佐久郡の五郎兵衛新田開発にも大きな功績を残 した。また、砥沢の関所の関守を勤めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/13 19:37
箕輪初心:生方▲埼玉鉢形城【第55回寄居北條まつり】
★平成28年(2016)5月8日(日)、『第55回寄居北條まつり』が あった。箕輪城関係者が30人が参加した。私は「井伊直政の手 作り甲冑」しかないので、これで参加した。今年は約600人が武 者姿で繁華街からスタートし、鉢形城南の荒川の玉淀に向けて パレードをした。鉢形城下の荒川玉淀では、『天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原攻撃の際の、前田利家・上杉景勝(含む真田昌 幸)率いる豊臣軍VS鉢形城に籠城する北条氏邦の率いる北条軍 との戦いを再現された。』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/12 06:56
箕輪初心:生方▲真田丸92【第18話「上洛」】&「丸島説&平山説&加沢記」
『加沢記』では「松」は桑名の渡し守が女房として大切に2年 間隠した。『加沢記』では、記憶をなくしていない。、『真田丸』 では記憶をなくした出雲の阿国の踊り子である。第18話: 『上洛』は「真田昌幸の上洛の決意〜上洛〜徳川家康の与 力大名になる過程」で、「松」の記憶が戻るというホームドラ マである。今回はTVを1回しか見なかったので、You Tubeや ほかのHpを頼りにあらすじを追ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/10 07:56
箕輪初心:生方▲箕輪城183『2016年1月〜5月初旬の様子』&「伊の国会」
平成28年(2016)4月7日 木俣前の竹林伐採され、関東平野 が見渡せるようになった。4月10日・11日と井伊直政公の故 郷:浜松市の『伊の国会』:石原正美団長:龍潭寺(りょうたんじ) 執事:武藤佑吉氏はじめとする36名が井伊直政公ゆかりの 安中城・北野寺・大泉寺・安中龍潭寺(りょうたんじ)→箕郷公 民館(箕輪城長野氏家老の敷地)〜箕輪城〜龍広寺〜高崎 市役所(高崎城二の丸)に来られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/09 08:22
箕輪初心:生方▲「鬼無里」の自然&歴史:木曾義仲伝説&武田家臣:大日方氏
「鬼無里」ってなんて読むの?「きなさ」である。奥裾花渓谷 や奥裾花自然園が有名である。鬼女紅葉伝説や木曾義仲伝説が 残っている。戦国時代、上水内郡の一部として村上義清方の 大日方氏が武田晴信の支配下に入った。明治時代、長野県上 水内郡鬼無里村であった。現在は長野市鬼無里になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/08 07:11
箕輪初心:生方▲長野市旧中条村の城@古屋敷城山城、A大姥山城、B柏鉢城復刻版
長野市中条は群馬県〜長野市から白馬スキー・白馬登山等に 行く時には必ず通る場所である。・弘治年間(1555〜1558)  武田晴信が柏鉢城を境目の城=北方防衛の城として、また 戸隠領から上杉謙信支配下の信越国境へ進出するための 軍事拠点として築城した。そして、旧中条村・鬼無里村にも 支城を構えさせた。富岡武蔵さんの案内で旧中条村の城 巡りをした。 その節はお世話になりました。写真が150枚 以上消滅したので、下記の復刻版となった。詳しくは富岡 武蔵さんのブログ・らんまるさんのブロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 05:41
箕輪初心:生方▲『壁田(へきだ)城』:謎の山田氏の城
壁田(へきだ)城は中野市壁田字城山にあった城である。壁 田城は長尾景虎(上杉謙信)家臣:山田氏の築城の城である が築城年代は不明である。永禄6年(1563) 壁田城主:山田 飛騨守が武田信玄に降った。永禄7年(1567)武田信玄は飯山 城に対抗する城として大改修した。壁田城が武田信玄の飯山 城の拠点となった。第5次川中島の合戦後も、壁田城は武田 信玄の出撃の城であった。山田氏は@木曾義仲系の山田氏か、 A井上氏系仁科氏流山田氏か、B井上系高梨流山田氏、C村 上氏系山田氏なのか全く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 07:21
箕輪初心:生方▲第5次川中島の合戦後&信濃【替佐城】:武田信玄築城
替佐城長野県中野市豊津にあった城である。上信越道の信州中野IC &豊田飯山IC の中間の直線コースの左上の山にある。替佐城は、千 曲川を見下ろす独立丘陵の尾根に築かれた城である。永禄7年 (1564)頃に武田信玄によって大改修され、築かれた(伝)。飯山城 ・野尻城への攻撃の拠点となった。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/05 05:34
箕輪初心:生方▲≪岡崎城≫&【加沢記】の『松』VS【第17話「松との再会】&史実:丸島説&平山説
岡崎城の写真掲載・・・、@『加沢記』≪信幸公御姉御様≫では、 「松」が桑名の渡し守が女房として大切に2年間隠した。A真田 丸【第17話「再会」】では、「松」出雲の阿国の踊り子になってい た。室賀正武の死の時は、『加沢記』を採用し、17話は『加沢記』 を無視している。そして、時代考証の・天正14年(1586)6月〜 10月までのB『真田四代と信繁』丸島和洋著&C『真田三代』: 平山優著の史実や推測を時々変更している。★ホームドラマ 「真田丸」は凄いストーリーで、面白過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/04 07:46
箕輪初心:生方▲【飯山城】:永禄7年(1567)上杉輝虎の大改修
飯山城は長野県飯山市にあった城である。野沢スキーで20回 以上も通っているが、飯山城に寄ったのは5回。野沢スキー& オヤマボクチの繋ぎ富倉蕎麦のグルメ旅のおまけである。 飯山城〜富倉蕎麦〜富倉峠〜箕冠城〜春日山城まで20数km の道のりである。飯山城は上杉謙信にとって、越後防衛上、重 要な城であった。飯山城は千曲川西岸の丘陵に築かれた平山城 で、千曲川が外堀の役目をしている堅固な城で、度重なる武田 軍の攻撃にも落ちることはなかった。高梨氏の支城で、泉氏末 裔:尾崎重歳が在城した。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/03 06:30
箕輪初心:生方▲真田●90『第4次川中島D武田信繁』&信繁の墓:布引観音&典厩寺
武田左馬助(典厩)信繁は甲斐武田氏18代:武田信虎の子で 武田信玄の同母弟である。武田24将においては武田の副大 将として位置づけられている。しかし、永禄4年(1561)9月10日 (★新暦10月27日):第4次川中島の戦いがあった。『甲陽軍鑑』 には「典厩御討死、諸角豊後守討死、旗本足軽大将では、山本 勘助入道道鬼、初鹿野源五郎の両人討死、信玄公は胸にかす り傷2ヶ所、長男義信も薄手2ヶ所。」(★長野県史通史第三巻 P253)とある。武田信繁は第4次川中島の戦いで戦死した。 3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/02 08:08
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦C『山本勘助討ち死に』&高崎藩の子孫
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦C『山本勘助討ち死に』&高崎藩の子孫 永禄4年(1561)9月10日(★新暦10月27日〜戦国時代の最大の激戦 :第4次川中島の戦いがあった。『甲陽軍鑑』には「典厩御討死、諸角 豊後守討死、旗本足軽大将では、山本勘助入道道鬼、初鹿野源五郎の 両人討死、信玄公は胸にかすり傷2ヶ所、長男義信も薄手2ヶ所。」 (★長野県史通史第三巻P253)とある。山本勘助入道道鬼=信玄の軍 師:「啄木鳥(きつつき)戦法」を立案した山本勘が討ち死にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/01 09:04
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦B『竜虎激突:武田信玄VS上杉政虎』
・永禄4年(1561)9月10日午前1時、真田昌幸は嫡男・真田信綱 とともに妻女山の上杉本陣への夜襲に加わった。(★『甲陽軍鑑』) しかし、このことも本当かどうか不明である。第4次川中島の合戦 が八幡原であった。武田信繁・山本勘助・両角(諸角)虎定・初鹿 野源五郎・三枝守直ら多くが討ち死にしたという事実くらいしか分 かっていないようである。長野県史では『甲陽軍鑑』は一級史料 ではないが、ある程度信用できるとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 07:21
箕輪初心:生方▲第4次川中島合戦A『武田信玄の出陣→着陣:茶臼山説&雨宮説』
永禄4年(1561)8月14日、あるは8月29日上杉政虎は1万8千 の兵を率いて春日山城を出発し信濃川中島に出陣した。 武田信玄は 8月18日、甲斐を発ち、24日に茶臼山あるいは雨宮の南〜西に 着陣した。雨宮の南西説が圧倒的に多く、茶臼山は少数説(通説) である。上杉政虎が妻女山に登っていないと考える説が江戸時代 の書物が圧倒的に多いようだ。明治以降の郷土氏研究や政治的圧 力によって武田信玄の茶臼山説・上杉謙信(★上杉政虎なのに) の妻女山になった可能性があると考えられる。結果・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 09:26
箕輪初心:生方▲第4次川中島の合戦@『上杉政虎の出陣→本陣:妻女山』
・永禄3年(1560)8月〜永禄4年(1561)の10ヶ月にも渡る第1 次関東出兵を終えた上杉政虎は武田信玄のため、@北条氏康の小 田原城を攻略できなかったことA海津城の築城→割ヶ岳城・飯山 城の侵攻(春日山まで20数km)、A上野国吾妻侵攻の危惧、 @富山での一向一揆の扇動と神保長職の復活など怒りまくってい たのであろう。上杉政虎は休む間もなく、8月には川中島に出陣 した。海津城を攻撃することなく、妻女山に陣取ったという。し かし、史料不足で、分かっているのは、9月10日の八幡原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 11:39
箕輪初心:生方▲『第4次川中島の合戦に至るまでの武田晴信・真田幸綱の動向』
・弘治3年(1557)8月下旬 第3次川中島の合戦:上野原において 武田晴信VS長尾景虎が合戦を行った。長尾景虎は旭山城を再興 した位で大きな戦果もなく、9月に越後へ引き揚げた。武田晴信 も10月には甲斐へ引き上げた。武田信玄は『鬼の居ぬ間に領 土拡大期間中』であった。武田信玄は北信侵攻や飛騨侵攻 ・駿河侵攻・上野侵攻を続けていた。長尾景虎は上洛で北条 氏康・武田信玄の討伐の名目:大義名分を得た。北信濃国 人衆が多くが武田に臣従したが、長尾景虎にも太刀を納めた。 第一次関東出兵・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/27 06:59
箕輪初心:生方▲『第4次川中島の合戦に至るまでの長尾景虎の動向』
・弘治3年(1557)8月下旬 第3次川中島の合戦:上野原において 武田晴信VS長尾景虎が合戦を行った。長尾景虎は旭山城を再興 した位で大きな戦果もなく、9月に越後へ引き揚げた。武田晴信 も10月には甲斐へ引き上げた。武田信玄は北信侵攻や飛騨侵攻 ・駿河侵攻を続けていたが、長尾景虎は上洛や第一次関東出兵に より大きな対戦にはならなかった。やがて、永禄4年(1562)、第 4次川中島の戦い:八幡原の戦いを迎えることになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/26 09:47
箕輪初心:生方▲真田丸90【真田幸繁の豊臣家臣へ】の史実:丸島説・平山説&第16話『表裏』あらすじ
●天正14年(1586)6月15日?〜真田信繁は上杉景勝の 人質から、豊臣秀吉の人質となった。8月6日付の豊臣秀 吉→徳川家康への書状で、「豊臣秀吉は徳川家康の真田 攻め」を許可した。『真田丸』の時代考証2人丸島説・平山 説の時代の流れを見ることにする。また、第16話『表裏』 のストリーを書こうと思う。 ★2軒の本屋から「『真田丸:後編』の発売は5月下旬だそうで す。HHKが出さないのでほかの出版社が控えているようです。」 という。しかし、もし、本当だとすれば、何か変?ということ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/25 09:01
箕輪初心:生方▲志賀BBQ&【高梨氏館&高梨氏の歴史】&真田丸89『高梨氏&真田昌幸&真田信綱】
中野小館=高梨氏館は長野県中野市にあった高梨氏の居館で ある。戦国時代、高梨氏は高梨政高→高梨政盛→高梨政頼と 続いた。高梨政頼は上杉謙信の義兄弟に当たる。天文22年 (1553)頃、高梨政頼の妹か娘(有力説)が真田信綱の妻:於北 の方となった。高梨内記は高梨政頼一族であるが、この時、 人質代わりに真田昌幸の家臣になった。そして、高梨内記は 真田昌幸・幸繁に従って高野山まで行って、大坂の陣で死ん だ。『真田丸』では、高梨内記の娘「きり」が真田幸繁の最愛 のお妾さんということになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 05:42
箕輪初心:生方▲真田丸88【須田満親&真田昌幸】&『福島正則陣屋』上高井郡高山村散策3回
井上氏庶流須田氏は上高井郡高山村:日滝小学校近くに最初の 居館を構えた。現在の蓮生寺が須田氏居館と伝えられている。 戦国時代、大岩郷に詰め城:大岩城を築いた。支城:月生城も 造られた。江戸時代、福島正則が高山に厳封され、住んだ。 『真田丸』に折角登場したのに、もう晩年の福島正則の話だ。 高山村の訪問は3度・・・@桜見物、A志賀笠ヶ岳と奥山田温泉 B七味温泉&五色温泉等、しかし、写真はほとんどない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/23 07:11
箕輪初心:生方▲須坂『信濃須田城』&須坂散策
北信濃の花見見物の一環で須田城にきた。須田城は独立丘の臥龍 山の南西尾根部に築かれている。山頂部に主郭を置き、周囲を取 り巻くように郭を配した輪郭式縄張りであった。上杉方の大岩郷 :須田満信系 VS 武田方の須田郷:須田信正系と分かれてし まった。江戸時代末期、須坂藩主:堀直虎霊廟が須田古城に造ら れた。現在、臥竜(がりゅう)公園は日本さくら名所100選にな っている。それに、黒おでんが最高なのだ?・・・遠藤酒造の 朝しぼり、渓流も旨い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/22 07:40
箕輪初心:生方▲保科氏館跡&霞台城&保科温泉→高遠城
保科家は川田郷保科(長野市若穂保科)に保科氏館・霞台城を 居城とする豪族であった。保科氏館跡は現広徳寺にあったと言 われている。高遠城主:保科弾正忠正俊は武田信玄の信濃先方衆 で騎馬120騎持ちの侍大将を務めた。長男は保科正直で、次男は 保渡田城主(箕輪城代):内藤昌明である。保科正直の嫡男は保 科正光である。保科正光の正妻は真田昌幸の娘であり、養子は 徳川秀忠の子:保科正之(会津藩主)である。残念ながら、保 科氏館跡(広徳寺)&霞台城、保科温泉:永保荘(現若穂の湯) の写真もな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/21 09:58
箕輪初心:生方▲松平輝貞の『榛名するす岩下:右京の泣き堀』3回目・榛名湖畔
松平右京太夫輝貞は新田開発のため、榛名山のするす岩の下の 岩盤をくり抜いて、松の沢から高崎方面に用水路を引こうと考 えた。榛名湖の現自然観察センター→するす岩直下のトンネル 水路約400m→箕郷松の沢→高崎長野→高崎)17〜20km ?もある壮大な計画だった。結果的には「右京の泣き堀=むだ堀 =馬鹿堀」と語り継がれている。案内人がいなければ、探すのに 大変な場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/20 08:56
箕輪初心:生方▲信濃大室城=海津城の北西の守りの城
大室城:霞城は長野県長野市松代町大室にあった城である。 上信 越道の更埴JCを長野方面に向かい、松代SA&尼飾城跡を右に見 ながら進んで、最初のトンネルの上が大室城=霞城である。つまり、 海津城・尼飾城の2〜3km北西の隣が大室城である。奇妙山 (きみょうさん)から伸びた尾根が大室城で崖となってかつて の千曲川に落ち込でいた。北〜竜(辰)の口〜南の3方向の断崖 になっている要害堅固な城であった。霞城とも言われ、敵が攻め 込んでてくると、霞がかかったように見えなくなることに由来する。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/20 06:49
箕輪初心:生方▲【海津城】:・永禄3年(1560)山本勘助が築城?
・永禄3年(1560)山本勘助が築城したといわれる。川中島の戦略的に 重要な城であった。三方を山に囲まれ、西は南北に流れる千曲川の地 形を巧みに利用した堅固な平城であった。海津城(松代城)には7〜 8回、行っているが、5年間分の写真が消滅したため、最初の2回分し か写真はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/19 06:35
箕輪初心:生方▲真田丸87【 15話『謁見』のあらすじ】&平山優説
平成28年(2016)4月14日の午前1時25分〜18日午前7時 までに既に500回を超え熊本・大分地震・・・まだ警戒が必要。 人的被害・物的被害も甚大である。加藤清正の熊本城が崩れた。 天正13年(1585)11月29日〜12月23日 天正の大地震。 豊臣秀吉は徳川家康の尾張攻めを諦め、災害復旧に専念した。 天正14年(1586)6月14日、真田信繁は上杉景勝・直江兼続と 共に大坂城に出向いた。真田信繁の豊臣秀吉の謁見については 『天地人』では、上杉景勝・直江兼続の勧めで謁見、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/18 10:38
箕輪初心:生方▲信濃:井上氏館&井上城遠望&竹ノ内城
井上城は、@居館:井上氏館&A大洞山の北嶺に築かれた詰め城 :大城・小城&B竹ノ城からなっている。大城・小城へは登城し なかった。井上城詰め城は須坂長野東ICの南東にある半島状の 山城である。・弘治3年(1557) ▲第3次川中島の戦いでは井上 一族は上杉謙信に臣従し、出撃した。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 11:53
箕輪初心:生方▲【信濃牧之島城】:香坂氏→馬場信春の武田流の丸馬出&三日月堀
★今日も熊本で大地震があった。3,11を経験したが・・・・・・。 牧之島城は長野県上水内郡信州新町牧之島にあった城である。 牧之島城は「この城は永禄9年(1566)武田信玄が馬場信房(美濃守) に築かせ、越後に対する警備と更級・水内山部の鎮撫にあてた城であ る。元香坂氏の居城牧城の一部で犀川の大湾曲部を利用して新たに縄 張りしたもので、虎口の丸馬出、本丸脇の隠し馬出し(千人枡)をは じめ随所に築城の妙をこらしている。  天正3年(1573)5月31日信房が長篠に戦死後。子信春が在... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/16 05:30
箕輪初心:生方▲【信濃:大峰城】:武田VS長尾争奪戦の城
大峰城は長野市の大峰山頂:標高828.2mに築かれた城である。 天文10年(1540)佐久の滋野系落合氏が葛山城(砦程度)を 築城した際、落合備中守の家臣:大峰蔵人が大峰城を築城し たと思われる。天文24年・弘治元年(1555) 第2次川中島の 戦い:犀川の戦いの時、武田晴信方の善光寺戸隠別当:栗田 鶴寿の籠った旭山城に対する城として長尾景虎方が葛山城・大 峰城を本格的に築いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/15 05:24
箕輪初心:生方▲吉窪城:武田晴信に滅ぼされた小田切氏の城
吉窪城は犀川左岸に聳える標高619.2m の独立峰である。南は犀川に臨む急峻な斜面で、堅固な城である。 弘治3年(1557)第3次川中島の戦いの前哨戦:武田晴信家臣:馬場 信春の葛山城攻撃で、吉窪城主:小田切駿河守幸長は葛山城で戦死 した。吉窪城を守っていた息子:小田切民部少輔は葛山城落城の報 せを聞き、城を捨て逃げ、吉窪城は自落した。吉窪城には富岡武蔵 さんと行った。お世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/14 06:00
箕輪初心:生方▲【葛山城】&第3次川中島合戦
葛山城は長野の善光寺の裏山:葛山にあった城である。落合備中 守治吉を宗家とする葛山衆は芋井地区に住んでいた。天文24年 (1555) 武田晴信に帰順した栗田鶴寿が旭山城に籠城したため、 長尾景虎が裾花川対岸に葛山城を修築して落合備中守治吉、 援軍の将:吉窪城主:小田切駿河守幸を籠城させた。弘治3年 (1557) 真田幸隆は静松寺の僧を通じて落合一族の落合遠江守、 落合三郎左衛門尉が寝返えらせた。牧之島城:馬場信春が水の 手を切り、葛山城は落城させた。落合治吉、小田切幸長は戦死 し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 05:49
箕輪初心:生方▲【尼飾城】真田幸綱(幸隆)の攻略→城番へ
武田晴信は真田幸綱(幸隆)に、上杉謙信の軍事拠点であった東条 氏の東条城(雨飾城)の攻略を命じた。尼飾城(東条城)は松代付 近では、「一に春山(若穂綿内:綿内氏)、二に鞍骨(松代町清野: 清野氏)、三に尼飾(東条氏)」と言われ、堅固な山城にBEST3に 数えられていた。3方は断崖絶壁で、北西だけが尾根続きになって いる。南の敵に備えて築城されている。弘治2年(1556) 真田幸綱 は武田晴信に催促されながら、やっとのことで尼飾城を攻略した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 06:08
箕輪初心:生方▲真田丸86【昌幸の秀吉への臣従過程2説】&第 14話『上洛』
真田信繁は第一次上田合戦で最愛の妻:梅を亡くし、人質として上杉 景勝のいる春日山城に戻った。景勝は信繁を優しく迎え労をねぎらい、 直江兼続は兵力に劣りながら徳川勢相手に勝利した信繁たちの手柄を 称賛した。しかし、真田信繁の梅の死という心の傷が癒えてはいなか った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/11 06:55
箕輪初心:生方▲真田丸85【2016上田城の桜】&真田昌幸の豊臣秀吉への臣従過程
※平成28年(2016)4月5日、『2016上田城桜千本まつり』を見に 行った。箕輪城・沼田城・岩櫃城・上田城・真田の郷を語れる上田 bPガイド:吉田美由紀氏の都合がつかなかったのは残念であった が、目的を@上田城の桜、A真田丸展、B上田合戦のシュミレーシ ョン、Cウナギか蕎麦のグルメ、D室賀城とした。しかし、TV 『真田丸』の経済効果はもの凄く、平日なのに旅行客で大混雑。 *NHK大河ドラマ『天地人』では、真田昌幸は上杉景勝を介して 豊臣秀吉に接近した大名化を遂げたことになってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 05:54
箕輪初心:生方▲【信濃:旭山城】&第2次川中島の合戦:犀川の戦い
旭山城は戦国時代初期には村上氏家臣:朝日右近が居住した(伝)。 天文24年(1555) 第2次川中島の戦いで、善光寺別当:栗田鶴寿 (栗田寛久)は武田晴信(信玄)と通じ、鉄砲300と弓800、兵 3000の支援を受けて善光寺の西に旭山城に籠もった。この 時、武田晴信は初めて鉄砲を使用した。一方、長尾景虎(上杉 謙信)は、善光寺東にある横山城に陣を構えていたが、裾花川 対岸に葛山城を築いた。約200日間の対陣はに及んだが、今川 義元の仲介で和議が成立した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/09 07:25
箕輪初心:生方▲真田丸84【室賀城=原畑城+笹洞(ささぼら)城】&室賀氏・屋代氏の歴史&真田昌幸
室賀氏は屋代氏と共に村上義清の家臣であったが、天文22年(1553) 以後は33年間、武田晴信・勝頼に仕えた。天正10年(1582)武田氏滅 亡後は室賀氏・屋代氏は徳川家康に仕え、江戸時代も旗本として 存続した。室賀氏の居館「原畑城」+詰の城「笹洞城」=「室賀城」と 呼んでいる。室賀温泉ささらの湯の西が室賀城である。室賀城〜 室賀峠〜葛尾城へ抜ける交通の要所であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/08 07:46
箕輪初心:生方▲【鈴岡城】:武田晴信の第一次川中島合戦後の伊那侵攻
小笠原氏は府中、鈴岡、松尾、深志と3家に分裂する。同じ小笠 原一族でありながら、抗争を繰り返していた。松尾城と鈴岡城と は毛賀沢川を挟んで谷1つ隔てただけの距離にあるのに対立して いた。天文23年(1554)( 第一次川中島合戦後の)武田信玄の 伊那侵攻で、南信濃の最終章「鈴岡城&松尾城の戦い」で、武 田信玄の信濃先方衆の松尾小笠原松尾小笠原信貴(信貞)・小 笠原信嶺父子が鈴岡小笠原信定&府中小笠原長時兄弟に打ち勝 って、松尾城・鈴岡城に入った。先祖:加賀美遠光&小笠原長 清が泣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/07 06:12
箕輪初心:生方▲【伊那:松尾城】小笠原氏の分裂&武田晴信〜織田信長の伊那侵攻
伊那松尾城は、長野県飯田市にあった松尾小笠原氏の居城である。 小笠原政康の死後、府中(深志)小笠原氏・松尾小笠原氏・鈴岡 小笠原氏に別れて対立した。天文3年(1534) 松尾家は府中家に 敗れて甲斐国に逃れ、武田信玄に臣従した。天文23年(1554) (第一次川中島の合戦後)武田晴信の伊那侵攻で松尾小笠原信貴 ・小笠原信嶺父子が信濃先方衆として活躍し、松尾城を回復した。 天正10年(1582)松尾小笠原信嶺は織田信忠の甲州侵攻の時には 織田氏に臣従した。本能寺の変の後、徳川家康の家... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/06 07:06
箕輪初心:生方▲真田丸82『飯田長姫城の歴史』と真田丸第1話「船出」
小笠原貞宗の3男:坂西(ばんざい)宗満により築かれたといわれる。 戦国時代には武田晴信の信濃出兵により武田領国となり、伊那郡代と なった秋山信友により強固な城へ改修された。飯田城は天竜川の支流 の松川と野底川にはさまれた河岸段丘の先端部分を利用して築かれた 平山城である。現在の飯田城の遺構のほとんどは失われ、建造物は 城門と移築城門を残すのみである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 18:09
箕輪初心:生方▲真田丸80【第1次上田合戦】加沢記・平山説&第13話「決戦」
・天正13年(1585)、徳川家康の配下:真田昌幸は、上州沼田 領を北条氏直に譲るよう命じられた。しかし、真田昌幸は命令 を拒絶し、上杉景勝に臣従した。徳川家康は自分の造った 上田城を攻撃することになった。第一次上田合戦は、徳川勢 7000余VS真田勢は2000人弱だった。@負けたふりして、城内 に誘い狭い場所で大群を鉄砲で狙い撃ち、A城の外に設けた柵 で側面攻撃、B増水した神川に追い込んで溺死、・・・自分の都 合のよい戦いに持ち込んだ。(★黒田基樹)「空城の計」がどん ぴしゃで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/04 09:20
箕輪初心:生方▲千曲市の名所35選:稲荷山城&森将軍塚古墳等
千曲市の名所?に3回に渡って訪問した。35〜40ヶ所を巡っ た。城巡りファンなので、村上氏館・葛尾城・荒砥城・屋代城を 紹介してきたが、今回は森将軍塚古墳・智識寺・武水神社・稲荷 山城・稲荷山宿・長楽寺の写真を掲載しようと思う。稲荷山城は 天正10年(1582)上杉景勝が真っ先に武田晴信を裏切った荒砥城 主:屋代秀正を信用せず、稲荷山城を築城した。町割が北国西街 道の稲荷山宿の原型となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 06:38
箕輪初心:生方▲20160320清水豊先生講演会【和田城の再検討】
清水豊先生は「和田城→高崎城」の発掘調査に関わってきた 考古学の専門家である。現在、かみつけの里博物館の次長で ある。平成28年(2016)3月20日、清水豊先生が講演会【和 田城の再検討】というテーマで【1】歴史学から見た和田城、 【2】考古学から見た和田城・・・の2面から分かった事実と 考察について講演してくださった。講演内容の掲載を許可して いただいた。ありがとうございます。また、個人的に、「井伊 直政の箕輪城から高崎城の移城について」の論文の追加 ・校正をお願いした。大変... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 08:15
箕輪初心:生方▲信濃:屋代城:村上一族:屋代政国→真田信繁在城
信濃「科野の里歴史公園」で古墳時代の住居跡を見ながら、森将軍 塚古墳に登った。妻女山・雨宮の渡しを確認してから、車で移動し て、村上氏の一族:屋代氏の屋代城に搦め手から入城した。屋代政 国の妻は村上義清の娘であったが、倅の屋代秀正は真っ先に武田に に寝返った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/02 07:55
箕輪初心:生方▲真田●79信濃:荒砥城:村上→武田→上杉→真田
荒砥城は、信濃国更級郡(現長野県千曲市)にあった城である。 平成19年(2007)のNHK大河ドラマ「風林火山 」のロケ地で、武 田晴信が攻略したと言われている「海ノ口城」で出ていたのが、印 象に残っている。また、平成22年(2010)NHK大河ドラマ「江〜 姫たちの戦国〜」の小谷城としても出てきた。平成28年(2016)、 『真田丸』真田昌幸&真田信繁にも関係するので、出るだろうか? 天正13年(1585)、7月15日、上杉景勝の家臣になり、坂木庄は 真田昌幸の支配地となった。真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/01 05:26
箕輪初心:生方▲真田丸78【村上義清&上杉謙信VS武田晴信&真田幸綱・昌幸】
村上義清は北信濃:塩田平&埴科(更級)の戦国大名である。 正室は信濃守護:小笠原長棟の娘(小笠原長時の姉)である。 側室は高梨澄頼の娘:於フ子であった。葛尾城主で、武田晴 信(信玄)の2度の侵攻:上田平の戦い&砥石城の戦いで撃 退するなどの武勇で知られる。村上義清は長槍による槍戦術 を得意とし、先陣を切って敵に突撃するという逸話もある。 村上義清を中心とした不思議な関係を書いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/31 06:51
箕輪初心:生方▲信濃:【葛尾城】:村上義清の詰め城
戦国時代、北信濃で最大勢力を誇った村上氏の詰め城であった。武田信玄 と激戦を繰り広げた村上義清の居城跡である。葛尾城は五里ヶ峰から南 に伸びた葛尾山頂が本郭で、南の尾根続きには出城の姫城がある。高速 から地形を生かして本郭、二の郭などを深い空堀で区切り、筋状に伸び た竪堀が何本も見える。村上義清は真田幸綱(幸隆)とはライバルであ った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 06:45
箕輪初心:生方▲村上氏館跡:満泉寺&村上義清の墓&坂木ふるさと歴史館
南北朝時代、村上氏は鎌倉幕府の倒幕の軍功として塩田を与えられ た。次第に勢力を広げ、現千曲市に住んだ。はじめは千曲川の西岸 の村上に居館を置いた。やがて、館は千曲川の東岸に移された。 戦国時代、村上義清の村上氏館跡は武田信玄あるいは長尾景虎の 葛尾城奪還の際に焼きはらわれた。天正10年(1582) 、村上国清 (山浦景国は村上氏館跡に菩提寺だった満泉寺に建てた。天正 13年(1585)7月15日 真田昌幸が上杉景勝に坂木庄も所領として 貰った。近くには村上義清の墓、坂木宿ふるさと館... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/29 06:36
箕輪初心:生方▲真田丸77:第12話「真田幸繁の上杉への人質」&平山・丸島諸説
『真田丸』では、このままだと、慶長3年(1600)関ヶ原の戦い後、 真田信之の頼みで、真田昌幸と真田信繁(幸村)の助命に尽力し た井伊直政の話は出てこないだろう。もし、井伊直政がいなけれ ば、後の大坂城真田丸なんて、なかったのに。井伊直政ファンの 私には今一歩のくだらねえドラマだ。井伊直政がキーマンなのだ。 @天正10年(1582)の徳川&北条の和睦交渉の立役者は井伊直 政の話。A天正12年(1584)小牧長久手の戦いで徳川家康が 豊臣秀吉軍を破り、その名を全国に轟かせたとナレータ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 08:17
箕輪初心:生方▲2016スキーbP2:丸沼&真田丸76『沼田の真田丸展』
2月下旬の彦根での視察の仕事以来の1ヶ月ぶりの遊びである。 群馬の丸沼にスキーに行った。気温ー5℃で小雪:春スキーとし ては絶好のスキーコンディションであった。帰りは沼田市中心街 下之城町の商業ビル「グリーンベル21」で3月20日から始ま った「真田丸展」を見に行った。TV「真田丸」と一体化した素晴 らしい展示内容であった。「上州沼田 真田丸展」は来年3月末ま で開かれている。¥500円でも、歴史好きには良い企画である。 沼田城&名胡桃城をめぐって勃発した真田と北条との争いが、豊 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/27 06:09
箕輪初心:生方▲真田●75【真田横尾城=尾引城】:横尾氏→真田信綱の居城?
横尾さんが「横尾城が私の先祖の城です。」と話してくれた。 某大学院で「横尾一族ついてもまとめている。」を言っていたので、 さらに興味を持った。・応永7年(1400) 大塔合戦に祢津配下に 「実田・「横尾」の名前が出てくる。天文10年(1541)海野平の 戦いで、海野一族の真田幸綱(幸隆)が真田から上野:羽根尾 へ逃げた。真田幸綱(幸隆)は天文15年(1546)説:平山・丸 島説、天文18年(1549):黒田説までには武田晴信の家臣とな っている。真田幸綱(幸隆)は「信州先方衆」の旗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/25 05:35
箕輪初心:生方▲真田●75『砥石崩れ→真田幸綱の砥石城乗取の諸説』
・天文17年(1548)2月14日、上田原の戦いで武田晴信は村上義 清に大敗した。そして、天文19年(1550)9月、武田晴信は砥石城 攻撃をした。武田軍の兵力は約7000人、砥石城兵は500人程であ った。村上義清の救援があって、武田軍は1000人もの戦死者が でてしまった。またまた大敗した。しかし、天文21年(1552) 5月26日、村上義清方の砥石城は真田幸綱の調略によって武田 晴信の手に落ちた。真田幸綱は小県の所領を7年ぶりに奪回した。 以後、武田晴信の小県郡支配の拠点と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 07:24
箕輪初心:生方▲武田信玄痛恨の「砥石崩れ」
・天文17年(1548)、上田原の戦いで武田信玄は村上義清に大敗 した。天文19年(1550年)9月、武田晴信は村上氏の支城の砥 石城を包囲し、リベンジする。武田晴信にとって、砥石城を落と せば、村上義清の東信濃における防衛線が大きく後退させる重要 な戦いでもあった。・・・結果、村上義清の反撃を受けて再び大 敗を喫した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/23 09:35
箕輪初心:生方▲茅野の城7分の4【上原城&千沢城&粟沢城&鬼場城】
上原城には、NHK大河ドラマ『風林火山』の影響で訪問した。 千沢城&粟沢城&鬼場城には茅野市の諏訪中央病院に友達の 怪我見舞いついでに訪問した。病院から5分もかからないの で、寄ってみた。千沢城&粟沢城&鬼場城は諏訪頼重の家臣 団の城であった。茅野のルーツは千野村あるいは千野氏、ま たはイネ科の茅がルーツなのであろう。信濃は甲斐より米の 収穫量が多かった。武田信虎も武田晴信も食料:米の確保の ためには信濃が欲しかった。とはいえ、戦えば、味方も敵にも 多くの死傷者が出る。できれば。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 08:07
箕輪初心:生方▲真田丸74【「加沢記」の室賀】&TV 11話「祝言」のあらすじ
★室賀氏は武田晴信・真田幸隆時代に、「岩櫃城攻め」などを含め、上野国 (群馬)に何度も侵攻した。武田氏滅亡後、室賀正武が真田昌幸を嫌うのか 分からない。「加沢記」では、室賀正武は甲斐に逃げた。しかし、「真田丸」 では、室賀正武は上田城完成後の信繁&梅の祝言後の酒宴で殺害され た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 12:22
箕輪初心:生方▲【諏訪:桑原城】:諏訪頼重*滅亡の舞台】
桑原城には、2007年のNHK大河ドラマ「風林火山」の一環と して訪問した。桑原城は諏訪氏の拠点として桑原氏が築いた。 天文11年(1542)、武田晴信に攻められた諏訪頼重は 上原城を焼き、桑原城に籠城した。籠城兵の戦意が次第に 乏しくなり、逃亡者が続出した、武田晴信の軍門に降り、 7月22日、諏訪頼重は東光寺で自刃した。 桑原城は遺溝は良好であるが、戦国期の城にしては、縄張 りが未熟である。武田系の人々は本当住んだのであろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 09:25
箕輪初心:生方▲『諏訪大熊城』:千野氏の城
・文明3年(1471) 惣領諏訪家と大祝諏訪氏が激しく対立した。 大祝諏訪頼満が惣領諏訪信満に対抗するために大熊城を築いたと 考えられている。文明3年(1471) 上社大祝諏訪氏と下社大祝 金刺氏との攻防の場となった。文明15年(1483)千野氏の名が 見られる。 天文17年(1548) 武田晴信が諏訪に侵攻した際に 大熊城は落城した。大熊城は6ヶ所の郭を配置した連郭式の城 郭で、主郭南に約20mの土塁がある。土塁上には千野氏の 名を刻んだ石祠が建っている。 (★現地案内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 05:24
箕輪初心:生方▲真田丸72【高島城】日根野高吉→諏訪頼水&真田昌幸&松平忠輝&吉良義周
天正18年(1590) 諏訪頼忠の武蔵奈良梨の移封後、日根野高吉は 高島城を7年かけて築城した。諏訪湖に突き出した水城で「諏訪の 浮城(うきしろ)」と呼ばれていた。日本3大湖城(松江城、膳所 城、高島城)の一つに数えられている。★日根野高吉はおそらく、 @膳所城=湖城の築城経験、A百済城→安土城の石垣移動技術、 A大坂城の縄張り、C大和郡山城の墓石を使うアイデアを生かした のであろう。が、江戸時代、諏訪頼水が諏訪湖の干拓を進め、水城 の面影は失われた。南の丸(諏訪市役所駐車場の片隅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/18 07:40
箕輪初心:生方▲諏訪:有賀城:鎌倉街道を守る城
諏訪:有賀城は長野県諏訪市豊田にあった城である。有賀城は諏訪湖 の南西岸の江音寺の裏の尾根先端を使った城である。鎌倉時代から 鎌倉街道の有賀峠の要衝を押さえる城で、諏訪湖沿岸から高遠を経 て伊那谷へと抜ける有賀峠の入り口に当たる交通の要衝である。諏 訪一族の有賀氏が築城した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/17 15:05
箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
戦国時代、諏訪大社上社前宮には大祝諏訪頼重が居館として住んで いた。前宮&本宮1,5kmの間には神長官神:守矢頼真、本宮の前の 神宮寺には諏訪一族分流:矢島満清が住んでいた。天文11年 (1542)武田晴信が諏訪攻略に成功してから諏訪大社を手厚く保護 した。真田丸第4話で、天正10年(1582)3月法華寺で、瞬間湯 沸かし器で虐待偏執狂?の織田信長は明智光秀をいじめていた。 真田信繁は法華寺でのいじめシーンを見ていた。その時はどこ の法華寺か分からなかったが、昨日、諏訪大社上社本宮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/16 06:50
箕輪初心:初心▲岡谷【花岡城】&武田晴信の諏訪西方衆の反乱
・天文11年(1542)武田晴信は諏訪頼重を捕らえ、東光寺で自刃さ せた。武田晴信は板垣信方と諏訪郡代となった。武田晴信の支配 下として、諏訪の真志野城(真志野氏)・有賀城(有賀氏)・諏訪神 社上社の社家:「権祝(ごんのほうり)」矢島城(矢島氏)と岡 谷の小坂城(小坂氏)・花岡城(花岡氏)・高尾山城(三沢氏) を拠点とした「諏訪西方衆」が結成させた。天文17年(1548)2月の 上田平の戦いで武田晴信が敗北すると、武田晴信が怪我療養で 一端、甲斐に戻った。間隙を縫って、村上義清は佐... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/15 08:32
箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』&曳間城(浜松城の前身)
★「真田丸」が気に入らないのは、和睦交渉は井伊直政であったのに 全く登場しないことである。 8月 天正壬午の乱  北条氏直は若神子城(北杜市須玉町若神子) に本陣を置き、徳川家康は新府城・能美城を本陣に置いた。 北条氏直と、徳川軍との対陣は80日間に及んだ。滝川一益敗退後、 北条に帰参していた真田昌幸や木曾義昌が離反し、依田信蕃・真田 昌幸が北条軍の碓氷峠(入山峠?)〜小諸で補給路を遮断した。 黒駒合戦で、別働隊の北条氏忠・北条氏勝が黒駒(笛吹市御坂町) で徳川方の鳥居元忠らに敗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/14 09:07
箕輪初心生方▲真田●69【林城】:小笠原長時の生涯詳細版
★5年前の3,11に1分間、黙祷をした。 ・天文14年(1545) 武田晴信は伊那郡へ出兵。4月17日に武田勢は 高遠頼継の高遠城を陥落させる。さらに、小笠原長時の娘婿:福与 城の福与頼親を攻撃。小笠原長時は龍ヶ崎城(辰野町)で武田晴信 に対抗した。武田勢は甲斐や今川・北条の援軍を得て、6月1日、 武田晴信の家臣:板垣信方が龍ヶ崎城を陥落させた。小笠原長時は 敗退した。武田晴信は上伊那を制圧すると佐久侵攻を進め、小県郡 の有力国衆である村上義清と対立した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 08:52
箕輪初心:生方▲真田●68【上田原の戦い】&4つ小説
北信濃の村上義清は葛尾城(現千曲市)を本拠に埴科郡、高井郡、 小県郡、水内郡を勢力下におさめていた。村上義清は武田晴信が 信濃全土を支配するためにはどうしても倒さねばならない敵であ った。武田晴信は諏訪地方、伊那地方、佐久地方をほぼ制圧し、 北信濃に侵攻した。村上義清と武田晴信の戦いは避けられない情 勢となった。村上義清は海野一族が逃亡した後、小県を支配して いたので、真田幸綱(幸隆)にとって憎っくき鬼のような存在で あった。天文17年(1548) 2月14日、武田晴信と村上義清に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 08:19
箕輪初心:生方▲真田丸67【禰津下の城】:禰津一族&真田一族
★「東日本大震災3、11」から5年。今日は黙祷した。 禰津下の城は東部湯の丸SAからみると、円錐系の富士山のような 山城である。禰津下の城は信濃国小県郡禰津(現長野県東御市祢津) を本貫地とした滋野系禰津一族の城である。標高826m、比高130 mある。城には登っているが写真は消滅している。禰津・祢津・根 津は、おおむね、信濃では「ねつ」・群馬では「ねづ」という読み方 を使っているようだ。禰津氏は滋野氏の庶流で海野氏、望月氏と並ん で滋野三家と呼ばれている有力な一族であった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/11 09:46
箕輪初心:生方▲真田●66【布引観音&布引城】:望月源三郎と真田幸綱
高速の小諸付近から見ると、千曲川が布引の岩盤で蛇行していて、 ちょっと突きだした場所である。そこが、布引古城群である。釈尊寺や &布引観音も平時の城構造をしている。松井田城や坂本城でご一緒 させていただいた武蔵の五遁さんは釈尊寺&布引観音の裏山で新し い城を発見=探し当てたそうである。そうすると、望月源三郎が籠も って、武田晴信に最後まで抗戦したという説は信憑性を増してくる。 従来の、布引山:標高756m楽巌寺=布引城説は違っていることに なる。釈尊寺&裏山の新=真布引城を中心に枡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/10 05:55
箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
小諸城は長野県小諸市にあった城である。穴城と呼ばれ、武田信玄の 軍師:山本勘助の縄張りだと言い伝えられている。小諸城の一番の思 い出は「滑り台でのゲロ事件」&「猿のうんこ投げ事件」である。 群馬の松井田の小学生が修学旅行で懐古園に来ていた。その学校 のある小学生が滑り台の上で、寝そべって直経10〜11cmの巨大 おにぎりを食べていた。ところが、滑り台に頭から滑ってしまった。 下に降りたとたん、大きな握り飯がふっ飛んでしまった。そして、口か ら、さっき食べたご飯を吹き出した。私は「大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/09 09:58
箕輪初心:生方▲真田●64「真田幸綱(幸隆)の武田晴信への臣従諸説」
天文10年(1541)海野平の戦いで、海野棟綱・真田幸綱(幸隆) が・・・武田晴信(信玄)が父:信虎を国外追放して家督を継 ぎ、本格的な佐久・小県郡侵攻を再開する。真田幸隆は武田晴 に臣従して旧領を回復している。しかし、臣従時期は諸説ある。 天文12年(1543)〜天文17年(1548)説と幅が広い。平山優氏は 臣従時期・理由として、@上杉憲政が信濃侵攻は退潮期に なった時、A武田晴信が上杉憲政よりBigになった時、B 武田VS村上・・本領奪回できるかもと思った時が臣従時期の 決... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/08 06:42
箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ&平山優説の違い
天正12年(1582)6月2日の本能寺の変から2ヶ月が経とうとし ていた。信濃の覇権争いは、どうなるのか? 真田昌幸の狙い通 り、上杉景勝と北条氏直は和議を結んだ。北条軍は南下し、甲府 に入った。甲府に入ってきたた徳川軍を瞬く間に包囲し、優位に たった。北条と徳川の激突となっていく。昌幸は誰も想像しない 決着を狙っていた。時代考証&平山優説は微妙に違いがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/07 08:04
箕輪初心:生方▲真田●62【小田井城】:約20haの巨大な城
小田井城は長野県御代田町にあった城である。 ・天文年間に小田井城は築城された説が有力説である。 ・天文13年(1544)小田井又六郎は武田晴信に討ち取られた。 志賀城攻めの時、上杉憲政軍と武田軍が戦った小田井原の 合戦も城近くで行われた。その後、小田井城は武田晴信の 巨大な縄張りに拡張されたのであろう。約20haある。曽根館 も近いし、8000の兵の駐屯地になる得る。・・・天正18年 (1582)徳川家臣:依田信蕃に落とされ廃城となった。 ★御代田町では小田井城を宣伝していない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/06 06:41
箕輪初心:生方▲真田●61【佐久平尾城】&スキー11「佐久PARADA」
平尾城は簡単にいうと、佐久SAの展望台の上。もっと言うと、 佐久パラダスキー場のゲレンデに挟まれた部分。難しく言うと、 平尾富士から派生している西の秋葉山山頂付近に築かれた城で ある。遠望は1000回以上。人工スキー場で緩斜面なので、滑っ たのは5〜6回しかない。平尾城訪問はスキー靴を履いて1回 だけである。写真は消滅したのでスキーしながら平尾城行くべ し?と滑りに行った。15:00〜16:30は600円。16:00〜16:20に 平尾城に行けた。居館は白岩城(平尾小学校&児童館)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 07:00
箕輪初心:生方▲真田●60【佐久平根白岩城:平尾氏館】&真田の本
白岩城は長野県佐久市上平尾=平根にあった城である。平尾氏館、 里古城とも言われている。湯川の侵食谷の河岸段丘の上の比高 30〜40mの断崖上に築かれた城である。現在の平根小学校 ・校庭〜平根児童館〜裏の北西の畑(主郭部)までの範囲である。 土塁は『の形で湯川に添って100m続き、20m程の畑の真ん 中に飛び出している。「平根村誌」・「平根小学校の歩み」、それに、 佐久市史、御代田町誌などを参考にまとめてみた。平尾小学校の 教頭:大工原先生、資料ありがとうございました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 10:35
箕輪初心:生方▲真田●59【志賀城】:笠原清繁&高田憲頼/大虐殺&人身売買
志賀城で有名なのは、「武田晴信が小田井原の合戦で討ち取った首 3000を城下に掛け並べ、城兵たちに見せ、士気を削いだという 残酷エピソードである。」志賀城=笠原城攻めには真田幸綱(幸隆) ・芦田信守・相木昌朝・大井貞清なども加わっている。志賀城から 逃げた笠原配下は、村上義清の砥石城で、武田信玄に再び刃向 かい、「砥石崩れ」で無念を晴らした。でも、現在も志賀の人々は 武田信玄を嫌っているだろうな?人身売買もあったし、・・・ 富岡武蔵さんが「志賀城はなかなかの堅城だよ。」とおっしゃ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/03 07:45
箕輪初心:生方▲真田●58【大井城】&「大井一族の歴史」
今日は私の誕生日である。1年間よく働き、遊んだが、年をとっ た。私も両親の面倒をみる年代になった。多くの人に感謝したい。 佐久の岩村田大井城は、長野県佐久市岩村田にあった城である。 石並城、王城、黒岩城からなるが、30年以上も前に行ったの で、詳しい縄張りは説明できない。写真も2枚しかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/02 10:31
箕輪初心:生方▲源頼朝44【平賀義信】&『佐久平賀城』
平治の乱に破れた源義朝は鎌田政清平賀義信ら7人とともに 落ち延びた。治承4年(1180)源頼朝の挙兵・・・源頼朝に平賀 一族は重用された。政権争いで没落後は、新田家に吸収された。 平賀城は平賀氏が代々要害とした佐久にある山城である。築城 年代は明らかではない。富岡武蔵氏が「城跡は本城、城平、搦 手曲輪等から成立っているけれど、ほかの郭を発見した。武田 信玄が改修工事をしたのだろう。凄い城だよ。」と言っていた のを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/01 08:42
箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
上野国を支配していた滝川一益を神流川の戦いで破り、信濃まで攻め込 もうとする北条氏直。信濃国:海津城に入城し、信濃での領土拡大を 目指す上杉景勝。北条の勢いに驚異を覚えながら、甲斐進出を考え始め る徳川家康。「天正壬午の乱」の3つ巴の戦いが始まろうとしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/29 19:56
箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
★伴野家宗家:Hしゃん、違っていたら訂正をお願いします。 佐久野沢城:伴野信是の支城:伴野部城:大工原兵部の城であった が、村上義清方の田口長能が攻略し、田口城として大きな改修工事 をした。その後、武田晴信に味方した大工原兵部の親戚:相木昌朝 が田口長能を下し、入城した。永禄8年(1568)には、新海三社神社 で戦勝祈願をした。その後、田口城は依田信蕃の城になった、しか し、依田信蕃が岩尾城攻めで戦死すると、居館に依田康国が蕃松院 を建てた。文久3年(1863) 三河奥殿藩の藩主:... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/28 10:38
箕輪初心:生方▲真田●54【佐久稲荷山城:勝間城】
稲荷山城は、長野県佐久市臼田大字勝間の稲荷山にあった城である。 千曲川の左岸にあり、北・東・南が急斜面・断崖になっている。 複数の曲輪を配した平山城だったようであるが、神社・公園・学園 となって城の地形は失われた。築城時期は不明であるが、滋野一族 の禰津氏の庶流桜井対馬守の居城だったと言われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/27 22:10
箕輪初心:生方▲真田●53『前山城』&伴野氏の歴史後編
伴野氏宗家:THしゃんはもし、間違った記述がありましたら、 ご指摘ください。 鎌倉時代、加賀美遠光&小笠原長清が信濃守護になった。6男 (4男?):伴野時長と続く。伴野館=野沢城を居館としていた。 伴野氏が、同族大井氏との争いの中で、文明年間(1469〜1487) に伴野光利が前山城を築いた(伝)。 天文9年(1540)武田信虎 臼田・入沢の両城をはじめ数十城を攻め破り、「前山に城を築い て在陣す。」と記されている。武田信虎の助力によって前山城の 拡張工事が行われた。天文17年(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/25 05:39
箕輪初心:生方▲真田●52『伴野氏館=野沢城』&伴野氏の歴史前編
伴野氏宗家:THしゃん宅は拙宅から50mの所にある。Hしゃんは 先祖:伴野氏や戦国史に詳しい方である。Hしゃん、もし、間違った 記述・疑問点がありましたら、ご指摘ください。よろしくお願いします。 『東西73m、南北110mの南北に長い長方形で、周囲に土塁と堀を 廻らせた城の主郭部分にあたる。土塁は北側と西側、東側の北半分 が残存し、堀は全周が残存する。南側の中央に入口を設け、南西の 高台に物見櫓を設けていたと伝えられている。県史跡指定を受けた 部分は、鎌倉時代〜室町時代に活躍した伴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/24 11:11
箕輪初心:生方▲真田丸51【海ノ口城】武田信玄初陣&184「箕輪城」武田勝頼&真田幸繁の初陣
海ノ口城は武田晴信の初陣の地として有名である。第4次川中島 の戦いで武藤喜兵衛=真田昌幸はデビューしたという。箕輪城は武 田勝頼&真田幸繁の初陣に関わりがある。戦国武将にとって初 陣は、どんな活躍をしたか?どんな手柄をたてたか、という結果 が求められる。しかし、真実はどうかは分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/23 09:15
箕輪初心:生方▲真田丸50第7話『滝川一益の逃亡』箕輪城→小諸城へ
・天正10年(1582)6月2日「本能寺の変」で織田信長が死んだ。 甲斐・信濃・上野は大混乱になった。旧武田家臣団は織田家に反 旗を翻し、織田家の武将たちを攻撃し始めた。6月13日、「山 崎の合戦」で備中高松城の毛利攻めから「中国大返し」で駆けつ けた羽柴秀吉によって明智光秀が討たれた。6月19日、「神流川 の戦い」で、小田原城の北条氏政は上野国の厩橋城城主:滝川一 益に攻めかかった。北条氏政の嫡男:氏直の大軍が滝川軍を蹴散ら し、滝川一益を敗走させた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 09:01
箕輪初心:生方▲真田丸49【望月城】望月氏&真田氏
望月城は北佐久郡望月町のあった城である。平安時代には滋野氏が 「望月の牧」の統括者なり、滋野系望月氏が望月を支配した。いく つかある東山道の諏訪→望月→小県へ&佐久への分岐=交通の要衝 であった。天文12年(1543)武田信玄の猛攻によって陥落するが、 望月氏が武田氏の支配下となることで望月氏は存続した。天文10年 (1582)武田氏滅亡後、北条氏臣下→徳川軍の依田信蕃に望月城も 1ヶ月半の籠城戦の後に落城した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 05:39
箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
・北佐久郡望月町春日にあった城である。芦田信守は芦田城より堅 固な春日城を本拠地とした。芦田信守&依田信蕃の2代の居住地で ある。依田信蕃の次男:松平康真(康勝)が上野国の石倉城(前橋 市)でだまし討ち?にあった兄:康国を弔うため、生まれた平時の 居館跡に、康国寺を創建した。 康国寺の南西の山が詰め城:春日城 である。やっぱり、写真は消滅していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/20 05:17
箕輪初心:生方▲真田丸47【芦田城】芦田氏と真田氏
長野県北佐久郡立科町茂田井にあった城である。佐久から白樺湖 に行く途中に大きな看板が見える。登城は2回しかない。依田氏 が芦田滋野氏の芦田城を攻略し、芦田を名乗った。天文12年 (1543) 武田晴信は長窪城を攻撃する際、5代目芦田(依田)信 &芦田系の相木昌朝を味方につけ、長窪城を攻略した。後、芦田 信守と相木昌朝と真田幸綱(幸隆)は武田晴信の信濃 先方衆として、大井貞清の内山城→笠原清繁の志賀城→上田平の 戦い→砥石城攻めに従軍した。・・・武田氏滅亡後、6代:依田 信蕃は、真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/19 06:50
箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
長窪城は長野県小県郡長和町にあった大井氏の要害城である。 天文12年(1543)武田晴信は佐久郡へ侵攻し、大井貞隆の長窪城 を攻略した。その後、武田晴信は村上義清を倒すため、長窪城か らおそらく3回出撃した。「疾きこと風の如く、徐かなること林 の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」か? 直接的には真田幸隆はあまり関係ないが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/18 08:46
箕輪初心:生方▲真田○45:【諏訪の上原城】&板垣信方と真田幸綱
・天文10年(1541) 5月、海野平の戦いで武田信虎と諏訪頼重・村上 義清氏とともに信濃佐久郡・小県郡へ侵攻した。6月14日、甲斐 で信虎は嫡男武田晴信により今川氏の駿河へ追放され、晴信が家 督を継承した。関東管領:上杉憲政が信濃佐久郡・小県郡へ侵攻 し、諏訪頼重は独断で山内上杉氏と和睦を結び、芦田郷を割譲し た。天文11年(1542)諏訪頼重を盟約違反とした武田晴信は高遠 頼継と結び諏訪郡へ侵攻し、諏訪氏を滅ぼした。次いで決裂した 高遠頼継を打ち破り、上原城に家臣:板垣信方を城... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/17 11:45
箕輪初心:生方▲真田●44【佐久内山城】真田幸隆&大井貞清
佐久内山は源頼朝の御家人:平賀氏の所領であった。文安3 年(1446) 平賀氏は守護:小笠原清宗、守護代大井氏と争って 本流は滅亡した。(★諏訪大社上社文書)永正年間(1504〜 1521)に大井美作入道玄岑が内山城を築城したと言われてい る。天文15年(1546) 大井貞清が内山城を開城した。真田幸 綱(幸隆)が大井貞清の助命を武田晴信に頼んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/16 09:05
箕輪初心:生方▲真田丸43:第6話【迷走】のあらすじ&「森長可の撤退」
★天正10年(1582)6月4日、本能寺の変で、織田信長が明智光秀 に討たれてから2日が経過した。安土城下は明智勢に占拠された。 真田信繁は安土城にいれば明智光秀に討たれると考え脱出した。 しかし、織田領から抜け出せたわけではなかった。真田丸の平山 優氏・黒田基樹氏の説などの時代考証で三谷幸喜氏が話が進めて いるが、従来の「中之条町誌」や「真田氏&上州」などに関わっ た中之条の唐沢定一先生や真田研究の第一人者:芝辻俊六氏の真 田通説や群馬県史にもないドラマが展開されている。真実は不... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/15 08:17
箕輪初心:生方▲真田丸42真田の里【真田氏館&真田本城&支城群一覧】
真田氏館は平時用の政務の館であり、真田本城は戦時用の山城である。 真田盆地の南西に戸石城を望み、真田盆地を取り囲む山城群の中心的 なと考えられている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/14 13:38
箕輪初心:生方▲真田丸41【米山城・戸石城・本城・枡形城】真田幸隆乗取&真田兄弟対決
戸石城には2回行っている。2回目は砥石城祭りだった。室町時代 村上義清が東信方面の戦略上の拠点として戸石城・米山城は築いた といわれている。その砥石・米山城で最も有名なのが「砥石崩れ」 である。天文19年(1550)武田信玄が村上義清を攻めたが、「砥石 崩れ」という大敗を喫した。しかし、その翌年、天文20年(1551)、 真田幸綱(真田信繁の祖父:幸隆)が武田信玄が落とせなかった戸 石城を調略により戸石城を乗っ取った。天正2年(1574)真田幸綱は 戸石城で死んだ。戸石城には真田昌... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/13 07:34
箕輪初心:生方▲真田丸40【真田根小屋城】:真田氏の支城
根小屋城は戸石城と同じ太郎山山系にある神川右岸の城である。 戸石城からは約2km北西の神川上流沿いにある。真田の里の 中心部より地蔵峠に向う松代街道と左のの神川の先に小さな円 錐系の岩山が見える。これが根小屋城である。真田本城からも 南によく見える。根小屋城1400年の大塔合戦で出てくる 曲尾 氏の居城であった?、真田幸隆の時代には松代街道を見はる城 の役割を果たした。第一次上田合戦では、上杉景勝の海津城将 :須田満親が救援のため、入城した。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/12 08:48
箕輪初心:生方▲伊達政宗の兜→ダース・ベイダー&『フォースの覚醒』
エスビック手作り甲冑クラブ会長:柳澤佳雄先生から、「ダース・ベ イダーのモデルとなった武将は伊達政宗である。」と教えていただい た。冊子に、根拠は、@仙台市博物館の前館長:濱田直嗣さんの話 「20年以上も前のことですが、この映画の制作関係者だという人か ら仙台市博物館に国際電話がありました。『伊達政宗の黒漆五枚胴具 足の写真がほしい。』と言ってきたので米国に送ったことがありま す。」A1997年発行の"STAR WARS−THE MAGIC OF MYTH−"... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 06:44
箕輪初心:生方▲真田丸39【真田:洗馬(せば)城】:横尾氏の詰め城→真田氏の城
尾引城=横尾城は海野一族:横尾氏のの詰め城であると言 われている。真田幸隆や真田信綱時代には松代街道の見 張りの城であった。現在は傍陽小学校の西に聳える比高 60m〜70m程の尾根、誉田足玉神社の北ある城である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 04:47
箕輪初心:生方▲真田丸38【矢沢城】&真田昌幸の叔父:矢沢頼綱の生涯
矢沢城は真田幸隆の弟:矢沢頼綱(綱頼)の居城で、神川を挟ん で対岸の伊勢城の対になっている城である。また、真田屋敷を守 る城でもある。矢沢頼綱は真田幸隆の弟である。つまり、真田昌幸 の叔父である。矢沢綱頼は沼田城を攻略したり、沼田城代では北条 氏の攻撃をかわしたりした。長篠の戦いで真田家を嗣ぐことになっ た3男の真田昌幸にとっては、頼れる叔父であった。「真田丸」で は、真田昌幸の従兄弟:矢沢三十郎頼康が第一次上田合戦で 矢沢城に800で籠城し、依田勢1500を撃破した。その後、真田... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 08:04
箕輪初心:生方▲真田丸37【真田天白城】真田昌幸長男:真田信綱の築城?
上州街道の鳥井峠から松尾古城→真田本城→天白城→真田氏館→矢 沢城と配置されている。天白城は真田本城のある峰のすぐ南の峰の 先端部が城址で、真田本城からは500〜600mの所にある。天白城 は真田本城と馬蹄状に配置されているので、天白城は真田本城と一 対になって守っていた一城別郭の要素がある。天白城の歴史は不明 であるが、伝承では真田幸隆の長男:真田信綱(武田信玄24将) によって築かれたという。真田信綱は北赤井神社付近に居館を築い て、天白城を詰め城としたことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/09 09:28
箕輪初心:生方▲真田丸36:第5話【織田信長の死→窮地】
★北朝鮮のすることは分からない?ミサイル発射だって・・・ ・天正10年(1582)3月11日武田勝頼が自刃し、武田氏が滅亡 した。5月下旬、真田信繁は安土城を見てみたいという一心で、 織田信長の人質となる松を届ける役を買って出た。6月2日、 真田信繁が安土城に滞在中に本能寺の変が起きた。織田信長が 家臣:明智光秀に討たれてしまった。それは織田家が武田家を 滅ぼした僅か3か月後のことであった。そして明智光秀は織田信 長の嫡男である信忠の首をもとってしまった。・・・徳川家康は 本当に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 09:11
箕輪初心:生方▲真田丸35【松尾古城】角間館の詰め城
松尾古城は真田本城〔真田新城〕の背後に位置している。鳥居峠、 和熊峠、角間峠の上野へ通じる峠道を押さえるために造られた 城である。比高は200mある。とっても疲れる城である。詰め 城にふさわしすぎる。おかげで、松尾古城の更に比高160m上 の遠見番所と呼ばれる砦跡には行けなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/07 13:48
箕輪初心:生方◆真田丸34「沼田街道」&2016スキーbT&bU【岩鞍スキー】
・箕輪城付近から旧群馬町→渋川→沼田→片品を行くと、真田 昌幸が侵攻し、支配下に置いた城も多い。今回は下道である。 ★平成27年(2016)1月31日(日)群馬:岩鞍スキー場に村の 中ちゃん・もっちゃんと行った。スキー場で、古澤リーダー・堀 越氏・関根夫妻と合流した。長島氏のファットスキー板を使った。 ランチは岩鞍食堂の「カツ定食」だった。2月6日は住谷氏と行 く予定だ。住谷氏は岩鞍のインストラクターだったので凄く上手 だ。今日は岩鞍に息子さん2人が来ているがバラバラである。 ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/06 05:46
箕輪初心:生方▲真田丸33【真田ゆかりの地:上野国編詳細16市町村】
真田氏ゆかりの地をめぐる「真田街道」と銘うって、群馬県11 市町村:(片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・沼田市・高山 村・中之条町・東吾妻町・草津町・長野原町・嬬恋村)がパン フレットに掲載されている。しかし、高崎市倉渕町・旧榛名町 ・高崎市箕郷町・渋川市・安中市などの真田ゆかりの地もある。 特に、箕郷町のい箕輪城真田幸綱(幸隆)が7ヶ月箕輪城代 となったり、真田昌幸&真田幸繁が受け取りに来たりしている。 また、渋川市の白井城主になっている。しかし、高崎市と 渋川市などは仲間に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/05 08:32
箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
・天正13年(1585)、徳川家康の配下だった昌幸は、上州沼田 領を北条氏直に譲るよう命じられた。しかし、沼田領は昌幸は 命令を拒絶した。徳川家康は自分の造った上田城を攻撃するこ とになった。第一次上田合戦は、徳川勢7000余VS真田勢は 2000人弱だった。@負けたふりして、城内に誘い狭い場所で 大群を鉄砲で習い撃ち、A城の外に設けた柵で側面攻撃、B増 水した神川に追い込んで溺死、・・・自分の都合のよい戦いに 持ち込む。(★黒田基樹)「空城の計」がどんぴしゃであった。 真田の名... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/04 08:01
箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して造った上田城】
・天正10年(1582)武田家が滅亡すると、真田家昌幸は自力で 領土を守らなければならなかった。上杉景勝VS徳川家康の対 立状況から徳川家康を利用し、上田城を造ることを思いついた。 (★平山優) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 12:03
箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
★私見は、天正10年(1582) 3月15日、真田昌幸は織田信長の家 臣となったが、仕置きで真田の郷・岩櫃城と沼田城を召し上げられ た、3月23日、滝川一益はその見返りとして、真田昌幸を箕輪城 代にした。そして、真田昌幸は榛名神社に制札を出したと考えてい る。滝川一益が箕輪城を人質の城にするために、厩橋城に移ったが 箕輪城には真田昌幸に見晴らせたと考えている。西上州の中心人物 は保渡田城:内藤昌月(まさあき:保科正俊の息子→内藤昌豊の養 子)であった。しかし、一方で内藤昌月を大将と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 07:20
箕輪初心:生方▲真田丸29【TV第4話「真田昌幸VS徳川初対決〜本能寺】
★第4話は天正10年(1582)3月15日〜6月2日まで話である。 3月15日、真田昌幸はついに織田信長に会えることになった。 真田昌幸は真田信繁を連れて、織田信長に会うために諏訪の 法華寺にやって来た。法華寺は下諏訪神社の一角にある。 真田VS徳川の狐と狸のような騙しあいが始まった。国会答弁 のような初対決である。・・・。そして、6月2日、本能寺の変が 始まろうとしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/01 07:40
箕輪初心:生方▲真田丸28【榛名:鷹留城】真田昌幸の侵攻
高崎市旧榛名町の鷹留城は箕輪城の最大の支城である。真田幸 綱(幸隆)&真田昌幸が自称:甘利明前経済再生大臣が先祖: 甘利昌忠のサポートにより、大戸氏(→浦野氏)ら吾妻衆と 永禄6年(1563)〜9年(1566)にかけて数回にわたり、北から 岩櫃→大戸→倉渕→榛名に侵攻した。この間、長野三河守ら 80人を討ち取ったり、長野氏菩提寺:長年寺を焼いたり、 受連以外の僧を殺害したり、田んぼの稲の穂狩りをしたりした。 最終的には、永禄9年(1566)5月、武田信玄が南の若田原 (高崎市八幡... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 05:43
箕輪初心:生方▲真田丸27【倉渕鑰掛(かぎかけ)城】:真田昌幸の狼煙台?
高崎市倉渕町の5城の内、大明神山砦と天狗山砦は真田氏築城と 言われている。倉渕町岩氷の鑰掛城(かぎかけじょう)も真田氏 の城の可能性がある。甘利明前経済再生大臣が自称の先祖:甘利 昌忠のサポートにより倉渕→榛名→箕輪の侵攻が進められた。 永禄10年(1567)頃から、岩櫃城→武田の狼煙集積地根小屋城 (現高崎市根小屋)への中継地として機能したと想像できる。 鑰掛(かぎかけ)城跡は倉渕町岩氷本丸(もとまる)にあり、相間川 福祉センターの奧にある。相間川の北の断崖絶壁の細い尾根に 沿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/30 07:46
箕輪初心:生方▲真田丸26【松井田愛宕山城】:真田幸繁の初陣説
・天文17年(1548) 甘利虎泰が上田原の戦いで戦死。 ・永禄3(1560)〜 甘利昌忠は真田幸綱(幸隆)のサポート。 ・永禄9年(1566)9月29日〜10年(1567)3月7日昌忠箕輪城代 ・天正3年(1575) 甘利昌忠&信康、長篠で戦死(通説) ・天正10年(1582)3月11日 甘利一族2人、戦死。 ・平成28年(2016)1月28 日、甘利明(自称子孫)が大臣辞任。 @天文16年(1547)、真田幸繁(幸村)の祖父:幸綱(幸隆) ・甘利虎泰・板垣信方などが武田晴信と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/29 07:26
箕輪初心:生方▲映画『信長協奏曲』面白過ぎのあらすじ
第U次世界大戦でフィリピンで日本人51万8000人・フィリピ ン人100万人以上死亡。天皇のフィリピン訪問・・・私の身内 もマニラからさらに北に逃げ、ポンドック北200kmで戦死。 1月27日、映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』を見 ることにした。タイムスリップしたサブロー信長のTVドラマの 最終編である。戦国の世の殺伐とした中で育まれるサブロー 信長&帰蝶の2人の愛の物語を織り交ぜながら、羽柴秀吉が本 物の信長(明智光秀)を操る展開。石山本願寺攻撃→助けるサ ブロー信長... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/28 18:08
箕輪初心:生方▲真田丸25【坂本城2回目&虚空蔵山烽火台】:武田信玄の築城?
・天文13年(1544)頃?真田幸綱(幸隆)は武田晴信の家臣になった。 真田幸綱(幸隆)・山本勘助らの佐久での調略などで快進撃・・ ・天文16年(1547)武田晴信が小田井原の戦い(現佐久市)の勝利後、 志賀城&笠原清繁は討ち死に。勢いで入山峠から東山道を下り、 上野国松枝(松井田)に進入した。そして、坂本宿を見渡せる場所 に坂本城を、隣に虚空蔵山烽火台・愛宕山城を築城したと思われる。 坂本城は、現在は碓氷湖の南にある。上野国ではじめて造った城で、 真田幸隆も同行した。★富岡武蔵氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/28 12:49
箕輪初心:生方▲真田丸24【高崎→18号→上信越道の真田ゆかりの城】
真田氏の関係する城は群馬の沼田〜吾妻〜長野:真田の郷&上田 &松代だけではない。東山道〜北国街道にも真田ゆかりの城が多い。 今日は、【高崎→18号→安中バイパス→松井田】&【松井田IC→上 信越道の佐久・小諸・東御・千曲・長野・中野】付近の「真田丸」と真田 氏ゆかりの代表的な城:43城を紹介してゆこうと思う。真田はあまり 好きではないけど、妙高スキーのついでに、まとめてみた。関わった 城は約300城〜400城はあるばろうな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/27 08:30
箕輪初心:生方▲真田丸23【沼田正覚寺】信之の妻:小松姫の墓
沼田市の正覚寺には真田信之の妻:小松姫の墓がある。初詣は 小松姫の墓参りだった。第一次上田合戦後、徳川家康& 本多忠勝は真田昌幸の才能を認めた。小松姫は本多忠勝の娘: 稲であるが、徳川家康の養女となり、天正17年(1589)に真田信 幸に嫁いだ。慶長5年(1600)関ヶ原では東軍とし家康方についた。 佐野犬伏で敵味方に別れた。真田昌幸&幸繁は東山道から、信之 の父:真田昌幸が「孫の顔が見たい」と沼田城に立ち寄っても武装 して「城には入れぬ。」と追い返したが、翌日、小松姫は信之の子 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/26 07:13
箕輪初心:生方▲真田丸22『第3話:「策謀」のあらすじ』&登場人物の解説
・天正10年(1582)3月11日武田勝頼が死亡し、武田氏は滅んだ。 真田昌幸は真田家を守るためには織田氏に仕えるしかないと考えて いた。真田が織田に仕えるための奇策とは?・・真田一族の命運は どうなるのか? 『真田丸』登場人物:室賀・出浦・高梨・高梨娘をちょ っと説明を加えようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/25 09:14
箕輪初心:生方▲真田丸21沼田城:初詣【真田氏と沼田城】
・平成28年(2016)の初詣は沼田の正覚寺・沼田城&みなかみの 名胡桃城だった。沼田城は真田丸の影響で、県の補助で整備がな されていた。6回目の訪問であろうか?今回は【真田信之&小松 姫の像】があった。沼田市では「2016年は真田丸イヤー! と沼田市はお正月から盛り上がっていきます!」Hpにあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 19:02
箕輪初心:生方▲真田丸20【関越自動車道付近の城】&スキー2新潟:神立スキー場 
関越自動車道に沿って、真田幸綱(幸隆)・昌幸・信幸に関わる 城をいくつか取り上げてみた。この一週間は雪に悩まされてい るが、それ以前、雪不足で、神立スキー場は大混雑であった。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/23 05:22
箕輪初心:生方▲真田丸19『2016大河ドラマ用整備後の名胡桃城景観』
・甘利経済再生大臣、賄賂疑惑でピンチ!!先祖:甘利昌忠は真田 幸隆&真田昌幸(当時、武藤喜兵衛)の上野侵攻と関わった。 名胡桃城は平成27年(2015)6月1日〜12月31日まで、HNK大 河ドラマ『真田丸』に向けて名胡桃城址の整備工事が行われた。 12月29日に一般公開を再開した。しかし、甘利昌忠は名胡桃城 に関わりはないが、鎌原城・岩櫃城・嶽山城・大戸城・鷹留城・ 長年寺・榛名の米強奪・箕輪城などで真田幸隆&真田昌幸と深く 関わりを持っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/22 09:25
箕輪初心:生方▲真田丸18【名胡桃事件への過程→秀吉の小田原攻撃】
★私には名胡桃事件の真相は分からない。通説は名胡桃城 の侵攻は天正7年(1589)家忠日記が根拠で10月下旬か11月 ということになっている。それ以前かもしれないし、なかったのかも しれない。★北条氏は猪俣邦憲を行動を非難した動きはないよう であるのも不思議なところである。秀吉の氏直への通達がある 以前に、富永一族:猪俣邦憲の処分をするのではないだろうか? 名胡桃事件でも、あった事を前提すると、猪俣邦憲単独行動説、 北条氏邦命令説(北条氏直命令説)、徳川家康陰謀説、豊臣秀吉 陰謀... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/21 14:17
箕輪初心:生方▲真田丸17【真田昌幸:名胡桃城:沼田城攻略までの過程】
★1月20日、今日も大雪だ。また、雪かきだ。 ・平成28年(2016)の初詣は沼田の正覚寺・沼田城&みなかみの 名胡桃城だった。名胡桃城は真田丸の影響で、県の補助でもの凄 い整備がなされていた。・天正7年(1579)武田信玄は真田昌幸に 命じた。2月敵対関係となった後北条氏から沼田城・沼田領を奪 取するための前線基地として名胡桃城を築いた。5月真田昌幸は 沼田城攻略を企図し、調略で沼田城を手に入れることに成功した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/20 09:47
箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
天正10年(1582)真田幸繁の父:真田昌幸が武田勝頼に「岩櫃城 まで逃げるように・・」と進言した基本的には甲陽軍鑑の創作かも しれないと思っているが、迎えるばずの潜龍院には4回行った。 私は真田一族の生き残り作戦:知将の真田一族と思っている。 悪く言えば、日和見とか、裏切りの真田一族とも見られるが。 ★武田勝頼の最後に関して、いくつかの疑問のある。武田滅 亡前に北条に帰属をする意思がある書状がある。石原家 (兄:昌貞三枝家への養子?)文書では、『真田昌幸が8歳の 娘の「帯解きの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/19 10:06
箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』
第2話は、真田信幸と真田信繁は、母・薫と、祖母・とりらと 父:真田昌幸の待つ上野:岩櫃城へ逃れる話から始まる。 途中、百姓の落ち武者狩りにあう。小山田信茂に裏切られた 武田勝頼一行は、田野で滝川一益勢と戦うが40名ほどしか おらず、武田勝頼は自刃した。甲斐善光寺で織田信忠に臣従 を誓った小山田信茂は「主君を裏切った不忠者」として・・。 真田昌幸は、上杉景勝を頼るか、北条氏直につくか、思案する が、・・・。武田氏滅亡後、真田昌幸は下した決断とは? 今朝はカーポート・車庫の雪下ろし・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/18 09:50
箕輪初心▲真田丸14【真田道→三国街道】2016スキー@新潟『神楽』
★平成28年(2016)1月4日、今シーズン最初のスキーに行くこと にした。村の清水さんの運転で、なかちゃん・私の3人で滑りに行 った。箕輪城代:真田幸隆の岩櫃城への道で箕輪城〜真田道〜 榛東・吉岡・渋川の真田ゆかりの道である。私はだいたいの道を 知っているが、地図上で今日は明示できない。一般的には『真田 街道』しか知られていない。中山城・名胡桃城以 外はほとんど知られていない。箕輪城〜真田道〜三国街道であ る。1日券割引で3500円、12本で、腰痛となった。 帰りは下山道の脇道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 08:37
箕輪初心:生方▲真田丸13【真田幸隆の旧中之条侵攻】と沢渡温泉&和光庵&つむじ
★軽井沢で悲惨なバス事故があった。数千回も通った道だった。 平成27年(2015)11月22高崎では最高のうどん屋『梅屋』のオー ナー:Nちゃんの最高級のベンツで中之条をちょっと散策した。 【1】沢渡温泉:共同浴場300円→【2】中之条『和光庵』で辛味 大根おろし蕎麦850円→【3】中之条ミュゼ:中之条町誌の真田 幸綱(幸隆)の侵攻〜真田信之の中之条支配の部分のコピー 代680円→【4】つむじの『トイズベーカリーつむじ店』あんパン ・チョコレートパン280円。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 06:58
箕輪初心:生方▲真田丸12【第12弾:戦国真田の岩櫃城跡探検隊】
「戦国真田の岩櫃城跡探検隊」第12弾は午前はパネルディスカッ ションコーディネーターは城郭ライター:萩原さちこ氏でまず、 講演会@父祖の地真田庄:真田三代語り部の会(吉田美由紀氏) @礎の城砥石城:砥石伊の会(?)B難攻不落の岩櫃城:あざ みの会:富澤朗会長であっる。昼食後、午後は3コース(@ 岩櫃城本丸跡、A.最新発掘現場、B柳沢城)に分かれてフィ ールドワークを行った。私はA.最新発掘現場に富澤朗会長の 案内で行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/15 06:32
箕輪初心:生方★真田丸11【真田昌幸4−A17歳?箕輪城攻撃〜27歳父:幸隆死亡】
18歳の真田昌幸は父:真田幸隆・兄の真田信綱、真田昌輝と 第3次嶽(嵩)山城攻撃に加わり、斉藤氏を滅ぼした。その後、 真田氏は武田信玄の箕輪城攻撃に岩櫃城を拠点に北方から支援 した。永禄9年(1566)9月29日、武田信玄が箕輪城を攻略す ると、真田幸隆は岩櫃城の東本面:中山城・尻高城(高山村) を攻略した。さらに、名胡桃城(現みなかみ町)・箱田城(旧 新治村)〜上杉謙信の息がかかった宮野城(猿ヶ京)を攻略 した。また、北条氏邦と沼田城・白井城で攻防戦を繰り返した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/14 08:04
箕輪初心:生方★真田丸11【真田昌幸の生涯4−@:誕生〜19歳:父と上野吾妻侵攻】
平成28年のNHK大河ドラマ『真田丸』の真田幸村の父である。 真田昌幸は父:佐真田幸隆・兄の真田信綱、真田昌輝と並び、武田 24将にも数えられることもある。一流の戦国武将になったことを 紹介する。今日は真田丸以前の真田昌幸の誕生から19歳まで を掲載する。真田昌幸:満16歳は岩櫃城攻撃から参加した。 主に『真田昌幸』:芝辻俊六著・真田三代・加沢記などを参考 にまとめて直してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/14 04:56
箕輪初心:生方★真田丸10【真田幸綱(幸隆)の3人の妻】
真田幸綱(幸隆)の妻は@海野棟綱の娘説?A河原隆正の妹: 正妻、B羽尾幸全の娘がいる。真田幸隆の武将としての道を 開いた女性ある。また、真田信綱・昌輝・昌幸・信尹・金井 高勝・清鏡、息子たちを戦国武将・僧として育てた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 11:50
箕輪初心:生方▲真田丸9【1回目『船出』のあらすじ
★今年は戦国のヒーロー『真田幸村(幸繁)』がNHK大河ドラマ に登場だ。戦国ヒーローはTVでは毎回、大量虐殺を結構ごまか している。戦国武将は人殺しで立派な人は一人もいないと思う。 『滅びの美学』・『悲劇のヒーロー』・『義の男:真田幸村(幸繁)』 と美化するのも大嫌いである。真田幸繁は徳川家康を討ち死に 寸前まで追い込み、【日本一の兵】と名を残したが、真田幸繁への 憧れはない。1回目は、元亀4年(1573)の武田信玄の死から、隆 盛を誇っていた武田家は急速に衰えていった。9年後、天... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/11 08:44
箕輪初心:生方▲真田丸8『産経新聞記事』:大河「真田丸」群馬の歴史発信
★平成28年〔2017〕1月1日、産経新聞:群馬覧の『大河 「真田丸」 群馬の歴史発信』の記事を読んだ。「10日から 放送が始まるNHK大河ドラマ「真田丸」。昨年の大河「花燃 ゆ」では、初代県令(知事)楫取素彦が主役級で登場し、“近 代群馬”にスポットライトが当たった。「真田丸」では、これ まで取り上げられることが少なかった“戦国期の群馬”が舞台。 激動の時代に上州がどのような地域だったかを全国に発信する 絶好の機会となる。大きな盛り上がりに期待し、その舞台に迫 る。(★大橋拓史... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/10 07:42
箕輪初心:生方▲真田丸7【真田の隠し湯&ゆかりの温泉14】
真田ゆかりの温泉や隠し湯は長野県では、角間温泉・別所温泉・ 加賀井温泉&松代温泉、渋温泉・熊ノ湯温泉、群馬県では、鹿沢 温泉・万座温泉・草津温泉・沢渡温泉・四万温泉・湯宿温泉・ 老神温泉・伊香保温泉などがある。話題のNHK大河ドラマの 「真田丸」も1月10日から放送される。ドラマのついでに温泉 が最高である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 07:43
箕輪初心:生方▲真田丸6【生島足島神社】武田信玄の起請文・真田信之の起請文
平成27年(2015)11月11日、11月12日は生島足島神社に 行った。生島神、足島神の2神が祀られている。御神体は大地 である。武田信玄の戦勝祈願状と社領安堵状や武田信玄が長男: 義信の謀反(義信事件)の解決策として、配下の有力武将たちに 忠誠を誓わせた『起請文』83通、真田昌幸などの願文&朱印 状11通=計94通の古文書が残っている。12日の旅行では、 起請文の中に、浅利(現黒崎)・友松・塚越・富所の4人先祖の 方々の名前があった。高崎市井出町の友松氏は起請文の写しを 持っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/08 05:56
箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹・真田昌幸の墓
平成27年(2015)11月11日、バスで安中の長源寺近くを通った ので、私が長源寺の話をした。真田本城から長谷寺に行った。4回 目の訪問となった。吉田美由紀さんの解説では『昔、長谷寺は種月 庵と呼ばれていましたが、天文16年(1547)真田幸綱(幸隆)が 安中の長源寺から晃運和尚を開山として迎えて開基しました。それ 以降、真田家の菩提寺となりました。元和8年(1622)真田信之が松 代へ移封となり松代に長谷寺を建立したので、真田長谷寺は松代 長谷寺の末寺となりました。奥に、真田幸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/07 05:59
箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
平成27年(2015)11月11日、真田氏館5回目&真田氏歴史館 4回目の訪問をした。11月12日には真田氏歴史館5回目の訪 問をした。真田氏館は永禄年間初期(1558〜70)頃、真田幸綱が 真田信綱のために築城したのではないかと考えられている。 天正3年(1575)、長篠の戦いで真田信綱、昌輝兄弟が戦死する と、真田幸綱〔幸隆〕の3男:昌幸が真田家を相続した。天正11 年(1583)、真田昌幸が上田城の築城する前に住んでいたと云わ れている。上田築城後に館のあった位置に皇太神社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/06 07:16
箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
平成27年(2015)11月11日、真田本城に行った。3回目の 訪問となった。堺&長沢の腰掛け椅子が新名所になりそうであ る。顔を入れられる看板を作るともっと楽しくなるだろう。 北には松尾古城&奥に四阿山、北西に信綱寺・打越城・洗馬城、 南に曲馬城〜枡形城・戸石城〜お蚕山・虚空蔵山砦・・南東に 矢沢城・天白城・・・近くに真田氏館が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/05 08:13
箕輪初心:生方★【真田丸2】:実田の出自→真田幸綱(幸隆)の生涯
NHK大河ドラマで最近は群馬がちょっとだけ関わっている。 @『八重の桜』では、新島八重は夫:新島譲の父の故郷安中に 4回来ている。A『花燃ゆ』では楫取文の夫:楫取素彦は群馬 県令として、約10年務めた。B『真田丸』では、おそらく、 天正10年(1582) 武田氏滅亡後、3月、岩櫃城で、真田昌幸 &真田信幸&真田信繁(幸村)は岩櫃城で3人一緒だったであ ろう。6月には神流川の戦いに敗れた滝川一益を箕輪城から下 諏訪まで送って行った。天正18年(1598)、真田昌幸&真田信 繁(幸村... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/04 06:24
箕輪初心:生方▲箕輪城183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁と箕輪城との関わり】
箕輪城との関 わりも非常に深いのだ。今日は箕輪城と真田一族を扱う。 真田幸繁祖父:真田幸綱は天文10年(1541)上州吾妻郡羽尾に 逃亡し、箕輪城3年間に客人として逗留した。武田晴信に臣従し 永禄6年(1563)には岩櫃城を攻略した。以後、永禄9年(1566) には、真田幸綱は箕輪城攻略に貢献した。その後、箕輪城城 代にもなった。天正10年(1582) 武田氏滅亡後、3月、岩櫃城で、 真田昌幸&真田信幸&真田信繁(幸村)は岩櫃城で3人一緒だ ったであろう。6月には神流川の戦いに敗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/03 10:25
箕輪初心:生方▲箕輪城182初日の出&【長野業正の親戚:成田一族】
長尾忠景の3男:顕泰は成田正等(現岩付城築城有力説)の養子 となった。成田顕泰の子孫は→成田親泰→成田長泰→成田氏長と 続いた。成田一族には成田長泰の弟:成田泰季→成田長親:のぼ う様もいる。長野弾正系図には、長野業正が成田氏に娘をくれた とある。忍城学芸員からは、「長野氏からの結婚史料がない。」 と言われた。@成田顕泰の姪は長野業正の正妻である。 A成田親泰の正室は長尾景英の娘:長野業正の姉の子ども。つまり、 成田親泰は長野業正の姪の夫である。★長野業正が権力を延ばして 行く段... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/02 07:22
箕輪初心:生方★映画『杉原千畝のあらすじ』:6000人の命を救った外交官
平成27年(2015)12月23日、『スター・ウォーズ』は見たので、 12月25日は唐沢寿明主演の映画『杉原千畝』を見ることにした。 ★小学館漫画『杉原千畝』は5〜6回読んだ。反町隆史のTVも 見た。・昭和15年(1940)、リトアニアで、ナチスの迫害から逃れ ようとしたユダヤ人難民などに独断でヴィザ(査証)を発給し、 6000人を超える人々の尊い命を救った。杉原千畝は情報に基 づく読み=先見性が凄かった。動乱の時代には特に要求され る能力である。『あさが来た』の白岡あさも面白かっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/01 06:12
箕輪初心:生方▲岩国錦帯橋→吉香公園→(岩国城)→吉香公園
岩国といえば「錦帯橋」。錦帯橋は岩国3代城主:吉川広嘉が城と 城下の間に流れる錦川に架けた橋である。940円でセットを買 った。錦帯橋を渡り、横山の山麓にある吉香公園一帯が岩国城の 土居のあった場所である。城山ロープウェーで登り、岩国城北の 丸→本の丸→二の丸→水の手と四つの郭を巡った。随所に石垣が 残っていて、復元されているが、近世の山城の姿を現在に伝えて いる。★眺めが最高だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/30 08:40
箕輪初心:生方▲山口の大内文化:【瑠璃光寺】&『雪舟の話』
『山口の瑠璃光寺五重塔は国宝です。全国に現存する五重塔で10 番目に古く、日本3名塔の1つです。ちなみに日本3名塔は@山 口県の瑠璃光寺、A奈良県の法隆寺、B京都府の醍醐寺にある五 重塔です。室町時代における最も優れた建造物と評価されていま す。また、瑠璃光寺は檜皮葺の屋根が特徴です。明日行く厳島神 社の五重の塔も檜皮葺です。室町時代の初め、大内義弘が・・』 とバスガイドさんが説明してくださった。また、常栄寺の雪舟 のエピソードの方が面白かった。本当、凄いバスガイドであった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/29 08:04
箕輪初心:生方▲『大内一族の歴史と勘合貿易』&【山口薫】
「大内一族は6〜7Cの百済王朝:琳聖(りんしょう)太子の 末裔であるかもしれない。」とガイドさんがおっしゃっていた。 私は大内一族は李王朝の末裔だと思っていた。しかし、最 近の説では、琳聖太子末裔説・李王朝末裔説も違うらしい。 高崎市箕郷町出身の画家『山口薫』など山口一族は大内 一族の末裔であるという説を信じている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/28 07:45
箕輪初心:生方△萩焼【三輪休雪・吉賀将夫】&『萩焼の歴史』
★私が焼き物に興味を持ったのは小学2年生の時、父が庭の山芋を 掘っていたら、縄文土器が出てきた時からである。35年前、現代 の名工・黄綬褒章受章の自性寺焼:青木昇師匠の元に通い始めた。 昭和63年に、萩焼の大鵬窯の湯飲み茶碗を購入した。平成27年 の旅行では、古萩焼の三輪休雪や橋村の友人:吉賀将夫(はたお) 先生の作品が見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/26 06:44
箕輪初心:生方▲萩【世界遺産:萩城下町の旧町人地」
「明治日本の産業革命遺産」の萩エリア、4萩城下町は、日本が 産業化を目指した当時の地域社会における政治・行政・経済をあ らわす資産で3地区からなる。@城跡、A旧上級武家地区、B旧 町人地の3地区ある.。「これが、世界遺産?ヨーロッパなどの都 市で見た世界遺産: ローマ歴史地区、 フィレンツェ、ヴェネ ツィア、プラハ、ドゥブロブニク、.マラケシュ、ブルージュ、 トレド、セゴビア旧市街など、都市そのものが世界遺産という ものが多くある。萩の城下町は風情はあるが、世界遺産レベル からす... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 06:45
箕輪初心:生方▲世界遺産:萩エリア5-4n@萩城&毛利輝元の関ヶ原の戦い〜萩城の築城
萩城(山口県萩市堀内)は毛利氏の城である。標高143mの指月山の 山麓には本丸が築かれたことから指月城とも呼ばれる。慶長5年 (1600)関ヶ原の合戦の敗戦で、西軍の総大将であった毛利輝元は 長門・周防2国に移封された。慶長9年(1604)毛利輝元は日本 海に面した長門国の萩に築城を開始し、阿武川河口の三角州を整 地した(『城址案内板』)。何故、萩なのか?ガイドさんの説明では 『江戸幕府はできるだけ、奥地へ。山口×、防府×、萩ならOK。」 とした。』結果的に参勤交代では岩国に出るま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/22 06:32
箕輪初心:生方▲『14代:毛利輝元』関ヶ原の戦いまで
毛利元就の嫡男:毛利隆元は第13代当主(関久説)とも第14代当 主(ウィキペディア)とも言われている。毛利隆元のあと、毛利輝元 が跡を継いだ。関ヶ原の戦いには、なぜ出陣しなかったのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 09:54
箕輪初心:生方▲『毛利13代:毛利隆元&父:毛利元就』
毛利元就の嫡男:毛利隆元は第13代当主(関久説)とも第14代当 主(ウィキペディア)とも言われている。父:毛利元就の隠居表明 後に家督を継ぐが毛利隆元は毛利家当主として実権を握ることはな かった。しかし、優れた内政手椀にによって父の勢力拡大を支え続 けた。毛利元就&次男:吉川元春、3男:小早川隆景が有名なため、 やや、歴史から表だった活躍が乏しいように思えるが、嫡男:毛利 隆元も優秀だった。文化人タイプであったが、父:毛利元就に8年 先立って死去した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/20 08:37
箕輪初心:生方▲世界遺産宮島A【厳島の戦い】&『12代:毛利元就』
・弘治元年(1555)10月1日 毛利元就3000〜3500? VS 陶晴賢 30000 〜35,000?で戦った。村上水軍が毛利氏側についたので、 陶軍の総崩れした?厳島の合戦に勝利した毛利元就は中国地 方統一の第一歩を踏み出したのである。。厳島の戦いであるが 日本3大義戦の1つとして有名であるが、毛利元就の知略を考 えると、個人的には、大義名分のある義戦とは思えない。ダイビ ングで茨城の陶一族末裔に陶さんに話したら、『陶一族が厳島 で毛利に殲滅されなかったら、我が家は山口にい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/19 08:01
箕輪初心:生方▲【大江広元→越後毛利氏→安芸毛利12代:毛利元就】
毛利元就の先祖は大江広元の4男:大江季光が祖である。「毛利」 は、大江季光が受け継いだ相模国愛甲郡毛利庄(もりのしょう) =現神奈川県厚木市)を本貫としていた。所領は越後にもあった。 鎌倉時代から南北朝時代にかけて、越後国佐橋庄南条 (現新潟県柏崎市)から安芸国高田郡吉田(現広島県安芸高 田市)へ移った。応仁の乱では、国人領主として山名宗全につ いた。戦国時代には安芸毛利12代:毛利元就は尼子経久→ 大内義隆の家臣となった。今回は【大江広元→@毛利季光→ A毛利経光→B毛利時親→... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/18 06:42
箕輪初心:生方▲【大江広元→越後毛利氏〜北条(きたじょう)高広】
毛利元就の先祖は大江広元の4男:大江季光が祖である。「毛利」 は、大江季光が受け継いだ相模国愛甲郡毛利庄(もりのしょう) =現神奈川県厚木市)を本貫としていた。越後国佐橋庄南条 (現新潟県柏崎市)も領地であった。鎌倉時代末期から南北 朝時代にかけて、毛利経光の長男:毛利基親は越後国系毛利 氏の祖となる。毛利経高→北条晴良→北条長広→北条延広→ 北条広栄→北条重広→北条広栄→北条輔広→北条広春→北条 高広→北条景広となる。北条(きたじょう)氏は安芸毛利氏と 同族で、安芸毛利氏より正... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/18 05:06
箕輪初心:生方▲山口『紅葉が美しかった防府天満宮』
2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』は終わった。楫取素彦は、群 馬県を全国屈指の教育県だけでなく、産業経済県(養蚕→ 製糸→輸出)・文化県として発展させた。群馬県政の草創期に 大きく貢献した人物である。富岡製糸の存続への努力や田島 弥平への援助がなければ、富岡製糸・田島弥平宅は世界遺 産になり得なかったかもしれない。群馬を離れてからは天皇 様の侍従になった。晩年は、山口の防府で過ごした。今日は、 【防府天満宮】を紹介する。紅葉が綺麗だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 06:31
箕輪初心:生方▲津和野【西周(あまね)&山本覚馬→新島譲】&【森鴎外&羽鳥千尋】
森鴎外の家には昭和63年の盛夏・平成27年の初冬に行った。 西家も森家も亀井家の御典医の家柄である。西周は森林太郎 (森鴎外)の曾祖父の次男:森覚馬が西家を継いで生まれた 子で親戚である。西周は東京に森林太郎を呼び、林太郎を一 時下宿させた人物である。西周は山本覚馬や群馬県人?(父 が安中藩):新島譲と繋がりがあり、同志社大学設立に至った。 森鴎外は群馬県人:『羽鳥千尋』を陸軍軍医学校に入学を紹介 した人物である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/14 22:12
箕輪初心:生方▲【楫取素彦】群馬に約10年&防府に約20年
2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、12月13日が最終回であ った。TVでは11月に入り、楫取素彦は&久坂文が群馬で養蚕 の推進や教育、特に女子教育に視点を当ててドラマ化している。 「教育に心血注ぐ 楫取素彦」と新群馬カルタにあるが、約10年 間の群馬県令であった。楫取素彦は吉田松陰の『至誠』を重ん じ、群馬の近代化への推進し、群馬県を全国屈指の産業県・教 育県に発展させた。また、文化財の保護にも貢献した。 富岡製糸の存続への努力や田島弥平への援助がなければ、 富岡製糸・田島... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/14 09:30
箕輪初心:生方★萩:吉田松陰の【野山獄】&世界遺産【松下村塾】
・安政元年(1854)吉田松陰は密航を企て、自首し、江戸送り〜萩の 野山獄に投獄された。・安政2年(1855) 野山獄出獄を許され、杉家 に幽閉の処分となった。家族の薦めにより講義を行うようになった。 ★世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の1つに『松下村塾』がある。 吉田松陰が主宰した私塾である。吉田松陰は海防の観点から産業近 代化の実現を図ろうと説いた。吉田松陰の教えを受け継いだ塾生ら から、後の日本の近代化を推進する人物を多数輩出した。でも、小 栗上野介や渋沢栄一などのの近代化... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/13 09:49
箕輪初心:生方▲群馬富士見【石井岡城】&箕輪城181長野業正養子:里見義樹=石井信房
現前橋市富士見の【石井岡城】は、珊瑚寺の西隣にある。長野憲業の 娘は里見義堯の妻となった。子どもの里見義樹は長野業正の養子(娘 婿?)となり、長野義樹を名乗った。長野業正の次男:長野氏業(業 盛)が生まれて、現前橋市富士見の【石井岡城】に入城し、長野信房 →石井信房を名乗った。城は半円形で、直径120m程ある。現在は 長野業正の第2家老:下田大膳の子孫:下田さん一族3軒のお宅であ る。その後、石井信房は榛名:鷹留城主となったようだ。子孫には秋 間の石井泰太郎さんや榛名町町長を3代務... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/05 09:49
箕輪初心:生方▲箕輪城180【長野業正の妻】&子ども
ウィキペディアによると、「長野業正の正妻は扇谷上杉朝良の娘 である。」私は理由を考えた。★上杉憲房が自分の妻の兄:上杉 朝良の娘を長野業正に嫁がせることで、権勢を維持しようとした からであると考えた。享禄の戦いでは、長野氏・高田氏が擁する 上杉憲寛(足利晴直)VS小幡氏・安中氏・藤田氏らが擁する上杉 憲政(上杉憲房の実子)が 安中城付近で交戦し、長野氏が負け た。(黒田基樹先生説) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/12/04 12:00
箕輪初心:生方▲扇谷上杉氏初代〜11代
@上杉重房→A上杉頼重→B上杉重顕(足利尊氏の母方の叔父)→ C上杉朝定(二橋上杉家).→D上杉顕定:鎌倉公方に仕えて鎌倉 の扇谷(現鎌倉市扇ヶ谷)に居住したことから扇谷家の家名が起 こった。扇谷上杉家は他の上杉諸家と同じく関東管領を継承する 家柄であったが、宗家:山内上杉家が関東管領をほとんど独占し たため、室町時代の前半には大きな勢力を持った家ではなかった。 山内上杉氏を参考にしながら、まとめてみた。基本的には、出てく る場所に扇谷・太田道灌宅・麹屋・五十子・城とか70%以上、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 09:27
箕輪初心:生方▲【関東管領:上杉顕定の戦いの人生】
上杉顕定は越後上杉家の出身で山内上杉家を継ぎ、享徳の乱 (上杉VS古河公方)→長尾景春の乱→長享の乱(山内上杉顕定 VS扇谷上杉定正+甥:朝良)→永正の乱(上杉家VS長尾家)と 関東争乱期の40年以上にわたって関東管領を務めた。上杉顕 定は連歌や絵画の才能に恵まれた人物であった。★個人的に は、長尾景春を敵にし、ほころびの透き間を縫って登場した北 条早雲の進出を防げなかったのが残念である。 ★平成27年(2015)11月21日、森田真一先生の講演会があった。 『上杉顕定』森田真一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/02 09:51
箕輪初心:生方▲箕輪城179●20151126森田真一先生講演会『上杉氏・長野氏・里見氏』
新潟大学大学院の出身の森田真一先生は『上杉顕定〜上杉謙信』 研究の新進気鋭の第一人者であろう。群馬県立博物館の学芸 員として、『よろいとかぶと』・『関東の戦国大乱』などを企画・運 営されていた。平成14年(2014)森田真一先生は「富岡実業高校」 に配属になった。学校にいると、論文や本を書いている暇はない だろう。★おやげねえ(群馬弁)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/01 09:20
箕輪初心:初心▲『海外6&12パリのモネ3美術館』&2015東京『モネ展』
★パリのテロ事件が起きたのは2週間前であった。酷かった。 ★クロード・モネ(1840〜1926)を堪能するには フランスのパリの@『マルモッタンモネ美術館』・A『オルセ ー美術館』・B『オランジュリー美術館』がいい。今日はフラン ス旅行と『モネ作品の多いパリの3美術館の思い出』&東京都 立美術館『マルモッタン・モネ展』の様子を掲載する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/30 09:23
箕輪初心:生方▲【海外24スペイン美術】&三菱1号館『プラド美術館展』
★平成11年(1999) 4月1日(木)スペインの『プラド美術館』 に行った。見たい『裸のマハ(ゴヤ)』や『ラス・メニーナス (ベラスケス)』などの絵を見ようと決めて見学した。疲れた。 スペインの旅行時の美術の一部を掲載しようと思う。 ★平成27年(2015)11月20日、★東京三菱1号館『プラ ド美術館展』に行った。凄い絵を集めた作品展である。でも、 メジャーな絵が少ししかなかった。ちょっと、寂しかった。 東京って凄いな。群馬なんて、最近はいい展覧会がない のだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/29 06:41
箕輪初心:生方▲2015東京『始皇帝と大兵馬俑』&中国の歴史
★平成27年(2015)11月18日、国立博物館で『特別展:始 皇帝と大兵馬俑』を見た。昭和62年(1987)10月9日〜12月 9日の群馬県立歴史博物館での『中国陝西省文物展』で兵馬俑 を見ている。今回、本物の兵馬俑をみるのは2回目となる。友 達の孝ちゃん・中ちゃん達は中国に始皇帝陵&兵馬俑を見に行 ったので、今度は中国に「始皇帝陵と大兵馬俑」に見に行きた いものだ。私は中国は北京と四川省しか行ったことがないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/28 07:25
箕輪初心:生方▲2015真田の里:上田巡り2回目
【2】平成27年(2015)11月11日、かみつけの里の散策 @上田城→昼食:きのこの里:深山(キノコ御飯とぶっ込み)→ A別所:安楽寺→B別所:北向き観音→C生島足島神社(武田 信玄の起請文)→D真田歴史館・・・かみつけの里のスタッフ の方々には大変お世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/20 18:56
箕輪初心;生方▲2015信濃【真田の里:上田巡り1回目】
【1】平成27年(2015)11月11日、箕輪城の語り部の会の散策 @真田本城→A長谷寺(真田幸隆&妻:河原氏娘・真田昌幸の墓)→ B真田氏館→C真田歴史館&真田庵でも昼食(おはぎ&ぶっ込み)→ D上田城→E生島足島神社(武田信玄の起請文) ★箕輪城語り部の会の皆さん・吉田夫妻には大変お世話に なりました。★個々の詳しい紹介は12月〜来年かなあ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/18 06:10
箕輪初心:生方▲高崎市立美術館【三人旅A泉澤守画伯の写真集】
★平成27年(2015)10月11日(日)〜11月23日(月祝)に、 高崎市立美術館で高崎市関係の山名將夫・泉澤守・小林正の3 人の作家による企画展が催されている。私が泉澤守画伯を知っ たのは、【実録たかさき】という本の表紙に絵が掲載されてい たからである。泉澤守画伯の作品はステンドグラス・小石に描 いた模様は大変ユニークで楽しめた。素人の私が言うのもおこ がましいが、生活空間を楽しむ・豊かにする発想が感じられた。 きっと、家も工夫されているのであろう。泉澤守画伯は高崎市 石原町... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/17 07:46
箕輪初心:生方▲高崎市立美術館【三人旅@小林正画伯の絵画写真集】
★平成27年(2015)10月11日(日)〜11月23日(月祝)に、 高崎市立美術館で高崎市関係の山名將夫・泉澤守・小林正の 3作家による企画展「三人旅―長い画業はすなわち、旅」を テーマとし、「旅の始まり」「分かれ道」「旅の現在」というコーナー 設け、作家人生で分岐点になった作品も.を展示している。 私が小林正画伯を知ったのは、私が奧様と元同僚であったことに よる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 09:01
箕輪初心:生方▲高崎市立美術館【三人旅@山名將夫画伯の作品】
★山名義範→山名時氏→山名時熙→山名宗全とブログに掲載した。 今日は、子孫であるかもしれない『山名將夫画伯』にしてみた。 ★平成27年(2015)10月11日(日)〜11月23日(月)まで、高 崎市立美術館で高崎市関係の山名將夫・泉澤守・小林正の3作家 による企画展が催されている。私が山名將夫画伯の絵を最初に見た のは、もう30年前程になる。今回の高崎市立美術館ではモデルが 奧様&お嬢さんらしい絵も展示されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/15 06:29
箕輪初心:生方▲『山名宗全の生涯』
『山名宗全』と言えば、『応仁の乱』が浮かぶ。山名持豊は清和源氏系 河内源氏流:新田義重の子または猶子:山名義範の子孫である。 南北朝時代に山名時氏→6男:山名時政→山名時熙の3男である。 母は山名氏清の娘である。但馬・備後・安芸・伊賀・播磨守護である。 西軍の諸将からは宗全入道・赤入道と呼ばれていた。性格は激情 ・横暴・傲慢とされるが、筑波大学根名誉教授:山本隆志先生は 「気性が荒く、武勇重視型で、政治的合理性の欠如し、大金持ち で寺院や町人に大人気にの太っ腹な人物である。家臣思い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/14 07:33
箕輪初心:生方★『山名宗全の祖父:山名時義→父:時熙』&足利義満の陰謀
★『応仁の乱』で有名な山名宗全の祖先は200年も群馬県高崎の 山名にいた。清和源氏系新田義重系山名義範は従五位下伊賀守にな ったが、以降の山名氏は冴えなかった。南北時代に山名時氏が山名 (現高崎)から山陰・山陽に移住し、領地を拡大した。今日は、山 名時氏の3男:山名氏清&6男:時義系→時熙(ときひろ)扱う。 山名時熙の3男:山名持豊(宗全)に受け継ぐまでの過程をまと めてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/13 11:27
箕輪初心:生方▲箕輪城178『現代の名工:萩原さんと郭馬出』&【箕郷文化祭】&【農林大学校榛の木祭】
★平成27年(2015)11月7日&8日、高崎市箕郷町で大イベント があった。1)箕郷文化祭の、陶芸作品を2014&2015の作品を出品 した。2)農林大学校にに屋台があった。やっぱ、キノコ汁の店は 最高だった。11月9日、箕輪城の郭馬出の復元門を担当している 萩原さんが【現代の名工】の表彰を受けた。★実は私の陶芸師匠: 青木昇(安中自性寺焼)先生もかつて陶芸部門で【現代の名工】の 称号を受けているのだ。なんと喜ばしいことか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/12 06:56
箕輪初心:生方▲【上野総社藩2代目:秋元泰朝の生涯】
・天正8年(1580) 秋元泰朝は秋元長朝の嫡子として深谷に生まれ  た。父:秋元長朝は深谷上杉氏憲の第一家老であった。深谷城 代であった。秋元長朝の嫡男として武蔵深谷に生まれた。小田原 城に人質として送られていたが、天正18年(1598)7月5日小田原城 の開城・落城後、小田原城を出て父の元に戻った。文禄元年(1592) 井伊直政の斡旋で徳川家康に拝謁し、徳川家康の近習となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 06:24
箕輪初心:生方▲20151110【総社秋元公歴史まつり】:秋元長朝の功績&光厳寺&元景寺
★平成27年11月8日(日)「総社秋元公歴史まつり」が開催された。 群馬県前橋市総社町:秋元武者行列は総社城主・秋元長朝 (おさとも)公の遺徳を偲んで、秋元山光巌寺(こうがんじ)から 氣雲山元景寺(げんけいじ)まで約1km行程の往復で行われ る予定であった。しかし、雨天のため武者行列の中止となった。 秋元長朝公の功績&光厳寺・元景寺の特別公開のお宝や墓 を紹介する。淀君伝説&淀君役のお嬢さんも・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 07:29
箕輪初心:生方★20151017山本隆志先生講演会『山名義範の子孫:山名時氏』
山名時氏は南北朝の動乱では源氏系新田庶流の山名義範の子孫 であるにもかかわらず、本家の南朝側:新田義貞につかず、北朝: 足利尊氏についた。足利幕府でも政府高官となった。高崎の山名 から山陰で勢力を伸ばした。孫は山名宗全である。『山名宗全』: 山本隆志著・「足利尊氏と直義」:峰岸純夫著・「上杉憲顕」:久保田 順一著を参考にまとめてみた。3人の先生は群馬出身である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/09 11:15
箕輪初心:生方▲20151107久保田順一先生講演会『上杉憲顕と南北朝の動乱』
昨年の講演会で『上杉憲顕』2,592 円を購入し、久保田先生にサイン をしていただいた。上杉憲顕(のりあき)は、鎌倉時代末期から南 北朝時代の動乱を生き抜いた武将である。足利尊氏・足利直義兄弟 の母:清子は父方の叔母であり、足利尊氏・直義とは従兄弟の関係 であった。足利直義の死後は、足利基氏の近臣として、初代関東管 領となり、初期鎌倉府を牽引する。関東管領上杉氏の礎を築いた山 内上杉家の始祖である。前もって、『上杉憲顕』:久保田順一著の項 目立てを付くっておいたので、●は平成27年... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/08 11:39
箕輪初心:生方▲皇女和宮の降嫁道中行程表&上野国
文久元年(1861) 10月20日 、将軍:徳川家茂に嫁ぐため、皇女和宮は 「桂御所を出発し、江戸に向かった。11月15日江戸には到着した。 皇女和宮の一行は、京都近辺の諸藩から集められた京都方1万人、 江戸よりの派遣された幕府方1万6千人、品物を運搬する人足等 4千人。合計3万人余りの大行列であった。行列の長さは約12里 〜14里(50km~60km)にもおよび、通り過ぎるまでに4日かかっ たという。※和宮一行が1泊しただけで252両もかかったと伝え られている。約250両×24... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 08:30
箕輪初心:生方▲「岩櫃城忍びの乱」
「岩櫃城 忍びの乱」は平成26年度・平成27年度の群馬県文化 振興課「群馬の文化」支援事業だそうである。「岩櫃城 忍びの乱」 のアトラクションの参加費は1日1000円である。しかし、目的は、 @箕輪城祭りに参加した須藤君たちの本格格闘甲冑集団「式」に VIDEO&写真を渡すこと、A真田鉄砲隊を見ること、Bあざみの 会の皆さんに会うことであった。Cついでにラーメンを食べるこ と・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 05:01
箕輪初心:生方▲2015高崎【旧高崎の歴史散策I明治時代編】
私の中では旧高崎市の近代と言えば、@中野秣場騒動、A高崎5 万石騒動、B新町屑糸紡績所、C群馬県の成立、D楫取素彦、・・ などである。今回はC群馬県の成立&D県庁移転と楫取素彦と 中心テーマに旧高崎市や人物を追ってみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 07:15
箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉句碑』D根小屋城2回目
山上の碑〜たまたま高崎自然歩道=石碑之路を通り、寺尾下城:山名 城に行った。山之上の碑入り口からは100m〜200m程度の間隔で 万葉歌碑が多数建てらられている。根小屋城は@「狼煙台として築か れたのに始まる。」A根小屋城は主郭を中心として、放射状に横堀や 腰曲輪を配置してある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/29 06:46
箕輪初心:生方▲箕輪城177『第13回箕輪城祭り』写真集3−B着到〜攻防戦
★平成27年(2015)10月25日、今年も『第13回箕輪城祭り』が開 催された。富岡賢治高崎市長が長野業政役であった。小渕優子 議員も来られていた。その他多くの来賓がお見えになられた。 今回の攻防戦=長野業政VS武田信玄の板鼻の戦いでも須藤さん たちの殺陣が光っていた。★戦いながらビデオを撮っていたので、 写真はあまりない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/28 08:31
箕輪初心:生方▲2015高崎『石碑之路万葉歌碑』B山名城2回目
山上の碑入り口から高崎自然歩道=万葉歌碑石碑之路を行く。100m 〜200m程の間隔で万葉歌碑があり、それをを読みながら登ること10 分〜15分。やがて、寺尾下城:山名城の大手口に到着する。寺尾下 城は山名八幡宮の社伝説明には山名義範が築城したことになってい る。しかし、個人的には、寺尾下城は南北朝時代の山名時氏の築城で はないかと思っている。戦国時代には山名城として木部範虎が修築し た可能性が高い。木部範虎が武田信玄に備え修築工事をしたか、武田 信玄の家臣:甘利昌忠のアドバイス・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/24 08:28
箕輪初心:生方★2015高崎『山名義範』に関わる疑問点&久保田順一先生・山本隆志先生の研究
★山名義範は現高崎市山名町にいたが、源頼朝の挙兵で真っ先に 配下になり、鎌倉時代に重用され、山名氏は重要ポストに就いて いた。山名義範に関して疑問点や諸説がある。@山名義範は 新田義重の3男が有力説であるが、矢田義清の子で猶子では・・。 A山名氏館は光臺寺と言われているが、木部堀の内では?・・・ B山名義範が山名城(寺尾下城)を築いたと言われているが、 山名時氏では?・・・C社伝によれば、山名八幡宮は安元年中 (1175〜77)豊前国(大分県)の宇佐八幡宮を勧請して社殿を造 営し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 04:32
箕輪初心:生方■2015高崎:再現劇『第10回王の儀式』2015年編
★今から約1500年前の古墳時代5世紀後半、榛名山東南麓の一 帯は有力な王によって開発がなされ、治められていました。王の館 『三ツ寺T遺跡』の発掘調査では、当時の王の力を示す建物や品 物が、数多く発見されています。また、王が埋葬された墓「保渡田八 幡塚古墳」には、50数体もの人物や動物の埴輪が、何らかのシー ンを表した状態で並べられました。「王の儀式」は、これらの豊富 な考古学資料を読み解いた研究成果をベースとしており、登場人物 の衣装や道具、舞台等についても、実物に基づいて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/20 06:16
箕輪初心:生方★2015高崎【♯高橋貞春Cla.演奏会in倉渕】&倉渕の史跡
★平成25年10月18日(土)は、高崎の倉渕のまゆう山荘で、私 の高校時代の音楽師匠の無料演奏会があった。もちろん、今年も 行った。6年連続である。高橋貞春先生は幼少時代は高崎市箕郷 町富岡→高崎市群馬町に住んでいた。先生の演奏は相変わらず、 編曲に面白さがあり、曲想が変奏曲になっていたりとバリエーショ ンに富んでいる。演奏会の後は「はまゆう山荘」に泊まった。高橋 先生がウィーンであったのは住谷悦治先生の子ども:立教大学 名誉教授の住谷一彦先生だった。いきなり、ウィーンであって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 08:32
箕輪初心:生方▲高崎『20151015山名八幡宮の礼大祭
山名義範は源氏の祈願所:古山名八幡宮(堀の内)を創建した。 後、現山名八幡宮に移動したと思われる。20151015~1017の 3日間、行われている。山名八幡宮で礼大祭が行われた。 10月15日に、@神馬奉納、A阿久津の獅子舞、B御神輿 行列を見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/18 10:17
箕輪初心:生方▲西伊豆G『長浜城1回目の復元前』
長浜城は沼津市内浦長浜にある。沼津の漁港前から〜獅子浜城 前〜長浜城は三津浜のマリンパークから約1kmの所にある。伊豆 半島の西の付け根:駿河湾の最奥部に当たる。長浜城は入り組ん だ海岸線の内浦湾に付き出した岬の先端に築城されているのだ。 大瀬崎ダイビング・城めぐりでは、往復40回以上も通っている。 しかし、長浜城に登城できたのはわずかに3回である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/16 06:31
箕輪初心:生方▲西伊豆F『三津浜』クルージング&三津城主:松下氏
三津浜クルージングは富士山がきれいに見えるので、結構いい。 西伊豆の三津浜も大瀬崎ダイビングでは通過してしまう場所で ある。沼津城・獅子浜城を越えて南下すると三津浜に出る。付 近には重寺砦・小城山城=三津浜城・三津浜新城・発端丈山砦 などがある。しかし眺めているだけで、城には行ってはいない。 どこが城砦か特定できていないのだ。でも、いつか行ってみよう。 内浦湾の対岸、南西1.3kmの位置には長浜城がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/15 07:30
箕輪初心:生方▲西伊豆D『沼津港口公園:本居長世の碑』〜沼津御用邸〜
沼津港飲食街で地元の新鮮な地魚を使った美味しい海鮮料理を 食べた後は、沼津【の】の字コースを行き、沼津を南下する。 沼津の港口公園には本居長世の碑がある。若山牧水の記 念館〜千本松原公園・・・沼津御用邸の散策へと繋がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/13 08:01
箕輪初心:生方★西伊豆B【若山牧水と沼津千本松原】
『幾山河越え去り行けば わびしさの果てなん国に今日も旅行く』 と、母が若山牧水の短歌を教えてくれた。俺って牧水ファンなのだ。 @第1の故郷は生まれ故郷:現宮崎県延岡市である。@第2の故郷 は東京、B第3の故郷は沼津(大正9年(1997)〜東京から沼津に自 宅を移した後、そして大好きな土肥、さらに、C第4の故郷とも言 えるのが群馬であろう。群馬の利根か吾妻であろう。群馬に3度、 来訪した。昭和3年(1928) 沼津の千本松原の自宅で死去した。享 年43歳。若山牧水は生涯で短歌を中心に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/11 06:19
箕輪初心:生方●西伊豆A「三枚橋城→沼津城」:武田信玄も侵攻した城
★沼津は30回以上は通っている。三枚橋城は現在の沼津駅南部にあ る。南東部は狩野川に面している。本丸を二の丸、三の丸、外郭が 同心円上に囲む構造になっていた。今回は大手町という地名と本丸 跡は中央公園という情報を観光案内所で入手したので探し回った。 やっと中央公園で「沼津城本丸址」の碑を見つけた時はほっとした。 現在、当時の姿を偲ばせるものはほとんどないようである。 よくここまで完璧に破壊した?破壊されたものだとビックリした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 18:44
箕輪初心:生方▲箕輪城174・井伊直政18『箕輪城→高崎城」復刻版
戦国時代、西上州の城の中心は箕輪城であった。天正18年(1590) 8月上旬に箕輪城に入城した。慶長2年(1597)おそらくは4月か5月、 ※徳川家康は、豊臣秀吉が死ぬを察知すると、軍事上、街道の整備 を井伊直政に命じ、北関東の守備を固めようとした。箕輪城には8年 いた。高崎城の築城を開始した。慶長3年(1598)10月高崎城が完 成した。「井伊直政」は本拠を箕輪城→高崎城に移した。しかし、 井伊直政は慶長3年(1598)8月16日 豊臣秀吉が死直後〜慶長 5年(1600)2月まで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/09 12:49
箕輪初心:生方▲箕輪城173【後北条氏の西上州支配VS真田昌幸】
★北条氏邦は真田昌幸に対抗しうる人物であ った。北条氏邦はbRの実力者:富永一族の富永能登守助盛→猪俣 邦憲ような家臣を持っていた。しかし、猪俣邦憲は名胡桃事件を起こし、 後北条一族の滅亡のきっかけを作ってしまった。箕輪城代関係者として 多米周防守元忠→多米出羽守平長定や垪和伊予守氏続→垪和伯耆 守康忠→垪和信濃守もいる。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/08 07:04
箕輪初心:生方▲箕輪城172峰岸純夫説を加味した『武田信玄の西上州侵攻&箕輪城落城』
★武田信玄は西上州の侵攻し、攻略までに9年もかかった。一応、 10回の侵攻にまとめてみた。★中世の合戦と城郭:高崎市立六 郷小学校出身の峰岸純夫先生のサイン入りの本を参考にして、 以前書いた「武田信玄の西上州侵攻」をベースに加筆してみた。 赤字が峰岸純夫説である。ちなみに峰岸先生は永禄4年〜永禄9 年までを中之条の唐沢定市先生・山梨の柴辻俊一先生、群馬県史 をベースに書かれている。榛名町誌&高崎市史編纂の久保田順一 先生の記述に合致している古文書資料も多い。★峰岸先生は客分高家:石... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/07 08:04
箕輪初心:生方▲箕輪城170【黒田基樹説を加味した長野氏の系譜】
長野業正の生誕説は@延徳2年(1490)説、A延徳3年(1491)説、B 明応8年(1499)説、永正10年(1510)説の4説がある。また、長野 業正の父親説が、江戸時代に書かれた系図によって、@長野憲業説、 A長野信業(憲業弟説)、また、B長野憲業=長野信業説、C長野 賢忠説がある。つまり長野賢忠の弟である長野方業=長野業政説 (飯森康広説)、、D長野憲業の養子:長野方業説がある。つまり、 方業の子どもが長野業正であるとする説(黒田基樹説)である。 黒田基樹説の新説の特徴は@松... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/02 09:18
箕輪初心:生方▲2015高崎【倉賀野の歴史&倉賀野一族】
倉賀野は、古墳時代には東日本bRの浅間山古墳が造られた。鎌倉 時代からは倉賀野氏が土着し、倉賀野を発展させた。江戸時代には 倉賀野宿・倉賀野河岸として、繁栄した。※「木曽路街道六十九次 :倉賀野宿烏川図」渓斎英泉作が有名である。   @バックは赤城山。 A堀割で遊ぶ子ども B皿洗いをする下女 C川面を見ている飯盛女:女郎=遊女 D高崎城下で組まれた筏 E浅い川でも進める高瀬舟 F牛馬に乗せられてきた米俵を積む船 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/01 09:10
箕輪初心:生方★2015年高崎「山名の歴史&木部一族」
山名氏の居館は光臺院と多くのHpにあるが、実は山名町堀の内である。 という説も最近の有力説である。古山名八幡宮が堀の内にあったと いうことを根拠にしている。また、木部氏の居館は心洞寺と多くのHpに あるが、実はこれも山名町堀の内である。 木部範虎は、箕輪城主:長野業政の娘(4女)を娶り、長野業政の同心 になった。しかし、武田信玄の猛攻から逃亡し、一時は長野氏の復興を 願った。しかし、永禄3年には武田信玄家臣として箕輪城を攻撃→最後 は天目山で自刃した。嫡男:木部高成は北条家臣→滝川... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/09/30 10:00
箕輪初心:生方▲2015高崎【旧高崎の歴史C和田一族の歴史復刻版】
平安時代、高崎は赤坂の庄と呼ばれていた。鎌倉時代、和田氏が現高 崎市箕郷町和田山から、赤坂に移り住んだ。その後、和田城を築城し た。戦国時代、有力大名のいなかった上州では近隣の3大勢力:上杉 ・武田・北条による争奪戦が繰り広げられ、中でも前橋・高崎・沼田付 近はこの三大勢力の抗争の中心地だった。関東管領上杉憲実に属し ていた和田氏は、はじめは上杉謙信、その後は武田信玄に従った。 武田家滅亡後は織田信長の家臣:滝川一益に属したが、滝川一益が 上州を去った後は後北条氏に属し、北条氏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/29 08:35
箕輪初心:生方▲2015高崎【旧高崎の歴史B中世前期:新田氏&鎌倉街道】
私の中では旧高崎市の中世前期(平安末期〜鎌倉時代)、@新田義重、 A鎌倉街道が気になる。このを追ってみようと思う。高崎の写真は平成27年 (2015)3月27日以前の写真が全て消滅した。写真は添付今のところ、2枚 しかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/28 08:33
箕輪初心:生方▲箕輪城168【秋本太郎先生講演会】20150912『そうだ!箕輪城をもっと知ろう』
※山口薫画伯は箕輪小学校→高崎中学校に行くのに毎回、箕輪城大手口 &丸戸張の横を通って学校に通った。丸戸張の短歌も残している。今回は 箕輪城発掘調査に携わり、さらに城門の復元作業を推進されている高崎 市文化財保護課主任:秋本太郎先生の講演会の内容を書かせていただく ことにする。しまった。今回は掲載許可を得ていなかった。秋本先生、 ありがとうございました。●印が秋本先生の提示された史料である。 青色が新情報である。@長尾忠景の書状、A長野方業の養子説(黒田)な どが面白かった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/15 07:16
箕輪初心:生方★2015高崎【山口薫の生涯:復刻版】
★山口薫は高崎市箕郷町金敷平出身の洋画家である。山口薫画 伯の生家&墓は、『車持の君の善地地区』&箕輪城・箕輪小学校 の間にある。山口薫画伯は子どもの頃から絵に優れた才能があっ た。山口薫の身内に画家がいた。育った箕輪・環境が題材にあっ た。今回は高崎中学時代の絵&京都何必館の絵などに視点を当 ててみようと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/13 07:48
箕輪初心:生方▲2015高崎『車持神社』&車持与志古娘の子:藤原不比等?
村一番の歴史教養人・佐久出身の箕輪城城番→高崎根小屋城城主 の子孫友達のHT君が「藤原不比等の母は車持君だった。」と教えて くれた。Hしゃんの話がきっかけで『車持の君』・『娘:車持与志古娘 (くるまもちのよしこのいらつめ) 』・『息子:藤原不比等』などについて 調べてみた。車持与志古娘の子:藤原不比等はどこで生まれたので あろうか?相手は誰だったのだろうか?@孝徳天皇説、A天智天皇 説、B藤原鎌足説があるが・・・。また、車持塚古墳の掲載は私だけ である。福島さん、案内ありがどうござ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/12 06:16
箕輪初心:生方▲群馬『豊城入彦命の子孫:上毛野氏の歴史』
東国へ移った近江毛野氏は荒河刀辧―豊城入彦命と『日本書紀』に 出てくる 系譜は次のようになる。豊城入彦命→八綱田命→彦狭島命 →御諸別命→大荒田別命→上毛野君→(分家の車持の君)・・・となる。 @太田天神山古墳を中心に上毛野久比の子孫系、A前橋大室古墳を 中心に上毛野小熊の子孫系がその地域を支配した。上毛野氏族は朝 鮮外交で活躍した。(★『日本書紀』)上毛野氏はヤマト王権の一員とし て外征に度々参加した。(★ウィキペディア)軍編成には上毛野全域に 及ぶ支配権があった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 09:30
箕輪初心:生方▲埼玉深谷:源頼朝44『岡部六弥太忠澄&平忠度』
★猪俣党:岡部六弥太忠澄の館は埼玉県深谷市普済寺であった。 普済寺=岡部氏館&部忠澄の墓の訪問は4回目である。今回は 群馬歴史散歩の会にお世話になった。ありがとうございました。 平安末期、岡部六弥太忠澄は源平合戦で活躍した。特に有名なの は、岡部忠澄が一ノ谷合戦で平家の大将:薩摩守平忠度を討ち取 ったことである。今回は平家物語に出て来る『平忠度の最後』を 古典文学全集を元に記載する。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/06 06:12
箕輪初心:生方▲深谷3偉人C『渋沢栄一の旧煉瓦製造施設@史料館・A変電所・Bホフマン6号窯』
『群馬歴史散歩の会』で渋沢栄一・尾高惇忠・韮崎直次郎をめぐる 旅に参加した。鹿島神社→尾高惇忠生家→渋沢栄一記念館→渋沢 栄一生家:中の家+昼食、そして、『渋沢栄一の誠之堂』→『旧 煉瓦製造施設@史料館・A変電所・Bホフマン6号窯』→『深 谷駅』であった。旧煉瓦製造施設渋沢栄一が明治20 年に申請し、21年に作った煉瓦会社である。東京駅の赤レン ガや横浜の赤レンガが有名である。群馬でも碓氷峠の眼鏡橋 伊勢崎の火の見、桐生の織物工場に使われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/05 06:42
箕輪初心:生方▲深谷3偉人B『渋沢栄一の住んだ誠之堂&佐々木勇之助の青風亭』
『群馬歴史散歩の会』で渋沢栄一・尾高惇忠・韮崎直次郎をめぐる 旅に参加した。鹿島神社→尾高惇忠生家→渋沢栄一記念館→渋沢 栄一生家:中の家+青淵亭での昼食「煮ぼうとう定食」、そして、 『渋沢栄一の誠之堂&清風邸』→『旧煉瓦製造施設@史料館・A変電所 ・Bホフマン6号窯』→『深谷駅』 であった。『群馬歴史散歩の会』の方々、解説員 の方々、大変お世話になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 07:43
箕輪初心:生方▲埼玉『渋沢栄一:記念館&中の家』
『群馬歴史散歩の会』で渋沢栄一・尾高惇忠・韮崎直次郎をめぐる 旅に参加した。未だに渋沢栄一・尾高惇忠・韮崎直次郎の深谷の3 偉人の家+横須賀造船所は世界遺産にならなかったのだろうか? と説明を聞けば聞くほど、さらに強く思ってしまう。田島弥平さん 家だって、車で5〜10分程、・・・3偉人のお蔭で富岡製糸場が できたと言っても過言ではないのに。それでいて、最近の「明治日 本の産業革命遺産」では日本各地に及ぶ。変だ。薩長史観のため、 薩長が中心のような感じがしてならないのである。 解説... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/03 08:11
箕輪初心:生方▲『深谷の3偉人を訪ねて』@鹿島神社&尾高惇忠
『群馬歴史散歩の会』で「渋沢栄一・尾高惇忠・韮崎直次郎をめぐる 旅に参加した。未だに渋沢栄一・尾高惇忠・韮崎直次郎の深谷の3 偉人の家+横須賀造船所は世界遺産にならなかったのだろうか? と説明を聞けば聞くほど、さらに強く思ってしまう。田島弥平さん 家だって、車で5〜10分程、・・・3偉人のお蔭で富岡製糸場が できたと言っても過言ではないのに。それでいて、最近の「明治日 本の産業革命遺産」では日本各地に及ぶ。変だ。薩長史観のため、 薩長が中心のような感じがしてならないのである。 解... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/02 06:50
箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城M【加納矢崎城】&『清水一族の出自諸説と活躍』
第14弾は南伊豆町の下賀茂の加納城=矢崎城である。加納矢崎は 後北条家家臣:清水太郎左衛門代々の本貫地である。加納矢崎城城 は清水上野介康英に代表される清水氏一族の平山城である。地主さ んは「スズメバチがいるので、私の庭からだけにしてください。危険で す。」と親切に忠告してくださった。初代:清水定吉=盛吉をいう人物 の出自の諸説→2代目:清水綱吉と北条氏の関係→3代目:北条氏 bSの清水太郎左衛門(上野介)康英活躍→4代目:清水政勝=正 次について下田城・白水城に続き、さらに加筆し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 08:00
箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城L南伊豆町:白水城:清水一族詳細
白水城は、伊豆半島の南端の石廊崎の東に張り出した鷲ヶ岬付け根の 山上に築かれた城である。白水城のある半島と石廊崎のある半島の細 長い入江に石廊崎漁港がある。切り立った半島に挟まれ、水軍の基地 ろ隠す形となっている。自然の要塞と北条の水軍の良港として初期段 階は大いに機能していたことが理解できる。大砲を積んだ大型の安宅 船の時代には清水康秀の下田城を守る清水一族の水軍の基地として 機能したのであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/31 07:19

トップへ | みんなの「戦国武将&偉人」ブログ

城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行 戦国武将&偉人のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる