城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲20180402『川場⇒▲武尊山標高2158.3m』&スキー15『川場』

<<   作成日時 : 2018/04/05 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

30数年?10年程前、今回と3回目の▲武尊山登山であろうか?
川場スキーで6回ともクリスタル降り場からの登山客を見た。
中ちゃんは厳冬期に登ったと言っていた。生田さんも夏場この
下の高手から登っていた。太田・桐生のスキーと山の無線の会
の登山リーダー:生田さんが武尊山に行くメンバーを募集した。
「3月の最盛期には登山客は1日、100人以上、3月25日
(日)は50人以上で、3月29日(木)には18人だった。
まだまだ行ける。」という情報を得た。平成30年(2018)4月
2日、生田さんと2人で、川場スキー場から▲武尊山に登るこ
とになった。スキー板で行くというので、帰りにスキーをしよ
うと考えた。実際は、高所恐怖症の私には剣ヶ峰山のやせ尾根
と前後の急登が恐かった。「不帰の剣」と同じ恐怖感だった。
無事でよかったです。生田さん、ありがとうございました。
画像





箕輪初心:生方▲山ブログ一覧(海外の山10&日本の山約200掲載)
http://53922401.at.webry.info/201608/article_20.html
★2016年

箕輪初心:生方▲「山の日」&百名山74+二百名山14+三百名山11
http://53922401.at.webry.info/201608/article_19.html
★2016年



【1】川場⇒▲武尊山⇒2018年度スキー【群馬川場】

06:50家を出発。・・・
   子持村・沼田で通勤ラッシュになった。
   平日だったので、いつもより20分余分にかかった。
   川場の気温は最低5℃、最高20℃ 晴れとあった。

08:40 川場スキー場着・・・駐車場ががらがらだった。
 生田さんと合流。
  我々以外、登山客はいなそうである。
生田さんは登山届けを書いてきていたが、
  新しく書き直しをさせられた。
画像

 リフト券購入時に登山届の提出が義務付けられている。
 用紙はチケット売り場の奧のカウンターにもある。

  回数券にした。
  回数券2回分を買った。
リフト券は1回500円。2回乗るので片道1000円。
  帰りはスキーで下ってくる予定である。
画像
 
  「登山届提出済証」が発行される。
  下山後にはリフト券売り場でこの証明書を返却し、
 名前・人数確認をして下山報告&500円のデポジットの返却と
 なる。

09:00 川場スキー場の第一?リフト乗り場から。
スキーの支度で・・・登山靴を6本刃アイゼンを持って。
  12本刃アイゼンは車に置いてきた。
  下はパンツ・ズボン下・スウェット・スキーズボン
  上はユニクロハイネック、スキーシャツ、チョッキ
  スキー用の目だけ空いている丸帽子と開閉サングラス・・・
リュックの中には、春用ジャンバー、長袖厚手のシャツ
画像

 「前は高手から登ったんだよ。」
 と、生田さんが言った。


▲左手に登山靴・ストック、右手にデジカメをもって
 背中にリュックを背負って・・・滑っていく。

 
クリスタル乗り場からリフト2回目を乗り継いだ。
トップの場所から始まる。
画像

★原大智選手のホームゲレンデだ。
 滑りてえな。 


 尾根まで一気に上がって行く。
 周囲の山々が少しガスっていた。
 武尊の山頂は雲がかかっていた
 今日は景色が悪かった。
画像



09:25 クリスタル降り場
画像

  スキー靴ををアイゼンを装着した登山靴に履き替えた。
  ゴーグルも置いていくことにした。
  スキー板も雪に指した。
画像

  
09:50  登山開始
▲標高1850m〜1900m程?
画像

標高30m程の急登・・・
  クラック=雪割れがある。
 「近いうち、崩れるかもしれないね。」
画像
 
 登山道も見えている所があった。

  標高50m程の急登かあ。
6本刃アイゼンなので、つま先とかかとには刃がない。
  足跡につま先を突き刺すようにして、一歩一歩登る。
生田さんは12本刃なので、そのまま登って行くが
  私は歩き方を変えなければならないのだ。

  思い出した。「尾瀬の景鶴山以来のアイゼンだった。」
  
  最初の斜面を登りきると
 切り立った崖の上はなだらかになっていた。
画像


  剣ヶ峰山が見え始めた。
画像

 トレースもついていて歩き易い。

トラバースの跡がついている。
 「無謀なことをする人がいるものですね。」
 と話す。
 山頂付近にはばっくり口を開けた大きなクラックがある。 
 スタートから30分。

 ▲剣ヶ峰山の山頂へ。
画像

 生田さんが狭いやせ尾根で写真を撮っている。
剣ヶ峰山の山頂到着。
 尖がったピークである。
 「360度の絶景だよ。ガスっていて残念だけど・・・。」
 私は高所恐怖症なので、膝をついて待つ。
画像

 痩せ尾根をこわごわと歩いて行く。
 両端を見ないようにして、・・・

 西側には谷川岳、白毛門、朝日岳、巻機山などが見えた。

剣ヶ峰山からの下りは要注意場所だった。
 私はビビった。
 かなり角度のある斜面を下りていく。
 岩の間から、アイスバーンが見える。
 危険だ。
誤って滑落したら死ぬだろう。
 「こええ、こええ。」
 ゆっくり、ゆっくり、・・・
 ストック2本は左手に持ち、慎重に下りていく。

雪道に出ると、少しほっとした。

振りかえると、
画像

 剣ヶ峰のあとは尾根道を下る。
 
そして、その先の視線に見えたのは、中央の一番高いピークが
 最高峰の沖武尊・・・。武尊山の山頂まで続く尾根道。
 ★あんなに下ってから登るのか? オレンジの服の人が
 先に登っていた。
画像


 
鞍部に出た。
 2人組にご夫婦に追いついた。
 「檀那さんはアイゼンを落として、剣ヶ峰に探しに行ってきました。」
 とおっしゃった。

 武尊山への緩やかな登が続く。
画像

 小高い斜面を先に登り切った。
 振り返ると剣ヶ峰山のやせ尾根状態がくっきりと見えた。
 ★帰りもあそこに登るのかと思うと暗い気持ちになった。
僕は振り返るのを我慢してゆっくり登っていた。

時折、ひび割れたクラックが口を開けている。
 近づかないように気を使った。
「トレースを外さなければそれほど危険ではないよ。」
と生田さんがアドバイスするが、それでも、危ないと感じる
所があった。
 最後は急な登りが続いた。
 我々は無事に山頂に着けた。

12:10 ▲武尊山山頂到着
2時間20分のゆったり登山であった。
 山頂は雪などはなかった。
 風が冷たかった。
 先ほどのご夫婦は食事をしていた。 

動画を撮った。
画像

 生田さんが「宝台樹からも、川場の奧の峠近くからも
  川場高手から登ったこともあるよ。
 私は「私も峠の所から登りました。・・・36年前だった
  と思います。15年程前、武尊牧場から登った時はシール
  を貼って途中まで行きました。帰り、水芭蕉を見に行って
 遭難しかけました。」
・360度の山の様子の銅板
画像


・1等▲点
画像


 「三鷹から来ています。今日は水上に泊まって、明日は谷川岳に
  登ります。」
 と言った。
 生田さんは湯を沸かして、ラーメンを食べる間、そのご夫婦と
 話していた。
 私はおにぎり2個とざる蕎麦である。
 寒くなったので、シャツとジャンバーを着た。

 食べ終わった頃、若者は単独で登ってきた。
 「菅平で働いているそうである。」

次第に曇りから晴れに変わって行った。
 武尊山山頂から谷川岳も薄ぼんやり見えた。
 一ノ倉沢の岩壁だけ黒々としていた。
北側には笠ヶ岳、至仏山、燧ケ岳など尾瀬の山、
 そして、日光の山も見渡せた。
 尾瀬戸倉スキー場も見えた。
 山頂からの稜線次のピークでもある中ノ岳・前武尊が見えた。
 武尊山の山名の由来は「ヤマトタケル」である。
 碓氷峠にも、草津温泉にも伝説が残ってる。
 南の眼下にはスノボーで滑った跡が見えた。
 剣ヶ峰の眺望は凄すぎて、帰りが恐すぎる。

景色をちょっと堪能した。
 手袋を外していたので、手が寒くなってきた。
 毛糸の手袋を2枚重ねにした。
 スキー用のグローブをするほどではなかった。
念のために動画を撮った。



12:45 ▼下山開始。
「また違う季節に登りに来ましょう。」
「私は恐くてだめです。」
「八方の唐松岳にしましょうか?
 まきはたの山スキーにしますか?」
「いいですね。」
と答えた。
画像

登り返しは嫌だなあ?



直ぐの場所では無理に小走りにスキー気分で、登山靴を滑らせ
ながら下った。
★気持ちよかった。
画像

でも、6本刃なので、急すぎる場所がかかとを刺すようにしながら、
下った。
★登り下りのテクニックである。
時々、生田さんの片足は雪に30cm〜50cm程潜った。
私は後ろについているので、雪が抜けることはなかった。
帰りは常に剣ヶ峰山のピークを見ながら帰る。
「ここからの景色が最高だね。」
と生田さんがいう。
確かに勇姿が素晴らしい?見るだけだったら

昨日までたくさん登ったはずの登山者が登ってこない。
今日は登山者は5名かなあ?

鞍部にでた。
「呼吸を整えましょう。」
生田さんは剣ヶ峰の山容を最後まで堪能しながら歩く。
「トラバースしたら、雪崩になるかもしれないね。
 トラバースしたくなるんだろうね。リスクが大きすぎますよね。」
画像

「 剣ヶ峰山のクラック直下に雪洞が掘った人はいるんだって。
  雪洞が雪崩を起こす危険な状態になると書いてあったよ。
 あれかな?」
「あんな所でビバークしたの???
   危険なんてもんじゃないですよね。」

・雪解けで土が露出している場所=ちょっと難所
画像



・剱ヶ峰下の帰りの難所。
「帰りのハイライトですね。」
来るときに降りてきたあの急斜面を今度は登り返す。
★「恐いなあ。嫌だなあ。」
画像

ストックを片手に持ちながら、
生田さんが
「3点支持しながら、1ッ歩1歩行きましょう。」
とアドバイスしてくださる。
登りなので大丈夫だった。

剣ヶ峰の難所を登りきった。
▲剣ヶ峰山
 生田さんは平気でやせ尾根の山頂に立って、堪能している。
私は手前で、腰を低くしながら
「恐いので、一気に通り抜けます。」
と言った。
画像

早足でやせ尾根を早足で通り抜けた。

剣ヶ峰山ピークの真下。
来る時に確認したクラック:割れ目を遠巻きに下った。

なだらかな斜面につく頃には廻りの太陽が顔を出していた。
画像


最後の急降下・・・
「転んで生田さんを巻き込まないように、間をあけますね。」

雪の割れ目を遠巻きに歩いた。


14:00 無事にスタート地点のリフト降り場に戻ってきた。

「生田さん、ありがとうございました。」
とお礼を言った。
武尊山もちらっと見えている。
「お疲れ様。」と言っているようだった。


画像



登山靴からスキー靴に履き替え、滑って下る。



生田さんは荷物が多いので、リュックに振られながら
下っていく。

生田さんと別れ、2本余分に滑ることにした。

スキーコーナー

武尊登山を振り返って〜〜〜〜〜

スキーコーナー


15:30 川場

17:00 家




【上州武尊山への雪の山行データ】
1)日程    : 平成28年(2018)4月2日(日帰り)
2)参加者   : 2人(生田・生方)
3)主なピーク : 剣ヶ峰山 2,020m 武尊山 2,158m
4)往復の道のり: 約4.8.km
5)コースタイム:
川場スキー場リフト@⇒スキー⇒リフトA
クリスタルリフト降り場:09:50発⇒登り⇒10:10剣ヶ峰山(西武尊)
2020m:10:15⇒下り⇒鞍部⇒登り⇒▲12:10武尊山(沖武尊)2158.3m
[昼食 30分]:12:45⇒剣ヶ峰山(西武尊)⇒14:00クリスタル降り場
⇒スキーで下山⇒500円返却14:30
5)山行時間  :4時間10分+(リフト登り+スキー下り約1時間)
6)スキー2本分:30分


●2018年今シーズンのスキー********************
箕輪初心:生方▲2018スキーg@シーズン初『苗場』&酒・リンゴ購入
http://53922401.at.webry.info/201801/article_2.html

箕輪初心:生方▲2018スキーA群馬『川場』&「永井酒造」&「美味軒」
http://53922401.at.webry.info/201801/article_29.html

箕輪初心:生方▲2018スキーbR【軽井沢スキー:1月の2回目の休日】
http://53922401.at.webry.info/201802/article_2.html

箕輪初心:生方▲2018年スキーbS『佐久PARADA』
&『安養寺味噌とんかつ』
http://53922401.at.webry.info/201802/article_13.html

箕輪初心:生方▲2018スキーbT群馬『川場』&「購入した眼鏡使用」
http://53922401.at.webry.info/201802/article_16.html

箕輪初心:生方▲2018スキーbU「群馬:岩鞍全コース案内動画
&老神温泉:東明館」
http://53922401.at.webry.info/201803/article_5.html

箕輪初心:生方▲2018スキーbV『草津コース動画&昼食:月乃井
&温泉:山本館』
http://53922401.at.webry.info/201803/article_7.html

箕輪初心:生方▲2018スキーbW群馬『川場4回目』&沼田「美味軒3回目」
http://53922401.at.webry.info/201803/article_16.html

箕輪初心:生方▲2018スキーbX『苗場』&湯宿温泉「金田屋」
http://53922401.at.webry.info/201803/article_20.html

箕輪初心:生方▲2018スキー10群馬『川場5回目』&沼田「くれそん」
&昭和の湯
http://53922401.at.webry.info/201803/article_21.html

箕輪初心:生方◆2018スキー11【新潟:神立スキー場】
&『群馬温泉:やすらぎの湯』
http://53922401.at.webry.info/201803/article_29.html

箕輪初心:生方▲2018スキー12『川場6回目』&白沢望郷の湯&阿曽城
http://53922401.at.webry.info/201803/article_30.html

箕輪初心:生方◆2018スキー13【群馬:鹿沢】&「鹿沢温泉:紅葉館」
http://53922401.at.webry.info/201804/article_3.html

箕輪初心:生方◆罠にかかった猪&2018スキー14【パルコール嬬恋】
&「中居屋重兵衛」
http://53922401.at.webry.info/201804/article_4.html



▲▲海外旅行編〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆自己紹介スキー編=自慢話
http://53922401.at.webry.info/201101/article_37.html

箕輪初心◆海外スキー編@【スイス:ツェルマット】
http://53922401.at.webry.info/201101/article_38.html

箕輪初心◆海外スキー編A 【フランス:シャモニー】
http://53922401.at.webry.info/201101/article_39.html

箕輪初心◆海外スキー編B【オーストリア:インスブルック】
http://53922401.at.webry.info/201101/article_40.html

箕輪初心◆海外スキー編Cイタリア【セラロンダ&コルチナ】
http://53922401.at.webry.info/201102/article_1.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲2017スキー10【川場】&『桜川温泉』&「沼田城」
http://53922401.at.webry.info/201703/article_9.html

箕輪初心◆群馬『法師温泉』&川場グルメ&川場吉祥寺
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201306/article_27.html



★明日は?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲20180402『川場⇒▲武尊山標高2158.3m』&スキー15『川場』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる