城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政99「第39話:虎松の野望」&【引馬城・浜松城】

<<   作成日時 : 2017/10/05 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

@起…虎松と亥之助は井伊家の一族と新野の屋敷に集った。
A承…井伊谷は5年前とすっかり変わっていた。
B転…松下虎松と亥之助は徳川に仕官した。井伊万千代となった。
C結…「草履番」が仕事になった。
◆ゆかりの地…「引馬城」と「浜松城」
画像






【1】「第39話:虎松の野望」のあらすじ
「松下虎松にございます。」
◆回想…子どもの頃の虎松
直虎は虎松の姿を見た
直虎は、懐かしい?感慨深い?・・・複雑な気持ちであった
◆回想…「井伊の虎松にございまする。」
虎松は、松下家に行ったことを今も不満に思っているのか?
虎松「お元気そうでなによりです。おとわ様?」

◆ナレーター
「井伊家がつぶれて、6年、・・・・」
「天正2年12月14日、井伊直親の13回忌の法要が行われた。
 忘れ形見虎松は松下家の養子・・・」

法事のシーン・・・
★位牌がある。


◆回想…直親の馬のシーン
◆ナレーター
「虎松は15の春を迎えようとしていた。」

●井伊谷龍たん寺の位牌と井伊直親像
画像

画像




〜〜〜ミュージック〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●新野の屋敷
中野直久は虎松に挑んでいったが、腕を捕られてしまった。
奥山「虎松殿は武芸自慢になられたか?」
虎松「松下家には武芸自慢の方がお見えになるので、・・・」
直久「もう一度、・・・」
簡単にやられてしまう。

祐椿尼「そういえば、直親も前髪を落とさず、やってきましたね。」

しの「お仕えすれば、松下家の末も安泰・・・相応しい人に烏帽子
   親になっていたがだくのがいいと自ら言い出しまして、・・」
祐椿尼「そうですか?」
直虎「之の字に、ついていってもらえば、・・・」
虎松「おとわ様、我らはいくつだと思われますか?心配ご無用で
   ございますよ。」
「そうか?そうじゃな? 」
「では。」
と頭を下げる。

虎松と亥之助が出て行った。

しの「どことのう、直親様に似ております。」
直虎「笛も続けておるのか?」
しの「笛も嗜みますが。絵の方がじょうずでしょうかねえ。」
「絵?」
・・・・・
「亥之助も玄蕃によう似ておる。」
なつ「おとわ様、2人が無事、仕官しましたら、髪を下ろそうかと
  思います。」
直虎「よいのか?」
  「2人の菩提を弔って、・・・本望でございます。」

●井伊谷
収穫を迎えていた。
「ほうう。」
虎松と亥之助が見下ろす。
直久が案内する。

●村の集会所
女達は糸を紡いでいる。

直久「武田に焼かれた折、ならば一層と造り替えたのです。」
うんうんと納得する。
直久「さあ。」
直久「この集会所では手習いも受けられるようにしてあります。
   具合が悪くなれば、寺から薬も貰えます。・・・」
 
木綿の綿の集積場にいった。
虎松は「近藤殿は優れた武将であるのかなあ?」
直久「誠のところ、ことを進めて行ったのはおとわ様のなのです。
   近藤様と供にというか、操るというか?」

虎松と亥之助は、井伊谷を見てまわると5年前と見違える姿に
なっていた。

◆回想…
直虎「水堀を造るには確かに銭ががかかってしまいます。しかし、
   一度造ってしまえば、水の心配は無くなります。回り廻って、
   近藤様のお年貢に帰ってくるのです。どうか、10年後、
   20年後のこの地のことをお考えくださいまえ。・・・」
と近藤に説明する。
近藤が神妙に意見を聞いている。
・・・直久が虎松に説明する。

虎松は近藤康用ではなく直虎であることに怒って、鬼の形相に
なった。
★赤鬼の井伊直政の短気を今から演出していこうというキャス
 ティングであろう。
「自分には、やめよというたくせに・・・」
直久はびっくりした。
亥之助「時折、ああなるのじゃ。気にせんでくれ。」
と直久を起こす。

●新野の屋敷
刺繍の話で盛り上がっている。
あやめは上達したのだ。

直虎「しの殿、徳川様にお目見えの時に着る服を作ったのか?」
「決まれば、考えておりますが・・・」
「もし、よければであるが、我らがしたてようか?」
「よろしいのですか?お手数では?」
「・・・世話になってばかりじゃし、出来ることがあるなら
  手伝いところじゃ。」
祐椿尼「むしら、やらせて貰いたいです。こちらは・・」
しのは「はあ・・」と喜ぶ。

虎松が帰って来た。
「殿、」
「もう、殿ではないが、・・」
「いえ、あえてそう呼ばせていただきます。」
「うん、そうか。」
「虎松は里を見、感嘆いたしました。これほどまでに民・百姓が
 生き生きしている里はそうございません。聞けば、これは全て
 殿が手がけられたことだと・・・」
直虎は照れ笑いをする。
「我の力などびびたるものじゃ。」
「ご謙遜を・・」
「殿はあれほどのことをしておいて、誠に井伊家を再興されぬと
 お思いなので?」
「思うてはおらぬ。」
「誠に、・・・」
「何故、いまさら左様なことを?」
「あの里を見て、殿は再び当主をやりたいのではないかと・・」
「誠、家名や地位を再び取り戻そうなどと思うておらぬし、・・・
 今となっては、ない方がやりやすいと思うておる。」
「ない方がよい?」
「そなたにとっては許せぬことを言うておるのかも知れぬ。
 しかし、これが我のいつわらざる心じゃ。」」
「お話、いただきありがとうございました。お話、よう分かりました。」


●龍たん寺
南渓と奥山六左衛門が酒を飲む。・・
「そなたは仕官について何も聞いておらぬのか?」
・・・・・
◆回想…「虎松は井伊を取り戻したいです。」

六左「松下様はそれは虎松様をようしてくれましたし、・・・」
「少し、寂しいのう。」



虎松がやって来た。
「噂をすればじゃ。」
「村はどうじゃった?」
「素晴らしく豊かな里でございました。」
ジャンプして近づき、あぐらをかくと、
「故に、何がなんでも頂戴しとうなりました。」

※虎松は自分の手で井伊谷を取り戻してみせると宣言したのだった。
「若?」
「そうか?」
と喜ぶ。

「和尚様、お手数ですが、・・・これを届けていただけますか?」
「どこへじゃ?」

●井戸
「お待ちください。若。松下様に筋をとおして・・・」
「止められて終わりではないか?」
拝む。
「恩を仇で返すことになります。・・・」
「では、初代様は、父は?大爺様は?爺様は?
 但馬は?・・・誠に望んでおらぬというのか?
 このまま、犬死にでよいと?」
「それは?」
「六左、・・・六佐は俺の傅役ではないか。俺を信じてくれ。
 の?」
と木綿のハンケチの様なもので汗を拭く。

●新野の屋敷
別れを告げた。

高瀬が来た。
「虎松?・・・」
「姉上」

「まあ、大人っぽくなって・・」
としのがいう。
「これまんじゅうです。布は井伊の木綿で作った物です。
 刺繍もできます。」
「たくましゅうの。姉上は。」

「虎松、亥之助、家名はなくとも、そなた等の中に井伊がある。
 松下の名の下、使うてくだされ。」
「はい。」

「立派にお育ちになりましたね。」

南渓が旅支度で・・・
「和尚様、どちらへ・・・
「鳳来寺へ、虎松の成長ぶりを伝えにの。・・」

◆ナレーター
「と言いつつ、南渓和尚が向かったのは、鳳来寺ではなかった。
 この頃、(地図が出た)。・・・浜松・岡崎が拠点であった。」
画像


●浜松城
「松下の息子がこの次の鷹狩りのおりに目通りを申しでておりますが?」
家康「常慶、松下の養子は確か井伊家の?」
常慶「はい、井伊家の遺児です。亥之助は小野の遺児でございます。」
家康はいぶかった。
酒井「さような者、殿のおそばになどあげてよいのか?井伊と小野は
   我らに遺恨があろう。・・・」

◆回想…牢屋の直虎を助けられなくて、あとづさり・・・

常慶「井伊が潰れてより、松下が引き取り、今日まで育てあげました。
  賢い子達でありますし、何かあれば、兄に即座に類が及ぶことも
  わきまえておりますかと。・・」
「分かった。望みは小姓であったか?」
「はい。」
「忠次、これはいいことではないか。井伊と小野をとりたてること
で遺恨を1つ消してしまえるかと・・よし。では、決まりじゃな。」


◆ナレーター
「一方、南渓和尚の姿は岡崎城にあった。」
瀬名「面をお上げくださいませ。叔父上。」
南渓はおそるおそる顔を上げた。
瀬名「こちらは我が息子、岡崎の城主、信康にございます。」
信康「信康にございます。大叔父上。」
「おん自らご挨拶とは恐れいります。」
「大叔父上の世継ぎ観音は御利益があるとお伺いました。」

・・・・
「して、今日はいかな御用向きで?」
石川数正がじろりと見る。
南渓は近づき、手紙を取り出した。
「井伊家の遺児:虎松からの書状に南渓にございます。」
虎松は瀬名に頼みごとをした。



●浜松城
「我が名を井伊虎松に名乗りたく候。・・・
家康は納得した。
榊原「井伊の名でお仕えしたい。それにより家名を回復した
   いと訴えてきたということにございますか?」
石川「しかしながら、・・・育ててもらった恩もあるし、
 実母のことを考えるとおのれから井伊を名乗るということは
 言い出せににことでな。」・・
榊原「はあ。・・殿からいっそ・・井伊を名乗れと嘆願してきた
  ということですか?
家康「瀬名はどういうておった?」
石川「殿にお任せするが、できれば、虎松の意を汲んでやって欲
   しいと仰せでした。」
家康「・・・まあ、少し、考える。常慶や忠次の都合もあるしな。」
石川「では、・・・」

  
家康「そなたはどう考える?」
「松下として受け入れる方が無難であると・・・」

●新野の屋敷
手紙が届いた。

「お目見えの日にちが決まったと・・・」

「母上、井伊が潰れなければ、あのまま虎松に家督を譲っておったの
 ですかねえ。」
「そうかもしれませぬ。」

「あの子達の時代が始まっていくのですね。」

●浜松松下家
「うまくいかなければ、どうしますか?」
「また、機会があろう。諦めなければよいことじゃ。」
と囲碁を打つ。
しのが2人を呼んだ。
しのは着物を見せた。
「ほう」
「これは」
「井伊の皆様が・・」
お守りもあった。
なつが「亡き父上や叔父上はお守りくださるということでしょう。」
「まことに・・」
「では、礼状をしたためくださいませ。一緒に送ります故。」

「行ける気がせぬか?これは父上と但馬がいけと言うでくださ
 っているというこではないか。・・・」

●浜松城
膝枕・・・
お妾「松下・・?井伊?松下・井伊?」
「殿、

◆ナレーター
そうして、いよいよ鷹狩りの日がやってきた。

●松下家
松下源太郎清景に挨拶をした。

「虎松、・・お前には才気がある。しかし、煙たがられることもある。
 殿の役に立てるようにつかうのじゃぞ。」


●鷹狩りの場所
「松下 虎松・・・」
鷹匠:ノブに事情を話す。

「小童に選ばせるのですよ。」

常慶が連れてきた。

虎松は家康の前に平伏し顔を上げた。
「面をあげよ? 」
「は・」
「そなたは井伊の遺児であるそうじゃの?」
「はい」
「そして、そなたは小野の遺児」
???
常慶「この者は松下の者でございます。して、この者は松下の
  縁者。」

家康は「常慶、この者は心の内では井伊として仕えたいと思うておる
 と思うのじゃが、・・・。
「どうじゃ?」
と虎松に確認する。
「はい。」
常慶は睨む。
「そうか?井伊として仕えたいか?」
「実は心の奥底では・・・井伊の家名を再び猛ることを
 夢見て参りました。しかし、夢と諦め、かようなことが
 有りましょうとは」
「常慶、この者の気持ち、くんでやれぬか?」
「恐れながら、それは松下としては承服しかねます。」
「・・・・引き取ったのは負い目からであろう。」
酒井「これは松下に対してのあまりにもひどい仕打ちですぞ。」
家康「井伊はわしが潰したも同前。・・松下には別の償いをする
   が故、・・・」
常慶「殿、それは・・・」
榊原「まずは、鷹狩りをいたしましょう。」

常慶「話はまた改めて・・・」

家康「・・・今日より万千代を名乗るがいい。
    そのほうは万福をなのるがいい。わしの幼名竹千代より
   井伊が千年・万年続くように・・・」
「殿、井伊万千代、この御恩は一生忘れませぬ。」
「そうか。・・しかと励むがよい。」


●松下家
「兄上・・・。」
常慶はしの・なつに状況を話す。
「殿がお家再興を図りたいのではないかと言い始め。・・・」
「虎松もそうだというしかなかったのか本心ははかりかねますが・・・」
清景がショックで倒れた。

大騒ぎになった。
六左殿、何を知っておる。

酒井は「松下の働きをなんと心得ますか?」

●部屋
「うまくいきましたのう。」
「殿の笑いが・・・」

◆ナレーター
「翌日、・・」
家臣の顔見せが行われた。
万千代t万福は徳川家の重臣たちを紹介された。
「井伊直親の一子:井伊万千代にございます。」
「潰れたのではないか?」とひそひそ声がする。
「本日、この場にて、・・・・」
と口上を述べる。
「いさましいのう。」
「本多忠勝様。」
「かいこいのう。一度で覚えたか?」
酒井「賢いところで、草履番を申しつくる。」
「あ?」
「井伊万千代・小野万福、草履番を申しつくる。」
「草履番とは如何なる役目でございますか?」
「皆の草履を温め、・・・番をする役目だ。」
「恐れながら、小姓としてと伺っておりますが。・・」
榊原「それは松下としてならば、小姓であるが、井伊は潰れた家・・」
酒井「井伊は今川の家臣・・殿の傍におけぬではないか?」
家康「昨日、ああいうてしもうたが、松下ならば、小姓にできるが。」
   どうする。」
井伊「それがしは、井伊万千代・・・日の本一の草履番を目指します。」
家康「そうか。しかと励むがよいぞ。」

●玄関
「そなたらの部屋はこっちじゃ。」
と言われた。
板葺きの小さな部屋だった。

「やられた。なんじゃ。・・・あの・・・」
と鬼の形相・・・
万千代は、家康にはめられたことに怒りを覚えながら、・・・
亥之助が覆い被さる。

「・・・狸汁にしてやる。15歳の子どもをよってたかって、
  ・・・殺してやる。殺してやる。」
「殺すなら、寝所がいいと思います。」
「まず、小姓にあがらねば、・・・」

「早速、名札など付けるか?」

●龍たん寺
しのが駆け込んできた。
「虎松が井伊虎松として仕官することになったのじゃ。」


【2】浜松・・・
画像


1)引馬城跡
画像

画像

画像

画像


2)浜松城
・永禄12年頃
画像

画像

画像

・市役所屋上から
画像




3)家康の像
画像



●井伊直虎・直政シリーズ平成29年(2017)〜*************




箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政24『井伊直虎の家臣:井伊谷七人衆』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_35.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政25『小野妹子→小野和泉守政直(道高)』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_36.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政26『小野政次・小野朝之』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_37.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政:27第4話『女にこそあれ次郎法師』
&「龍潭寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政28『井伊一族:中野家』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_3.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政29【頭陀寺城】と松下之綱と徳川家康と豊臣秀吉
http://53922401.at.webry.info/201702/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政30【松下清景】前編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政31『松下清景→松下一定子孫』後編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政32『高崎文化協会:箕輪城
・井伊直虎ブース』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政33【第5話『亀之丞帰る』】
&「高森町松源寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政34【村の写真展:My井伊家シリーズ】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政35【鈴木重勝→鈴木重時→鈴木重好】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【近藤康用→近藤秀用→5近藤】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【菅沼忠久→菅沼忠道】
&【菅沼定盈&菅沼定利】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政37【奥山朝利の娘と井伊家家臣団】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政38【6話「初恋の別れ道」】詳細編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政39【新野左馬助親矩と娘婿】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_19.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政40▲『奥山朝利の娘:ひよ
→井伊直政の母』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政41【第7話「検地」
&駿河:富士浅間神社
http://53922401.at.webry.info/201702/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政42【第8話「赤ちゃんはまだか」】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_29.html

箕輪初心:初心▲井伊直虎・直政43『井伊谷7人衆:遠江松井一族』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政45【第9話「桶狭間」&史実編】&
井伊直盛の墓
http://53922401.at.webry.info/201703/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政46『奥山朝利殺害2説』
&【10話走れ竜宮小僧】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_10.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政47『今川義元と井伊直平の娘素案』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_11.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政48『今川家臣:瀬名氏・関口氏
・鵜殿氏』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_12.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
http://53922401.at.webry.info/201703/article_13.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政51『おんな城主:織田信長の
叔母:おつやの方』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_15.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政54【史実編と
第11話「さらば愛しき人よ」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_18.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政58番外編『鶴崎城を死守した
女武闘派城主:妙林尼』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_23.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政59【井伊家当主の死諸説と第12話
「おんな城主:直虎誕生」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政60【史実編と
第13話「城主はつらいよ」】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政61【瀬戸方久と井伊家】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/submitnewswrite.do

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政62『引馬城→浜松城の歴史:復刻版』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政63番外編『おんな曳馬城主:椿姫=お田鶴の方』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政64▲徳政令の歴史&第14話「徳政令の行方」
http://53922401.at.webry.info/201704/article_11.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政66番外編【前田利家の正室:まつ】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第16話:おんな城主VSおんな大名』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政68【木綿の歴史】
&『第16話:綿毛の案』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_25.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政69『第17話:消された鉄砲』&【鉄砲の歴史】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_1.html

箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政70
第18話「あるいは裏切りという名の鶴」
http://53922401.at.webry.info/201705/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政71『トミカ御前コレクション』
&群馬「井伊直政情報」 
http://53922401.at.webry.info/201705/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政72『長野堰DVD制作記念上映会』
と『明治時代の長野堰のジオラマのお披露目会』
http://53922401.at.webry.info/201705/article_11.html
★高崎は井伊直政が発展の基礎を造った町である。

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政73『第19話「罪と罰」』
&【甲州の武田氏館など】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政74【井伊谷の杉林の疑問】
と『森と日本人の1500年』「林業の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201705/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政75【高崎民俗資料館企画展:
長野堰ジオラマ3点セット】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政76『高瀬姫』と
【20話「第三の女」】と松源寺
http://53922401.at.webry.info/201705/article_21.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政77【21話「ぬしの名は?」】と靴
http://53922401.at.webry.info/201706/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政78【第22話「虎と龍」】&近藤康用
http://53922401.at.webry.info/201706/article_18.html

箕輪初心:生方▲箕輪城244/井伊直虎・直政79『井の国会』@箕輪城
http://53922401.at.webry.info/201611/article_5.html

箕輪初心:生方▲箕輪城245・井伊直虎・直政80【井の国会】
A箕輪龍門寺
http://53922401.at.webry.info/201706/article_21.html

箕輪初心:生方▲箕輪城247・井伊直虎・直政81【井の国会】
Bエスビック裄V『創新館』
http://53922401.at.webry.info/201706/article_22.html

箕輪初心:生方▲箕輪城247・井伊直虎・直政82【井の国会】C安中編
http://53922401.at.webry.info/201706/article_23.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政83【第24話】&『新野家の娘5説』
http://53922401.at.webry.info/201706/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政84『庵原朝昌』:妻は井伊直虎の従姉妹
http://53922401.at.webry.info/201706/article_25.html

箕輪初心:生方▲箕輪城250「ぐんまの城と戦国ロマン」不参加と
エスビック創新館
http://53922401.at.webry.info/201706/article_26.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政85【第25話材木を抱いて飛べ】&『戦国武将と囲碁』http://53922401.at.webry.info/201707/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政86【第26話:誰がために城はある】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政87【第27話『気賀を我が手に』】
&【海城一覧】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政88【第28話「死の帳面」】と北条幻庵の生涯
http://53922401.at.webry.info/201708/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政89【第29話「女たちの挽歌」】
と松下清景・松下之綱
http://53922401.at.webry.info/201708/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政90【30話「潰されざる者」】
と『武田騎馬軍諸説』
http://53922401.at.webry.info/201708/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政91【第31話「虎松の命」
と『井伊谷の徳政令』
http://53922401.at.webry.info/201708/article_17.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政92【第32話「復活の火」】
&「井伊谷3人衆」
http://53922401.at.webry.info/201708/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政93【第33話「嫌われ政次の一生」】
と小野一族
http://53922401.at.webry.info/201708/article_26.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政94『第34話:隠し港の龍雲丸』
と戦国武将の食事・肉料理
http://53922401.at.webry.info/201709/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政95【第35話「蘇えりし者たち」】
と『掛川城・絨毯・陣羽織』
http://53922401.at.webry.info/201709/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政96『第36話:井伊家最後の日』
と中野直之の箕輪編
http://53922401.at.webry.info/201709/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政97『第37話:武田が来たりて…』
元亀年間の武田・徳川の動向
http://53922401.at.webry.info/201709/article_17.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政98『第38話:井伊を共に去りぬ』と【恵林寺】
http://53922401.at.webry.info/201710/article_5.html



★明日が「箕輪城」と『龍門寺』かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政99「第39話:虎松の野望」&【引馬城・浜松城】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる