城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲尾瀬44【20170904山の鼻付近で熊出没】&熊の話&老神温泉割安券

<<   作成日時 : 2017/09/05 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★平成27年(2013)9月4日、八ヶ岳縦走の準備として、尾瀬に
44回目の散歩に行った。鳩待〜山の鼻〜牛首〜大堀川〜竜宮
の往復になった。帰りの山の鼻から200mの木道脇で、「ある
日クマさんに出会った。老神温泉の組合で発行する「1500円」で
3回入れるチケットと購入し、「紫翠亭」に入った。
画像

(★熊は木登りはお得意だった)
帰りに熊を見た場所は山の鼻から川上川の橋を渡り、
100m〜15おmの木道脇で、ある。




@スキー&ハイキングの桐生・太田組計画は
9月4日、富士見下→富士見峠→アヤメ平→竜宮→見晴らし
テント泊・・・サンセットウォーク・・・
9月5日、三条の滝→見晴らし→富士見峠→富士見下
というコース設定であった。

A私の計画コースは
9月4日、鳩待峠駐車場2500円
 鳩待峠(08:50)→横田代→アヤメ平(11:00)合流[昼食 20分]・・・
 鳩待峠からは、標高差370mをゆっくり登る、変化に富んだ
 パノラマコースである。
・・・長沢ノ頭・・・竜宮十字路[休憩 30分]
 2年前の周遊コースである。
 見晴らしで山小屋の予約 
サンセットウォーク・・・
9月5日、三条の滝→牛首→山の鼻→鳩待峠のコースであった。
画像



【1】尾瀬散歩
05:50 家発

07:10 尾瀬戸倉
 「鳩待峠満車」と看板は3カ所・・・・
 それでも、今日は月曜日・・なんとか駐車場に入れるだろう。

07:40 鳩待駐車場
 満車であった。・・・
 係の方と話した・
「4時半に駐車場を開けますが、早いときは6時には満車に
 なってしまいます。今日は6時半には残り10台になったので、
 無線で、戸倉に連絡しました。」

09:30 迄、待ったが、帰る客はいなかった。


09:50 ○第一駐車場に停めた。
駐車場1000円
往復送迎代往復1800円から1960円に値上がりしていた。

○10:20発
沼田からの路線バスとの連携の時刻であった。

○10:50 鳩待峠 鳩待発・・
 ★元々は尾瀬の山の鼻の日帰り簡単コースだったが、
  アヤメ平は合流できないと思い、やめた。 
竜宮で合流しよう・・・

画像



・紅葉が始まっていなかった。

鈴を6個付けて・・・
「熊鈴を鳴らすと、軽井沢では熊がよってくるそうですよ。
 私は80回、尾瀬に来ていますが、熊にあったことが
 ありません。」


・鈴をしまった。

途中に大きなベルがあったので、金槌で3回叩いた。
 「熊はでて来ないだろうな?」

画像

画像



★尾瀬には900以上もの種類の植物が生育する
・マチバダケブキ

・ツリガネニンジン

・ハンゴンソウ
・シロヤマギク

・ミヤマアキノキリンソウ

・ケキツネノボタン

・ガンクビソウ

・シシウド

・ウド

・ハナウド

・オクトリカブト

・カニコウモリ

・ヤブレガサ

・ハリブキ

・利根あざみ(南部あざみの変種)

・オニシモツケ

・ヤマアジサイ

・オオウバユリの実

・トチバニンジンの実




○11:50 山の鼻

画像


○尾瀬ヶ原
画像



・イワショウブ
・長穂のワレモコウ:亜固有種
画像


・ヤナギランの枯れた葉

・サワギキョウ

・オクトリカブト

・オゼミズギク:固有種

・オゼヌマアザミ:固有種

・ウメバチソウ
画像


・長穂のモウセンゴケ:亜固有種

・あぶらがや


※ワタスゲやニッコウキスゲ、キンコウカの枯れた草紅葉
 状にになっている。
画像


 初夏にはアヤメが咲いていたのだろうか?
 夏には、風に白い穂をなびかせるワタスゲやオレンジ色
  のニッコウキスゲ、
 黄色い小花をつけるキンコウカの花畑が咲いていたのであろう。

※夏のトキソウ・ヒメシャクナゲ・オゼコウホネ・ミツガシワは
一輪も咲いていなかった。


○池糖
画像

・ヒツジグサ
画像

・トンボの産卵
 (上が本物・下が影)
画像

・ミツガシワは枯れていた。
画像





○12:20牛首 昼食
画像



・前方に燧ケ岳
画像

・後方に至仏山

・左に景鶴山、
・右にアヤメ平
などの山並みが見渡せる。

 
○大堀川:水芭蕉の撮影場
画像





○12:50竜宮分岐
 ※かつて、ここにはヘビがいた。

○ 竜宮小屋 30分休憩 
画像

○竜宮分岐

アヤメ平から来た5人組の
 「男性の3人組のパーティはいませんでしたか?」
「10:45について、食事をし始めました。」

○13:30竜宮〜山の鼻4,4km(1時間20分→40分)
 オゼコウホネの葉が紅葉して、池とうに浮かんでいる。
 10月初旬〜中頃は、草紅葉の紅葉は見られるだろう。

 固有種「ナガバノワレモコウ・・というより、長くなっちゃた
 での固有種と認定したのであろう。

山の鼻・・・休憩
画像



○尾瀬ビジターセンターでトンボを確認した。
画像

 「尾瀬で確認されたトンボは40種ほどである。
オオルリボシヤンマ・・・」と、おっしゃっていた。
 半分位が北方系・高山系のトンボである。
 カラカネイトトンボ、オゼイトトンボ、 ルリイトトンボ、
 ルリボシヤンマ、オオトラフトンボ、カラカネトンボ、
 ホソミモリトンボ、ムツアカネ、ハッチョウトンボ、
 カオジロトンボ、コサナエ、エゾイトトンボ、
 ヨツボシトンボ、オオルリボシヤンマなど・・・。
★今回はハッチョウトンボは見られなかった。残念。 


14:20川上川にかかる橋を渡って、100m程・・・
「ガサガサ」と笹薮に何かが上空から・・・・
通り過ぎた。
「熊が木に登っている。」
と下ってきた2人組がいる。
白樺の木に9〜10m上に熊が見えた。

写真撮影・・・★動画にすれば、よかった。
 余裕はなかったのだ。戻る気はなかった。
画像

画像



その場をすぐに離れ、熊鈴6個を全開・・・・


乗鞍山登山のバスの中で小熊を見て依頼、2度目の熊との
遭遇であった。
でも、今は私の村でさえ、1km以内に2度出没した。
熊の目撃情報がこの3年で支所の「町内放送」2度も流れた。


私の30m前の方
 「気づきませんでした。」
 ご一緒させていただいた。


私の100m先のグループ
「私たちが大勢で話ながらいったら、・・・
 鈴の音かもしれませんが、・・・・
 木に登り始めました。逃げているようにみえました。
 あっというまに上っていきました。
 ですから、そおっと通りすぎました。



○山の鼻〜鳩待峠3,3km(1時間30分→45分)

○花豆アイス・・・400円
画像

★毎回、食べている。

○15:20 鳩待峠〜〜〜バス980円〜〜〜〜

○16:00第一駐車場

尾瀬戸倉温泉「せせらぎ村」は人がいなかった。
「老神温泉」に寄れればいいやと思った。



14:30 老神温泉
 案内所 1500円券で3回入れるチケットを買った。

紫翠亭…フロント女性は和服姿であった。

 ★豪華なホテルだった。
 風呂は一人・・・貸し切り状態であった。
画像

画像




16:00? 
NHKラジオの午後ラジ?の「熊コーナー」に
日本クマネットワーク:代表:東京農工大学:坪田敏男教授が
出演していた。偶然にも「熊の話」であった。
日本クマネットワークは日本における人間とクマ類との共生を目的
に調査や情報交換といった活動を行うNGO団体である。
その他の熊情報を要約すると以下の通りである。

1)ツキノワグマ(月輪熊)の所属
 ネコ目クマ科クマ属に属する哺乳類である。
日本では北海道にヒグマだけが生息している。
 本州、四国にツキノワグマだけが生息している。
九州では
1978年の調査では九州にも生息していた。
2003年の調査では九州には生息していなかった。
2012年に九州のツキノワグマは絶滅と認定された。
四国では
2003年の調査では四国には10頭〜20頭しか生息していな
かった。
おそらく、絶滅する。
現在、日本のツキノワグマの分布は本州と四国である。
ツキノワグマはヒグマと違って平地や草原などは好まず、落葉
広葉樹林が生い茂った山の中だけに住んでいる。
食物との関係が深い。

2)ツキノワグマの身体的特徴
ツキノワグマは体長は100〜180cm程度、体重は50kg〜から150kg
程度である。
クマの種類の中ではツキノワグマは比較的小さい種類である。
ツキノワグマのその最大の特徴は胸についている三日月形の模様
である。模様が付いているのかは理由は分かっていない。
ツキノワグマはクマの体毛が完全に真っ黒な色をしている。


3)ツキノワグマの食性
ヒグマの川でシャケを取っているイメージが強い。
ツキノワグマの食性 はシカやウサギなどの野生の哺乳類を襲って肉を
食べているのではない。
実はツキノワグマの主食はドングリである。
ブナ、クリ、ヤマブドウなども炭水化物の栄養源として摂取している。
タンパク源としてアリやハチの巣を探して、食べたりした。
ほかに動物の死骸も食べる。
人間の出すゴミも食べることもある。
ツキノワグマは雑食性が高いので、人間が食べ残したものも食べる。
低地性の人里に下りてきてゴミ集積場を漁ったりすることもしばしば
ニュースでも取り上げられている。
冬ごもりの前にめいっぱい食べて、体の脂肪などの栄養源を蓄えるので
ある。


5)ツキノワグマの冬ごもりと繁殖
ツキノワグマは冬になると穴にこもって眠る?冬眠する。
冬眠と言われているが、クマの場合はじっとしているだけ
である。「冬ごもり」という言葉の方が正しいと言える。
「冬ごもり」は地域の気候によっても異なる。雪が多い地方では
だいたい12月〜4月・5月ぐらいまでの間である。
 夏に交尾を済ませ、妊娠したメスは冬ごもり期間中に穴の中
で出産する。一度に生まれる子供はだいたい2頭程度である。
母親グマは3ヶ月程度授乳したあと、1年半〜3年ほど一緒に
子供と行動する。子煩悩である。
その後、子供は自立していく。



4)ツキノワグマの行動特性と低地性
ツキノワグマは縄張り意識を持っていない。
昼間は樹木の穴や洞窟の中などでじっとしていることが多い。
朝夕や夜に積極的に行動して餌を探しに動くことがわかっている。
尾瀬では、「16時以降、出没しやすい」と表示されている。

ドングリの多い少ないによって行動範囲が異なる。
ドングリが少なくなると、餌が豊富な場所を求めて広範囲に移動
を続ける。餌が豊富な場所ではたくさんの個体が集まっていたり
することもある。
また、行動範囲が広いため、低地の人里までやってきてしまう。
人間と遭遇して不幸な事故が引き起こされてしまうケースもある。


6)ツキノワグマの性質:気性
ツキノワグマは基本的に臆病な生き物である。
決して、人間を襲うような凶暴な生き物でがない。
ツキノワグマも人間と遭遇したくないのである。
しかし、人間にとっては安全な生き物ではない。


7)熊との遭遇のリスクの回避@
@まずは人間は何より出会わない努力をすことである。
不必要にクマが出没するような場所に立ち入らないこと
が肝要である。
過去に熊情報があったような場所はやはり避けるべきである。

8)熊との遭遇の可能性の山でリスクの回避A
登山、ハイキング、ピクニック、山菜取りなど、熊の
いる山に立ち入ることはある。
熊と遭遇する可能性のある場所に入らなければいけない時には、
大人数で騒ぎながら行動する。
 鈴や笛などの音が出るものを身に着けるなどをして、
遠くのクマにこちらの存在をわからせるようにする。
熊鈴がない時は定期的に棒で木を叩きながら進むのも大事である。
熊が自分から、人との距離をとって離れていく。

ちなみにラジオの流しぱなしは逆にクマの気配に気付けなくなる
ためかえってリスクが高まる。いつでも静かで、出没を伺える
ということが、遭遇リスクを下げることになる。


9)ツキノワグマが人を襲う2つの場合
@ばったり会って、ツキノワグマが逃げ場がない時
ツキノワグマは先述の通り、臆病な生き物である。
逃げられないと思うと、人間を襲う。
秋田でキノコ取りの4人が襲われ、殺されたのは
逃げ場がなかったからである。

A子供と一緒にツキノワグマを守る母熊は危険
ツキノワグマは先述の通り、子煩悩の生き物である。
 ツキノワグマに限らず大抵の哺乳類に言えることではあるが・・・。
母熊は子を守るために、近寄るものを全て敵とみなす。
小さいツキノワグマを見つけたときには「わぁ、可愛いー♪」
なんて暢気なことを言わずに、
「近くに母親がいる」と思って警戒するようにしましょう。
また、特に雪が残るような春先の山は、冬ごもりの穴に気付かずに近寄
ってしまうケースがある。
(★日本クマネットワーク代表:東京農工大学坪田敏男教授に話)


10)熊に遭遇してしまったら・・・
「クマに会ったら死んだふりだ!」なんてよく言われているが、
死んだふりが有効的ではない。
熊は死肉を食べる。・・・愚かな考えかもしれない。
「私はごちそうです。食べてください。」と言っているような
ものである。


ツキノワグマに万一遭遇してしまった場合、まずは落ち着く
ことである。

はっきりいって100%の安全策というものはない。
しかし、パニックになって騒ぐとツキノワグマを刺激してしまい状況
をかえって悪化させることになる。

@遭遇距離が数十も離れている場合
 ツキノワグマから視線を逸らさずに後ずさりして距離をとる。
 背を向けて逃げてはいけない。
 熊は背を向けて逃げる獲物を追いかける習性がある。
 背を向けて逃げたりすればほぼ間違いなく追いかけられる。
 ツキノワグマの走る速度は50km/h以上である。
 ウサイン・ボルトより速い。100m9秒58。時速60km
  間違いなく追いつかれて、背中から襲われて重傷となる。

 ゆっくりと後ずさりしながら、武器の準備もしなければならない。
 大きな木の陰に視線を合わせないのがポイントである

A熊の方から近寄ってくる時
持っている食べ物やリュック等を置き、熊が興味を持った場合は
そっと遠ざかるようにする。 
 難を逃れることができる場合がある。


B5〜3mになった時の最終手段
ツキノワグマがこちらに積極的に近づいてきてしまったり、
曲がり角でいきなりバッタリ出会ってしまったりした時、
数mしか距離がない場合は。覚悟を決めて戦うしかない。
一番生存率が高いのが「戦うこと」である。
無事に生還した人のほとんどは戦っている。

熊対策の唐辛子スプレーなどを持っている場合は準備を、
唐辛子スプレーは離れている時には威嚇的なことは一切しない
ようにする。あくまで距離をとって逃げ切るのが最良手で、
武器は最悪の事態への備えである。

唐辛子スプレーない場合は固くて長い武器になりそうな棒・
 ストックなどを用意する。
 石でもないよりはいいことになる。


人間はクマに絶対に勝てない。
棒で殴ろうが、パンチやキックを浴びせようが、熊の分厚い筋肉の
前には役立たない。
熊との戦いでは「熊の戦意喪失させて逃げてもらうこと」である。
狙いは急所の鼻先一カ所。
撃退スプレー、ナタ、ストックの類を持っていれば相手の前足の
攻撃より先に攻撃できる可能性もある。
落ちている石を持ったり、腕時計を拳につけたりして、鼻先を狙
う。怪我をするリスクが高くなるが、鼻先に攻撃できれば、命を
落とす危険性は低くなる。鼻先に強烈な一撃を加えられれば、
ツキノワグマは未知の痛みに驚き退散していくことになる。
クマと対峙するのは相当な恐怖であるが、攻撃するしかない。
手を出さなければこちらの生存確率が低くなる。

Cツキノワグマを武器による攻撃が失敗し、覆いかぶされたり
噛み付かれたりしてしまった時、
とにかく抵抗する。
手や足を、ツキノワグマの目や鼻に全力で叩く出し続けてください。
一発でも入れば、熊はビックリして逃げていく可能性がある。
怪我を負うのは当然であるが、追い払える可能性がある。

D木の上に逃げるのも仕方ない。
ツキノワグマは木登りが非常に得意である。
100kgの体重でも木登りは得意である・
木の上に登ってもツキノワグマは追いかけて登ってくる。
しかし、ツキノワグマに遭遇したときの逃げ場所として木の上が
絶対いけない訳ではない。
先に木の上に登れば、下から迫る熊を靴を履いた足で迎撃できる。
熊は木を登りながら、猿とは違い、前足を自由にできるわけでは
ない。ただし持久戦になるのは避けられない・・・。

E熊はあまり火を恐れないので、火は最良の方法ではないが、
 ほかに方法がなければしかたないであろう。






******************************
●片品の温泉「一度も泊まったことがない温泉の一つ」
1)2017老神温泉日帰り温泉一覧
老神温泉の3つで1500円
日帰りの温泉の方は老神温泉旅館組合:観光案内所で買うとよい。
【料金】 手形一枚1,500円(お一人様1枚ずつ必要)
【利用回数】 1枚お一人様につき3箇所
【有効期限】 1年間有効(購入時〜。
【利用時間】 各旅館の定めた時間内に入浴できる。

●1枚で複数人でのご利用できる。
×1枚買って3人で1ヶ所のお風呂をご利用はできない。

旅館組合11の旅館の温泉で3箇所の湯めぐりができる。
画像

@仙郷…0回
  日帰り温泉は14:00〜16:00 1000円
片品川の向こう側

A湯本華亭…1回 日帰り温泉・食事のみで、朝&14:00〜22:00
  ★大人840円 露天+リンゴ風呂もあったよ。

B東秀館…1回 日帰り温泉15:00〜19:00 600円

====片品川======================

C石亭…0回  日帰り温泉12:00〜15:00 1000円

D楽善荘…0回    日帰り温泉12:00〜17:00 500円
  今は大人700円・・・一番宣伝している。
  

Eホテル山口屋…2回 日帰り温泉15:00〜18:00 850円

F上田屋旅館…0回 日帰り温泉13:00〜18:00 1000円

G金龍園…1回     日帰り温泉13:00〜20:00
平日550円   土日休1000円

H観山荘…0回       日帰り温泉は14:00〜22:00  1000円

I吟松亭あわしま…0回 日帰り温泉は14:00〜18:00  1000円

J紫翠亭…1回 日帰り温泉は14:00〜18:00  1000円

以上11の旅館で3回で1500円・・・1回分は500円
大人用湯めぐり手形 一枚1,500円
子供用湯めぐり手形  一枚900円
※ (小学生まで対象)

【お問い合わせは】 老神温泉旅館組合
〒378-0322 群馬県沼田市利根町老神607-1
電話(0278)56-3013 FAX(0278)56-3014

湯めぐりパンフレットダウンロード
伝説の湯めぐり - 【公式サイト】老神温泉旅館組合
http://www.oigami.net/yumeguri.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)その他の老神温泉
K東明館…1回 日帰り温泉は12:00〜1900
ぎょうざの満州・・・★旨かった

L伍楼閣…0回 日帰り温泉は12:00〜15:00
     混浴2・露天

M山楽荘…0回  日帰り温泉15:00〜18:00 842円

O朝日ホテル・・・・1回?

P牧水苑・・・・2回 500円(特別な日)普段1000円
若山牧水が立ちよった。

Q亀鶴旅館…1回 300円

R公共の湯・・・2回 300円?廃業





平成18年(2007)7月30日、尾瀬は 日光国立公園から独立し、
尾瀬国立公園の成立した。

箕輪初心◆山スキー@【群馬:至仏山編8回】 http://53922401.at.webry.info/201102/article_6.html

箕輪初心◆群馬:至仏山スキー9回目&老神温泉
http://53922401.at.webry.info/201305/article_7.html

◆◆ 箕輪初心▲尾瀬41回:尾瀬沼&尾瀬ヶ原▲ ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_6.html

◆◆ 箕輪初心▲尾瀬41景鶴山 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201105/article_3.html
http://53922401.at.webry.info/201206/article_8.html

箕輪初心★ニッコウキスゲの話「@意味・A名所・B仲間」
http://53922401.at.webry.info/201107/article_26.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201107/article_26.html

▲▲ 箕輪初心▲尾瀬42水芭蕉&老神温泉 ▲▲
http://53922401.at.webry.info/201206/article_8.html

◆◆ 箕輪初心▲燧ヶ岳2回&戊辰戦争 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201306/article_21.html

箕輪初心▲尾瀬bS2「2013年鳩待→アヤメ平→竜宮→山の鼻」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_2.html

箕輪初心◆2014スキー17至仏山スキー10&尾瀬豆腐&片品渓谷
http://53922401.at.webry.info/201405/article_6.html

箕輪初心:生方▲ラムサール条約批准地46分の29+遠望5
http://53922401.at.webry.info/201506/article_23.html

箕輪初心▲尾瀬bS4「2017年9月鳩待→アヤメ平→竜宮→山の鼻」




★明日は?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲尾瀬44【20170904山の鼻付近で熊出没】&熊の話&老神温泉割安券 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる