城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲奄美大島P『奄美群島国立公園と環境省・林野庁』

<<   作成日時 : 2017/08/05 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・平成27年(2014)奄美野生生物保護センターがリニューアルした。
・平成29年(2017) 3月7日、国内34カ所目の国立公園として、 
「奄美群島国立公園」が新誕生した。.公園のテーマ「生命にぎわう
亜熱帯のシマ〜森と海と島人の暮らし〜」をコンセプトとした。
奄美地域での国立公園は、亜熱帯照葉樹林を中心とする生態系全
体を管理する「生態系管理型国立公園」と人間と自然が深く関わり調
和してきた関係そのものを対象とする「環境文化型国立公園」というこ
れまでにない国立公園を目指すこととした。環境省の研究に加筆した。
画像




【0】奄美群島とは?
画像


奄美群島は、九州と沖縄の間に位置する奄美大島、加計呂麻島、請島、
与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島及び与論島までの8つの有人島
及びその周辺の無人島のことで、いずれの島も鹿児島県に属す。
 気候帯は「亜熱帯」に属し、黒潮の影響も受けて一年を通じて
 温暖・多湿で降水量が多く、特に奄美大島は年平均降水量が
  3,000mm近い国内有数の多雨地帯となっている。.
画像

 (★無料写真)

(1)奄美大島:面積712.39km2。奄美群島で一番大き
な島で、本土と沖縄の両方の影響を受けながらも、大島紬などの独
自の文化を持っています。北部は平坦な農地が多く、サトウキビの
栽培などが盛んに行われています。島の南部はほとんどが山地で、
固有の生物が多く生息・生育する。.

(2)加計呂麻島:面積77.39km2。大島海峡を挟んで奄美大島南岸
と向かい合っている。また、地形は細長く、海岸線が複雑に入り組
んでいるため、海岸線長は147.5kmと長くなっています。島内には
小さな集落が30カ所ほどある。.

(3)請島:面積13.34km2。加計呂麻島の南方に位置し、人口は
 200人程度です。島には請阿室うけあむろ、池地いけじの2つの
 集落があり、魚釣りやダイビングで訪れる観光客も増えている。.

(4)与路島:面積9.35km2。加計呂麻島の南方に位置し、人口は
 160人程度である。島の家々は珊瑚石を積み上げて外壁としてお
 り、特徴的な街並みを有している。.

(5)喜界島:面積56.93km2。全島ほとんどが珊瑚を起源とする石
 灰岩でできています。大型の蝶であるオオゴマダラの分布北限地、
 リュウキュウアサギマダラの集団越冬地としてよく知られている。
 また、渡りをする蝶として有名なアサギマダラが本州から台湾方面
 へ向け南下するときの中継地にもなっている。.

(6)徳之島:面積247.77km2。島の中央には井之川岳(645m)を
 中心とした山塊が、北部には天城岳(533m)を中心とした山塊が
 あり、多くの希少動植物が生息・生育する森に覆われている。山塊
 の周囲は平地となっており、奄美群島では最も広い耕地面積を有し
 ている。相撲や闘牛も盛んである。特に闘牛は島民が古くから親し
 んできた伝統行事で、闘牛開催期間中は島全体が熱気に包まれてい
 る。.

(7)沖永良部島:面積93.65km2。カルスト地形が多く見られ、地下
 には大小200〜300の鍾乳洞がある。主に平坦な島である。花き生
 産が盛んで、特にユリの生産量は日本一である。また、江戸時代後
 期に西郷隆盛が流された島でもあり、神社や復元された獄舎がある。.

(8)与論島:面積20.8km2。与論島は奄美群島最南端に位置する、
 島の周囲をリーフで囲まれたサンゴ礁の島です。サンゴの死骸が白
 砂となって堆積してできた百合ヶ浜は、傑出した美しさである。南
 に沖縄本島最北端の辺戸岬が見えるほど沖縄県に近く、文化的にも
 沖縄よりである。.
(環境省の文章より)




【1】「奄美群島国立公園」

・昭和12年(2000) マングースマスターズが設立された。
一般財団法人自然環境研究センター 浦上事務所 
 鹿児島県奄美市名瀬浦上1385−2 
 TEL:0997−58−4013

・平成13年(2001) 環境省は鹿児島県大島郡大和村に開設した。
奄美地域の希少な野生生物やその固有の生態系を保全する活動拠点と
して設立した。奄美群島は、特有の生物相があり、アマミノクロウサ
ギやアマミヤマシギなど固有種または亜種がおおくみられ、世界的に
注目されている地域である。野生生物の保全に関する調査研究を行う
調査研究事業と展示・解説及び観察会等を実施する普及・啓発研究事
業、そしてアマミノクロウサギなど奄美固有種を捕食することで問題
となっているフイリマングース(外来種)の完全排除を目指す防除事
業を行うためである。
環境省奄美野生生物保護センター 
鹿児島県大島郡大和村思勝字腰ノ畑551
TEL:0997−55−8620
  
画像


・平成25年3月15日 林野庁は奄美群島森林生態系保護地域を設定した。
 鹿児島県奄美大島(奄美市、宇検村、大和村、瀬戸内町)と徳之
島(徳之島町、天城町、伊仙町)に位置 している。
 奄美大島の主要な山系は、島の中央からやや西側に位置する湯湾
岳(694m)、油井岳(483m)、小川岳(528m)、松長山(455m)、
鳥ヶ峰(467m)等、400m以上の山々が脊柱部を構成している。また、
河川については、太平洋の住用湾に注いでいる住用川、大川、東シナ
海に注ぐ河内川、名音川などがあるが、ほとんどが流路延長の短い急
流河川である。
 徳之島の主要な山系は、北部の天城岳(533m)、三方通岳(496m)、
大城山(333m)を主峰とした比較的急峻な山が連なり、島の中央部で
は井之川岳(645m)、美名田山(438m)、島の南部に剥岳
(382m)、犬田布岳(417m)と続く山塊が郡をなしている。また、河川に
ついては天城町の秋利神川のほか、徳之島町の亀徳川、伊仙町の
鹿浦川などがある。
 (★林野庁の文章より)
画像

・同年、環境庁の調査 
画像



平成27年(2014)奄美野生生物保護センターがリニューアルした。
環境庁は「奄美群島国立公園」が新誕生した。.公園のテーマ「生命
にぎわう亜熱帯のシマ〜森と海と島人の暮らし〜」をコンセプトにした。
従って、「奄美野生生物保護センター」の展示には「奄美の8つの島」
のそれぞれの「自然と人々の生活との関係」の特徴が解るように工夫
された。 「奄美群島を国立公園になったこと」で、目的は「奄美群島一
部を世界自然遺産のにすること」である。
画像

画像

画像

画像

画像


平成29年(2017) 3月7日、国内34カ所目の国立公園として、
「奄美群島国立公園」が新誕生した。.
 公園のテーマ「生命にぎわう亜熱帯のシマ〜森と海と島人の暮らし〜」
をコンセプトにした。
 面積:(陸域)42,181ha (海域)33,082ha
奄美地域での国立公園は、亜熱帯照葉樹林を中心とする生態系全体
を管理する「生態系管理型国立公園」と人間と自然が深く関わり調和
してきた関係そのものを対象とする「環境文化型国立公園」独自の
国立公園を目指す国立公園となった。
★保全の一貫である。
◆参考サイト:環境省

http://www.env.go.jp/nature/np/amamigunto.html

画像

画像



画像



帰りにビールを飲んだ。味は同じだった。
 結石のため、医師より禁止令がでているが、

 

【2】奄美群島の歴史と生物の進化

◆1、奄美群島の成立
奄美群島を含む南西諸島はユーラシアプレートとフィリピン海プレー
トの境界に位置している。
・1500万年前以降からの沖縄トラフの形成、地殻変動による隆起・沈降
 繰り返していた。1500 万年前にはユーラシア大陸と陸続きで、中国
 ・フィリピン・ボルネオ・インドネシアなどと接していた。つまり、
 奄美群島は、日本南部:現鹿児島本土から東南アジアまで連なる広大
 な陸地東端であった。当時、大陸のアマミノクロウサギやイボイモリ
 の祖先種、また、東南アジアと共通のケナガネズミやトゲネズミの
 祖先種などが、奄美群島にも分布していたと考えられている。
・約1,000万年前〜約200万年前
 奄美群島を含む琉球列島は、後期中新世(約1,000万年前)以降の激し
 い地殻変動により、大陸や日本本土と陸続きになったり離れたりを繰り
 返してきた。その時々に様々な生き物たちが琉球列島に渡ってきた。
 そして。島々に閉じ込められた生き物たちは、何万年もの長い年月をか
 け島ごとに固有な種へと進化していった。.


・200 万年前:沖縄トラフの著しい沈降が始まり、内海(現在の東シナ
 海)が形成され、奄美群島の島嶼化が進んだ。大陸の東端へ分布を
 拡大していた生物は島嶼(高島)内にとり残され、大陸からの隔離が
 成立したと考えられている。

・170万年前以降からの気候変動による海水準の変動、サンゴ礁の発
 達に伴う琉球石灰岩の堆積で形成された。この間に、大陸との分離
 ・結合を繰り返している。
 結果、山地や河川が多い「高島(こうとう)」と、サンゴ礁由来の
 石灰岩で形成され地下水系の発達した「低島(ていとう)」の2種
 類の島が成立した。

 奄美群島は温量指数から亜熱帯地域に属するが、モンスーン気
候がもたらす年間2,000mm 以上の多量の降雨により、世界の亜熱
帯域の中でも限られた地域(中米の高山など)にしか成立しない
亜熱帯性多雨林が成立している。
 また、奄美大島や徳之島の山地の山頂部(湯湾岳694m、井之川
岳645m)には熱帯では約1,000m 以上の高標高地に発達する雲霧
林的な森林が成立している。
※コスタリカの雲霧林帯は標高2,000mである。
奄美群島国立公園の山地帯の大部分はスダジイを主とする亜熱帯
照葉樹林が広がっている。特に奄美大島や徳之島中北部の亜熱帯照
葉樹林は国内最大規模を誇る。喜界島、徳之島南西部、沖永良部島、
与論島の隆起サンゴ礁地帯では、アコウ、ガジュマル、ハマイヌビワ
などを中心とする森林が発達している。.
 また、奄美大島の入り江となった河口の泥湿地にはメヒルギを中心
とするマングローブ林も発達している。.
 .
奄美群島国立公園には、アマミノクロウサギ、アマミトゲネズミ、
ルリカケス、アマミイシカワガエル、アマミミヤマクワガタなどの
固有種をはじめ、多種多様な生き物が生息している。.

奄美群島国立公園の海域の海岸部ではサンゴ礁が発達している。
奄美群島国立公園のサンゴ礁はほとんどが裾礁ですが、与論島では
堡礁が見られ、島の北部から南東部にかけては沖合約1kmの範囲内
に広大な礁湖が広がり、美しい海域景観を持っている。.また、海岸
の砂浜の多くはアカウミガメやアオウミガメの産卵場として利用され
ている

★サンゴ礁生態系を形成するサンゴ礁としては実際には熊本の天草も
発達し、和歌山の串本(ラムサール条約批准地)が世界的北限に位置
している。



◆2、 奄美群島の多様な環境
奄美群島は、島毎に異なる地形形成過程を反映して、山がちな
「高島」と隆起サンゴ礁由来の平坦な「低島」に分類される。

1)「▲高島」
 亜熱帯性多雨林、河口域のマングローブ林が発達している。大陸と陸
 続きの時代があり、固有種が多い。

 @奄美大島…湯湾岳694m〜亜熱帯多雨林が広がる島である。
モンスーンの多雨により、世界の亜熱帯地域の中でも希な亜熱帯
 性多雨林が成立していて、固有種の主要な生息・生育場所となっている。
奄美大島の住用川河口などでマングローブ林が見られる。小規模なが
 ら、種多様性は高く、絶滅危惧種も多く生息している。

A徳之島…井之川岳645mには雲霧林的な森林が成立している。
  生きた化石の棲む島となっている。

2)「▲低島」
 サンゴ礁由来の石灰岩が隆起した平坦な島なので、隆起サンゴ礁段丘
 や河川がなく、鍾乳洞などの地下水脈など石灰岩カルスト地形が発達
 している。各島の海岸には亜熱帯要素の海岸植生が、海中にはサンゴ礁
 が発達している。
@与論島…堡礁に囲まれたサンゴの島である。
 A沖永良部島…洞窟に富んだカルストの島である。
100km2もない島に150 もの洞口があると言われている。
 B喜界島…世界有数の速度で隆起する隆起サンゴ礁段丘の島
である。喜界島の百之台は年間2mm もの速さで隆起している。
十数万年前には海面にあったと見られている。

結論・・沿岸域の環境として熱帯要素の海岸林となっていて、ソテツ、
 アダン、クサトベラ、ガジュマル、アコウ等の亜熱帯性植物が見ら
 れる。島の人々の生活との関わりも強い。
 サンゴ礁は全ての島にあるが、黒潮の流れによってよく発達してい
 る場所は約220 種もの造礁サンゴが分布している。
 しかし、奄美群島の各島は亜熱帯の多様な景観要素が小規模な島嶼内
 に凝縮して見られ、また、島毎の自然景観要素の違いが明瞭に見ら
 れる。同時に自然環境が、希少種・固有種の生息基盤を提供し、
 奄美群島内の生物多様性を支えている

 文科省は 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の
 進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロ
 セスを示す顕著な見本であるものとして位置づけている。
  
 4つの地域は、遅くとも第四紀更新世初期(約200万年〜170万
 年前)までに大陸から隔離していて、隔離後の期間が長く、さらに
 島嶼群が分離・結合を繰り返すことによって、独自の進化が進んだ
 ため、奄美群島には多くの遺存固有種が現存する。

◆3、 奄美群島の生物多様性について
「生物多様性(Biological Diversity)」とは、「地球上の生物が、バラ
エティに富んでいること、つまり、複雑で多様な生態系そのものを
示す言葉である。

(1)【奄美群島の価値を高めている遺存固有種】
 奄美群島だけに見られる固有種が多い。特に、他の地域から隔離された
歴史が長いため、日本本土やユーラシア大陸の大部分ではすでに絶滅し、
奄美群島だけに残った「遺存固有種」がいくつも見られる。
IUCN (国際自然保護連合)のレッドリストに掲載された国際的希少種
が多く含まれている。アマミノクロウサギやルリカケスである。

(2)【島嶼間の種分化過程を表す新しい固有亜種】
 奄美群島では日本本土や南西諸島の島々と共通に分布している種の分化
が進んでいる。
例えば、コキクガシラコウモリは、種として日本本土と共通に分布するが、
 南西諸島のものは固有亜種オリイコキクガシラコウモリに分化している。
また、南西諸島遺存固有種:クロイワトカゲモドキは南西諸島の島嶼間で
 分化が進んでいる種である。5種の亜種に分化しており、徳之島には固
有亜種のオビトカゲモドキが生息している。

◆4、 奄美群島の生物多様性について
奄美群島の生物は国際的にも希少種や固有種の生息・生育地であること、
種多様性に富むサンゴ礁生態系が見られることから、生物多様性保全上
の重要な地域として世界的に評価されている。また、奄美群島を含む南
西諸島は、ウミガメ類・海鳥類の繁殖地、渡り鳥の中継地など、広域を
移動する種群を維持する上でも重要な地域である。
 しかし、現在、自然環境の悪化に伴いって、希少生物の多様性がこれ
までにない早さで刻一刻と失われつつある。我々自身が、人類を含めた
多くの生命にとって欠かすことの出来ない命の土台である生物多様性を
自ら壊していることも多々ある。

◆5、 人と自然の関わり
奄美群島の伝統的な生活の周りには様々な動植物が見られる。
人々は、古くから自然を利用しながら暮らしており、その利用は、
普段の衣・食・住のみならず、伝統的な地域文化や産業と関係し
ている。
(1)大島紬
奄美群島の伝統的な織物「大島紬」の「泥染め」は奄美の伝統的な
染め。里山から切り出してきたティーチギ(シャリンバイ)をチッ
プにし、煮汁で最初の染めを行う。ティーチギ(シャリンバイ)の
樹皮のチップの煮汁で染めた絹糸を鉄分の多い泥で洗い発色させ、
深い黒色に染める。染まりが悪いと蘇鉄の葉を入れて化学的作用を
強くする場合がある。
泥染め用の小さな池を泥田(どろた)は水生生物の重要な生育地に
なっている。
泥で染めた糸は土地独特の柄に織り上げられ、大島紬となる。「泥
大島」の伝統的な柄には奄美の自然をモチーフとしたウミガメやソ
テツを意匠した柄がある。

(2)「低島」の鍾乳洞
サンゴの隆起した「低島」は、石灰岩でできている島なので、鍾乳洞
が発達する。例えば、沖永良部島では大小200以上の洞窟が存在する。
沖永良部島の「中甫洞穴」は奄美最古の遺跡として注目された。瓜形
文土器、轟式土器、須恵器、人骨などが出土したからである。瓜形文
土器の発見で沖永良部の歴史は一気に縄文時代草創期まで遡ることと
なった。鍾乳洞は底の水を利用した生活の場で最初であることが判明
した。住吉暗川と呼ばれる洞窟などでは、住民がカメで毎日水を汲み
上げるという重労働だったそうであるが、昭和30年代にポンプでく
み上げるられるようになった。沖永良部島以外にも低島の水汲みの為
の穴が多くある。与論島の赤崎鍾乳洞もその一つである。
鍾乳洞は民俗学的・宗教的にも重要な場所である。
また、洞穴性の生物の生息地としても重要である。
最近では、地底を探検するケイビングも流行ってきている。

(2)サンゴ
奄美群島では島をとりまくサンゴ礁も美しいが、島内の家々をとりまく
サンゴの石垣も見事である。沿岸の集落には多くの石垣が残っている。
奄美群島は毎年多くの台風に見舞われる。奄美群島は台風の常襲地帯
なので、台風に対する備えに心がける必要があった。そのため、屋敷
のまわりにサンゴの石垣を組んだ。サンゴを切り出して作った石垣は
丈夫で、台風にも強い。石垣を組む職人もいる。
サンゴの石垣に沿ってガジュマルの木が並んでいるが防風・防潮用のも
のとしての役割が大きかった。
・ガジュマルを植えたのは、成長が早くて根が張りやすく、厚い葉が
年中繁茂しているので風を防ぎ、潮を止めるてくれるからである。
 また、石垣とガジュマルが家に寄り添うように建ち、天災から集落
を守ろうとする先人達の経験と知恵が現在でも活かされている。

(5)ソテツ:IUCN
レッドリスト掲載種のソテツは、古くから人々に利用されてきた。
沖縄県や鹿児島県奄美群島では、飢饉の際に食料として飢えをしのいだ
との伝承もあるが、正しい加工処理をせず毒により死亡する人もいた。
有毒で発癌性物質のアゾキシメタンを含む配糖体であるサイカシンは
多く含まれるが、澱粉分も多いので、皮を剥ぎ、時間をかけて充分に
水に晒し、発酵させ、乾燥するなどの処理をすれば食用になる。
実:種子をから取った澱粉を毒抜き処理と微生物による解毒作用を利
用して無毒化するとソテツ味噌となる。調味料としてのソテツ味噌を
あんだんすーの原料にもされる。また、澱粉を加工してソテツ餅を作
った。奄美大島では、サゴヤシのように幹から澱粉を取る伝統がある。
 また、防風林として利用することがある。
 (★環境省の研究に加筆した。)

鹿児島ブログ一覧********************


***************************
【1】鹿児島城山ホテル&熊本五木村2泊3日
ウズベキスタン旅行で一緒だったメンバーで・・・
箕輪初心■九州C熊本「五木村&人吉」
http://53922401.at.webry.info/201109/article_10.html


****************************
【2】熊本:祖母山→熊本通順潤橋→鹿児島の城と山と薩摩焼6泊7日
 当時、鹿児島大学4年:庭山直ちゃんとあった。

箕輪初心●鹿児島【一宇治城→鹿児島城】=島津家本城
http://53922401.at.webry.info/201110/article_6.html

箕輪初心:生方▲百名城G【85〜97】九州の城
http://53922401.at.webry.info/201506/article_33.html

箕輪初心■鹿児島:薩摩焼の歴史&第14代:沈寿官先生
http://53922401.at.webry.info/201109/article_18.html

箕輪初心●鹿児島【知覧城下町&知覧亀甲城】=特攻隊出撃基地
http://53922401.at.webry.info/201110/article_7.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201110/article_7.html

箕輪初心▲百名山bT9開聞岳&開聞温泉
http://53922401.at.webry.info/201109/article_16.html

箕輪初心▲百名山bU0韓国岳&野々湯温泉
http://53922401.at.webry.info/201109/article_17.html

箕輪初心★★群馬の偉人:高山彦九郎A現代版「旅日記」
http://53922401.at.webry.info/201106/article_21.html



*******************************
【3】屋久島の宮浦岳とダイビング4泊5日

箕輪初心■世界遺産:屋久島@「レンタカーで島一周」
http://53922401.at.webry.info/201109/article_2.html

箕輪初心▲世界遺産:屋久島A「宮之浦岳1935m」(百名山)
http://53922401.at.webry.info/201109/article_3.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201109/article_3.html

箕輪初心■世界遺産:屋久島B「ダイビング」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201109/article_4.html


*****************************
【5】与論島ダイビングと与論城3泊4日
 奄美群島のひとつで、鹿児島県最南端の島である。
箕輪初心▼鹿児島DbP29与論島ダイビング
http://53922401.at.webry.info/201010/article_19.html

箕輪初心■鹿児島:与論島2陸上編
http://53922401.at.webry.info/201010/article_20.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201010/article_20.html

箕輪初心●鹿児島:与論島「与論城」&屋久島「楠川城&宮之浦城」
http://53922401.at.webry.info/201203/article_4.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201203/article_4.html


****************************
【6】奄美大島のダイビング&自然散策6泊7日
箕輪初心:生方▲奄美大島@【ダイビング&自然6泊7日】食事編
http://53922401.at.webry.info/201707/article_10.html

箕輪初心:生方▲奄美大島A【赤木名城(あかきなじょう)】
&「赤木名代官屋敷」
http://53922401.at.webry.info/201707/article_11.html

箕輪初心:生方▲奄美大島B【笠利町の名所旧跡・文化財15か所】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_12.html

※奄美大島 ダイビングショップ ひかるダイバーズ Blog
http://www.hikarudivers.com/blog/
鹿児島県奄美市笠利町万屋1839-1
0997-63-2424  090-7395-9444
http://www.hikarudivers.com
info@hikarudivers.com

箕輪初心:生方▲奄美大島C『ひかるダイバーズで北部ダイビング前編』
&イルカウオッチング』
http://53922401.at.webry.info/201707/article_13.html

箕輪初心:生方▲奄美大島D【西郷隆盛:西郷松と西郷翁上陸之地
・西郷南洲謫居跡】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_14.html

箕輪初心:生方▲奄美大島E『ひかるダイバーズで北部ダイビング後編』
&【DECO】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_15.html

箕輪初心:生方▲奄美大島F【日本のゴーギャン・奄美のルソー:田中一村】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_16.html

箕輪初心:生方◆奄美大島G【黒潮の森でマングローブカヌー体験】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_17.html

箕輪初心:生方▲奄美大島H【金作原(きんさくばる)原生林】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_18.html

箕輪初心:生方▲奄美大島I【アマミノクロウサギ観察ツアーで9羽目撃】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_19.html

箕輪初心:生方▲奄美大島J【ダイバー民宿ふじで南部ダイビング前編】
http://53922401.at.webry.info/201707/article_20.html

箕輪初心:生方▲奄美大島K【瀬戸内町散策】&『クロマグロ養殖』
http://53922401.at.webry.info/201707/article_21.html

箕輪初心:生方▼奄美大島L【ダイバー宿ふじで南部ダイビング後編
「ミステリーサークル」】
http://53922401.at.webry.info/201708/article_1.html

箕輪初心:生方▲奄美大島M【宇検村の湯湾展望台】と
蛇「ヒャン・アマミアオヘビ」を見た。
http://53922401.at.webry.info/201708/article_2.html

箕輪初心:生方▲奄美大島N【大和村:マテリアの滝・群倉等】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

箕輪初心:生方◆奄美大島O『奄美野生生物保護センター』詳細編
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do


★明日は「奄美などが世界遺産遺産遺産を目指して」かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲奄美大島P『奄美群島国立公園と環境省・林野庁』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる