城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲奄美大島K【瀬戸内町散策】&『クロマグロ養殖』

<<   作成日時 : 2017/07/31 05:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奄美大島の一番南に位置するのが、瀬戸内町である。瀬戸内町の中心地
「古仁屋」は奄美大島で名瀬に次ぐ2番目に大きい町である。そこで
今回は、「古仁屋」や周辺地域の観光スポットを巡ってみた。海岸線は
リアス式海岸になっているの道路はアップダウンが激しく景色がとても
綺麗である。200年くらいの歴史らしい。大島紬と漁業の生活だったと
女将さんが話していた。
画像





5)7月16日 ドライブ
07:00 奄美市名瀬発

●朝食「コンビニ」おむすび特大2個

 08:30 ダイビング宿ふじ着

  ダイビング@
  
 ダイビングA

●昼食…お弁当

 ダイビングB3本
 

◆ドライブ   
画像

@古仁屋
・Aコープ・・・黒糖豆・黒糖かりんとうを買った。
 町中も通った。

・岬
画像


Aハートのみえる風景 
画像


B嘉鉄
画像

多雨風よけの石垣


C蘇刈


D車エビ養殖場

Eホノホシ海岸
画像

画像


・サンゴの石もあった。

画像

画像






Fヤドリ浜
画像


画像

画像




G7THE SCENE amami spa & resort
画像

画像

  温泉に入るには、半日滞在券を買うとよい。

シーンに泊まるのであれば、ヤドリ浜が目の前なので楽。
・しーんの宿泊代が20000円
・シーンのイメージ写真。(ホテルより借用)
画像

 ★明日、写真左の海で、Nikon coolpix A130が
  水没するとは、お釈迦様でも知るめえ。

画像

 
18:30 ふじにて
・リュウキュウアサギマダラ
画像

●夕食「ふじ・・・」
画像

 ダイバー宿ふじ 泊




6)7月17日 ドライブ

◆ドライブ
●市場
画像

・何これ?
画像

・カンパチ?・アラ
画像

・カツオ・イナダ
画像


●コーラル橋

●海の駅
画像


画像

画像


●灯台
画像

画像

 ★2本目はこの下だった。






●旧陸軍弾薬庫跡
画像

●「マルハニチロ」養殖場が見える。
画像

画像



07:00 
●朝食
画像

08:30 ダイビング宿

  ダイビング@
  
 ダイビングA

●昼食…お弁当

 ダイビングB3本
 
 ◆ドライブ   
 ホノホシ海岸


迫田オーナーが獲ってきた高級魚
 刺身と汁になるのだ。俺の胃に収まるのだ。
 朝、市場で見た魚だ。

画像


●夕食「・・・アラの刺身・イカの刺身等」
画像

画像

  ★高級魚の夕食・・★旨すぎる。


 ダイバー宿ふじ 泊



7)18日 
07:00 
●朝食






【2】 NHK「ブラタモリ」奄美編

1)★ダイバー民宿ふじで、夕食に「マグロ」がでた。
 非常に旨かった。
 これだけは、市場かスーパーで買ったマグロだったのだ。
「マルハニチロのマグロ」だった。
 結石の食事制限があるが、・・・旨いのだ。

画像



2)ぶらタモリ

瀬戸内町「マルハニチロのクロマグロの養殖場で刺身完食」
画像

画像

画像

画像

画像

画像


A「NHK「ブラタモリ」奄美編に取材協力しました。」
http://www.blog.maruha-nichiro.co.jp/2017/04/000146.html


マグロ(6千尾)、カンパチ(250千尾)を養殖しています。
漁場特性 奄美大島の大島海峡に面した瀬戸内町は、冬の最低水温が
20℃以上あります。清澄な海水が絶えず流れ込み、マグロ・カンパチ
の養殖に適しています。
マルハニチロでは奄美にクロマグロの養殖場をかまえており、
その養殖場で「ブラタモリ」の撮影がおこなわれました。
タモリさんと近江アナウンサーは船に乗って生けすまで行き、
実際にマグロのエサやり体験もしていただきました。
奄美の温暖な気候のおかげで、
約3年で100kgもの大きさになる「クロマグロ」。
おふたりとも、マグロたちの迫力にびっくりされていました!!
放送でも紹介されましたが、この養殖場では完全養殖マグロも養殖
しています。
完全養殖については、こちら
番組では、わかりやすく完全養殖の説明をしていただきました。
NHKさま、ありがとうございます!!
番組を見れなかった方は、再放送が、・・・・

NHKオンデマンドでも配信中です。ぜひご覧ください!!

B「マルハニチロ」養殖場
2016年度からは、鹿児島県(奄美)や三重県(熊野)で育てた完全
養殖マグロの本格出荷を開始する予定です。また、今後のさらなる
生産力増強に向けて、ブリ養殖場の「アクアファーム」(大分県
佐伯市)に、クロマグロ人工種苗専用の養殖場を新たに開設。
2015年春に育成を開始した2,500尾は順調に成長しています。
2016年度中に生け簀を増設し、2017年より出荷開始。このアクア
ファームでの生産が軌道に乗る2018年には、マルハニチログループ
全体で天然養殖と人工種苗合わせて国内養殖マグロ全体の約3分の1
を占める4,400トンとなる見込みです。
画像

画像

 (★マルハニチロのHpより)
■住所 「マルハニチロ 奄美クロマグロ養殖場」
■住所 : 鹿児島県大島郡瀬戸内町久根津8
■TEL : 0997-72-2308




3)Hp・ブログの紹介「奄美のクロマグロ」
「奄美大島の瀬戸内町はクロマグロ養殖で国内日本一:アマミアイナ」
http://amami-aina.com/blog/archives/4388

実は、奄美大島の瀬戸内町は、日本のクロマグロ(本マグロ)
の養殖日本一なんだそうです。
クロマグロは漁獲量が年々、減少していて絶滅の危機にあるそうため、
幼魚の漁獲量をいままでの約半分に制限するそうです。
世界のクロマグロの約80%を消費している日本が先頭になって、
クロマグロの保護に取り組んでいくそうです。
やはり、地元でとれたものはその土地で食べるのが美味しいですね。
養殖だけでなく、瀬戸内町には、クロマグロの研究施設も多く、
@近畿大学の研究施設では世界ではじめて卵からクロマグロの
 完全養殖を実用化したそうです。
A独立行政法人 水産総合研究センターの研究施設
B・・・・(マルハニチロの養殖場)
完全養殖は、漁獲量が制限されていく中、天然資源の保護しつつも、
美味しいマグロがいつまでも食べられることにつながりますね。

イオンは瀬戸内町産養殖まぐろを「奄美うまれ生本まぐろ」として
販売しています。ほとんどは関東や関西に出荷されています。

瀬戸内町でも地元産のクロマグロが食べられるお店
@瀬戸内町「せとうち海の駅」2階にある「レストラン」
本マグロ丼が1,800円。さすがにいいお値段です。
その下に(小)800円と書いてあったので、お店の方にきいてみると、
(小)でも普通のお茶碗1杯分はあるそうです。
赤味がツヤツヤでとても美味しかったです。

A島 魚  あま海■
住所: 鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋春日6−1
電話: 0997-72-1280
クロマグロ入りは1200円。

Bカフェレストラン てやん■
画像


住所:鹿児島県大島郡瀬戸内町手安470
電話:0997-72-2088
瀬戸内産本マグロを贅沢に使ったまぐろ料理をはじめ、地場産の
魚が毎日食べられます!
(★奄美大島の瀬戸内町はクロマグロ養殖で国内日本一より引用)






★明日は、奄美南部ダイビング後編かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲奄美大島K【瀬戸内町散策】&『クロマグロ養殖』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる