城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方◆『2017眞子様のブータン』&2002海外45Myブータン旅行2』

<<   作成日時 : 2017/06/06 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成29年(2017)5月16日に宮内庁より、秋篠宮家の長女:眞子樣
(樣は近世の最上級の敬語)が小室圭さんと婚約予定であることが明
らかにされた。6月1日から眞子樣が、からブータンを訪れている。
平成14年(2002)8月13日(水)〜8月21日、私は友達の井田君と
「雷龍の国ブータンとタイ・アンコールワットへの旅9日間」の「風
の旅行社企画手配旅行」に行った。ブータンの旅は4泊5日だった。
画像




【1】 眞子樣のブータン訪問

6月1日 眞子樣がブータンに到着した。
6月2日 首都ティンプーでワンチュク国王夫妻と面会された。
 ブータン王室は、右手の薬指に指輪をした振り袖姿の眞子樣が夫妻と
 並んだ記念写真やジグメ・ナムゲル王子と笑顔で王宮の庭を散策する
 写真などを公開した。
6月3日 ブータン・ティンプーでジグミ・シンゲ・ワンチュク前国王
 と会った。
6月4日、 眞子樣は首都ティンプーでの全日程を終えられ、パロに向か
 われた。
6月5日、パロのゾン(宮殿兼仏教寺院)の訪れた。
画像

●国立博物館
画像

画像


●ぞん
画像

画像



6月6日 ブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」
 の称号」を贈られた「ブータン農業の父」:西岡京治さんの功績たどる
 旅を展開するらしい。
*********************************
 ということで、私のブータンの旅を思い出した。



【2】 箕輪初心:生方のブータン訪問

1)ブータンの服(当時7000円?)
画像

2)ネパールの服
画像




箕輪初心◆海外45【ブータン】=ヒマラヤ山系の飛龍の国
http://53922401.at.webry.info/201111/article_17.html


★平成23年(2011)11月16日(水)ブータン国王夫妻来日中。
ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王と
ジェツン・ペマ王妃の歓迎式典が17日に皇居で行われた。
夫妻は11月15日から21日の6日間の日程で来日している。
私が行ったのは9年前。懐かしい国である。
■訪問記・・平成14年(2002)8月13日(水)〜8月21日
「雷龍の国ブータンとタイ・アンコールワットへの旅9日間」
風の旅行社企画手配旅行
1)ブータン:パロの子供・・・・「日本人そっくり。」
   ブータン人は日本人によくにている。
   蒙古斑もある。けつが青いのだ。モンゴロイドだ。
2)タイ:アユタヤ  日本人町&3寺院(世界遺産)
3)カンボジア:@アンコールワット Aアンコールトムなど
 「ブータンに行ってくる。」と言うと、「どこ。」と聞かれる。
 冬は朝晩の冷込みはあるものの温暖な気候。特に今は乾季でよい。
 パロは標高1400m。でも、雪はふらない。 





■詳細編・・・平成14年(2002)8月13日(水)〜8月21日 
【1日目】平成14年8月13日(火) 
    金10万円・901ドル・ビザカ−ド
05:20 家・・・
11:30 成田・・・バンコク・・・
21:20   ・アジアエアーポートH  

【2日目】:8月14日(水)
04:15  ・コ−ルは4時だった ・・・・寝不足だあ。
04:30  ★朝食  サンドイッチ弁当をいただいて・・・。      
05:00 空港 
06:50 バンコク発  KB  121   ★昼食 {ビール。     }
  ・西岡京治・里子著「神秘の国ブータン」1600円を読む。 
  *途中、井●氏が一人だけ降りようとした。
    でも、ここはバングラデシュのダッカだった。
大洪水の水田が広がっていた。
 
10:30 パロ着(  空港)


  ・ビザ取得 @写真1枚はすでに提出 A申請書 
Bビザ代15日以内20$
   ・入国手続きは、簡単だった。 出国カ−ド確認.でも、びり。
  
ブータン王国  44か国(57)地域(12)



◆◆ブータンの歴史◆◆
4000年前  国が存在したらしい
 6C   チベットのカンポ王:仏教
 8C   タクツアン寺院
11C    ニンマ派・カダム派・カギュ派・サキャ派
14C    ゲルク派の台頭(現)
1616年   ガワン・ナムゲルがゾン(城 を建築開始→統一国家。
        ドウグ派が国教世襲制にしたが跡継ぎはナシ)
18C   群雄割拠の時代
19C   ペンロペの有力な力で統一   
      インドでの植民地支配
1864年   イギリスとの戦争 敗戦・・
         インド分をイギリス攘夷気運ノ高まり
1907年   初代ウゲン・ワンチュクの国内統一 
      初代 ドウグ・ギャルポ(雷龍王)
      2代 国王ジグメ・ワンチェク
      3代 国王ジグメ・ドルジ・ワンチェク     
            ドルジ首相の妹と結婚
1974年  4代国王ジグメ・シンゲ・ワンチェク国王  
       国民生活の民主化
1990年   テロ活動、国外脱出 近代化の矛盾 
2011年  5代国王ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王
来日。

12:10  出発 
※ガイドは、サゲさん ・・・ 28歳                
   18歳・・・インド留学2年・・・母の実家に逗留        
   20歳・・・日本語を勉強   ブータン風の旅行社に入社             
   26歳・・・日本のスポンサー濱さん(日本精機工社長)の
       援助で諏訪市ヤ駒ヶ根市のJICAヘ      
※運転手:ニドウさん  28歳                           
   27歳・・・カトマンズで2ヶ月間日本語を勉強        
   28歳・・・運転手のアルバイト・ガイドで生計                
          
  *治安 よい *国土 九州
  *気候 10月〜3月は、乾季 *農業 急斜面まで、田畑がある
  →●ブータンで、日本語を話せる人は6〜7人。
      うち2人は我々に付いている。    
  「こんな狭い道で行けるの?」「道路の仕事はインド人。」
   ・リンゴガ多い・・・インドへ輸出
   ・西岡奥さん宅
画像
 


12:30 ★昼食「トラベラーズ・レストラン」2000年5月オープン
  こぎれいな店だった。バイキングでよかった。ビールも飲んだよ。
   赤米・チャーハン・野菜炒め・焼きそば・インゲンためネギの
   クリーム風・春巻きなど   

14:00 出発  100円=40ヌルタム   1$=47ヌルタム

(1)パロの国立博物館・・・・パロ・ぞんの上にある。
画像

     @4階・・・石器時代    石斧
     A5階・・・10〜11C  仏教伝来
     B6階・・・        4つの宗派
     C5階・・・        タンカ
     D4階・・・14C〜    各地の衣装
     E3階・・・        金工細工や刀剣
     F2階・・・        動物の剥製    ワニ
     G1階・・・        竹細工・角細工
     H地階・・・        地下牢・槍
     移動・・・睡眠・・・?  川の合流地点で?
div align="center">画像 
 
16:00  デインプー  ウオンチイク・H       
画像

   ・4階303号室・・・競技場が一望。                                            <

画像




《デインプー市内散策》                            
「アートショップ・ギャラリー」 エンポリウム公営
 木製チャルメラ・・・・・・・・・(2000円) 〜 100$
 金属製チャルメラ・・・・・・・(2000円) 〜 30$ 94$ 100〜500$
チベッタン・トランペット・・30$(6700円) 〜  135$ 250$                  
シルク      1丈・・・200〜400$
18:30 ★近くの飲み屋で4人でビール
19:00 ★夕食・・・・4人で
     ウオンチイク・H    俺は風呂。井○氏は睡眠





 
【3日目】:8月15日(木)
05:30  ・起床・・・・明るくなっても太陽はなかなか昇らない。
盆地のため、霧が発生しているからである。

06:15  散歩・・・・朝早いので、あまり人はいない。
メモリアル・チョルテンに行こうとして失敗。
   犬7〜8頭がテリトリーを作って、外部の犬を威嚇する。
   俺に近づいてきて、咬もうという仕草をする。
狂犬病がいやだから、気になった。

07:00  ★朝食    井○氏はJICAのTシャツ

08:10  出発 *シントカ・ゾン(1628年)
08:30  ウジュバン村のゲート  ・ 俺たちの通行許可証を提出

         
   ・井○氏は「リンゴを1つ売ってくれ。」と頼んだ。×         
   ・次第に標高が増し、照葉樹林帯から青松の樹林帯に入っ
    ていった。シャクナゲの木が多く見られるようになった。
    ちなみに5〜6月には満開だそうだ。日本の樹木のシャ
    クナゲは3種類だが、ここには10種類くらいの色とり
    どりのシャクナゲがある。
  青松は日本の黒松に似ているが、松ぼっくりが15cmもある。                     

09:00 ドチュ・ラ峠3050m散策
   7000m級の山々はみえない。
画像
                         
@標高2800m〜3050mのド・チュラ峠の花の咲いている
植物約70種    
・ヤマアジサイ・黄色いジイソブ・カヤツリグサ系 ・ヤマハハコ
・オニアザミ・フウロソウ・オミナエシ近似種・ヨモギ
・タテヤマウツボグサ近似種・スイバ近似種・オドリコソウ近似種 
・シラネニンジン・キバナアキギリ・ニッコウキスゲ近似種
・オトコヨモギ ・ワラビ・イチヨウラン・青いミズヒキアザミ
・イワベンケイ近似種・タカネニガナ・イワタバコ・キツネノボタン
・ クルマバソウ近似種ノ実・ススキ・キソチドリ
・ハクサンチドリ近似種・クリンソウ・カラマツソウ・イワヒゲ
・ゴマナ・マムシグサ ミヤマハタザオ・ハナネコノメ・ミョウガ
・ミゾソバ・チダケサシ・ ヨツバシオガマ・シラネセンキュウ
・イワテトウキ・シシウド・ツリフネ・キツリフネ・クサボタン
・マルバハギ・ナンテンハギ・ハナイカリ・イタドリ近似種
・ハンゴンソウ・ウスユキソウ・イワオトギリハナウド・イケマ
・カラスノエンドウ
画像


A樹木・・・・カエデ・ヌルデ・ウルシ・馬酔木・クルミ・カシ
   ・ミツマタ・サルオガセ・ノリウツギ
B鳥・・・・・・鳥   頭が赤、体は紫、腹はオレンジの鳥。
        「るりかけす」
C昆虫・・・・・とんぼはアキアカネで、日本と同じ。
      ・赤とんぼは少し大きく、背中が白っぽい。
      ・シオカラトンボ・・・・背中が白っぽい。
       ・バッタ     羽を広げると、青い   
       ・いなご・・・・・・・ブータン人、食わないって。
      ・蝶6種類・・・・アサギマダラに似ている蝶など
C魚・・・・魚は捕るのに許可が必要。
         ブータン人は宗教上あまり食わない。
E蟹・・・・・上流に多い。ブータン人、食うって。

10:10   急勾配の曲がりくねった道をどんどん下る。
      反対の山は岩山で、ヒマラヤ五葉松が見える       

11:00  プナカ  1950年までの300年間は、冬の都
     
11:25 (2)プナカ・ゾン (ゾン=城) 夏だけ見学できる。
    (夏、仏教の最高権威者がディンプー)
    秀吉が築城した墨俣城みたいに川と川の間に城がある
    天然の要塞だ。しかし、1994年、3分の1が洪水。

   ・吊り橋・・・門・・・傾斜のきつい階段・・・

   ・ゾン=城の入り口

   ・中庭(巨大な塔ウチエ・菩提樹)回りは2階だて?
       の修行場で正面は高い建物
画像


   ・第2中庭ニ入ると、大きくて高い講堂キュンレイ・・・


   ・階段下・・・若い僧が踊りの練習をしていた。
    有名なセルダのお祭りの練習風景を見られ、ラッキーだった。
   ・10歳位のかわいいお坊さんが3人いたので写真撮影した。

12:25 タロ・ゾン・・・小さな丘に寺院兼城。

   「チミ・ラカン」=子宝の神様という。
    15歳位の子どもができない家族がお参りに行くそうだ。
    子宝を望む女性はポー(珍棒)の亀頭をなでるのだそうだ。
    そういえば、家の入り口の戸に1m位の巨大な勃起状の
     1対のペニスが射精している絵が描かれている。
  ★日本人にとってはびっくりの絵である。子宝ヤ子孫繁栄を
     願う親の気持ちを思う親心かと納得した。
     その点、俺たちはずいぶん親不孝者である。  
     井○氏のお宅から100m程離れた所に飯守神社がある。
     ここも50cmの珍棒が50本以上ある。
     緑泥変岩で作られている。江戸時代に子宝の信仰から
     性病(梅毒・淋病)にかかった伊香保温泉等の
    遊女が病気平癒祈願に来たそうだ。
  (@「群馬の性神風土記」より)

12:50 ★昼食「ドラゴン・ネスト」 
    ウオンディ・フォーダンのゾン=城を見ながら・・・・、
     川沿いのこぎれいな店だった。 
    ビールを飲み過ぎた。
    赤米・チャーハン・野菜炒め・焼きそば・インゲン
   ・春巻きなど。コーヒー
   井○氏の南米でのつりの話・・・ここでも釣りがしたい。
  ・散策  一人の子どもがいたので写真を撮った。
    ゾンや蝶も撮った。川の中の粉ひき装置が面白い。
13:50 橋の入り口で俺たちの通行許可証を取ってもらった。
     
14:00 ウォンディ・フォーダン
   散策・・・・小学生の写真三昧・デジカメに盛り上がって
     大騒ぎだった。楽しかった。マルコメみその
   坊主頭の男の子やおかっぱ頭の女の子は日本人そっくりなんだから
画像



14:45  出発  ・井○氏のタバコはどこ?  
    そして、ひたすら睡眠
   ・ド・チュラ峠・・・バケツをまけたような大雨。
     ★残念。山はよく見えない。
16:00  ナイス景色はいつになったら見られるのか。
     雨の急斜面を急ぐ車に、井○氏と俺はびびっていた。

17:30《デインプー市内散策》                         
   ・土産物店・30$で、ブータンノ正装ゴーを1セット購入。
    服を着て別の土産屋に行った。日本人がいたので、
    「何か、いいお土産、ありましたか。」と聞くと、
    「日本語、上手ですね。」と返事が返ってきた。・・・
     「俺、日本人です。」と答えた。

    ・井○氏は、30コのお土産を買った。
     俺も吉田治ちゃん(再び同僚)にと思って、追加した。
 
19:00 ウオンチイク・H  ・4階303号室・・  
19:30 ★夕食 ・車:4駆の話・・・ブータンは国賓だけ。
    ・サダさん「3回、トレキングにガイドとして行った。
     一回2週間かかる。約6000m迄」
     「俺達もいきていえよ。」。
    井○氏「ブルーポピーを見たい。湯沢のアルプの里では
       納得できない。」
    「井○氏、早く言ってくれえ。組み方によっては3800m
     位まで車で行って4200m位まで行けたのに・・
    ・今日も、たらふく飲んで、食った2人であった。
    ★必ず、太る。
21:00  ・就寝 ZUZUzuzu・・・・ 



【4日目】:平成14年8月16日(金)   
06:00 ・起床  
06:30   ・散策・・・メモリアル・チョルテン
07:00   ★朝食 井○氏がレストランで待っていた。 *ジュ−ス
08:00   ・出発 
08:10  (1)メモリアル・チョルテン:3代国王の墓。所
       ・特別に本尊の金剛力士像を見せてもらった。・・
     ・力の象徴。
       ・井●氏は5周するといって、特別な思いで回った。
   願いがかなうといいな。
    (2)JICA ・・・・いなかった。

08:50  (3)ラジオ局横からのながめ・・・・町を一望。
09:20  (4)ドゥプトク尼僧院
画像
  
5〜60才くらいまでの尼さんがお経を唱えている。
  中に入ると、小麦で練った色つきの飴子供たちが
   粘土状に加工していた。
     タントン・ギャルト
     タシチョ・ゾンの展望        
  国王のオフィス兼ブータン仏教の総本山
画像



10:20 (5)ブータン民族博物館    釘一本もない木組みの建築物
    
     屋根裏・・とうもろこし乾燥・藁
     急な丸太階段
     3階・・・台所・居間・客間・仏壇・宝物・便所
     2階・・・食料倉庫・道具置き場
     1階・・・牛小屋
     外・・・・2時間くらい焼いた石を水風呂に入れる  
    水車小屋・・・石臼でそばを挽く


10:45(6)郵便局・・・切手を買った。20j  
     ・井○氏は石楠花とブルーポピーにこだわった。
     ・海外旅行で知合った人には、旅行先から出すのが、
かっこいいが、今回も出せなかった。
      
10:55  ホテルに戻って、トランクのピックアップ      
11:20  出発   睡眠
12:30  パロ    ホテル・・・441号室

13:00  ★昼食【ソナム・トペル】
(ビ−ル、サラダ、鯛みたいな魚のフライ)マツタケ山ほど14〜5本分  
 4つのゾンガ語講座
 1 こんにちは  クズ ザンポー
 2 ありがとう  カディンツェ  
 3 お願い   
 4 さようなら  ラソ
・店のおばさんに「マツタケは今がシーズンか?」
と聞くと、「7=9月」といった。「レィニー・シーズン。」
   「ブータン人も食べる。」という。サダさんのいっていたこ
とと違うことをおばさんは言った。  
  ・きのこの話・・・ブータンにきのこは数千種。
マツタケは日本では赤松だが、こちらでは青松の林に分布。
   年間12万tの生産量を誇る。味は日本産に近かかった。
韓国・中国・カナダ産よりおいしい。ラッキー。
 
  ・俺だけ、長ズボンとり、井○氏は町の散策  
14:00 (1)パロ・ゾン・・「リトル・ブッダ」のロケ地に
なったそうだ。
画像


  吊橋「カンチ・レバー橋」  右に小学校・・・
歌を聴きながら、長い急さか300m。暑い。ばてた。
    
 階段と建物はいつでも切って落とせる要塞だ。
   入り口・・・「宝石の山の城」15C建立。1907年消失。

   中庭・・・回廊があり、住居やオフィスになっている。
    中央には本堂がある。


14:45  帰り道・・・井○氏は高さ1,5mの塀を乗り越え、
小学生と写真を撮った。
   急に先生らしき人きて、何かいったので、
俺は「フォト・オンリ」といった。笑ってごまかした。
   さらに、吊橋の入り口でさら紙にプリントされた英語を座り込ん
でいる4人の小学生に話しこんだ。
   不審者:井●氏の姿・・・・・・・・・・・・?   
   「小学校6年位?ほとんどのブータン人は英語を話せる。
      ゾンカ語のほかに・・

   ・就学率50パーセント以下なのに・・・
    「だめだ。むしされた。」といって、井○氏が笑いながら、
    日陰の吊橋中央にいる俺に近づいてきた。
   ・サダさんと二ドウさんは柳並木の入り口で待っていた。  
  

15:10 (2)キチェ・ラカン{ブータン最古のお寺}

    7cにガンポ王が建立。
    すでに西遊旅行社のツアー約20人が来ていた。
    俺は隣のマニ車を回している老婆をしばらく見ていたが、
     その後一周。
    ・特別に本尊の佛像を見せてもらった。・・・寄付。
    ・旧堂の十一面観音も拝ましていただいた。///寄付。
     出口で、また、井○氏がおぼうさんと何か話し込んでいる。
     ・・・いなかって、いいなあ。寺が農村に溶け込んでいる。
        
16:20(3)最高の聖地タクツアン{虎のねぐら}を一望。

     ここに行きたかったあ。ハイキングはこのあたりからか?
     日本女性が止まった。後日、飛行機で隣の席だった。
     *インド軍ノ兵隊500人?・昔チベット・今中国との敵対関係
    サダさん「日本の日米安全保障条約と同じ。」すごーい。
     
16:40 (4)ドウゲ・ゾン{ドウゲ派の勝利}
      1647年に王が建立。今は廃墟。

       インド軍の兵隊約50人程が来ていた。
      俺はチョモラリが見えないか、しばらく見ていたが、
       ガスっている。

       
17:00  車はパロ市内を越え、先の村に進んだ。
     空港の職員の女性に「空港職員でしょう?」と聞くと、・・・  
    ・農村地帯に入っている。水田が広がっている。俺の村よりちょっと広い。
        
17:30  (5)農家見学
      ●道から一軒の大きな家が見えた。
     道路わきに車を停め、小道を下る。
     牛の糞に気つけながら・・・
     りんごが多い。井○氏はりんごを気にしていた。
     いきなり階段を上り中に入ると、叔母さんがいた。
     ●居間には、だいぶ日本のお土産があった。
      井○氏はお土産を気にし始めた。あげる物は皆無だった。

      俺・・井○氏に見学を入れたのを話してなかったしな。
      ミニトレッキングができないと言われたので、
      仕方なく入れた見学だった。
18:20  ●お茶・焼酎らしき酒を2杯・・・ご馳走になった。
      「この家に日本人が2人泊まる。しかも女性です。」
     とサダさんが言った。
      猫にはポップコーンをサダさんがあげていた。
     俺は個人の仏間を見せていただいた。
     ・「毎朝、主人がお祈りをする。」といっていた。
      俺んちも毎日、線香をたき、お供えするぜ。
    俺でさえ、この旅行をするにあたって、線香をあげたもんな。
    ●外に出て、ブータン式風呂を見学した。
    井○氏がボリビア時代、思いもしなかった発想の風呂らしい。
    外風呂なので、多くの場合は丸見えらしいが、
    この家は、元村長の格式ある家らしく、娘3人の裸は
    親が見せたくなかったのか、日本人旅行客のためかは不明。
    知り合いの若者は石を2時間焼いている。
    ●井○氏も俺もりんごをお土産にこの家を出た。
      
18:30 「田んぼのある田舎って、いいなあ。」
     という三木さんの言葉がなんとなく浮かぶ。
    ここももしかして、西岡京治という方がいなければ、
    田んぼがなかったのだろうか?・・・・・
     
18:40  故西岡京治氏の奥さん里子氏の家の入り口・・・

    シンゲさんと2人の日本人女性
19:00  オラタン・H・441号室・・  
     改装されたばかりの部屋だが、2箇所鍵が・・
19:30  ★夕食【ホテル】(肉料理・ビール)・・・
    ・井○氏は今日は6本。絶好調井○氏の秘密@10月に・・・?
21:00  睡眠       



【5日目】:平成14年8月17日(土)
04:00  ・起床  まだ、暗い。 トイレ。  
★りんごを食ったが、まずかった。
    井○氏はボリビアで一緒の沼田の山田卓ちゃんのりんご
栽培にこだわっていたのだった。
04:50 ・出発
05:00 空港・・チップはサダさんに20ドル、
二ドウさんに10ドルにした。
1日5ドルの収入で暮らしているから
   ★朝食【空港】(コーヒーだけ)。タバコを吸いに外へ
   シンゲさんは洋服を着ているので全く日本人と区別できない。
   日本8年。一番日本語が上手なんだろう。
  
   青年海外協力隊の女性・・・建築で来ているとのこと
   前首相・・・シンゲさん達、旅行社や見送りの人達はみな
         道を空けた。
       何か全体の見送りの人に話したが、答えたのは
         シンゲさんだけであった。
       首相とは顔見知りらしい態度であった。
         すごすぎる。シンゲさん。
     「アフリカに政治上のことで仕事に行く。」と言っていた。

★4代国王の妻の父=現5代国王の祖父?に俺は
     「こんにちは」と、2〜3m前に通った時に声をかけた。
     にこっと笑ってくれた。
06:50  パロ発  KB 120  2機しかない。    ★朝食 {ビール}

07:30 ・西岡京治・里子著「神秘の国ブータン」1600円を読む。
    ・隣の岡田さん・・・父はシニアの協力隊で、
出版関係・2週間で俺等と同じコース 。父に食事を作る。
    ・p212の週刊「クエンセル」
    ・珍獣「ターキン」(モテイタン動物園)ラジオ局の途中
    
インドのカルカッタにトランジット     
★昼食【機内食】・・・・

12:30  タイ:バンコク着(  空港)

画像

画像

★明日は未定?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方◆『2017眞子様のブータン』&2002海外45Myブータン旅行2』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる