城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政70第18話「あるいは裏切りという名の鶴」

<<   作成日時 : 2017/05/10 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日から、39.0℃〜39.6℃が続いている。ふらふらしてる。
【1】武田信玄の動向・【2】18話あらすじ、【3】井伊直政家臣5名
連名の「○○村辰之年貢俵定之事」の第1級文書
の(サインのみ)
@起…瀬戸方久の「機転」で直虎・井伊谷は生き残った。 
A承…直虎は領主としての資質がないと落ち込む。 
B転…直虎が孫子の兵法から、「小野政次」は井伊のためと気づく。
C結…政次は武田の侵攻が迫ってくる気配が次の心配のタネだっ
  た。政次は「戦わずして勝つ方法を考えます。」と伝えた。
画像

(★TVより)


【1】 武田信玄の動向

箕輪初心:生方▲真田丸6【生島足島神社】武田信玄の起請文・真田信之の起請文
http://53922401.at.webry.info/201601/article_8.html

・永禄4年(1561) 第4次川中島の戦い
武田信玄 VS 上杉政虎(上杉謙信)
武田信玄は対外方針を転換した。
上野国へ
駿河国へも視野にいれた。
武田信玄 VS 武田義信
★ちょっと確執が始まった。
武田信玄・・・今川領国への侵攻を志向した。
武田義信・・・※武田義信の妻は今川義元の娘だった。
   諏訪勝頼(武田勝頼)は高遠城主となった。
  武田信玄 VS 武田義信
派閥抗争に発展した。

・永禄7年(1564) 7月
武田信玄の嫡男:武田義信の傅役:飯富虎昌、側近:長坂源五郎
  昌国、曽根周防守虎盛らが武田信玄の暗殺の密談をして
  いたが、計画は事前に飯富虎昌の実弟:飯富三郎兵衛( 山県
  昌景)の密書により露見した。
・永禄8年(1565)年1月
義信事件に連座し誅されたのは
  ・飯富虎昌は謀反の首謀者として処刑された。
・長坂昌国ではなく、長坂勝繁が処刑された。
・曽根九郎左衛門尉の弟?が処刑された。
   ・・・曽根昌世の子
・鹿野??・・・・★子孫が埼玉さいたま市鹿野館に移住。
  80騎の家臣団は追放されたという。
★『甲陽軍鑑』の間違いか?


永禄9年(1566) 9月29日 箕輪城を攻略した。



・永禄10年(1567)
8月7日/8日 武田信玄は家臣団に信玄への忠誠を誓わせた起請文
   を生島足島神社に奉納した。
武田信玄が起請文を出させた理由は
@親:武田信虎を駿河に追放した。
 A飯富虎昌ら重臣に詰め腹を切らせた。
 B嫡子武田義信を幽閉した。
 結果・・・家臣の動揺・・・自分から心が離れていく可能性がある。
  C駿河・遠江方面に侵攻した場合、もし留守中に信濃、西上野
  在陣の武士たちが反旗を翻すことでもあれば、まずい。
  反乱の動きを警戒し、封じようとしたのだ。
  生島足島神社に現在残っている83通237人にも及ぶ甲斐・
  信濃・西上野の武将から署名・血判の上、起請文を書かせて
  誓約させることにした。


 10月19日 武田義信は東光寺で死去した。享年30。
 11月 武田義信の正室は駿河へ返された。

・宝物館
・武田信玄の起請文
★何と起請文に書かれている人の子孫が今日は4人も乗っていた。
 浅利・友松・塚越・富所の子孫の方々・・・凄すぎる。

●武田家臣団起請文83通
武田信玄は甲斐国・信濃国・上野国の家臣団に忠誠を誓わせた。
熊野牛王宝印の裏に署名され、花押・血 判された。
家臣の数は237名である。
永禄9年(1566)8月23日・・・・3通
永禄10年(1567)8月7日、8日に80通
◆◆ 起請文提出者 ◆◆
●甲斐 ▲信濃 ◆上野(群馬)
01 武藤神右衛門尉常昭・・・●真田昌幸の養父?
02 長坂源五郎昌国・・・・・△今川家からの付家老。義信事件に関与した?
03 三枝宗四郎昌貞・・・・・●石原家からの養子
04 小山田兵衛尉信茂・・・・●大月:岩殿城
05 安中左近大夫景繁・・・・★安中忠成→景繁(第2妻は甘利昌忠娘)
06 仁科盛政・・・・・・・・▲信濃
07 今福市左衛門尉昌和・・・●
08 浅利右馬助信種・・・・・★箕輪城代。直系子孫は黒崎氏。
09 室賀山城守信俊・・・・・▲信濃:室賀城
10 小泉喜泉斎重永・小泉内匠助宗貞・・・★真田昌幸以前の上田城小泉曲輪
11 望月遠江守信雅・・・・・▲信濃望月城
12 板垣左京亮信安・・・・・●
13 六郎次郎信豊・・・・・・●一門衆:義信の弟
14 小笠原下総守信貴・・・・▲信濃:林城?
15 吉田左近助信生・・・・・●一門衆
16 刑部少輔信廉・・・・・・●一門衆
17 海野三河守幸貞・・・・・●一門衆:義信弟
18 小幡三河守信尚・・・・・◆上野:下仁田の城
19 横田拾郎兵衛丞康景・・・●
20 小幡右衛門尉信実・・・・◆上野:国峰城
21 小幡左衛門大夫兼行・・・◆上野
22 浦野左衛門尉幸次・・・・◆上野:大戸城
23 跡部雅楽助昌長・・・・・●一門衆・・・・長男:和田氏・家督を継いだ。
24 原甚四郎昌胤・・・・・・● 一門衆・・・・箕輪城代
25 両角助五郎昌守・・・・・●一門衆?
26 大嶋五郎左衛門尉長利・・◆信濃大島城
27 後閑伊勢守信純・・・・◆上野:安中御感情
28 一宮兵部助氏忠・・・・◆上野:一宮(貫前神社)城
29 座光寺三郎左衛門尉貞房・・▲信濃:座光寺城
30 野村主水佑勝英・・・・?
31 大井式部大輔信舜・・・▲信濃:内山城→大井貞清は高崎根小屋城代
32 大井右京亮信通・・・・▲
33 大井源八郎昌業・・・・▲
34 高田大和守繁頼・・・・◆上野:妙義高田城・菅谷城
35 松鷂軒常安・・・・・・▲信濃:禰津城・・・禰津松鷂軒は鷹匠
36 高山山城守行重・・・・◆上野:高山城(世界遺産:藤岡高山社先祖)
37 麻績勘解由左衛門清長・▲信濃: 麻績城
38 和田兵衛大夫業繁・・・◆上野:和田城(高崎)
39 高山彦兵衛尉定重・・・◆上野:高山城(世界遺産:藤岡高山社)
40 片切源七郎昌為・・・・▲信濃:上伊那郡中川・・・片桐
41 梅隠斎等長 ●市川等長(山梨市)
42 大熊新左衛門尉長秀・・△越後箕冠城→武田家臣
43 依田又左衛門尉信盛・・◆上野:板鼻城? ▲信濃:春日城?
44 大井小兵衛満安・・・・▲信濃内山城・耳成城
45 小林与右兵衛幡繁
46 上穂善次為光
47 飯嶋大和守為方・・・・・・▲信濃:飯島城・・・・味噌作担当
48 海野伊勢守幸忠・・・・?信濃:白鳥城(海野宿)
 同 平八郎信盛
49 室賀治部少輔経秀・・・▲信濃:室賀城
同 常陸守正吉
同 甚七郎吉久
堀田豊後守之吉
50 熊井土対馬守重満・・・◆上野:小幡城・・・小幡信貞(信実)家老
弾正左衛門尉信高
佐馬助高政
自徳斎道佐
能登守行実
51 松本丹後守吉久・・・・◆上野:安中のふるさと館の上の城・安中氏家老
同 縫殿助定吉
友松将監行実・・・・・◆上野:子孫が高崎市井出町の友松千代松氏。
52 高山八郎三郎泰重
馬庭中務少輔家重・・・◆上野:吉井馬庭城(馬庭念流)
酒井中務少輔高重・・・◆上野:
53 依田兵部助隆総
桃井蔵人佐頼光・・・・◆上野:榛東&吉岡の大藪城
塚越新助重定・・・・・◆上野:保渡田砦★私の母方の先祖。

54 甘利郷左衛門尉信康・・●甘利昌忠弟。真田幸綱の白井城攻めに参加。
城和泉守景茂
今井九兵衛昌茂
玉虫助大夫定茂
六嶋六右衛門尉守勝
55 猿渡宇左衛門尉満繁・・◆上野:??城・・子孫は高崎在住。
和田佐渡守業政・・・・・◆和田業繁のはずであるが、養子は跡部勝資から
富所彦次郎業久・・・・・◆上野:??城・・子孫は高崎市国府
56 簗賀縫殿助吉久
荻原民部定久
同 図書助長久
同 玄蕃允重吉
野口佐渡守成吉
戸塚大蔵重吉
57 小林五郎左衛門尉盛重・・・◆上野:藤岡小林城
大井甘助高幸
小林図書守業吉
上田七郎兵衛常善
小林新助秀永
小海宮
58 馬場小太郎信盈・・・・・・●馬場美濃守信房公
青木右兵衛尉信秀
山寺源三昌吉
宮脇清三種友
横手監物満俊
青木兵部少輔重
59 依田長門守頼房・・・・▲か◆か
楽厳寺雅方・・・・・・・▲信濃布引城
依田
篠沢新九郎雅
布下仁兵衛雅朝
諸沢堪介信隆
60 羽中田民部右衛門虎具
鮎沢八郎右衛門尉虎守
鮎川清三郎昌尚
61 安中五郎兵衛家繁・・・・◆上野:安中城・・景繁の子
同名刑部助繁勝
62 松本総右衛門尉重友・・・◆上野:安中・・・景繁家老
同 膳右衛門尉行定
須藤縫助殿久守・・・・・◆上野:安中・・・景繁家老
63 市川兵庫助景吉・・・・?◆上野:南牧砥沢城?か●北杜の市川か?
小沢源十郎行重
市川四郎衛門重久
同 四郎兵衛貞吉
縣河彦八郎直重
高橋左
64 小河原右馬助重清
 神保小次郎昌光・・・・◆上野:甘楽富岡
65 黒沢駿河守重慶・・・・◆上野:上野村?
同 出羽守定吉
同 掃部助光吉
同 兵衛尉重家
土屋上総守重綱・・・・・●
66 桑原式部少輔康盛
塔原藤左衛門宗
城内二助貞維・・・・・・・▲大井系堀内氏・子孫が村にいる。
山崎善七郎
同名藤五郎貞吉
67 山口大炊助高清
新五郎高貞
高瀬与兵衛能業・・・・・◆上野:富岡
上条権助高業・・・・・・◆上野:
武河左近助実吉・・・・・◆上野:
同 又右衛門尉高
68 諏方右近助豊保・・・・◆上野:松井田*長野憲業の子ども?
諏方左衛門尉頼運・・・・◆上野:松井田か?
大輪監物勝親
高出左兵衛昌海
知久次郎左衛門遠包・・・▲信濃飯田
飯嶋出
69 麻績市尉光貞・・・・・▲信濃: 麻績城
関岡宮内右衛門光助
関又助光吉
70 岩下駿河守幸実
同名新十郎長高
同名源介幸広
塔原織部幸知
大口右馬介 辰
小 助忠助

71 小笠原新八郎長記・・・・▲信濃:林城
同名 孫十郎長和
同名 甚十郎長穂
下枝田右衛門尉久綱
常葉平左衛門尉定満
72 海野左馬亮幸光・・・・・▲信濃:白鳥城
常田七左衛門尉綱富・・・・▲信濃:上田・・・真田幸隆の弟
尾山右衛門尉守重
桜井駿河守棟昌
小艸野若狭守隆吉

73 浦野宗波軒信慶・・・・・▲信濃:武田信玄の妹+浦野の子ども
同弥三左衛門尉政吉
同新左衛門尉貞次
同右衛門幸守
同久右衛門尉吉忠
浦野
74 半右衛門尉
平介
惣二郎
四郎右衛もん
弥六郎
藤右衛門尉
忠介
藤三
75 堀金平大夫盛広
古厩平三盛隆
渋田見源介政長
沢渡兵部助盛則・・・・◆上野:沢渡?
日岐盛次
穂高左京亮盛棟
76 小幡彦太郎具隆
77 伴野左衛門佐信是・・・・▲信濃:前山城→高崎根小屋城
                 宗家は私の家の3軒隣・・・
78 麻績勘解由左衛門清長・・・▲信濃麻績城
79 大日向上総介直武・・・・▲鬼無里方面
80 赤須二郎三郎頼泰・・・・▲信濃片切の一族
81 伴野三衛門尉
飯嶋与兵衛尉為政・・▲信濃飯島から木部城・和田城に入った。味噌番
片切二兵衛尉為房
82 野沢四郎兵衛康光
伴野善七郎君家・・・・・・・・▲→◆
同名東青軒如心
下村新右衛門尉重守・・・◆
同名与左衛門尉満幸

83 牛田善右衛門尉真綱
奥秋加賀守房吉
小林和泉守房実
河村治部左衛門尉房秀

●古文書

84 武田信玄安堵状起請文
85 丸子良存寄進状起請文
86 武田信玄願文起請文

・永禄2年(1559) 武田信玄は願文を奉納した。
   長尾景虎(上杉謙信)との決戦を前に戦勝を祈念した。
・永禄4年(1661)第4次川中島の合戦
   武田信玄・上杉謙信の一騎打ちで有名である。
87 壱岐・三かわ連署願文起請文
88 真田昌幸朱印状起請文
  ・天文10年(1582) 武田家滅亡後、真田昌幸が上田領主と
   して独立した。
89 平盛幸願文起請文
90 工藤美作守等連署定書案起請文
  
91 小幡信繁願文起請文
92 真田信幸(信之)寄進状起請文


・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い
  ・慶長6年(1601) 真田信之は40貫文を寄進した。
   ※真田信之が上田の治安回復と政権確立に努めた。

93 真田信幸(信之)朱印状起請文
・慶長13年(1608)真田信之は造営料15貫文を預け置く。
  ・慶長15年(1610)生島足島の諏訪大明神の社殿として改修
   造営した。

94 下之郷供僧社人目安案起請文


箕輪初心▲武田信玄:鉢形城〜滝山城〜小田原城〜三増峠の戦い
http://53922401.at.webry.info/201411/article_19.html
 ★武田信玄は北条を牽制した。

・永禄10年10月
  甘利昌忠・真田幸綱(幸隆)・金丸虎泰が箕輪城城代
  城番・・・曽根昌世・伴野助十郎・大井貞清など
  
  義信事件後、今川氏との関係が悪化した。

・永禄11年(1567)
  武田信玄は今川領国への駿河侵攻が開始した。
 
10月 武田義信が甲府の東光寺に幽閉された。
 今川義元の娘と強制的に離縁された上、後継者としての地位を失った。
  (★『甲陽軍鑑』)
11月13日 異母弟:諏訪勝頼(武田勝頼)に織田信長の養女:
  龍勝院を迎えた。諏訪勝頼は高遠城主となった。
   (★『甲陽軍鑑』)







【2】

◆ナレーター
「妖術か」・・・瀬戸方久が持ち込んできた種子島がどこかにいってし
まった。鉄砲は小野政次の手元に渡っていた。
政次は虎松の後見人を変わるように井伊直虎に迫った。


〜〜〜テロップ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
タイトル「あるいは裏切りという名の鶴」


●井伊館
政次は直虎に「一緒に駿府に行くように・・・・」
促す。
中野直之が政次を斬ろうと、柄に手をかける。
奥山六佐は止める・
直虎は「斬ればもっと面倒になる・」
と直之を制した。


直虎・直之・瀬戸方久・政次と一緒に駿府に行くことになった。

瀬戸方久は五平がつくっている鉄砲の筒も元を見て、
「まだできていない。これでは儲からない。」
と嘆く。
しかし、方久は次の瞬間、何かがひらめいた。
方久はみるみるうちに復活していった。

●龍たん寺
六左衛門が直虎が駿府にいったことを南渓に報告をした。

南渓は「種子島貸してもらえないか。策を考えた。」
六佐「種子島は方久がもって出ていってしまった。」
という。
南渓は・・・・

●山寺
政次と直虎・直之は山寺に泊まり支度をしている。
直虎は珍しく弱気になった。
「小野に虎松の後見を任せた方がいいのではないか。」
と弱気な発言を直之に言う。

「大方様に会わなければ。・・・」
寿桂尼と話がして許して貰う作戦考えていた。
政次が今川氏真に取り入っているからである。

●今川館
直虎・直之は、政次に「寿桂尼と話しをさせて欲しい。」
と頼んだ。
「大方様(寿桂尼)は病に伏せっておりますので、話ができる状態
 ではありません。」
政次にきつく言われてしまう。
直虎のがっかりした。

●方久の駆け引き
方久は種子島を見せた。続いて、試作途中段階の種子島を見せた。
「井伊谷では、ここまでしかできませんでした。
「しかも大量には作れません。鉄もあまりありません。
 ・・・そこで、商いの話です。・・・・・
 私は町人ですが、井伊家に仕えております。・・・
金の犬です。カネカネカネ・・・・・と臭いがすると鳴きます。
「面白いやつよのう。」
関口氏経も苦笑いをしている。
「そこで、種子島とこれを買っていただけないでしょうか?・・・
 今川の土地で大量に造るとうのは、如何でしょうか?」
とににたたとする。
「この話、乗ったあ。」
と氏真が立ち上がっていう。

そこへ方久が来た。
「商いをやってきました。」
と笑っている。
方久は「種子島を五平の造った種子島ごと今川家に売り渡してき
 ました。これで、謀反を起こそうとした形跡がまったくなくな
 ってしまいました。」
「でかした、方久、お主って男は・・・」
直之と直虎・方久の3人が手をとって喜ぶ。

慌てたのは政次だった。
政次は一人で氏真に会うことになった。
ところが、政次が今川氏真と会っている最中に、急な知らせが・・・・・
「信玄公が義信様を幽閉しました。」
氏真は緊急事態に慌てふためく。

画像

※武田義信が武田信玄に謀反の疑いをかけられて幽閉されてしまったので
ある。氏真の妹は武田義信に嫁いでいる。武田と今川の同盟は武田義信が
今川氏真の義理の兄弟がいて成り立っていた。
・・・幽閉されたことで、同盟は崩れてしまう。
今川家が武田家から攻められる可能性が高くなってきたことを意味して
いた。

政次はいとまを申し出て、密かに成り行きをうかがった。
氏真が寿桂尼に会いに行く。
「おばば様、お婆様でないと、解決できません。」のようなことを言った。
しかし、寿桂尼の手は力がない。死の淵をさまよっている状態。棺桶に
をまたいだ状態になっている。
「もう一度、いってみよ?」


●井伊館
直虎たいは、井伊谷に戻った。
お祝いをしはじめた。
◆回想編・・・方久がどのように氏真に話をもっていったのかを説明する。
瀬戸方久は今川氏政に種子島を献上し、「これを駿府で作ってはどうでしょ
うか」と提案し、生産の資金を折半してもらうことに成功する。

六左「南渓様と同じくらいの・・・」
方久「南渓和尚さまと同じくらいの頭・・・・
と浮かれた。
直之「それほどではないがな?」
と一緒に盛り上がる。
しかし、直虎だけがどこか浮かない顔をしている。
直虎は「和尚様に挨拶に行ってくる。」
と出て行った。

●龍たん寺
直虎は和尚様を起こした。
中に入った。
直虎は「他のものに知恵を借りてばかり・・・・
    綿では政次に・・・種子島では方久に・・・・。」
と卑下する。
南渓に相談する。
「借りられる者から借りればよい。」

すると、南渓は書物を直虎に渡す。
「孫子」の兵法書であった。

「当主になるような人物なら。みなが学んでいるようなものだが、
 直虎のよさを殺さないために・・・これまでは渡さなかった。
 直虎よ、お前の良さは諦めの悪さと・・・(自由な発想?)・・・」
と説明する。
「この際に先人の知恵を学んでみることもいいだろう。」

●小野館
政次は酒を飲んでいる。でも、空のとっくりで継いでいる。
なつがきて、「お兄様・・何をお考えですか?」
「いや、別に」
なつが酒をつぐ。・・・
政次は「お土産だ。殿たちと一緒に食べてくれ。」
※駿府の桜型の砂糖菓子であった。


●井伊館
直虎は、寝食を忘れて本を読みふけった。
直之がやってきた。
「殿、何故、そのようなものを読むのですか。」
と直虎に質問する。
直虎は「この書物はみなが勝手なことばかり言っておる。」
と答える。
直之は「気に入ったものだけを拾うと頭に入りやすいのでは?」
と直虎にアドバイスした。

しばらくすると、今度は母:祐椿尼となつ(政次の義理の妹)が
やってきた。

なつは砂糖菓子を持ってきた。
みんなで、駿河土産をたべた。

なつは、「兄上が(ぼんやり)していたので心配でやってきました。」
直虎はなつに「何故、小野の所ににいるのか。」
と質問する。
なつは「直盛様がくれた縁なのです。」
と答える。

「兄上は政の話は一切しません。私たちを気遣っておるのです。」
 直虎様とは敵対していますが、兄は兄で・・・・

会話をすればするほど、なつからは政次のいいところばかりが目立つ。
直虎は納得がいかない。
なつは「兄は優しい方です。直虎様から見ている見方がすべてでない
 と思っていただけたら・・・。」
と言う。


その後、たけと祐椿尼が話す。
たけ、「あの男は父のように乗っ取りを企んでるいやな男でござい
ます。」
「なぜ、小野政次は結婚をしないのか。子をなさないのか?井伊を
 乗っ取りたいとしたら普通は家を大きくしたいもの。しかし、政
 次にはその気がない。・・・贅沢をする気持ちもないようだし・・・。
 なのになぜ、虎松の後見人にこだわるのか。????」

2人が部屋を出ていった。
直虎は「孫子」を読んだ。
すると、そこには孫子の兵法
「敵を欺くにはまずは味方から・・・」
という言葉がでてきた。

直虎の頭の中に政次のことが浮かんだ。
「まさかあ?」

直虎は南渓に会いにいった。
直虎は寝ている南渓を起こした。

「政次は、自分たちを欺いているのか。」
「それを和尚様は知っておられたのですか。」


「わしは政次でないので、分からん。・・・
 政次は優しい男だ。」
「政次は今川から矢面にたち井伊を守ろうとしたのではないか。」
「もしそうだったとしても仲良しごっこをするとその政次の想いを無に
 することになる。」
と答える。
直虎は、「政次の想いはつぶさないようにする。しかし、一つだけ政次は
    間違っている。」


●龍潭寺の井戸
政次は直親に話かける。
「武田が今川をつぶそうとする。・・・井伊は武田、松平、今川の3者に
 挟まれ、ますますやっかいになっていく。だから、直親が直虎の枕元に
 たって早く下がるように言ってくれないかのお。・・・」

直虎が政次を見た。
「直虎様」
と言い、その場を去ろうとする。
直虎は政次の裾を掴んで放さない。
直虎は、政次に「少しでいいからわれと話そう。」
と言って引き止める。
「今更、結婚してくれっと言ってもしません。」
直虎が怒る。
「ざれごとですよ。」
とかわす。・・・★本当は結婚したいと思っているのかもしれないが?
「政次なら井伊をどのように守るのか?」
と質問する。
「お主が一番井伊のことを心配しているのではないか?」
しかし、政次は答えない。
直虎は「直親の分身をすることを自分で決めた。女子であるとか、つらい
   思いをしなくてもすむようにというように思っているのであれば、
   それは間違っている。」

そして、やがて政次が「自分なら井伊を守るために戦わない道を探る。」
と答えた。

「武田義信が武田信玄に幽閉された。武田が今後は今川に牙をむく。その
 ため、武田と松平に目をくばっておく必要がある。」
直虎は松平と聞いて、瀬名のことが頭に浮かんだ。

●龍たん寺
翌日に、南渓に相談をした。
「戦わずして勝つためには・・・・」
すると、南渓「常慶が橋渡しの適任ではないか。・・・
 奴は秋葉神社にいて武田に近い。松平との間をとりもってくれる。
 常慶は松下家で今川の家臣である。」
「間者には最適ではないですか?」
★@井伊直政の母:ひな(TVでは「しの」)は松下常慶の兄:松下清景
との結婚と発展していくことになる。
 A徳川家康との井伊直政・小野朝直(亥之助)の面会の伏線があり、
ドラマの先が見えてきた。

南渓は、「以前の松平のことをもうよいのか。」
と聞く。
「今の自分にはそのような贅沢を言える余裕になどありません。」
と答えた。
南渓は直虎の領主としての器がまた成長したことを感じとった。


●井伊館
「・・・殿は思ったようにする。」

「之の字は?」
にこにこそながら、「殿の失敗した時のことを考えます。」

直之は的に弓矢を放った。
直虎は安心した。

●駿河今川館
寿桂尼は手紙を書く。復活したのだ。気力だ。
「・・・」



◆瀬戸村

「綿の収穫が行われた」


●船
「御館様、・・・陸は如何でしたか?」
「悪がいた。」
と直虎の水筒で水を飲む。」



◆ゆかりの地

瀬戸村・・・「瀬戸方久は松井氏を名乗った。」

二俣城・・・松井との繋がり・・・
画像

9月27日・・・今川からの方久の書状・・・・。
画像


ちなみに松井宗信の一族は箕輪に来ている。
 検地に松井や奥山等の5名の連名のサインがある文禄元年の1級
 文書を見てしまった。裏表で5人だった。
 平成29年(2017)5月11日、青柳宗春(ブログの名前)氏より
 「井伊直政の文禄元年の検地」の一貫を見せていただいた。
 文章は私の大学院師匠に教わろうと思っているので、公表は
 2年先かなあ。悪しからず。
 
画像



●▲■井伊直政シリーズのブログ一覧


●井伊直虎・直政シリーズ平成29年(2017)〜*************
箕輪初心・生方▲2016井伊直虎・井伊直政bP
『高崎学ソシアス講演会原稿』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_1.html

箕輪初心:生方▲箕輪城238『長純寺・石上寺・東向八幡・字輪寺
&信玄家臣:塚越伴七調査』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_2.html

箕輪初心:生方▲箕輪城239『長野業政・井伊直政』&長野堰3碑&
世界かんがい施設遺産『長野堰』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_3.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bR【井伊家初代:井伊共保】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_9.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bS【井伊氏系図8】&
『鎌倉時代の井伊氏 』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_10.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bT【南北朝時代の井伊氏と宗長親王】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_11.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bU『戦国時代の井伊氏』修正版
http://53922401.at.webry.info/201701/article_12.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bV【第1話『井伊谷の少女』
&「井伊谷・彦根城」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_13.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bW【井伊谷の散策2回】と
『NHKのTV「井伊谷」』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_14.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bX【井伊谷城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_15.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政10【井伊氏館跡・井伊直満の墓】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_16.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政11【龍潭寺の『直虎の墓・
直政公の墓・位牌』】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_17.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政12【浜松の宿下吉庵で「梅酒:直虎」を飲んだ】http://53922401.at.webry.info/201701/article_18.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政13【許嫁:井伊直親&松源寺:文叔&松岡城:松岡貞利】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_19.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政14【第2話:崖っぷちの姫】
&「井殿の塚」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_23.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政15【井伊直親の逃走〜2人の子ども
〜井伊谷帰国】資料編
http://53922401.at.webry.info/201701/article_26.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政17『次郎法師&直政の書籍の所持数36』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_27.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政18「柴咲コウ・菅田将暉」と「群馬の新聞」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_28.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政19『広報はままつ2016年4月号特集
「井伊直虎」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_29.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎:直政20【第3話『おとわ危機一髪』】
&「臨済寺」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_31.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政21【歴史秘話ヒストリア「おんな城主
:井伊直虎」】http://53922401.at.webry.info/201701/article_32.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政22【井伊直虎って誰?&
「井伊家傳記」の信憑性諸説】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_33.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政23【井伊谷・歴史本・
小説・ゲームの中の井伊直虎】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_34.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政24『井伊直虎の家臣:井伊谷七人衆』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_35.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政25『小野妹子→小野和泉守政直(道高)』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_36.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政26『小野政次・小野朝之』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_37.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政:27第4話『女にこそあれ次郎法師』
&「龍潭寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政28『井伊一族:中野家』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_3.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政29【頭陀寺城】と松下之綱と徳川家康と豊臣秀吉
http://53922401.at.webry.info/201702/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政30【松下清景】前編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政31『松下清景→松下一定子孫』後編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政32『高崎文化協会:箕輪城
・井伊直虎ブース』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政33【第5話『亀之丞帰る』】
&「高森町松源寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政34【村の写真展:My井伊家シリーズ】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政35【鈴木重勝→鈴木重時→鈴木重好】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【近藤康用→近藤秀用→5近藤】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【菅沼忠久→菅沼忠道】
&【菅沼定盈&菅沼定利】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政37【奥山朝利の娘と井伊家家臣団】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政38【6話「初恋の別れ道」】詳細編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政39【新野左馬助親矩と娘婿】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_19.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政40▲『奥山朝利の娘:ひよ
→井伊直政の母』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政41【第7話「検地」
&駿河:富士浅間神社
http://53922401.at.webry.info/201702/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政42【第8話「赤ちゃんはまだか」】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_29.html

箕輪初心:初心▲井伊直虎・直政43『井伊谷7人衆:遠江松井一族』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政45【第9話「桶狭間」&史実編】&
井伊直盛の墓
http://53922401.at.webry.info/201703/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政46『奥山朝利殺害2説』
&【10話走れ竜宮小僧】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_10.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政47『今川義元と井伊直平の娘素案』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_11.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政48『今川家臣:瀬名氏・関口氏
・鵜殿氏』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_12.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
http://53922401.at.webry.info/201703/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政50【女戦国大名:今川義元実母:寿桂尼】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政51『おんな城主:織田信長の
叔母:おつやの方』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政52番外編【母:最上の義姫と
子:伊達政宗】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政53番外編
『スーパー女城主:立花ァ千代』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_17.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政54【史実編と
第11話「さらば愛しき人よ」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政55番外編【由良家を存続させた
戦国スーパー御婆様:妙印尼】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政56番外編【由良妙印尼の外孫
:成田甲斐姫」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_21.html

箕輪初心▲井伊直虎・直政57番外編【伊達政宗の叔母:二階堂
大乗院】 
http://53922401.at.webry.info/201703/article_22.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政58番外編『鶴崎城を死守した
女武闘派城主:妙林尼』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_23.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政59【井伊家当主の死諸説と第12話
「おんな城主:直虎誕生」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政60【史実編と
第13話「城主はつらいよ」】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政61【瀬戸方久と井伊家】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/submitnewswrite.do

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政62『引馬城→浜松城の歴史:復刻版』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政63番外編『おんな曳馬城主:椿姫=お田鶴の方』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政64▲徳政令の歴史&第14話「徳政令の行方」
http://53922401.at.webry.info/201704/article_11.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政66番外編【前田利家の正室:まつ】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政67『第16話:おんな城主VSおんな大名』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政68【木綿の歴史】
&『第16話:綿毛の案』
http://53922401.at.webry.info/201704/article_25.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政69『第17話:消された鉄砲』&【鉄砲の歴史】
http://53922401.at.webry.info/201705/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政70と『第18話「あるいは裏切り
という名の鶴」& 『武田信玄の動向』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲【武田信玄の動向】と井伊直虎・直政70第18話「あるいは裏切りという名の鶴」 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる