城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲富山bQ『源ますのすしミュージアム』&「鱒寿司の歴史」&「食べた鱒寿司」」

<<   作成日時 : 2017/04/19 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

富山県の郷土料理:鱒寿司?ますの寿司は、である。鱒(サク
ラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司である。
元々が駅弁として売られたようであるが、最近は、関越道・北
陸道のSAでは曲げわっぱの鱒寿司が置かれ、群馬でも、コン
ビニエンスストアでは鱒寿司おにぎりとして売られている。
酢飯の上に鮭がのっかるととても旨いのだ。時々、鱒の代わり
に「ぶりのすし」や「カニの寿司」も出ている。私の家では、
スーパーマーケットの「駅弁祭り」ではよく買っている。富
山県人程は鱒寿司を知らないが、ますのすしに触れて見る。
画像




【0】『安中自性寺焼青木昇門下陶朋会研修旅行』コース予定
1)4月15日(土)
06:00 安中市秋間==松井田妙義IC====湯ノ丸SA
名立谷浜SA====富山IC
11:00〜11:50 @ますのすしミュージアム
12:20〜15:20 A越中瀬戸焼「陶農館」〜窯元
====立山IC===小杉IC=====
16:40 B 氷見温泉:磯波館
1)4月16日(日)
07:30 朝食
08:00 発
08:30〜09:10 C道の駅「ひみ番屋街」
09:30〜10:40 D高岡瑞龍寺
11:20〜12:20 E井波 八日町通り・瑞泉寺・・・・
12:20〜   いなみ木彫りの里「創遊館」
13:20〜   井波彫刻会館
13:50=====砺波IC====朝日IC===
16:10〜15:30 ヒスイ海岸
====親不知IC===妙高SA===東部湯の丸SA===
19:30安中・・・





【1】富山の「源ますのすそミュージアム」
・平成29年(2017)4月15日(土)
0)「ますのすしミュージアム」のHp
 ますのすし本舗:源本店の「ますのすしミュージアム」では、300
ますのすし伝承館では、ますのすし職人の熟練の技と昔ながらの製
法の過程を実際に見ることができます。
また、大きなプロジェクターでますのすしの歴史などのVTRを
見たり、レストハウスで富山の山海の幸を中心とした「会席御膳」
をいただいたり、おみやげコーナーで富山の特産品を買ったり、
予約をすれば、ますのすしの手作り体験(1,000円税込)もできま
す。どうぞ「ますのすしミュージアム」で、ますのすしを満喫して
ください。
<ますのすし工場見学>
・笹付けやパッケージ詰めなどのますのすし製造工程の見学
・江戸から昭和にいたる珍しい弁当容器や旅の携帯品の展示
・職人による昔ながらのますのすし作り
 (日、時間帯により実演していない場合あり)

 鱒寿司は神通川流域を中心とした食文化である。平安時代中期の
『延喜式』には鮭寿司が貢献物として登場するが、これは米飯を発酵
させたなれずしだとされる。『越中史料』第2巻には、享保年間に富
山藩第3代藩主・前田利興の家臣吉村新八が、将軍徳川吉宗に鮎寿司
を献上したときの製法が、現在の鱒寿司と同じ早ずしであったことが
記載されている。なお一般には、この時に吉宗の絶賛を受けたとする
逸話が現在の鱒寿司の起源として語られている。

 一方富山市にある鵜坂神社に、神通川で獲れた一番鱒を塩漬けにし
て春の祭礼に供えていたものが、江戸時代に現在の早ずしの形態をと
る鱒寿司へと変化していったとも考えられている。
 創業100余年、ますのすしの老舗源本店「源ますのすしミュージア
ム」がリニューアルオープン。前身である料亭と明治時代の城下町を
彷彿させる館内は、「富山の活気と伝統をまるごと体感」をコンセプ
トに新たに生まれ変わりました。

 富山・北陸の名産品を中心に約250種取り揃え、個人の観光客の方
にも楽しんで頂けます。その他、気軽に楽しめる体験として、「おわ
ら踊り」「ますまる手巻き寿司」「笹付け競争」など、従来の「ます
のすし手作り体験」に加えて登場しました。


★「源」のますのすしは30回以上食べている。SAエリアや高崎の
スーパーマーケット・デパートの富山物産展でかえるので、富山駅前
?富山城駐車場で自由ランチでもよかった。が、足の弱い方もいる
し、食べ物嗅覚に優れていない人もいるので、しかたがない。
団体旅行のつらいところだ。
 

●入り口
画像



●中に入る。
画像

画像

画像


1)モニター&歴史パネル展示

「ます寿司」の由来
・平安時代
  『延喜式』には鮭寿司が貢献物として登場する.
米飯を発酵させた「なれずし」だとされる。
画像

・江戸時代、「ます寿司」が誕生した。

・享保2年(1717) 富山藩士で料理人:吉村新八が藩主前田利興に
  「鮎寿司」を献上したのが始まりといわれている。
  富山藩第3代藩主:前田利興が気に入り、家臣吉村新八に作らせ
  8代将軍:徳川吉宗に鮎寿司を献上した。
  このときの製法が、現在の鱒寿司と同じ早ずしであったことが記載
   されている。
画像

   一般には、こ吉宗の絶賛を受けたとする逸話が現在の鱒寿司の起源
  として語られている。
  吉宗への献上以降、「ます寿司」は富山藩の献上品となった。
  吉村新八が作った「鮎寿司」のレシピも残されている。
  「神通川で獲れた鮎を20日ほど塩漬けし、酒で洗って塩出しし
   てから米飯と塩に12日間ほど漬け込む。そして、提供する
   前日に取り出して新しいご飯に塩と酒で味付けして鮎と一緒
   に出す。」
  主流は鮎の寿司であったが、鱒の寿司も作られるようになり、
  「ます寿司」が富山の名物としてになったといわれている。

  一方、富山市にある鵜坂神社に、神通川で獲れた一番鱒を塩漬け
 にして春の祭礼に供えていたものが、江戸時代に現在の早ずしの形態
 をとる鱒寿司へと変化していったとも考えられている。

・明治41年(1908)、鉄道網も整備された。
  富山駅構内でホテル経営をしていた「源(みなもと)」が駅弁の
  販売を始めた。
  鱒寿司は鱒を酢で味付けした押し寿司である。木製「わっぱ」
  の曲物を容器として、笹の葉を敷いて酢飯を詰めた後、酢で味付け
  したサクラマスの切身を並べていく。笹の葉でくるんで蓋をした後
  にしっかりと押して作る。酢を使った保存食なので2〜3日の日持
  ちはした。冷蔵庫もない時代には遠方まで持ち歩くこともできたの
  で、重宝された。

・明治45年(1912) 駅弁「ますのすし」を販売した。
高度成長や駅弁ブームの恩恵を受けて、徐々に人気を得て全国的に
知られるようになった。
画像

画像

・昭和30年代〜 日本海沿岸のサクラマスを使用している。
鱒は神通川で獲れるサクラマスが使用されてきたが、漁獲量
  の減少でほかの地から移入するようになった。
カドミウムによる「イタイイタイ病」の原因とは書けない
 ので、ごまかし表現をせざるを得なかった?


・昭和37年(1962) 「ますのすし」は現在の箱型のパッケージで販売
  された。

・平成24年(2012) 「ますのすし」誕生100周年を迎えた。
  「ます寿司」が富山県を代表する特産品として全国的に
   有名になっている。

(追加)
現在は主に北海道産のサクラマスが使用している。
富山市内を中心に40ほどの業者がある。
  寿司の押し加減、酢の強弱、甘さ加減、鱒の切り身の選別、
  富山米の生産地のこだわり、等多種多様である。
   各製造者の店舗、富山駅や高岡駅、金沢駅及び特急列車の
  車内販売、百貨店、スーパーマーケット、高速道路のSA、
  コンビニエンスストアなどでも販売されるようになった。
  東京駅や大阪駅などでも購入ができるようになった。
通常は曲わっぱの上下に青竹をあて、ゴムで締めた状態で
  販売されている。
  食べる時にはコムを外し、曲わっぱのふたをはずし、放射状に
  扇形に切り分けて食べる。専用のプラスチック製の小型ナイフ
   が付いていることが多い。
氷見の「ひみ番屋街」でも、2〜3種売っていた。




2)旅と食の文化史コレクション
江戸時代の弁当容器や旅の携帯品を展示している。
画像

画像


3)ますのすし伝承館


4)お食事処「さくら亭」
画像

サクラマスのかま・骨の煮物がめちゃ旨かった。
    氷見うどんも旨かった。

5)天人楼=お土産屋
★酒を土産にした。
画像

画像







【2】富山の食べたことのある鱒寿司

1)「源」のますのすし・・・30回以上
 「ますのすし源」は関越道のSAで一番で回っている鱒寿司である。
  高崎のデパート・スーパーでなどで、「駅弁祭り」で必ず販売さ
  れる。
画像

 (★無料画像より)
★★★★旨いが、違うの食いてえ。


2)富山市の「なかの屋」・・・3回
富山市田中町5丁目1−12
TEL 076-424-4152 
FAX 076-424-4152
なかの屋鱒の寿司はちょっと甘く年寄り好みのお味かもしれ
 ない。
★平成26年(2014)4月26日・10月?日・2月?日
 年3回、食べた。
滑川高校出身の中嶋たえちゃんが職場で注文し、まとめて購入した。
楽しかったな?父母も喜んでくれた。
なかの屋の鱒の寿司、両親は他の店のと比べて美味しいと口を揃え
て言うのだ。
「一日の生産数は決して多くない。店主はあと何年かな?」
とおっっしゃっていると妙ちゃんが話していた。
画像

 (★無料画像より)
 ★★★★★少し、甘味が有り、年寄り向きか?ワシも
  好みじゃ。



3)竹勘(たけかん)・・・1回
どこで買ったのか不明・・・おにぎりはたくさん食べている。
 ★★★旨かった。


4)植竹・・・・・・・・2回
北陸道:越中境SAに売っていた。
画像

 ★★帰りに買った。やや酸味が強かった。


5)ホテルニューオータニ高岡の「ますの寿し(自家製品)」2回
北陸道・有磯海SA(ありそうみ)にある。
前回、前々回と購入した。
画像

 (★無料画像より)
 ★★★★★バツグンに美味しかった。



6)大辻
画像


7)??
 ★3回分の富山旅行の写真が消滅したため、不明。

8)??


9)??


10)鱒寿司のおにきり
 ★おやつにコンビニで買って食べた。
 竹堪・昔屋・・・・・忘れた。6〜7種類かな?



11)氷見で買いそびれた「昔屋」の鱒寿司
 ★7〜8分、遅刻の人がいたのに、時間だから
  母の大好物を買えなかった。残念。
 売り子さんが声を掛けてくれたのに、・・・
 1300円だし、・・・・・・。ほかより100円安いし。
画像

画像

 ★次の機会があったらね。




Hpでは***********************
青山総本舗
川上鱒寿し店
元祖関野屋
なみき鱒寿し店
吉田屋鱒寿し本舗
今井商店
小林鱒寿し店
千歳
なかの屋・・・・・・・・・★ここしか、食べていない。
元祖せきの屋
前留
高芳
鱒寿し本舗高田屋

富山のます寿司食べ歩きマップ
http://www.toyama-masuzushi.or.jp/information.html




★明日は「越中瀬戸焼」かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲富山bQ『源ますのすしミュージアム』&「鱒寿司の歴史」&「食べた鱒寿司」」 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる