城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】

<<   作成日時 : 2017/04/15 05:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1)NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の4月2日の放送では、
「井伊直虎が家臣の奥山六左衛門と借金の証文を見てびっくり。
「銭20貫文、銭15貫文、銭30貫文……」※その夜、直虎・
直之・六左衛門は井伊家の借金を調べた。「銭6000貫文の借金か」
と、井伊直虎がびっくりしていた。「井伊家の借金は、30年経っ
ても払い終えぬではないか?」と返済ができないと明らかになった。
銭を銭主=地域の高利貸し(実際には瀬戸方久)から、戦の度に、
借りて、武器や馬・兵糧・兵の徴用などの準備対応をしていた。
2)織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などの年収をTVHpから引用し
てみた。
画像

 (歴史ヒストリアの画像)


【1】 戦国時代の「井伊家の借金」
現在の貨幣価値に換算すると、
1文≒100円・・・高く見積もれば、1文=150円となる。
上野国では、長野憲業は「榛名神社の100疋寄進した。」
 などの使われ方があった。一部で「1疋=10文=1000文=
 1貫文」であった。基本的には「文」と「貫」が多い。
「1貫文=1000文」である。
1貫・・・高く見積もれば、1貫文=15万円となる。
ということで、
@「銭20貫文、銭15貫文、銭30貫文……」
「200万〜300万円、150万〜225万円、300万〜450万円……」
A「銭6000貫文の借金」
「6億円〜9億円」
と大変な金額となる。
しかし、高すぎる。

江戸時代の「蕎麦の価格」から割り出すと、
1文≒20円〜30円、江戸末期で30円〜40円
1貫≒2万円〜3万円ってとこかな?
6000貫≒1億2000万〜1億8000万円
約2億円ってとこか?



2) 戦国時代の「井伊家の石高2万5000石」
豊臣秀吉の検地・刀狩り・度量衡の統一から、
石高制に替わっていく。

石高1石⇒2俵半=150kgである。
1年間で大人が消費する米の量を基準としている。
白米で約1000合にあたる。
白米1合=160gと仮定すると、
白米の現代単価を10kg 4000円〜5000円と換算すると
4000円×15=60000円
5000円×15=75000円
1石の米と限定した場合の現代換算額は、6万〜7万5千円となる。
1石=70000円という平均的な考えで良いと思う。

江戸時代の大名は「1万石」で7億円の収入がある。
「井伊家の石高は2万5000石で現代換算で17億5000万円
 となる。高く見積もっても18億ってとこであろう。」

井伊家の石高は2万5000石は今川家の検地の見込み年収である。
井伊家の予算みたいなものである。
そこから今川氏親・義元・氏真領主への貢納、家臣の給与、その他の経費
も出費しなくてはならない。
@今川家の貢納は20%?位であろうか?3億4000万円
A残りの収入14億1000万円から家臣の給料(信長で80%)
 を出して・・14億1000万×0,2=2億8000万円
となる。
B戦の度に武器や馬・兵糧・兵の徴用などの費用となる。
 自力でまかなえればよいが、井伊家は悲惨な状況になった。
戦国大名が兵の平均動員数は、1万石で250人位である。
江戸時代でも、200人位といわれている。

「銭6000貫文の借金=6000万〜9000万円で真ん中とって約
 7000万円といったところであろうか?」

C井伊家が2万5000石高通り生産が得られるとは限らない。
理由・・・
 A、戦で若い男手が半数近くなくなった。米生産が半減した。
「井伊家の兵力は625人となる。・・・永禄3年(1560)の桶狭間の
 戦いでは井伊軍は約200人がなくなったという。その後、
 井伊直平が杜山城攻めに出陣、中野直由・新野親親は曳馬城
 攻めに出陣し、討ち死にした。・・・100人近くなくなったと
すれば、井伊谷の兵力は3分の1〜半分程度に減ったことになる。」

結果・・・
2万5000石=約18億としても、働き手は半減して、・・・
 1万2500石)約9億円である
結果・・・井伊家は6000貫文=2億円の借金となる。
NHK大河ドラマの「借金6000貫は理にかなっている」ことに
なるのかもしれない。


B,永禄8年(1565)、井伊直虎が領主になった時、さらに自然災害
・飢饉があった。
本百姓層が疲弊している状況であった。
 非常に危機的な財政状況であった。

従って、本百姓は武士の検地帳に登録された田畑を所持し、屋敷
を構えていた。武士から登録されて、年貢・諸役・夫役
を負担していた。

・天正18年(1590 ) 井伊直政が箕輪城主になった。
・慶長3年(1598) 井伊直政が高崎城を築城させ、
高崎に移城した。
・慶長5年(1600) 関ヶ原の戦い
          佐和山に転封となった。

この間、武田旧家臣→旧北条家臣→井伊家家臣になったが、
 本百姓になった者・帰農した者も多くいた。
 例、武田一条信長系武川衆裄V氏宗家
小笠原長清系伴野氏宗家
馬場信春系支流馬場氏
藤原系武藤氏+武田一族の子孫武藤氏
???系森田氏 など
内藤家長男系(信濃八千穂で帰農)

・慶長7年(1602) 2月1日 井伊直政が死去した。享年42。
・慶長11年(1606) 天守完成し、井伊直継が入城した。
・慶長19年(1614) 大坂冬の陣
   井伊直継(→直勝)は上野国安中に3万石で分地された。
彦根まで家老や侍大将で付いて行ったが、後、帰農した者
本百姓になった者もいた。
武田一条流?内藤内匠(元箕輪城代:内藤昌明3男)
里見氏(高崎榛名・新田義重の直系里見氏が南総里見氏の一族?)
和田氏(跡部勝資の長男の元和田城主:和田信業の子)
★これらの者は井伊家家老であったが、2年後の彦根屋敷図に
名前がなくなっている。
飯島氏→高崎で町人として味噌屋・糀屋を復興し、現在に至る。

領主は村に税をかけるため、本百姓になった元有力武将はは地方
 三役(名主・組頭・百姓代など)となり、年貢を徴収した。


【2】江戸時代の「本百姓」の定義と米の貨幣価値・物価
★『百姓の定義』**********************
江戸時代、・・身分制度「士農工商・えた・非人」があった。
農業は「士工商・えた・非人」以外が「農」ということに
なる。「農」の身分には、本百姓&水呑百姓がいる。
@本百姓・・・土地を持ち、年貢を払う。
ただし、年貢は村に対して、領主が決める。
年貢は百姓の村役人:地方3役
  名主(庄屋)・組頭(たくさん言い方)・百姓代が
年貢を集めて領主に渡すシステムであった。
年貢を本途物成という。
ほかに諸役(しょえき:領主の命令による仕事)が
山ほどあった。
A水呑百姓・・・土地を持たないが、年貢に変わる物(金納)
   と諸役がある。
小作農タイプもいるが、・・・
漁業や船乗りなどもいる。・・・
(★高崎経済大学:西沢淳男教授)
★私の大学院の担当指導教授である。山梨県史の近世編の担当者の
 一人である。

水呑百姓は年貢などの義務がなく、村の構成員とは認められておら
ず、発言権も付与されない低い身分となっていった。親族からの身
分継承だけでなく、百姓の次男や三男、本百姓から転落した者など
もいて、農村の貧農層を形成していった。
農地を必要としない生業を営む者も制度上は水呑に含まれるため、
必ずしも貧農とは限らなかった。職人、商人、廻船人なども水呑に
含まれている場合もあった。
例、能登の北前船の船乗り・・・
(★『日本の歴史をよみなおす』網野武彦著 筑摩書房)  
 (★『中世の非人と遊女 』網野武彦著(講談社学術文庫)

●網野武彦・・・
   網野武彦氏は名古屋大学を辞任。
・昭和55年(1980) 10月 網野武彦氏は神奈川大学短期大学部教授
  に就任した。
・平成5年(1993) 4月 神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科
    を開設した。
・平成5年(1995) 神奈川大学経済学部特任教授となった。
  山梨県史の編纂や山梨県立博物館の構想にも携わった。
  山梨県史研究においては古代豪族の三枝氏や郡内地方で勢力を
  持った加藤氏を例に取り、甲斐源氏や武田氏中心の研究に異論
  を唱え、武田氏以外の氏族研究の必要性を提唱した。
 ★この時、中世編は芝辻俊六氏・丸島和洋氏・平山優氏 
などがいたと西沢先生がおっしゃっていた。
 ・平成10年(1998) 3月 定年退職した。

・最近では、群馬県出身の大工原豊先生が神奈川大学の
非常勤講師をしている。


毎朝4時から4CHで“暴れん坊将軍”8代将軍・徳川吉宗をやっている
か、「慶安の御触書」で質素倹約を掲げていたため1日2食を貫かせた。

●寛永年間頃
 (1両=銀60匁=銭4貫(4000文)=4分「1分・1000文」
 =16朱「1朱・250文」・・・
 ★寛永通宝4文銭・天保銭の影響で・・・4の倍数である。
 
・享保15年(1731)頃「蕎麦・蕎麦切・・・8文〜10文」
・文政13年(1830)頃「「もり」「かけ」・・・16文〜20文」
          「天ぷら蕎麦」・・・・28文〜32文
          「並酒〜上酒1合・・・20文〜40文」
・現在、かけ蕎麦1杯300円・天ぷら蕎麦500円位か?
●文化・文政の頃   
 100年で、1,5倍の物価上昇・・・
 @1両を10万円説
 1文は20円弱である。 100000÷6000=約17円
 屋台の掛け蕎麦が16文だったので、272円ほどになる。
 A1両を20万円説
 1文は34円であるとすれば、544円
現在のかけそば544円と高い。
 A1両を30万円説
  1文が54円。
  かけ蕎麦一杯が800円。無理。そんな高い蕎麦は江戸庶民は食べない。
  江戸には四文屋という店があって何でも4文で売っていた。
  茶店のお茶も4文であった。
  結構、小銭をドラマでも置いてゆく。
  水戸黄門の時代の永楽通宝が4〜5枚である。
  つまり、1文が20円〜25円が妥当なのであろうか?
逆算すると1両15万円ってとこか?
2)旅籠代:三島宿
  平旅籠の宿泊代は50文〜1貫600文(銭7kg文)までであった。
 現在の旅館と同じである。
  一般の旅人の宿泊代は平均200文〜400文と言われている。
  現在の値段に換算すると4000円〜8000円になる。
  三島女郎衆は200文〜上級600文であった。ハリスのお供が
お世話になったとか?
1文=17円なら、3400円〜10200円となる。
 △1文=20円なら、4000円〜12000円となる。
 ○1文=25円なら、5000円〜15000円となる。
 1文=50円なら、10000円〜30000円となる。
 
 3)天保年間の安中宿の女郎屋の上納金
江戸幕府は1軒に3人の女郎を置くことを許可した。
倉賀野宿は約250人の飯盛女がいたという。
飯盛女の手元に入る給料は1回1500円〜3000円程度
 ということになる。
 こんな倉賀野の女郎衆が貯めた給金で、お金を出し合って、洪水
 で流された橋を建て直したという。

安中藩は女郎の収益に税金を掛けた。
1回の女郎代金は200文=4000円〜・・・妥当であろう。
 〜〜略〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  1両は12〜15万円ほどとなる。
4)万延年間
万延小判は1両=約50000円の相場であった。
 金銀銭貨の交換相場は次第に1両=銀60匁=銭6000〜6400文
 になったようである。
●江戸時代の平均値で1文=16,5円と考えられている。
  米1升=100文=約1650円〜2000円
米1俵=40升=4000文=約66000円〜約80000円
1俵=3.5斗=35升とする説もある
 同心「中村主水」の30俵2人扶持位が多かった。
 30俵=64000円×30=約192万円・・・約200万円であろうか?
 奉行・与力は御家人で、蔵出し200石程度である。
 同心は米の現物支給である。
 2人扶持は1年間で2人で消費する分である。

そこで、「米百俵」=660万円〜高く見積もって800万円となる。

4)明治3年
 米1俵(60kg)の価格は、生産者米価は1.87円だったそうである。
 @1円の貨幣価値は、現在の貨幣価値では約2万円説なら、
米1俵(60kg)は、現在の貨幣価値では約37,400円〜ということになる。
 A1円の貨幣価値は10万円説ならは187,000円ということになる
 学者によって違う。
米百俵は約374万円〜1870万円に相当する価値だった。

5)現在
@私は親戚から米コシヒカリ1俵=15000円〜18000円で購入している。
 農協出しでも、14000円程度である。
現在、体育館1つで、最低5億円〜
市販価格は5kg1500円〜3300円位であろうか?
 5kgで3200円では最高級とされる新潟県魚沼産こしひかりが
 買える
 10kgで3000円〜6600円の米
 米1俵(60kg)は18000円〜39600円であろうか?
A妹の家ではお米10kg=約3800円である。
 1石は150kgなので
3800円✕15=57000円
 Bちょっと贅沢な家は5000円✕15=75000円



【3】NHK『戦国のへ〜、ほ〜 素朴な疑問を解決!』
1月3日・1月7日放送
●1)黒田基樹氏の解説「戦国大名の年収は?」
換算方法・・石高から80%は家臣・百姓に与えるので、20%が年収
1位 織田信長は770億円。
?位 上杉謙信は127億円
?位  武田信玄は145億円と予想されている。
?位  豊臣秀吉は
   @最初タダ働きであった。
   A足軽大将に出世し800万円、
   B長浜領主になった時には12億円。
   C本能寺の変が起きた後、明智光秀を討つため
    秀吉は2万5000人の兵士を鼓舞しようと大盤振る舞い。
    蓄えていたほとんどの米や金銀を褒美として放出。
   その額1人あたり60万円、総額150億円だった。
   このことが秀吉を一気に天下人に押し上げた。
   天下人になった時には年収1900億円以上にのぼった
   と考えられている。
★計算上160億である。

2)戦後に現れる人々の職業を当てるクイズ。
@の正解は「武器商人」。
  死んだ兵士から武器を奪って売る人がいたという。
  刀は2〜3万円で売買されていた。
 ★NHK大河ドラマ「瀬戸方久」でも、食料・薬を売った。
戦が終わると、刀・槍・鎧を広い、次の戦に売り込んだ。
Aの正解は「奴隷商人」。
  武田信玄や上杉謙信なども兵士に略奪を許可することがあった。
  値段は1人20〜30万円だとされている。
 ★武田信玄は信濃進出の折には奴隷商人を連れていた。
特に、「佐久の志賀城攻めの時は、凄かった。3000人の晒し首
 後に、女は子どもを産むので高く売り、男は金山の働き手
 に送った。小山田も笠原清繁の妻を買ったと記録がある」
Bの正解は「医者」。
  攻撃されないよう坊主頭にし、非戦闘員であることを明示し
  ていた。
Cの正解は「黒鍬者」。遺体を埋める役割を担った。
  大名たちは殺した敵兵が怨霊となって祟ることを恐れ、
  黒鍬者を雇って丁重に埋葬した。

【出演者】
MC・・沢村一樹、橋本奈穂子アナ、
ゲスト)・・・船越 英一郎 、千鳥、小芝風花、
歴史学者・・・黒田基樹
ドラマ出演者・・・大野拓朗、大和田健介、佐津川愛美、武田真治ほか




【3】【歴史上の偉人たち「年収」ランキング】
http://www.news-postseven.com/archives/20160317_393842.html
『日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情』
富山大学名誉教授:山口博、文教大学付属高等学校教諭:河合敦
共著 給料が40%計算にしている
条件@
大名の場合、総石高の半分を農民に、残り半分を領主が受け取ってい
たとする(五公五民)。さらに臣下の取り分を3分の2と仮定した。
大名の取り分は総石高の6分の1とした
条件A
米1石=1000合=150kgとし、米の価値から15万円とした。
★個人的な計算から換算すると、最高額になるが・・・・。
1位・・・織田信長:117万石・1750億円
 天正10年(1582)本能寺の変の直前に関東の一部や中部・近畿
 ・中国地方の石高が700万石。
700万石×0,4=280万石 
 

2位・・・徳川家康:67万石・1000億円
 1600年頃の伊豆・相模・武蔵・上野・下野・下総・上総・常陸
  ・甲斐などを直轄領の石高は400万石。
   

3位・・・豊臣秀吉:37万石・555億円
 天正19年(1591) 頃の直轄領の石高は222万石。

4位・・・上杉謙信:24万石・362億円
 出羽、越後、佐渡、越中、能登などを領地とした時の石高が145万石。

5位・・・武田信玄:22万石・335億円
 甲斐、信濃、駿河と遠江、三河、飛騨、越中などを領地とした時の
  石高は約134万石。

6位・・・伊達政宗:19万石・285億円
 天正17年(1589) 豊臣秀吉による小田原城攻めに参加する直前、
  陸奥、出羽66郡の約半数を治めていた時の石高が114万石。

7位・・・徳川光圀:4万6666石・70億円
 1661年、水戸藩第2代藩主となった年の石高28万石。

8位・・・石田三成:3万2000石・47億円
 慶長5年(1600) 関ヶ原の戦いで、西軍の指揮官だった頃の石高が
 19万石。

9位・・・真田昌幸:6333石・9億5000万円
 石高は3万8000石。
  長男の信之は13万石まで勢力を伸ばした。

★戦国時代の貫高制〜石高制の現代の価格換算法について
@黒田基樹説・・・石高の80%は家臣の分で20%が年収という
         換算方法
A山口博説・・・石高の50%は百姓分で、3分の2が家臣
総石高の6分の1が領主の取り分をする換算方法
B他の説・・・石高の50%は百姓分で、3分の2が家臣
3分の1=約16、6%位が年収という換算方法
●米1石は7万円・10万円・15万円など異なる。



●▲■井伊直政シリーズのブログ一覧

●井伊直政シリーズ平成21年〜***************

◆◆ 箕輪初心●箕輪城「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_40.html
http://53922401.at.webry.info/201011/article_25.html

◆◆ 箕輪初心●井の国千年物語前編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の箕輪城時代の家臣団 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_15.html

◆◆ 箕輪初心●静岡:井伊直政の井伊谷城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_5.html

箕輪初心■静岡【龍潭寺】=井伊家の菩提寺
http://53922401.at.webry.info/201212/article_6.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の造った町:高崎&彦根 ◆◆
高崎高校 VS 近江高校
http://53922401.at.webry.info/201203/article_28.html

◆◆ 箕輪初心●中村達夫氏の「井伊軍志」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_14.html

◆◆ 箕輪初心●小和田哲夫氏の「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_13.html

箕輪初心●群馬の城「和田城→高崎城」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201012/article_16.html
  (★高崎城の畝堀:発掘調査)

箕輪初心★箕輪城140【秋本太郎先生の箕輪城→高崎城+城下町】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_9.html

箕輪初心▲箕輪城153【長野氏の箕輪の寺社→井伊直政の
高崎移転の寺社】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_15.html

箕輪初心★箕輪城103川野辺寛「高崎誌」&井伊直政
http://53922401.at.webry.info/201310/article_8.html

箕輪初心★西田美英【高崎素奈子】&川野辺寛【高崎志】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_14.html

箕輪初心:生方▲【長野堰を語り継ぐ会の絵図展】&
【高崎城の桜】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_5.html

箕輪初心:生方★高崎城【井伊直政&高崎城&彦根城の縄張り
担当:早川幸豊】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_9.html

箕輪初心:生方▲箕輪城165箕郷龍門寺→高崎竜広寺
【井伊直政供養塔&井伊直弼娘:ワカの墓】
http://53922401.at.webry.info/201507/article_28.html

箕輪初心:生方▲箕輪城174・井伊直政18『箕輪城→高崎城」復刻版
http://53922401.at.webry.info/201510/article_9.html

箕輪初心▲東京【豪徳寺】&「吉良家→井伊家15代」
http://53922401.at.webry.info/201411/article_6.html

箕輪初心●滋賀の城「箕輪城&彦根城の類似性」
http://53922401.at.webry.info/201101/article_10.html

箕輪初心●滋賀bS−1「彦根城2回目」
http://53922401.at.webry.info/201012/article_37.html

箕輪初心:生方▲箕輪城202【真田丸に登場しない井伊直政」
&郭馬出出撃門
http://53922401.at.webry.info/201608/article_25.html

箕輪初心:生方▲2016【高崎の用水路開発&長野堰の歴史】大修正版
http://53922401.at.webry.info/201607/article_1.html

箕輪初心:生方▲201610624~0628世界かんがい遺産候補:長野堰展準備完了
http://53922401.at.webry.info/201606/article_27.html

箕輪初心:生方▲世界灌漑遺産候補【長野堰展2016】6月24日〜28日
at高崎シティギャラリー
http://53922401.at.webry.info/201606/article_25.html

箕輪初心:生方「箕輪城159&【中嶋宏氏主催の長野堰を語りつぐ会
の絵図展】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_4.html

箕輪初心:生方▲【長野堰を語り継ぐ会の絵図展】&【高崎城の桜】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_5.html

●高崎市の用水路シリーズ:井伊直政関連〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆「群馬:高崎の稲作と用水路@」
http://53922401.at.webry.info/201103/article_34.html

箕輪初心◆群馬:高崎市の稲作と用水路A「長野氏の開発@」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201104/article_5.html

箕輪初心◆群馬:高崎の用水路B「長野氏の用水路編A」
http://53922401.at.webry.info/201104/article_6.html

箕輪初心◆群馬:高崎の稲作と用水路C「江戸時代」
http://53922401.at.webry.info/201104/article_7.html

箕輪初心★江原源左衛門&滝川用水20131010
http://53922401.at.webry.info/201310/article_11.html

箕輪初心◆高崎の長野堰=西新波堰の歴史
http://53922401.at.webry.info/201310/article_12.html

箕輪初心●箕輪城シリーズK「長野・井伊時代の用水路開発」と現在
http://53922401.at.webry.info/201010/article_17.html

箕輪初心:生方★高崎城&長野堰【井伊直政&秋元長朝&新井喜左衛門】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_10.html
★秋元長朝はおそらく高崎城の内堀・用水路・遠構え
 建築に貢献したのだ。

箕輪初心◆長野堰B「染色のまち高崎に流れる長野堰:高崎広報」
http://53922401.at.webry.info/201410/article_13.html

箕輪初心:生方▲主に群馬・長野の【戦国〜江戸の用水新田開発】
http://53922401.at.webry.info/201605/article_34.html


●井伊直虎・直政シリーズ平成29年(2017)〜*************
箕輪初心・生方▲2016井伊直虎・井伊直政bP
『高崎学ソシアス講演会原稿』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_1.html

箕輪初心:生方▲箕輪城238『長純寺・石上寺・東向八幡・字輪寺
&信玄家臣:塚越伴七調査』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_2.html

箕輪初心:生方▲箕輪城239『長野業政・井伊直政』&長野堰3碑&
世界かんがい施設遺産『長野堰』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_3.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bR【井伊家初代:井伊共保】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_9.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bS【井伊氏系図8】&
『鎌倉時代の井伊氏 』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_10.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bT【南北朝時代の井伊氏と宗長親王】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_11.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bU『戦国時代の井伊氏』修正版
http://53922401.at.webry.info/201701/article_12.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bV【第1話『井伊谷の少女』
&「井伊谷・彦根城」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_13.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bW【井伊谷の散策2回】と
『NHKのTV「井伊谷」』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_14.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政bX【井伊谷城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_15.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政10【井伊氏館跡・井伊直満の墓】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_16.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政11【龍潭寺の『直虎の墓・
直政公の墓・位牌』】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_17.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政12【浜松の宿下吉庵で「梅酒:直虎」を飲んだ】http://53922401.at.webry.info/201701/article_18.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政13【許嫁:井伊直親&松源寺:文叔&松岡城:松岡貞利】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_19.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政14【第2話:崖っぷちの姫】
&「井殿の塚」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_23.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政15【井伊直親の逃走〜2人の子ども
〜井伊谷帰国】資料編
http://53922401.at.webry.info/201701/article_26.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政17『次郎法師&直政の書籍の所持数36』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_27.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政18「柴咲コウ・菅田将暉」と「群馬の新聞」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_28.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政19『広報はままつ2016年4月号特集
「井伊直虎」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_29.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎:直政20【第3話『おとわ危機一髪』】
&「臨済寺」
http://53922401.at.webry.info/201701/article_31.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政21【歴史秘話ヒストリア「おんな城主
:井伊直虎」】http://53922401.at.webry.info/201701/article_32.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政22【井伊直虎って誰?&
「井伊家傳記」の信憑性諸説】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_33.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政23【井伊谷・歴史本・
小説・ゲームの中の井伊直虎】
http://53922401.at.webry.info/201701/article_34.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政24『井伊直虎の家臣:井伊谷七人衆』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_35.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政25『小野妹子→小野和泉守政直(道高)』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_36.html

箕輪初心:生方▲2017井伊直虎・直政26『小野政次・小野朝之』
http://53922401.at.webry.info/201701/article_37.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政:27第4話『女にこそあれ次郎法師』
&「龍潭寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政28『井伊一族:中野家』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_3.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政29【頭陀寺城】と松下之綱と徳川家康と豊臣秀吉
http://53922401.at.webry.info/201702/article_4.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政30【松下清景】前編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政31『松下清景→松下一定子孫』後編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政32『高崎文化協会:箕輪城
・井伊直虎ブース』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_8.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政33【第5話『亀之丞帰る』】
&「高森町松源寺」
http://53922401.at.webry.info/201702/article_9.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政34【村の写真展:My井伊家シリーズ】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_10.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政35【鈴木重勝→鈴木重時→鈴木重好】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【近藤康用→近藤秀用→5近藤】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政36【菅沼忠久→菅沼忠道】
&【菅沼定盈&菅沼定利】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政37【奥山朝利の娘と井伊家家臣団】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政38【6話「初恋の別れ道」】詳細編
http://53922401.at.webry.info/201702/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政39【新野左馬助親矩と娘婿】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_19.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政40▲『奥山朝利の娘:ひよ
→井伊直政の母』
http://53922401.at.webry.info/201702/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政41【第7話「検地」
&駿河:富士浅間神社
http://53922401.at.webry.info/201702/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政42【第8話「赤ちゃんはまだか」】
http://53922401.at.webry.info/201702/article_29.html

箕輪初心:初心▲井伊直虎・直政43『井伊谷7人衆:遠江松井一族』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_1.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政44『今川義元の生涯&悪夢の永禄3年生害』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_5.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政45【第9話「桶狭間」&史実編】&
井伊直盛の墓
http://53922401.at.webry.info/201703/article_6.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政46『奥山朝利殺害2説』
&【10話走れ竜宮小僧】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_10.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政47『今川義元と井伊直平の娘素案』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_11.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政48『今川家臣:瀬名氏・関口氏
・鵜殿氏』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_12.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政49『瀬名姫(=築山殿)と松平信康と亀姫
http://53922401.at.webry.info/201703/article_13.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政50【女戦国大名:今川義元実母:寿桂尼】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_14.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政51『おんな城主:織田信長の
叔母:おつやの方』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_15.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政52番外編【母:最上の義姫と
子:伊達政宗】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_16.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政53番外編
『スーパー女城主:立花ァ千代』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_17.html


箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政54【史実編と
第11話「さらば愛しき人よ」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_18.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政55番外編【由良家を存続させた
戦国スーパー御婆様:妙印尼】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_20.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政56番外編【由良妙印尼の外孫
:成田甲斐姫」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_21.html

箕輪初心▲井伊直虎・直政57番外編【伊達政宗の叔母:二階堂
大乗院】 
http://53922401.at.webry.info/201703/article_22.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政58番外編『鶴崎城を死守した
女武闘派城主:妙林尼』
http://53922401.at.webry.info/201703/article_23.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政59【井伊家当主の死諸説と第12話
「おんな城主:直虎誕生」】
http://53922401.at.webry.info/201703/article_24.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政60【史実編と
第13話「城主はつらいよ」】
http://53922401.at.webry.info/201704/article_7.html

箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政61【瀬戸方久と井伊家】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/submitnewswrite.do



★明日は未定。・・・富山に行かなくちゃ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲井伊直虎・直政65 【井伊家の借金と戦国大名の給料】  城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる