城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲『桃の節句・ひな祭り』の由来・意味と【我が家のひな祭り】

<<   作成日時 : 2017/03/04 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月3日は女の子の日?「ひな祭り「=『桃の節句』・・・女の子の
成長を願い、邪気を払う古来の節句として現在まで継がれている。
昭和時代〜平成初期、私の家では、雛人形7段飾りをセットした。
そして、桃や菜の花を飾ったこともある。さらに菱餅や雛あられや
稲荷寿司&巻き寿司を供えた。今年も、巻寿司・稲荷寿司を母が作
った
 「ひな祭り」で食べる巻寿司・稲荷寿司・ちらし寿司にはど
のような意味があるのか。雛人形の起源は何であろうか?。桃の花
はまだ早いが、「桃の節句」とは如何に?
画像




【1】 節句
・古代
節句には「季節の変わり目、節目」という意味があり、古来の日本では
節句ごとに厄払いをする風習があった。

1)人日(じんじつ)1月7日 七草の節句 七草粥。
箕輪初心◆【若菜=春の七草等】の和歌に見られる歴史&【我が家の七草粥】
http://53922401.at.webry.info/201501/article_8.html


2)上巳(じょうし)3月3日 桃の節句・雛祭 菱餅や白酒など。
箕輪初心:生方▲「安中市松井田五料:お西&お東のひな人形展」
と群馬のひな祭り一覧
http://53922401.at.webry.info/201702/article_28.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201702/article_28.html


3)端午(たんご)5月5日 菖蒲の節句 菖蒲酒。
 関東では柏餅、関西ではちまき。菖蒲湯の風習

4)七夕(しちせき)7月7日 七夕(たなばた)
  裁縫の上達を願い素麺が食される。

箕輪初心▲神奈川:平塚宿&七夕祭り風景
http://53922401.at.webry.info/201411/article_21.html


5)重陽(ちょうよう)9月9日 菊の節句 菊を浮かべた酒など。
(★ウィキペディア)
箕輪初心:生方▲箕輪城219【2016山本隆志先生『堯恵&浜川木部氏』
・『宗長&浜川長野氏』
★重陽の節句
http://53922401.at.webry.info/201611/article_6.html



【2】 「桃の節句」=ひな祭りの歴史

桃の節句の始まりは、上巳と深い関わりがある。
上巳とは「3月上旬の巳の日」を指す。
上巳の節句で5節句の1つとされている。
上巳(じょうし)の節句とも呼ばれている。

・平安時代 「上巳の節句」が始まったと言われている。

@上巳の節句では、紙や草や藁などで作った人形(ひとがた)
  を身代わりにして川に流し、厄払いや健康祈願をしてきた。

A宮中では「ひいな遊び」という紙の人形を使った遊びが流行
 していた。
 貴族の子供達の間にも「ひいな遊び」が広がった。
 「ひいな=ひな」は、「小さくてかわいらしいもの」と
 いう意味である。

Bまた、「流し雛」は 「お祓い人形」と同様に身の穢れを
 水に流して清める行事である。
 「源氏物語」の須磨の巻では、光源氏がお祓いをした人形を船に
 乗せ、須磨の海に流したという。
 平泉の毛越寺や京都の???(忘れた)で遺構が残っている。
画像

画像



・室町時代〜戦国時代
「重陽の節句=重陽の日」には、上野国には宗祇・宗長などが連歌会
 を催すために来ている。特に国衆がスポンサーになっている。

・江戸時代 
 江戸幕府が五つの季節の節目となる行事として設定した。
@人日の節句=七草1月7日
A上巳=桃の節句3月3日
B端午の節句5月5日
C七夕の節句7月7日
D重陽の節句9月9日
「上巳の節句」が旧暦の3月3日(新暦4月8日)である。
 旧暦3月3日を「桃の節句」と定めた。
「ひいな遊び」と「流し雛」と「上巳の節句」が合わさった。

1)桃の節句の由来
桃の花が咲く頃だったので、「桃の節句」と呼ばれるように
 なった。
中国では古来から桃には邪気を払う力があると信じられていた。
 中国の極楽園は「桃源郷」とも考えられている。
 「上巳の節句」は邪気祓いの日であるために桃の木を飾った。
魔除け・厄払いや健康祈願・安全祈願の風習が伝わってきた。
中国から日本に桃がもたらされたが、「魔除けの木」とされて
 いた。
 「上巳の節句」=「桃の節句」と呼ぶようになった。



 そして、お供え物をするようになった。
 
2)「流し雛」→「雛人形」
やがて、奢侈な「流し雛」が作られるようになってくると、
 川へ流すのを止めて、家で飾るようになっていった。
「流し雛」は家で飾っておく「雛人形」となっていった。

「ひいな遊び」や「雛人形」から「桃の節句」は
 女の子に属するものという考えが定着していった。
 
●「ひな祭り」の食べ物
  旬の物を利用したが、というより、収穫できる食材で
あった。
  次第に縁起の良い意味が込められた
  食材が選ばれるようになった。
桃の節句には縁起がよい食材や色味の鮮やかな菜の花
  を載せて食べていた。

・明治時代
 陰暦から西洋暦に暦が変更された。
 旧暦の3月3日は新暦の4月8日であったが、新暦になっても、
 明治政府からみで3月3日は「節句」として、行事のみ残った。

★ちなみに、
 群馬県高崎市 3月梅 3月下旬〜4月初旬桜 4月初旬桃
 福島県三春町・・・4月中旬 梅・桜・桃で三春。菜の花も


・昭和10年(1935)「ひなまつり」が作詞・作曲された。

作詞:サトウハチロー
作曲:河村光陽

1)あかりをつけましょ ぼんぼりに
  お花をあげましょ 桃の花
  五人ばやしの 笛太鼓
  今日はたのしい ひな祭り

2) お内裏様と おひな様
  二人ならんで すまし顔
  お嫁にいらした ねえさまに
  よく似た官女の 白い顔

3)金のびょうぶに うつる灯を
  かすかにゆする 春の風
  すこし白酒 めされたか
   赤いお顔の 右大臣

4) 着物をきかえて 帯しめて
  今日はわたしも はれ姿
  春のやよいの このよき日
  なによりうれしい ひな祭り


@「明かりをつけましょ ぼんぼりに・・・」
父の湯灌前にぼんぼりがあったなあ?
死んだときもぼんぼりがあった。
供死にの後を引かないようになのか?
★私は桃の節句のぼんぼりと湯灌前のぼんぼりが気になった

A「お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔」
お嫁に来た義理の姉様は死んじゃったの?と
思い出しているのかな?・・・こわ?
「今日はわたしも はれ姿」・・・
私は誰?だれでしょね。〜〜〜〜 


B「お内裏様とお雛様」
「雛人形の最上段にいる男雛(おびな)と、女雛(めびな)のことを
「お内裏様とお雛様」と言っている。
平城京・平安京時代の「内裏」天皇様の屋敷?天皇様&后様
を指しているはずである。
「お内裏様」は、男雛と女雛の2つを指すのでは?。
「お雛様」は、仕丁、随身、五人囃子、三人官女、お内裏様、
    全部の雛人形を指す。
  ★采女(内待)がいないのも不思議である。
 結構、お手つきになった女性もいたのに、・・・・

C「今日はたのしい ひな祭り」「なによりうれしい ひな祭り」
 ★私は何が楽しいのかな? 私は何が嬉しいのか?
   哀しそうな歌詞・悲しそうな歌詞である。


 
・昭和時代中期
昔、私の家では、雛人形7段飾りをセットした。桃もついている。
 そして桃を飾る。
 菱餅や雛あられや稲荷寿司&巻き寿司を供えた。
@ 「ひな人形」・・・餓鬼の頃は「雛人形7段飾り」が飾られていた。
A「桃の花や菜の花」・・・桃の節句だからである。
B「菱形の菱餅」・・・「心臓=心」を表している。邪気をはらおうと
 する気持ち・風習や女の子の成長を願う気持ちを表している。
 菱形の菱餅は、高崎地区では、お正月飾りや家の棟上げ=上棟の
 餅投げで魔除けとして使われていた。
C「雛あられ」・・・桃色、緑、黄色、白の4色で四季を表している。
 四季を通じて女の子が健康でありますようにという願いからである。
D「稲荷寿司&巻き寿司」・・・3月2日は私の誕生日である。
母は私に「誕生日のお祝いだ。」と言って作ってくれた。私は、
「桃の節句」の延長で、母が作る巻き寿司・かます寿司(★水も飲め
 ない呑百姓用語での油揚げ寿司)でごまかされていた。
でも、本当は誕生日が3月3日の前日だったに過ぎないのだ・・・。
まっ、いいか。そのくらい我が家も貧乏だったということで、・・・・。
 巻き寿司・・・ピンクのでんぶは「魔除け・厄除け」
黄色のかんぴょうは「長生き」
ちくわ・・・・・「先が読める」
       にんじん・・・野菜として
稲荷寿司・・・「稲荷明神様=神様のご加護」

私の村の農家では農耕や蚕様の収穫祈願のために祭るので、女
の子がいない家でも飾っていた。年頃の娘=女性がいる家では、
婚期が遅れないようにとなかなか雛人形をしまわない家もあった。
・・・今では、もう昔のことになった。

昭和の中頃〜平成の初めまで、「桃」の産地であった。
「大久保」・「倉方」・「白鳳」・「千曲白鳳」などの種類が植えられて
いた。
(★武田信玄に箕輪城を攻略されたように、旧箕輪・車郷の
    山梨の桃に侵略され、・・・梅の産地に変貌していった。)
桃の節句には「桃の枝」を切り、部屋の中で育て、花を咲かせる。
夏・・・私の村では、桃の葉は皮膚疾患に効くので、「あせも」や
 「ただれ」を治すのに風呂に桃の葉を浮かべたお湯に浸かっていた。
 一夏に4〜5回は入っていた。
★我が家も桃の木の効用・風習を信じていたようである。
今では村は、今は群馬の梅の主産地であったが、
 

現在 「ひな祭り」という行事が残存している。  
★我が家の巻寿司・稲荷寿司

画像

画像

画像



◆参考サイト
http://yazuken.com/eating/hina/no002.html

 「ひな祭り」には古くから伝わる伝統的なお祝い料理がある。
 春の訪れを伝える旬の食材が使われています。
 代表的なものとして、はまぐりの吸い物や菱餅(ひしもち)、
 ひなあられや白酒(しろざけ)、ちらし寿司などがあげられる。
 料理や色に縁起の良い意味が込められている。
@はまぐりの吸い物
・平安時代 「貝合わせ」遊びなどで知られている。
 はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければ、合わない。
 このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるよう
  にという願いが込められた縁起物である。
・江戸時代 旧暦の3月3日に縁起物として食べられるようになった。
・現在 潮干狩りの時期にあたる。
サザエ・・・願いごとが叶うと言われる。
   アサリ・・はまぐりの代用品となった。

@菱餅(ひしもち)
 菱形は「心臓」を表していると言われている。
 厄除けや健康祈願を願う気持ちが込められている。

 緑、白、紅(ピンク)の3色の餅を菱形に切って重ねてを飾る。
 色の意味
 緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」を意味する説。
 緑は「大地」、白は「雪」、紅(ピンク)は「桃」を意味する説
  緑餅・・・増血効果があると言われる「よもぎ」で色を付ける
 白餅・・・血圧を下げると言われる「ひしの実」を混ぜる。
 紅餅・・・解毒作用があると言われる「クチナシ」で色を付ける。
代用品として、紅生姜を使っている。
 現在・・・私の村では、道祖神・どんどん焼きの繭玉に緑・白・紅
      黄の色つけをして、厄除けとしている。
 よもぎ餅や桜餅なども春の香りがする。

Bひなあられ
 ひな祭りの和菓子のひとつである。
 餅に油で揚げて砂糖を絡めたり、砂糖を絡めて炒ったりした。
 紅、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われている。
「白い雪がとけて、大地に緑の草が芽生え、紅(ピンク)桃の花が
 咲く。・・やがて、緑の稲は熟して、黄色い稲穂をつけ、山々は紅葉
 する。」という意味が込められているという。

 餅米にはでんぷんが多く含まれ、健康に良いことから「1年中、娘
 が幸せに過ごせるように」という願いが込められた。

C白酒
・平安時代 中国から桃の花びらを漬けた「桃花酒」が伝えられ、
  飲まれていた。
  桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらす薬酒であった。
・江戸時代  みりんに蒸した米や麹を混ぜて1カ月ほど熟成させた
  「白酒」が飲まれるようになった。
  
・明治時代 「酒粕の甘酒」・「米糀の甘酒」も飲まれるようになった。

・現在 高崎の「麹屋」の甘酒667円も非常に旨い。


Dちらし寿司・・・中味に意味がある。
 桃の節句には縁起がよい食材や色味の鮮やかな菜の花
 を載せて食べていた。
 現代へと受け継がれていくうちに、語呂に合わせた食材を載
  せたちらし寿司へと変化していった。
 えび・・・長生きできる。
 れんこん・・・見通しがきく。
 豆・・・・・・健康でまめに働ける。仕事ができる。
 三つ葉・・・・(毒消し。香りの物)・・・3月の今はない。
 卵・・・・・・(タンパク質)
 人参・・・・・(カロチン)
 春を運ぶ「ひな祭り」の定番メニューとなった。
 野菜では、芽を出すものが縁起がよいとされる。
 わらび、よもぎ、木の芽などをおひたしや浅漬けにする。
 ※僕んちは漬け物各種・・・






◆ひな祭りイベント*******************

【1】伊香保温泉の「石段ひなまつり=人間ひな祭り」
@いつ   3月5日(土)・6日(日)13:00〜
Aどこで・・・ 伊香保温泉石段街
  13:00〜保育園児・幼稚園児が石段街に造られた特設ステー
  ジに整列する。
箕輪初心■群馬【高崎の古い雛人形&伊香保の石段ひなまつり】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_3.html

箕輪初心◆群馬【第23回伊香保石段ひなまつり】
http://53922401.at.webry.info/201303/article_3.html
★伊香保の人間雛祭りを掲載した。


【2】 老神温泉「ひな祭り」
1)いつ 2月17日(金)〜4月2日(日)10:00〜15:00頃
2)どこで・・・老神温泉・・・メイン会場:利根観光会館
巨大なひな壇。3000体のひな人形が並ぶ。真田信之の
  妻「小松姫」が桶川で亡くなったことから、沼田の
桶川のひな人形が送られた。
箕輪初心▲2015スキー11「岩鞍」&老神雛人形展&老神温泉:山口屋
http://53922401.at.webry.info/201503/article_2.html

箕輪初心▲【老神ひな祭り】&真田信之(幸村の兄)の妻:小松姫
http://53922401.at.webry.info/201503/article_3.html
★埼玉県桶川市からの寄贈も多い。



【3】安中市松井田五料の「お西&お東のひな人形展」+中仙道
1)いつ 2月7日(日)〜3月3日(木)10:00〜15:00頃
2)どこで・・・お西&お東(元名主家) +秋間梅林もいい。
◎次第に近所から寄附されて集まった。
松井田の茶屋本陣は「お西」と「お東」がある。交代制で、参
勤交代の大名を泊めた。
●「お西」
  1階・・・ひな人形展がある
・おっぱい雛とちょんぼり小僧
・小野小町
・裃雛(かみしもびな)=座り雛

★金糸・・・西陣織・桐生織
★人形・・・埼玉県岩槻・桶川の人形が多い。
・官女
・明治の女学生
・犬のちんころ雛
 2階・・・郷土の資料が展示されている。
● 「お東」
・冠木門
 ・栄泉の木曾69次
  ・井伊の赤備えの鎧
★ほかの展示は後日・・・・
  井伊直政・中仙道コーナーで掲載予定。
箕輪初心:生方▲「安中市松井田五料:お西&お東のひな人形展」
と群馬のひな祭り一覧
http://53922401.at.webry.info/201702/article_28.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201702/article_28.html


【4】高崎市「新町ひなまつり」+ガトーフェスタハラダ
1)いつ 2月7日(日)〜3月3日(木)10:00〜15:00頃
2)どこで・・・会場・場所
@メイン会場:新町行在所公園:高崎市新町2825-3
 A展示場所:地域内の商店及び飲食店など約60箇所


【5】館林「第15回お雛さままつり」+館林城&なまず料理
1)いつ 2月13日(土)〜3月3日(木)10:00〜15:30
2)会場・場所・・・・旧秋元別邸:つつじが岡第2公園
◎館林城とセットがいいでしょう。
   ナマズ料理を2回食べた。淡白な味である。

【6】中之条の民俗資料館「ミュゼ」
 ◎雛人形が豪華である。

【7】箕郷「蔵人アンティーク」&関口コオ美術館
箕輪初心■群馬【高崎の古い雛人形&伊香保の石段ひなまつり】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_3.html
◎高崎市箕郷町の蔵人アンティークの雛人形し掲載した。
 高崎市箕郷町の「まねきの湯」の北50mに新日本ブロック
 (エスビック)&関口コオ美術館がある。
更に100m北に「蔵人アンティーク」がある。
元「岩戸川」という造り酒屋であった。駐車場は3台分。
+関口コオ美術館 +箕郷梅林 +箕輪城のセットがいい。  



【8】水沢「地球屋」の「雛飾り」
箕輪初心▲群馬「水上温泉→沼田の蕎麦源→伊香保温泉→地球屋雛」
http://53922401.at.webry.info/201502/article_17.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201502/article_17.html
◎ギネスに掲載?
水沢の「地球屋の雛人形:7045(なでしこ)」
 伊香保から水沢に下った。
 右折して西へ3〜4km・・・・地球屋がある。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜箕輪初心:生方「雛人形」の祭り県外編〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲伊豆:【韮山反射炉&飾り雛】
http://53922401.at.webry.info/201503/article_10.html
★伊豆韮山の釣るし雛を掲載した。

箕輪初心▼伊豆:稲取ダイビング&キャンピングカー&金目鯛
http://53922401.at.webry.info/201308/article_6.html
★伊豆稲取の釣るし雛を2枚掲載した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲山梨甲州市:甘草屋敷の「雛飾り」写真集&武田信玄公の像
http://53922401.at.webry.info/201504/article_17.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201504/article_17.html


★もうすぐ、春のお彼岸・・・
 「おはぎ(ぼたもち)ときな粉もちを作る」
でも、今年は初彼岸・・・・・
 高崎の「麹屋」の「漬け物」とスーパーの「砂糖」にする予定
 である。
画像


箕輪初心:生方▲箕輪城220『戦国武将と味噌』&『高崎の糀屋:飯嶋一族の
歴史&味噌造り』
http://53922401.at.webry.info/201611/article_7.html
★先祖は井伊直政の家臣であった。

★塩沢家の「井伊直政の義兄の子孫も信濃飯田で味噌屋
 ・糀屋になった。



★明日は春を告げる梅の話かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲『桃の節句・ひな祭り』の由来・意味と【我が家のひな祭り】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる