城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲真田丸126【42話「味方」】&『後藤又兵衛基次』

<<   作成日時 : 2016/11/21 06:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

真田幸村が九度山を脱出して老人に変装し大阪城入りした。
大阪城に集った牢人(浪人)たちの様子が描かれている。
大阪五人衆と呼ばれる兵たちがそろった。真田幸村に対
抗意識の強かった後藤又兵衛基次について調べてみた。
昔、「めんこ」に後藤又兵衛の絵があったのを思い出す。
画像





【1】真田丸42話「味方」のあらすじ
◆ナレーター
「真田幸村は豊臣と徳川の戦が迫る中、九度山を脱出し、大阪城
に入った。」

●大坂城天守閣

茶々「必ずまた会えると思っていました。」

茶々は再会をとても喜んだ。
「何年ぶりになりますか?」
「14年ぶりです。」
「きっとまた会えると思っていました。」

・・・・・・・
「必ず、勝って見せます。」

織田信長の弟・有楽斎が顔を出した。
「ごめん つかまつります」
最近、茶々の相談に乗っていた。
有楽斎「真田殿が来てくだされば、・・・」
   
 「・・・三河の田舎侍の好きにさせてはなりませんよ、
  真田殿」
「宴会の支度でも・・・」
「叔父上、左衛門佐は着いたばかりですよ。・・・」

有楽斎は幸村にほほ笑む。

治長が来た。
「お部屋の支度ができました。」


豊臣家を慕って集まった牢人たちにとって、真田幸村は憧れ?
人気の武将であった。

有楽斎は真田を頼りにしていると幸村の前では言っておきなが
ら、幸村が部屋を出ていくと、微笑みを消し、茶々に
「あれだけ、褒めておけば・・・」
「牢人たちの人気はすざまじいですな。使い方次第といった
 ところでござろうな。」
と、裏腹なことを言った。

大蔵卿局が驚きを隠せない茶々に
「あまり真田をあてにしてはなりませんよ。
 如才ない男であることは・・・
 しかし、武将としては・・・じゃ」


●大坂城三の丸
 幸村と家族に部屋が用意された。


大野修理は幸村を広い一人部屋に通した。
幸村は秀頼の意向で特別扱いであった。
「困ります。」

大野しゅめにあった。

「お待ちください。この先は確か?」
「治部様・刑部様・・・源次郎・・・」

切り「・・・木曾義昌様の時は・・・」

内記「・・」

「もう1人、味方が欲しいな。三十郎は兄上に・・・」
★幸村は気の置ける「味方」が必要だった。

真田大助は天守を見上げている。
大助は幸村の部屋を訪れ、2人で天守閣を見上げた。
「天にも届きそうですね」
「太閤様が築かれたのだ」
「太閤様はどのような方だったのですか?」
「あの天守よりもっと大きな方だった。」


牢人たちの多くは、相部屋を強いられていた。
そこへ、後藤又兵衛と毛利勝永がやってきた。
「どこかであったような気がします。」

「どれだけの戦上手か知らぬが、後から来たものに大きな顔
 をされては困る」
「大きな顔をしているわけではござらぬ」
「秀頼公にも会ったようだな」

「大名ではあっても・・・」

又兵衛が幸村に食ってかかる。
「何故、お主だけ一人部屋なのだ」
「私が望んだことではない。」

毛利勝永「いや、わしも一人部屋だが」
と言い出しした。
「これでも1万石を領した大名だったのでね。
「きいてねえぞ。」
「お主とは格が違うのだ。」
又兵衛が勝永の言葉にむっときた。
★又兵衛も1万6000石であった。
又兵衛の怒りに火が付き、幸村を差し置いて2人は口論を始め
てしまった。

幸村は引っ越しをはじめた。
大野治長は牢人が集まったのは嬉しかったが、部屋割りが
むずかしく、頭を痛めていた。 

結局、幸村は、長曾我部盛親との相部屋になった。
又兵衛「これでは約束が違う。」
又兵衛は不満だった。


「真田幸村。以後、宜しくお見知りおきを・・・」
「長曾我部・・守でござる。」
「あの長曾我部元親様のお身内ですか?」
「左様、元親は父でござる。」

又兵衛は小さな衝立をを隔てて、明石を同じ部屋あった。
明石はキリストの聖書を読んでいる。
「・・・五月蠅くてたまらんわ・・・」と又兵衛


●駿府城
家康の耳に、真田が大阪城入りしたという知らせが入った。
「真田というのは、安房守か息子か?」

正純「大御所様、安房守はもうすでに亡くなっております」
「以前にも聞いたのう。」
家康は、うろたえた。

「すぐに大阪へ出陣じゃあ。」
と正純に命じた。
20日後の10月11日の予定を早めた。

「わしは、真田という名を恐れているのだ」

阿茶局「左衛門佐ごときでうろたえてどうなさります」
と弱気になっている家康に喝を入れた。

阿茶局「先々の不安の芽は、摘んでおくに限ります。千姫様はどうと
 でもなります。姫を返せば、秀頼の命は助けると言ってだま
し、千姫を取り戻したら、一気に攻め滅ぼせばいいだけのこと」
「怖い女だのう。」

阿茶局「信長も秀吉も、もっとひどいことをしてきました。
 この乱世を終わらせるためには必要なことです。


●江戸城
徳川秀忠は、大至急出陣の支度をさせた。
14年前の関ケ原の戦いで遅刻したことを思い出し、
今回は遅れまいと心に決めていた。
「父に何を言われるか、分からんからのう。関ヶ原の二の舞
 を演じるわけにはいかぬ。今度は戦場で父にワシを認めさ
 せる。」
と正信に気合いの程の見せた。
「大御所様に伝えましょう。」
「いや、いらん。」

そこへ、正室:「お江(ごう)」ががやってきた。
江は姉:茶々の身を案じていた。



真田信之が秀忠に目通りしに訪れた。
2人の息子が参戦するための挨拶であった。
「長男:信吉と次男:信政です。」

秀忠は率いる2万の軍勢は、大阪に向けて出陣した。
真田信吉&小山田茂誠(信之・幸村の姉:村松殿の夫)・・・
真田信政&矢沢三十郎綱?(昌幸の従兄弟)の姿があった。


●江戸の真田屋敷
佐助が書状を届けた。
信之の耳に、幸村が大阪入りしたという知らせが入った。
差出人の名前を見た。
「真田左衛門佐幸村。・・名を変えおった。・・・わしが捨てた
「幸」の字を拾いおった。奴は本気だ。・・・この戦、長引くぞ。」
信之は、幸村の手によって烏合の衆だった牢人たちが一つにまと
まることを恐れた。

 佐助の役目はもう一つあった。
堀田作兵衛を大坂城で腹心にすることだった。
「いやあ、嬉しいのう。」
 堀田作兵衛が、佐助の知らせを聞いて大阪行きを2つ返事
 で決めた。

 幸村の亡き妻で堀田作兵衛梅の妹:梅の子「すえ」を男手
 一つで育ててきたのであった。
 「すえ」は信濃の名主(現長和村):石合十蔵と祝言をあげる
 ことになっていた。
 「源次郎様が呼んでおられる。ワシは大坂に行き、お前の父
  のもとで徳川と戦う。・・お前の花嫁姿がみたい。」
作兵衛は男泣きした。

****************************
箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
http://53922401.at.webry.info/201602/article_22.html
****************************

 堀田作兵衛はこっそりと屋敷を出ようとした。
 信之は作兵衛を、門前で引き留めた。
「黙って見過ごすわけにはいかぬ。どうしても行くというなら、
 わしを倒していけ。」

信之は刀を抜いた。作兵衛も長刀に手をかける。

2人の剣は何度も空を切り、ぶつかり合った。
しかし、信之がついに作兵衛の手から長刀を払いのけた。
信之は、刀を作兵衛の喉元に突き付けた。

その時、信之の手首が突然しびれだし、剣は地面に落ちてしまった。
「ありがとうございます!」
作兵衛は信之の好意?許可だと勘違いした。
作兵衛は信之に深々と頭を下げて、荷物を拾った。
作兵衛は佐助・与八と去って行く。
「待て!違う!違うのだ!」
信之は去ってゆく作兵衛の背中に向かって叫んだ。


●大坂城
秀頼は、千姫を幸村に引き合わせた。

「千姫は徳川秀忠の娘。しかしながら、豊臣に忠義を誓うと
言ってくれた。」

千姫は、秀頼の言葉を聞いた瞬間、顔色を変えた。
幸村はその表情から・・・。

「真田左衛門佐を豊臣の総大将にしたい。是非、やってくれんか。」
幸村は辞退した。
治長「お味方は殆どが、関ヶ原以来の牢人達。よほどしっかりした
 人物が上に立たねば、まとまりがつきませぬ。
  左衛門佐をおいて、ほかにさような者がおるだろうか?」

●大広間
軍議が始まった。
秀頼・有楽斎・治長・・治房・木村・・・・
幸村・又兵衛・勝永・盛親・全登+塙(ばん)団左衛門・・・

治長は牢人たちの前で
「「殿は真田左衛門佐を豊臣の総大将にお望みである。」
「不承知。」
と又兵衛が切り出す。
幸村は「徳川に勝つためには、大局を見ることのできる者が
 上に立つ。それによって、何倍もの力を得ることができるのです
 ・・・」
「だから、それがなんでお前なのだ。」
「私には2度、徳川勢と戦い、2度勝ちをてにした武功がござる。
 徳川の戦を熟知してします。」
牢人たちの主張が激しくなった。
「勝永殿がいかがじゃ?」
「ワシは・・・」
総大将を決める話はまとまらない。
司会の治長は「・・・先にのばして、・・・」
又兵衛は決断のなさに怒る。
幸村は一端は辞退した。
「誰か1人目立ってしまうと、かえって角が立つことが
分かりました。されど勝つためには、・・・」
幸村はある提案をすることにした。
「10万の兵を5つに分け、それぞれに大将を置き、その総大将
 の上に秀頼公おんみずからがたたれるというにはいかがでしょ
うか。」
秀頼はほっとした。
又兵衛・勝永
今後の軍議は、真田・後藤・毛利・長曾我部・明石の五人衆で
行うこととなった。

幸村の提案でやっと、軍議はひと段落ついた。


内記「先が思いやられますな。」
幸村「確かに・・・まとまりがない。だが、それはおのおのが
 希望を持っているからこそ。・・・無理矢理かり出された徳川の
 兵たちとはそこが違う。」


◆ゆかりの地「長野県長和町の宿」
箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
http://53922401.at.webry.info/201602/article_22.html




****************************
【2】 5人衆
1)真田幸村
画像


 真田家・・・真田幸村・真田幸昌(大助)・真田守信(大八)
     ・上田正信・上田定正・榎坂某・三井豊後 )
真田信倍(真田采女?)・・・信州真田氏の一門衆、あるいは
  真田姓を与えられた近臣:高梨采女=内記?と思われる。
 
 @大坂冬の陣では真田信繁の配下として働いた。
 A夏の陣では天王寺・岡山の戦いで茶臼山に布陣する真田幸村隊に
   属すが、討ち死にした。

2)後藤又兵衛基次 :武勇無双とされた浪人
元・黒田官兵衛・長政の家臣。
・永禄3年(1360) 播磨国(現兵庫県)で生まれた。
  又兵衛は、幼いころに両親を亡くした。
  黒田官兵衛は又兵衛を引き取って育てた。

  黒田官兵衛は、8歳下の息子の長政よりも、知力も武力も
  長けた又兵衛をとてもかわいがったと伝えられている。
・天正15年(1592) 長岩城の戦い
重傷を負った。
 
 黒田二十四騎、黒田八虎にも数えられる。
・文禄元年(1592) 朝鮮出兵
  第2次晋州城の攻防戦で1番乗りを果たした。 
・慶長5年(1600)関ヶ原の戦い
徳川家康が率いる黒田長政の先手衆を務めた。
戦功により、黒田長政は筑前52万石になった。
後藤又兵衛は益富城(大隅城:、福岡県嘉麻市中益)
1万6000石の重臣になった。
しかし、官兵衛の死後、黒田長政との仲が悪かった。
 又兵衛は人望があった。長政はけち男(蓄財)であった。
・ 慶長11年(1606) 後藤基次が出奔した。
母里太兵衛や栗山利安が復帰を助けようとした。
・その後、細川忠興・福島正則・池田輝政などから何度か召し
 出しがかかった。
細川・黒田の対立に発展しそうであったが、家康が止めた。
つまり、徳川家康は又兵衛の解き放ちを命じた。
黒田長政は刺客を送ったという。
  
 黒田長政は「奉公構」の者であると、他家の奉公を禁制さ
   せた。京都で浪人生活を送っていた。
  大和で「軍学教授」をしていた。

・慶長19年(1614) 大野治長から大阪の役参戦の要請がかかり、
先駆けて大坂城に入城した。
 @最後に華々しい戦場を求めた説
 A黒田長政に息子が捕らえられた際、秀頼が抗議した説
徳川家康が警戒したのは後藤基次と御宿政友だけだったとい
 われている。
 徳川家康が、「播磨一国50万石を与えるから寝返るように。」
 と誘いをかけたほどだったという。
★嘘か誠か知らないが、・・・
 ●逸話・・・質素倹約・・・淀殿に手作り味噌献上

・慶長19年(1614) 冬の陣
・慶長20年(1615) 5月6日 道明寺の戦い
  後藤基次は仲間の援軍を待たずに伊達政宗率いる軍勢と一線
  を交えた。
  後藤又兵衛は小松山を占拠した自軍の10倍もの軍勢を相手
  に、濃霧の中戦いを続けた。
援軍も場所が分からなかったとか?
  開戦から8時間が経過したころ、鉄砲隊に胸を撃ち抜かれて
  絶命したといわれている。
(★「真田幸村がよく分かる本」押鐘太陽著要約)


〜〜〜2016年【真田丸シリーズ】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


●▲■【第7話】天正10年(1582)6月20日、神流川の戦い〜小諸城**
箕輪初心:生方▲真田丸50第7話『滝川一益の逃亡』
箕輪城→小諸城へ
http://53922401.at.webry.info/201602/article_26.html

箕輪初心▲埼玉上里【金窪城】&『神流川の戦い』詳細
http://53922401.at.webry.info/201409/article_21.html

箕輪初心◆高崎【第16回新町神流川合戦:滝川一益】
http://53922401.at.webry.info/201211/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_2.html

箕輪初心●群馬【松井田城】=安中忠政→大導寺政繁の城
http://53922401.at.webry.info/201112/article_2.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲箕輪城175『第13回箕輪城祭り』写真集
3−@出陣式〜出陣
http://53922401.at.webry.info/201510/article_26.html

箕輪初心:生方▲箕輪城176『第13回箕輪城祭り』写真集
3−A出陣〜着到
http://53922401.at.webry.info/201510/article_27.html

箕輪初心:生方▲箕輪城177『第13回箕輪城祭り』写真集3−B
着到〜攻防戦
http://53922401.at.webry.info/201510/article_28.html


●▲■【第8話】天正10年(1582)7月13日真田昌幸が北条氏直に謁見
箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
http://53922401.at.webry.info/201602/article_32.html
★天正壬午の乱の開始

箕輪初心●長野:海津城=松代城:川中島の戦いでの信玄の拠点
http://53922401.at.webry.info/201309/article_14.html

箕輪初心◆長野の松代:松代藩真田家藩士の家巡り
http://53922401.at.webry.info/201309/article_13.html


●▲■【第9話】天正10年(1582)8月、天正壬午の乱、
箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ
&平山優説の違い
http://53922401.at.webry.info/201603/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201602/article_24.html
★依田信蕃が真田昌幸を徳川に引き入れた。


箕輪初心:生方▲山梨【若神子城】武田信玄の信濃攻略の拠点&
烽火集積地
http://53922401.at.webry.info/201504/article_29.html
★北条氏直の陣


箕輪初心:生方▲山梨【獅子吼城】:徳川家康VS北条氏政
http://53922401.at.webry.info/201505/article_1.html
★徳川家康は大導寺政繁のいる獅子吠城を服部半蔵を使って攻略。

箕輪初心:生方:▲山梨【谷戸城】甲斐源氏祖:逸見清光の居城
http://53922401.at.webry.info/201505/article_2.html
★徳川家康は旧武田遺臣を味方に付け、谷戸城を攻略。


●▲■【第10話】天正10年(1582)10月徳川&北条和睦*****
箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』
&曳間城(浜松城の前身)
http://53922401.at.webry.info/201603/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して
造った上田城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html
★井伊直政は北条氏の大導寺政繁との交渉で徳川方の使者と
して政治的手腕を発揮。徳川&北条の和睦の立役者であった。
徳川家康が武田氏の旧領:信濃国・甲斐国を支配。
●井伊直政は武田氏の旧臣達約120人と家康の旗本の一部が配属された。
 →山県昌景の意志を尊重し、「井伊の赤備え」部隊の大将となった。
★関ヶ原の合戦後、井伊直政が真田信之に頼まれて、真田昌幸と
 真田信繁を命乞いを徳川家康にしたのに、井伊直政は真田丸に
 出てこない。後、真田幸繁の『真田丸』なんてなかったのに・・


●▲■【第11話】天正11年(1583)上田城完成祝いと室賀殺害***
箕輪初心:生方▲真田丸74【「加沢記」の室賀】
&TV 11話「祝言」のあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201603/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸84【室賀城=原畑城+笹洞(ささぼら)城】
&室賀氏・屋代氏の歴史&真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201604/article_11.html



●▲■【第12話】天正13年(1585)6月頃************
箕輪初心:生方▲真田丸77:第12話「真田幸繁の上杉への人質」
&平山・丸島諸説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_29.html
6月頃 真田昌幸は上杉景勝に従属することを決めた。真田弁丸
 (信繁)の供奉衆に矢沢頼幸が同心として預けられ、一軍の指揮
  官に任じられた。・・・
7月15日は上杉景勝への9ヶ条の起請文
@上杉に忠節を尽くせ
A敵が攻めてきたら援軍をよこせ
B噂や密告を信じないで、密接な関係でいようね。
C信濃国の知行は海津城将:須田満親が行う。
D小県(上田)、吾妻(岩櫃)、利根(沼田)・坂木の庄を安堵した。
E佐久甲州のどこか、長野一跡(箕輪城)を与える。
F屋代秀正の一跡(荒砥城&屋代城)を与える。
G真田昌幸に禰津昌綱の処遇も一任した。
平山説・・・昌幸の配下にすること
◎天正11年に出浦昌相(一般論の出浦盛清は誤りか?)
が真田の家臣になったのと符号する。
真田昌幸に安堵した埴科郡に出浦の所領が入っているので
(★丸島説)・・・『真田丸』に合致している。


●▲■【第13話】天正13年(1585)閏8月2日、第一次上田合戦**
箕輪初心:生方▲真田丸80【第1次上田合戦】加沢記・平山説
&第13話「決戦」
http://53922401.at.webry.info/201604/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_4.html



●▲■【第14話】天正16年(1586)6月上杉景勝・真田幸繁上洛*

箕輪初心:生方▲真田丸86【昌幸の秀吉への臣従過程2説】
&第14話『上洛』
http://53922401.at.webry.info/201604/article_14.html

※倶利伽羅峠〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★木曾義仲:上野国多胡庄2ヶ月→信濃依田城で蜂起
http://53922401.at.webry.info/201310/article_3.html

箕輪初心★木曾義仲Cゆかりの地:埼玉→信濃→上野→信濃→北陸へ
http://53922401.at.webry.info/201406/article_17.html

箕輪初心★松尾芭蕉33『奧の細道22』【金沢・小松】&My金沢城登城
http://53922401.at.webry.info/201208/article_17.html


●▲■【15話】天正16年(1586)6月上杉景勝・真田幸繁上洛*
箕輪初心:生方▲真田丸87【 15話『謁見』のあらすじ】&平山優
http://53922401.at.webry.info/201604/article_22.html


●▲■【16話】天正14年(1586)1月〜6月
箕輪初心:生方▲真田丸90【真田幸繁の豊臣家臣へ】
の史実:丸島説・平山説&第16話『表裏』あらすじ
http://53922401.at.webry.info/201604/article_30.html

●▲■【17話】天正14年(1586)6月〜10月
箕輪初心:生方▲≪岡崎城≫&【加沢記】の『松』VS
【第17話「松との再会】&史実:丸島説&平山説
http://53922401.at.webry.info/201605/article_4.html


●▲■【18話】天正14年(1586)10月〜天正15年(1587)
箕輪初心:生方▲真田丸92【第18話「上洛」】
&「丸島説&平山説&加沢記」
http://53922401.at.webry.info/201605/article_11.html


●▲■【19話】天正15年(1587)〜天正16年(1588)
箕輪初心:生方▲真田丸93【第19話:恋路】@信繁&茶々
*A信幸&稲α九州平定
http://53922401.at.webry.info/201605/article_20.html

●▲■【20話】天正16年(1588)〜天正17年(1589)
箕輪初心:生方▲真田丸bX4【20話「前兆」】聚楽第の落首事件
http://53922401.at.webry.info/201605/article_33.html


●▲■【21話】天正17年(1589)
箕輪初心:生方▲真田丸bX5【21話「戦端」】真田VS北条
http://53922401.at.webry.info/201605/article_35.html

●▲■【22話】天正17年(1589)6月〜11月
箕輪初心:生方▲真田丸97【第22話『裁定』】&加沢記「名胡桃事件」
http://53922401.at.webry.info/201606/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸18【名胡桃事件への過程→秀吉の小田原攻撃】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城@】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城A】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_22.html

箕輪初心:生方▲スキーbP3『神楽』
&真田丸86【名胡桃城のガイダンス施設】
http://53922401.at.webry.info/201604/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸98『名胡桃城の復元』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_7.html

箕輪初心●群馬旧高山村の城:中山城1回目&並木城
http://53922401.at.webry.info/201201/article_23.html

箕輪初心●岩櫃城探検隊第8弾【中山城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201311/article_13.html
★名胡桃城代:鈴木主水が呼び出された城

★★箕輪初心●【横尾八幡城】
http://53922401.at.webry.info/201202/article_12.html
★真田昌幸が待機した城

箕輪初心:生方▲箕輪城173【後北条氏の西上州支配VS真田昌幸】
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html





●▲■【23話】天正17年(1589)12月〜天正18年(1590)3月
箕輪初心:生方▲真田丸99【23話:攻略】豊臣秀吉の小田原攻撃
&史実との相違
http://53922401.at.webry.info/201606/article_13.html

箕輪初心:生方●北条早雲&伊豆の城H「山中城」=緻密な山城
http://53922401.at.webry.info/201508/article_5.html

箕輪初心●静岡:山中城=堀障子の残る百名城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_16.html
 ★山中城1回目・2回目を掲載

箕輪初心▲神奈川【箱根観光7回の思い出】
http://53922401.at.webry.info/201411/article_28.html

〜〜〜〜おまけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲神奈川箱根【早雲寺】:後北条5代の墓
&連歌師:宗祇の碑
http://53922401.at.webry.info/201411/article_27.html

箕輪初心●神奈川【石垣山一夜城】=秀吉の天下統一の城 
http://53922401.at.webry.info/201106/article_18.html

箕輪初心▲神奈川【石垣山一夜城A】豊臣秀吉の天下統一への陣城
http://53922401.at.webry.info/201411/article_29.html
★なんで『真田丸』は石垣山一夜城と言わないのであろうか?
同じ、NHK「黒田官兵衛」の本当の交渉の様子を避けて、あえて、
真田幸繁は松井田に出陣しているのにもかかわらず、おもしろおか
しくするために「黄色い母衣」などを持たせている。
しかし、「黄色い母衣」は身分の証で本当であると、時代考証
人は言っている。



●▲■【23話】天正17年(1589)6月〜天正18年(1590)7月


箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html

箕輪初心●神奈川:小田原城=百名城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_19.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】写真集前編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_24.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】:写真集後編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_25.html




●▲■【24話】天正18年(1590)3月〜天正18年(1590)7月
箕輪初心:生方▲真田丸【24回「滅亡」】豊臣秀吉の天下統一
http://53922401.at.webry.info/201606/article_21.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html

箕輪初心●神奈川:小田原城=百名城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_19.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】写真集前編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_24.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】:写真集後編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_25.html



●▲■【25話】天正19年(1591)1月〜天正19年(1591)8月
箕輪初心:生方▲真田丸【第25話「別離」】@秀長の病死・
A利休の切腹・B鶴松の早世
http://53922401.at.webry.info/201607/article_2.html



●▲■【26話】天正19年(1591)8月〜文禄元年(1592)4月
箕輪初心:生方▲真田丸100【26話「仮装大会:瓜売」】&名護屋城
http://53922401.at.webry.info/201607/article_3.html

箕輪初心●佐賀【名護屋城】=豊臣秀吉朝鮮出兵の城
http://53922401.at.webry.info/201112/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸104【第30回「黄昏」】秀吉のボ
&韓国D「火の女神ジョンイ」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_5.html

箕輪初心:生方▲「全46話火の女神ジョンイ」のあらすじ1〜15
&「ちょっと自分の陶芸作品」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_36.html

箕輪初心:生方▲「火の女神ジョンイ全46話」3−Aあらすじ16話〜32話
http://53922401.at.webry.info/201608/article_37.html

箕輪初心:生方▲「火の女神ジョンイ全46話」3−B30話〜46話
&「豊臣秀吉関連」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_38.html

箕輪初心:生方▲真田丸112【豊臣秀吉の朝鮮侵略&「火の女神ジョンイ」
&出番のなかった真田丸島説】
http://53922401.at.webry.info/201608/article_43.html





●▲■【27話】文禄元年(1592)4月〜文禄3年(1594)7月
箕輪初心:生方▲真田丸101▲【27話「不信」】秀吉と秀次の不仲
http://53922401.at.webry.info/201607/article_6.html




●▲■【28話】文禄3年(1594)7月〜文禄4年(1590)7月
箕輪初心:生方真田丸102【28話「「受難」のあらすじ】&
▲『亀田城&真田幸繁5女:お田の方』
http://53922401.at.webry.info/201607/article_15.html

箕輪初心●秋田由利本荘【高城&亀田城&天鷺村】亀田2万石
http://53922401.at.webry.info/201205/article_6.html
★真田幸村の5女:なほ:御田姫が岩城宣隆室:亀田城(秋田県)

箕輪初心●秋田【久保田城】=土造りの100名城
http://53922401.at.webry.info/201205/article_7.html
 ★兄:佐竹氏の城

箕輪初心▲埼玉騎西【多賀谷氏館】&多賀谷一族の歴史
http://53922401.at.webry.info/201408/article_23.html




●▲■【29話】文禄4年(1590)7月〜文禄5年(1591)7月
箕輪初心:生方▲真田丸103【第29回「異変」】&大谷吉継の敦賀
http://53922401.at.webry.info/201607/article_23.html
●▲■【30話】文禄5年(1591)7月〜慶長元年(1591)12月
箕輪初心:生方【第30回「黄昏」】秀吉のボケ老人&韓国ドラマ「火の女神ジョンイ」
http://53922401.at.webry.info/201608/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田丸105【2016年8月3日「沼田まつり」前編】
稲役:吉田羊登場
http://53922401.at.webry.info/201608/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸106【2016年8月3日「沼田まつり」後編】
http://53922401.at.webry.info/201608/article_8.html

●▲■【31話】慶長元年(1591)12月〜慶長3年(1593)8月18日
箕輪初心:生方▲真田丸107第31回「終焉=豊臣秀吉の死」史実編&真田丸
http://53922401.at.webry.info/201608/article_12.html

箕輪初心◆豊臣秀吉の死〜徳川家康の小山評定〜関ヶ原の戦いへ
http://53922401.at.webry.info/201312/article_14.html



●▲■【32話】慶長3年(1591)8月〜慶長4年(1592)1月
箕輪初心:生方▲真田丸108【第32話「応酬」】&史実
http://53922401.at.webry.info/201608/article_24.html

箕輪初心:生方▲箕輪城202【真田丸に登場しない井伊直政」
&郭馬出出撃門
http://53922401.at.webry.info/201608/article_25.html




●▲■【33話】慶長4年(1591)1月〜慶長4年(1592)3月
箕輪初心:生方▲真田丸110【第33話『動乱』】&史実
&ちょっと伏見
http://53922401.at.webry.info/201608/article_34.html


●▲■【34話】慶長4年(1591)3月〜慶長5年(1592)3月
箕輪初心:生方▲真田丸110【第34回「挙兵」のあらすじ】
&「ちょっと福島正則」
http://53922401.at.webry.info/201609/article_3.html


●▲■【35話】慶長5年(1592)3月〜慶長5年(1592)7月
箕輪初心:生方▲真田丸114【第35話「犬伏」】&史実&ちょっと唐沢山城
http://53922401.at.webry.info/201609/article_5.html

箕輪初心◆豊臣秀吉の死〜徳川家康の小山評定〜関ヶ原の戦いへ
http://53922401.at.webry.info/201312/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸23【沼田正覚寺】信之の妻:小松姫の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸105【2016年8月3日「沼田まつり」前編】
稲役:吉田羊登場
http://53922401.at.webry.info/201608/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田丸106【2016年8月3日「沼田まつり」後編】
http://53922401.at.webry.info/201608/article_8.html



●▲■【36話】慶長5年(1600)8月〜慶長5年(1600)10月
箕輪初心:生方▲真田丸115【第36話「勝負」:沼田城の稲
→第2次上田合戦】&史実編
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/editcheck.do

●▲■【36話】慶長5年(1600)10月〜慶長5年(1600)12月
箕輪初心:生方▲真田丸116【第37話「信之」】&大谷吉継&石田三成の最期
http://53922401.at.webry.info/201609/article_28.html

箕輪初心:生方▲真田丸116【第2次上田合戦&明け渡し
:諏訪・依田・大井・伴野】
http://53922401.at.webry.info/201609/article_33.html

箕輪初心:生方▲「真田丸」117【禰津一族&徳川家康・真田昌幸・真田信幸】
http://53922401.at.webry.info/201609/article_43.html

箕輪初心●静岡【駿府城】@徳川家康3回在城〜徳川家康の死
http://53922401.at.webry.info/201609/article_42.html

●▲■【38話】慶長5年(1600)12月〜慶長16年(1611)6月
箕輪初心:生方▲真田丸118【第38話「昌幸」】&史実編諸説
http://53922401.at.webry.info/201610/article_5.html


●▲■【39話】慶長16年(1600)6月〜慶長19年(1614)1月
箕輪初心:生方▲真田丸119【第39話「歳月」】九度山の生活
http://53922401.at.webry.info/201610/article_9.html



●▲■【40話】慶長19年(1614)1月〜慶長19年(1614)8月
箕輪初心:生方▲真田丸122【第40話「幸村」のあらすじ】
&39話ちょっと史実編
http://53922401.at.webry.info/201610/article_16.html

箕輪初心:生方▲真田丸123『豊臣秀頼の生涯』前編&福田千鶴氏説
http://53922401.at.webry.info/201610/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸125【豊臣秀頼の父親6説】&『豊臣秀頼』後編
http://53922401.at.webry.info/201610/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸120『真実の真田忍群』と
『虚構の「真田十勇士」の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201610/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸121映画『真田十勇士』
「嘘も突き通せば真実になる」
http://53922401.at.webry.info/201610/article_12.html

¥箕輪初心:生方▲真田丸122【第40話「幸村」のあらすじ】
&39話ちょっと史実編
http://53922401.at.webry.info/201610/article_16.html

箕輪初心:生方▲真田丸123『豊臣秀頼の生涯』前編&福田千鶴氏説
http://53922401.at.webry.info/201610/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸125【豊臣秀頼の父親6説】
&『豊臣秀頼』後編
http://53922401.at.webry.info/201610/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸123「九度山脱出」史実&
【第41回「入城」のあらすじ】 
http://53922401.at.webry.info/201610/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田丸125『豊臣秀頼の家臣@親衛隊:7手組の武将』
http://53922401.at.webry.info/201610/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸127『豊臣秀頼の譜代の大物武将20』
http://53922401.at.webry.info/201610/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸126【42話「味方」】&『後藤又兵衛基次』
http://53922401.at.webry.info/201611/article_13.html




★明日は?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲真田丸126【42話「味方」】&『後藤又兵衛基次』  城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる