城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲沖縄10−R【世界遺産:首里城2回目】 後編

<<   作成日時 : 2016/08/01 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成12年(2000)12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」と
して世界遺産に登録された。朱が基調の「正殿」や門・・・・
個人的には平成28年(2016)7月17日に世界文化遺産に登録さ
れた「西洋美術館」よりははるかに魅力的である。沖縄へ訪れた
ら是非一度は訪れておきたい観光スポットである。
画像




●黄金御殿・寄満・近習詰所
●正殿

画像

画像

画像

画像

画像

画像

●北殿
画像

画像

画像


・名残
画像

●淑順門
画像


●右?門
・振り返ると
画像

●久慶門
画像


●歓会門
画像


●園比屋武御嶽石門(世界遺産)2回目

●守礼門




▲▼沖縄のMyブログ一覧**********〜〜〜〜〜〜

箕輪初心▽沖縄:【ダイビング旅行&観光】の一覧
http://53922401.at.webry.info/201203/article_5.html

箕輪初心●沖縄の世界遺産@【首里城】A【園比屋武御嶽石門】
B【玉陵】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_12.html

箕輪初心●沖縄の世界遺産A【今帰仁城】=「圧倒的な規模
の巨大要塞」
http://53922401.at.webry.info/201203/article_17.html

箕輪初心■沖縄の世界遺産C【識名園】&ラムサール【漫湖】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_13.html

箕輪初心●沖縄の世界遺産D【中城城跡】&中村家
http://53922401.at.webry.info/201203/article_14.html

箕輪初心●沖縄の世界遺産E【勝連城跡】=菅総理提案の米軍
基地近く
http://53922401.at.webry.info/201203/article_15.html

箕輪初心●沖縄の世界遺産F【座喜味城】=「運命の人」のロケ地
http://53922401.at.webry.info/201203/article_16.html

箕輪初心:生方▲百名城H【98〜100】沖縄の城
http://53922401.at.webry.info/201507/article_1.html

箕輪初心■沖縄の焼き物@【壺屋焼】&『壺屋焼博物館』
http://53922401.at.webry.info/201203/article_10.html

箕輪初心■沖縄の焼き物A【読谷やちむんの里】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_11.html

箕輪初心■沖縄『備瀬のフクギ並木』&【美ら海水族館】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_9.html

箕輪初心▽沖縄ダイビング@『沖縄本島:北谷』
http://53922401.at.webry.info/201203/article_6.html

箕輪初心▼沖縄ダイビングA【与那国】=ハンマー&海底遺跡
http://53922401.at.webry.info/201203/article_25.html

箕輪初心▼沖縄ダイビングCH『慶良間』=6種のクマノミ紹介
http://53922401.at.webry.info/201203/article_7.html

箕輪初心▼沖縄ダイビングD【マンタ三昧の石垣島】&「竹富島」
http://53922401.at.webry.info/201203/article_23.html

箕輪初心▼沖縄ダイビングE【宮古島】「ウミヘビ、食ったド〜〜」
http://53922401.at.webry.info/201203/article_22.html

箕輪初心▼沖縄ダイビングF【西表島】=「ネオンテンジクダイ
&コブシメ産卵」
http://53922401.at.webry.info/201203/article_24.html

箕輪初心▽沖縄ダイビングG【沖縄本島の本部】
http://53922401.at.webry.info/201203/article_8.html

箕輪初心▼沖縄ダイビングH『慶良間』=6種のクマノミ紹介
http://53922401.at.webry.info/201203/article_7.html

箕輪初心:生方▲ラムサール条約批准地46分の29+遠望5
http://53922401.at.webry.info/201506/article_23.html
★沖縄本島「漫湖」・慶良間・石垣の「名蔵アンプル」が
 入っている。
箕輪初心:生方▲百名城H【98〜100】沖縄の城
http://53922401.at.webry.info/201507/article_1.html

箕輪初心:生方▲沖縄10回目の@総集編2016年7月
【▼ダイビング&▲城】5泊6日
http://53922401.at.webry.info/201607/article_10.html

箕輪初心:生方▼沖縄10回目のA【砂辺ダイビング】「1cmのペラピグ」
http://53922401.at.webry.info/201607/article_11.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−B『沖縄の城一覧表』&【登城した12城】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_13.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−C【浦添城】のオオゴマダラ&『浦添ようどれ』の石垣
http://53922401.at.webry.info/201607/article_14.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−D【伊祖城】&『中山王朝・琉球王朝の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201607/article_16.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−E【中城城跡2回目】戦略的芸術的曲線美
を持つ城
http://53922401.at.webry.info/201607/article_17.html

箕輪初心:生方▲沖縄10ーF【世界遺産:勝連城跡2回目】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_18.html

箕輪初心:生方▲沖縄10ーG『知花城』:鬼大城伝説が残る城
http://53922401.at.webry.info/201607/article_19.html

箕輪初心:生方▲沖縄10ーH【安慶名城】:輪郭式の迫力ある城
http://53922401.at.webry.info/201607/article_20.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−I【伊波城】:単郭の大城
http://53922401.at.webry.info/201607/article_21.html

箕輪初心:生方▼沖縄10ーJ【青の洞窟ダイビング】初心者用スポット
http://53922401.at.webry.info/201607/article_22.html

箕輪初心:生方▼沖縄10−K【瀬底島ダイビング】&洪基俊氏の
「オリオンダイバーズ」
http://53922401.at.webry.info/201607/article_24.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−L【名護城】今帰仁城の攀安知(はんあんち)
の弟:名護按司の城
http://53922401.at.webry.info/201607/article_25.html

箕輪初心:生方▼沖縄10-M【美ら海水族館@マナティ・亀・イルカ
&熱帯ドリームセンター】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_26.html

箕輪初心:生方▲沖縄10-N【美ら海水族館Aミニ水槽・サメ館&世界bQの水槽】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_28.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−O【世界遺産:今帰仁城2回目】=巨大要塞
http://53922401.at.webry.info/201607/article_29.html

箕輪初心:生方▲沖縄10ーP【クイジマ(恋島)の古宇利オーシャンタワー】
http://53922401.at.webry.info/201607/article_30.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−Q【世界遺産:首里城2回目】 前編
http://53922401.at.webry.info/201608/article_1.html

箕輪初心:生方▲沖縄10−R【世界遺産:首里城2回目】 後編





【伊祖城の歴史】
◆中山王国(伊祖城→浦添城)の歴史************
●古代・・・ 沖縄では先史時代の貝塚時代

・605年 中国史に「琉球」登場。

・平安時代
●源為朝伝説「運天漂着伝説」 
  ・保元元年(1156) 保元の乱
   源為朝は敗れて琉球へと流れ着いた。
   源為朝&大里按司の妹との間に子どもが生まれた。

   尊敦が浦添按司となって中山を平定した。
源為朝来琉伝説
★与論島でも源為朝のたくさんゆかりの地があった。
    貝塚時代のはずなので?


●中世・・・沖縄ではグスク時代
・12C  琉球でも稲作・畑作を中心とした農耕社会になって
      いった。
   集落は海岸部から農耕に適した場所に移っていった。
  
  日本本土や中国大陸や東南アジアとの交流が進展した。
  アジア貿易の中継点としての重要性を増してきた。
  有力者は地元の農民を束ねて豪族(按司あじ)が成長
  していった。  

・鎌倉時代13〜14C
  「按司(あじ)」と呼ばれる土豪=武将が
  石垣によって築かれた城塞 「グスク」を拠点として、
   周辺の集落を傘下に入れ小国家へと発展した。
   群雄割拠していた。

 日本から平仮名が導入された。

 占い信仰が行われるようになった。
 「ノロ」といわれる女性祭司が占った。
 力が非常に強いシャーマンであった。
 
【1】舜天王統3代
・文治3年(1187) 尊敦が舜天と名乗って舜天王統の祖となった(伝)。
  (★琉球王国の正史『中山世鑑』
   17Cに羽地朝秀によって編纂された。)
 
????年 伊祖城が築城された。
画像

  初代:舜天王 1187年〜1237年
  2代:舜馬順煕王1238年〜1248年
  3代:義本王1249年〜1259年
    
・1259年 舜天王統3代:義本王の時に飢饉によって国が乱れた。

・昭和36年 伊祖城は沖縄県指定史跡。
・現在 伊祖公園として整備されている。
★伊祖城はここまで


******************************
【2】 英祖王統5代
 
伝説「恵祖王は伊祖按司であった。
   善政を積んでいたが、子宝に恵まれなかった。
・????年 恵祖王の妻が懐に日輪が飛び込んだ夢を見た。
  そして生まれたのが英祖王であった(伝)。」
 ※英祖王は伊祖城内で生まれたことになっている。

・文応元年(1260) 伊祖城を拠点とする英祖が王位を譲り受けた。
   英祖王も善政をしいたという。
  ・英祖王統に入ってから次第に按司をまとめていった。

・????年 浦添城が築城された。

・????年 「ようどれ」の建立 英祖王の王陵。
画像

初代 英祖王(恵祖王の?)1259年? 〜1299年?
2代 大成王(英祖王長男)1299年? 〜1308年?
3代 英慈王(大成王次男)1308年? 〜1313年?
4代 玉城王(英慈王三男)1313年? 〜1336年?
5代 西威王(玉城王長男) 1336年? 〜1349年
  
 
・南北朝時代 
・1349年 英祖王統5代:西威王が死去した。
英祖王統5代90年続いた。



【3】察度王統2代
・14C  次第に沖縄本島は北山、中山、南山の3大勢力に統合
 されていった。三つの国にまとまった。
▲三国時代
 @英祖王統を滅ぼした察度が治める中部の中山
  察度王統(中山王国)
A承察度が治める南部の南山(山南)
 B怕尼芝が治める北部の北山(山北)
中国の明朝に朝貢し、正当性を主張するなどして争いあった
  三山時代は約100年続いた。

・1350年 察度王統を樹立した。
貞和年間
察度は中山国北東で威勢を誇った勝連按司の娘を妻に迎え
 交易により力を蓄えた(伝)

 初代:察度王 1350年〜1395年
 2代:武寧王 1396年〜1405?

・1372年 察度王は明朝の招きに応じて初めて入貢した。
●察度王の弟:泰期の像・・・読谷村残波岬
説明文
「読谷山(現読谷村)宇座の泰期は、1372年、察土王の御名代と
 して、中国への初の進貢使となった人です。
 泰期は、中国の歴史に初めて名を留めた琉球の人物となり、
「明史」に3回、「明実録」に5回も登場します。
中国へ進貢すると、莫大なみかえり品が贈られますので、
「おもろさうし」では唐商い(とうあきない)としたのです。
泰期は、中国の文物を琉球に正式ルートで導入した先駆者だった
のです。」だって・・・


●▲■浦添城:中山王朝時代が終わった。・・・・ 
・1406年 佐敷城を拠点としていた尚思紹と子:尚巴志が浦添に
  攻め入って察度の子:武寧王を滅ぼした。 
  察度王統は2代56年続いた。

 


【4】第一尚氏王統6代

・1406年 伊平屋島出身で佐敷城を拠点としていた尚思紹と
  子:尚巴志が浦添に攻め入って察度の子:武寧王を滅ぼした。
   
   尚思紹は武寧王の世子を称して明国の冊封を受け、
  「琉球国中山王」になった。

????年 尚思紹は、首里城を築いた。
  尚思紹は、中山王朝の拠点を浦添城から首里城へと移した。
  尚思紹と尚巴志は各地へ侵攻を続けた。
  
1416年 尚思紹は北山の今帰仁城を攻略した。

1421年 尚思紹が死去した。
    尚巴志が王位を継承した。
尚巴志の中山王朝の勢力が増し、統一への動きを見せた。

1429年 尚巴志が南山城を攻略して三山統一を果たした。
1437説もある。
  中山王国から琉球王国となった。・・・
  尚巴志によって琉球王国が成立した。
 ※中山王国の拠点が浦添城・・・→220年・・・
  
13C末〜14C 琉球王国となり、首里城が築かれた。
 グスク造営期に成立したものと考えられている。
 尚巴志が首里城を王家の居城として用いるようになった。
 首里は首府として栄えた。
 ★足利幕府との交易も行われた。 
画像

初代:尚思紹王 1406年〜1421年
2代:尚巴志王 1422年〜1439年
3代:尚忠王 1440年〜1444年
4代:尚思達王 1445年〜1449年
5代:尚金福王   1450-1453
    首里と那覇を結ぶ長虹堤を築造。

   ・享徳2年(1453)「志魯・布里の乱」
   尚金福王の死去後に王位継承を巡る王位争い発生した。
志魯・布里の乱で首里城は完全に破壊された。

6代:尚泰久王 1454年〜1460年
   ・長禄2年(1458) 有力按司:「護佐丸・阿麻和利の乱」
   尚泰久(しょうたいきゅう)は伊是名島出身の農民「金丸」
   「御物城御鎖側(オモノグスクウサスヌスバ)」として財政
   や外交をまかすようになった。
 
7代:尚徳王 1461年〜1469年
  ★第一尚氏王統7代64年とされている。
尚徳王は領土拡張をおこない、内乱や神社仏閣造営による
  財政逼迫をかえりみなかった。暴君だったと言われている。

【5】第二尚氏王統
1469年 7代:尚徳王が死んだ。
 王位継承に関しては3重臣や家臣らの話し合いの結果、
    王府の前摂政:重臣であった金丸(かなまる)を推挙した。
    金丸がクーデターを起こして王族を追放した。
    金丸が「尚円」を名乗り、第二尚氏王朝を樹立した。
 
第二尚氏初代:金丸王も明国に対し臣下の礼取っていた。

「同じ同属内の争い事であるから、今後とも王位継承継続と
朝貢貿易を続けさせてほしい。」
と懇願した。
明国は「下克上」の事態を把握していながら承認した。
1472年 明国から冊封を受けた。これにより、正式に第二尚氏
発足となった。明国から第二尚氏時代に作成された公式文書で
同じ尚氏血統とされた。
正当性を確立するために、
  「天子は天命によって天下を治めるが、不徳の者が出て国民に圧制
   を加えるならば、天は別の有徳者に天命を下し天子とする。」
   とする中国の易姓革命の思想を利用して、第二尚氏の天命説で
   地位を確保した。

初代:尚円王1469〜1476
  1471年、ジャワ・マラッカ・朝鮮にも使者を派遣した。
  1476年、尚円王が死去。享年62。

2代:尚宣威王1477
  ノロ(神に仕える女性)最高地位「聞得大君」が王と同等の権力
   を持つようになってきた。
   「聞得大君の就任式」は斎場御嶽(世界遺産)で行われた。
    男子禁制で王とても立ち入れない場所であった。
   尚円王の後妻「オギヤカ」は聞得大君の娘と図り、神託を利用
    した。

3代:尚真王1477〜1527 黄金時代・最盛期
   尚真王は12歳〜62歳、50年にわたって在位した。
1500年 八重山のオヤケ赤蜂を46隻の軍船と3000人の兵で
出兵して降服させた。
1501年 歴代王の墓所、玉陵(タマウドン)を造らせた。

1522年 与那国の鬼虎を宮古の軍に討ち取らせた。
  先島諸島全域を統一した。
★参考サイト  
http://www.okinawainfo.net/rekisi/syousi21.htm
  
★徳川家光のように中央集権体制を着実に整備した。
下克上がおきないように
  琉球王朝・徳川家康などの祖父は下克上をやっているのに。
  名君と言われた人はずるくてお利口だこと・・・・

 @治安維持・王朝体制の維持・・・反乱対策1
    各地の按司(アジ)たちを首里に 住まわせた。
     按司(アジ)の下に王の直属家臣:按司掟(アジウッチ)
     という役人をおいて、王の支配下に置いた。
★徳川家光の3年ごとの参勤交代と同じで、正月、大名に
挨拶させた。妻子を江戸に置き、人質とする。
次第に按司(アジ)を王朝家の一族としていった。
 
 A治安維持・王朝体制の維持・・・・反乱対策2
   武器類は全て国庫に収めさせ、非常の際にだけ使用する。
   ★兵農分離に近い。

 B身分制度の確立・・・階級社会の確立
    階級が分かる身分制度を確立するために、按司には身分に
    応じた色の冠=はちまきや簪(かんざし)をつけさせた。
★紫はbP(将軍)・黄色はbQ(徳川御3家:水戸黄門・・・)
中国の身分制度を応用した。
士と農工商・えた非人の身分制度で徳川政権を維持しようと
した。
  
 C地方支配の確立・・・行政区の確立
   「間切(マギリ)」「シマ」を設置して、行政区画を整備した。
   行政は、沖縄本島・奄美、宮古、八重山にまでおよんだ。
   現在の市町村にあたる
   ★幕藩体制と同じ。旗本領の分裂分断支配。
村単位の年貢・特産品の徴収など
  
 D政教一致政策・・・王府の権力維持の思想統制策。
   「聞得大君(きこえおおぎみ)」とよばれる最高神女(ノロ)を
    頂点とした神女組織を整備した。
   ※尚真王は自分の妹を巫女の最高位「聞得大君」にして、
   オオアムシラレ、ノロ、オコデをその配下においた。
   ピラミット型の宗教組織を確立した。
「ノロ」は原則として世襲制で、ノロ殿地(ドゥンチー)と呼ば
   れる家系から出る。琉球王国時代に王府より任命されたもので、
   元々は各地の有力按司(あじ)の肉親(姉、妹、妻など)と考
   えられている。例外もあるようだ。
  (★ウィキペディア)
 ★江戸幕府の儒教思想・家長制度の導入
  キリシタン禁止・宗門人別帳・・・戸籍と同じ。

  D中継貿易の推進・・・財源確保
   明国への進貢を一年に一回とし、交易により財政を豊か
     にする方針をとった。 
   進貢貿易を中心に中国→琉球→東南アジア→琉球→日本へ
   琉球は那覇を中心に世界各地との交易も広げ、ますます
    栄えた。  
  ★日本は鎖国・・・中国・オランダのみ
   カトリック教の侵入を防ぐ。
  
  E土木事業・・・公共事業による国内整備策。
  
  F首里城の整備・・・有力按司家の台頭防止策
★徳川家の天下普請と同様、大名に江戸城の普請をさせた。
王家の菩提寺:円覚寺
   ★寛永寺・増上寺を菩提寺にした。
     末寺・末社制と同じである。
      
   ・1501年 玉陵(タマウドゥン)
   ・1502年 放生橋・円鑑池・弁財天堂
・1519年 園比屋武御嶽(スヌヒャンウタキ)
・1528年 守礼門
    などを建造させた。
   ★徳川家の天下普請と同様・日光東照宮などを造らせた。
   
  G交通網の整備
    首里城と南部をむすぶ真珠道(まだまみち)を築造した。
★五街道の整備と同じである。
  
  H歴史の編纂事業
    『おもろさうし』の編纂
    「おもろ」とは、沖縄諸島および奄美諸島で古くから謡い
    継がれてきた歌謡である。
※王家の正当化にも使われた。

★「寛政・・・譜」
  1526年 50年の政権を保った尚真王は62歳で他界した。  

 尚清王1527〜1555
 尚元王1556〜1572
 尚永王1573〜1588
 尚寧王1589〜1620
・天正20年(1592)〜文禄2年(1593) 文禄の役、慶
豊臣秀吉から四番隊に所属し、1万人説?1万5千人説
   の軍役を命ぜられた。
島津義弘は琉球にも兵役を課したが尚寧王に断られた。
嫡男:島津久保を病気で失った。

・慶長長2年(1597)〜 慶長の役
島津義弘は7500人分の食料を琉球王朝に要求した。
尚寧王はなた断った。
  島津義弘は朝鮮へ渡海した。

・慶長14年(1609) 薩摩藩による琉球侵攻
画像

     薩摩の島津家久から、尚寧王あてに
  「徳川家康に臣下の礼を尽くしに来るように・・」
  と書状が届いた。
   尚寧王は即応できなかった。
 3月、薩摩の軍勢3000が那覇港をめざしだが、上陸でき
     なかった。
     運天の今帰仁の浜に上陸した。
     首里城に迫られた。
  4月4日 降伏。
    王は従者100余名とともに薩摩、江戸へと謝罪に行った
    (正しくは尚寧王以下政府要人100余名を捕虜として
     ・・・・)
   琉球王国は薩摩藩支配になった。
薩摩は中国村を一掃し、1万石の税を課した。

 
 尚豊王1621〜1640
 尚賢王1641〜1647
 尚質王1648〜1668
 尚貞王1669〜1709
 尚益王1710〜1712
 尚敬王1713〜1751
   1725年 『中山世譜』蔡鐸・蔡温が編纂
   尚敬王の宰相:蔡温は財政復興・2重支配の対等化
農政の刷新・河川の修築・湾港の整備・音楽・陶芸・工芸・
漆芸・織物の進展
 尚穆王1752〜1794
 尚温王1795〜1802
 尚成王1803
  尚灝王1804〜1834
  尚育王1835〜1847
 尚泰王1848〜1872
1872年 琉球藩
・第二尚氏は、初代・尚円王::成化6年(1469)〜最後の尚泰王:
光緒5年(1879)までの19代410年間、続いた。
・明治2年(1879) 廃藩置県 沖縄県の設置。
  尚泰王は日本の華族(侯爵)となった。


・昭和20年(1945) 沖縄戦 
 3月23日 沖縄本島に延べ355機の艦載機による空襲があった。
 3月24日 慶良間上陸
       沖縄本島南部へ戦艦以下30隻のアメリカ軍艦船が
       艦砲射撃を開始。延べ600機の艦載機による空爆。
3月26日〜主な戦闘は沖縄本島で行われた。
4月1日 沖縄島中部の嘉手納沿岸に上陸した。
4月10日 戦線が厳しくなった。艦砲射撃も行われた。

〜〜〜(中略)〜〜〜〜〜〜〜
6月20日〜6月23日頃 終了した。
9月7日 沖縄守備軍が降伏文書に調印した。

  太平洋戦争において、日米の最大規模で最後の戦闘となった。
沖縄戦で戦死した日本 188,136人・・・・
   沖縄県出身者が122,228人
一般人94,000人、軍人・軍属28,228人          
他都道府県出身兵 65,908人)
  アメリカ人 12,520人
(★沖縄県平和祈念資料館 )
研究者の間では、沖縄県民の犠牲者は15万人以上とみている。


・昭和27年(1952) 琉球政府設立

・昭和36年(1961)〜昭和50年(1975) ベトナム戦争
米国が軍事介入。アメリカの最大の出撃基地「沖縄」から
  爆撃機が飛び立った。


・昭和40年(1965) 佐藤栄作総理大臣は沖縄の施政権返還に
取りくみ始めた。
・昭和47年(1972) 5月15日 沖縄返還。復
  帰賛成派の県民が求めた米軍基地の全面返還はできなかった。
沖縄県民の暮しは大きく変化した。
   通貨が米国ドルから日本円に切り替えられた。
   日本政府は、1ドル=360円での切り替えを約束し、
   差額分は日本政府が補償した。
   消費者物価は1ヶ月で14.5%も上昇した。
◆参考サイト
http://rca.open.ed.jp/history/story/hisindex5.html

・昭和50年(1975) 沖縄国際海洋博覧会開催

・昭和53年(1978) 7月30日 (俗称「ナナサンマル」)
   交通方法の変更。「人は右車は左」本土と同じになった。
  
  沖縄海洋博が開催。

・平成7年(1995) 米兵による少女強姦事件
アメリカ軍の兵士が、小学生の女の子に乱暴を働いた。

・平成12年(2000) 沖縄サミット開催
・平成16年(2004) 沖縄国際大学に米軍ヘリ墜落炎上

・平成23年(2011) 3月11日 東日本大震災
  トモダチ作戦・・・米軍による大規模な救援活動があった。

・現在 
@普天間基地移設問題
現在でも、沖縄の地に日本全体の米軍専用施設が配置
   され、多くの問題が残されたままになっている。
沖縄のアメリカ軍基地は沖縄74%がある。
   辺野古への基地移設問題・・・・教育問題・土壌汚染。
見方によっては、戦争が続いているともいえる。
アメリカ人は沖縄全土自由であるが
アメリカ人と結婚していない沖縄県人は基地は治外法権
であるとガイドが行っていたが、・・
沖縄に外国があるのだ。


A沖縄の汚染
  沖縄は亜熱帯の珊瑚礁の海に囲まれている。
  日本人観光客・中国人観光客・外国人観光客の増加
  ホテルやリゾート建設の増加。
  海域は赤土汚染が広がってきている。
★俺も汚している一人であるが、・・・。

B若年失業者の増大
   沖縄経済の最大の問題である。
飲み屋の仕事に若い男女がいっぱいいるのは何故?。
観光業が結局多いのか?

C沖縄が中国に乗っ取られている。・・・中国人ばっか。
いいホテルに泊まっている。金を落としているけれどね。
中国が武力で尖閣諸島を奪おうと企画して軍艦に燃料を補充開始
 した時、4時間後にはオスプレイが上海基地を襲撃できる。
でも、沖縄に中国人がわんさか?


◆参考資料
・「沖縄」比嘉春潮・霜田正次・新里恵二著 岩波新書
・「日本にとって沖縄とは何か 」岩波新書
・「沖縄の歴史と文化」外間守善著 岩波新書
・沖縄いろいろ辞典
・などほかにも5冊


★明日は群馬の城か西伊豆の城か?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲沖縄10−R【世界遺産:首里城2回目】 後編 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる