城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲真田丸【第25話「別離」】@秀長の病死・A利休の切腹・B鶴松の早世

<<   作成日時 : 2016/07/03 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天正18年(1590) 豊臣秀吉は小田原攻めによって伊達政宗が臣従を誓
った。7月5日、小田原城開城。7月11日さらに北条家を滅ぼした。
豊臣秀吉は宿願天下統一を果たした。が、@天正19年(1591)1月22
日、豊臣政権における調整役の大納言:豊臣秀長は大和郡山城内で病死
した。享年52。・・・A2月13日に千利休は謹慎処分を受け、2月
28日千利休は豊臣秀吉からの命令により切腹した。そして「たたり
じゃ」・・・B閏1月3日 豊臣秀吉55歳の側室:茶々が生んだ豊臣
秀吉の長男:鶴松(捨)が発病した。8月5日に、鶴松は淀城でわずか
数え3歳で死去した。遺骸は東福寺に運ばれたのである。
・・・「舛添の都知事離脱」「イギリスのEU離脱?」・・今も「別離」だら
けじゃあ、あ〜りませんか?
画像


【1】豊臣秀長の病死
1)豊臣政権の内情
豊臣秀吉が天下人になると大きな実権を与えられた。
大納言:豊臣秀長は兄:秀吉とは反対の性格で温和な性格の人物で
あったようである。豊臣秀吉は性格の違う弟を随分と可愛がって
いた。豊臣政権における調整役であった。秀吉の補佐役であり、
暴走を止めるストッパー役でもあった。
@豊臣秀吉のエピソード
「公儀の事は秀長に相談するように・・・」と言っていた(伝)。
A豊臣秀長が大友宗麟に言ったエピソード
・天正14年(1586)
「公儀のことは秀長に、内々のことは宗易(千利休)に」
・天正18年(1590)1月頃〜 豊臣秀長は病が悪化した。 
3月〜9月の小田原攻撃・奥州の仕置きに参加できなかった。
・天正19年(1591)1月22日、豊臣秀長は大和郡山城内で病死した。
2)●「真田丸」
豊臣秀長は兄:秀吉に豊臣の行く末を考え、
 「大名への協力体制」を進言した。


【2】千利休の謹慎処分→切腹命令→磔刑→晒し首
箕輪初心◆◆千利休=源氏系新田一族→里見系の一族の末裔
http://53922401.at.webry.info/201106/article_27.html

箕輪初心●群馬旧新田町「田中館=長慶寺」千利休先祖の館
http://53922401.at.webry.info/201303/article_17.html

1)利休十哲
豊臣秀吉に感化された茶の湯好きの武将は競って千利休に弟子入りした
利休7哲〜利休10哲と呼ばれた。
○細川忠興(細川三斎)・・・ガラシアの夫
○芝山監物(芝山宗綱)
○蒲生氏郷
○古田重然(織部)・・・・・緑色の釉薬を完成させた。
○瀬田正忠(瀬田掃部)
○高山右近(高山長房・高山南坊)・・・キリシタン大名
○牧村利貞(牧村兵部)

○荒木村重(道薫)
○織田長益(有楽斎)・・・織田信長の弟
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●愛知【犬山城&城下町&有楽苑】
http://53922401.at.webry.info/201206/article_6.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○前田利長
※または。
○千道安
○有馬豊氏
○金森長近

2)千利休の経済的裏付け
 茶器や茶道具の価格価値が定まっていなかったので、茶器・茶道具の
 価値を決めるのは茶道の大元締め:千利休が行った。
 千利休が品定めしたがらくた茶器が万金の値を持つ。
 ・・・千利休は莫大な経済力を手にした。
 「真田丸」では、「死の武器商人・・・北条にも鉄砲の玉を
売りつけて、財をなしたことが描かれている。
「儲かりまっせ。」という言葉が印象的であった。
戦後、朝鮮特需やベトナム戦争でのアメリカ軍にブルトーザー
輸出(戦車の部品)等で大儲けをした某企業と全く同じである。
湾岸戦争等で武器輸出をしたロシアも同様である。
 
千利休の経済力・資産が千利休の権威を高めた。・・・そして、千利休
の傲慢さとなった。
千利休は豊臣秀長が死んだ後は、更に影響力を持った。
豊臣秀吉によって危険人物だとマークされた。
豊臣秀吉の直臣VS 千利休・・・
力を持ちすぎた危険人物は粛清されていく。

 切腹前に。前田利家や、利休七哲のうち古田織部、細川忠興ら
 大名である弟子たちが奔走して助命しようとした、なんていうのは
 秀吉によっては、全く逆効果、利休の影響力が強いことを再認識し
 生かしておけない・・となったんじゃないでしょうか?

 諸説あり、定説もありませんが、私は力・影響力を持ちすぎて
 粛清されたんだ、というように思えるのですが

3)史実編
・天正19年(1581)
1月13日 茶会
 千利休は派手好みの豊臣秀吉が黒を嫌うことを知りながら、
 「黒は古き心なり」と平然と黒楽茶碗で茶をたて秀吉に出した。
 豊臣秀吉はメンツが丸潰れ・・・。

1月22日 豊臣秀吉の弟:秀長が病没した。
 千利休は最大の後ろ盾をなくした。
2月23日 千利休は突然秀吉から
  「京都を出て堺にて自宅謹慎せよ。」と命令を受けた。
 千利休は突然秀吉の逆鱗に触れ、堺に蟄居を命じられた。

3)千利休の死の謎諸説
@通説・・・千利休が京都大徳寺の山門を2年前に私費で修復した
 際に、山門の上に木像の利休像を置いたことが罪に問われた
大徳寺の木像は大徳寺が千利休に恩を感じて木像を制作し、山門に
掲げた。・・・秀吉が山門をくぐる時に、利休像の下を歩くことに
 なり、失礼にあたる。
 千利休の寄付の御礼に大徳寺が勝手に置いたのであるが・・・。
豊臣秀吉は千利休に赦しを請いに来させて、上下関係を明確にしようと
と思っていた。
とは、いうものの、茶室に入る際は、狭い潜り戸から入るため、
自然と「秀吉は頭を下げていた。」・・・
千利休は秀吉にいつも頭を下げさせていたのだ

A「真田丸」説・・茶々が千利休を父親のように慕い、「千利休像」
を造らせ、山門に置かせた?
 
B安価の茶器類を高額で売り私腹を肥やした説。

C天皇陵の石を勝手に持ち出し手水鉢や庭石などに使った説。

D秀吉と茶道に対する考え方で対立した説。
 豊臣秀吉はわび茶が嫌いで、黄金の茶室で「大名茶」を点てた頃から
 千利休は密かに不満を募らせていた。信楽焼の茶碗を作っていること
 を聞いて憤慨した秀吉から茶碗を処分するよう命じられたが、利休は
 全く聞く耳を持たなかったために秀吉の逆鱗に触れたという説。
E豊臣秀吉が千利休の娘を妾にと望んだが、「娘のおかげで出世してい
 ると思われたくない」と拒否し、秀吉に恨まれたという説。

F豊臣秀長死後の豊臣政権内の政治闘争に巻き込まれた説。

G豊臣秀吉の朝鮮出兵を批判した説。

H権力者:秀吉と芸術家:利休の自負心の対決の結果という説。
わび・さびを重んじる利休に対して、派手さを茶の湯にまで持ち込
 もうとした秀吉を利休が批判したからだという説である。
実際は千利休は、心の中での葛藤はあったものの、表立って批判
 はしなかった。しかし千利休の弟子である山上宗二が、秀吉の
 派手好み趣味の悪さを批判し、小田原北条攻めの時に秀吉に

I豊臣秀吉の交易を独占に対し、千利休は堺の権益を守ろうとしたために
 疎まれたという説。

J利休が修行していた南宗寺は徳川家康と繋がりがあり、家康の間者として
  茶湯の中に毒を入れて、茶室で秀吉を暗殺しようとしたという説
『利休密偵説』・・・千利休は徳川家康のスパイではなかったのか?
 という説である。
 徳川家康は、将来自分が取るためには、大坂&交易都市:堺を
 手に入れなくてはならない。そのためには千利休と手を結んでおく
 必要があった。
(★ウィキペディアを参考に)


前田利家は千利休のもとへ使者を送り、
「秀吉の妻:お寧、或いは母:大政所:を通じて詫びれば、許される
だろう。」
と助言した。
しかし、利休は断った。
千利休には多くの門弟がいたが、秀吉の勘気に触れることを皆が恐れて、
 京を追放される利休を淀の船着場で見送ったのは、
 古田織部と細川三斎の2人だけだった。

千利休が謝罪に来ず、堺へ行ってしまったことに豊臣秀吉の怒りが
 爆発した。
2月25日 大徳寺の利休像は山門から引き摺り下ろされ、
   京都一条戻橋のたもとで磔にされた。
2月26日 豊臣秀吉は千利休を堺から京都に呼び戻した。
2月27日 前田利家や古田織部や細川三斎(忠興)ら弟子たちが
  千利休を救うために奔走した。助命は叶わなかった。

2月28日 千利休は聚楽屋敷内で切腹を命じられた。
 秀吉の使者は千利休の首を持って帰るのが任務だった。
 切腹に際しては、弟子の大名たちが千利休奪還を図る恐れがある
 ので、秀吉の命令を受けた上杉景勝の軍勢が屋敷を取り囲んだ(伝)。
「真田丸」では、
 「3000の軍は囲んでおるようですな?」
 と幸繁に語った。
 利休は
 「茶室にて茶の支度が出来ております。」
 使者に最後の茶をたてた後、利休は一呼吸ついて切腹した。
  享年69。享年70?
 千利休の首は磔にされた一条戻橋のたもと木像の下に晒された。
 利休の首は大徳寺三門上の木像に踏ませる形でさらされたという。

4)平成23年(2011)6月27日の「江〜戦国の女たち」では
「江」は、千利休と徳川家康と仲良しだった。
天正18年(1590)の小田原攻撃の直前、豊臣秀吉&千利休の
確執が表面化し、石垣山一夜城の宴会で、利休と秀吉の決別。
豊臣秀吉と対等の立場をとろうとするポリシーとも考えられる。
千利休は茶道の発展ために、政治を利用しすぎた。(TV)
@小田原城攻めの功労
 ・豊臣秀長・・100万石。
 ・徳川家康・・240万石。・・・・・・・三河召し上げ。
 ・豊臣秀勝(江の2番目の夫)・・・甲斐一国
A千利休&徳川家康
B江&豊臣秀勝・・・??LOVE
C江&徳川秀忠・・・いやみ関係
D9月・・陸奥まで平定
E豊臣秀吉&淀・・・鶴松を溺愛。病気。
F朝鮮への征服計画・・・朝鮮特使憤慨
G千利休が古田織部を紹介。
★古田織部&長谷川等伯が抜擢された。
H弟:豊臣秀長の死・・・利休の仲良しだった。
I鶴松の回復
J大和郡山城・・・豊臣秀長の城
★豊臣秀長の死は、豊臣秀吉の独断的な行動に繋がった。
★豊臣秀長は千利休のよき理解者だった。
   (大和郡山城)
K石田三成が千利休の悪口を秀吉に告げ口
L豊臣秀吉の懇願・・・千利休は「茶をたてるのがいや。」
天正19年(1591)→
  2月9日  豊臣秀吉は千利休に切腹を命じた。(TV)
 2月13日 豊臣秀吉は利休に堺への退去を命じた。
 2月26日 豊臣秀吉は切腹を命じる。
 2月28日 千利休が切腹。享年69歳。
 ★信頼された千利休が最終的に切腹を命じられたのである。

【3】鶴松の死
閏1月3日 豊臣秀吉55歳の側室:茶々が生んだ豊臣秀吉の長男:
  鶴松(捨)が発病した。
8月5日に、鶴松は淀城でわずか数え3歳で死去した。
  遺骸は東福寺に運ばれた。



【4】真田丸第25回「別離」のあらすじ
★2回TVを見たが、2回とも酔っ払っていて・・・・
回想場面が多く、ごっちゃになてしまった。

▲ナレーター
鶴松3歳であったが・・・危篤状態になった。


◆淀城・・・茶々の産所であった。
 見舞いの大名のここぞとばかり・・・




信繁と昌幸・・・・・・

信繁「極めてよくないです。」
昌幸「利休殿たたりと・・・」


豊臣家八方手を尽くしたが、鶴松の症状は改善せぬばかりか、
日増しに重くなるばかりであった。
豊臣家には悲壮感が渦巻いていた。

幸繁は秀吉を励ます。


三成、吉継、信繁が聚楽第の利休の茶室で利休の刻印のある鉛の塊を
突きつけて北条に武器を売りつけたことを詰問した


●利休の回想

利休「鉛でありますな」
利休「これだけでは証拠にはなりまへんな。」
利休「殿下がどれだけ信じておられますか?」

と開き直った。・・・・
「敵味方かまわず、売るのか?・・・

秀長→秀吉
埒があかないので、三成は秀長を通して利休の闇商売を秀吉に伝えた。

秀吉「ひとまず、預からせてくれ。」
秀吉はこの件は預からせてくれと答えるだけで、それ以上動こうと
はしなかった。


秀長「私がいれば、鶴松様を・・・」
   「誰がお支えしていくが・・・・・



◆ナレーター・・・
「1月21日 52歳で秀長が・・・ 」
別離@豊臣秀長が死んだ。・・・
 秀吉の弟の秀長は利休事件が決着する前に病死したのだ。


●一方、小田原城で信繁が知った千利休の堺の商人としての裏の顔。
石田三成と大谷吉継は裏の顔を暴かんとする・・・・。
三成らは、
「今のうちに手ををうっておくべえ(群馬弁)・・・」

「利休をかたどったものを大徳寺の・・・。」

「大徳寺の山門に・・・」
「殿下が山門の下を徹と・・・」

「堺の屋敷に蟄居・・・」

利休を豊臣家から排除しようと決意・・・。
「・・・蟄居を申し渡たす。・・・」


結果として、利休は事実を突き止められて追い詰めら、
三成や吉継によって切腹へと追い込まれる事となった。

「・・・5ヶ月後、切腹、・・・」

「たたりなどあるわけがない。」


●回想場面
利休の死は呪いという噂となって、病床に苦しむ鶴松の姿と重ね合
わされるのであった。・・回想・・・

「戦はもうかりまっせ。」
「それ故、茶を・・・」

幸繁が茶を飲む

利休「お見事・・・」
幸繁「一つだけ、教えてください。」
「何故、あのような像をこしらえたのですか?」
利休「・・・一言で言えば、定めや。・・・」
幸繁「定め?」

●京の真田屋敷
昌幸「」


昌幸の献上・・・・
●淀城
昌幸「鶴松だ死ねば、・・・秀吉の描いていた筋書きはひっくり返る。」
と幸繁に話す

昌幸「慌ただしくなってきたな。」
・・・・
昌幸「面白くなってきたな。」
出浦「・・・」


秀次&きりが現れた。
「中納言様の馬に便乗してきました。・・・」
片桐が案内した。・・・
お寧が来た。
でんでん太鼓が渡された。

 

●沼田城
「・・・守っていただきたいことがあります。」

矢沢「・・・」
「私は領民のために使いたい」

小松姫「・・・」

「仏頂面がみたい。」

「笑えることがなければ、笑えません。」

くすぐる。・・・

お江「・・・」


●上田城「
祖母「・・・」
 「松と小山田・・・再会。」

「昔の。。よみがえってきた。」


「岩櫃へ・・・」

「こころは一つ・・・」

内記「・・・」


●大坂城・・・雷・・・
茶々は
きり「・・・」
 
「」

「・・・北の政所様・・・」

▲大蔵卿の回想シーン
茶々は利休を父のように慕っていた。
茶々はお茶を点てる時、利休の木造をおきたいと申し出た。
茶々「・・・大きすぎます。」
利休「悪気はないですよ。」
茶々「あの寺に預かって貰えば良いのではありませぬか?」

●大坂城
加藤・福島・・・「つきあえ。・・・」
三成「つきあう必要はない。」

徳川・・・
課の部部「「お夜食を・・・」

●水垢離・・・
「・・・」
つきあう拒んでいた佐吉三成も仲間に入った。・・・


●淀城・・・
秀次・秀勝・秀保・秀家(宇喜多)・秀俊(小早川)の一門衆が
見舞いにきた。
宇喜多秀家・・
「明日・・・」
「中納言様をお助けし、豊臣家の繁栄をおつくしいただとう
 ございます。・・・」

●真田屋敷
「・・・」

出浦「・・1代限りじゃのう・・・」


●徳川
「年々おいている。」


●夜
中納言秀次「きり・・・私のそばにうすうっといてくれ。・・
       ・・・支えてくれ。・・・」
きり「このような場でお話しするようなことでは・・・」



◆ナレーター
 「そのよのおそく、容態が急変た。」

●鶴松の部屋
虫の声・・・

秀吉「・・教えてくれ。鶴松は何のために生をうけ、何のために
    死んでゆく。」
幸繁「殿下、良くないことを想像すると、その通りになるといいます。
   ・・・・・・今は良いことだけ考えましょう。」


秀吉「秀次の娘と結構させよう。・・・」
幸繁「殿はどうなさいますか?」
秀吉「清国でもせめるか?」

◆ナレーター
「8月5日未明、鶴松がなくなった。2年2ヶ月の短い一生を終えた。」

簾の中で、秀吉はでんでん太鼓を鳴らしている。
ポンポンポンポン・・・
北の政所・・・
幸繁の横を茶々が通る。

茶々と幸繁
茶々「・・ここにいたってはしかたがないでしょう。・・・
   みんな死んでいってしまう。・・」

北の政所:お寧が茶々がをだく。
茶々が慟哭した。・・・


◆ナレーター
「影をおとした。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎◎◎
◎◎◎
◆◆ 真田3代のブログ一覧 ◆◆


〜〜〜2016年【真田丸シリーズ】〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●▲■真田の郷の城*********************
箕輪初心:生方▲真田丸41【米山城・戸石城・本城・枡形城】
真田幸隆乗取&真田兄弟対決
http://53922401.at.webry.info/201602/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸42真田の里【真田氏館&真田本城
&支城群一覧】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸3【真田本城】新名所:堺&長沢の腰掛け椅子
http://53922401.at.webry.info/201601/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田丸4【真田氏館&真田氏歴史館】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸35【松尾古城】角間館の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸37【真田天白城】真田昌幸長男
:真田信綱の築城?
http://53922401.at.webry.info/201602/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田丸38【矢沢城】&真田昌幸の叔父:矢沢頼綱の生涯
http://53922401.at.webry.info/201602/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田●75【真田横尾城=尾引城】
:横尾氏→真田信綱の居城?
http://53922401.at.webry.info/201603/article_26.html

箕輪初心:生方▲真田丸39【真田:洗馬(せば)城】:横尾氏の詰め城
→真田氏の城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田丸40【真田根小屋城】:真田氏の支城
http://53922401.at.webry.info/201602/article_14.html

箕輪初心:生方▲真田丸5【真田長谷寺】真田幸綱・正妻:河原隆正妹
・真田昌幸の墓
http://53922401.at.webry.info/201601/article_7.html



●▲■【第1話】天正10年(1582)1月〜織田信長の信濃侵攻****
箕輪初心:生方▲箕輪城183真田丸1【真田幸綱・昌幸・幸繁
と箕輪城との関わり】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_3.html

箕輪初心:生方▲山梨【新府城】:武田勝頼60日の城&出浦盛清
http://53922401.at.webry.info/201504/article_25.html
★出浦盛清(正相)は最後は真田昌幸の真田忍軍の棟梁になった。

箕輪初心:生方▲山梨韮崎【穴山氏館跡】&穴山信君・武田信吉の生涯
http://53922401.at.webry.info/201504/article_27.html

箕輪初心■長野【信州の桜の名所15城】=高遠城・須坂城他
http://53922401.at.webry.info/201204/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸82『飯田長姫城の歴史』と
真田丸第1話「船出」
http://53922401.at.webry.info/201604/article_7.html

箕輪初心:生方▲【伊那:松尾城】小笠原氏の分裂&武田晴信〜
織田信長の伊那侵攻
http://53922401.at.webry.info/201604/article_8.html

箕輪初心:生方▲【鈴岡城】:武田晴信の第一次川中島合戦後の伊那侵攻
http://53922401.at.webry.info/201604/article_9.html

●▲■【第2話】天正10年(1582)3月11日、武田氏滅亡*****
箕輪初心:生方▲真田丸15『真田丸第2話「決断」のあらすじ』
http://53922401.at.webry.info/201601/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸16【真田の選択&武田勝頼の最後の真偽】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_19.html

箕輪初心●山梨【岩殿城】=武田勝頼を裏切った小山田氏の山城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_5.html


●▲■【第3話】天正10年(1582)3月中旬、信長:法華寺にて**
箕輪初心:生方▲真田丸22『第3話:「策謀」のあらすじ』
&登場人物の解説
http://53922401.at.webry.info/201601/article_25.html

箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&
「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_17.html

箕輪初心★織田信長F安土城から天下取り開始
http://53922401.at.webry.info/201206/article_11.html

箕輪初心●滋賀「安土城&ハ見寺&博物館」
http://53922401.at.webry.info/201101/article_12.html



箕輪初心:生方▲高遠城&五郎山に眠る仁科盛信の墓
:真田丸bR「策謀」追加
http://53922401.at.webry.info/201605/article_17.html




●▲■【第4話】天正10年(1582)6月2日、本能寺の変******
箕輪初心:生方▲真田丸29【TV第4話「真田昌幸VS徳川初対決
〜本能寺】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_1.html

箕輪初心:生方▲映画『信長協奏曲』面白過ぎのあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201601/article_30.html


●▲■【第5話】天正10年(1582)6月中旬、昌幸と滝川一益***
箕輪初心:生方▲真田丸36:第5話【織田信長の死→窮地】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_9.html

箕輪初心●箕輪城シリーズR「第11代:滝川一益」
http://53922401.at.webry.info/201010/article_33.html


●▲■【第6話】天正10年(1582)6月9日、森長可の撤退******
箕輪初心:生方▲真田丸43:第6話【迷走】のあらすじ
&「森長可の撤退」
http://53922401.at.webry.info/201602/article_19.html



●▲■【第7話】天正10年(1582)6月20日、神流川の戦い〜小諸城**
箕輪初心:生方▲真田丸50第7話『滝川一益の逃亡』
箕輪城→小諸城へ
http://53922401.at.webry.info/201602/article_26.html

箕輪初心▲埼玉上里【金窪城】&『神流川の戦い』詳細
http://53922401.at.webry.info/201409/article_21.html

箕輪初心◆高崎【第16回新町神流川合戦:滝川一益】
http://53922401.at.webry.info/201211/article_3.html

箕輪初心:生方▲真田丸30【真田昌幸と滝川一益との腐れ縁:友情】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_2.html

箕輪初心●群馬【松井田城】=安中忠政→大導寺政繁の城
http://53922401.at.webry.info/201112/article_2.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲箕輪城175『第13回箕輪城祭り』写真集
3−@出陣式〜出陣
http://53922401.at.webry.info/201510/article_26.html

箕輪初心:生方▲箕輪城176『第13回箕輪城祭り』写真集
3−A出陣〜着到
http://53922401.at.webry.info/201510/article_27.html

箕輪初心:生方▲箕輪城177『第13回箕輪城祭り』写真集3−B
着到〜攻防戦
http://53922401.at.webry.info/201510/article_28.html


●▲■【第8話】天正10年(1582)7月13日真田昌幸が北条氏直に謁見
箕輪初心:生方▲真田丸 57「第8話『調略』のあらすじ&川中島
http://53922401.at.webry.info/201602/article_32.html
★天正壬午の乱の開始

箕輪初心●長野:海津城=松代城:川中島の戦いでの信玄の拠点
http://53922401.at.webry.info/201309/article_14.html

箕輪初心◆長野の松代:松代藩真田家藩士の家巡り
http://53922401.at.webry.info/201309/article_13.html


●▲■【第9話】天正10年(1582)8月、天正壬午の乱、
箕輪初心:生方▲真田丸63TV第 9話【天正壬午の乱】のあらすじ
&平山優説の違い
http://53922401.at.webry.info/201603/article_8.html

箕輪初心:生方▲真田丸48【佐久:春日城】依田信蕃と真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201602/article_24.html
★依田信蕃が真田昌幸を徳川に引き入れた。


箕輪初心:生方▲山梨【若神子城】武田信玄の信濃攻略の拠点&
烽火集積地
http://53922401.at.webry.info/201504/article_29.html
★北条氏直の陣


箕輪初心:生方▲山梨【獅子吼城】:徳川家康VS北条氏政
http://53922401.at.webry.info/201505/article_1.html
★徳川家康は大導寺政繁のいる獅子吠城を服部半蔵を使って攻略。

箕輪初心:生方:▲山梨【谷戸城】甲斐源氏祖:逸見清光の居城
http://53922401.at.webry.info/201505/article_2.html
★徳川家康は旧武田遺臣を味方に付け、谷戸城を攻略。


●▲■【第10話】天正10年(1582)10月徳川&北条和睦*****
箕輪初心:生方:真田丸70◆ 10話『上田城築城』
&曳間城(浜松城の前身)
http://53922401.at.webry.info/201603/article_15.html

箕輪初心:生方▲真田丸31【真田幸隆の知恵:徳川家康を利用して
造った上田城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html
★井伊直政は北条氏の大導寺政繁との交渉で徳川方の使者と
して政治的手腕を発揮。徳川&北条の和睦の立役者であった。
徳川家康が武田氏の旧領:信濃国・甲斐国を支配。
●井伊直政は武田氏の旧臣達約120人と家康の旗本の一部が配属された。
 →山県昌景の意志を尊重し、「井伊の赤備え」部隊の大将となった。
★関ヶ原の合戦後、井伊直政が真田信之に頼まれて、真田昌幸と
 真田信繁を命乞いを徳川家康にしたのに、井伊直政は真田丸に
 出てこない。後、真田幸繁の『真田丸』なんてなかったのに・・


●▲■【第11話】天正11年(1583)上田城完成祝いと室賀殺害***
箕輪初心:生方▲真田丸74【「加沢記」の室賀】
&TV 11話「祝言」のあらすじ
http://53922401.at.webry.info/201603/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸84【室賀城=原畑城+笹洞(ささぼら)城】
&室賀氏・屋代氏の歴史&真田昌幸
http://53922401.at.webry.info/201604/article_11.html



●▲■【第12話】天正13年(1585)6月頃************
箕輪初心:生方▲真田丸77:第12話「真田幸繁の上杉への人質」
&平山・丸島諸説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_29.html
6月頃 真田昌幸は上杉景勝に従属することを決めた。真田弁丸
 (信繁)の供奉衆に矢沢頼幸が同心として預けられ、一軍の指揮
  官に任じられた。・・・
7月15日は上杉景勝への9ヶ条の起請文
@上杉に忠節を尽くせ
A敵が攻めてきたら援軍をよこせ
B噂や密告を信じないで、密接な関係でいようね。
C信濃国の知行は海津城将:須田満親が行う。
D小県(上田)、吾妻(岩櫃)、利根(沼田)・坂木の庄を安堵した。
E佐久甲州のどこか、長野一跡(箕輪城)を与える。
F屋代秀正の一跡(荒砥城&屋代城)を与える。
G真田昌幸に禰津昌綱の処遇も一任した。
平山説・・・昌幸の配下にすること
◎天正11年に出浦昌相(一般論の出浦盛清は誤りか?)
が真田の家臣になったのと符号する。
真田昌幸に安堵した埴科郡に出浦の所領が入っているので
(★丸島説)・・・『真田丸』に合致している。


●▲■【第13話】天正13年(1585)閏8月2日、第一次上田合戦**
箕輪初心:生方▲真田丸80【第1次上田合戦】加沢記・平山説
&第13話「決戦」
http://53922401.at.webry.info/201604/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸32【真田昌幸:空城の計&第一次上田合戦】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_4.html



●▲■【第14話】天正16年(1586)6月上杉景勝・真田幸繁上洛*

箕輪初心:生方▲真田丸86【昌幸の秀吉への臣従過程2説】
&第14話『上洛』
http://53922401.at.webry.info/201604/article_14.html

※倶利伽羅峠〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★木曾義仲:上野国多胡庄2ヶ月→信濃依田城で蜂起
http://53922401.at.webry.info/201310/article_3.html

箕輪初心★木曾義仲Cゆかりの地:埼玉→信濃→上野→信濃→北陸へ
http://53922401.at.webry.info/201406/article_17.html

箕輪初心★松尾芭蕉33『奧の細道22』【金沢・小松】&My金沢城登城
http://53922401.at.webry.info/201208/article_17.html


●▲■【15話】天正16年(1586)6月上杉景勝・真田幸繁上洛*
箕輪初心:生方▲真田丸87【 15話『謁見』のあらすじ】&平山優
http://53922401.at.webry.info/201604/article_22.html


●▲■【16話】天正14年(1586)1月〜6月
箕輪初心:生方▲真田丸90【真田幸繁の豊臣家臣へ】
の史実:丸島説・平山説&第16話『表裏』あらすじ
http://53922401.at.webry.info/201604/article_30.html

●▲■【17話】天正14年(1586)6月〜10月
箕輪初心:生方▲≪岡崎城≫&【加沢記】の『松』VS
【第17話「松との再会】&史実:丸島説&平山説
http://53922401.at.webry.info/201605/article_4.html


●▲■【18話】天正14年(1586)10月〜天正15年(1587)
箕輪初心:生方▲真田丸92【第18話「上洛」】
&「丸島説&平山説&加沢記」
http://53922401.at.webry.info/201605/article_11.html


●▲■【19話】天正15年(1587)〜天正16年(1588)
箕輪初心:生方▲真田丸93【第19話:恋路】@信繁&茶々
*A信幸&稲α九州平定
http://53922401.at.webry.info/201605/article_20.html

●▲■【20話】天正16年(1588)〜天正17年(1589)
箕輪初心:生方▲真田丸bX4【20話「前兆」】聚楽第の落首事件
http://53922401.at.webry.info/201605/article_33.html


●▲■【21話】天正17年(1589)
箕輪初心:生方▲真田丸bX5【21話「戦端」】真田VS北条
http://53922401.at.webry.info/201605/article_35.html

●▲■【22話】天正17年(1589)6月〜11月
箕輪初心:生方▲真田丸97【第22話『裁定』】&加沢記「名胡桃事件」
http://53922401.at.webry.info/201606/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田丸18【名胡桃事件への過程→秀吉の小田原攻撃】
http://53922401.at.webry.info/201601/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城@】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_21.html

箕輪初心●群馬【名胡桃城A】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_22.html

箕輪初心:生方▲スキーbP3『神楽』
&真田丸86【名胡桃城のガイダンス施設】
http://53922401.at.webry.info/201604/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸98『名胡桃城の復元』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_7.html

箕輪初心●群馬旧高山村の城:中山城1回目&並木城
http://53922401.at.webry.info/201201/article_23.html

箕輪初心●岩櫃城探検隊第8弾【中山城2回目】
http://53922401.at.webry.info/201311/article_13.html
★名胡桃城代:鈴木主水が呼び出された城

★★箕輪初心●【横尾八幡城】
http://53922401.at.webry.info/201202/article_12.html
★真田昌幸が待機した城

箕輪初心:生方▲箕輪城173【後北条氏の西上州支配VS真田昌幸】
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html



●▲■【23話】天正17年(1589)12月〜天正18年(1590)3月
箕輪初心:生方▲真田丸99【23話:攻略】豊臣秀吉の小田原攻撃
&史実との相違
http://53922401.at.webry.info/201606/article_13.html

箕輪初心:生方●北条早雲&伊豆の城H「山中城」=緻密な山城
http://53922401.at.webry.info/201508/article_5.html

箕輪初心●静岡:山中城=堀障子の残る百名城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_16.html
 ★山中城1回目・2回目を掲載

箕輪初心▲神奈川【箱根観光7回の思い出】
http://53922401.at.webry.info/201411/article_28.html

〜〜〜〜おまけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲神奈川箱根【早雲寺】:後北条5代の墓
&連歌師:宗祇の碑
http://53922401.at.webry.info/201411/article_27.html

箕輪初心●神奈川【石垣山一夜城】=秀吉の天下統一の城 
http://53922401.at.webry.info/201106/article_18.html

箕輪初心▲神奈川【石垣山一夜城A】豊臣秀吉の天下統一への陣城
http://53922401.at.webry.info/201411/article_29.html
★なんで『真田丸』は石垣山一夜城と言わないのであろうか?
同じ、NHK「黒田官兵衛」の本当の交渉の様子を避けて、あえて、
真田幸繁は松井田に出陣しているのにもかかわらず、おもしろおか
しくするために「黄色い母衣」などを持たせている。
しかし、「黄色い母衣」は身分の証で本当であると、時代考証
人は言っている。

●▲■【23話】天正17年(1589)6月〜天正18年(1590)7月

箕輪初心:生方▲真田丸【24回「滅亡」】豊臣秀吉の天下統一
http://53922401.at.webry.info/201606/article_21.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html

箕輪初心●神奈川:小田原城=百名城
http://53922401.at.webry.info/201106/article_19.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】写真集前編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_24.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城3回目】:写真集後編
http://53922401.at.webry.info/201411/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸【24回「滅亡」】豊臣秀吉の天下統一
http://53922401.at.webry.info/201606/article_21.html


*******************************
●【番外編】
箕輪初心:生方▲真田丸85【2016上田城の桜&真田丸展】
&真田昌幸の豊臣秀吉への臣従過程
http://53922401.at.webry.info/201604/article_13.html

箕輪初心:生方▲2016スキーbP2:丸沼
&真田丸76『沼田の真田丸展』
http://53922401.at.webry.info/201603/article_28.html

箕輪初心:生方▲スキーbP3『神楽』&真田丸86
【名胡桃城のガイダンス施設】
http://53922401.at.webry.info/201604/article_17.html

箕輪初心:生方▲真田丸97?『笠原政晴と更級六兵衛』真田丸に
登場するのかなあ?』
http://53922401.at.webry.info/201606/article_3.html




★明日は箕輪城に戻ろうかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲真田丸【第25話「別離」】@秀長の病死・A利休の切腹・B鶴松の早世 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる