城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲【伊那蟻塚城】天文21年(1552)高遠城の西を守る城?

<<   作成日時 : 2016/05/23 06:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

蟻塚城は、長野県伊那市美篶(みすず)笠原にあった城である。背後
の守屋山城・天神山城との関連から中ノ城とも呼ばれている。天神
山城が物見城で、守屋山城が詰め城の関係になる。天文21年(1552)、
個人的には歴史的過程から保科氏は西を守る城として蟻塚城を整備
したと考えている。
画像



◆◆平成28年(2016)5月12日
◎伊那北ICで降りた。
●箕輪町郷土歴史館
 ★史料をたくさんいただき感謝申し上げます。
▲bW61松島城 上伊那郡箕輪町中箕輪字松島(箕輪町役場)
▲bW62箕輪城 上伊那郡箕輪町中箕輪字木下
▲bW63上ノ平城 上伊那郡箕輪町東箕輪
▲bW64福与城  上伊那郡箕輪町福与字南城
▲bW65手良堀之内 伊那市手良堀之内
▲bW66蟻塚城 伊那市美篶笠原(御射山神社)

≪アクセス≫
中央高速道の伊那ICを下り、国道153号線・国道361号線に
出て伊那市中心部の入舟の信号で国道361号線を高遠方面に進む。
8Km先の笠原入口の信号で左折し、県道207号線に入る。


◎笠原入口の信号の看板
画像

画像


●「笠原馬場」
画像

400m程進む。
●分岐
画像

行きは直進した。左の道・・・
700〜800mで神社につく。


(帰りの道と逆算すると)
馬場のバス停手前を右折してもよいが道が細い。
山道を600〜700m程上がると神社入口となる。


◎駐車場・・・5台?

●縄張り図

1)縄張り図・・・宮坂武雄氏

2)縄張図・・・飯塚政美氏の「信州の山城」:信濃史学学会
画像

@南北60m位、東西250m位
 A7〜8段の郭
B最下郭から2の郭までは直線で並び、2の郭からは北に
  屈曲する。

3)縄張り図  堀謙作氏が「東国の中世城館」:中世城郭研究
画像

「城跡は、東西にのびる台地上に配した曲輪を六本の堀切で遮断す
 るとともに、北側と南側にそれぞれ竪堀、横堀を施して、曲輪
 1・2・3を取り囲み、守りをかためている。とりわけ、曲輪1
 と2の北側部分や2と3の南側部分では、堀切、竪堀を連結さ
 せて、迷路のような複雑な城道を構築し、敵を要撃できるように
 なっている。」


●現地『蟻塚城鳥瞰図』
画像


●説明板
画像

画像


●鳥居
画像

●6の郭・・・段郭になっている。

●5の郭
●4の郭

●空堀・・・幅約10m?の堀切
階段が・・・

●3の郭
 35m×10m程の広さである。

 北に土塁がある。


●2の郭・・・御射山社がある。
画像

  45m×30m程ある。

  南北に土塁がある。
画像

●空堀・・・2の郭と主郭の間に堀切
画像


※比高10m?
画像

●腰郭?副郭?
@宮坂説「馬出」
堀説「枡形状の郭」


●主郭
画像

休憩所がある。

堀説「長方形に近い5角形で、東側に高さ5mの土塁があり、
   その外側の現在は用水が流れているとことを2本の
   堀切りで守っている。」
画像

 主郭は50m×30m程

 城址碑
画像

 
画像

東に高さ5mの土塁がある。
 


●守屋山城へは、東を進めばいける。
画像
 
●堀切・・・幅20m程。
  ★結構、深いぞ。
画像

  北の横堀へと続く。
●熊・猪の防止網がある。
画像


●水の手・・・湧き水。
画像
 
※感想
舌状台地で、堀切・竪堀・横堀を設けている。
水が豊かで居住性の高い城であった。
詰め城=守屋山城からすると、高遠城の西を守る
重要な城であったと思われる。

▼下山
画像

画像


●マレットゴルフ場もあった。




◆【蟻塚城の歴史】◆

・平安時代   朝廷の牧場:御牧「笠原牧」であった。
諏訪氏の一族:笹原氏が居住していた説もある。
文献上では「吾妻鏡」に登場する。

  信濃19牧の1つであった。
★上野9牧&1牧(牛牧:惣社・・・牛池川の名の由来)


▲ 信濃国市原の戦い
  平氏方:笠原平五頼直 VS 木曽義仲配下の村山義直等
笠原平五頼直は敗れ、越後国に逃れた。
(★『吾妻鏡』)
  笠原平五頼直は高井郡の笠原(中野市)であった説もある。
  ★蟻塚城のある所は、守屋山から延びた舌状台地にあり、
  「馬場」の地名から馬の施設があったことは想像できる。

・鎌倉時代
★笠原牧として存続したであろう


・室町時代 
  初期に築城されたと考えらている。
  笠原氏は諏訪氏の一族と考えられ、この地に移り住んで笠原氏
  を名乗ったと考えられる。
 (★『現地案内板)

・応永7年(1400)大塔の合戦
伊那衆:笠原中務某は小笠原長秀に従った。
(★『信州の山城』:飯塚政美文責)

・応仁元年(1467)
1月1日 笠原美濃守貞政がいる。
  (★『信州の山城』:飯塚政美文責)

・文明年間(1469〜86) 
   諏訪氏 VS 保科氏
   合戦に笠原氏の名が見られる。


・天文21年(1552)
7月2日 高遠城主:高遠頼継が武田晴信に呼応して杖突峠
  から諏訪に侵攻して安国寺附近に放火した。
(★「武田信玄」:新田次郎著では、兵2000)

8月16日 高遠頼継 死去した。
武田晴信(信玄)が自害させた説もある。

  高遠頼継の死後、保科正俊以下の旧家臣団は武田氏の傘下とな
 った。
保科正俊は、高遠氏家臣団では筆頭の地位にあった。
★甲陽軍鑑では「武田の三弾正」保科正俊・真田幸隆・香坂
 槍の弾正・・・保科正俊

保科正俊は軍役120騎を勤める高遠城将として数々の戦いで軍功
 を挙げた。

・天文・弘治年間(1532〜57) 
  笠原氏は諏訪社の御頭を務めていた。  
(★『守矢氏文書』)
★つまり、高遠城主:高遠頼継の家臣だったということ
  になる。

・天正9年(1581) 仁科盛信は信濃:高遠城に配置された。
佐久郡内山城(長野県佐久市)の城代:小山田昌成・大学助も
  副将として高遠城に入っていた。
  小山田昌成(昌行)は、猛将として知られた小山田昌辰(上原)
  の子で、都留岩殿城主・勝山城主・小山田氏とは別流である。

・天正10年(1582)
2月12日 本隊の織田信忠は岐阜城を出陣した。
      軍監の滝川一益が長島城を出陣した。

2月14日 織田信忠は岩村城に兵を進めた。

2月14日 松尾城主:小笠原信嶺も織田軍河尻に寝返った。

●保科正直は飯田城に籠城した。織田信忠による攻勢を受けて
  坂西織部亮、小幡因幡守らとともに高遠城へ逃亡した。


2月16日 木曾の鳥居峠の戦い
  今福ら武田軍は藪原から鳥居峠に兵を出した。
  織田軍は奈良井坂を登った。
  織田信忠の支援を受けた木曾義昌軍に敗北を喫した。

2月17日 織田信忠は平谷:滝沢に陣を進めた。
 (★『信長公記』

2月18日 織田信忠は飯田に侵攻した。
 飯田城主:保科正直(保渡田城主&箕輪城代)は飯田城を
  捨てて仁科盛信の高遠城へと逃亡した。
 
  武田信廉(勝頼の叔父)は大島城(下伊那郡松川町)から
    逃亡し、甲斐に逃げ帰った。
 ※武田軍は戦わずして南信濃を失った。


3月1日 
織田信忠軍は、飯島城から軍を動かした。
 すでに降伏していた松尾城主:小笠原信嶺の先導で、三峰川の
 浅瀬を渡って大手口まで攻め寄った。
 また、飯田城を放棄し、逃げ延びて来た保科正直は、籠城軍に加わ
  っていたが、密かに小笠原信嶺と内通し、夜中に城に火を付け、
  裏切ると約束したものの、城側に隙が無く失敗に終わった。
  (★『信長公記』)

  
▲高遠城の戦い
※織田信忠が率いる3万の兵が、武田勝頼の弟:仁科五郎盛信が
 籠もる高遠城に押し寄せた。
「翌二日早朝、決戦に至る。
 火花を散らし相戦い。おのおの疵を被り、討死は算を乱すに異ら
 ず。歴々の上掾E子供、一々に引き寄せ引き寄せ、差し殺し、切
 って出て、働くこと申すに及ばず。ここに、諏訪勝右衛門女房、
 刀を抜き切って廻し、比類なき働き、前代未聞の次第なり。また、
  十五・六の美しき若衆一人、弓を持ち、台所の詰まりにて数多
 射ち倒し、矢数射ち尽くし、後には刀を抜き切りてまいり、討死。
 手負死人上を下へと数を知らず」
(★『信長記』)

保科正直は火の手上がる本丸を呆然と見つめるしかなかった。
※ちなみに保科正直の実弟は箕輪城主:内藤昌月である。
 後、保科正直の長男は真田昌幸の娘と結婚する。

 仁科盛信は籠城し、織田軍と激闘を繰り広げた。
 織田方の織田信家が戦死するなど大きな被害を受けた。
 織田軍に城門を突破されるに及び、ついに仁科盛信・小山田昌成
 ・大学助・飯島民部少輔らは戦死し、高遠城は落城した。

 二科五郎は、副将小山田、士隊長18名らとともに壮絶な討死を
 した。武田軍の頸は400余だった。
   (★『信長公記』)

  仁科五郎は、腹を十文字に斬り、はらわたを掻き出し投げ捨てて
  果てた(伝)。享年26。
 
●保科正俊&保科正直は箕輪城(実際は保渡田城)の内藤
  昌月(保科正直実弟)を頼って逃亡した。



3月6日  織田信長が揖斐川に着いた。
   仁科五郎の頸は織田信長の元に届けられた。
   (★『信長公記』)


3月11日 武田氏滅亡。

6月2日 本能寺の変
織田信長・信忠が横死。

6月19日・20日 神流川の戦い  
北条氏邦が箕輪城主になった。
  弟:内藤昌月・兄:保科正直は北条氏邦に帰属し、
  北条氏政に臣従した。
  

 
7月 ▲天正壬午の乱
信濃の織田勢は武田旧臣の一揆で追放されて無主状態になると、
 徳川家康・北条氏直・上杉景勝らによる旧武田領をめぐる
 天正壬午の乱が起こった。
 
北条氏政・氏直 VS 上杉景勝
信濃の旧織田領を巡って対立した。

保渡田城代:内藤昌明から500を借り、高遠城を
奪還を図った。

保科正直・内藤昌月兄弟は小諸城から甲斐に向けて進軍した。
 
8月  北条氏政・氏直 VS 徳川家康
   甲斐の旧織田領を巡って対立
北条氏直軍の別働隊として高遠城を奪取することに成功した。
7月13日 真田昌幸など13人の信濃の武将は小諸城の
 北条氏直に出仕した

 保科正直は跡部勝資の長男:跡部勝忠の娘を北条氏直へ
人質として差し出した。

▲川中島の戦い
 北条氏直 VS 上杉景勝

 


7月19日頃? 北条氏直は真田昌幸&松田憲秀に殿を命じた。
※松田憲秀は山中城の城代であった。
 真田昌幸は信濃残留を申し出た。
 保科正直の子:正光は真田昌幸が預かっていた。
 ★保科正光の妻は真田昌幸の娘だった。

 保科正直・内藤昌月兄弟は小諸城から甲斐に向けて
  進軍した。
 
8月  北条氏政・氏直 VS 徳川家康
   甲斐の旧織田領を巡って対立

保渡田城代:内藤昌明から500を借り、高遠城を
奪還を図った。
内藤昌月は真田昌幸に
 「軍勢を貸して欲しい。」
 と願い出た。
真田昌幸は
「高遠は北条氏直から朱印状をもらっておる。今は出陣をお断り
 する。でも、昌月殿の兄なので悪いようにはしない。」
保科正直はむっとした。
真田昌幸は
「早々に高遠を乗っ取り、自分のものにしてしまえば、よいで
あろう。短気はよろしからず。・・」

保科正直は内藤昌明の家臣:友野十郎左衛門&内藤昌明の軍
 500を借り、箕輪城から高遠城に出陣した。
★友野Hしゃん、ご先祖様かもしれませんよ。
 伴野貞長の弟の直系とわかってよかったです。
 友野十郎左衛門の子孫が箱根用水を造ることになる。
★柳沢内蔵之助も出陣した可能性がある。

 保科正俊・保科正直は北条氏直軍の別働隊として高遠城を奪取
することに成功した。
 保科正直は後北条氏を後ろ盾に高遠城奪還に成功した。
保科正直は難なく高遠城に入城した。
 高遠は高遠継頼の旧臣保科正直が保科正俊が城主となった。
★真田昌幸の言ったとおりになったのである。
 しかし、仁科信盛の戦死後、高遠城はあれていた。

▲甲斐黒駒合戦

10月 徳川家康が優勢に経つと、依田信蕃、真田昌幸、木曾義昌、
 保科正直ら他の信濃国衆と共に徳川家康に臣従した。
 
 ●保科正俊の子:保科正直も家臣:酒井忠次を通じて、
  徳川家康に臣従した。
保科正直は、家康の妹(家康の父親が違う異兄妹)を妻にし、
  徳川家の外戚となり、本領安堵を得た。
  高遠城主としての地位を2万5,000石を領した。

 柳沢内蔵之助は保科正俊・正直について、高遠に移り住んだ。

●保科正直は北条側の伊那箕輪の福与城:藤沢頼親を降伏させた。

10月29日 北条&徳川の和議
  徳川家康は北信濃を除く武田遺領を確保した。


 
箕輪初心▲箕輪城152【長野業正の長男:長野吉業の菅谷城&善龍寺】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_14.html



10月29日 和議
  徳川家康は北信濃を除く武田遺領を確保した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・弘治元年(1555)藤沢頼親・小笠原長時は、上洛して三好長慶に
   仕えたいた。
小笠原長時・・・足利義輝の弓師範。1000貫
小笠原信定(長時弟)・・・300貫
藤沢頼親(長時の娘婿)・・300貫
  
  ・永禄7年(1564) 三好長慶の没した。
   藤沢頼親は旧領箕輪に帰り、田中城を築いて居城としていた。
  
  ・天正10年(1582)武田氏、次いで織田信長が滅んだ。
   親戚の小笠原貞慶が松本を回復しようと三河国より伊那郡に
   入った。藤沢頼親は従軍し、小笠原貞慶は松本城に入った。
   一方、保科正直は高遠城を奪って徳川家康の旗下に属した。
   保科正直は藤沢頼親にも徳川臣従を勧めたが、藤沢頼親は
   応じなかった。
   藤沢頼親は徳川氏の先鋒となった保科正直に福与城を攻めら
   れ、落城した。藤沢氏は滅亡した。
(★『伊那箕輪町史』)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   高遠城を取り戻した保科正直は、3月1日に焼け落ちて荒廃
   した高遠城の再建を計った。
   また、離散した保科家の旧家臣の呼び戻しに努力した。
   (★史料ない)。

  保科正直は、徳川家康から直参として三河への出仕を命じられた。
  高遠藩が成立した。

・慶長6年(1601) 保科正直は高遠で逝く。享年66。
   墓・・・高遠の建福寺。




◆参考文献
・『信州の山城』信濃史学会編1993 
・東国の中世城郭:中世城郭研究会2010
・伊那市史
・箕輪町史等

**************************
◎◎◎
◎◎◎
箕輪初心■長野:第21回海野宿ふれあい祭&グルメ
http://53922401.at.webry.info/201111/article_24.html

箕輪初心:生方★【真田丸2】:実田の出自→真田幸綱(幸隆)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201510/article_8.html

箕輪初心●「滋野一族→海野一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_25.html

箕輪初心●真田3代@「実田→真田幸隆の出自」
http://53922401.at.webry.info/201111/article_26.html


〜〜〜真田氏と甲斐〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲20150412武田躑躅ヶ崎(現武田神社)前編
http://53922401.at.webry.info/201504/article_13.html

箕輪初心:生方▲山梨【武田氏館=躑躅ヶ崎館】後編
http://53922401.at.webry.info/201504/article_23.html

箕輪初心:生方▲【武田の騎馬行列】&箕輪城161
「箕輪城関係の武将」
http://53922401.at.webry.info/201504/article_14.html
★真田幸隆は箕輪城代になったこともある。

箕輪初心:生方▲甲府【武田の騎馬行列写真集】&
「小竹のほうとう」
http://53922401.at.webry.info/201504/article_15.html

***************************
【1】武田信玄&真田幸綱(幸隆)の侵攻に沿った時代順の城や戦い


箕輪初心:生方▲真田○45:【諏訪の上原城】&板垣信方と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201602/article_21.html

箕輪初心:生方▲真田●46【長窪城】と真田幸綱(幸隆)
http://53922401.at.webry.info/201602/article_22.html

箕輪初心:生方▲真田丸47【芦田城】芦田氏と真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_23.html

箕輪初心:生方▲真田丸49【望月城】望月氏&真田氏
http://53922401.at.webry.info/201602/article_25.html

箕輪初心:生方▲真田丸51【海ノ口城】武田信玄初陣
&184「箕輪城」武田勝頼&真田幸繁の初陣
http://53922401.at.webry.info/201602/article_27.html

箕輪初心:生方▲真田●52『伴野氏館=野沢城』&伴野氏の歴史前編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_28.html

箕輪初心:生方▲真田●53『前山城』&伴野氏の歴史後編
http://53922401.at.webry.info/201602/article_29.html

箕輪初心:生方▲真田●54【佐久稲荷山城:勝間城】
http://53922401.at.webry.info/201602/article_30.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心生方▲真田丸56【佐久田口城】&相木氏&伴野貞長の最後
http://53922401.at.webry.info/201602/article_31.html

箕輪初心:生方▲源頼朝44【平賀義信】&『佐久平賀城』
http://53922401.at.webry.info/201603/article_1.html

箕輪初心:生方▲真田●58【大井城】&「大井一族の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_3.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲武田信玄家臣:柳沢弥右衛門→所左衛門
→弥左衛門&『伊那原新田用水』
http://53922401.at.webry.info/201605/article_16.html

箕輪初心●【南牧村の城20城一覧】&▲黒滝山登山
http://53922401.at.webry.info/201204/article_21.html
余地峠の里:郷土研究会(会長:須賀健治)+郷土博物館
城砦11+烽火台9=20城である。

箕輪初心生方▲武田晴信の南牧侵攻&武田家臣編:市川五郎兵衛@
http://53922401.at.webry.info/201605/article_14.html

箕輪初心生方▲佐久『五郎兵衛用水』:市川五郎兵衛真親と柳沢所左衛門
http://53922401.at.webry.info/201605/article_15.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心:生方▲真田●59【志賀城】:笠原清繁&高田憲頼
/大虐殺&人身売買
http://53922401.at.webry.info/201603/article_4.html

箕輪初心:生方▲真田●44【佐久内山城】真田幸隆&大井貞清
http://53922401.at.webry.info/201602/article_20.html

箕輪初心:生方▲真田●60【佐久平根白岩城:平尾氏館】&真田の本
http://53922401.at.webry.info/201603/article_5.html

箕輪初心:生方▲真田●61【佐久平尾城】&スキー11「佐久PARADA」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_6.html

箕輪初心:生方▲真田●62【小田井城】:約20haの巨大な城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_7.html

箕輪初心:生方▲真田●64「真田幸綱(幸隆)の武田晴信への臣従諸説」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_9.html

箕輪初心:生方▲真田●65【小諸城】:ちょっと文学探訪&歴史
http://53922401.at.webry.info/201603/article_10.html

箕輪初心:生方▲真田●66【布引観音&布引城】:望月源三郎と真田幸綱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_11.html

箕輪初心:生方▲真田丸67【禰津下の城】:禰津一族&真田一族
http://53922401.at.webry.info/201603/article_12.html

箕輪初心:生方▲真田●68【上田原の戦い】&4つ小説
http://53922401.at.webry.info/201603/article_13.html

箕輪初心生方▲真田●69【林城】:小笠原長時の生涯詳細版
http://53922401.at.webry.info/201603/article_14.html

箕輪初心:初心▲岡谷【花岡城】&武田晴信の諏訪西方衆の反乱
http://53922401.at.webry.info/201603/article_16.html

箕輪初心生方▲真田丸71【諏訪上社前宮〜上社本宮&
「信長と光秀&真田信繁?因縁の法華寺」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_17.html

箕輪初心:生方▲諏訪:有賀城:鎌倉街道を守る城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_18.html

箕輪初心:生方▲真田丸72【高島城】日根野高吉→諏訪頼水
&真田昌幸&松平忠輝&吉良義周
http://53922401.at.webry.info/201603/article_19.html

箕輪初心:生方▲『諏訪大熊城』:千野氏の城
http://53922401.at.webry.info/201603/article_20.html

箕輪初心:生方▲【諏訪:桑原城】:諏訪頼重*滅亡の舞台】
http://53922401.at.webry.info/201603/article_21.html

箕輪初心:生方▲茅野の城7分の4【上原城&千沢城&粟沢城&鬼場城】
http://53922401.at.webry.info/201603/article_23.html

箕輪初心:生方▲武田信玄痛恨の「砥石崩れ」
http://53922401.at.webry.info/201603/article_24.html











★明日は箕輪町の城かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本日はお世話になりました。
例のホームページの件、ぼちぼち始めてみました。削除や修正は意外に簡単なので、少しづつ良いものにして行きたいと思います。
ここ→http://minowa1059.wiki.fc2.com/
それではまた。
棟治
2016/05/23 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲【伊那蟻塚城】天文21年(1552)高遠城の西を守る城? 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる