城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲津和野【西周(あまね)&山本覚馬→新島譲】&【森鴎外&羽鳥千尋】

<<   作成日時 : 2015/12/14 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

森鴎外の家には昭和63年の盛夏・平成27年の初冬に行った。
西家も森家も亀井家の御典医の家柄である。西周は森林太郎
(森鴎外)の曾祖父の次男:森覚馬が西家を継いで生まれた
子で親戚である。西周は東京に森林太郎を呼び、林太郎を一
時下宿させた人物である。西周は山本覚馬や群馬県人?(父
が安中藩):新島譲と繋がりがあり、同志社大学設立に至った。

森鴎外は群馬県人:『羽鳥千尋』を陸軍軍医学校に入学を紹介
した人物である。

画像




〜〜〜2015年島根・山口・広島〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲津和野・萩温泉&秋吉台・岩国・宮島の予定表
http://53922401.at.webry.info/201512/article_6.html

箕輪初心:生方▲津和野・萩・秋吉台・防府・岩国・宮島のグルメ旅?
http://53922401.at.webry.info/201512/article_7.html

箕輪初心:生方▲島根【百名城66:津和野城】今回も登城できなかった
天空の城の歴史
http://53922401.at.webry.info/201512/article_8.html

箕輪初心:生方▲島根【津和野城下町:殿町2回目】
http://53922401.at.webry.info/201512/article_9.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





★★ 森鴎外の生家 ★★
○看板
画像

★津和野城の本丸石垣は見える。
 いきてえなあ。
○門
画像


○案内板
画像


○碑
画像


○家
画像


○家の中
画像

画像





○便所・・
 ガイドさんの話
 「便所は臭いです。・・でも、今はシャネルの931番を使かって
 いるので臭くありません? 」
 客は
「どういう意味ですか?・・・」
 
すぐ、気づいた。931=「臭い」ってしゃれだ。


○ガイドさんの話
養老館前の森鴎外の遺書
「大正11年7月6日・・・死の3日前、
森鴎外は死の3日前に、親友の賀古鶴所に遺書を書きとらせ、
拇印をしています。その一節に「余ハ石見人森林太郎トシテ死
セント欲ス」とあります。10歳で東京に行ってから、一度も故郷
:津和野に戻っていないのです。でも、自分を育ててくれたのは
津和野であり、墓石に地位も名誉も書かせなかったようです。」

 ★森鴎外の生き方の一端?考え方が見える。

  
○文学館?・・★津和野城の本を買った。




【1】西周 の生涯+山本覚馬&新島譲
《文政12年(1829) 2月3日(3月7日)〜明治30年(1897)1月31日》

・文政12年(1829) 2月3日(3月7日)
・津和野(現島根県津和野町)で生まれた。
 父:西時義(森覚馬)は森高亮の次男であった。
 西周の従甥(森高亮の曾孫)にあたる森鷗外の生家がある。
 
 森高亮・・・長男:森??→森静男→森鴎外
  次男:西時義→西周
森鷗外は系譜上、親族として扱われるが、森鷗外の母方の祖父母
 及び父が養子であったため血のつながりはないことになる。


※西家は津和野藩主:亀井家の御典医の家柄であった。
 幼名は経太郎であった。

・幼少 漢学を学んだ。
※西の生家に勉学に励んだという蔵が保存されている。

・天保12年(1841) 藩校:養老館で蘭学を学んだ。

・安政4年(1857) 蕃書調所の教授並手伝となった。
  津田真道と知り合って、哲学・西欧の学問を研究した。

・文久2年(1862) 幕府の命で津田真道・榎本武揚らとともに
 オランダに留学した。
 フィセリングに法学・カント哲学・経済学・国際法などを学んだ。
 
・文久4年(1864) オランダのライデンでフリーメイソンリーの
「ラ・ベルトゥ・ロッジ・ナンバー7」に入会した。

・慶応元年(1865)12月 西周は2年間、オランダ、フランスに派遣
 が終わり、横浜に帰国した。
西周は目付に就任した。

 ・慶応2年(1867)
京都に移った将軍:徳川慶喜に招かれ京都市内に移った。
  徳川慶喜の側近として活動した。
 徳川慶喜にフランス語を教えた。
  さらに、『万国公法』を訳し、徳川慶喜にも講義した。
西洋哲学について体系的思考を固めていた。
  
  西周は兵庫開港の対英仏の交渉にも当たっていた。

・慶応3年(1868) 西周39歳。
 2月、西周は四条通大宮西入ルの更雀寺に居
  を移し、洋学塾を開いた。
 洋学塾には会津藩、桑名藩、津藩、福井藩、備中松山藩などの
 藩士500人が集まってきたという。
 山本覚馬40歳は西周に出会った。
 山本覚馬など幕末の武士たちの多くが英学や『万国公法』
 という西洋法学、国際法を学んだ。
『万国公法』の中で『百一新論』の話を聞くことになった。
 『百一新論』の講義で日本で最初に「哲学」という言葉を使ったと
 される
 

山本覚馬は西周の『百一新論』の影響を受けた。
  山本覚馬が「常に国家につくしたい」と願い、法律(政治)による
  改革を考えた。
  山本覚馬はわからないことがあると、佐久間象山か西周のところに
 聞きに行ったという。佐久間象山の亡きあと、山本覚馬にとって西周
 の存在は欠かせない人物となった。
  
・慶応4年(1868) 王政復古
西周は徳川家によって開設された沼津兵学校初代校長に就任した。
 『万国公法』を訳刊した。

・明治3年(1870) 明治政府に出仕した。
  以後兵部省・文部省・宮内省などの官僚を歴任した。

  軍人勅諭・軍人訓戒の起草に関係する等、軍政の整備と精神の
  確立につとめた。

※明治4年(1871)11月12日(12月23日)〜明治6年(1873)9月13日
@岩倉使節団・・・アメリカ→ヨーロッパへ
 アメリカにいた新島譲は、岩倉使節団の一員だった木戸孝允・森有礼
 らと面会し通訳となった。
後、新島譲は木戸孝允から山本覚馬・牧村京都知事を紹介された。



・明治6年(1873) 明六社の設立
  森有礼(文部大臣)発起人。
  西周・福澤諭吉(中津藩:慶應義塾)・加藤弘之(出石藩:東大初代校長)
 ・中村正直(同人社:西国立志編)・西村茂樹・津田真道らと共に
  明六社を結成した。
 ※元津和野藩主:亀井茲監もいた。

杉田玄端(慶應義塾医学所附属診療所主任)
杉浦弘蔵(開成学校長)
秋山恒太郎(慶應義塾塾長)
前島密(報知新聞社長)
長与専斎(東京医学校校長)
早矢仕有的(慶應義塾、丸屋商社設立)
エドワード・ハリス(大学南校教授)
奥平昌邁(旧中津藩主)
荘田平五郎(慶應義塾)
沼間守一(嚶鳴社設立者)
古沢迂郎(大阪日報社長)
福地源一郎(東京日日新聞主筆)
島地黙雷(浄土真宗本願寺派)
吉原重俊(日本銀行総裁)
四屋純三郎(慶應義塾)
藤野善蔵(慶應義塾塾長)
松田道之(東京府知事)
亀井茲監(旧津和野藩主)
伊達宗城(旧宇和島藩主)
高橋是清(日本銀行総裁、大蔵大臣)
石川舜台(浄土真宗本願寺派)
久保田譲(慶應義塾)
サミュエル・ロビンス・ブラウン(宣教師、神学塾設立)
植木枝盛(立志社設立者の一人)
勝安芳(外務大丞、海軍大輔)
南条文雄(梵語学者)
菊池大麓(東京帝国大学総長、第18代文部大臣)
外山正一(東京帝国大学総長)
箕作佳吉(東京帝国大学理科大学学長)
渡部温(東京外国語学校校長)
浅井晴文(左院五等議官)
ウィリアム・グリフィス(大学南校・開成学校教授)
大槻文彦(国語学者)
柏原孝章(旧適塾塾頭、駿府病院二等御医師)
加藤弘之(蕃書調所教授)
神田孝平(文部少輔)
九鬼隆一(帝室博物館総長)
阪谷朗廬(岡山興譲館初代館長)
清水卯三郎(洋書医療器械販売業「瑞穂屋商店」店主)
杉亨二(蕃書調所教授)
世良太一(統計学社副社長)
高木三郎(駐米弁務使館書記官)
田中不二麿(文部大輔)
辻新次(大学南校長、初代文部次官、大日本教育会長)
津田仙(学農社農学校開設)
津田真道(蕃書調所所属)
富田鐵之助(日本銀行総裁)
中村正直(昌平坂学問所教授)
西周(沼津兵学校初代会長)
西村茂樹(文部大書記官)
畠山義成(鹿児島開成学校校長)
肥田昭作(慶應義塾)
福澤諭吉(慶應義塾創立者)
古川正雄(慶應義塾)
箕作秋坪(蕃書調所教授手伝)
箕作麟祥(和仏法律学校初代校長)
森有礼(初代文部大臣)
 (★ウィキペディア)
 

・明治7年(1874) 機関紙『明六雑誌』を発行し始めた。
  啓蒙家として、西洋哲学の翻訳・紹介等、哲学の基礎を築くこと
  に尽力した。

Aアメリカから帰国した新島襄に山本覚馬を紹介したのは、勝海舟だと
いわれている。勝海舟や松平容保や老中:板倉勝静(備中松山藩主。
安中藩主:板倉勝尚の兄・・北海道行きの船に新島譲を乗せてくれた)
も助力してくれていた。つまり、勝海舟+松平容保+板倉勝静
→新島襄と山本覚馬と繋がってくる。

 

B山本覚馬が西周の講義内容『百一新論』を出版した。
 山本覚馬や南摩綱紀、会津藩の聴講生が「速記録」
 を作っていて、明治6年に西周に見せて出版許可を貰っていたと
 いう。
 序文は山本覚馬が書いている。
『教えというのは人の道を教えるということであり、その中には人
 を治める道、つまり正しい法の道がふくまれる。』

西周の『百一新論』で百の教え・・・東洋西洋を問わず、あらゆ
 る宗教・道徳はすべて一に帰す。という論理に感動した山本覚馬は、
『百一新論』を出版した。キリスト教を中心とする道徳・宗教的な
 方法での日本の精神的革命を考えていた。山本覚馬は新島襄にキリ
 スト教系の学校を京都につくれ、と強くすすめた。
 西周→山本覚馬→新島譲と繋がってくる。

・明治8年(1875)11月29日 新島譲が同志社英学校を開校
  公家華族の高松保実より屋敷(高松家別邸)の約半部を借り
 受けて校舎を確保し、京都府知事:槇村正直、府顧問:山本覚馬
 の賛同を得て官許:同志社英学校を開校し初代社長に就任した。
 開校時の教員は新島譲とジェローム・デイヴィスの2人・・・
 生徒は元良勇次郎、中島力造、上野栄三郎ら8人であった。

・明治9年(1876)1月3日、山本覚馬の妹:八重と結婚する。
 10月20日、金森通倫、横井時雄、小崎弘道、吉田作弥、海老名弾正、
 徳富蘇峰、不破惟次郎ら熊本バンドの青年達が同志社英学校に入学
 した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◆ 箕輪初心★『新島襄1』  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201110/article_27.html

◆◆ 箕輪初心★『新島襄2』  ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201301/article_1.htm

箕輪初心★爽やかな秘話『新島八重子回想録』の紹介
http://53922401.at.webry.info/201302/article_10.html

◆◆箕輪初心★新島襄:安中&新島八重:会津若松 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201304/article_26.html

◆◆ 箕輪初心◆会津:新島八重を巡る旅 ◆◆
  山本覚馬・新島八重の実家跡&山本家の墓を掲載
http://53922401.at.webry.info/201304/article_21.html

◆◆ 箕輪初心★京都の新島襄宅&八重さんの墓 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201304/article_13.html

◆◆ 箕輪初心★八重周辺B「湯浅治郎&八重さんの醤油」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_8.html

◆◆ 箕輪初心★『伊香保を愛した徳冨蘆花』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_6.html

◆◆ 箕輪初心★『新島襄&徳富蘇峰』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201302/article_7.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・明治12年(1879) 6月 西周は東京学士会院(現日本学士院)第2代
会長になった。

・明治14年(1881) 獨逸学協会の創立に参画した。
・明治15年(1882)西周は東京学士会院第4代会長となった。

・明治16年(1883) 獨逸学協会学校(現獨協学園)の開校。
  初代校長に就任した。
  西周は獨逸学協会学校開校式の演説において
  「そもそも、学をなす道はまず志を立つるにあり」
  「志を立てて学問に従事すれば、これに次ぐものは勉強にあり」
  と述べた。

・明治17年(1884)頃〜 西周は右半身が麻痺しはじめた。

・明治20年(1887) 西周は健康上の理由により文部省・陸軍省・学士
 会院会員の公職を辞職した。

 
・明治23年(1890) 貴族院議員に任じられた。
  10月20日 錦鶏間祗候となった。

・明治24年(1891) 体の衰弱が著しくなり貴族院議員を辞職した。

・明治25年(1892) 大磯の別邸に移った。
歩行は不自由で外出は不可能であった。
  学問の研究は続けられ、西洋の心理学と東洋の儒教・仏教の思想
  を統一した新しい心理学の体系を書き続けた。
  『生性発蘊』は、遂に未完に終わってしまった。

・明治30年(1897) 明治天皇は西周の功績に対し、勲一等瑞宝章、
  男爵の位を授けた。
 1月31日に死去。享年68。
 ※墓所は東京都港区の青山霊園。





【2】森鴎外の生涯+羽鳥千尋
画像

・文久2年(1862) 1月19日(2月17日)
石見国鹿足郡津和野町町田村(現島根県津和野町)で生まれた。
森家は代々津和野藩主:亀井家の御典医を務める家柄であった。
  父:津和野藩の藩医:森静泰(後森静男)
  母:森峰子
  長男として生まれた。
  森家では、祖父と父を婿養子として迎えているため、久々の
  跡継ぎ誕生であった。
・慶応3年(1867)11月〜 4歳  村田久兵衛に論語を学ぶ。
・明治元年(1868)3月〜  5歳 米原綱善に孟子を学ぶ。
・明治2年(1869) 6歳藩校:養老館で四書を一から復習した。
・明治3年(1870) 7歳藩校で五経、オランダ語を学ぶ。
・明治4年(1871) 8歳 藩医:室良悦にオランダ語を学ぶ。

・幼年時代  論語や孟子・オランダ語などを学んだ。
・少年時代   養老館では四書五経を復読した。
  ※9歳で15歳の学力と推測されている。
  (★ボランティアガイドさん)

・明治5年(1872) 廃藩置県
 ※西周が東京に出て来るように勧めた。
  (★バスガイドさん)
森林太郎は10歳で父と上京した。
 6月  父とともに津和野を発った。
 8月 東京向島小梅村に住んだ。
  その後、墨田区向島曳舟通りに転居した。
10月、 森林太郎はドイツ語を習得するため、私塾の
  本郷の進文学社に入った。
  政府高官の親戚:西周の邸宅に寄食した。
  東京では、官立医学校(ドイツ人教官がドイツ語で講義)への
  入学に備えた。

・明治6年(1873) 11歳
6月 津和野に残っていた森家の家族は住居などを売却して
  津和野を離れ、祖母、母などが上京した。
 父が経営する医院のある北千住に移った。

11月、第一大学区医学校予科(東京医学校→現東京大学医学部)に
  入学した。

・明治10年(1877) 15歳
  東京医学校は、東京開成学校と合併して東京大学
医学部に改組された。
  森林太郎は本科生になる。

・明治13年(1880) 18歳
  本郷龍岡町の下宿屋「上条」に移った。

・明治14年(1881) 19歳
3月、下宿先が火事になった。講義ノートなどを失われた。
  4月? 肋膜炎にかかった。
 7月  東京大学医学部を卒業。
  父:森静男の経営する南足立郡千住町の橘井堂医院に転居した。
  ※現在、北千住には森鴎外ゆかりの碑がある。
   戸籍も東京に移した。
 

 8月 明治政府に軍医として仕えることにした。
  ★森鴎外は衣食住のある所を選んだという。
     (★ガイドさんの説明)

 9月 ▲『河津金線君に質す』が読売新聞に採用される。
   ★森鷗外の初めて公にされた文章であるという。

 12月 東京陸軍病院課僚を命じられて、陸軍軍医副の任務につく。


・明治15年(1882) 20歳
2月 第一軍管区徴兵副医官:中尉相当になり、従七位の位階を
   授かった。
 5月   陸軍軍医本部課僚になった。
   プロシア(ドイツの帝国)の陸軍衛生制度の調査に参加した。

・明治17年(1884) 22歳
 6月  陸軍衛生制度、衛生学研究の目的で、ドイツ留学を
     陸軍より命じられる。
 10月  ドイツに到着。
    ライプツィヒ大学でホフマン教授などに学ぶ。
   『ビイルの利尿作用に就いて』の研究を始める。

・明治18年(1885) 23歳
1月 ▲ハウフの童話を翻訳した「盗侠行」を発表した。
2月   ▲「日本兵食論」「日本家屋論」を執筆した。
    ドイツ語で書いた。
5月  陸軍一等軍医:大尉相当に昇進した。
10月  ドレスデンに移った。

・明治19年(1886) 24歳
3月 ミュンヘンに移った。
   ミュンヘン大学衛生部に入学し、ペッテンコーフェルに
   衛生学を学んだ。

・明治20年(1887) 25歳
4月 ベルリンに移った。
  5月 北里柴三郎とともにコッホを訪ねた。
    コッホの研究所衛生試験所に入った。

・明治21年(1888) 26 歳
3月 プロシア近衛歩兵第2連隊の軍隊任務に就いた。
    海軍中将:赤松則良の長女:登志子と結婚した。
   夏に根岸から下谷区上野花園町11番地に住んた。
  ※現在、水月ホテル鴎外荘に保存されている。

 7月 ベルリンを出発してロンドン、パリを経由して
 9月  日本に帰国。
   エリーゼも来日、築地精養軒に入った。
10月   陸軍大学校教官に就任。
12月  ▲『非日本食論将失其根拠』を自費出版した。

・明治22年(1889) 27 歳

・明治23年(1890) 28歳
1月 ▲「舞姫」を発表した。
舞姫はベルリン時代の精算だろうか?
9月 長男:於菟(おと)生まれた。
   妻:登志子と離婚した。

10月 本郷駒込千駄木町57番地に転居した。
  ※後に夏目漱石もロンドンから帰国して明治36年(1903)〜
   2年半、この家は住んだ。現在明治村にある。
 
・明治24年(1891) 29歳
 8月 医学博士となる。

・明治25年(1892) 30歳
1月 本郷駒込千駄木21番地に転居した。
   父母、祖母と同居した。以後死ぬまでここに住んだ。
  ※現文京区立鴎外記念図書館となっている。

・明治26年(1892) 31歳
・明治27年(1892) 32歳

・明治28年(1894)33歳
6月 台湾総督府陸軍局軍医部長となる。
10月 軍医学校長として東京に戻った。。

・明治29年(1896) 34歳
4月 父:森静男が死去。

・明治30年(1897) 35歳
・明治31年(1898) 36歳

・明治32年(1899) 37歳
6月 第12 師団軍医部長として小倉に赴任した。

・明治33年(1900) 38歳
1月 旧妻:赤松登志子が死去。

・明治34年(1903) 39 歳

・明治35年(1902) 40 歳
1月 判事:荒木博臣の長女:茂子(志け)と結婚した。
   どちらも再婚。

・明治36年(1903) 41歳
 1月 長女:茉莉生まれた。

・明治37年(1904) 42歳
・明治38年(1905) 43歳
・明治39年(1906) 44歳

・明治40年(1907) 45 歳
8月 次男:不律が生まれた。

・明治41年(1907) 46 歳
2月 次男が死去した。

・明治42年(1909) 47 歳
5月 次女:杏奴が生まれた。
 7月 ▲文学博士となった。
▲「ヰタ・セクスアリス」掲載の『スバル』が発売禁止
    になった。

・明治43年(1910) 48 歳
  9月 ▲「青年」を発表した。

・明治44年(1911) 49 歳
2月 3男:類が生まれた。
 9月 ▲「雁」を発表した。
  
・明治45・大正元年(1912) 50歳
1月  ▲「かのように」を発表した。
12月 ▲『中央公論』に「羽鳥千尋」を発表した。

・大正2年(1913) 51 歳
1月 ▲「阿部一族」を発表した。

・大正3年(1914) 52 歳
1月   ▲『中央公論』に「大塩平八郎」を発表した。

・大正4年(1915) 53歳
1月  ▲『中央公論』に「山椒大夫」を発表した
    ▲『心の花』に「歴史其儘と歴史離れ」を発表した。
10月  ▲『中央公論』に「最後の一句」を発表した。

・大正5年(1916) 54歳
1月 ▲「高瀬舟」を発表した。
 3月 母:森峰子が死去した。

・大正6年(1917) 55歳
 12月    帝室博物館総長に就任した。
・大正7年(1918) 56歳
・大正8年(1919) 57歳
9月  帝国美術院の初代院長に就任した。

・大正9年(1920) 58歳
・大正10年(1921) 59 歳

・大正11年(1922) 60 歳
4月  イギリス皇太子の正倉院参観に合わせ、奈良へ5度目の旅行
    に行った。途中、何度か病臥した。肝臓病だった。

7月6日 遺言書・・友人の賀古鶴所に遺言の代筆を頼んだ。
画像

※森鷗外の遺言
余ハ少年ノ時ヨリ老死ニ至ルマデ
一切秘密無ク交際シタル友ハ
賀古鶴所君ナリ コヽニ死ニ
臨ンテ賀古君ノ一筆ヲ煩ハス
死ハ一切ヲ打チ切ル重大事
件ナリ 奈何ナル官憲威力ト
雖 此ニ反抗スル事ヲ得スト信ス
余ハ石見人 森 林太郎トシテ
死セント欲ス 宮内省陸軍皆
縁故アレドモ 生死別ルヽ瞬間
アラユル外形的取扱ヒヲ辭ス
森 林太郎トシテ死セントス
墓ハ 森 林太郎墓ノ外一
字モホル可ラス 書ハ中村不折ニ
依託シ宮内省陸軍ノ榮典
ハ絶對ニ取リヤメヲ請フ 手續ハ
ソレゾレアルベシ コレ唯一ノ友人ニ云
ヒ殘スモノニシテ何人ノ容喙ヲモ許
サス  大正十一年七月六日
        森 林太郎 言(拇印)
        賀古 鶴所 書

  森 林太郎
      男     於莵

    友人
      総代   賀古鶴所
            以上
画像


7月9日、死の寸前
「森鴎外は
「馬鹿馬鹿しい。」
と呟いたといいます。なんのことを指して呟いたのか、正確なことは
わかりませんが・・・。」

自分は医者なのに、自分が肺結核で死ぬなんて、・・・
 羽鳥千尋と同じ。・・・と思ったのかもしれない。


7月9日午前7時  肺結核で亡くなった。
   向島の弘福寺に埋葬。
   後に、三鷹の禅林寺に改葬される。
      分骨されて津和野町永明寺にも墓がある。






【3】 「羽鳥千尋」

明治45・大正元年(1912) 
12月 ▲森鴎外50歳が中央公論に「羽鳥千尋」を発表した。
 「羽鳥千尋は実在の人物である。惜しい事には、今では実在の人物
 であったと云はなくてはならない。明治四十三年の夏であった。
 己の所に一封の手紙が届いた。」
  と書き出しているとおり、実在の人物であった。
 ★もし、森鷗外がこの短編小説を書くことがなかったなら、おそらく
  その名も世の中に知られることはなかったであろう。


羽鳥千尋(はとり ちひろ)
(明治19年(1886)〜・明治45・大正元年(1912)
 森鴎外の小説「羽鳥千尋」モデルとなった人物である。

・明治19年(1886)群馬県佐波郡玉村町に生まれる。
  父は陸軍軍医の羽鳥文作である。
明治19年?明治20年?群馬県群馬郡滝川村大字板井
 に生まれた。
 小さい頃から学業成績が優秀であった。
 
・明治28年(1894) 上州玉村(現群馬県玉村町)の玉振学舎で
   漢文の句読を授けられた。
   師は漢学者の中島竦(中島敦の伯父)である。

・明治30年(1896) 父:羽鳥文作が台湾へ赴任した。
   しかし、風土病にかかり帰国した。

・明治33 年(1899) 父:羽鳥文作が小倉衛戍病院一等軍医心得となるが、
容態が悪化して35歳で没した。
  高崎中学(現群馬県立高崎高等学校)を首席で卒業した。
  ★高崎中学校を主席で卒業するくらいなら、順調にいけば、
  第一高等学校(一高)などへ進んだだろうが・・・。
  高崎高校の東大合格は上位10番くらいであろうか?
  福田赳夫元総理も主席であった。
 
 ところが、軍医であった羽鳥の父親は既に亡くなっており、さらに丁度
 その頃、家は親類の事業の失敗し、負債をかかえてしまい、進学を断念
 せざるを得なかった。
そこで、当時あった医学校を経ずに医師になる道、医術開業試験
 つまり、学歴なしに受験できた医師国家試験=現在の大検?を目指
 した。
 
 一年半の独学で・・・・、
 そして、前期試験は主席で合格した。
 ところが、後期試験には実技試験があり、実地の勉強をする必要が
 出てきた。

・明治43年(1910) 実地試験である後期試験準備のため、父親と同じ
 軍医であった森鷗外に、実地の勉強のできるところを紹介して欲し
 い旨の長文の手紙を書いた。
 
 
 森鴎外のコネで陸軍軍医学校で働きながら試験準備を行うことに
 になった。
 しかし、肺結核をわずらった。

明治45・大正元年(1912)6月 羽鳥千尋が肺結核の悪化により
  26歳で死去。

後に鷗外は、この手紙を元にして、短編「羽鳥千尋」を書いた。


●短編小説の主人公:羽鳥千尋という人は、森鷗外が
『羽鳥千尋は實在の人物である。惜しい事には、今では實在の人物
であつたと云はなくてはならない。明治四十三年の夏であつた。
己の所に一封の手紙が屆いた。それは己の所へ多く屆く種類の
手紙の一つに過すぎない。己の内に書生に置いてくれと云
ふ手紙である。併しそれを書いた羽鳥千尋と云いふ、當時二十二
歳の青年は一つの注意すべき履歴を持つてゐる。羽鳥は明治四十一
年の夏、貧と病との爲めに、兼ねて大學へ這入らうと思つてゐた志
を飜へして、醫術開業試驗を受けようと思ひ立つた。そして半年
許り獨學をして、翌く四十二年の春前期試驗に及第した。それから
又一年許り獨學をして、己に手紙をよこした四十三年の春、
後期學説試驗に及第してゐる。醫學と云ふものがどんなものだか、
夢にも知らなかつた青年が、僅か一年半で政府が醫師に向かつて
要求する丈の知識を攫得してゐる。そこで後期實地試驗を受ける
準備がしたい。それは田舍の家の机の上では出來きない。羽鳥は
當時上野國群馬郡瀧川村大字板井と云ふ所の家にゐた。その準備
として診察や治療の實地を見る爲めに、東京に出てゐたいと云ふ
のである。同じ種類の手紙が己の所へは多く屆くが、羽鳥のやうな
履歴を持つた手紙の主は少すくない。・・・後略・・・。』
  (Hp羽鳥千尋より引用)



・明治45・大正元年(1912) 50歳。
12月 ▲ 森鴎外が『中央公論』に「羽鳥千尋」を発表した。



★参考文献
・高崎の偉人伝:吉永哲朗著。
・森鴎外:長島 要一著(岩波新書)
・森鴎外:日本文学全集


★参考サイト
・西周・森鴎外:ウィキペディア
・百一新論:同志社大学
・羽鳥千尋


★明日は萩城かな?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲津和野【西周(あまね)&山本覚馬→新島譲】&【森鴎外&羽鳥千尋】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる