城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲2015高崎【旧高崎の歴史B中世前期:新田氏&鎌倉街道】

<<   作成日時 : 2015/09/28 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の中では旧高崎市の中世前期(平安末期〜鎌倉時代)、@新田義重、
A鎌倉街道が気になる。このを追ってみようと思う。高崎の写真は平成27年
(2015)3月27日以前の写真が全て消滅した。写真は添付今のところ、2枚
しかない。
画像

 (★新山名八幡宮)




〜〜〜2015高崎シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲2015高崎『万葉集東歌:エロい伊香保9首』
http://53922401.at.webry.info/201509/article_9.html

箕輪初心:生方▲2015高崎『万葉集上野国エロ東歌』
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

箕輪初心:生方▲群馬『豊城入彦命の子孫:上毛野氏の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201509/article_11.html

箕輪初心:生方▲『車持神社』&車持与志古娘の子:藤原不比等伝説
http://53922401.at.webry.info/201509/article_12.html

箕輪初心★高崎偉人伝【山口薫】モダンアート洋画家
http://53922401.at.webry.info/201310/article_25.html

箕輪初心:生方★2015高崎【山口薫の生涯:復刻版】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_13.html
★榛名・箕輪を愛した画家・・・・

箕輪初心▲『榛名』:榛名山&榛名湖&榛名信仰&榛名文学
http://53922401.at.webry.info/201410/article_27.html

箕輪初心:生方◆2015高崎▲榛名山のでき方&榛名の話:復刻版
http://53922401.at.webry.info/201509/article_14.html

箕輪初心:生方▲箕輪城168【秋本太郎先生講演会】20150912
『そうだ!箕輪城をもっと知ろう』
http://53922401.at.webry.info/201509/article_15.html

箕輪初心:生方▲箕輪城169秋本太郎先生講演会20150919
「発掘調査&出土品」
http://53922401.at.webry.info/201509/article_21.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【箕郷町の古墳:車持の君の古墳?】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_16.html

箕輪初心:生方▲群馬【榛名神社&榛名湖】ちょっと歴史散策
http://53922401.at.webry.info/201505/article_23.html

箕輪初心:生方▲2015第3回榛名湖ミュージックフェスティバル
http://53922401.at.webry.info/201508/article_11.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【箕郷町のぶらり散策:復刻版】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_17.html


箕輪初心:生方◆2015高崎【旧群馬町の歴史散策】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newnewseditdisplay.do

箕輪初心:生方▲2015高崎【旧榛名町の歴史散策】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_22.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【旧吉井町の歴史散策】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_23.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【旧新町の歴史散策】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_24.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【旧倉渕村の歴史散策】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_25.html

箕輪初心:生方▲2015高崎【旧高崎の歴史散策@古代〜平安時代】
http://53922401.at.webry.info/201509/article_26.html



◆中世・・・
●▲■ 新田義重 ■▲●
『源頼信→源頼義→源義家→源義国→新田義重→里見義俊&義成
&山名義範』・・・・・・・
・治承4年(1180) 源頼朝の挙兵
 新田義重の甥:足利義兼&子:山名義範&孫:里見義成らが
 早期にその麾下に帰参した。
 新田義重は一時日和見的態度を取った。
 理由@北関東での主導的地位にあった。
 理由A八幡太郎義家の孫だ。・・源頼朝を格下に見ていた。
 理由B新田荘が平家方の荘園であったこと
 理由C木曾義仲が多胡郡で味方集めをしてた。
・・・多胡郡は源義賢のかつての所領であった。
    親子2代に渡る隣合わせの所領を持っていて宿敵関係
   であった。
   従って、木曽義仲を牽制する必要があった。

12月 新田義重は源頼朝の威勢興隆を目の当たりにし慌てて鎌倉
  に駆けつけた。
  容易には源頼朝の不信感をぬぐうことはできなかった。
  安達盛長の取り成しでようやく帰参が叶ったという。
(★やがて、安達盛長は八幡荘で上野奉公人になった。)
  さらに、新田義重は娘:祥寿姫を源頼朝の兄:義平の未亡人:
  源頼朝の側室にと乞われるもこれを拒否した。
  ・・・という。より一層、源頼朝の不興を買った(伝)。
  新田義重の猶子:娘婿:矢田義清が木曾義仲に走った。
  このことが源頼朝の反感をさらに買った要因のひとつとされて
  いる。
(★久保田順一先生)

▲八幡八幡宮
画像


▲寺尾城・・・茶臼山城

▲興禅寺・・・現高崎城:市役所・竜広寺・佐藤病院位まで
  現存は地蔵堂のみ・・・

▲古山名八幡宮・・・山名の堀の内


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★久保田順一先生20141129『河内源氏の上野国
:八幡荘』後編
http://53922401.at.webry.info/201412/article_12.html

箕輪初心★久保田順一先生20141129『河内源氏&上野国:八幡荘』
http://53922401.at.webry.info/201412/article_11.html

●【1】新田義重の関係〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★高崎:新田義重&茶臼山城
http://53922401.at.webry.info/201309/article_27.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_27.html

●【2】里見氏関係:里見義俊〜
箕輪初心 新田一族・里見一族で検索してください。
  40シリーズ程あります。


●【3】山名氏関係:山名義範〜
箕輪初心●群馬:高崎「山名義範館」=子孫は山名宗全
http://53922401.at.webry.info/201102/article_31.html

箕輪初心★「上野国:山名義範〜応仁の乱:山名宗全」
http://53922401.at.webry.info/201309/article_26.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_26.html

箕輪初心●兵庫『出石:有子山城』=山名一族の古城
http://53922401.at.webry.info/201304/article_20.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■鎌倉時代 ・・・宋銭の流通


箕輪初心★高崎「鎌倉時代の信仰の広がり」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_5.html

箕輪初心◆鎌倉街道上道:埼玉編
http://53922401.at.webry.info/201407/article_17.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201407/article_17.html
鎌倉時代の武蔵の城約50城や古戦場を掲載しているので、
参照あれ。



●鎌倉街道
鎌倉幕府は関東の御家人をできるだけ早く集められるように、 鎌倉と
各地を放射状に結ぶ軍事道路を3本作った。上道・中道・下道である。
高崎は鎌倉街道上道の終着点である。そして、高崎からは信濃や
越後、陸奥へとアクセスできる交通の要衝であった。従って、人や物、
文化が集まった。



●鎌倉上道
源頼朝が鎌倉幕府を開くと同時に・越後・信濃・上州などか
ら鎌倉への道を整備させた。鎌倉街道は大きく3つの道があった。

●=====鎌倉街道上道(かみつみち)=======
(★本来の上道は、高崎から先に信濃、越後と続く。)
東山道安中板鼻〜 @高崎→A山名→B藤岡→C児玉→
D美里→E用土→F花園→〜荒川〜(寄居)→G赤浜
→H塚田→I奈良梨→J嵐山→K笛吹峠→L鳩山→
M毛呂山・N坂戸→O日高の女影→P入間〜入間川〜
Q狭山→R所沢→S小手指→その先は府中→本町田→
瀬谷→化粧坂→鎌倉と続いた。        

●====鎌倉中道(なかつみち)==========  
宇都宮→古河→栗橋→岩槻→鳩ヶ谷→板橋→世田谷→
 荏田→鶴ヶ峰→上永谷→鎌倉

●====鎌倉下道(しもつみち)===========  
松戸→堀切→浅草→大手町→丸子→綱島→菊名→帷子
→金沢→六浦→朝比奈→鎌倉


※鎌倉街道上道(かみつみち)は、「大道」などと呼ばれていた。
越後・信濃・武蔵の武者が「いざ鎌倉」を唱え、馳せ参じる軍事
街道であったと言われている。当時の街道幅は馬2頭が並んで
やっと通れる2m程であったと言う。
 (★埼玉県菅谷歴史博物館?名称は?)



・建久4年(1193) 源頼朝の三原(長野原町借猪)の巻狩り
  源頼朝は鎌倉街道上道を通って、畠山重忠・山名義範・里見義俊
 も随行した。寺尾(高崎)で新田義重の館に寄った。
鎌倉→入間で狩り・入間川の宿泊→大倉(源義賢の館があった)
・児玉の宿→松井田の宿(当時は松枝):山名・里見が警護。
→碓氷峠→信濃(軽井沢)→沓掛の宿→三原の庄狩猪(現群馬県
長野原町北軽井沢)→草津・・・新田義重の館?
★個人的は、松井田→地蔵峠→倉渕→大戸→狩猪と考えている。
『曽我物語』巻5「浅間の御狩の事」(★東京大学付属図書館蔵) 

・建久4年(1193) 4月 小代伊重の置文
 源頼朝が三原の庄へ鷹狩りに訪れた際に、武蔵国の御家人:小代
 行平(こしろゆきひら)が遅れ、「上野国山名ノ宿」で追いついた。
との記述がある。

箕輪初心▲埼玉東松山『小代氏館』=源悪源太義平の家臣:小代氏
http://53922401.at.webry.info/201406/article_28.html




・建久8年(1197) 源頼朝の善光寺参拝
  源頼朝の善光寺参拝の機に多くの人が鎌倉街道上道を通じて
善光寺に参拝した。善光寺式の仏像も岩鼻の寺に残っている。
鎌倉極楽寺の僧:明空によって編まれた歌謡集「宴曲抄」
鎌倉街道沿いの地名を詠みこんだ「善光寺修行」という作品が
収録されている。
吹送由井の浜音たてて、しきりによする浦波を、なを顧常葉山、
かわらぬ松の緑の、千年もとをき行末、分過秋の叢、
小萱刈萱露ながら、沢辺の道を朝立て、袖打払唐衣、きつつなれに
しといひし人の、干飯たうべし古も、かかりし井手の沢辺かとよ、
小山田の里にきにけらし、過ぎこし方をへだつれば、霞の関と今ぞしる、
おもひきや、我につれなき人をこひ、かく程袖をぬらすべしとは、
久米河の逢瀬をたどる苦しさ、武蔵野はかぎりもしらずはてもなし、
千草の花の色々、うつろひやすき露の下に、よはるか虫の声々、
草の原のより出月の尾花が末に入までにほのかに残晨明の、
光も細き暁、尋ても見ばや堀難の出難かりし瑞籬の、久跡や是ならん、
あだながらむすぶ契の名残をも、ふかくや思入間川、
あの此里にいざ又とまらば、誰にか早敷妙の、枕ならべんとおもへども、
婦にうはすのもりてしも、おつる涙のしがらみは、げに大蔵に槻河の、
流れもはやく比企野が原、秋風はげし吹上の、稍もさびしくならぬ梨、
打渡す早瀬に駒やなづむらん、たぎりておつる浪の荒河行過て、
下にながるる見馴川、見なれぬ渡をたどるらし、朝市の里動まで立さわぐ、
是やは児玉玉鉾の、道行人に事とわん、者の武の弓影にさはぐ雉が岡、
矢竝にみゆる鏑河、今宵はさても山な越ぞ、いざ倉賀野にととまらん、
夕陽西に廻て、嵐も寒衣沢、末野を過て指出や、豊岡かけて見わたせば、
ふみとどろかす、乱橋の、しどろに違板鼻、誰松井田にとまるらん、
◆宴曲抄
http://www.asahi-net.or.jp/~ab9t-ymh/kamitumichi1/kamitumichi2.html
より引用

『吹送由井の浜(鎌倉市由比ヶ浜)音たてて、しきりによする浦波を、
なを顧常葉山(鎌倉市常盤)、かわらぬ松の緑の、千年もとをき行末、
分過秋の叢(むら)、小萱(おかや)(藤沢市村岡)刈萱露ながら、
沢(藤沢市柄沢付近)辺の道を朝立て、袖打払唐衣、
きつゝなれにしといひし人の、干飯た(横浜戸塚区飯田)うべし古も、
かゝりし井手の沢(町田市本町田)辺かとよ、
小山田の里(町田市小野路町)にきにけらし、過ぎこし方をへだつれば、
霞の関(多摩市関戸)と今ぞしる、おもひきや、我につれなき人をこひ、
かく程(国分寺市恋ヶ窪)袖をぬらすべしとは、久米河(東村山市)の
逢瀬をたどる苦しさ、武蔵野(所沢市)はかぎりもしらずはてもなし、
千草の花の色々、うつろひやすき露の下に、よはるか虫の声々、
草の原のより出月の尾花が末に入までにほのかに残晨明の、
光も細き暁、尋ても見ばや堀難(狭山市堀兼)の出難かりし
瑞籬(狭山市三ツ木)の、久跡や是ならん、あだながらむすぶ契の名残をも、
ふかくや思入間川(狭山市の入間川)、あの此里にいざ又とまらば、
誰にか早(埼玉県毛呂山町苦林)敷妙の、枕ならべんとおもへども、
婦にうはすのもりてしも、おつる涙のしがらみは、げに大蔵(嵐山町大蔵)
に槻河(嵐山町菅谷を流れる川)の、流れもはやく比企野が原
(嵐山町菅谷)、秋風はげし吹上の、稍もさびしくならぬ梨
(小川町奈良梨)、 打渡す早瀬に駒やなづむらん、たぎりておつる
浪の荒河(寄居町の荒川)行過て、下にながるゝ見馴川(寄居町の小山川)、
見なれぬ渡(見馴川の渡)をたどるらし、朝市の里動まで立さわぐ、
是やは児玉(児玉町児玉)玉鉾の、道行人に事とわん、
者(もの)の武(ふ)の弓影(ゆみかげ)にさはぐ雉が岡(児玉町八幡山)、
矢竝(やなみ)にみゆる鏑河(鏑川)、今宵はさても山な(高崎市山名町)
越(こし)そ、いざ倉賀野(高崎市倉賀野町)にとゞまらん、
夕陽西に廻(めぐり)て、嵐も寒(さむい)衣沢(高崎市寺尾町)、
末野(まつの)を過て指出(さしで:高崎市石原町)や、
豊岡(高崎市豊岡町)かけて見わたせば、ふみとゞろかす、乱橋
(らんきょう)の、しどろに違板鼻(安中市板鼻)、誰(ただ)松井田
(安中市松井田町)にとまるらん』

◆宴曲抄
http://www.asahi-net.or.jp/~ab9t-ymh/kamitumichi1/kamitumichi2.html
より引用
この著者は、高崎歴史民俗資料館の学芸員の方かなあ?
 凄すぎる。


●場所確認
由比の浜(鎌倉市由比ヶ浜)・・・・・・・源頼朝が浮気のために・・
常葉山(鎌倉市大仏坂北西の常盤)
村岡(藤沢市宮前)
柄沢(藤沢市柄沢)
飯田(横浜市戸塚区の境川左岸)
井出の沢(町田市本町田)
小山田の里(町田市小野路町)
霞の関(多摩市関戸)
恋が窪(国分寺市東恋ヶ窪&西恋ヶ窪)
久米川(東村山市の所沢市との境)
武蔵野(所沢市)
堀兼(狭山市堀兼)
三ツ木(狭山市三ツ木)
入間川(狭山市入間川右岸に宿)・・・足利持氏入間川陣屋
苦林(毛呂山町越辺川南岸の苦林宿)・・・・新田義貞の古戦場
大蔵(嵐山町大蔵)・・源義賢が源悪源太義平(妻:新田義重娘)に殺害。
槻川(嵐山町菅谷の南を流れる川。都幾川と合流する。)
比企が原(嵐山町菅谷)・・・・畠山重忠の菅谷城があった。
奈良梨(小川町の市野川岸の奈良梨)・・・後、川窪氏
荒川(寄居町の荒川)・・・・・・赤石に渡し
見馴川(寄居町の現小山川)・・・
見馴の渡(見馴川の渡)・・・・・
児玉(児玉町児玉)・・・・・・・
雉が岡(児玉町八幡山)・・・・後、上杉顕定の雉ヶ岡城・塙保己一
鏑川(藤岡市と高崎市の境)・・
山名(高崎市山名町)・・・・・山名宿・山名義範館・古山名八幡宮
倉賀野(高崎市倉賀野町)・・・
衣沢(高崎市寺尾町)・・・・・
指出(高崎市石原町)・・・・・
豊岡(高崎市豊岡町)・・・

板鼻(安中市板鼻)・・・・・東山道に入る。信濃へ
松井田(松井田町)・・・・・東山道入山峠に至る最後の宿泊所。
(★久保田順一先生も引用)
高崎のルートは神流川を越えて上野にはいり、『鏑川』を渡り『山名宿』
(高崎市山名町)に至る。『山名宿』から観音山丘陵沿いに北上し
指出(高崎市石原町)で(雁行)川を渡り、現片岡〜乗附〜少林山
の前を通り、板鼻(安中市)に進むコースである。
つまり、佐野の渡しを通っていないコースということになる。

◆中世の「山名宿」 ( 群馬県 ) - 南八幡地域の歴史、史跡、行事等
http://blogs.yahoo.co.jp/citizen8823/13010676.html
このhPは実に凄い。・・・感動物である。



・鎌倉時代末期・・・新田義貞が通った道でのある。

*****新田義貞****************************************
箕輪初心★新田義貞「生品神社挙兵〜鎌倉進軍コース」
http://53922401.at.webry.info/201303/article_18.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201303/article_18.html

箕輪初心●新田義貞@「誕生〜楠木攻め」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_40.html

箕輪初心●新田義貞A「新田〜鎌倉へ進軍」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_41.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201102/article_41.html

箕輪初心●新田義貞B「2度の鎌倉攻撃」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_42.html

箕輪初心■古都:鎌倉B新田義貞の鎌倉攻撃
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201202/article_2.html

箕輪初心●新田義貞C「足利尊氏との対立」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_43.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201102/article_43.html

箕輪初心●新田義貞D「若狭に逃亡〜福井で38歳没」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_44.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201102/article_44.html

箕輪初心★新田義貞の弟:脇屋義助&子孫の動向
http://53922401.at.webry.info/201303/article_22.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201303/article_22.html

箕輪初心▲群馬太田「大田山義貞院金龍寺」:新田義貞供養塔
http://53922401.at.webry.info/201403/article_25.html

箕輪初心★新田岩松の歴史&男爵:新田俊純
http://53922401.at.webry.info/201311/article_9.html
*******************************************************


「いざ、鎌倉へ」           
●安中板鼻で〜東山道と合流
○板鼻・・
・源義経の家臣:伊勢三郎伝説

・比企能員の支配地
・安達盛長の支配地:板鼻・八幡?・玉村

○八幡八幡宮・・新田義貞の祈願の場所か?
新田義重の子:里見一族の所領であった。


@和田(高崎)→
◆赤坂の庄の和田城
・建暦3年(1213)和田義盛 VS 北条義時
和田義盛は高崎市箕郷町和田山に逃れた。
  和田義盛の子:義信もここに居住した。
・正長元年(1428)  
  和田山を松本氏に預け、和田義盛の孫:和田信忠は
  高崎の赤坂の庄:和田に居を構えた。

○金井宿・・・現高崎城の東の繁華街

○借上宿・・・現竜広寺東

○興善寺・・・高崎駅の南西:新田義重の開基。

○大音寺坂・・・現城南場〜

○琴平神社

◆佐野の常世神社・・・『鉢の木』「いざ、鎌倉」
*********************************************
箕輪初心★高崎:佐野源左衛門常世&「鉢の木」
伝説の謎
http://53922401.at.webry.info/201310/article_1.html
*********************************************
○佐野の定家神社



〜〜〜烏川〜〜佐野の舟橋〜〜〜〜〜〜〜

▲寺尾の茶臼山城・・・新田義重
・治承4年(1180)源頼朝の挙兵
新田義重は挙兵時には、参加しなかった。
新田義重の子:里見義重や山名義はすぐに
  源頼朝の傘下に入った。
10月13日 木曾義仲は隣の吉井の多胡館
にあって、家臣を集めていた。
新田義重は同族の木曾義仲の侵攻に危惧した。
12月24日木曾義仲は信濃依田城に戻った。
*********************************************
箕輪初心★高崎:新田義重&茶臼山城
http://53922401.at.webry.info/201309/article_27.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_27.html
*********************************************


A山名→
○山上の碑

○山名の碑

○現山名八幡宮


●山名宿・・・・川に囲まれた自然の要害?堀の内

○古山名八幡宮・・・堀の内

◆山名義範館・・・堀の内
********************************************
箕輪初心●群馬:高崎「山名義範館」=子孫は山名宗全
http://53922401.at.webry.info/201102/article_31.html
*********************************************
○山名古墳群


倉賀野けいゆうのコースもあった。


〜〜〜〜〜鏑川〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
B藤岡→

1)落合コース
2)三ツ木コース

○七輿山古墳
****************************************
箕輪初心◆群馬の古墳E「藤岡:七輿山古墳と白石古墳群」
http://53922401.at.webry.info/201103/article_26.html
****************************************

◆三ツ木城

○白石古墳群

○吉良上野介の館

○別所

○本郷窯&土師神社

○葵八幡・・・木曾義仲の妻(巴御前)


〜〜〜神流川〜埼玉県〜〜〜〜〜
箕輪初心◆鎌倉街道上道:埼玉編
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201407/article_17.html



●「第25回鎌倉街道武者行列」開催
鎌倉時代には、「鎌倉街道上道」が高崎市城南地区に一部が残って
いる。鎧兜を身にまとった武者やなぎなた隊に扮した市民が高崎
市街地を練り歩く「鎌倉街道武者行列」が開催されている。
@昨年・・・平成24年10月8日(月・祝)
10時…出発(高崎市立城南小学校)→琴平神社→中山道
  →シンフォニーロード→高崎市役所前広場
11時…出陣式(高崎市役所前広場)
愛宕公園(休憩)→白木稲荷神社で祈願式
12時50分…凱旋式(高崎市立城南小学校)
※雨天の場合は城南小学校体育館にて実施

★1馬上宿(駅)があったであろうが、武者行列は新田義貞が
 八幡神社→(高崎)→
★2佐野の船橋・・・万葉集に2つの和歌がある。

●佐野源左衛門常世・・・
 ★佐野一族の『綱』のない人間の戯言とも思えるが、
 ブログにはかいてみた。

箕輪初心★高崎:佐野源左衛門常世&「鉢の木」伝説の謎
http://53922401.at.webry.info/201310/article_1.html




★明日は和田一族の復刻版かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲2015高崎【旧高崎の歴史B中世前期:新田氏&鎌倉街道】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる