城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城M【加納矢崎城】&『清水一族の出自諸説と活躍』

<<   作成日時 : 2015/09/01 08:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

第14弾は南伊豆町の下賀茂の加納城=矢崎城である。加納矢崎は
後北条家家臣:清水太郎左衛門代々の本貫地である。加納矢崎城城
は清水上野介康英に代表される清水氏一族の平山城である。
地主さ
んは「スズメバチがいるので、私の庭からだけにしてください。危険で
す。」と親切に忠告してくださった。初代:清水定吉=盛吉をいう人物
の出自の諸説→2代目:清水綱吉と北条氏の関係→3代目:北条氏
bSの清水太郎左衛門(上野介)康英活躍→4代目:清水政勝=正
次について下田城・白水城に続き、さらに加筆して3度目の掲載を
する。

画像




〜〜〜最近の伊豆東街道シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲伊豆東街道@神奈川県小田原・早川・石橋・米神
http://53922401.at.webry.info/201508/article_19.html

箕輪初心:生方▲伊豆東街道A神奈川県:根府川・江の浦・真鶴
http://53922401.at.webry.info/201508/article_20.html

箕輪初心:生方▲伊豆東街道B湯河原町:土肥実平&湯河原温泉
http://53922401.at.webry.info/201508/article_21.html

箕輪初心:生方▲伊豆東街道C伊豆山〜熱海の旅&熱海の歴史
http://53922401.at.webry.info/201508/article_22.html

箕輪初心▲伊豆東街道D静岡県:宇佐美〜伊東市街
http://53922401.at.webry.info/201508/article_23.html

箕輪初心:生方▲源頼朝41【鎌田俊長】北条早雲と
伊豆の城11【伊東鎌田城】
http://53922401.at.webry.info/201508/article_24.html

箕輪初心:生方▲城ヶ崎海岸:ピクニカルコース&自然研究路の復刻版
http://53922401.at.webry.info/201508/article_25.html

箕輪初心▲伊豆東街道G【河津三郎の血塚】&『東伊豆町の温泉』
http://53922401.at.webry.info/201508/article_26.html

箕輪初心:生方:伊豆東街道H河津町&曽我物語復刻版
http://53922401.at.webry.info/201508/article_27.html

箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城K河津城跡:蔭山氏の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201508/article_28.html

箕輪初心:生方【開国の町:下田の観光名所勝手に20?】
http://53922401.at.webry.info/201508/article_29.html

箕輪初心:生方▲伊豆東街道J弓ヶ浜〜小稲〜神子元〜大瀬〜石廊崎
http://53922401.at.webry.info/201508/article_30.html

箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城K南伊豆町:白水城:清水一族詳細
http://53922401.at.webry.info/201508/article_31.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



===静岡県====
下田市〜南伊豆町下賀茂に寄り道〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆訪問日・・平成24年(2013) 8月28日 
【伊豆の城廻り&神子元ダイビング3泊4日】
2013/08/26
▲705河村城→▲706足柄城・竹之下の戦い→▲707葛山城→
(昼食:沼津港丸天)
★本居長世の碑→★若山牧水記念館・記念碑
▲708沼津城&三枚橋城→
△709本能寺=獅子浜城居館跡→長浜城3回目→
△710航浦禅寺・海蔵寺(鈴木
氏館)→△大瀬崎鈴木繁伴館→井田・・
○戸田の造船所→ 
※土肥温泉:みやもと泊

2013/08/27
▲711高谷城→△712富永氏館→○土肥金山&天正金鉱→
▲713八木沢丸山城→
○清泉寺=富永墓地→伊豆国市土肥支所→・・・
▲714狩野城→▲天桂寺&715柏久保城→伊豆国市役所・修善寺
湯ヶ島温泉:湯元館〜伊豆の踊子コース・トンネル・・七滝温泉
「天城荘」・・※弓ヶ浜温泉民宿:遊泊

2013/08/28
○寺巡り・唐人の吉・・
▲下田公園・716下田城→ペリー上陸地
▼神子元ダイビング・・・2本
▲717石廊埼城=白水城=長津呂城→漁港→石廊埼・・・
▲718矢崎加納城・・・※弓ヶ浜温泉民宿:遊泊

2013/08/29
▲719深根城→○玉泉寺(ハリスの居住地)
▼神子元ダイビング・・・・2本
13:30南伊豆町小稲・・・家19:30


●加納城=矢崎城
加納城跡は加納の矢熊にあり、標高約40~50mの山頂に位置している。
青野川と二条川の合流地点の西にある城跡である。

●城の西・南・北西など、登り口を探した。
・信号
画像

・東から
画像

・北西から
画像


●店で登り口を聞いた。
 ★やっと、登り口と地主さんの家が分かった。
  消防文書の北の家だった。
画像




●地主さん宅
画像

地主さんは
「スズメバチがいるので、私の庭からだけにしてください。危険で
す。」
と親切に忠告してくださった。
画像


●反対側はハウスであった。
画像



●Hpによると、
 尾根状の山頂には2つの郭及び空堀が残っている。保存状況は良好
 とあった。
  
★松井田城に一緒に行った埼玉の武蔵の五遁さんは
「下賀茂の加納矢崎城の地主さんから、@写真を撮らない、Aレポ
ート発信をしないことを条件に見せていただいた。自作の縄張り図
の欲しい方は・・」
とあった。

●感想 
@城跡の北側及南側は共に急峻なな崖・・自然の要害である。
A軍事的にも交通の要衝である。
B加納矢崎城は農地を治める絶好の場所であった。


●下賀茂温泉
画像

画像










・南北朝時代
  足利基氏からの海賊衆11人への書状
@土肥高谷城主:富永肥前守
 A田子小松城主:山本飛騨守
 B中立石坂城主:小沢隼人正
 C松崎沢谷城主:渡辺伊代守
 D雲見上山城主:高橋丹後守
E青野摩原城主:鈴木大和守
 F見作堤坂城主:進士美濃守
G三根金原城主:笹本豊後守
 H本郷氏島城主:志水長門守
 I月崎池原城主:御簾日向守
 J長津呂白水城:御簾三河守
 (★土肥神社『源基氏伝帖』=足利基氏)による城跡が記され
  ている。)

◆◆ 清水氏の出自 ◆◆
@備中清水氏説
  つまり、羽柴秀吉に備中高松城城主:清水宗治同族で
  あるかもしれない。
   (★ウィキペディア)
伊勢新九郎長氏=盛時は備中の出である。
備中伊勢氏説がある伊勢宗瑞(北条早雲)の関東下向に同行した
  と考えるならば、備中の備中清水氏の一族なのではないだろう
  か? 備中清水氏も平姓を名乗ってはいるが、本来は武蔵藤原系
  の難波氏(富士見市)の一族である。
  この説が妥当であろうと考えている。

A伯耆説
    (★伊豆水軍物語)
 
B下田本郷氏島城主:志水長門守の子孫説
  (★足利基氏の文書→※伊豆水軍物語:永岡治著の説)
後の下田城=鵜島城(=氏島城)・・・

Cその他の伊豆の土豪説

★「足利基氏伝状」などから、南伊豆の土豪出身という説もあるが、
 個人的には、伊勢新九郎長氏=盛時→北条早雲に従って伊豆に
 入ったのは、清水上野介康英の祖父にあたる人物であろうと
 いう説に賛成である。
 南伊豆の神社の棟札などによると本姓藤原氏を称している。
 伊豆の土豪であるならば、狩野氏→伊東氏→宇佐美氏&加藤
 景員・天野などの子孫ということになろう。
「ウィキペディア」や「武家列伝」には実名を知る史料ないと
 ある。「北条家家臣団」には、
 『初代:清水定吉』の名がある。
 「武家列伝」には、盛吉、吉■といったであろうと推察されると
 あった。
 また、惣領家の当主は代々、北条宗家の偏諱を与えられ、官途名は
 太郎左衛門尉、受領名は上野介を称した。
 初代:清水定吉・・綱吉・・・?康英・・・新七郎
                        直英(=正次?政勝?)
            吉連・・・・・・吉春
                    吉則
                    政広
            助左衛門
                   英吉・・・助太郎
    吉政・・・・・吉広
 (★Hp北条家家臣団』より引用)

@初代・・・清水定吉=盛吉
・永正12年(1515)北条氏康が生まれた。
  清水定吉の妻=清水綱吉の母?は北条氏康の乳母で
  あった。



A2代目・・清水綱吉(つなよし)
  北条氏綱から「綱」の字を賜っている。
   2代目は、清水綱吉である。
 清水綱吉&綱吉の弟:清水吉政?は北条氏綱の嫡男:北条家第
  3代当主である北条氏康の傅役・補佐役を務めて重用された。

 ・天文元年(1532) 清水康英が生まれた。

B3代目・・清水綱吉の子とされる清水康英は北条家第3代当主:
  北条氏康から偏諱を賜った。清水康英の「康」は、北条氏康から
  の一字を授与された。
  清水康英の弟:清水淡路守吉連が淡路守という受領名を賜った。

清水氏と北条家は強い関係にあった。

 
・戦国時代 
・???年 清水一族の本拠地は伊豆奥郡で加納矢崎城を築城した。
  築造年代については不明である。
「清水氏ノ久キ采地ナレバ蓋其親族ナラム」
  と記し、清水氏一族の城であろうとしている。
   (★『豆州志稿』)


・延徳3年(1491)
 4月堀越公方:足利政知が死
 7月 足利茶々丸は牢番を殺して脱獄し、潤童子と継母を殺して、
   事実上の公方となった。
  筆頭家老の韮山城主:外山豊前守、秋山新蔵人などの重臣を斬殺
  した。
・明応年間(1492〜1501) 清水一族は既に伊豆に住んでいた。
「伊豆国道者注文」の古文書(天理図書館所蔵)
   (★ウィキペディア)

・明応2年(1493)10月「堀越御館の乱」
  →腹違いの弟を殺したことに、伊豆の武士は猛反発。
   足利政元が足利義材を廃位して清晃を擁立
   ・・・清晃から足利義澄と改名した。
  足利義澄は伊勢宗瑞(北条早雲)に茶々丸討伐を命じた。
  伊勢宗瑞(北条早雲)の伊豆侵入を招いた。
  
  →伊勢新九郎(=北条早雲)は「不孝者・茶々丸の成敗」を
  大義名分に、伊豆の武士団を味方につけた。
  鈴木繁宗や松下三郎右衛門尉、大見の三人衆ら伊豆の豪族を従え
  ながら伊豆に攻め入った。

  10月、興国寺城にいた伊勢新九郎(北条早雲)は足利政知の子
  :茶々丸を急襲した。
新将軍・義澄の母(円満院)を殺した反逆者と見なされ滅亡した。

  清水一族は、北条早雲に協力した。
  はじめから、北条早雲についてきたとも考えられる。

・明応7年(1498) 深根城に伊勢新九郎(宗瑞=早雲)の軍勢が迫った
   とされる。
 北条早雲が率いる2000の軍勢は西伊豆松崎に上陸し、松崎街道を
 東進し、深根城を襲った。
 北条早雲は付近の民家を壊して堀を埋め、城内に斬り込んだという。
 多勢に無勢、関戸吉信は自決した茶々丸の首を抱えて城を脱した。
 関戸吉信は梨本(河津町)で自刃したという。
 関戸吉信の妻:尉奈の前(じょうなのまえ)=上杉憲実の娘も自刃した。
 そして、城兵と城内にいた老若男女全てが北条早雲勢によって殺され、
 首は城の周囲に晒された。その数、1000人といわれる。
 悲惨を極めた。

 ・大永3年(1523) 7月
   伊豆在庁文書の判物に清水綱吉の名がある。
   ★史料上の初見である。


・大永4年(1524) 北条氏綱が江戸城を攻略した。
伊豆西部には富永一族が水軍の棟梁として活動していたが、
   江戸城二の丸説(本丸説)の城代になった。
   以後、富永3代は60年、江戸城代を勤めた。
   富永氏は栗橋城代になってbRの位置を持っていた。

  北条早雲が伊豆へ入国した時から譜代の家柄であった。
  清水氏は小田原北条氏の伊豆衆21家の1人である。
  加納矢崎城(静岡県賀茂郡南伊豆町)を本拠としていた。
    

・天文元年(1532) 清水康英が生まれた。

・享禄5年(1532)
伊豆郡代:笠原綱信と伊豆奥郡代:清水綱吉が
  三島社奉行に連署している。
  つまり、清水綱吉三島神社奉行も兼ねていて、
  ここにも所領があった。
  小田原北条氏の伊豆支配の代行者であった。

・天文10年代・・・清水綱吉には没した。
清水太郎左衞門康英が跡を継いだ。


・天文21年(1552) 後北条氏3代目:北条氏康の命によって
  笠原能登守(松田康俊長男)が下田城を創建した(伝)。

・???年 玉縄衆の朝比奈孫太郎知明が入った。
  (★北条五代記)

・永禄2年(1559) 北条氏は兵力は約10000人であった。
 伊豆半島は小田原に本拠を置く後北条氏の支配下にあった。
清水康英は伊豆衆のなかでは最も多い847貫40文の知行役高
を有した
。(★Hp:武家列伝では)
伊豆衆(韮山城の隷下に編成された後北条家臣団)筆頭の大身で
  南伊豆の国人や水軍を束ねる要職であった。
清水康英は伊豆衆の中でも随一の実力者であった。
 伊豆衆29人衆の筆頭とされ、伊豆衆の中でも知行は最も多い
 829貫700文が与えられていた。
 (★『北条氏所領役帳』:伊豆水軍物語では)

 そして、所領の一部を弟:清水淡路守ら一族の被官に宛がった。
 伊豆衆として清水太郎左衛門・清水小太郎がいる。
 馬廻衆に清水弥左衛門・清水与三左衛門がいる。

 伊豆衆29人・・・
 清水太郎左衞門・・・・小浦12貫文
 清水太郎左衞門・・・・宇土金(下田)120貫文
清水小太郎・・・・・・河津30貫文
(★『北条氏所領役帳』)
 ★既に、清水父子は伊豆で3番目扶持が多かった。
  1位:富永弥四郎・・・・・1000貫文
   (江戸城代・栗橋城代・・・約8万石相当)
  2位:清水一族(河津分家)・・152貫文
  3位:朝比奈孫太郎知明・・・142貫文
  4位:北条幻庵・・・・・・・130貫文
  5位:大導寺一族の子ども・・120貫文
   大導寺政繁は河越城代・後松井田城代であったので、合計
   すれば、3万石相当?・・・
  
 さらに雲見の高橋、子浦の八木、妻良の村田、湯ケ野の西川、
 大沢の小針の諸氏や伊豆在地の小領主らを寄子・同心などを
 組織していた。

 
  @河越城の北条綱成
  A玉縄城の北条綱高
  B栗橋城の富永右衛門尉
  C下田城の清水康英
  D平井城の多目周防守(★鶴見青木城・上野国西牧城も兼任)
  (★山中城の三島教委員会では子ども多米出羽守が箕輪城城代)
  を5家老とした。
  指物の色がそれぞれ黄備・赤備・青備・白備・黒備の「五色備」
  の体制になっていた。
 (★『小田原旧記』:ウィキペディア)
 ★つまり、清水康英はbSの実力者であった。

  訴訟の裁決や政策立案を携る評定衆も務めており、北条氏康の参謀
  であった。評定衆として、北条家裁許印判状(虎朱印状)も発給
  しており、清水文書が現存している。
  (★清水文書:ウィキペディア)


・永禄12年(1669) 12月 蒲原城の戦い
   清水康英の長男:新七郎は、北条氏信らと討死した。
   次男:清水政勝が跡を継いだ。

・天正7年(1579) 清水康英は韮山城の城将となった。

・天正9年(1581)清水政勝は駿豆国境の長久保城主となった。
   (★後、豊臣秀吉が陣を置いた。)


〜〜〜おまけ:太田金山城〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・天正11年(1583) 金山合戦。
  北条氏照軍は金山城攻略戦を開始。 江田城・反町城から・・
  金山城に残った横瀬勘九郎&家臣は由良国繁・顕長の変換を
  要求した。
 →北条氏政は弟:北条氏照&氏邦ほか3500騎で金山城、館林城
  を包囲した。
  太田城下の金龍寺、足利の長林寺住職らの仲介で和議が成立。
  由良国繁は金山城を退去し桐生城に隠居した。
     
・天正12年(1584)1月1日
  唐沢山城:佐野宗綱が由良国繁&長尾顕長領を襲った。
  須花坂合戦・・・由良国繁が戦死した。
  戦勝報告・・重臣:久米伊賀守、横瀬勘九郎を小田原城に
  派遣した。

  由良国繁は金山城を北条氏に明け渡した。
  @金山北城=北郭に宇津木氏久
   A金山西城=西郭に高山遠江守定重
(★由良氏の家老・・・高山彦九郎先祖)
  B金山根郭=八王子砦?下に大井豊前守
(★佐久:大井→武田家臣:高崎根小屋城→北条家臣)
    ★宇津木氏久達が在番した。

・天正15年(1587)
8月6日 北条氏直は清水正次を金山城主に命じ、513貫561文を
     宛行した。

9月2日 北条氏直は清水太郎左衛門正次を派遣するため、
    10月中に城普請を終了させるよう宇津木氏久に命じる。
  (★群馬県氏)
  北条氏照(★北条氏康次男)は金山城には北条氏の家臣
  :清水太郎左衛門正次を派遣するため、
  10月中に城普請を終了させるよう宇津木氏久に命じる。
   (★宇津木家文書)
  C金山城本城に清水太郎左衛門正次
  (★群馬県史・太田市史)

  (★長野業政家臣で和田山の清水内匠守の嫡男
    →玉村に在住→・・・であろう。

  ★伊豆

  と以前私見で書いたが、
  清水太郎左衛門正次=清水太郎左衛門政勝かもしれない。


  清水政勝は同年の内に駿河国へ戻って葛山・長久保を領し、
  貫高も7474貫に加増されている。
  
  (★ウィキペディア)

 ★群馬県では清水正次を使っていて、
  静岡県・神奈川県では、清水政勝を使っていることになる。
  

清水政勝は上野国の太田金山城主となった。
 
 @城代・・・宇津木・高山・大井など・・・



 ※豊臣秀吉が「関東・奥羽惣無事令」を宣言。

・天正17年(1589)
北条氏直は宇津木氏久に小田原から金山城跡までの
 伝馬手形を与える。『伝馬1匹の乗り継ぎの許可』
 「北条氏直→倉賀野城主:併和伯耆守康忠
 (★もしかしたら、箕輪城代かも)→宇津木氏久へ」
 (★宇津木家文書・・地域文化:中島直樹著)

〜〜〜太田金山城〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●群馬『太田金山城』1回目=石垣の見事な100名城
http://53922401.at.webry.info/201311/article_8.html

箕輪初心★井伊直政家臣:宇津木
http://53922401.at.webry.info/201301/article_16.html

箕輪初心●旧太田の城31城一覧
http://53922401.at.webry.info/201304/article_1.html


箕輪初心●群馬『太田金山城3回目前編』
http://53922401.at.webry.info/201403/article_23.html

箕輪初心●群馬『太田金山城現地説明会20140316』
http://53922401.at.webry.info/201403/article_22.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



・天正16年(1588) 後北条氏は豊臣秀吉との関係が悪化した。
 豊臣秀吉と小田原北条氏の関係がさらに緊迫化してくると、
  北条氏は豊臣秀吉に備えて韮山城や山中城の修築を行った。
  同時に、下田に海の備えとして下田城を築城し始めた。


・天正17年(1589) 朝比奈知明が死亡した。
 朝比奈家は子がなかった。
そして、城将には伊豆衆を率いる清水太郎左衛門が配されたの
 であった。
  伊豆国は北部を笠原氏(山中城代:松田康俊の長男)、南部を
 清水氏が支配した。
 
しかし、既に関東以西は豊臣秀吉が統一していた。
 豊臣秀吉にとって「最後の敵」と呼べるのが後北条氏であった。
 豊臣秀吉との対決が避けられない状況が確実となった。
 西からの攻勢に備えるべく、軍港である下田の城が重要視された。
 豊臣秀吉の水軍勢は熊野九鬼水軍・安宅水軍・村上水軍・河野水軍
 といった西国諸水軍も吸収していた。
 伊豆半島を本拠とする後北条氏の水軍も戦時即応体制が求められ
 たからだ。
 後北条氏5代目当主:北条氏直は、南伊豆の地と水軍を掌握する
  清水康英に対して後北条水軍の母港となる下田城の再整備と
  拡充を命じたのである。

 清水康英は鵜島城をさらに修築した。
※先祖かいた本郷氏島城にちなんで、鵜島城と名付けた。
  (★伊豆水軍物語)
鵜島城=下田城は、標高68.7mに位置する鵜島山頂に主郭を置いた。
 3方向に伸びる尾根伝いに細長い曲輪を配置している。
 
 雲見(賀茂郡松崎町)の高橋氏や妻良(賀茂郡南伊豆町)の村田
 氏が戦闘準備のために入城した。
 そして、多数の武器・兵糧なども運び込まれた。
清水小太郎康英は下田城城主として伊豆水軍を率いた。

 後北条氏の戦略に基づいて、
  @下田という良港=水軍の出撃拠点とし
  て確保するために下田城が城郭として本格的に城が整えられた。
 A土肥の高谷城前から八木沢に港が建設され大型舟の入れる港を
   造った。また、丸山城を築城した、
  B長浜城の整備を強化した。
 B井田の真城(さなぎ)山に烽火台を造るように
  高橋家に命じた。
  ★これにより、内浦の長浜城〜土肥の丸山城〜下田城への
   西伊豆の烽火網は完備された。
 
北条氏直は
「豊臣秀吉軍は船働歴然ゆえ下田城を設けたのであり、康英は戦上手で
あるから一切任すのである。他人の差し出口は不要である。」
といった意味の手紙を送った。
 (★北条氏直の判物:清水文書)

   
8月 関白豊臣秀吉の裁定で、
   ・沼田城を含む沼田領の三分の二が北条氏の領土.。
   ・名胡桃城を含む三分の一が真田氏の領土。+伊奈
   →真田信幸は沼田城を北条氏直に渡す。
       名胡桃城は真田氏に残す。
     矢沢頼綱は沼田城から退去

10月 猪俣邦憲は南西の榛名峠城から名胡桃城を奪取(名胡桃事件)。 
北条氏邦の右腕で、沼田城主:猪俣邦憲は、名胡桃城主:
 鈴木主水の配下、中山城主:中山九兵衛を調略し、偽の
 真田昌幸からの手紙で、鈴木主水を城外に誘った。
南西の榛名峠城(=権現山城)から名胡桃城を奪取した。
鈴木主水は沼田の正覚寺で自刃した。(名胡桃事件)
※小田原征伐勃発の口火を切った城である。
{★名胡桃城の歴史・月夜野町(現みなかみ)教育委員会より}
  

 ●真田昌幸が徳川家康に苦情
    →豊臣秀吉は北条氏政に質問

11月21日 真田昌幸宛の豊臣秀吉からの書状
  「秀吉に上洛しない北条が、一部の部隊とはいえ、
   秀吉の裁断を破って真田領を侵した
   ことは〜〜〜。」と激怒。
12月 北条勢:猪俣邦憲は3方向からの岩櫃城攻撃。
岩櫃城周辺に大戸から攻撃。
    @中山口→横尾八幡城の戦い
    A白井口→中之条古城の戦い
    B大戸口→手古丸城占領→仙人窟陣城で監視
          (群馬県東吾妻町大戸)

箕輪初心●群馬【名胡桃城A】=北条氏滅亡のきっかけの城
http://53922401.at.webry.info/201202/article_22.html
★★箕輪初心●【横尾八幡城】
http://53922401.at.webry.info/201202/article_12.html

→豊臣秀吉の小田原征伐の口実・豊臣秀吉は北条氏追討の指令。
  猪俣邦憲が兵を撤退させた。 
   
※土肥の富永一族は江戸城の2の丸にいて、武蔵に8万石のbR
であった。富永一族には北条氏邦の右腕:猪俣邦憲がいる。
★猪俣邦憲は養子前は、江戸衆:富永家の一族:富永能登守助盛
 と名乗っていた。
★富永氏は西伊豆の土肥の豪族であると思われる。富永助盛は
富永政家→政辰の身内だと思われる。
富永一族は北条水軍の総裁であり、北条家のbRの支配地を持っ
ていた。推定8万石? 伊豆の土肥・武蔵も領国であった。
栗橋城や江戸城・・・・。 
★2015年の夏には富永一族を紹介したい。
  もう、文章は2年前の秋に書いてある。   
(★土肥の富永一族:土肥教育委員会)
名胡桃事件で、豊臣秀吉の小田原城攻撃をさせてしまった人物
である。(★関東古戦録:久保田順一訳)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●埼玉【猪俣4城】&猪俣邦憲=北条氏滅亡へ?
http://53922401.at.webry.info/201405/article_18.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しかし、現在、豊臣秀吉の勝手に攻撃した説が有力になりつつある。

 後北条氏は関東の大半を領有し、東国第一の大大名になっていた。
 

・天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原攻撃
3月 沼津を進発した豊臣の水軍が下田城を来襲した。
豊臣水軍は長宗我部元親・脇坂安治:九鬼嘉隆(くきよしたか)ら
 海戦上手の「海賊大名」である。3人を大将とする1万余りの
  軍勢で下田城を囲んだ。
長宗我部元親勢2500、九鬼嘉隆勢1500、脇坂安治勢1300という
 大軍であった。

 北条方の清水康英を大将としてわずか600余名の兵力であった。
伊豆下田城には清水康英、次男:政勝らが籠もった。
下田城の攻防戦が始まった。
  清水康英は手兵600余で約50日にわたって籠城した。

 下田城で籠城することにより豊臣方水軍は足止めされた
 後北条氏の小田原城への攻勢は影響を受けた=遅くなった。
 ★下田城の籠城は小田原城を防衛するための戦略に叶うものだった
 と考えられる。
 籠城戦においては、武蔵国(東京都・埼玉県と神奈川県東部)から
 城の副将として派遣されて来た江戸朝忠らが戦死した。
 城兵の抵抗は根強く、遂に力攻めでは落城しなかった。
 
 「清水康英は黒糸縅の鎧を着、1丈4尺の大旗を背に指し、盤手鴾毛
  という奥州南部産の駿馬にまたがり、8尺もある樫の棒を振り回し
 て、長柄のほこ先をそろえた敵陣へ割り込み、雑兵らをなぎ倒した。」
  武勇が伝わっている。
(『関八州古戦録』:ウィキペディア)
(『関八州古戦録下巻P169~170』:久保田順一訳)

  4月23日、50日後 
 脇坂安治や安国寺恵瓊らと起請文を交わし、降伏、開城した。
 (★高橋文書)

★1万以上の敵軍に対し、600の少兵で戦い抜いたことは賞賛に値
 する。

★鵜島城に篭もった清水康英は鵜島城落城とともに本貫地を失った。
加納矢崎城も豊臣秀吉軍の鵜島城包囲の前後に廃されたと考えられる。

清水康英は河津の林際寺に謹慎した。
 配下一同に下田籠城の苦労を謝して後日の立証を約束し、
 一端離別する旨の書状を書き送った。
 そして、菩提寺:三養院(現賀茂郡河津町川津筏場)へ入って
 隠棲した。

 関東・伊豆は豊臣秀吉の意向により徳川家康の領土となった。
徳川家康の関東移封に伴い、戸田忠次が下田城主となった。
徳川家康の家臣:戸田忠次が下田5000石を治めた。

7月5日 小田原城開城
  
7月11日 北条氏の滅亡。・・・

・天正19年(1591) 清水康英は没した。
清水康英の子:清水太郎左衛門尉政勝は小田原開城後に北条氏直
 に同行した
 その後、結城秀康に仕えた。
結城秀康は清水康英の2男や富永氏の長男・岡部一族・太田一族
 など多くの北条家臣を家臣に持った。伊豆水軍の話や江戸城の話を聞
 くのが大好きだったという。

加納矢崎城 - Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN
http://blogs.yahoo.co.jp/shouta059/9808970.html

〜〜〜戦国時代の伊豆・駿東〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲伊豆【堀越公方:足利政知館】→北条早雲&伊豆の城@
http://53922401.at.webry.info/201503/article_12.html

箕輪初心★北条早雲&伊豆の城A【北条早雲の生涯】復刻版
http://53922401.at.webry.info/201503/article_13.html

箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城B【韮山城】:早雲25年?
49年間の城?
http://53922401.at.webry.info/201503/article_14.html

箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城C【江川屋敷&江川郭遠望】
http://53922401.at.webry.info/201503/article_15.html

箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城D【狩野城】:狩野茂光築城?
http://53922401.at.webry.info/201503/article_27.html

箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城D【柏久保城】:狩野城攻略の城
http://53922401.at.webry.info/201503/article_28.html

箕輪初心★北条早雲の生涯=伊豆・相模国盗り物語
http://53922401.at.webry.info/201309/article_25.html

箕輪初心●静岡:韮山城&江川邸★江川太郎左衛門
http://53922401.at.webry.info/201106/article_17.html

箕輪初心▼相模&駿河【足柄城】:北条氏の武田氏対策の城
http://53922401.at.webry.info/201412/article_2.html

箕輪初心▼駿河:【深澤城】:今川義元→北条綱成→武田信玄
http://53922401.at.webry.info/201412/article_4.html

箕輪初心▲静岡裾野【葛山城】大森弟系葛山→北条綱成娘婿:
葛山広元→武田信玄6男
http://53922401.at.webry.info/201412/article_5.html

箕輪初心●静岡【興国寺城】:北条早雲築城→今川→
北条の塀和→武田信玄
http://53922401.at.webry.info/201412/article_6.html

箕輪初心●静岡:韮山城&江川邸★江川太郎左衛門
http://53922401.at.webry.info/201106/article_17.html

箕輪初心:生方▲北条早雲&伊豆の城E:深根城
http://53922401.at.webry.info/201507/article_17.html

箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城G【下田城】:水軍の城
http://53922401.at.webry.info/201507/article_22.html

箕輪初心:生方▲源頼朝41【鎌田俊長】北条早雲と
伊豆の城11【伊東鎌田城】
http://53922401.at.webry.info/201508/article_24.html

箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城K河津城跡:蔭山氏の詰め城
http://53922401.at.webry.info/201508/article_28.html

箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城L南伊豆町:白水城:清水一族詳細
http://53922401.at.webry.info/201508/article_31.html




★明日は???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲北条早雲と伊豆の城M【加納矢崎城】&『清水一族の出自諸説と活躍』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる