城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方【変わってきた我が家の盆行事】

<<   作成日時 : 2015/08/17 06:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

8月13日夕方。お盆に入る時(入り盆)に迎え火をする。迎え火
で先祖の霊をお迎えする。→仏壇に線香をあげ、仏壇にお供え
物をする。生花・果物・箱菓子などを置く。3泊4日間は、家でご
先祖の御霊と共に過ごす。朝食は『ぼた餅』・昼食は『うどん』
・夕食は『御飯』と質素な食事と決まっていた。しかし、今では
大きく変わってきた。8月16日、ナス・きゅうりで、ご先祖様が
馬に乗って帰れるように、割りばし・木の枝を4本刺し、馬に
見立てて作る。家の近くで円錐状の麦わらに火をつけ、送り
火でまた仏界へと送る。そして、墓に行き、○○家の墓に線
香を団子を置き、墓石の上から水をかける。というのが我が
家のおおよその盆行事である。
画像



【0】8月11日
 私の家の畑@  
ナス・キュウリ・トマト・ネギ・ピーマン・唐辛子・ニンジン・
 インゲン・タマネギ
 お盆前日にラッキョウ堀をした後。インゲンの種まきもした。

 そして、小豆を水にしたした。


【0】8月12日
  私の家の畑A・・・カボチャ・スイカ・ミョウガ・山椒
 お盆前日にミョウガは採った。
ミョウガは物産所に出荷した。

●私の家
オミナエシ(女郎花)が咲いている。
画像

 ★これも切り花にして花瓶にさす。
  ほかにテッポウユリ、ヨツバヒヨドリ、薔薇など家や家の
  近くで調達できる花を供える。さあ、準備ができた。





◆◆ 我が家の迎え盆〜お盆〜送り盆 ◆◆


【1】8月13日
●自宅・・・
昨年までは、仏前の両脇に細い真竹を立て、既に刈って乾して
ある葦で七五三縄を編む。それを両脇の竹に結び、紐に杉の葉を
ぶら下げる。張り出した仏壇の上にゴザ=御座を敷く。
新盆の家だけがしていたが、我が家はずうっと、丁寧な仕事を
していた。

でも、今年は
「葦を取りに行くのがめんどうだ。」
と言って、止めてしまった。



母はことことと小豆を煮ている。

17:00 迎え盆
家のけえど(群馬の方言=街道の意味)で麦わらを円錐状にして、
  火をつける。
  以前はお盆に入る時(入り盆)にナス・きゅうりで、ご先祖様が
  馬に乗って早く来られるようにと、割りばし・木の枝を4本刺し、
  馬に見立てて作って迎え火をした。迎え火は ご先祖の霊を
 お迎えする風習であった。
  
 
 ★しかし、何年か前からか、麦わらを燃やす風習だけに
  なってしまった。


  燃えている途中で、先祖が帰ってくる自分の家の方角に倒す。
  線香に火をつけ、それを持って帰る。
  
画像


 ・家の仏壇の線香立てに立て、礼拝する。

画像


そして、張り出した仏壇の上にゴザ=御座にお供えするもの
  をするはずだった。昔はかなり堅苦しかった。


  ★でも、今年は仏壇の一部に生花・仏壇の前に果物(梨
   ・プラム・桃・葡萄・メロン)・野菜(カボチャ=唐茄子・トウモ
  ロコシ)・弟が買ってきた箱菓子:東京バナナ・榛名の卵太郎
  のカステラなどをお供えをした。
    今は生前好きだった物:酒、後で家族が食べられる物を
  置いている。
  
画像


  
 3泊4日間は、家で先祖の御霊と共に過ごす。
  かつては、期間中、「@針仕事禁止・A魚や肉を食べるのは禁止
 ・B水の中に入るのは禁止」など、してはいけないことがあった。

@「針仕事禁止」
昔はお盆の行事の七夕が含まれていた。
  七夕は織姫のように女性が針仕事の上達を願う風習があった。
  しかし、女性もお盆の時はぐらいは針仕事を休んで、先祖と一緒に
  過ごそうという慣習に変わっていった。
 7月7日の七夕と8月15日のお盆が別の年中行事になった。
  ★今では、盆と正月は朝から酒を飲んで過ごそうみたいな?
  弟は酒を飲んでいる。


A「魚や肉を食べるのは禁止」
お盆は仏教の行事である。「仏になった御先祖をお迎えする。」
従って、「殺生はいけない。」「肉・魚・卵も食べない。」
  つまり、「野菜中心の精進料理を食べなければ、いけない。」
  のである。

 ★しかし、弟は毎年、釣り堀に行って、ニジマスを釣り、内臓
  をさいて貰う。弟達は昼間からビールを飲んでいる。
  まるで、お盆の年中行事のように・・・
 
 ★今では、我が家も刺身料理・寿司を買ってきて、客をもてなす
  ようになった。マグロ丼&サーモン・アワビ・・・

画像



B「水の中に入るのは禁止」
昔は「川に入ると悪霊に足を引っ張られて溺れてしまう。」と言われ
 ていた。実際、お盆は親戚が集まったり墓参りなどで忙しく、水の
 事故が起こりやすい。従って、戒めとして、生まれた慣習であった。
 ★ところが、我が家、妹達はプールに行った。・・・・・



【2】8月14日
仏壇に線香を・・
 

朝食は『あんこのおはぎ=ぼた餅』
 小さな配膳台に5つの小さな金属の器にぼた餅を供える。
 そして、しんぜたぼた餅を食べる。
 ★しかし、私はぼた餅が嫌いなので、白御飯で食べる。
 
画像


 里芋の葉の上に、ナスで作った馬を作る。
 ナスに棒の足4本、トウモロコシの毛で作った尻尾
 作り、仏壇の前に供える。

画像

昼飯は『うどん』と決まっている。
 そして、小さな配膳台に5つの小さな金属の器にぼた餅を供える。
 昔は手打ちうどんだった。小麦粉を捏ね、2つ折にした大きな
 米の入っていた紙袋を足で踏む。それを1m80cm×1m20cm
 の大きな板にので、麺棒で伸ばす。平たくなった円形の小麦粉を
 幅10cm程に幅広の包丁で切る。それをうどん・そば切り機で、
 手回しして、割り箸状にする。それを茹でた。昔は旨かった。
  
画像

 ★今年は買ってきた讃岐うどんを茹でて、めんつゆでうどんを
  食べている。家の畑で穫れたミョウガ&シソ・練り生姜で
  食べる。旨いのだ。
しんぜた御供物のうどんを食べる。


夕飯は『御飯』
  おかずは
  かつては野菜限定であった。
  いつしか自由になり、・・
  ★今日はたまたま中国産『うな丼』・刺身など・・・
画像

画像



【3】8月15日・・終戦記念日。
・仏壇に線香を・・

朝食は『きな粉のおはぎ=ぼた餅』
 小さな配膳台に5つの小さな金属の器にぼた餅を供える。
 そして、しんぜたぼた餅を食べる。

 しかし、私はぼた餅が嫌いなので、白御飯で食べる。
 そして、しんぜた御供物:ぼた餅を食べる。
画像

 ★母は先祖のほかに外の方の霊を慰めるという。

12:00 黙祷

昼飯は『うどん』と決まっている。
小さな配膳台に5つの小さな金属の器にうどんを供える。
  かつては手打ちうどんだった。
  しんぜた御供物うどんを食べる。

 ★ガトーフェスタ・ハラダにも小麦粉を出荷している
  大間々(みどりの市)の星野麺業の干しうどんがだ。
  私はあまり好きではないが、父が大好きなのだ。


夕飯は『御飯』
おかずは
  かつては野菜限定であった。
 
 ★ いつしか自由になり、・・
  今日は『焼きそば』・『焼き鳥』・刺身・寿司などを食べた。

画像





【4】8月16日・・送り盆
米粉を丸め、茹でて球をを作り、真ん中を押した団子を
 作る。


朝食は『あんこのおはぎ=ぼた餅』
小さな配膳台に5つの小さな金属の器にぼた餅を供える。
 そして、しんぜたぼた餅を食べる。
 
 ★しかし、私はぼた餅が嫌いなので、白御飯で食べる。


朝食後、
提灯・蝋燭・里芋の葉・刻んだミョウガ・円錐状の麦わら・
 マッチ・水・米粉の団子・水の入ったやかん・線香一束を
 用意する。

画像

 里芋の葉の上に、ナスで作った馬を見立てる。
 ナスに棒の足4本、トウモロコシの毛で作った尻尾。
御先祖様が馬に乗って帰るのだそうである。


家のけえど(群馬の方言=街道の意味)で麦わらを円錐状にして、
 火をつける。
画像

  燃えている途中で、墓の方角に倒す。
一束の線香に火を燃えている麦わらから火をいただく。
墓に行く。
画像

身内の墓全部に線香と団子を置き、墓石の上から水を注ぐ。
霊を慰め、感謝して・・・・
画像

しかし、身内の中には、仏が生前好きだった酒&ビールを供えて
いる親戚もいる。・・・いい供養である。

お盆が終わる。


●夜・・・花火
画像

画像

1日遅れのちょっとだけ、精霊流しのような
雰囲気で・・・先祖の霊を慰める


それからの毎日朝、線香はあげているのだ。
  初物もお供えしている。


★明日は?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方【変わってきた我が家の盆行事】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる