城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方「U子のいる中島飛行機小泉製作所&高崎空襲」

<<   作成日時 : 2015/08/12 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成27年(2015)8月12日航ジャンボ機が群馬県上野村の「御巣
鷹の尾根」に墜落して30年・・・追悼式があった。
昭和19年(1944)、U子は群馬県太田市(旧大泉町)の中島飛行機
小泉製作所に事務員として勤めていた。昭和20年(1945)になると、
アメリカ軍に占領されたマリアナ諸島(サイパン島、テニアン島、グア
ム島など)から飛来する大型爆撃機B-29によって、日本本土空襲が
本格化してきた。中島飛行機小泉製作所が第一攻撃目標となった。
伊豆諸島上空→千葉の木更津上空→東京湾上空→東京上空→
(中島飛行機武蔵製作所:誉エンジンの製作)→利根川上空→
(埼玉)→藤岡上空→高崎上空→▲観音山を目印に、上空で右旋回
→前橋・伊勢崎上空→太田市(旧大泉町)の中島飛行機小泉製作所
→太田製作所コースとなっているようだ。中島飛行機小泉製作所
(現富士重工)は愛知の三菱の零戦より、生産が1.5倍・・・圧倒的
に多かった。アメリカ軍の第一攻撃目標になったのだ。

画像



〜〜〜太平洋戦争史シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▽太平洋戦争史@【日中戦争〜真珠湾攻撃〜東南アジア侵攻】
http://53922401.at.webry.info/201201/article_5.html

箕輪初心◆太平洋戦争史A【東南アジア・オセアニアへの破竹の侵攻】
http://53922401.at.webry.info/201201/article_6.html

箕輪初心◆太平洋戦争史B【日本の侵略最高潮→連合軍の反撃】
http://53922401.at.webry.info/201201/article_7.html

箕輪初心剔セ平洋戦争史C【マリアナ諸島→レイテ→硫黄島→沖縄→
本土→原爆】
http://53922401.at.webry.info/201201/article_8.html

★★ 箕輪初心◆広島の原爆投下 
http://53922401.at.webry.info/201105/article_23.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米軍日本を初空襲、第一目標は中島飛行機のエンジンだった
…地方記者の原稿録GH
http://srkanemaru.at.webry.info/200710/article_8.html

中島飛行機株式会社その軌跡
http://www.ne.jp/asahi/airplane/museum/nakajima/nakajima31.html

中島飛行機・小泉製作所日誌:松本秀夫著

歴史読本
画像



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◆◆ 中島飛行機株式会社の飛行機 ◆◆
【1】日本陸軍向けの飛行機
・昭和9年(1934) 九四式偵察機
・昭和11年(1936) 九七式輸送機
・昭和12年(1937) 九七式戦闘機
・昭和15年(1940)   一〇〇式重爆撃機 「呑龍」
・昭和16年(1941) 一式戦闘機 「隼」キ-43
 総生産機数5,700機は陸軍1位の生産数である。
  「加藤隼戦闘隊」などの映画も作られた。
  運動性能がよく航続距離も長かった。
  武装は機首の機銃2丁のみという欠点があった。
  陸軍から九七式戦闘機を最大速度と航続距離を大幅に増大させる
  新型戦闘機の試作命令が出た。
.・昭和17年(1942) 二式単座戦闘機 「鍾馗」
.・昭和18年(1943) 四式戦闘機 「疾風」キ84甲
「疾風」は実質上の「世界一の戦闘機」という名誉が与えられた。
  アメリカのムスタングもイギリスのスピットファイヤーもドイツ
  のメッサ・シュミットよりも高い高度からの「一撃離脱」は優れ
  ていた。「空中戦」は小回りが利かなかったので得意でなかった。
  エンジンは誉搭載・・中島四式 ハ−45 2000hp
  最高速度 時速624km・・日本製戦闘機の中では最速である。
  航続距離 2500km
 武装   12.7mm砲を2門 20mm砲2門
速度・武装・防弾・航続距離・運動性・操縦性・生産性のバランス
  が取れた傑作機であった。日本陸軍最強の戦闘機であった。
  戦争末期には物資不足の中で本来の2000馬力の誉エンジンに不調が
  次ぎ、運転制限を行ったまま戦わなければならず、末期の
  特別攻撃に駆り出された機体もあった。

・昭和20年(1945)
  高々度戦闘機(試作)キ87
  戦闘襲撃機 「火龍」(試作)キ201
  爆撃機「富嶽」
  長距離重爆撃機(計画)
  特殊攻撃機 「剣」(試作)キ115

【2】日本海軍向け飛行機
戦闘機
・昭和3年(1928) 三式艦上戦闘機
・昭和5年(1930) 九〇式艦上戦闘機
・昭和11年(1936) 九五式艦上戦闘機
          九五式水上偵察機
・昭和12年(1937) 九七式艦上攻撃機
・昭和13年(1938) 十三試陸上攻撃機「深山」(試作)
・昭和15年(1940) 零式輸送機(ダグラス DC-3)
  昭和飛行機との並行生産
・昭和17年(1942) 二式水上戦闘機
二式陸上偵察機
・昭和18年(1943)
  @夜間戦闘機「月光」
大型の機体は戦闘機としては不合格で偵察機に転用。
  夜間爆撃機対策として斜銃:機体の上方または下方に30度前後の
  仰角を付けて装備された20mm機銃を装備。
  アメリカ重爆撃機B-17を撃墜。本土に来襲するB29迎撃にも使用
  された。
A十八試局地戦闘機「天雷」(試作)
B艦上攻撃機「天山」
C十八試陸上攻撃機「連山」(試作)
D「富嶽」(計画)
・昭和19年(1944) 艦上偵察機「彩雲」
・昭和20年(1945) 特殊攻撃機「橘花」(試作)

中島飛行機は三菱内燃機の設計である九六式陸上攻撃機と零式艦上
 戦闘機のライセンス生産も行っていた。
 零戦の設計者は群馬県藤岡出身の堀越二郎である。
 『風立ちぬ』(2013):宮崎駿で有名になった。
 製造者:三菱重工業であった。
 昭和14年(1939)7月〜昭和20年(1945)に生産数:10,430機が製造
 された。
  中島飛行機の零戦は、生産期間が1年以上短いが、全体の約3分の
 2を生産した。

@昭和15年(1940)7月零式艦上戦闘機二一型→
画像

 (★無料画像より)
533.4km/h ・高度4,700m
航続距離2,200 km
  アメリカのムスタング・イギリスのスピットなどの戦闘機に対し
  優勢に戦った。
A昭和18年(1943)4月零式艦上戦闘機五二型→
・最高時速565km・高度6,000m
・翼内20mm機銃2挺(計200発)
・機首7.7mm機銃2挺(計1400発)
60kg爆弾2発

B昭和20年(1945)4月零式艦上戦闘機五四型
・最高時速572.3km・高度6,000m
・翼内20mm機銃2挺(計500発)
・翼内13.2mm機銃2挺(計480発)
・60kg爆弾2発 か500kg爆弾1発か30kg小型ロケット弾4発
  のどれかを搭載できる。



【3】民間向けの飛行機
・昭和11年(1936) 旅客機 - AT-2
(★中島知久平・ウィキペディアより編集)





◆◆ 群馬の空襲と中島飛行機の歴史  ◆◆

●大正6年(1917) 群馬県太田町に創立された。
●昭和13(1938) 5月 東京都北多摩郡武蔵野町西窪に武蔵野製作所
が増強建設された。

●昭和14年(1939) 機体生産状況は、九四式偵察機、九七式輸送機
(AT-2)、九七式戦闘機、九七重爆、九五水偵、九五艦戦、九七艦攻、
九○練戦等が引続き量産された。この年、飛行機の生産台数は合計
 1000機を越えた。
 また、一○○式重爆撃機:「呑龍」の試作機が8月には完成した。
以後790機生産された。
 
●昭和16年(1941)11月 多摩製作所が増設され陸海軍に分かれて
  生産を行った。

●昭和18年(1943)10月 2つの製作所が合併して武蔵製作所とな
 った。
 武蔵製作所は中島飛行機のエンジン工場で「誉」などを
 造っていた。
・・・国内第一の航空発動機工場となった。
 小泉製作所は昼夜の2直操業を行った。
 また、宇都宮にも飛行機生産工場があった。 
 従来の従業員に日本全国からの徴用工員男女動員学徒
 を加えて、45000人にも及んだ。
 
  

●昭和19年(1944)
3月 17歳のU子は高崎の学校に通っていた。・・・
   しかし、学校の全員が軍事工場へ行かされた?

4月 U子は群馬県旧大泉町の中島飛行機小泉製作所の
   事務員として住み込みで勤め始めた。
U子の仕事は飛行機の部品の納入状況、飛行機の生産状況、
飛行機の強度などメンテナンス状況を一覧に記録すること
だった。

7月 アメリカ軍はマリアナ諸島(サイパン島、テニアン島、
  グアム島など)を占領した。
 
11月〜 B-29「スーパー・フォートレス」が飛来。
   日本の都市爆撃を行い始めた。

・11月24日 アメリカ軍は中島飛行機武蔵製作所を攻撃した。
  初めての攻撃であった。

・12月 小泉製作所での飛行機生産台数は最大の3500機であった。


●昭和20年(1945)
◆ アメリカ軍に占領されたマリアナ諸島(サイパン島、テニアン島、
  グアム島など)から飛来する大型爆撃機B29によって、日本本
 土空襲が本格化してきた。   

・1月 〜終戦まで
中島飛行機のエンジン工場であった武蔵製作所の相次ぐ空襲、
  東京や日立方面の部品工場の爆撃により、生産計画はままなら
  ぬものになっていった。
つまり、部品工場の空襲により、生産工場の太田製作所や小泉
  製作所は次第に資材不足になっていった。

  小泉製作所は武蔵製作所の空襲、次第に資材不足になっていった。
  
  
  代替の材料での品質低下と納入遅延に繋がっていった。
  
  また、小泉製作所は熟練工は兵役に召集となり素人徴用工が主体
  になっていった。
  飛行機の航続距離も当然落ちて、戦闘能力不足になった。
  
武蔵製作所は十数回の爆撃を受け爆弾500発以上が命中し、
 200人以上の死亡し、500人以上の負傷者を出して、工場は全く
  の廃墟と化した。

太田製作所や小泉製作所の周りにも発動機などの関連工場は
あったが、生産力は急激に衰えていった。
福島氏の叔父も新田?の発動機工場の熟練工であった。
  小池さんの足利の叔父も小泉製作所の熟練工だった。




◆2月10日 
  昼、アメリカ軍はU子の娘の義理の母がいる東京都大田区を空襲
 した。無事だった。・・・義母は疎開した。
  夕刻、U子のいる中島飛行機小泉製作所を空襲された。
初めてのアメリカ軍の小泉製作所の攻撃であった。
サイレンが鳴った。うーーーー。
「空襲警報。・・・全員、防空壕に避難してください。」
と館内放送が流れた。
U子は、必ず、ここも攻撃されると思っていた。
「急ごう。」
と新井課長はみんなを促した。
工場の周りにはいくつも防空壕があった。近くの農家の人が
強制的に防空壕を掘らされていたからである。
U子は10分ほど歩いた防空壕に逃げこんだ。
B-29爆撃機84機から約170tの爆弾と焼夷弾が投下され、通常爆弾
  97発が工場に命中した。
  生産途中にあった疾風が74機が破壊された。
  従業員全員が避難して被害はなかった。
  U子が戻ると、事務所の窓ガラスが爆風でかけていた。
  みんなでガラスの破片を片づけた
  
 →群馬県太田市も太田製作所を中心に空襲された。
B-29:118機のにより、152人が死亡し、2139人が被災した。


○2月11日〜 
  前橋飛行場は土盛り式の掩体壕の製造開始した。
    

○2月15日 前橋飛行場に中島飛行機の分工場が建設された。
      疾風の製造を開始された。

○2月下旬? 前橋飛行場にアメリカ戦闘機への対空
  機関銃座の設置された。



◆2月25日 アメリカ海軍艦載機が来襲し、U子のいる小泉製作所を
空襲した。→太田製作所も空襲された。
 太田製作所に111発の通常爆弾を投下し43発が東半分の建屋を中心に
命中し、組立中の銀河43機に損害がでた。更に治工具に被害が及んだ。
 その後の銀河の生産が極めて困難となった。
 また、死傷者も21名に及んだ。

福島氏の叔父は
「パラシュートで降りてきたアメリカ人をみんなが竹やりで、
 寄ってたかって、突き殺した。」
 のを目撃したという。




03月10日 東京大空襲
 B-29爆撃機279機が通常爆弾、焼夷弾など38万発、1,700tを投下
 した。低空夜間絨毯爆撃をした。
 死者は8万人以上、焼失家屋約27万戸と被害甚大であった。
 アメリカ軍の損害はB-29損失12機、損傷42機であった。

03月12日 名古屋大空襲
03月13日〜14未明 大阪大空襲
 3987名の死者と678名の行方不明者が出た。

03月16日 神戸空襲

03月17日 硫黄島の日本軍守備隊が玉砕。
03月25日 名古屋大空襲

04月01日〜6月23日 沖縄戦
04月01日 アメリカ軍が沖縄に上陸。

▲4月03日 アメリカ軍はU子のいる小泉製作所を空襲した。
 既に全員が避難していた。
B-29が通常爆弾24発と焼夷弾4発を投下し、約半数は工場に
 命中して板金工場が壊滅的損害を受けた。
 さらに太田市を空襲した。
           

◆4月04日 アメリカ軍はU子の娘の義母のいる東京都大田区
 を空襲。
 →B-29約100機が、U子のいる小泉製作所に隣接する小泉飛行場
 を中心とする空襲を行った。
 U子の隣を戦闘機グラマンの機銃掃射で2列が通り過ぎた。
 だだだだだだだ・・・・バリバリと音がした。
 大きな被害が出た。
  
→群馬県太田市も空襲した。


04月05日 ソ連が「日ソ中立条約を延長しない。」と通達してきた。
 小磯国昭内閣総辞職した。

04月06日 菊水作戦発令 (菊水一号作戦)
      日本軍が沖縄方面に第1次航空総攻撃開始。

04月07日 アメリカ海軍航空隊の空襲で
       戦艦:大和炎上→沈没。
 アメリカ海軍航空隊の空襲で戦艦:大和炎上→沈没。
 ★U子の娘の義父(海軍兵学校→東大法学部卒)は広島の
  呉にいた。戦艦:大和の組員であったが、眼が悪かったため、
  出航前に戦艦:大和の組員から除外されていた。・・・
  ★U子の尊孫・・生きて良かったね。

  沖縄水上特攻部隊(第2艦隊)が崩壊。
  

●鈴木貫太郎内閣が成立。

04月12日 アメリカのルーズベルト大統領急逝。
→後継に副大統領ハリー・S・トルーマン。

04月23日 身内:市二上等兵・・・
 フィリピンのマニラの北200kmバギオ・ポンドック道北
 200kmで戦死。
  (★手紙・・・昭和19年11月25日) 
「出征警備の為、忙しく・・手紙などが到着いたすか
 どうかが分かりません・・・。聖戦ですが、・・・
 遺書ともつかないお便りですが、ご機嫌よろしく・・
 御両親様へ」
「150円を学費に使ってくれ。〜〜〜。
 ○○ 必ず、人に負けるな。」と
 メッセージもあった。

また、本家の人もパプアニューギアのマダン近くで
 戦死したそうである。


8月16日は墓参り・・・霊を慰めてこよう。
 

○4月6日 前橋飛行場→新田原飛行場から沖縄へ出撃した。
    隊員36名中、出撃前の事故で3名、
    3度の出撃で26名・・・合計29名が戦死した。




▲4月27日 アメリカ第1回目標選定委員会
東京都区部、横浜市、名古屋市、大阪市、京都市、神戸市、八幡市、
長崎市。
17都市などが研究対象。
東京湾、川崎市、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、
呉市、下関市、山口市、八幡市、小倉市、熊本市、福岡市、長崎市、
佐世保市。

04月30日 ドイツ総統ヒトラー自殺。
05月02日 ベルリン防衛軍司令官降伏(ベルリン陥落)。

05月02日 アメリカ軍がミンダナオ島のダバオを攻略
       イギリスのインド軍がビルマのラングーンを占領。
05月07日 ドイツ大統領カール・デーニッツ無条件降伏
  →ナチスドイツが滅亡。
05月08日 ドイツ陸海空軍代表がベルリン郊外カールスホルストで
       降伏文書に調印。

05月14日 鈴木内閣がソ連を仲介とした終戦工作を決定。
      名古屋大空襲

05月16日 マレーシアのペナン沖海戦

▲15月10日〜アメリカ第2回目標選定委員会、
8月初めに使用予定の2発の原子爆弾の投下目標
1.京都市:AA級目標
2.広島市:AA級目標
3.横浜市:A級目標
4.小倉市:A級目標
※3つ基準。
@直径3マイルを超える大都市にある重要目標であること。
A爆風によって効果的に破壊しうるものであること。
B8月まで爆撃されないままでありそうな目標であること。

▲5月28日 第3回目標選定委員会、
京都市、広島市、新潟市に投下する詳細な地点の決定された。
投下地点は、気象条件によって、基地で決定する。
投下地点は、工業地域の位置に限定しない。
投下地点は、都市の中心に投下し、1発で完全に破壊する。
原子爆弾投下目標都市への空爆の禁止が決定された。


05月29日 小沢冶三郎中将が連合艦隊司令官に就任。


05月29日 横浜大空襲。

       横浜市街地半分が消失。

▲6月1日、暫定委員会(委員長:スチムソン陸軍長官)は、
@原子爆弾は日本に対しできるだけ早期に使用すべきである。
A軍需工場に対して使用すべきである。
 その際、原子爆弾について事前警告もしてはならない。
 と決定した。
目標都市から京都が第一候補地になった。

▲6月14日、京都市が除外された。
@スチムソン陸軍長官は京都を訪れたので、強く反対した。
 A京都には千数百年の長い歴史があり、数多くの価値ある日本
 の文化財を破壊する可能性のある。戦後、日本国民より大きな
 反感を買う懸念がある。
 結果・・・・目標が小倉市、広島市、新潟市となった。
 


06月08日 御前会議で本土決戦の方針の確認。

▲6月16日〜終戦まで、アメリカは通常兵器による空爆を再開。
      中小都市への焼夷弾爆撃。


06月18日 沖縄の第32軍組織的抵抗が終了。
06月19日 静岡大空襲(〜20日)
06月22日 御前会議で、終戦工作促進の確認
06月23日 義勇兵士法公布
       15〜60歳の男性&17〜40歳の女性
06月26日 国際連合発足(加盟50カ国)。     

▲6月30日 アメリカ軍統合参謀本部:マッカーサー将軍、ニミ
  ッツ提督、アーノルド大将宛に、原子爆弾投下目標に選ば
  れた都市に対する爆撃の禁止が指令された。

06月30日 花岡事件(秋田県花岡鉱山で強制連行された
       中国人労働者が蜂起)

▲7月3日 アメリカは原子爆弾の効果を確認するには最適として、
  再び京都市が候補地とした。


07月05日 第1次横手空襲

07月10日 仙台空襲

▲7月10日 アメリカの航空母艦から飛び立った小型艦載機230機余りが
 群馬県内各地を空襲した。高崎も」初めて空襲された。
 早朝から、空襲警報発令・・・再三にわたり多数の艦載機:グラマン
 が来襲した。
 高崎の北通町の本元寺や田町、羅漢町などが機銃掃射やロケット弾で
 攻撃され多くの死傷者が出た。


高崎市旧群馬町の菅谷飛行場(現高崎イオン周辺)もアメリカ軍艦載機
  グラマンの空襲を受けた。常陸教導飛行師団第2教導飛行隊の戦闘機
 29機(九七式戦闘機15機・一式戦闘機9機・二式複座戦闘機3機)、
 操縦士67名と、航空輸送部第9飛行隊前橋派遣隊が配置されていた。
 しかし、戦闘機による迎撃はなかった。対空射撃もほとんどない状態で
 あった。艦載機による爆弾・ロケット弾による攻撃で航空機や掩体壕は
 破壊され、飛行場周辺が興廃した。
  民間人の母子2人が戦闘機:グラマンの機銃掃射を受け死亡した。
  多くの負傷者が出た。


07月12日 宇都宮空襲
中島飛行機の宇都宮工場が標的の中心であった。

07月14日 函館空襲(〜15日)
07月14日 北海道空襲
07月14日 釜石艦砲射撃
07月15日 室蘭艦砲射撃
07月15日 小樽空襲

▲7月16日 アメリカが原子爆弾の実験に成功し、マンハッタン
      計画が完成した。

07月18日 ソ連が近衛特使の「終戦工作」受け入れを拒否

▲7月20日 アメリカはパンプキン爆弾による模擬原子爆弾の
       投下訓練が開始した。

▲7月21日 ワシントンのハリソン陸軍長官特別顧問からポツ
  ダム会談に随行してドイツに滞在していたスチムソン陸軍
  長官に対して、「京都を第一目標にする。」ことの許可を求
  める電報があった。
  スチムソンは「許可しない。」と返電をした。
  結果・・京都市の爆撃投下の除外が決定した。

▲7月24日 アメリカは長崎市を目標に加えた。

▲7月25日 アメリカのトルーマン大統領が原子爆弾投下の
 指令を承認した。
 ハンディ陸軍参謀総長代行からスパーツ陸軍戦略航空隊総
 指揮官宛てに原子爆弾投下が指令された。
「広島・小倉・新潟・長崎のいずれかの都市に8月3日以降の
 目視爆撃可能な天候の日に「特殊爆弾」を投下する。」
 ※7月25には原爆使用を決定し投下命令を下されたのである。

●07月26日 ドイツのポツダムで英・米・ソ首脳会談〜〜〜〜
 ポツダム宣言発表→日本は無視。黙殺。

  (★ポツダムの会議場所の写真が見つからない。)


内容・・・日本軍の壊滅や軍国主義の排除などを要求しており、
 戦争に降伏しない場合には速やかに壊滅させる
 という、恐ろしい内容であった。
それは決してハッタリでも脅しでもはなかった。
結果として&史実として、8月6日の広島、8月9日に長崎の
原爆投下があった。

※お仲間であったドイツやイタリアなど・・降伏していた。


07月28日 アメリカ海軍が呉軍港爆撃空襲
     (呉軍港・・・戦艦:大和の寄港地)
 呉の戦艦のドッグにいたU子の娘の
 義父は無事だった。


 
  
◆7月28日 
 アメリカ軍は高崎爆撃した。死者2人でた。

 高崎→前橋→伊勢崎→U子のいる中島飛行機小泉 製作所を空襲
 した。→太田市製作所も空襲した。
 帰りには桐生、高崎、前橋、藤岡などにB29が、
 「マリアナ通信」などの宣伝ビラをばらまいた。
 空襲を予告を勧告するビラであった。


◆8月05日 
  夜、アメリカ軍の予告どおり、B-29数機が高崎に来襲した。
 末広町・請地町・成田町・昭和町・住吉町・台町・上並榎町などが
 爆弾攻撃された。大勢の人が死傷した。
 テニアン島から出撃したB-29が100機ほどの前橋に来襲した。
 激しい焼夷弾攻撃を受けた。
 死者535人、負傷者600人、家屋の全半焼1万軒以上という大きな被害
 を受けた。
 母のいた群馬県大泉町の中島飛行機小泉製作所を空襲した
死者111人、負傷・行方不明者不詳。
 →群馬県太田市の太田製作所も空襲した。



◆8月6日 アメリカ軍は高崎を艦載機:グラマンによる機銃掃射した。
  死者3人の被害を受けた。



▲8月6日 原子爆弾による攻撃を行うことが決定した。
  第1目標は「広島市中心部と工業地域」(照準点は相生橋付近)、
  第2目標は「小倉造兵廠ならびに同市中心部」(予備)
  第3目標は「長崎市中心部」(予備)

8月6日、B29が飛び立った。
   広島市にウラニウム型原子爆弾リトルボーイが投下された。

07月30日 日本はソ連に条件付和平の斡旋を依頼。

▲8月2日、第20航空軍司令部が「野戦命令第13号」を発令した。

08月06日 アメリカ軍が広島に歴史上初の原子爆弾を投下。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★★ 箕輪初心◆広島の原爆投下 
http://53922401.at.webry.info/201105/article_23.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲8月7日 B-29の大空襲・・・豊川海軍工廠が壊滅。

※8月7日 アメリカ軍はU子の務めている群馬の小泉製作
 所が空襲をした。
 工場長は中上とみどう・課長は新井・・
 防空壕に逃げ込んだが、爆弾が落ちて、大量の死者がでた。
 福島氏の叔父・・・防空壕の入り口付近が塞がったり、
 防空壕が崩れたりして窒息した。生き埋めだった。
 
 U子たちは防空壕の中で、眼と耳を押さえて、爆風&爆音
 を防いだ。
 小泉製作所は (現富士重工)零戦を造っていたから度々
 攻撃を受けたのである。
 


08月08日 ソ連が日ソ中立条約を破棄→日本に宣戦布告。
満州国と朝鮮半島に侵攻。(ソ連対日参戦)

▲8月8日 広島の福山を空襲した。

▲8月8日 アメリカ第20航空軍司令部が「野戦命令第17号」を
      発令した。

▲8月9日 アメリカは2回目の原子爆弾による攻撃を行うことを
  決定した。
  第1目標は「小倉造兵廠および市街地」
  第2目標は「長崎市街地」(照準点は中島川下流域の常盤橋から
     賑橋付近)
    
B29が飛び立った。
  第1目標の小倉市上空が八幡空襲は視界不良であったため、
  第2目標の長崎市にプルトニウム型原子爆弾ファットマンを投下
  した。


08月09日 釜石に艦砲射撃。

08月09日 アメリカ軍が長崎に原爆投下。
       御前会議でポツダム宣言の受諾を決定。

08月09日 ソ連も参戦した。
   ★ちょっと虫が良すぎない?
   ・・結果、北方領土を渡さないし・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲北海道bT−5【世界遺産:知床B:知床5湖&知床峠】
http://53922401.at.webry.info/201506/article_11.html

箕輪初心:生方▲北海道bTー6「羅臼〜ラムサール条約批准地:風蓮湖」
http://53922401.at.webry.info/201506/article_13.html

箕輪初心:生方▲北海道bT−7「納沙布岬:日本最東端」
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

08月09日 大湊湾(大湊町)で海戦(大湊空襲)。
      事実上最後の海戦となる。

08月10日 第2次横手空襲
08月10日 天皇の「聖断」により終戦決定。
     日本が連合国にポツダム宣言受諾を打電通告。
 2つの原子爆弾&本土攻撃・・・
 8月の10日を過ぎる頃にはポツダム宣言を受諾する方向性に傾いていた
 のであろう。


08月12日 連合国の回答電文が到着。

08月14日 敗戦の詔。
  中立国にポツダム宣言受諾(無条件降伏)。
    中ソ友好同盟条約締結。

※宮城事件・・・敗戦日の前日、陸軍&近衛師団の一部が日本の降伏に
 反対して阻止しようと起こしたクーデター事件である。

被害者はでたが、事件は鎮圧された。
詳細は『日本でいちばん長い日』を映画鑑賞しよう。

歴史に「・・たら、」「・・れば、」なはないが、
 「もしここで鈴木総理が倒れていたら、どうなっていたのか?。
降伏するのが遅れてしまったであろう。

◆8月14日
@高崎
 深夜から15日早朝 アメリカ軍のB29十数機に高崎上空に飛来し、
 爆弾を降下させたり、焼夷弾攻撃を受けたりした。
 暗闇の高崎市内に爆弾、焼夷弾を次々に投下した。
 
 高崎15連隊の高射砲が初めて実弾を込めて発射された。
 
 ※日本の高性能の高射砲は小笠原・硫黄島・戦艦に搭載さていて、
  本土の高射砲では8000mしか届かなかった。
  B-29は高度10000mを飛んでいた。と福島氏は言っていた。

B-29により繰り返し行われた焼夷弾爆撃で、江木町・東町の軍需工
 場、旭町・白銀町・通町・田町・連雀町・宮元町などの官公庁、
 住宅の密集する市街地が空襲対象となった。
 また、下斉田町・台新田町や下佐野町・上佐野町、石原町などの
 高崎市南東部てけでなく、北部の飯塚町・塚沢町にも多くの焼夷弾
 が落とされた。
 高崎市内各地で火災が発生した。

 燃え上がる家屋にわずかな消防力ではどうすることもできず、ほと
 んどが焼失した。一帯は16日になってもまだくすぶっていたという。
  高崎中心市街地の住民の多くが疎開していたが、多数の人たちが死傷したり
 家を失った。

結果・・ 死者22名、負傷・行方不明者不詳、焼失家屋数701
  高崎が受けた最も大きな空襲であった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第56回米軍機による高崎の空襲
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013120901070/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 A深夜〜アメリカ軍がさらに群馬県伊勢崎市と周辺
 地域を空襲をした。
結果・・死者1名、負傷・行方不明者不詳、焼失家屋数1953・・・
 
 B8月15日未明 U子のいる群馬県大泉町の中島飛行機小泉製作
  所。距離にして20km・・空襲された。

 とにかく、8月は毎日にように空襲警報がなり響いていたという。
 近所の農家の男は「防空壕」堀&機体を隠す穴堀にかり出されていた。


深夜
〜15日朝 土崎空襲。

08月15日正午 ★日本国民へ玉音放送(終戦の詔)。
玉音放送
「朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ
收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
(私は、深く世界の大勢と日本国の現状とを振返り、非常の措置
をもって時局を収拾しようと思い、ここに忠実かつ善良な臣民=
国民に申し伝える。)

しのびがたきをしのび、耐えるがたきを耐え・・・
 
8月15日正午、高崎の街のあちこちでは、火災にあった建物がまだくす
 ぶり続けていた。
前橋では、道路が熱かったそうである。

8月15日正午、U子は零戦を造っていた小泉製作所(現富士重工)
 で玉音放送をラジオで聞いた。
「負けたんだちゅうよ。負けるなんて、思ったこともなかった。」
と言った。
 
終戦?・・・一部、終戦ではなかった。
支那派遣軍と南方軍これに抗議し戦闘続行。
ビルマ戦線が続いていた。

8月17日鈴木貫太郎内閣総辞職。

8月18日 U子は零戦を造っていた小泉製作所(富士重工)から
 こうりを背負って高崎市に電車で帰ってきた。
 そして、バスで旧群馬町に帰った。
 「よく、帰って来られた。・・・」
 と家族は喜んだ。



日本の歴史においても非常に重要な意味がある・・・。
日本は戦争を続けるか、負けを認めるか。
天皇制をどう維持するのか?
★本土決戦していたら、もっとたくさんの日本人が死んでいただろう。
降伏しなければ、自分は存在していなかったのかもしれない。
そう思うと、なんかぞ〜として、怖い気分になる。




★明日は「日本のいちばん長い日」かな?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



Ping送信先URL
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9etdm7v30x93
★本当にランキングされているのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方「U子のいる中島飛行機小泉製作所&高崎空襲」 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる