城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲箕輪城165箕郷龍門寺→高崎竜広寺【井伊直政供養塔&井伊直弼娘:ワカの墓】

<<   作成日時 : 2015/07/29 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「竜広寺」は、村上鬼城&ロシア人兵士の墓が有名である。3年前、
の訪問も目的は村上鬼城の墓だった。しかし、高崎市史を編纂した
中村茂先生から、平成27年(2015)7月24日、はがきが届いた。
★新情報である。高崎竜広寺には「井伊直政の墓」&「渡辺あきら
あつし(8月4日中村先生ご指摘)の妻である井伊直弼の娘:ワカの墓」
があることを教えてくださった。早速、行ってみた。中村先生、竜広寺
の奧様&和尚様ありがとうございました。
慶長3年(1598)10月
井伊直政の早川幸豊に縄張りさせた高崎城が完成した。また、同時に
高崎山竜広寺を建立した。 「竜広寺」は、箕輪城主
:井伊直政が和田に城を移した際、箕輪から龍門寺から白庵(びゃくあん)
和尚を招請して開山した。井伊直政は和田という地名も改めることとし、
「松ヶ崎」か「鷹ヶ崎」にするか迷った。白庵和尚に相談すると、「松」は
枯れる。「鷹」は生き物は必ず死ぬ。「気高至大」の「高」の字を用いて
「高崎」とするのがよいだろう。と答えたそうだ。

画像

 (★井伊直政の墓?供養塔)
画像

 井伊直弼の娘:ワカの墓=高崎藩士:渡辺あきらあつし妻の墓)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆◆群馬の偉人:『村上鬼城』◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_7.html

箕輪初心★「高崎の文化人19+α」江戸時代編
http://53922401.at.webry.info/201310/article_19.html

箕輪初心★旧高崎の偉人伝:近代編
http://53922401.at.webry.info/201311/article_2.html

箕輪初心◆高崎の国際交流2000年の歴史
http://53922401.at.webry.info/201310/article_24.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




【0】高崎城築城&高崎山竜広寺
・慶長2年(1597)
?月 井伊直政は徳川家康から
   「箕輪城廃城とし。軍事上の要害を作れ。」
    と命令された。
   和田の地を新城とし、工事を始めた。
  ★おそらくは竜広寺も創建も同時進行だったのであろう。
   井伊直政の菩提寺は高崎市箕郷町東明屋の竜門寺であった。
画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方「箕輪城159&【中嶋宏氏主催の長野堰を語り
つぐ会の絵図展】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_4.html


箕輪初心:生方▲【長野堰を語り継ぐ会の絵図展】&【高崎城の桜】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_5.html

箕輪初心:生方★高崎城【井伊直政&早川幸豊】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_9.html

箕輪初心:生方★高崎城&長野堰【井伊直政&秋元長朝&新井喜左衛門】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_10.html

●高崎城の縄張りは早川幸豊が中心となってしたのであろう。
高崎城の本丸は山崎一先生は水堀となっていたが、第15次
発掘調査では障子堀なので、水堀ではなかった。しか し、二の丸
や三の丸は水堀であったと思われる。現在でも、三の丸水堀は
残っている。
●高崎城の水堀長野堰の取水口秋元長朝、新井喜左衛門などに
命じたのでないかと思われる。
●城下町の用水路整備は家臣団の多くが参加したのであろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★箕輪城90【井伊直政の箕輪城時代の家臣団一覧】
http://53922401.at.webry.info/201212/article_15.html
 (★井伊軍志より編集)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●●結果
長野堰は高崎城のお堀=城防御用水・生活用水・農業用水・防
火用水の役割を担った。また、紺屋町も移され、工業用水(染
め物業)を発展させるきっかけとなった。
井伊直政時代で、ほぼ今の形になったと考えられる。
関ヶ原の戦いでは、3600の兵隊がいた。つまり、約15000人〜
 20000人の家臣や町人や寺社関係の人が箕輪→高崎に移住し
たのではないだろうか? 

 
 井伊直政は和田城のあった所から東に広大な城を築いた。
 つまり、音楽センターとか、高崎市役所とかある場所に・・・

 高崎城の東は平地であるので、大きな堀を築かなければ、ならな
 かった。三の丸堀が井伊直政の遺構という学者もいる。
 発掘調査では、保健センター〜高松中学校の庭に、大きな
 北条流の畝堀が確認された。
 
 大規模な縄張の必要性があった。
 井伊直政の石高は12万石であった。
  高崎には1000人程度の家臣+3000人程度の部下が集まる
 居城が必要であった。しかも、築城当時の越後に上杉景勝や
 信濃の真田昌幸などがいた。彼らに対する抑制だけでなく、
 出陣の可能性も考えると、さらに大きな町割が必要になった。
 広大な城の敷地と家が必要であった。

 
 

【0】 川野辺寛 「高崎志」の中の高崎
@井伊直政のつけた「高崎」の名の云われ。
「和田の地も箕輪に属す、慶長3年戊戌、中山道を開かれしに及びて
和田の緊要の地なればとて、直政の仰せ、城を築きしめてこれを賜ふ、
この時、直政地名を更め、松か崎と云わんと、竜広寺の住持持白あん
に語られしに、白あん曰く『尤も然るべく候、去ながら、諸木の栄枯
の時あり、物に■のあることはめつらしからすと候、公既に命を奉て
此城を築き玉へるは、所謂盛事大名也、されは成功高大に義に取て、
高崎とし玉はんはいかか(いかが)』と云ふけえは、直政大に悦びて
『高崎』となつけられ、且つ「高崎」の二字をもって竜広寺の山号
となすへきよしを命せらる、
里老の説に恵徳寺の開山英たん?なりと伝へたるは■誤也、今竜広
寺の古記に従ふ、又一説に直政命を奉て松枝(松井田)、安中、和田、
倉賀野の地を検するに、決定したかなりし故、試に鷹を放て此其集
る所を城地と定むへしとて、一もとの鷹を放さる、其鷹飛て今の本
城に地にとどまる。因て其地に定て鷹野城と名つけらる、後高崎と
改む、
 (★箕郷町誌:近藤義雄先生)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★箕輪城103川野辺寛「高崎誌」&井伊直政
http://53922401.at.webry.info/201310/article_8.html

箕輪初心★西田美英【高崎素奈子】&川野辺寛【高崎志】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_14.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 箕輪から高崎に移転する際に、箕郷の龍門寺に下野の大中寺
 第12世:白庵宗関禅師を招いた。
 ★白庵は今川義元の相談役→徳川家康の相談役になった人だ。
 芝高輪:泉岳寺(赤穂浪士47士の墓で有名)を開いた人でもある。
 井伊直政は、地名を「和田」から「松ヶ崎」に変えようとした時、
 白庵は、「松は枯れるので、『高崎』にした方がよい。」箴言した。
 それで、和田→高崎になったのだ。
  白庵和尚によって「高崎」の地名が決まったことから、「竜広寺」の
  山号は「高崎山」となったという。

・明治17年(1884) 高崎城に第15連隊が置かれた。
・明治37年(1905) 日露戦争
日露戦争に従軍、第2軍の隷下として金州城、南山攻略に参加した。
  その後、乃木希典の第3軍の隷下に移った。
  高崎第15連隊は旅順港攻撃に参戦した。
 3日間に及ぶ「164高地」の激戦で、568人もの犠牲者を出して
 ついに陥落させた。乃木希典は「164高地」を、高崎第15連隊の
 功を讃えて、「高崎山」と名付けた。
 その乃木希典が前橋&高崎にきて、
 「竜広寺を高崎山にしなさい。」
 と言ったという話もあるという。
★「坂の上の雲」で、乃木希典も出ていた。
   南軍参謀長は秋山好古であった。面白かった。






【1】竜広寺山門
画像

画像


・案内板
画像


【2】本堂
画像


【3】庫裡
奥様に
「井伊直政公の墓を御存知ありませんか?」
「ないです。」

中村茂先生からの写真入りの写真をお見せした。
「わかりません。」

「住職が今、いませんので・・・

ということで、葉書をコピーすることになった。
「分かりましたら、お知らせします。」
とおっしゃってくださった。
電話番号を書いた。

奧様に見学をお願いした。
暑い中、玄関前にでて、歴代住職の墓の
場所を教えてくださった。




【4】井伊直政の墓?供養塔? 
※歴代住職の墓
画像

★住職の墓入り口の左だった。
 和尚様が来てくださった。
画像

画像

画像

画像

  和尚様は「年月日はわかりません。」とおっしゃった。
井伊直政公の墓碑・供養碑は笠に唐破風を乗せた安山岩でできて
  いる。
  ★もしかしたら遺髪を納めたのではないだろうか?
  初代安中藩藩主:井伊直勝(井伊直政の長男)が彦根から持って
  きた可能性がある。99%・・・




【5】渡辺家の墓&井伊直弼娘:ワカの墓
 写真を見せると
 「渡辺家のはかですね。」
お嬢様が渡辺家の墓を案内して下さった。
 ちょうど墓地の真ん中付近だった。
 高崎藩士:渡辺あきら妻の墓を指さして教えて
 くださった。
 ★和尚様がいらっしゃらなければ、探せる
 ばすもない。

・井伊直弼の娘:ワカの墓
画像

画像

 ★中村茂先生・・「ワカは家事一切しなかった。」という。
・渡辺家の墓地 
画像

・渡辺正友・・・・・・・・・・・・・・・高崎藩の三条1の木戸陣屋代官。
・正友長男:渡辺あきらあつし・・・・・
   自由民権運動→新潟県議
  ※8月5日の葉書に
・正友2男・渡辺兼二・・・・・・・海軍少将→新潟市長
画像




【6】村上鬼城の墓
 歴代住職の墓のななめ左後ろ=北東だった。
画像

 「ゆさゆさと 大枝ゆるる 桜かな」
 「冬ばちの 死に所なく 歩きけり」
 ・・・  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆◆群馬の偉人:『村上鬼城』◆◆
http://53922401.at.webry.info/201106/article_7.html
村上鬼城先生、感性が凄すぎますよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【7】「元ロシア兵の墓」・・・高崎市指定史跡。
 
画像
 
 ※門を入って、左に100m・・・
  日本人兵士の墓を越える。
  サンダルなので、蛇&スズメバチに注意しながら
  ・・・
  墓地の南東に当たる。
 国道18号の上だった。
 坂道を挟んで、内村鑑三の句碑や頼政神社が見えた。
画像

画像

明治37年(1905) 日露戦争
日露戦争では、高崎第15連隊が旅順港攻撃に参戦した。
 3日間に及ぶ「164高地」の激戦で、568人もの犠牲者を出して
 ついに陥落させた。
 「164高地」は、その功を讃えて、「高崎山」と名付けられたそう
 である。
当時、高崎には500人を超えるロシア人捕虜が、高崎市内の寺院
 などに収容されていたという。
 3人は「竜広寺」に収容されてのち亡くなった兵士である。
 3つの墓がある。
 (★迷道院さんのブログも参照した。)
「ロシア兵の墓」がある一角は、もともと「陸軍墓地」であった。
 陸軍病院(現国立高崎病院)で亡くなった人218人の墓石が
 となりに並んでいた。
画像


中村茂先生、喜美侯部さん、奧様、ありがとうございました。


◆参考資料&文献
・中村茂先生の葉書
・「高崎漫歩」
・「開化高崎扣帖」

◆関連サイト
・高崎に眠るロシア兵:隠居の思ひつ記





◆◆ 井伊直政&井伊家の墓 ◆◆
・慶長5年(1600)関ヶ原の戦い
井伊直政は徳川家康の4男:娘婿の松平忠吉(忍城)とともに出陣
 した。福島正則を謀って先陣をきった。関ヶ原の戦いの後半、西軍:
 島津義弘の徳川軍の中央突破の退却時に殿(しんがり)を務めた島津豊
 久を討ち取った。しかし、井伊直政は鉄砲で撃たれ負傷した。
 徳川家康が自ら薬を与えた。戦功により、石田三成のいた佐和山(滋賀)
 を与えられ、18万石を領した。
・慶長7年(1602) 2月1日 井伊直政は関ヶ原の傷が原因で死去。
  享年42。法名「祥寿院殿清涼泰安居士」。

1)静岡県浜松市北区引佐町井伊谷の龍潭寺
@元祖初代:井伊共保公〜24代 井伊直政公までの墓。
A井伊谷三人衆の墓
  鈴木重時:永禄12年2月5日堀江城合戦で戦死 享年42歳
  菅沼忠久:天正10年没
  近藤康用:天正16年3月2日井伊谷で没 享年73歳 
★3人とも徳川家康の命で井伊直政について、箕輪城に来や付家老
  である。ちなみに近藤康用は箕輪城に来たが、2年で出奔した。
井伊家が彦根に移ると、三人衆のうち近藤家が幕末まで井伊谷井伊領
 を治めていた。  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心■静岡【龍潭寺】=井伊家の菩提寺
http://53922401.at.webry.info/201212/article_6.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)滋賀県彦根市古沢町の清涼寺(井伊家菩提寺)
@井伊直政の墓
  ※清涼寺は一般公開していない。
A旧藩主の無縫塔の墓石6基
   井伊家一族の墓石の数は58基。
  B井伊直弼腹臣:長野主膳の夫妻の墓
   ★長野主膳は伊勢の津の長野氏の末裔・・・箕輪城長野氏
   ではないが、在原業平の子孫の可能性があるので、
   もしかしたら、先祖が一緒かもしれない。
※開山は井伊直政の旧領である上野国の叢林寺(渋川市子持)から
 招かれた愚明正察(ぐみょうしょうさつ)禅師である。
 ★清涼寺近くに龍潭寺(井伊家菩提寺)・井伊神社・佐和山城があるが、
 龍潭寺を遠望し、鳥居本宿を見ただけ、通り越してしまった。
 中山道巡りの一貫で、清涼寺&佐和山城を逃してしまった。


3)滋賀県彦根市中央町の長松院
彦根藩初代?:井伊直政が戦傷により破傷風にかかり病没した。
  井伊直政の遺意により、芹川の三角州にて荼毘に付された。
  その跡地に長松院が創建された。
@井伊直政の位牌
  A井伊直弼の位牌 
B井伊家家老(徳川家康からの付家老):三浦元貞の一族の墓
   井伊直政が亡くなった時に徳川家康に早馬で死を報告した。
 ★気づいたが、通り過ぎちゃった。

4)和歌山県伊都郡高野町高野山の高野山奥の院
@井伊直政の宝篋印塔
  A廟・・・開いていない。
★お参りしたが、写真を撮っていない。

5)群馬県高崎市宮元町の高崎山竜広寺
@井伊直政の供養塔
A井伊直弼の娘:ワカの墓&夫:渡辺あきらの墓


6)群馬県高崎市安中の無邊山大泉寺 
 @井伊直政正室=初代安中藩藩主:井伊直勝の母:唐梅院の墓
A井伊直勝の側室:2代安中藩主・直好の母の墓
★中村茂先生に紹介された。


7)東京都世田谷区の豪徳寺
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲東京【豪徳寺】&「吉良家→井伊家15代」
http://53922401.at.webry.info/201411/article_6.html
★井伊直政の墓はない。井伊直孝の代からである。
彦根藩領であった世田谷の豪徳寺には井伊家歴代の藩主&正室・側室、
子息・子女ら井伊家一族の墓は87基ある。


8)栃木県佐野市堀米町の天応寺
 ・寛永10年(1633)〜2代井伊直孝〜15代まで235年間、彦根藩領
 として支配を受けた。
 @井伊直孝の墓碑・供養碑
 A井伊直澄の墓碑・供養碑
 B井伊直弼の墓碑・供養碑など
  大老井伊直弼の墓碑は、笠に唐破風を乗せた小松石でできている。
  いずれも遺髪を納めたと言われている。
★近くまで行っているが、寄ってない。



***井伊直政シリーズ*******************************
◆◆ 箕輪初心●箕輪城「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_40.html
http://53922401.at.webry.info/201011/article_25.html

◆◆ 箕輪初心●井の国千年物語前編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の箕輪城時代の家臣団 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_15.html

◆◆ 箕輪初心●静岡:井伊直政の井伊谷城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_5.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の造った町:高崎&彦根 ◆◆
高崎高校 VS 近江高校
http://53922401.at.webry.info/201203/article_28.html

◆◆ 箕輪初心●中村達夫氏の「井伊軍志」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_14.html

◆◆ 箕輪初心●小和田哲夫氏の「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_13.html

箕輪初心●群馬の城「和田城→高崎城」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201012/article_16.html
  (★高崎城の畝堀:発掘調査)

箕輪初心★箕輪城140【秋本太郎先生の箕輪城→高崎城+城下町】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_9.html

箕輪初心▲箕輪城153【長野氏の箕輪の寺社→井伊直政の
高崎移転の寺社】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_15.html

箕輪初心★箕輪城103川野辺寛「高崎誌」&井伊直政
http://53922401.at.webry.info/201310/article_8.html

箕輪初心★西田美英【高崎素奈子】&川野辺寛【高崎志】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_14.html

箕輪初心:生方▲【長野堰を語り継ぐ会の絵図展】&
【高崎城の桜】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_5.html

箕輪初心:生方★高崎城【井伊直政&高崎城&彦根城の縄張り
担当:早川幸豊】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_9.html




★明日は箕輪城7月下旬?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



Ping送信先URL
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9etdm7v30x93
★本当にランキングされているのだろうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲箕輪城165箕郷龍門寺→高崎竜広寺【井伊直政供養塔&井伊直弼娘:ワカの墓】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる