城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心:生方▲群馬【平井金山城】後編&猪之田温泉

<<   作成日時 : 2015/05/18 05:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

永享10年(1438) 室町将軍:足利義教 VS 鎌倉公方:足利持氏
が対立した際、上杉憲実が平井金山城と平井城を築かせた(伝)。
また、応仁元年(1467)、上杉顕定が平井城の大改修し、平井金山
城は築城したという説もある。平井金山城は、天文20年(1551)
または天文21年(1552)、関東管領:上杉憲政の逃亡とともに使
命を終えたと思われる。従って、金山城は天文21年(1552)当時
の状態をそのまま残している貴重な山城なのである。今日は
平井金山城の後半、本郭→西の2つの郭→戻って、本郭下
→大きな堀→井戸曲輪→戻って、櫓門→表門を紹介する。
平井城はG上杉憲実→(清方)→H憲忠→I房顕→J顕定→
K顕実→L憲房→M憲寛 →N憲政まで平井城が本拠の城に
した。→ O長尾景虎(上杉謙信)で、山内上杉家の歴史は
16代:上杉謙信まで続いた。
画像

画像





●本郭の南に「大石垣」の看板があった。
降りてみた。しかし、大きな岩が縦にあるだけ
であった。
本当に石垣なのかな?
画像


●郭・・・東屋が建っている。
雷の避難場所である
画像

●さらに、西には2つの郭があった。
画像


●西の断崖に突き当たった。
 しかし、案内板にはハイキングコースになっている。
 と書いてあったので、道無き道を200m程下った。
 自然林から杉林が見えたところで引き返すことにした。
 道が分からない。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   
●東屋に戻った。
 
●本郭の西〜北〜東には帯郭があった。
画像



●虎口→土橋&大きな堀切があった。
画像

画像

画像

下の郭から本郭に攻撃をするには土橋→虎口を突破する
しかなく、その間、上の帯郭や本郭の土塁からの反撃にされ
ることになる。本郭を防御するための構造がなかなか凄い
縄張りであった。北条流かもしれないと思った。


●下には2段の腰郭があった。
画像

画像


●さらに、段郭が2つ続いている。
画像

★流石、大手口コース
 郭も広く、籠城が可能である。

●郭と郭の間の虎口は枡形状になっている。
画像
 

●櫓門・表門との分岐
画像


●井戸曲輪・・・堀も見える。
・東屋・・・雷除け
画像

画像

画像

  井戸は2m×2mの方形である。
  ■く岩盤を削って、雨水を
  溜めるようにした構造であった。
  底に土が溜まっていた。
画像

井戸掘りは大規模な工事であったと想像できる。
 水が籠城をする際の絶対必要条件なので、籠城を意識
 した城であると感じられた。

・写真は平井城にあった。

●井戸曲輪から下には尾根道が続いている。

●尾根の両端を削った跡がみられる。
★城の最北端であろう。

・戻った。

●分岐からから東側に降りていく道がある。
人はあまり通っていない。大手道である。

●小さな虎口
画像

●小さな堀切
※4段ほどの虎口・堀切があった。
 
●「櫓門跡」の表示
画像

 大きく枡形状に削られた構造である。
  石垣遺構も見られる。
★確かに櫓門のようである。
画像

 発掘当時の写真は平井城にあった。


●郭

●尾根を下った。しかし何もなく、
 ゴルフ場の芝&人が見えた。

・また、道無き道を50m程上がった。
 
●櫓門まで戻り、下を降りた。
画像



●郭の切り崖
画像


●堀切・・・尾根の半分だけだった。
画像

 深さ4m、幅6m程ある。
 岩盤の土壌を垂直に掘り下げてある。
 
●ミニ郭?

●堀切 

●櫃(かろうと)岩の下。
  大岩から物見をしていたのであろう。
  岩の下が表門跡である。

画像


画像

●「表門」の表示
★大手口であった。大手口の威容を高めるために、郭の周囲に石垣を
巡らせた。
発掘調査の写真は平井城にあった。

画像
 

・猪よけの電流の柵を跳び越え、ゴルフ場に入った。
画像


※平井城からの大手ルートは、ゴルフ場のコースが取り巻いて
いるので不明である。

・ゴルフ城のカート道から建物を探してうろうろしていると、
カートに乗ったスタッフが来た。
「危険だから、・・・」
といって、乗せて下さった。
画像

●緑野カントリークラブの入り口
・・・平井城へ・・・平井金山城登山口まで30分以上
かかった。
★遠かった。

●世界遺産:高山社=高山氏館

●高山城遠望


●猪之田温泉「久恵屋旅館」
600円・・
画像

画像

画像

 ★アルカリ性の泉質でお肌つるつる・・・
 


◆◆ 平井金山城&上杉家 ◆◆
上杉憲実→上杉房顕→上杉顕定→上杉顕実→上杉憲房→
上杉憲寛→上杉憲政・・・上杉謙信?

・永享10年(1438) 上杉憲実によって築かれたと云われる。
上杉憲実は関東管領:山内上杉氏5代目当主である。

室町将軍足利義教 VS 鎌倉公方足利持氏
上杉憲実は平井金山城を総社城主長尾忠房に命じて密かに築城
させた。さらに長尾忠房に平井城の本丸&二の丸を築城させた
という。
 (★群馬の古城塁祉の研究:山崎一氏著)
上杉憲実は密かに鎌倉を脱し平井城へ逃がれた。
・永享11年(1439)足利持氏は上杉憲実を討つため、一色直兼・
時家3000騎を派遣した。後から足利持氏本隊は5000騎を率い
て武蔵国高安寺(現東京都府中市:足利尊氏建立の安国寺)に
兵を進めた。
上杉憲実は室町幕府に急使を派遣して援軍を要請した。
将軍足利義教は上杉持房を将として今川・朝倉・小笠原・山名
などに上杉憲実の救援を命じた。越後国の守護:上杉教朝が
3500騎も救援した。 幕府軍は早川尻(小田原)で足利持氏方
の宅間上杉憲直を敗った。上杉憲直、足利持氏は相模の海老名
まで退き、鎌倉に落ちようとしたが、途中で上杉憲実の家宰:
長尾忠政・景仲の軍と出会い、足利持氏は幕府軍に降伏した。
相模国の弥名寺で剃髪した。上杉憲実は幕府に持氏の助命嘆願
行ったが叶わず、足利持氏は永安寺で自刃した。上杉憲実は戦
死した。
●上杉憲実が平井城を本拠地とした理由
@鎌倉公方(後の古河公方)の勢力範囲、
A上杉氏の有力家臣:白井長尾景仲&武州滝山大石の勢力範囲
 の中間地点
B鎌倉から越後へ通じる往還(鎌倉上道)に面していた。
C日野地区に製鉄技術があった。
 (「群馬の古城」:山崎一著)

・宝徳元年(1449)上杉憲実の長男:上杉憲忠が関東管領になった。
 
・享徳3年(1554)享徳の乱
  鎌倉公方:足利成氏が関東管領上杉憲忠を暗殺した。

  上杉憲実の2男:上杉房顕が関東管領になった。

・康正元年(1455)上杉房顕が平井城に入城した。
以後、関東管領:山内上杉氏の本城となった。

・天文年間(1532年〜1555年)山内上杉氏は小田原北条氏と
度々戦った。


・文正元年(1466) 上杉顕定が平井城を拡張した。
 3の丸・総曲輪も増築した。
説Aその際、平井金山城を詰め城として築城した。



・天文20年(1551)または天文21年(1552)、
上杉憲政は平井城を捨てて越後国の長尾景虎(後の上杉謙信)
を頼って落ち延びた。
私見では:「水上には約7年間いたのではないかと思われる。
関東管領:上杉憲政の逃亡とともに使命を終えたと思われ
る。

その後、北条幻庵(北条氏康の叔父)が平井城主となった。

・天文21年(1552)長尾景虎の送った軍勢により攻め落とされ
た。

 10月、しかし、北条は再び平井城を攻撃した。
平井城は北条氏の支配下に置かれた。

・永禄3年(1560) 長尾景虎の第一次関東出兵
平井城は長尾景虎に奪い返された。
しかし、長尾景虎は関東への出撃拠点は厩橋城(前橋城)
  にした。そして、羽生城も拠点とした。



〜〜〜藤岡の城〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心●群馬:旧藤岡の城=45城砦一覧
http://53922401.at.webry.info/201107/article_6.html

箕輪初心●群馬藤岡編「芦田城」&依田一族の歴史
http://53922401.at.webry.info/201107/article_9.html

★小林館の城写真は消滅してしまった。


*******関東管領:上杉家関係***************************

箕輪初心★山内上杉16代@「初代〜7代」=足利尊氏の母方系
http://53922401.at.webry.info/201405/article_23.html

箕輪初心★埼玉【庁鼻和城】&4代上杉憲顕の子:庁鼻和上杉
憲英〜
http://53922401.at.webry.info/201405/article_25.html

箕輪初心★上杉家A『8代:憲実〜9代:憲忠〜10代:房顕』
http://53922401.at.webry.info/201405/article_26.html



*********上杉顕定の関係****************************
箕輪初心○埼玉本庄【五十子(いかっこ)の陣&五十子の戦い】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_27.html

箕輪初心●埼玉本庄【雉ヶ岡城】=上杉顕定の城→北条氏の城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_32.html

箕輪初心★太田道灌の生涯:長尾景春のライバル
http://53922401.at.webry.info/201312/article_1.html

箕輪初心★長尾景春:関東下克上で従兄弟:太田道灌と交戦
http://53922401.at.webry.info/201311/article_31.html

箕輪初心★【連歌師:飯尾宗祇】&関東管領:上杉&長尾
http://53922401.at.webry.info/201404/article_24.html

箕輪初心★『宗長の生涯』:世捨て人の彷徨
http://53922401.at.webry.info/201404/article_25.html

箕輪初心▲神奈川「権現山城&青木城」:多米一族&神奈川宿
http://53922401.at.webry.info/201411/article_15.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201411/article_15.html
  ★上杉顕定 VS 北条早雲

箕輪初心★本間家の歴史;佐渡本間一族→酒田本間家
 日本一の地主へ
http://53922401.at.webry.info/201307/article_20.html
★長尾為景の協力者:佐渡本間家が上杉顕定を倒した。

箕輪初心◆2013群県博:新潟県「上杉氏」関興寺・瀧澤寺・
雲洞庵・坂戸城・管領塚
http://53922401.at.webry.info/201310/article_21.html
★上杉顕定の管領塚=戦死した場所


〜〜〜上杉家15代:上杉憲政〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●群馬「平井城」=関東管領:上杉憲政の城
http://53922401.at.webry.info/201107/article_7.html

箕輪初心●群馬【平井城前編】:関東管領8代上杉憲実〜
16代上杉謙信
http://53922401.at.webry.info/201405/article_29.html

箕輪初心●群馬【平井城後編】関東管領:【15代:上杉憲政 】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_31.html

箕輪初心●群馬藤岡編:平井城の城郭群=「金井城」など
http://53922401.at.webry.info/201107/article_8.html
★金山城は平井城の詰め城である

箕輪初心:生方▲【水上:建明寺】&上杉憲政は水上での
逃亡生活7年間?
http://53922401.at.webry.info/201505/article_11.html

箕輪初心●山形【米沢城】&上杉家墓所・林泉寺・照陽寺
http://53922401.at.webry.info/201307/article_5.html
★上杉憲政公の墓は米沢の照陽寺にある。

〜〜〜上杉謙信の関係〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★新潟県上越市の思い出:春日山城&水族館&祭り  
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

◆◆ 箕輪初心●新潟『春日山城』前編「春日山神社〜二の丸」
http://53922401.at.webry.info/201305/article_31.html

箕輪初心●新潟『春日山城』後編「天守台〜井戸〜本丸〜兼続屋敷」
http://53922401.at.webry.info/201305/article_32.html

◆◆ 箕輪初心●新潟:『高田城』 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

◆◆ 箕輪初心◆新潟上越の思い出『春日山城&水族館&祭』 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_28.html

◆◆ 箕輪初心◆新潟『林泉寺』=和尚様と話した。 ◆
http://53922401.at.webry.info/201305/article_30.html

箕輪初心▲埼玉北本『石戸城』岩付城太田資正の支城
http://53922401.at.webry.info/201408/article_18.html

箕輪初心▲埼玉騎西『騎西城』=上杉謙信の虐殺の城
http://53922401.at.webry.info/201408/article_22.html

箕輪初心▲埼玉【羽生城】:上杉謙信の忠臣:木戸忠朝
http://53922401.at.webry.info/201408/article_24.html




★明日は鎌倉御家人:高山重遠&高山重久かな?
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



Ping送信先URL
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9etdm7v30x93
★本当にランキングされているのだろうか?
やり方が分からない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
箕輪初心:生方★源頼朝43【高山重遠+高山重久・小林重幸】
世界遺産:高山社の【高山長五カ重札】や江戸時代の3奇人 【高山彦九郎正之】は秩父平氏の出自である。桓武平氏良文 流秩父十郎武綱の子:権平重綱の第3子:高山三郎重遠から 始まる。長男:高山重昭(重久)&次男:小林重幸は主君を 源義朝→源義賢→(畠山重忠)→木曾義仲→源頼朝と変え た。そして、鎌倉御家人となった。 ...続きを見る
城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー...
2015/05/19 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心:生方▲群馬【平井金山城】後編&猪之田温泉 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる