城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★源頼朝39【遠藤盛遠=文覚上人】挙兵を促した人物

<<   作成日時 : 2015/03/08 08:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

文覚上人は伊豆の国市那古谷に草庵を造り住んでいた。源頼朝の挙兵を
促した人物として有名である。源頼朝が征夷大将軍として存命中は鎌倉
幕府の要人として寺院の建立で活躍した。源頼朝の死後は没落した。
画像

 (★伊豆の国市那古谷の国清寺
   文覚上人の草庵があったとされる。)



◆ 文覚上人の生涯 ◆
保延5年(1139)〜建仁3年(1203) 7月21日(8月29日)
・保延5年(1139)
摂津源氏の武士団:渡辺党の遠藤左近将監茂遠(もちとお)の子と
して生まれた。

遠藤盛遠は北面武士として鳥羽天皇の皇女:統子内親王(上西門院)
に仕えていた。

・保元3年(1158) 遠藤盛遠は19才で出家した。
 出家の原因は、従兄弟の渡辺渡(わたる)の妻、袈裟御前に横恋慕し、
 誤って殺してしまったことによる。
(★『源平盛衰記』)
 袈裟御前は、遠藤盛遠に言い寄られて困っていた。
 袈裟御前は「夫を討つように・・・」と促し、夫の寝所を
 安藤盛遠に教えた、
 ※袈裟御前は遠藤盛遠と夫:渡辺渡との恋の板挟みの中で悩み、
 遠藤盛遠に殺される決断をしたという。

 夜中、遠藤盛遠は、渡辺渡を殺すために屋敷に忍び込んだ。
 渡辺渡がいるはずの寝所にいたのは袈裟御前であった。
 遠藤盛遠は袈裟御前を殺してしまった。〜〜〜〜〜

 遠藤盛遠は出家し真言宗の僧になった。
  文覚と名を改めた。

 文覚は那智に行った。

 その後、各地で修行を積んで京に戻った。

・仁安3年(1168) 30歳頃 文覚は神護寺にやってきた。
  早速草庵を造った。薬師堂を建てて本尊を安置した。
  さらに高尾山神護寺で修行を続けた。

  文覚は荒れ果てていた神護寺の再興を思い立った。
  空海住坊跡である納凉殿、不動堂等を再建した。
  しかし、復興が思うようには進まなかった。

・承安3年(1173)
  文覚は後白河法皇の法住寺殿に赴いた。
   文覚は京都高雄山神護寺の再興を後白河天皇に強訴した。
1000石の収入のある荘園の寄進を強要したのだ。
 
 結果・・・文覚は後白河天皇の逆鱗にふれた。
 渡辺党の棟梁:源頼政の知行国:伊豆国に配流されることになった。
 伊豆守は源頼政の子:源仲綱(田代信綱の父)であった。

○文覚が伊豆に流罪〜〜〜〜〜〜〜
 文覚の伊豆遠流時、三位入道:源頼政の嫡子:源仲綱からの沙汰で、
 伊勢から船で下ることになった。

 伊豆の国へ同行する検非違使の役人3人いた。役人は
 「庁のしもべの習いだが、このような時は、これに贔屓もある
  もの。聖の御坊は知人はいないか?
  遠国へ流されるのに、土産や食料を所望してはどうか?」
  と聞いた。文覚は
「文覚にそのようなこどを頼む気はない。・・・・しかしながら、
 東山の辺りに知己がいる。それなら文を出そうかのう。」

 役人は、粗末な紙を差し出した。
 文覚は怒り、投げ返した。
「このような紙に書くことはできない。もっといい物を出せ。」

 役人は厚い上質の鳥の子紙を持ってきて、文覚に渡した。
 文覚は笑って、
 「この法師は字を書けない。お前らが書け。」
 と、役人に書かせた。

 「文覚は高雄の神護寺造立供養のために勧進帳を携えて方々の施主
  に勧めながら歩いたが、このような君の世にあって、寄付を得るこ
  とはできなかった。それどころか、遠流されて、伊豆の国へ行き
  ます。遠流ということなので、土産・食料のようなものも大切に
  なります。この使いの者にお渡しください。」

 役人は文覚が言うままに書いた。
 役人は
 「ところで、誰に書いたのですか?」
 と問うた。文覚は、
 「清水の観音坊へ。」
 と答えた。
 役人は、
 「それは庁の役人をからかってのことか?」
 と怒りながら言った。
  文覚は、
  「悪気は全くない。この文覚は清水の観音を深く信仰しておる。
  清水の観音のほかは用を頼む者はいないのだ。」
  と答えた。

 文覚は、都を出た時からある思いがあった。それは、
 神護寺の復興であった。
 「われ都へ帰り、高雄の神護寺造立供養をなすまでは死なない。
 この願いむなしく終わろうとする時は、道で死ぬべし。」

 文覚は伊勢国の阿濃津から伊豆の国へ、船で向かった。

 遠江の国の天竜灘で、突然、大風が吹き、大波が立った。今にも
 船は転覆しそうである。船頭たちは、どうにかしても助かりたい
 と思い、ある者は観音の名号を唱え、別の者は、最後の祈願をし
 ていた。
 文覚は少しも騒がなかった。船底で、高いびきをかいて寝ていた。
 しかし、船ももう沈んで終わりかと思えた時にがばっと起き上が
 り、船の舳先に立ち、沖の方をにらみ、大音声をあげ、
 「竜王や、竜王や、どこにいるか。」
 と叫んだ。
 「どうして、大願を起こした聖が乗る船を危うくさせようという
  のだ。ただ今、龍神どもの天罰が下ろうぞ。」

 波風はほどなく静まり、船は伊豆の国に到着した。

 文覚は伊豆へ着くまで、31日間、ずっと断食をしてきた。
 文覚は船底で行をしていたのだ。
(★平家物語)
 
 文覚はやがて、伊豆に着いた。
  現在の伊豆松崎町に着いたらしい?
  そして、円通寺を開基したのかもしれない。
画像



 やがて、文覚は奈古谷(伊豆の国市)の近藤四郎国高(近藤七国平の父)
 に預けられた。
 奈古谷に草庵(現高岩院か?現毘沙門堂か?付近)に建てて
 住んだ。 

※文覚が伊豆国に流された1173年・・・
  文覚は34歳、頼朝は26歳の時であった。
★しかし、この時は、源頼朝は伊東にいたはずである。
「・平治2年・永暦元年(1160)13歳の源頼朝は伊豆流罪となった。
 流罪生活のはじめは伊豆の伊東祐親の管理下にあって伊東で過ご
 した。
・治承元年(1177) 頃? 29歳の源頼朝は韮山の北条館に行った。
北条館あるいは蛭ヶ小島に移り住んだのであろう。
★おそらくは北条時政から「狩野川の中洲にある蛭ヶ島に行って
ね。」と言われたのであろう。
蛭ヶ小島(伊豆の国市四日町)伊豆で源頼朝の流刑地として知られ
ている。しかし、長岡温泉の旅館の人の話だと
「土地を寄付してくれた人がいたから。」
という。従って、「蛭ヶ島」の正しい場所は不明である。」

文覚は蛭ヶ小島から3〜4km?と近い奈古谷に庵を結んでいた(伝)。
でも、私説では、北条時政の館あるいは伝堀越公方館近くが
源頼朝の住んでいた場所であると勝手に考えている。



文覚は伊豆国蛭ヶ島に配流の身だった源頼朝と知遇を得た。

●源頼朝と文覚が密談したという寺
@那古谷寺=授福寺(伊豆の国市那古谷)
但し、文治2年(1186)源頼朝開山。
  室町時代、国清寺末寺。

A文覚の草庵=高岩院か現国清寺か毘沙門堂付近説
画像

 (伊豆の国市那古谷)
 毘沙門堂は頼朝と文覚ゆかりのお堂といわれている。
 源頼朝は文覚から源氏再興の挙兵をするよう勧められたと
 伝えられている。
室町時代、上杉憲顕が文覚上人の旧居宅跡に、真言律宗を改め
 禅宗寺院を開いたのが国清寺である。(国清寺の記録文書)

B高源寺(田方郡函南町桑原)
  源頼朝の乳母:比企尼の館近くで、比企尼の墓がある。
  函南町大竹・桑原には比企尼の長女:丹後内待を妻にした
  安達盛長の館もあった。★田代3城であると考えている。

C円通寺(松崎町)・・・※案内板
画像

画像
 
画像

画像
 

 文覚は源頼朝に父:義朝の髑髏をみせて挙兵を迫った。 
 文覚は源頼朝に、
 「挙兵して、全国を従えるように・・・。」
 と挙兵を促した。源頼朝は、
 「今は朝敵となっている身だから、それが許されなければ、
  謀反となる、謀叛などできない。」
 と答えた。
  伊豆から福原京の藤原光能のもとへ赴いて後白河法皇に平氏追討
 の院宣を出させるように迫った。文覚は後白河法皇から院宣を給
 わり、源頼朝のもとに持ってきた。源頼朝にわずか8日で院宣を
 もたらしたのだ。源頼朝は院宣を掲げて挙兵した。
(★『平家物語』)
 ★文覚はスーパーマンであったようだ。
   平家物語は誇張しすぎって感じ・・・


・治承2年(1178) 文覚は中宮徳子の皇子出産に伴う恩赦によって、
  赦免された。
 その後、しばらくは消息は不明である。
 ★源頼朝再起の画策を行っていたのかもしれない。



・治承4年(1180)8月17日 源頼朝の挙兵
 三島大社の祭礼のために山木兼隆の郎党の多くが留守だったため、
 山木兼隆は満足に戦うことができず、加藤景廉によって討たれたの
 だった。
しかし、文覚は源頼朝挙兵の際に伊豆にいたかどうかは不明である。
文覚のいうように源頼朝挙兵は源氏再興の目的ではなかったかも
 しれない。・・・平家の横暴=目代のへの抵抗であったと考える 
 のが妥当であろう。そのため、後に多くの坂東武者が源頼朝に
 参集してくることになった。


・養和元年(1181) 補陀洛寺(鎌倉市)の建立。
  文覚が開山した。源頼朝の祈願所として建立された。
平家滅亡時、総大将:平宗盛が持っていたとされる「平家の
  赤旗」がある。


・寿永元年(1182) 江の島弁財天を建立した。
   源頼朝が文覚に命じて勧請した。
後、奥州平泉の藤原秀衡の調伏祈願を行った。

11月 後白河法皇が蓮華王院御幸
  文覚は御堂内陣まで進参して神護寺の復興を訴え、
  ようやく御裁許を得た。

・寿永2年(1183)  後白河法皇が神護寺の復興のため、紀伊国桛田荘
  を寄進せられた。

・寿永3年(1184) 源頼朝が神護寺復興のため、丹波国宇都荘などを寄
 進した。
 神護寺の荘園は八ヶ荘になった。
 神護寺の再興は軌道に乗った。
文覚は源頼朝や後白河法皇の庇護を受けて、文覚は念願だった
 神護寺の再興は進めた。


・寿永3年・元暦元年(1184) 宇治川の戦い

・文治元年(1185) ・長門壇ノ浦の戦い
   平氏が滅亡。
   平維盛には「六代御前(平清盛の直系曾孫)」と呼ばれる
   子がいた。
   北条時政が京に潜んでいる六代御前を捕らえた。
文覚は源頼朝のもとへ弟子を遣わして、平維盛の遺児:六代
   の助命を嘆願し、源頼朝から助命の許しを得た。
   文覚は六代を神護寺で預かることにした。

・文治元年(1185)源頼朝は勝長寿院を建立した。
 文覚は勝長寿院建立の際には、後白河法皇から送られた源頼朝
 の父:義朝の髑髏を持ってきたという。
源義朝と鎌田政家(政長)の首を葬った。父:義朝&鎌田政家
 の菩提を弔うため、追善の法会が行った。
 ★何故か、鎌田政俊でなく、鎌田政家の娘が出席した。

・文治2年(1186) 伊豆那古谷に授福寺を源頼朝が開山した。
★おそらくは文覚が開基であろう。

 文覚は東寺、高野山大塔、東大寺などの寺院を勧請し、所領を
 回復したり建物を修復したりした。


○文覚は源頼朝が征夷大将軍として存命中は幕府側の要人として、
  また大きな影響力を持っていた。
しかし、源頼朝は
 「文覚は六代が謀叛を起こさば味方 しかねない聖の御房なり。」
 と側近に語ったという。


●文覚上人屋敷跡碑(鎌倉市)・・・滑川の大御堂橋の袂にある。
 滑川は「坐禅川」と呼ばれていた。近くに勝長寿院がある。

・建久10年(1999) 源頼朝が死亡。

三左衛門事件
  一条能保&高能父子の遺臣が権大納言:土御門通親の襲撃を
 企てたとして逮捕された。
 「三左衛門」・・・後藤基清、中原政経、小野義成が左衛門尉
 であったことに由来している。
 文覚は連座して源通親に佐渡国へ配流された。
 
・文覚の佐渡国流罪中、妙覚=六代御前も捕らえられ、田越川
 (逗子市)で処刑された(伝)。
 ※六代御前の墓(逗子市)

 
・建仁2年(1202) 源通親の死亡。
  文覚は許されて京に戻った。
  佐渡から帰った文覚は、引続き神護寺の再興につとめた。

・元久2年(1205) 文覚は後鳥羽上皇に謀反の疑いをかけられ、
  対馬国(隠岐説あり)へ流罪となった。
  文覚は、途中、鎮西(大宰府) で客死した。

 文覚は生涯を終えたが、神護寺の再興は弟子:上覚(上覚房行慈)
 によって完遂された。



◆参考資料・図書
・平家物語
・源頼朝の本や漫画多数。 
・上杉憲顕:久保田順一著など



★参考Hp
源頼朝の鎌倉入り〜源氏再興の挙兵〜
http://okadosblog.blogspot.com/2010/12/blog-post_20.html

毘沙門堂静岡県伊豆の国市=怪僧文覚と源頼朝ゆかりのお堂=
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/nirayama-bishamondo.htm

文覚上人と神護寺(神護寺Hp)



〜〜〜源頼朝&伊豆シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★源頼朝@伊豆「伊東→蛭ヶ小島へ」
http://53922401.at.webry.info/201412/article_19.html

箕輪初心★源頼朝A伊東祐親の娘:八重姫の悲話&
『伊東祐親の生涯』
http://53922401.at.webry.info/201412/article_20.html

箕輪初心★源頼朝B【蛭ヶ小島3年北条政子との結婚】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_24.html

箕輪初心★源頼朝C「治承4年(1180)8月17日の挙兵
〜19日石橋山の合戦前」
http://53922401.at.webry.info/201412/article_25.html

神奈川▲源頼朝D【治承4年(1180)8月19日〜22日土肥館】&
土肥実平の生涯
http://53922401.at.webry.info/201412/article_26.html

箕輪初心▲源頼朝E【治承4年(1180)8月23日石橋山の戦い
&佐那田神社】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_27.html

箕輪初心▲源頼朝F治承4年(1180) 8月24日逃亡〜梶原景時
〜土肥城〜箱根神社
http://53922401.at.webry.info/201412/article_28.html

箕輪初心▲源頼朝G治承4年(1180)8月27日【荒井城】&
【詠い坂】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_29.html

箕輪初心▲源頼朝H【治承4年(1180)8月28日:岩からの源氏
再興の舟出】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_30.html

箕輪初心★源義朝(源頼朝の父)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201501/article_22.html

箕輪初心★平治の乱『源義朝&鎌田政清の最後』=長田忠致の
裏切り
http://53922401.at.webry.info/201501/article_23.html

箕輪初心◆源頼朝12:『治承4年(1180)8月29日房総
〜関東平定』
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

箕輪初心▲源頼朝13【挙兵〜関東平定&坂東武者の思惑】
素案
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

箕輪初心★源頼朝14【乳母:比企尼(ひきのあま)】
http://53922401.at.webry.info/201501/article_29.html

箕輪初心★源頼朝15【愛のキューピッド:安達盛長】
:鴻巣放光寺→伊豆→甘縄→高崎八幡
http://53922401.at.webry.info/201501/article_30.html

箕輪初心▲源頼朝16【仁田忠常】&伊豆函南【仁田館】
http://53922401.at.webry.info/201501/article_31.html

箕輪初心▲源頼朝17【肥田宗直】&伊豆函南「肥田館」
http://53922401.at.webry.info/201501/article_32.html

箕輪初心▲源頼朝18【治承3年の政変〜以仁王&源頼政の
思惑〜源頼朝の挙兵】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_1.html

箕輪初心★源頼朝19【北条時政の思惑@】&伊豆長岡【北条館】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_2.html

箕輪初心▲源頼朝20【北条時政の思惑A】&伊豆【願成就院】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_3.html

箕輪初心★源頼朝21【正妻:北条政子】結婚〜恐妻〜尼将軍
http://53922401.at.webry.info/201502/article_4.html

箕輪初心★源頼朝21【義弟:北条義時】:武家政権確立&
伊豆『北条寺』
http://53922401.at.webry.info/201502/article_5.html

箕輪初心★3代目執権【北条泰時】:御成敗式目の作成
http://53922401.at.webry.info/201502/article_6.html

箕輪初心★鎌倉幕府の執権:北条氏一覧
http://53922401.at.webry.info/201502/article_7.html

箕輪初心▲源頼朝21【狩野茂光】&伊豆【狩野日向館】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_9.html

箕輪初心★源頼朝25【武闘派:加藤景廉@】&伊豆の墓
http://53922401.at.webry.info/201502/article_10.html

箕輪初心★源頼朝25【武闘派:加藤景廉A】&伊豆の墓
http://53922401.at.webry.info/201502/article_11.html

箕輪初心▲源頼朝26【田代冠者信綱】&伊豆の田代砦
http://53922401.at.webry.info/201502/article_12.html

箕輪初心▲源頼朝27【武闘派:天野遠景】:狩野茂光の娘婿?
http://53922401.at.webry.info/201502/article_13.html

箕輪初心★源頼朝28【大見家政&家秀】&伊豆【大見城】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_14.html

箕輪初心★源頼朝29【側近:近藤七国平】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_15.html

箕輪初心▲源頼朝30【25臣の1人:宇佐美祐茂】&「宇佐美城」
http://53922401.at.webry.info/201502/article_18.html

箕輪初心★源頼朝31【寵臣:工藤祐経→曾我兄弟の仇討ちで死亡】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_19.html

箕輪初心★源頼朝32【伊東祐親→河津祐泰の死→曽我兄弟の仇討ち】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_20.html

箕輪初心★源頼朝33【源義朝重臣:鎌田政家の子:鎌田俊長】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_21.html

箕輪初心★源頼朝34【小間使&密偵?→文官:小中太(中原)光家】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_22.html

箕輪初心★源頼朝35【伊豆挙兵時の参加者名簿&国別一覧】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_24.html

箕輪初心▲源頼朝36【葛城山 (伊豆の国市):源頼朝ゆかりの地?】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_25.html

箕輪初心★源頼朝37【i治承4年(1180)石橋山の戦い・平氏側
参加者一覧】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_28.html

箕輪初心▲源頼朝38「伊豆那古谷〜畑毛温泉〜大仙山城遠望」
http://53922401.at.webry.info/201503/article_7.html




〜〜〜南北朝時代の伊豆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲静岡小川町『箱根竹ノ下の戦い』
(足利尊氏VS新田義貞)
http://53922401.at.webry.info/201412/article_3.html

箕輪初心▲畠山国清@【伊豆修善寺城】南北朝時代の築城
http://53922401.at.webry.info/201503/article_4.html

箕輪初心★畠山国清A【伊豆金山城=大仁城説】
http://53922401.at.webry.info/201503/article_5.html

箕輪初心▲畠山国清B【伊豆:国清寺】→畠山義深の生涯
http://53922401.at.webry.info/201503/article_6.html





〜〜〜戦国時代の伊豆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★北条早雲の生涯=伊豆・相模国盗り物語
http://53922401.at.webry.info/201309/article_25.html

箕輪初心▼相模&駿河【足柄城】:北条氏の武田氏対策の城
http://53922401.at.webry.info/201412/article_2.html

箕輪初心▼駿河:【深澤城】:今川義元→北条綱成→武田信玄
http://53922401.at.webry.info/201412/article_4.html

箕輪初心▲静岡裾野【葛山城】大森弟系葛山→北条綱成娘婿:
葛山広元→武田信玄6男
http://53922401.at.webry.info/201412/article_5.html

箕輪初心●静岡【興国寺城】:北条早雲築城→今川→
北条の塀和→武田信玄
http://53922401.at.webry.info/201412/article_6.html

〜〜〜〜おまけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲神奈川【河村城】:河村氏→上杉氏→北条氏
http://53922401.at.webry.info/201412/article_1.html

箕輪初心▲神奈川【小田原城の歴史詳細】:大森氏→北条氏5代
http://53922401.at.webry.info/201411/article_26.html


箕輪初心●静岡:韮山城&江川邸★江川太郎左衛門
http://53922401.at.webry.info/201106/article_17.html

〜〜〜幕末の伊豆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★「江川太郎左衛門英龍」=国防に捧げた幕末偉人
http://53922401.at.webry.info/201309/article_23.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_23.html

〜〜〜最近の伊豆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心★川端康成「伊豆の踊り子」小説&映画では?
http://53922401.at.webry.info/201309/article_24.html






〜〜〜伊豆ダイビングシリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▼西伊豆『大瀬崎ダイビング10・11・12回目』
http://53922401.at.webry.info/201308/article_22.html

箕輪初心▼2014伊豆B【大瀬崎ダイビング14回目】
http://53922401.at.webry.info/201409/article_24.html

▼▼ 箕輪初心▼西伊豆:井田ダイビング
         &前橋育英&イチロー ▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_19.html

▼▼ 箕輪初心▼西伊豆:土肥ダイビング10回 ▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_18.html

▼▼ 箕輪初心▼西伊豆:田子ダイビング ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_15.html

▼▼ 箕輪初心▼西伊豆:浮島ダイビング ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_12.html

▼▼ 箕輪初心◆浮島ダイビング=100万年前の海底トンネル? ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_12.html

▼▼ 箕輪初心◆雲見ダイビング&静岡の城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201308/article_11.html

箕輪初心▼2014夏:伊豆ダイビングA雲見2回目
http://53922401.at.webry.info/201407/article_25.html

箕輪初心▼20140824伊豆:雲見ダイビング3回目
http://53922401.at.webry.info/201408/article_21.html

▼▼ 箕輪初心◆南伊豆町AWRE清掃ダイビング ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_8.html

▼▼ 箕輪初心◆神子元ダイビング:ハンマーヘッド ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_7.html

▼▼箕輪初心▼伊豆:稲取ダイビング&キャンピングカー▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_6.html

▼▼ 箕輪初心▼八幡野ダイビング&温泉「みなと旅館」&
マリンブルー伊豆高原 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_5.html

◆◆ 箕輪初心◆城ヶ崎海岸溶岩流ハイキング&ダイビング ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201308/article_4.html

▼▼ 箕輪初心▼小林たかじん氏の「PADI魚魚目
フォトSPインストラクター講習会」in富戸 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201308/article_2.html

▼▼ 箕輪初心▼富戸ダイビング6回 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201307/article_30.html

▼▼ 箕輪初心▼伊東ダイビング2回 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201307/article_29.html

▼▼ 箕輪初心▼宇佐美ダイビング2回&宇佐美城 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201307/article_28.html

▼▼ 箕輪初心▼富戸ダイビング20130712小林たかじん氏 ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201307/article_16.html

▼▼ 箕輪初心▼神奈川:岩ダイビング:5月水温17℃ ▼▼
http://53922401.at.webry.info/201305/article_5.html


箕輪初心▲百名山40『雪の天城山』&土肥ダイビング
http://53922401.at.webry.info/201308/article_17.html







★明日は三嶋大社かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★源頼朝39【遠藤盛遠=文覚上人】挙兵を促した人物 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる