城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城D【狩野城】:狩野茂光築城?

<<   作成日時 : 2015/03/27 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

静岡県伊豆市本柿本〜青羽根にある山城である。狩野城の前は
ダイビングで50回以上の通過している。250年間、狩野氏
は日向館・狩野城を本拠地に中伊豆地方に勢力を振った。狩野
氏は後に後北条氏に仕えた。狩野泰光や狩野一庵も末裔である。           
※絵師狩野派の初代狩野正信は、維景から16代の孫のようで
ある。(★現地案内版)天正17年(1179) 狩野氏末裔が群馬の
旧赤城村に移り住んだ。
画像




箕輪初心▲源頼朝21【狩野茂光】&伊豆【狩野日向館】
http://53922401.at.webry.info/201502/article_9.html


◆訪問日・・・平成25年(2013)8月27日
《アクセス》
国道136号有料修善寺道路の修善寺ICで左折。
天城湯ヶ島方面に南下。

3kmの柿木橋先の右に駐車場がある。7〜8台?
柿木集落にも10台。
※南から来ると、        
画像

●狩野城の表示は、観光案内の大看板で隠れて見にくい。
 本郭まで25分だって      
画像



●前情報
画像

画像

画像

画像


●登山開始
画像


●東郭
画像

画像

画像

画像

画像


●中郭
画像

画像







●南郭
画像



●本郭の空堀
画像


画像

●西郭
画像

画像


●水の手郭
画像


・戻った。

●本郭・・・「狩野茂光公堡塁之跡」の石碑。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


●出丸
画像

画像





▼下山
画像

●本丸東の空堀
画像

画像

画像

画像

画像

・本郭の土盛り
画像




◆◆ 狩野氏&狩野城の歴史 ◆◆
画像



・平安末期   狩野氏は狩野谷に在住。
        代々狩野介と呼ばれていた。
        伊豆国府の在庁官人を勤めていた。
狩野茂光
・治承4年(1180) 狩野茂光は源頼朝の挙兵に加わった。
石橋山の戦いで戦死。あるいは自害した。

・鎌倉時代  
  北条氏に従い、伊豆中央部に一大勢力を持っていた。

・南北朝時代 
修善寺城に立て籠もった元関東管領:畠山国清が敗北した。
やがて、上杉憲顕が伊豆の支配を任された。
  山内上杉氏の被官:狩野氏は狩野荘六郷を支配した。
  今川氏と対立抗争した駿河狩野氏とも繋がりがあった。

・室町時代
狩野氏一族の狩野景信は足利義教に見出され京に上った。
  子:狩野元信は画界に狩野派と称する流派を立てた。


・戦国時代
・長禄2年(1457)足利政知によって堀越御所が築かれた。
  室町幕府は5代関東公方:足利成氏を廃し、関東公方として
 足利政知(6代将軍足利義教の次男)を下向させた。
  下総国古河へ移り古河公方:足利成氏の抵抗を受け、
 足利政知は関東へ入ることができず、伊豆韮山(元北条時政館)
  に館を築いた。
・延徳3年(1491)足利政知は没した。家督争いが起こった。
  茶々丸 VS 潤童子
 堀越御所の内紛

・明応2年(1493)  10月「堀越御館の乱」
  興国寺城にいた伊勢新九郎(宗瑞・北条早雲)は足利政知の子
  :茶々丸を急襲した。
  足利茶々丸を推す狩野・伊東連合軍は敗れ開城。
  
   北条早雲は韮山城を本拠とし、伊豆を侵略し始めた。
柏久保城を築き、狩野城を攻める計画を立てた。

  狩野氏総領家の当主:狩野道一は「狩野介」を名乗り、狩野庄
  六郷を支配していた。山内上杉氏の被官であった。
「小田原北条記」によると・・・
  北条早雲の威勢はいやが上にも盛んとなったので、近隣の者は皆
  その指図に服従した。
 
 そこで、次に狩野氏を攻めた。
 狩野氏には、血縁の伊東氏から加勢が駆けつけた。
 北条早雲には、葛山氏、岩本氏などが加勢した。
   
  柏久保〜伊東周辺で両勢力の衝突・戦さ。
  
・明応6年(1497)  伊勢氏と狩野氏との間に激しい戦い   
   結果・・・伊勢方の大見三人衆の働きにより勝利。
    (「中部地方の中世城館静岡」)
狩野氏総領家の当主:狩野道一は伊勢新九郎の伊豆制圧に
    4年間立ちはだかった。
 攻防戦になったが、狩野道一は破れ、自害して果てた。
(★北条五代記)

・明応7年(1498)  房総半島から紀伊半島での大地震   
    足柄茶々丸が自害?
    茶々丸敗死。
  
 しかし、250年間、狩野氏は日向館・狩野城を本拠地に
 中伊豆地方に勢力を振ったが、狩野氏は後に後北条氏に仕え
 ることになった。
  
 狩野道一は後北条氏に従い、武蔵松山衆の筆頭重臣
 となった。垪和一族&上田一族&狩野一族がいた。
  
 狩野城は、後北条氏によって改修された。 

  狩野泰光や狩野一庵も末裔である。
  ※狩野一庵・・・狩野泰光と同一人物説あり。
   (★黒田基樹)
 狩野一庵は北条氏康に馬廻りとして仕えた。

・永禄12年(1569) 頃 北条氏照の側近となった。
  北条氏照支配下の国人衆との連絡役を務めた。
  また、滝山城や八王子城の留守居役などを任された。
・天正10年(1582) 本能寺の変
北条氏直が深谷にいた狩野一庵経由で変を知った。
  神流川戦い
 滝川一益勢の及ぶ最前線に配置されていたらしい。

・天正18年(1590) 豊臣秀吉による小田原攻撃
   狩野一庵は八王子城を守備し、三の丸で討ち死にした。
         
  ※絵師狩野派の初代狩野正信は、維景から16代の孫である。
 (★現地案内版)


・天正10年(1582) 武田氏滅亡
「上野出身の武田24将の一人小幡重貞(→信貞)は1582年に
武田氏が滅亡すると、八王子の北条氏照に助けをもとめ、北条家の
家臣になった。そして、伊豆で狩野に姓を変え、館を築いた。
1590年の北条氏滅亡後は、狩野氏として上野の旧赤城村に
在住したり、真田昌幸に仕えたりした。」という。
(※かみつけの里友の会会長黒崎氏)
群馬の小幡一族系の狩野もいるのだ。
 ★個人的な考えだと、
「武田24将を追われた小幡重貞=信貞=信実の子は狩野氏の娘を
 貰った。

・天正17年(1589) 伊豆狩野氏は赤城に住んだ。
  (※群馬県史)
 上野(群馬県)の赤城村に移って土着したのだ。・・

・現在・・群馬県旧赤城村狩野さん一族は末裔なのだ。
     高校の同級:狩野昭一氏が子孫である。





〜〜〜戦国時代の伊豆・駿東〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲伊豆【堀越公方:足利政知館】→北条早雲&伊豆の城@
http://53922401.at.webry.info/201503/article_12.html

箕輪初心★北条早雲&伊豆の城A【北条早雲の生涯】復刻版
http://53922401.at.webry.info/201503/article_13.html

箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城B【韮山城】:早雲25年?
49年間の城?
http://53922401.at.webry.info/201503/article_14.html

箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城C【江川屋敷&江川郭遠望】
http://53922401.at.webry.info/201503/article_15.html

箕輪初心★北条早雲の生涯=伊豆・相模国盗り物語
http://53922401.at.webry.info/201309/article_25.html

箕輪初心●静岡:韮山城&江川邸★江川太郎左衛門
http://53922401.at.webry.info/201106/article_17.html

箕輪初心▼相模&駿河【足柄城】:北条氏の武田氏対策の城
http://53922401.at.webry.info/201412/article_2.html

箕輪初心▼駿河:【深澤城】:今川義元→北条綱成→武田信玄
http://53922401.at.webry.info/201412/article_4.html

箕輪初心▲静岡裾野【葛山城】大森弟系葛山→北条綱成娘婿:
葛山広元→武田信玄6男
http://53922401.at.webry.info/201412/article_5.html

箕輪初心●静岡【興国寺城】:北条早雲築城→今川→
北条の塀和→武田信玄
http://53922401.at.webry.info/201412/article_6.html



★明日は柏久保城かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心▲北条早雲&伊豆の城D【狩野城】:狩野茂光築城? 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる