城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心★源頼朝14【乳母:比企尼(ひきのあま)】&埼玉滑川『三門館』&『泉福寺館』

<<   作成日時 : 2015/01/28 07:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

比企尼(ひきのあま)は鎌倉幕府を成立させた源頼朝の乳母である
比企尼は藤原秀郷の流れを汲む比企一族である武蔵国比企郡の代官:
比企掃部允(遠元?)の妻である。平治元年(1159)の平治の乱で源
義朝が敗死し、14歳の3男:源頼朝は伊豆国に流罪となった。源頼朝
の乳母:比企尼は京から武蔵国比企郡に夫:比企掃部允と共に
下った。治承4年(1180)の8月?まで約20年間、源頼朝に食料や衣
服などを仕送りを続けた。
 (★『吾妻鏡』寿永元年10月17日条)
画像

 (★埼玉滑川町泉福寺からの「三門館」の眺め)
※比企尼は、秀郷流藤原氏の比企掃部充の妻である。
掃部允(かもんのじょう)は、律令制における宮内省に属する令外官
の官職名で、官位七位相当の官職である。
比企掃部允の本名は不明であるが、比企遠宗との説が有力である。
比企尼(ひきのあま)不明である。




〜〜〜比企尼ゆかりの地〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【1】三門館:比企掃部允(遠宗?)&比企尼の館
 埼玉県比企郡滑川町和泉1238番地
 三門館=和泉の陣城ともいう。
・土地の伝承では五所五郎丸の居館・・

久安3年(1147) 「三門館」の建築。
 比企掃部允遠宗は武蔵国比企郡の郡司であった。
 源義朝の命令で比企郡和泉の三門に館を建てた。
 源頼朝の乳母:比企尼&夫:比企掃部允遠宗が住んでいた。
 

・久安3年(1147)4月8日(5月9日)
  源頼朝が生まれた。
  京都に行って、比企尼は乳母になった。
  京都で鬼若丸を育てた。

・平治元年(1159) 平治の乱
  (★『吾妻鏡』寿永元年10月17日条)

・永暦元年(1160)3月 14歳の源頼朝が伊豆に流罪になった。
 源頼朝の乳母:比企尼は京から武蔵国比企郡に夫:比企掃部允と
 共に下った。
 ※治承4年(1180)の8月?まで約20年間、源頼朝に食料や衣
  服などを仕送りを続けた。


・治承4年(1180) 8月17日 源頼朝の挙兵

・建久2年(1191) 泉福寺が開山(伝)。

・建久4年(1194) 毛呂太郎季綱が武蔵国泉・勝田の地を賜る。
(★日本城郭大系P82)

●滑川町和泉1238・・・八宮神社
画像

・ガサガサ・・「げっ、・・・ハクビシンだ。」
・社
画像


●祠
画像



●八宮神社の南へ
画像

  

●1本目の横堀
画像


●二重の縦堀
画像

画像


●2本目の横堀=空堀

●本郭=主郭
画像


●3本目の横堀
画像


●土塁
画像


●副郭
画像


●南の切り崖
画像




【●】泉福寺館
・建久2年(1191) 泉福寺が開山(伝)。
 ★比企掃部允遠宗は源頼朝の挙兵直前に死んでしまった
  ので、比企能員が上野守護となると同時に、泉福寺館
  を構築した可能性がある。

●山門
画像

●本堂
画像

●池

●国宝
画像


●裏山に
画像


●竹林の中に・・・遺構が詰まっていた。
画像



●空堀・・・三門館より深い。
画像


●本郭付近
画像


●複雑な空堀
画像



●東の崖
画像


●三門館からの遠望
画像







【●】比企尼山・・・森林公園など


【2】京での住まい?・・・不明



【3】伊東での住まい?


【4】函南の桑原・大竹での住まい?
 ★長女:丹後内待の夫:安達盛長の館の近くに住んだ。 
 



【5】鎌倉での住まい
 @妙本寺=比企能員館

 A大路の館

 B??の館




・久安3年(1147) 源頼朝が誕生
  河内源氏の棟梁・源義朝と熱田神宮大宮司:藤原季範の娘
 由良御前との間に3男が生まれた。
  幼名を鬼武者(おにむしゃ)と名付けられた。

  鬼武者は、武蔵国比企郡の代官で、比企掃部允(かもんのじょう)
  の妻:比企尼(ひきのあま)が乳母として育てた。
  比企掃部允は藤原秀郷(藤原北家魚名流)の流れを汲む一族で
  ある。
  比企尼(ひきのあま)が鬼武者の乳母と成った経緯は不明である。
  夫・比企掃部允が藤原秀郷流の下級貴族だった。南家の熱田神宮
  大宮司:藤原家からの依頼だった可能性が高い。

・久安3年(1147) 源義朝は長男:源義平に東国を任せて都へ戻った
  源義朝は正室の熱田大宮司の娘:由良御前との間に嫡男(3男)
 の頼朝をもうける。
 母の実家の白河院近臣:藤原忠清の後ろ楯を得て、鳥羽院や藤原忠通
 に接近した。

・仁平3年(1153)
源義朝は従五位下下野守に任じられた
  河内源氏の受領就任は源義親以来50年ぶりであった。

  父・源為義検非違使・・摂関家を背景
    VS
子・源義朝・鳥羽院
  寺社勢力の鎮圧や院領支配のためには東国武士団を率いる源義朝の
  武力を必要としていた

・久寿2年(1155) 大蔵合戦
 源為義の長男。源義朝は嫡男:源義平は鎌倉から北に勢力を
  伸ばした。
 源為義の次男:源義賢上野国:多胡郡から畠山重忠の娘を妻にした
  武蔵大蔵に館を持ち勢力を南に伸ばしていた。
 ・・・権益がぶつかった・
 源義朝は父:源為義の意向を受けて東国に下向した。
  次男:源義賢+畠山重忠・・・

 【大蔵合戦】
  弟:源義賢を長男:源義平に討たせた。
  対抗勢力を排除して坂東における地位を固めた。

  父と子:義朝の対立は深まった。
 
・保元元年(1156)7月 保元の乱
崇徳上皇方・・・父:源為義、3男:源頼賢・8男:為朝

後白河天皇方・・長男:源義朝*平清盛・信西・藤原忠通
  東国武士団を率いて参陣し後白河方の中信となって戦った。

 結果・・後白河天皇方が勝利
  源義朝は平清盛と共に後白河天皇に従って勝利した。
 7月30日父:源為義&頼賢らが源義朝に処刑された。
 
  恩賞として左馬頭(さまのかみ)=馬寮の武官長に任じられた。

  鬼武者が9歳だった。

やがて鬼武者は元服して源頼朝を名乗った。
 3男で在りながら清和源氏の棟梁:源義朝の継嗣として官に
 登用され、宮廷武官の道を歩み始めた。

・保元3年(1158) 11歳
  源頼朝は後白河天皇の准母として皇后宮となった統子内親王
 (むねこないしんのう)に仕えた。
  皇后宮権少進(ごんしょうじょう)となった。

・平治元年(1159) 統子内親王が院号宣下を受け、女院上西門院と
なった。源頼朝は上西門院蔵人(くらんど)となった。

・平治元年(1159) 平治の乱
源氏 VS 平氏
源氏 VS 平氏

 結果・・・平清盛の勝利

 源義朝は東国への脱出を図ったが、途中で源頼朝とはぐれた。
 源朝長・義隆を失った。
12月29日 源義朝は尾張国内海荘司:長田忠致邸にたどり着いた。
 しかし、源義朝&鎌田政清(伊豆)とともに長田忠致に殺害された。

 源義朝は尾張で戦死した。

源頼朝は尾張の熱田神宮で平清盛の配下に捕えられた。

・平治2年(1160)
1月9日  
  源義朝と鎌田政清の首は京都で獄門に晒された。

1月18日
  長男:源義平は難波経房の郎等・橘俊綱に捕らえられた。
  21日、六条河原で処刑された。


2月9日 源頼朝も平頼盛の郎等:平宗清に捕まった。
  源頼朝は京の六波羅へ送られた。処罰は死刑が当然視され
  ていた。
  平清盛の継母:池禅尼の嘆願で助命された。
  池禅尼は待賢門院(後白河上皇:上西門院の母)近臣家
  出身だった。
  上西門院と近臣・熱田大宮司家が繋がりがあった。
  そして、源頼朝は上西門院の蔵人をつとめていた。
  平清盛は助けた。・・・★失敗のはじまりだった。


※大庭景親も当然、打ち首のはずだった。
   しかし、平清盛が助けた。・・・恩義を感じた。

・治承4年(1180) 源頼朝の挙兵
  大庭景親は源頼朝の追討軍の大将になった。




●源義朝の妻 
  正室:藤原季範娘(由良御前)
  側室:常盤御前、三浦義明の娘、波多野義通の妹
   遠江国池田宿遊女、青墓長者大炊 

●源義朝の子ども
長男:義平・・・・三浦義明娘説が有力。源義賢を討った。
次男:朝長・・・・波多野氏の妹*娘?豪族と婚姻関係を結んだ。
3男:頼朝・・・・母:藤原季範の娘=由良御前★身分が高い。
4男:義門
5男:希義
6男:範頼・・・・母:池田宿(=磐田市)の遊女?
7男:阿野全成
8男:義円
9男:義経・・・・母:常盤御前
長女:坊門姫
次女:女子?




◆参考文献・資料
・「武士の誕生」:関幸彦著
・河内源氏:
・新田義重:久保田順一著
・源頼朝:学研

◆参考サイト
・ウィキペディア等

・???年平治の乱以前 比企遠宗が掃部充に任官した。

・平治元年(1159) 平治の乱
後白河院政派の主将として参戦した
源頼朝は、平清盛に敗北した。

父:源義朝が敗死した。

源頼朝は初陣で参戦した。

・平治2年・ 永暦元年(1160) 
2月9日 源頼朝も平頼盛の郎等:平宗清に捕まった。
平清盛の継母:池の禅尼の命乞いで、死一等を減ぜられて
  伊豆に流刑となり、助けられた。
 
3月11日 伊豆国の蛭ヶ小島へと流された。
  大炊御門経宗・葉室惟方・源希義も伊豆流刑になった。
  
 ※源頼朝が伊豆国へ流罪となった。
 伊豆国に配流とのみ伝わっているので、本当に蛭ヶ小
   島に流されたのかどうかは不明である。
源頼朝が平清盛により最初に流されたのは、
  現在の伊東市の基を作った伊東祐親の管理下であった。
(★曽我物語)

源頼朝の伊豆国配流が決定すると、武蔵国比企郡の郡司職を得て、
妻と共に坂東へ下向した。

 源頼朝の乳母で在った比企尼(ひきのあま)は武蔵国比企郡の代官と
なった夫:比企掃部允と共に京から領地=埼玉県滑川の三門へ下り、
 治承4年(1180)の秋まで20年間に渡り。伊豆国流人・源頼朝に
 仕送りを続けた。
(★「吾妻鏡」)
比企尼は武蔵国比企郡の所領から源頼朝に米を送り続け、3人の
  娘婿に源頼朝への奉仕を命じていた。

・???? 頼朝の乳母:比企尼の娘:丹後内侍は
     安達盛長の妻となった。
比企掃部允と比企尼の間には男子はなく娘が3人いた。

 ※比企尼の3人娘達
@長女:安達盛長の妻・・函南の桑原・大竹地区・本領武蔵
丹後内侍(たんごのないし)は惟宗広言(これむねのひろこと)
 と密かに通じて、島津忠久を産んだとされる。(源頼朝説あり)
 その後、坂東(★おそらくは埼玉滑川の三門館)へ下って安達盛長
 (★おそらくは鴻巣の放光寺)に再嫁し、安達盛長は源頼朝の
 側近となった。
  (★源範頼の系譜『吉見系図』)
 比企尼の婿である安達盛長が側近として仕えることになった。
 比企尼も函南に住んだという説もある。
 ※安達盛長が日本史の表舞台に登場するのは、源頼朝の乳母
:比企尼の娘:丹後内侍を妻としたことである。
 しかし、丹後内侍と婚姻した経過や時期も定かではない。
 安達盛長&妻:丹後内侍は源頼朝が伊豆の流人になった時から
 仕えた。

 妻:丹後内侍(天皇の世話係)は宮中で女房を務めていたので、
藤原邦通など京に知人が多く、京都の情勢を源頼朝に伝えていた
と言われている。
※丹後内侍の娘・・・源頼朝の実弟・源範頼(のりより)の妻

A次女:河越尼・・河越重頼の妻・・武蔵河越
河越尼の娘・・・異母弟・源義経に嫁いだ。
源頼家の乳母となった。

B3女:伊東祐親の次男:祐清の妻
伊東祐親(すけちか)の嫡男:伊東祐清(すけきよ)に嫁いだが、
  死別した後は源氏一族:平賀義信(よしのぶ)の室となった。
源頼家の乳母となった。

C比企尼の養子・・・比企能員
 比企掃部允は源頼朝の旗揚げ前に死去した。
  男子に恵まれなかったので、比企氏の家督は甥の比企能員
  (ひきよしかず)を比企尼の猶子(養子)として迎え、跡を
  継がせた。後に比企能員が源頼朝の嫡男頼家(2代将軍)の
  乳母父となって権勢を握った。

〜〜〜伊豆での協力者〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
D伊東祐親の長男:祐泰の妻は狩野茂光の娘
E比企朝宗の娘:北条義時の妻
F源氏方に従ったため所領を失って放浪中の近江源氏佐々木定綱
 四兄弟が従者として奉仕した。
G京の乳母の甥:三善康信から定期的に京都の情報を得ていた。

※安達盛長&妻:丹後内侍は配流先で源頼朝の世話をする
 こととなった。正確には安達盛長は「妻の縁故」で仕える
 ことになったのである。

・安達盛長は29歳?であった。
安達盛長は、丁度一回り12歳年下の源頼朝に仕えたのだ。
家は現函南町桑原&大竹に建てた。
 比企家も桑原に家を建てた。
当時、桑原から伊豆山神社に抜ける旧熱海道があった。

安達盛長は義弟:伊東祐清の妹:八重姫との
橋渡しをしたのであろう。
源頼朝にとっては12歳年上だったが、よい相談相手で
あったのだろう。


・仁安2年(1167)
 源頼朝は伊東祐親の下に在った。ここでは後に家人となる土肥
 実平、天野遠景、大庭景義などが集まり狩や相撲が催されて
 た。
(★曽我物語)

・文治2年(1186)6月16日 源頼朝と北条政子が比企尼の屋敷を訪れた。
  納涼の宴会を催した。


・文治3年(1187)9月9日、源頼朝と北条政子が比企尼の屋敷を訪れた。
  観菊の宴会を催した。

※比企能員邸
  比企能員は比企尼と比企ヶ谷の邸宅に居住していた。
  比企能員は比企ヶ谷とは別に大きな邸宅を構えていたらしい。
  東御門の邸、町大路の邸である。 
(★『吾妻鏡』)
源頼朝の比企尼への思慕は厚った。
 比企尼は鎌倉幕府成立過程において大きく影響したのである。

・建久4年(1193) 曾我兄弟の仇討ち
源頼朝が討たれたとの誤報が入った。
 北条政子が嘆いた。
 源範頼は
 「後にはそれがしが控えておりまする」
 と述べた。源頼朝に謀反の疑いを招いたという。

 源範頼は忠誠を誓う起請文を源頼朝に送った。
 しかし源頼朝は「源範頼」と源姓を名乗ったことを許さ
 なかった。

 源頼朝は源範頼を伊豆国に流した。
  (★『吾妻鏡』)

 源範頼は伊豆国修善寺に幽閉され、殺害された。

 比企尼は孫娘の婿:源範頼が謀反の咎で誅殺された際、源頼朝に
 曾孫の助命嘆願を行い、源範頼の男子2人が出家することで連座
 を逃れた。
(★『吉見系図』)

・????年 比企尼の死
   没年は不明である。




〜〜〜河内源氏〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【1】源氏系図
箕輪初心★久保田順一先生20141129『河内源氏&上野国
:八幡荘』前編
http://53922401.at.webry.info/201412/article_11.html

河内源氏は@源頼信→A源頼義→B源義家→C源義国→新田氏の始祖
:新田義重と続く。

A源頼義
長男:義家
次男:義綱
3男:義光・・長男:佐竹義業
次男:義清→清光→次男:武田信義・・一条忠頼
3男:安田義定
※清和源氏流・河内源氏の一門:源義光を始祖とする甲斐源氏
の宗家である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
B源義家→義親→長男:為義&次男:義国
 長男:為義系・・・
長男:源義朝・・・義平・○・頼朝・○・○・範頼・○・義経
次男:源義賢・・・木曾義仲・・義高
3男:志田義広

 次男:義国系・・・・
 長男:新田義重・・・里見義成・新田義兼・山名範頼など
  次男・足利義康・・・足利義兼
 ★当時・・誰が嫡流かは明確になっていない。

箕輪初心★源義朝(源頼朝の父)の生涯
http://53922401.at.webry.info/201501/article_22.html

箕輪初心★平治の乱『源義朝&鎌田政清の最後』
=長田忠致の裏切り
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do



〜〜〜源頼朝&伊豆シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★源頼朝@伊豆「伊東→蛭ヶ小島へ」
http://53922401.at.webry.info/201412/article_19.html

箕輪初心★源頼朝A伊東祐親の娘:八重姫の悲話&
『伊東祐親の生涯』
http://53922401.at.webry.info/201412/article_20.html

箕輪初心★源頼朝B【蛭ヶ小島3年北条政子との結婚】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_24.html

箕輪初心★源頼朝C「治承4年(1180)8月17日の挙兵
〜19日石橋山の合戦前」
http://53922401.at.webry.info/201412/article_25.html

神奈川▲源頼朝D【治承4年(1180)8月19日〜22日土肥館】&
土肥実平の生涯
http://53922401.at.webry.info/201412/article_26.html

箕輪初心▲源頼朝E【治承4年(1180)8月23日石橋山の戦い
&佐那田神社】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_27.html

箕輪初心▲源頼朝F治承4年(1180) 8月24日逃亡〜梶原景時
〜土肥城〜箱根神社
http://53922401.at.webry.info/201412/article_28.html

箕輪初心▲源頼朝G治承4年(1180)8月27日【荒井城】&
【詠い坂】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_29.html

箕輪初心▲源頼朝H【治承4年(1180)8月28日:岩からの源氏
再興の舟出】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_30.html

箕輪初心▲源頼朝10:埼玉【阿保氏館跡】&「阿保氏の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201501/article_6.html


箕輪初心◆源頼朝12:『治承4年(1180)8月29日房総
〜関東平定』
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

箕輪初心▲源頼朝13【挙兵〜関東平定&坂東武者の思惑】
素案
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

箕輪初心★源頼朝14【乳母:比企尼(ひきのあま)】
http://53922401.at.webry.info/201501/article_29.html


〜〜〜源頼朝の一族〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜源頼朝の準一族【新田一族】〜〜〜〜〜〜〜
●【1】新田義重の関係〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★高崎:新田義重&茶臼山城
http://53922401.at.webry.info/201309/article_27.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_27.html

●【2】里見氏関係:里見義俊〜
箕輪初心★「2代目里見義成」=源頼朝の側近
http://3922401.at.webry.info/201309/article_30.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_30.html

●【3】山名氏関係:山名義範〜
箕輪初心●群馬:高崎「山名義範館」=子孫は山名宗全
http://53922401.at.webry.info/201102/article_31.html

箕輪初心★「上野国:山名義範〜応仁の乱:山名宗全」
http://53922401.at.webry.info/201309/article_26.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_26.html

箕輪初心●兵庫『出石:有子山城』=山名一族の古城
http://53922401.at.webry.info/201304/article_20.html

箕輪初心●群馬の城:高崎旧吉井38城@「吉井陣屋他」
http://53922401.at.webry.info/201104/article_11.html
※矢田館が入っている。


****源義賢&木曾義仲公の関係************
箕輪初心●埼玉嵐山町【大蔵館】&源義賢の生涯
http://53922401.at.webry.info/201406/article_15.html

箕輪初心★埼玉熊谷市【斎藤実盛館】=実盛と義仲の因縁
http://53922401.at.webry.info/201406/article_18.html

箕輪初心★【木曾義仲B】ゆかりの地:埼玉&群馬&長野
  &富山&石川
http://53922401.at.webry.info/201406/article_16.html

箕輪初心★木曾義仲ゆかりの地:埼玉→信濃→上野→
信濃→北陸へ
http://53922401.at.webry.info/201406/article_17.html

箕輪初心★木曾義仲:上野国多胡庄2ヶ月→信濃依田城で蜂起
http://53922401.at.webry.info/201310/article_3.html

箕輪初心▲埼玉北本『石戸堀ノ内館=伝:源範頼館館』
http://53922401.at.webry.info/201408/article_17.html

箕輪初心★板東11番巌殿山【安楽寺】&源範頼
http://53922401.at.webry.info/201406/article_22.html



〜〜〜源頼朝の乳母&側近〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★源頼朝14【乳母:比企尼(ひきのあま)】
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

箕輪初心▲坂東9番:都幾山慈光寺&比企能員館
http://53922401.at.webry.info/201406/article_20.html

箕輪初心●坂東10番巌殿山:正法寺&比企能員
http://53922401.at.webry.info/201406/article_21.html

箕輪初心●栃木【白旗城】&源頼義/源義経/松尾芭蕉
も余瀬に滞在
http://53922401.at.webry.info/201401/article_21.html



〜〜〜源頼朝の御家人〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心■埼玉川本【畠山重忠公史跡公園】
:畠山重忠公生誕の地
http://53922401.at.webry.info/201407/article_16.html

箕輪初心●埼玉嵐山町『菅谷城1回目』=畠山重忠の館跡
http://53922401.at.webry.info/201406/article_12.html

箕輪初心●埼玉嵐山町【菅谷城2回目】&畠山氏→北条氏
http://53922401.at.webry.info/201406/article_14.html

箕輪初心★熊谷:熊谷次郎直実&熊谷寺
http://53922401.at.webry.info/201408/article_25.html

箕輪初心▲熊谷:【中条氏館】:常光寺&中条家長&子孫
http://53922401.at.webry.info/201409/article_1.html

箕輪初心▲源頼朝10:埼玉【阿保氏館跡】&「阿保氏の歴史」
http://53922401.at.webry.info/201501/article_6.html




●【1】新田義重の関係〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★高崎:新田義重&茶臼山城
http://53922401.at.webry.info/201309/article_27.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_27.html

●【2】里見氏関係:里見義俊〜


●【3】山名氏関係:山名義範〜
箕輪初心●群馬:高崎「山名義範館」=子孫は山名宗全
http://53922401.at.webry.info/201102/article_31.html

箕輪初心★「上野国:山名義範〜応仁の乱:山名宗全」
http://53922401.at.webry.info/201309/article_26.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_26.html

箕輪初心●兵庫『出石:有子山城』=山名一族の古城
http://53922401.at.webry.info/201304/article_20.html





★明日は安達盛長かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心★源頼朝14【乳母:比企尼(ひきのあま)】&埼玉滑川『三門館』&『泉福寺館』 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる