城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心▼駿河:【深澤城】:今川義元→北条綱成→武田信玄

<<   作成日時 : 2014/12/04 06:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

深沢城は御殿場の馬伏川と抜川との合流点にある丘陵に
築かれた城である。2つの川が堀の役目を果たしている。
武田信玄が乗っ取った時には、北条氏もびびったであろう。
深沢城は、本の丸が三方を崖に囲まれた丘陵先端部の一
番低い部分である。本郭が低い縄張りの城は信濃「小諸城」
や武蔵「鉢形城」がある。丘陵南側へと空堀を隔てて二の丸
・三の丸が配置された縄張となっている。大規模な三日月堀
+馬出がある。自然地形を巧みに利用して実に見事である。
武田流の築城の香りのする不思議な城であった。
画像




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲静岡小川町『箱根竹ノ下の戦い』(足利尊氏VS新田義貞)
http://53922401.at.webry.info/201412/article_3.html
 ★行った日は別だが、深沢城と近かった。

箕輪初心▼相模&駿河【足柄城】:北条氏の武田氏対策の城
http://53922401.at.webry.info/201412/article_2.html

箕輪初心▲神奈川【河村城】:河村氏→上杉氏→北条氏
http://53922401.at.webry.info/201412/article_1.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





◆訪問記・・平成21年(2009)9月22日
●高崎・・・関越・・・圏央道・・・中央道・・・大月JC
・・・須走IC・・・御殿場        

○須走ICで、雲見ダイビングをコリンズDCに予約した。
 Uターンをし、浅間神社参拝後、御殿場ICへ向かった。
画像

 ふと、城周りに気が変わった。
 大まかな地図に深沢城が載っていたからだ。
 
○御殿場IC手前2km。
 市役所入り口から東に向かった。
 5分行った所にバスの停留所があった。
 「城山口」とあった。
画像

 ナビはなくても、嗅覚はと自負している。

@城址を示す石碑と地図・説明書き地点
画像

  深沢城の石碑道反対脇に駐車スペースが1〜2台程度あった。
  城の南面。
画像

  北に向かって城の主要部がある。
  手前から奥に向かって三の丸、二の丸、本丸・・・と、
  畑地から北に向かって、2つの河川の分岐点に向かって
  3つの曲輪が並んでいる。

A左手の農家裏の三日月堀。
画像

  堀は武田信玄の家臣:駒井右京進が城改修時に建造。
  三日月状の巨大な堀が明確に保存されていた。
画像

  ★武田の築城法が素晴らしい。

B堀から出て、農道を少し歩いた。
画像

  右手の畑に城の遺構を示す表示があった。
画像

 三の丸だ。


C馬出・・・三日月堀に即して大きな馬出があった。
画像

 坂を駆け上った。

Dこの先は、馬伏川が流れていた。
画像

 近くから、深沢城の本丸付近を見た。
 三の丸・本丸の西側から北側を囲むようになっていて、一帯は
 断崖の上にあり、自然の要害であった。

Eぐるっと一周してきて・・・・単純に道間違いした。
 再び、案内表示のあるところに車を置いた。
 改めて、城の縄張りを見た。
 馬伏川と抜川に挟まれた地形であることが分かった。
 そのため、警備の甘くなる南〜西にかけて、
 大規模な三日月堀があったのだ。
 ★すごい。なるほど・・・。
 深沢城は適した立地条件があったのだ。
画像
 
○深沢城石碑表示+「三日月堀」を越え、農家の入り口
 (★群馬弁で「けーど」)を通った。

○農家の横の水路
  ★もしかしたら、昔の水の手かも?
画像


F馬出・・・三日月堀に即して馬出。

      北の馬出しは小規模。
    三の丸にくっついている。
・詩文の碑もあった。
画像

・水路は深い空堀へと落ちていた。
・農道はが左に90度曲がっていた。
画像

・土橋の部分を渡った。
画像


G三の丸(二の曲輪?)・
画像

  城跡の大半は農家の敷地・私有地=田畑である。
画像

  三の丸の面積は30m×30m?とかなり広い。
  土塁の類は見当たらないが、周囲は深い堀に囲まれている。
画像

  二の丸(本曲輪?)と連結している。
  右奥の空堀の先に抜川が見えた。
画像


H二の丸(本丸?)・・・入り口は雑木林。
画像

  長大な土塁が残存。
・道は分岐になった。土塁を越えるものと、やや右に直進するもの
  とに分かれた。右を選んで先に進む。

I「食糧倉庫跡」・・・★兵糧倉を置いたのだろうか。
  この郭も、土塁部をのぞくと田んぼだった。
画像

J馬出・・・本丸馬出というケースが多いので、少し変な感じがした。

K本郭・・・
画像

  一番奥にある曲輪で、三の丸・二の丸より土地が低い。
  その先は断崖で、左に馬伏川と右に抜川に落ち込んでいる。
画像

  ★確かに、守りからすれば、ここが本丸かもしれない。
  
・田んぼで稲刈りをしていた。挨拶した。
   
 ★土塁は撤去されたようだ。
 ただ、一隅には櫓跡を示す表示が見受けられた。
画像
   
  川を境に対岸とはかなりの高低差を持つ断崖である。
 ★攻撃で川岸をよじ登って攻め入るのは難しいであろう。
  また、木立に混り矢竹が生えていた。

L袖曲輪

M城櫓・・・見張り台である。
画像

川の蛇行がすごいのが分かる。
  

N本丸(三の丸より低い)
  抜川を覗いた。
▼畑を出て、南に引き返した。
画像

○石碑まで戻った。

○最後に、石碑から少し南に下り、丁字路を左に折れたところ
 にある土塁を見に行った。
画像



●見所・・・大規模な三日月堀+馬出が完存している城である。
 三の丸は道路で分断されているが、道路西側には見事な三日月堀
 が残っている。
 また、大手口から三の丸へのルートにも三日月堀・馬出し・喰
 違いの堀・土橋など遺構が良く残っていた。
 




●▲■ 深澤城の歴史 ■▲●
画像

・永正年間(1504〜1520) 今川氏親の支城?

・永禄3年(1560) 桶狭間の戦い
        今川義元が織田信長に敗北。
        →松平元康(徳川家康)は今川家を離反。

・永禄11年(1568)  北条氏 VS 武田氏
        争奪戦。

・元亀2年(1571)  1月 武田信玄は深沢城・興国寺城を攻撃。
      武田信玄は北条左衛門大夫綱成・氏繁(康成)
親子の篭る深沢城に開城勧告の矢文を送った。
           
      北条氏政は救援のため、小田原を出発した。
     上杉謙信にも出陣を要請した。
            
     武田信玄は深沢城を威嚇した。
      金堀衆を使って城を掘り崩し、進軍した。
      本丸を残すのみとなった。
            
     北条綱成は北条氏政の救援を待たずに、深沢城を
     放棄した。
      深沢城は武田の手に落ちた。
            
     北条綱成の『黄八幡』の旗は真田昌幸の弟:信尹に与え
     られた。
            
     深沢城は武田の重臣:駒井右京之進昌直が城主と
      なった。

・元亀3年(1572)武田信玄は遠州諸城を落とした。
     徳川家康の浜松城に肉薄。
     武田信玄は浜松城が堅固な守りであることを知ると、
     西に進軍。
     徳川家康は
    「庭先を踏みつけられて見過ごすは
       弓矢をとる者の恥だ。」
   ●三方原の戦い
    
    武田軍25000  VS 家康11000+織田信長の援軍3000  
      
   結果・・徳川家康が×・・・浜松城に撤退。
            
※武田氏滅亡まで、深沢城は武田方の駿河における前進
    拠点としての役割を担った。

・天正10年(1582) 武田滅亡。
    深沢城を焼いて退却した。

・天正12年(1584)  徳川家康は北条氏への備えとして
            三宅康貞を置城。

・天正18年(1590)  豊臣秀吉の小田原攻撃。
   北条氏滅亡。
   深沢城は廃城。    
  


◆参考文献・図書
・現地案内板・・・ベース。
・武田信玄の本・・・多数。
・三方原の戦い:白石著


◆参考サイトのHp
・御殿場市HP
・沼津市HP
・ウィキペディア


@平成21年:2009年9月22日
9/22(火) 
・高崎・・関越・圏央道・中央道・大月JC・須走IC・御殿場
 @御殿場:深沢城・・・A沼津:興国寺城・・・
 ダイビング@大瀬・・・雲見:松原荘 上の山城
9/23(水)  
 ダイビングA雲見:牛首・・・B雲見:コリンズP・C雲見:黒崎・・
 ・松崎町・・・中瀬邸など   
 堂ヶ島の夕日  
  ※三島駅前・・・昭明館(泊)5250円・・
9/24(木)  
  F高天神城・・・
  G掛川城・東海道:掛川宿・・
  H東海道:日坂宿・・・高札場・本陣
  ●小夜の中山 ●東海道:菊川の石畳   
  J諏訪原城・・K東海道:金谷石畳上下。
  L東海道・金谷宿・・M東海道:大井川の渡し+島田宿  
  M東海道:宇津の峠&岡部宿
   ●駿河巧宿(現代風) 
  N丸子城・・O東海道:丸子宿・・・・
     

★明日は?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心▼駿河:【深澤城】:今川義元→北条綱成→武田信玄 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる