城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆20141216【シクラメンの選び方&管理&歴史】

<<   作成日時 : 2014/12/16 06:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「真綿色した シクラメンほど すがし物はない。〜〜〜」と布施明
が歌っていた。シクラメンはもちろん白だけではない。「死苦羅綿?」
私は毎年お歳暮に使っている。シクラメンは11月頃から咲き始める。
上手く咲かせておくと5月まで保つ。春まで咲くので、シクラメンは人
気のある。シクラメンの原産地はトルコ〜シリア〜ヨルダン〜イスラ
エルである。雨季と乾季のあるの地域の植物なので、涼しい雨季が
開花時期である。日本では冬となるのだ。冬に咲くといっても寒さに
強いわけではない。夏の暑さにも弱く、暑いと休眠状態になるので、
5月頃に葉が枯れた状態になる。寒冷地や涼しい場所に置いて管
理すれば、夏も越せる。
画像



【1】シクラメン農家:安中市磯部【萩原農園】
旧倉渕村・昭和村などシクラメン農家で買ったこともある。
でも、30年間買っているのは安中市のシクラメン農家
「萩原農園」である。
画像

画像

画像

画像


シクラメン選び
 ★30年以上もシクラメンを3〜5鉢を11月〜12月に
購入している。
@葉が多く、広がりがいい物
Aつぼみが多い物
B花の枝が15〜18cm位の物
★私は、珍しい品種や突然変異の物を選んでいる。

●今年のシクラメンは・・・・
画像

画像

画像


シクラメンの花は下向で咲き、花びらを上へと反り返らせる。
 雨で花粉が流れていかないようにするためなんだそうである。



【2】今年の家のシクラメン
画像

画像



【3】シクラメンの管理・・・教わったこと
シクラメンの適した温度は5℃〜15℃である。
●「花を長持ちさせるためには夜間は5℃〜10℃がよい。」
 と教わった。
 シクラメンは部屋より玄関などの涼しい〜寒いくらいの場所
 がベストである。


@低温注意・・・5℃と以下に注意しよう。
寒すぎると耐えられない。
霜に当たっても枯れる。
凍結させるなどは以ての外である。

A高温注意・・昼間25℃以上、夜間15℃以上に暖房に気をつけよう。
       熱すぎると花茎や葉が伸びすぎて、へなへなになって
       しまう。
       人が生活適温では暑さでグッタリとする。
       人の居る部屋に合わせるとしおれるのだ。

B暖房の風注意
    暖房の風は非常に乾燥している。
    直に当たると乾燥でしおれてしまうのだ。

C日光不足注意・・できるだけ日光に当てよう。
    日光不足では花色が悪くなる。
    小さなつぼみが枯れてしまう。
      
D鉢の向き注意・・・週1回は鉢を回してあげよう。
   鉢の向きを180度回しましょう。
  日光の当たる場所を変えてあげるのだ。
  シクラメンの葉は日光の当たる方向に向く性質が
  ある。従って、株が一方に片寄ってしまうのだ。

D水不足注意・・・シクラメンの鉢の下に器を置いて給水しよう。
   水を切らさないようにしていれば、枯れることはない。
   でも、土の表面が乾いたら底から水が流れ出る位あげよう。
   葉や花に水がかかると傷むことがあるので、葉を手でよけ
   て水をあげよう。
   球根に毎回水が掛かっていると腐っていくそうである。
   土の中や土の上に肥料があるので、根に栄養が行くように
   しよう。
   肥料が行き渡らないと、花つきが悪くなる。
   
  シクラメンは結構、水を好む植物なのだ。
   
E枯れた葉&咲ききった花に注意
  黄色く枯れてきた葉は株元から摘み取る。
ちょっと回しながら取るとよい。
 ★農園の萩原さんの取り方を見ていたのだ。
  枯れてきた花は茎の根元から摘み取とろう。
  花柄をそのままにしておくと新しい花が咲いてこない。

 枯れた花や葉を取り除き、株をいつもきれいにしておこう。
 枯れた花や葉をそのままにしておくと、灰色カビ病になる
ことがある。

F害虫注意・・・アブラムシ・ハダニに注意しよう。
害虫のついた葉は消毒しよう。
葉 を取ってもよい。




【4】シクラメンの歴史
1)原産地
地中海沿岸=トルコ〜シリア〜ヨルダン〜イスラエルが原産地である。
雨季と乾季のあるの植物で、雨季が開花時期である。
現地では塊茎の澱粉が食用とされていた。
サポニン配糖体シクラミンを含む有毒性の植物であるが・・・。
 (★ウィキペディアより編集)

●トルコ
・アヤソフィア
画像

・トロイの木馬
画像

・ぱむっかれ:阿部夫妻
画像

バラの原産地→ヨーロッパで品種改良された。



●イスラエル
・モーゼの十戒の山
画像



2)ヨーロッパでの品種改良
・大航海時代・・・南米産:ジャガイモが入ってきた。
・ドイツでシクラメンの花に着目して品種改良が行われた。
 シクラメンの原種のシクラメン・ペルシカムの品種改良が
 進められた。
 ピンク・白・赤・黄などの花ができた。


3)日本でのシクラメン
・明治時代 日本に伝わった。
    岐阜県恵那市の伊藤孝重が研究し始めた。

・戦後 急速に普及した。
    日本での品種改良も進められた。
    二色・フリンジ・八重咲きなどが改良された。

・現在 日本に鉢植え植物では生産量は1位である。
お歳暮に人気があるからである。
(★ウィキペデイアを参考に編集)




★明日は???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆20141216【シクラメンの選び方&管理&歴史】 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる