城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心▲埼玉伊奈【伊奈氏陣屋】&伊奈忠次

<<   作成日時 : 2014/08/13 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

伊奈忠次は戦国時代〜江戸時代に上野の滝川用水を造
りたいと願った江原源左衛門を後押しした人物なのだ。私の
中では、徳川政権の経済的基盤を支えた第一人者と考えて
いる。でも、歴史の中では人物像があまり語られない。こんな
凄い人が。・・・・残念である。
「伊奈氏陣屋の縄張りは天下一
品である。」と評している知人がいたが、本当に凄い館であった。
画像




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心★江原源左衛門&滝川用水
http://53922401.at.webry.info/201310/article_11.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■訪問日・・平成26年(2014)7月13日
大宮市@大宮宿&氷川神社
A埼玉歴史と民俗の博物館・・・城をコピー。
B762寿能城・・・大和田陣屋は不明。
C763中丸城=春日氏館
D764土呂陣屋=初鹿野氏館
上尾市E上尾宿
F765菅谷北城
伊奈町G766伊奈陣屋&願成寺
桶川市H明星院
I767加納城
久喜市J768菖蒲城
加須市K769騎西城
L騎西町図書館・・・城をコピー。
M770多賀谷氏館=多賀谷神社&大福寺
羽生市N771羽生城

****中山道に沿って〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心▲埼玉【岩槻城】=後北条時代は2万都市?
http://53922401.at.webry.info/201407/article_18.html

箕輪初心▲埼玉大宮【氷川神社】&『大宮歴史と民俗の
博物館』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_19.html

箕輪初心▲埼玉さいたま『寿能城』=現:寿能公園
http://53922401.at.webry.info/201407/article_20.html

箕輪初心▲埼玉大宮『伊達房実館→大和田陣屋』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_22.html

箕輪初心▲埼玉大宮『中丸城=春日氏館跡』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_21.html

箕輪初心▲埼玉大宮『土呂陣屋=初鹿野氏館』
http://53922401.at.webry.info/201407/article_23.html


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
箕輪初心○埼玉深谷市【深谷城】&『深谷上杉氏の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201406/article_4.html

箕輪初心★埼玉深谷市【庁鼻和城】&4代上杉憲顕の子:
庁鼻和上杉憲英〜
http://53922401.at.webry.info/201405/article_25.html

箕輪初心●埼玉深谷市【人見氏館】=猪俣人見氏→庁鼻和上杉氏
http://53922401.at.webry.info/201406/article_5.html

箕輪初心●埼玉深谷市【東方城】=深谷城の支城
http://53922401.at.webry.info/201406/article_6.html

箕輪初心○埼玉本庄市【本庄城】=本庄氏在城34年
http://53922401.at.webry.info/201406/article_1.html


箕輪初心▲埼玉本庄市【金鑽神社〜▲御嶽山城断念】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_19.html

箕輪初心●埼玉本庄市【雉ヶ岡城】=上杉顕定の城→北条氏の城
http://53922401.at.webry.info/201405/article_32.html

箕輪初心★『塙保己一』と【「群書類従」の箕輪城】
http://53922401.at.webry.info/201405/article_33.html











〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●上尾市・・・E上尾宿を観察しながら、F765菅谷北城
 に行った。
次は伊奈町G766伊奈陣屋&願成寺を目指した。
●コンビニ・・・調べて貰ったが、不明。

●インターネット
「埼玉県北足立郡白岡町小室字丸山185番地+α。」
 位置は、大宮駅からのニューシャトル「丸山」駅の南東
 一帯らしい。

●高架(ニューシャトル、東北新幹線、上越新幹線)
 に沿って南東へ向かった
●北西の小郭・・・馬出かもしれない。
画像


●陣屋の裏門跡

●高架橋の北の「表札」
画像



●裏門にある案内板・・搦め手口なのだ。
画像

画像

画像

『天正18(1590)年、関東郡代伊奈忠次は、周囲を泥深
 い湿田に囲まれたこの台地に、陣屋を構え、その後の関東地
 方の幕府直轄地を支配する拠点としました。寛永6(162
 9)年に、3代忠治が川口市赤山に陣屋を移すまでの間、こ
 の地が地方支配の中心となっていました。
 屋敷跡の規模は、東西350m、南北750mです。陣屋が
 構えられた頃の様子は明らかでありませんが、当時を偲ばせ
 る土塁や堀が各所に良く保存されているほか、見通しを悪く
 するためにわざと折り曲げられた道などが、現存している
 とともに、「表門」・「裏門」・「蔵屋敷」・「陣屋」などの呼称も
 伝承として残っています。
 ・・・・(中略)・・・・
  平成11年3月 埼玉県教育委員会・伊奈町教育委員会」

●障子堀が発掘写真
障子堀が発掘されたが、現在は埋戻して保存されている。
画像

画像



伊奈氏以前に城館が存在したと考えられる。
 障子堀と聞けば、ついつい小田原北条氏を連想する。
障子堀、畝堀が検出されている。発掘されたのは一部で
 あるが、城の周囲の堀には障子堀や畝堀が各所に築かれて
 いたのであろう。
昔は障子堀、畝堀というのは北条氏の専売特許といわれて
 いたが、必ずしも北条氏の専売特許とはいえなくなって
 しまった。
 というより、徳川氏でも誰でもそうであるが、優れた
 技術は真似するのが常である。
 天正18年(1590)井伊直政は箕輪城におそらくは北条時代
に日本最大規模の畝堀が造られたのを見て、・・・・
 8年後には、高崎城に畝堀を築いた。
 築城の中心人物は武田信玄家臣:美濃守信房の右腕:
 早川幸豊である。
 11年後、武田流築城術&徳川流築城術&北条
 流築城術を後に、彦根城の縄張りで、応用している。
 現在では、いいものはパクられるのだ。

※埋め戻し後・・・
画像




●城内側の土塁・・・高さ3m
  中央部分に塚状になっている。
画像


★現在のニューシャトル高架に沿って、「丸山沼」という沼も
あったらしい。西の外堀だった。


●郭
画像


●郭&土塁と空堀
画像

画像

画像


★驚いたのは荒れ放題であったことだ。
 埼玉県の最悪な城郭保存ワーストシリーズ
@位・・・所沢の根小屋城&山口城
A位・・・大宮の寿能城
B位・・・伊奈の伊奈氏陣屋跡
   民家と草地しか見られないのだ。
C位・・・熊谷の城関係
有力な議員と歴史家はいなかったのかもしれないし、
歴史の波に飲み込まれて、都市開発に対応できなかった
のかもしれない。地域の皆さんが自分の庭まで開放し
て迎えてくれないとだめな城も多いのが、埼玉の
城である。

●裏門跡入口にある「物見やぐら跡」
★来た道方面を振り返って・・・左のお宅が
 裏門跡である。
画像

画像

画像


・通りすがりの方に、陣屋の屋敷跡を
 聞いたが、不明であった。おそらくは
 このお宅の東部分辺りであろうか?
画像


●伊奈氏屋敷跡
陣屋跡は主郭があった辺りであろう。
陣屋跡は1郭部分は広い。
画像


●地区の方
画像

 「家を造った時、内堀が出てきました。」
  この家の下です。・・・」
 ★もう少し細かく区画されていたのであろう。

画像

●一の郭&二の郭の間の土塁
画像

  50mほどの土塁がある。
  ★馬出かもしれない。
画像

画像


●枡形か?
画像

枡形の名残と思われる道を散策した。
画像

画像



●二の郭
画像

・標柱
画像

・案内
画像

×二の郭・・・紐で入場禁止。土塁に上がれなかった。
画像


●堀跡
画像

画像

●表門
画像


結果的に・・裏門跡→陣屋跡→蔵屋敷跡→二の丸→表門跡
 →水堀というコースになった。
南北750mもあるので、車移動が楽だった。
広大な陣屋に驚いた。屋敷、陣屋というより城郭であった。




【2】願成寺 伊奈町大字小室1821
 伊奈陣屋の東北東に400m程にある。
 浄土宗:八幡山地蔵院・・・本尊は阿弥陀如来。
・永正2年(1505)如忠上人が小室に小庵室を建てた。。
・文禄3年(1594) 伊奈忠次が当地に移し、寺号を願成寺
と定め、勝願寺(鴻巣市)の末寺となった。
画像

●伊奈熊蔵忠勝の墓
画像

●案内板
画像

忠勝は、伊奈町大字小室字丸ノ内の地に陣屋を構えて関東一円
 の地を支配した伊奈忠次(備前守・関東代官頭)の孫にあた
 り、慶長16年(1611)に生まれ、熊蔵の名を世襲した。
 幼少のときから徳川家光に近侍して相手役を務めいたが、
 元和4年(1618)父・忠政(筑後守)の病没によって遺領を
 相続し、伊奈家の当主となった。しかし、翌5年8月16日
 病のため若干9歳にして急逝、法名を「廓然院殿見桐生蓮信男」
 と号し、願成寺に葬られた。
 墓は、昭和43年3月1日に町指定文化財となっている。
 なお、忠勝の没後、当家は断絶となったが、名門伊奈家の
 断絶を惜しんだ幕府によって、新たに旧領のうちの小室郷一
 円の地(旧丸山村、別所村、宿村、本村・小貝戸村、中萩村、
 柴村石高1,186余)が忠政の末子・忠隆(5歳)に与えられ、
 小室領伊奈家が復興した。
  関東代官頭(郡代)の要職は、赤山(現・川口市)に伊奈
 家の別家を創設した忠治が継ぎ、以後赤山韻伊奈家に
 ・・・職は世襲的に受け継がれた。
 平成2年3月  伊奈町


【3】勝願寺・・・鴻巣市本町8-2-31
画像

寺領30石の御朱印状を拝領し、関東十八檀林の一つとして数多くの
末寺を擁していた。
●勝願寺本堂

●【伊奈忠次・忠治墓 (埼玉県指定史跡)】  
         大正11年3月29日指定
 ★写真がない。
 
●牧野家の墓もあった。



◆◆ 【伊奈一族の歴史】

【1】伊奈氏の出自
 伊奈氏は信州伊那郡(長野県)の出身である。
 伊奈忠次の祖父:伊奈忠基の代に松平広忠(徳川家康の父)に
 仕えた。
 三河国幡豆郡小島(愛知県西尾市)の城主となった。

【2】伊奈忠次
  三河国幡豆郡小鳥城主・伊奈忠家の嫡子として生まれた。
  徳川家康の近習となった。

・天正18年(1590) 豊臣秀吉の小田原攻撃
徳川家康の命で兵糧の輸送、伊豆国の農村復旧など
  にあたり功績を挙げた。
 徳川家康の関東移封
  旧領三河国小島の旧領と武蔵国小室・鴻巣領1万3千石
  (1万石?)を与えられた。
  関東郡代代官頭に任ぜられた。
中世以来城郭として使われてきた小室丸の内に陣屋
  を構えた。

  関八州(関東地方+伊豆)の天領を治めた。
  @検地の実施・・・検地検税:伊本流。
  A新田開発・・・
例、滝川用水の応援
B特産物の奨励・・・桑・麻・楮の栽培
  例、結城特産の紬織(柳条紬)の奨励。
  B中山道の宿駅の整備
  C築堤・・・備前堤・川島大囲堤
  D利根川東遷工事。
    3代に渡り受け継がれ、60年かかって完成。
  江戸幕府財政の基礎を固めた。


・慶長4年(1599) 従五位下。備前守に任ぜられた。

・慶長7年(1603) 江戸幕府
  東海道筋の支配にも参画した。

・慶長15年(1610) 61歳(57歳?)で没した。


【3】伊奈忠治
 伊奈忠次、長男:伊奈忠敬の死・・・
 次男:伊奈忠治が跡を継いだ。
・元和4年(1618)伊奈忠治関東郡代を嗣いだ。
  武蔵国赤山(現埼玉県川口市)に陣屋を構えた。
  7000石を領した。
赤山陣屋(川口市)に関東支配の拠点が移った。
   新田の開拓、河川の付け替え、港湾の開削等に努めた。
   在任は35年・・・・・
  江戸幕府の統治体制確立の時期に郡代兼勘定奉行とし
  て民政に尽くした。
・承応2(元年?)年(1653) 伊奈忠治62歳で没した。
※墓は鴻巣市の勝願寺・・・父:忠次と同じ。
 赤井陣屋は忠政の次男:忠隆系の旗本伊奈氏の屋敷となった。
(★墓の解説板)

【4】現在・・「怒る富士」新田次郎著
  宝永年間の富士山大爆発を政治的に利用しようと考える
  江戸幕府と小田原藩・・・民政を考える伊奈忠順の対立
  を描いた作品である。



★明日は桶川市関係かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心▲埼玉伊奈【伊奈氏陣屋】&伊奈忠次 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる