城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 箕輪初心◆青木ツアーA2014石川『九谷焼の博物館』&金沢城

<<   作成日時 : 2014/04/22 06:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

平成26年(2014)4月19日&20日、「九谷焼の歴史」と
「九谷焼の絵付け体験」をメインとした自性寺焼:青木昇門
下陶朋会の石川県の研修旅行が催行された。青木先生の
作品を恒例のゲームで3等賞だった。青木先生、幹事さん、
参加された方々、お世話になりました。

画像



**************************************************
箕輪初心★松尾芭蕉33『奧の細道22』【金沢・小松】
   &My金沢城登城
http://53922401.at.webry.info/201208/article_17.html

箕輪初心▼石川【能登島ダイビング:4月水温11℃】
http://53922401.at.webry.info/201305/article_2.html

***************************************************


※コース日程
■■1日目・・・4月19日(土)
05:45 安中集合
06:00 安中出発

○東部湯の丸SA
★禰津下城が見えた。
画像

・松代の雪の下ニンジン
画像



○名立SA
画像

★松尾芭蕉の句碑
画像

画像

画像



○小矢部SA
画像


・ノドグロのひもの
画像

・黒岩さんのおしたし・・・★旨かった。
画像

・禮子先生の稲荷寿司・・・★旨かった。

○金沢森本IC


11:20 〜
兼六園の入場料・・・大人ひとり300円。
【1】石川県立伝統産業工芸館
金沢市兼六町1番1号=兼六園 
電話:076−262−2020
石川県立伝統産業工芸館は兼六園に隣接していた。
石川県の伝統工芸36業種を紹介している。
今回の中心は焼き物である
@九谷焼
画像


A珠洲焼
画像


B加賀友禅


C伝統工芸士による実演


石川県立伝統産業工芸館
info@ishikawa-densankan.jp 076-262-2020
関連ホームページ
http://www.ishikawa-densankan.jp/



【2】金沢の「兼六園」・・・・3回目
画像

・岡山市の後楽園・・・1回
・水戸市の偕楽園・・・1回
・金沢市の兼六園・・・3回目
兼六園・・国特別名勝。日本3名園の一つに数えられる。
 加賀藩が金沢城の外郭に造営された池泉回遊式庭園である。
 広さは約11.7haあるそうだ。

★金沢の兼六園には3回行ったが記憶はおぼろげ状態であった。
池と灯籠は見覚えがあった。



【3】昼食「兼六園:寄観亭」・・・茶店兼土産物店
画像

〒920-0936 金沢市兼六町1-21 
TEL.076-221-0696


【4】金沢城3回目・・・国指定史跡
石川門から復元中の金沢城公園へ。
画像

江戸時代、加賀藩主前田氏の居城だった。
画像

画像

画像


15:00〜移動


16:20 
【5】片山津温泉
●加賀八汐・・・
住所  〒922-0412 石川県加賀市片山津温泉ア99−2
0761-74-2100


◆◆ 片山津温泉の歴史 ◆◆
・承応2年(1653) 発見
・江戸時代には栄えた。
・1980年代・・・北陸有数の歓楽温泉として発展した。
  旅館数・・30軒以上
・1990年代・・・減少もあって次々に廃業。
・2006年〜・・・加賀市が廃業旅館の解体助成&老人ホーム
   などの福祉施設の再建。
・2010年〜「格安観光旅館」の進出。
・現在・・・・・湯快リゾート4件、大江戸温泉物語3件
      の物件を管理している。旅館数14軒。
 インターネットには12軒

【8】柴山潟


【9】宴会&青木先生の焼き物争奪戦
画像

※3等賞・・・実は一番いい作品だった。
 2回目である。



【10】2次会



22:00
〜〜〜睡眠〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■■2日目・・4月20日(日)
05:30起床

06:00~
【11】首洗池
★後日、詳細


【12】朝食

08:30 出発

09:00〜10:00
【13】石川県九谷焼美術館・・・2回目
〒922-0861 加賀市大聖寺地方町1-10-13
画像

九谷焼を収集、展示する美術館である。
大聖寺藩の城下町であった加賀市大聖寺に開館した。
@元石川県伝統工芸士:山中漆器の第一人者の息子
 77歳の方だった。
 ★凄すぎて、本気で解説を聞き入っていまった。
前回来た時の女性ボランティアも凄かったが、
今回も凄すぎる

●常設展示室
青手 - 色絵・五彩 - 赤絵・金襴 の順で見る事が出来る。


○移動・・・

10:45〜12:15
【14】九谷焼陶芸館&能美市九谷焼資料館
〒923-1111 石川県能美市泉台町南9番地
TEL  0761-58-6300 
画像


画像

○移動・・・


12:30〜13:10
【15】お食事サガミ小松店
0761-23-1576
★行列のできる店だった。
画像

※蕎麦が有名・・


○小松IC・・・

○金沢東・・・

13:50〜14:30
【16】近江町市場:市場寿司
画像

★とにかく、@寿司屋で「のどぐろ」を食う。
 Aホタルイカの沖漬けを買うのだ。・・・
 しかし、ホタルイカの安い物は買えなかった。

1721年〜約290年、金沢の「市民の台所」と
して親しまれている。とHpにあった。




○金沢森本IC〜〜

○高岡SA

○有磯海SA


○東部湯の丸SA

○松井田IC

20:45 安中

21:30 家
★費用32000円+本代5000円、買い物で5000円
で、楽しく過ごせた。感謝しています。


★明日から、石川県の詳細編かな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
九谷焼 山岸大成 10号飾皿 山蝉
  淡い繊細な色調で、ヤマセミが美しく描かれています。 美しい絵画を思わせる色絵です。 日本の伝統陶磁器工芸品「九谷焼」の飾皿。 九谷焼の作家、「山岸大成」による作品です。 淡い緑・茶色・水色で構成された色絵。 繊細で優しい色合いです。まだモダンな印象も持ちます。 九谷焼の作家の多くは、素地は外注で作り、絵付けのみというのが多いですが、山岸大成の場合、自ら粘土をこね、素地を作り、造形もこなしています。 絵付けの釉薬は青や淡い緑のものが多く、繊細で印象的で、モダンな雰囲気にも溢れています。陶額、絵... ...続きを見る
CRAFTS DESIGN
2016/12/18 18:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箕輪初心◆青木ツアーA2014石川『九谷焼の博物館』&金沢城 城・陶芸・ハイキング・ダイビング・スキー・旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる